Home

ゴローの「ここの記」日記

どっちがゴロー?・・・・・・ゴローの記憶遺産その②

スキャン_20170523 (3)
世の中には自分にそっくりな人が3人はいるという事を聞いたことがある。

★どっちがゴロー?

ゴローA××「30年近くも前の事なんだけど、
石垣島(沖縄県)のマラソン大会に出たんだ。

完走してゴール付近で友人を待っていたら、
何処かの雑誌記者みたいな人がインタビューさせてくれって言うんだ。

その記者が僕にそっくりなのでびっくりしたなァ」

      *

ゴローB××「30年近くも前の事なんだけど、
石垣島のマラソン大会の取材に行ったんだ。

ゴールした人から話を聞こうと思って声を掛けたら、
びっくりしたなァ、その人が僕にそっくりなんだ。

僕は思わず"何で俺がそこにいるんだ"って言ってしまった」

      *

さて、右と左のどちらが本当のゴローでしょう。

      *

モチ、僕のことを知っている人なら分かると思うけど、
ちらっとしか見たことがないとか、
もう何年も会ってないとかいう人なら間違えるかも・・・・・。

      *

世の中には自分にそっくりな人が3人はいるという事を聞いたことがある。
本当かどうか定かでないが、
少なくとも一人はいた。

そっくりな人を見ると
見比べた人はなぜか笑う。

偶然に遭遇したことの
おかしみ見たいなものに笑うのだろうと思う。

このときも周囲にいて気づいた人は笑っていた。
僕も笑った。

      *

さて、答えは左のカメラを持っている方がゴローでした。

   *

※ゴローの記憶遺産"について
何のことはない、古い昔の思い出の掲載だ。
写真はプリントからとデータからのがある。
モチ、プリントはデータより古く20年前以前のもの。
写真も思い出話も押し付けるようで迷惑だとは思う。
しかし、溜まった写真・データを掘り起こすのは
年寄り(僕のこと)の楽しみのひとつなのだ。
なくべく厳選し、面白い内容にしたい。
さらに、このカテゴリーが僕のボケ防止の役に立てば幸いなのである。

50年ぶりの以上の石膏デッサン……絵の教室

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-22 Mon 21:15:10
★50年ぶり以上だァ

絵の教室。
この1ヵ月の間に描いた作品を先生に見てもらった。
このブログで紹介済みの『タケノコ』と油絵のための習作『俺の富士(仮題)』だ。

『タケノコ』はオーケーだったけれど、
『俺の富士』は構成の問題を指摘され
直すようにと言われた。

      *

今日のモチーフの中には小さな石膏が。
僕が石膏を描くのは大学受験時以来、
50年ぶり以上だァ。

17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (3)_LI
構成の不味さを指摘された『俺の富士』。
①斜め(袈裟切り)の線は最悪の構成・・・・赤線。
②左下角に受けの岩などを入れるべき・・・・白線部分。
③富士の色をもう少し工夫せよ・・・・青線。
17.5.22 絵の教室モチーフ  (20)
今日のモチーフ。
石膏を描くのは50年ぶり以上だァ。

万全を期して岩トレ不参加・・・・・。干し餅と香茸

★岩トレ不参加の理由

今日は予定だった岩トレに行かなかった。
昨日、不参加の連絡をしていたのだ。

理由は腰にある。
鈍痛はいちおう収まってはいるものの、
ちょっと重い物を持つとすぐに腰に響く。

万全を期すためにも不参加としたのだ。
岩トレとは言えども2時間ほど10㎏ちょいのザックを担がねばならない。

      *

来週の30-31日の男体山ハイクを皮きりに、
アニラオ(フィリピン)のスキューバ、
その後の釣り旅行、
その後の八幡平ー八甲田のハイクと続く。

さらにラオスの植林ツアーのお誘いも入っていたのだが、
これは今回はスルーした。

      *

昨年は6月から9月にわたってケガが続いた。
ケガもうこりごりだ。
そんなわけで今年は万全を期して臨みたいのだ。

      ☆

17.5.17 ブログ用・病院のハシゴ (12)
先日の釣り旅行で買ってきたお土産、干し餅と香茸。

★干し餅と香茸

写真は先日の釣り旅行で買ってきたお土産だ。
干し餅と香茸。

干し餅は硬そうに見える。
しかし、食べてみるとそうでもない。

少し硬めの麩といった食感。
味がついていないのかと思ったら
ほんのり甘みが・・・・・・。

昔の人が保存食として、
あるいはおやつ(お菓子)?として作っていたらしい。
モチ、いまでも作っているから、食べているから売っていたのだ。

      *

香茸は乾燥物だ。
高価でマツタケより貴重だという説もある。

まぜご飯(キノコご飯)にするのがよいと、
同行していた師匠が教えてくれた。

グルメ先生と庭のバラ。日府展と寄り道えちご観光フェア。本「ホームレスになった」「夜の橋」

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (41)
庭には奥様の名前を付けたというバラも咲いていた。

★世界3大牛のステーキ

"庭のバラが満開になったので見に来ないか"
・・・・・・と30年来お世話になている弁護士先生からお誘いを受けた。

といっても先生の仕事関係でお世話になったのではない。
先生はグルメで(ご夫妻に)お会いするたびにご馳走に預かってきたのだ。

      *

先生は忙しいお仕事のかたわらマラソン走る。
何年か前にフルマラソン100回を達成、
記念に作ったというプレートを見せていただいた。

プレートには全大会名と記録が彫られている。
100回の平均タイムが3時間台という素晴らしさだ。
年齢別優勝も何回かあり、飾り棚にはカップや盾が並んでいた。

      *

というわけで、庭のバラを見せていただいたあとはグルメへ。
夕食にと世界3大牛ステーキのお店へ連れて行ってくれた。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (10)
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (15)
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

★水の花火

北浦和公園の噴水が見事だ。
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

煙(ドライ)も噴き出したり、
水が飛び散ったり、
まるで花火を見ているようだった。

      ☆

★日府展

知人が出品している"日府展"を見に行った。
会場は上野の東京都立美術館。

目的は美術館のみだったのが、
会場に着く前に国立博物館前の広場のイベントについ誘われた。

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (23)
知人の作品は日府賞を受賞(真ん中の作品)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (35)
広場で開催中のイベントは新潟県の観光フェア。
雪にこどもたちの大喜び。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (27)
山古志郷から来た70センチほどもある緋鯉(小千谷市)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (20)
特設舞台の民謡・民舞(佐渡おけさ、相川音頭)。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (2)
現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

★本「ホームレスになった」 金子雅臣

現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

バブルが崩壊して数年、
新宿駅の地下通路のホームレスが話題になった頃の話だ。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (1)
9本の短編を収録。

★本「夜の橋」 藤沢周平

9本の短編を収録。
下級武士や市井の人がテーマ。

著者の作品はハズレがない。
歴史小説も時代小説もどれも面白く読めるのだ。

お犬様の記憶。本「魚の棲む城」

★ゴローの記憶遺産とは?

今日は民謡の稽古日だ。

6月の月例に唄う2曲を決めた。
決めたというより決めさせられたと言った方が正しい。

プログラムを作るのと
演奏の三味線、尺八の音合わせなどの関係で急ぐらしい。

そんなこと言ったって僕はまだ練習不足(2回続けて練習を休んだ)だし、
何か新しい曲を唄いたいし練習もしたい。

      *

いま、苦戦中は「秩父音頭」だ。
どうしても1ヵ所クリアできないのだ。

もう一曲が「越中おわら節」。
この曲はある事情からひそかに前から練習していた。

そんなわけで、ハンコこそもらえないが、
当日までに何とか様にしたいと思っているのだ。

      ☆

新しいカテゴリーに"ゴローの記憶遺産"を加えた。
何のことはない、古い昔の思い出の掲載だ。

写真はプリントからとデータからのがある。
モチ、プリントはデータより古く20年前以前のもの。

      *

写真も思い出話も押し付けるようで迷惑だとは思う。
しかし、溜まった写真・データを掘り起こすのは
年寄り(僕のこと)の楽しみのひとつなのだ。

なくべく厳選し、面白い内容にしたい。
さらに、このカテゴリーが僕のボケ防止の役に立てば幸いなのである。

☆お犬様・・・・・・ゴローの記憶遺産 その1
07.6.10朝の風景・緑参考・犬 037
2007年タイのバンコク。
あちこちにやたら犬がいた。
郊外、鉄道の駅、お寺の境内・・・・・わんさかいる犬はみな放し飼いだ。
もしかしたら野犬だった?
      *
犬たちは路上を闊歩し、路上で寝て路上でウンチもする。
タイは敬虔な仏教徒が多く、生き物を大切にする。
犬もやたらに捕まえて処分したりはしないと聞いていた。
もっとも僕の滞在中にトラックいっぱいの犬が
ベトナムに密輸されたというニュースもあった。
これは食用にするためらしかった。
      *
ほとんどの犬はおとなしい。
日常では恐れることはないのだが、
時々は吠えたり、向かってくるような犬に会うこともある。
僕も自転車でバス停に向かう途中、数匹の犬に追いかけられ
一度は噛まれた。
噛まれた傷はたいしたことはなかったのだが
それでも僕は病院へ行き狂犬病の予防接種(ワクチン)を済ませた。
      *
タイの印象ベストテンをあげよと言われたら
僕は間違いなくお犬様を入れる。

      ☆

スキャン_20170519
内容は田沼意次もの。

★本「魚の棲む城」 平岩弓枝

内容は田沼意次もの。

歴史内容本を仮に
①ノンフィクション(またはそれに近い物)
②歴史小説
③時代小説
の3つに分けるとしたら、
この小説は時代小説に入る・・・・・と思いながら僕は読んだ。

写真教室山行・神代植物公園

★今日の出来は如何に

写真教室の山行だ。
講師は光川十洋氏。

クラブツーリズムの写真ツアーの講師として今、超売れっ子。
オールマイティ何でもこなす達人だ。

      *

参加者はほとんどがデジカメ持参。
一眼レフはほんの数人だった。

講師はデジカメのテクニック指導もオーケー。

僕もこれまでのオールオート撮りを止めて、
教えられたテクニックを駆使して撮影(デジカメ)することに。

・・・・・・・で、今日の出来は如何に。

1 17.5.18 山行・神代植物公園 (291)
バラが見ごろ。バラ園には多くの人が訪れていた。
2 17.5.18 山行・神代植物公園 (113)
講師の指導を受けて撮影したバラ。如何に?
3 17.5.18 山行・神代植物公園 (178)
ツルバラのコーナー。
4 17.5.18 山行・神代植物公園 (253)
温室のベゴニア。
5 17.5.18 山行・神代植物公園 (276)
同じくサボテン。
6 17.5.18 山行・神代植物公園 (295)
ボタンのコーナー。
      *
7 17.5.18 山行・神代植物公園 (79)
神代植物公園のとなりが深大寺。
50数年ぶりに境内を散策した。

眼科、整形外科、内科・・・・再び3病院ハシゴ。期日前投票

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-17 Wed 22:27:54
  • その他
17.5.17 ブログ用・病院のハシゴ (1)
手前の林漢方は隣のはやし眼科のお父さんがやっている。
そのお父さんはけん玉の先生。
その昔ボーイスカウトでお世話になった。

★目の精密検査が必要

再び3病院のハシゴとなった。

●眼科=渓流釣りの3日目(15日)に沢淵で滑った。
積もった枯草などが雨に濡れて滑りやすいのだ。

その時、鼻と右目の付け根に枯笹の茎が刺さるほどの衝撃でぶつかった。
それが昨日くらいから赤い腫れが目立つようになった。

もしや眼球に傷があってはと思い眼科へ診てもらいに行ったのだ。

幸いその心配はなかったが、
左右両目ともに精密検査が必要と言われてしまった。

      *

●整形外科=10日前に腰の鈍痛を診てもらった。
レントゲン検査の結果ヘルニアの心配はないとのことだった。
飲み薬と湿布薬をもらったのだがまだ治り切っていない。

先生に前回を5としたらどれくらいかと聞かれたので、
2くらいだと答えた。

あと一週間様子を見ようということで、
前回と同じ薬と湿布薬をくれた。

     *

●内科=継続中の薬(逆流性食道炎)をもらいに行った。
薬は先生の診断を受けなければ出してくれない。

先生はとても優しい対応をしてくれる。
しかし、中身はしっかりだ。

曰く、
「以前は治らない加齢病のひとつと言われていたが現在は違う。
薬によって胃酸の出を抑えてしまうのが逆効果の結果を生む」というのだ。

薬の量をだんだんに減らし、
良くなったら別の薬に変えたり云々・・・・・と、
分かりやすく説明してくれる。

まァ、とりあえず今回も同じ継続中の薬をもらったが、
これまでの2ヵ月分でなく1ヵ月分に抑えられた。

      ☆

スキャン_20170517
"この用紙は投票所整理券ではありません"

★反省しきり

さいたま市長選の期日前投票に行った。

僕は家内から渡されたもの(用紙)を持って行った。
ところがそれは投票券ではなかったのだ。

よく見れば"この用紙は投票所整理券ではありません"と赤字で書いてある。

      *

でも、僕のようにそそっかしい人はほかにもいるようだ。

投票所の前のテーブルには持ってこなかった人のための
代替え用紙とボールペンが用意されてあった。

無事、投票は終えたが、
誰に投票していいのか分からない。
事前に立候補者を調べていなかったのだ(忘れていた)。

反省しきりで投票所から帰った。

山菜づくしの渓流釣り

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-16 Tue 23:52:02
  • 体験
★期間限定の山菜パーティ

あいこ、タラの芽、しどけ、山ウド、フキノトウ(花の茎)、山わさび、わらび、こごみ・・・・・
モチ、地元の人にご馳走になったものだ。
今回も山で採れたばかりのたくさんの山菜を食べることが出来た。

釣りは楽しいけど、地元の人たちとの交流も楽しい。
山菜づくしのテーブルを囲んでの夕食が2回。
これは期間限定の山菜パーティだ。

それぞれ思い出の釣果話にも花が咲き、
大いに会話も弾んだのだ。

      *

4日間の日程の中で沢に入れたのは2日間だけだった。
初日は雨。

2、3日目ともに今にも降りだしそうな曇天。
寒いくらいの気温だ。

2日間の釣果はまずまず。
大物は釣り逃した(毎回の事)が、
新緑に輝く山の中で十分に渓流釣りを楽しんだ。

17.5.13-16 遠野①カシオ   (96)
昨年の台風で沢が氾濫したとか。あちらこちらに爪痕が見られた。
17.5.13-16 遠野② キヤノン  (112)
山は美しく新緑に輝いていた。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (67)
山ウド、しどけ、こごみ・・・・・、山菜があちこちに。
花は二輪草、サクラソウ、ツツジや山桜・・・・、
カタクリはまだ蕾だった。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (51)
初めて食べたフキの花の茎もテーブルに並んだ。
茎の中は空洞になっていた。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (165)
大きく成長したシイタケ。じつはこれが美味しい(生産者談)のだとか。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (183)
毎回お世話になっている家の庭のもみじ。
赤(春)→緑(夏)→紅葉(秋)と葉の色が変化すのだとか。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (89)
しどけ(茹でたもの)。
茎の端を持ち、葉のほうから直接口にして食べていく。
そして手でつまんでいる茎の太い部分を捨てる(硬ければ)のが、
地元では正しい食べ方なのだそうだ。

何の天ぷら?。「いろんな人に会えるから」

17.5.7 映画座頭市3本、山菜天ぷら (45)
何の天ぷらか分かるかな?

★お試しあれ!

何の天ぷらか分かるかな?

      *

正解は梅酒に漬けた梅の天ぷらだ。

お饅頭の天ぷらは食べたことがある。
アイスクリームの天ぷらがあると聞いたことある。

しからば、梅酒漬けの梅の天ぷらはどうかと試しに揚げてみた。
旨い!。

少なくとも梅をそのまま食べるよりは旨い。
それに食べやすい。
注意点は2、3度揚げにすることだ。
厚めの衣がしっとりとして梅に合う。
お試しあれ!

      ☆

★「いろんな人に会えるから」

NHKの番組"欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)"で、
欽ちゃんからとてもいいことを聞いた。

欽ちゃんは現在駒澤大学の学生だ。
大学では教授、職員、学生を含めていちばんの年上なのだそうだ。

      *

番組の司会者が欽ちゃんに
「大学へ通っていて何が楽しいのか」
というようなことを質問した。

それに対して欽ちゃんは
「いろんな人に会えるからだ」
と答えている。
さらに「年を取ると外に出なくなる。
何かと面倒になるのでそれではいけない。
大学に行けば友達や先生やいろいろな人に会える」
と、そのような内容の答えだった。

僕は素晴らしい答えだと思った。
人に会えば挨拶をしたりお喋りをしたりする。
それこそボケを防ぎ、体の健康を保つ秘訣(のひとつ)ではないか。

      *

作家の宇野千代女史が生前のエッセイの中で
"人間お金を稼ぎ続けることが健康と長生きの秘訣"と書いていた。

稼げればそうだろうと僕も思う。
だけど、稼げない(年金は別)人たちはどうしたらいい?

"人に会いお喋りをすること"
と僕は最近になって思い始めたところだった。
だから、今日の欽ちゃんの話は
僕にとても勇気を与えてくれたのだ。

      ☆

※明日から3日間(もしかしたら4日)旅行のためブログをお休みします。

アイリスが花盛り

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-11 Thu 20:42:37
  • その他
★色によって匂いが異なる

いま時分、アイリスが花盛りだ。
通りすがりの家の庭、空き地、畑・・・・・。

アイリスの花の色は多様だ。
近しい色でも微妙に違っていたりする。

鼻を近づけるととても良い匂いがする。
しかも、花の色によって匂いが異なる。

どれもその色らしいいい匂いなのだ。

      ・

ずっと昔のことだが、
僕が戸建てに引っ越したばかりの頃、
庭にバラとアイリスを植えた。

バラはツルバラを含めて20本以上、
アイリスも異なる色で十数種は植えたと思う。

隣にアパートが建ってしまったりして、
庭に陽が射さなくなり、
どちらの花も長くは続かなかったがそれでも3年ほど楽しんだ。

僕は今でも(通りすがりの)近くにアイリスを見ると鼻を近づける。

      *

※アイリスの花言葉
愛・消息・あなたを愛す・優しい心・あなたを大切にします・私は賭けてみる・
伝言・優雅・恋のメッセージ・恋のメロディ・使者・よろしくお伝えを・
吉報・変わりやすい・やわらかな知性・雄弁・軽快
※こんなにたくさんの花言葉のある花は初めて(@_@)

17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (1)
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (5)
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (39)
17.5.8 3病院 (7)
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (4)
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (31)

      ☆

★『わたしの富士』仮題・油彩のための習作 パステル6号
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (4)

D山行・・・・・・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園

★盛りだくさんの立ち寄りスポット

JR西国分寺駅から武蔵小金井まで歩く歴史散歩みたいな山行だ。
初めて歩く道だし、盛りだくさんの立ち寄りスポットで楽しく歩けた。

リーダを含めて19人の参加。
午前中はときおり霧雨にもあったが、
歩きコンディションとしてはGoo!

10時集合で解散が2時。
約1万6000歩ほど歩いた。

●立ち寄りスポット
①縄文遺跡(復元)公園。
②武蔵国分寺跡。
③真姿の池湧水群(野川源流)。
④お鷹の道。
⑤殿ヶ谷庭園。
⑥国分寺崖線(ハケの道)。
⑦貫井神社。
⑧滄浪泉園。

17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (25)
国分寺(尼寺)跡。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (72)
お鷹の道。ホタルのいる清流が流れている。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (98)
国分寺崖線。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (67)
真姿の池湧水群。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (69)
"石がきの石をはずさないでください"と書いてあるが、
はずしてしまう人がいるのかしら?(真姿の池湧水群手前)

ルピネスを見に森林公園へ

★ルピナス、ポピー、ネモフィラ、シライトソウ・・・・・・

今朝、テレビ番組で武蔵丘陵森林公園のルピナスが紹介されていた。
早速、見に行った。

ルピナスはとくに好きな花のひとつだ。
(花はどれも好きなのだけど・・・・)

20年前、北海道にいるころ見たルピナスは背丈があった。
里山の空き地の雑草の中で
幾十本のかの花がひときわ目立つように咲いていた。

10年前の荒川の土手際のルピナスの畑も印象深い。
あのルピナス畑はまだあるだろうか?

ルピナスは美しいばかりか、
強烈に印象に残る花なのだ。

17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (143)
ルピナスの色が美しい。
さまざまな色、濃い、薄い、大小・・・・とにかくバリエーションが豊富なのだ。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (133)
僕と同じように今朝のテレビを見てきたという人が多かったのでなかろうか。
僕が声を掛けたり掛けられたりした3、4人はそうだった。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (94)
ルピナスの花は2ヶ所。ひとつはポピー畑に隣接している。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (111)
(アイルランド)ポピーも真っ盛りだった。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (56)
サイクリングセンターのおばさんがぜひ行きなさいと進めてくれたのが野草の道。
シライトソウが満開で今日の見どころのひとつ。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (36)
ネモフィラはひたち国営公園が有名だが、
ここ武蔵丘陵森林公園にも広大なネモフィラの丘があった。
※武蔵丘陵森林公園は日本で最初の国営公園(ネットより)

3つの病院をハシゴ

★3つの病院をハシゴ

3つの病院をハシゴした。

特定検診予約におおみや診療所、
耳と鼻を診てもらいにわかばやし耳鼻咽喉科、
工藤クリニックへは腰鈍痛の原因を調べに・・・・・・・・。

      *

①おおみや診療所

特定検診とはさいたま市民の高齢者向け健康診査とガン検診だ。
毎年1回受診券が送られてくる。
モチ、市からの補助が出ていて負担が少なくて済む制度だ。

      *

②わかばやし耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科で診てもらったのは来月の(スキューバ)ダイブのため。
昨年、鼓膜に穴をかけてしまったので、
念のために潜っても大丈夫かどうかの確認に行ったのだ。

ゴロー××「20mぐらいは潜るのですけど」
耳鼻先生××「耳も鼻も問題ないが、
あまり深くは潜らないほうがいいだろう」

ゴロー××「15mはどうですか?」
耳鼻先生××「10mで2気圧になるからね。
10mくらいにしておきなさい」

      *

病院の待合室と言えば
お年寄りばかりと思っていたが、
今日のわかばやし耳鼻咽喉科の待合室には、
数人の若い女性が・・・・・。

3、4人多分20代であろうかと・・・・・・・。
あとは30代らしきの妊婦さん。
お爺は僕ひとり、お婆は見あたらなかった。

      *

③工藤クリニック

先日(5月2日)、鳴虫山へ行って以来、
腰の鈍痛が治らない。

これ以上長引くのはいけないと思い整形外科へ行った。

相変わらず工藤先生の診察は早い。
レントゲンを撮り、即診断、処方箋をくれる。

その間5分。

診察結果はヘルニアの心配はなし。
山も海もオーケーだということだ。

鈍痛は筋肉の炎症だろうということ。
それでも隠れヘルニアということもあるから
1週間後にまた来院しなさいと。

湿布薬と飲み薬を出してくれた。

17.5.8 3病院 (9)
特定検診の予約を取りに行ったおおみや診療所。
17.5.8 3病院 (14)
待合室に若い女性が数人いたわかばやし耳鼻咽喉科。
17.5.8 3病院 (3)
電光石火の診察は工藤クリニック。

座頭市を3本。山菜の天ぷらづくし

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-07 Sun 19:17:08
  • 映画
17.5.7 映画座頭市3本、山菜天ぷら (32)
座頭市シリーズを3本も見てしまった。

★面白い!

YouTubeで勝新太郎主演の座頭市シリーズを3本も見てしまった。
面白い!

座頭市果たし状  1968年
座頭市鉄火旅   1967年
座頭市物語     1962年

      *

そして今、木枯し紋次郎を見ている。

      ☆

17.5.7 映画座頭市3本、山菜天ぷら (37)
食べきれなかった。

★山菜の天ぷらづくし

山菜の天ぷらずくしの夕食。
こしあぶら、
タラの芽、
こごみ、
マッシュルーム(キノコ)。

      *

天ぷらづくしはさらに、
サツマイモ、
ちくわ、
シューマイが加わって、
食べきれないほどだった。

思わぬパフォーマンスに遭遇・・・・・・銀座ホコ天

17.5.7 銀座・荒川氏3人展 (1)
三人はクラブツーリズムの写真講師。
17.5.7 銀座・荒川氏3人展 (8)
銀座通りの午後はホコ天、思わぬパフォーマンスに遭遇。

★光川氏はオールマイティ

"三人の視点・フォトインストラクターの眼"を見に行った。
会場はフレームマン・ギンザ・サロン(ギンザ・ファイブ(2F)。

三人はクラブツーリズムの写真講師。
光川十洋氏が長年の知己でお誘いを受けた。

光川氏はオールマイティでどの分野でも素晴らしい作品を撮る。
今回の彼の作品は人物だ。

     ☆

★"筍"  パステル 6号
CIMG8267.jpg

     ☆

スキャン_20170506 (2)
直木賞受賞作品というので読んだのだけど・・・・・・。

★本「蜩の記」 葉室麟

直木賞受賞作品というので読んだのだけど・・・・・・。
映画化もされているらしいけど・・・・・・。

表紙(カバー)の写真を撮るのも忘れて返却してしまった。

決勝ジャンケンで負けたビンゴ。棕櫚の花

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-05 Fri 20:46:14
17.5.5 バリュー (11)
室内プレイランドには無料マッサージ器なども置いてある。
孫を遊ばせておいて爺は至福のひと時。

★爺と婆のこどもの日は終わった

今日もほぼ一日孫と一緒。
スーパーの幼児、低学年用室内プレイランドで遊ばせたり・・・・・・。

      *

子供ひとりに親2人というケースが多いからか、
店のサービス?の一環として行われているのがビンゴゲーム。

僕(爺)も妻(婆)と孫二人の分4枚のビンゴで挑戦。
最後に残った賞品ひとつをかけての決勝戦(4人同時のビンゴ)はジャンケン。

残念にも、2回まで勝ち進んだのだが、
最後の決勝(ジャンケン)で負けてしまった。

爺と婆の今年のこどもの日が終わった。

      ☆

17.5.5 バリュー (1)
3階の僕の部屋の窓のほぼ真下に咲く棕櫚の花。

★なかなかの存在感

棕櫚(シュロ)の花が咲いた。
僕の部屋の窓のほぼ真下。

上からでは全く見えず気付かずにいたが、
下から見上げればなかなかの存在感。

花言葉は「勝利」「 不変の友情」「祝賀」「戦勝」など(ネット調べ)。

      ☆

スキャン_20170505
終盤の4分の1は流し読み。

★本「明和絵暦」 山本周五郎

読んでいく行くになんだかよく分からなくなった。

登場人物に同じような名前が出てきたりして、
根気不足の僕には限界に到達、
終盤の4分の1は流し読み。

著者の新聞小説の2作目、
太平洋戦争の始まった年だということも影響しているのかなァ。

奇跡の電話ボックス?・・・・・・・昭和の主張。糸トンボの季節

17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (44)
どれくらい使用されているのだろうか?
何となく埃っぽく、上部には錆が・・・・。
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (56)
バスの終点(停留所)のど真ん中に電話ボックスはあった。

★残された電話ボックス

僕がボーイスカウトにかかわっていた時の仲間4人で会食をした。
仲間の一人とは20数年ぶりだ。

話はお互いの近況、そして病気、医者の話。
華やかな昭和バブル時代を生きた
お爺たちの定番の話だ。

      *

今日のカテゴリーの昭和の主張はそんなことではない。
会食を終えて歩いて帰宅途中、
我が団地にあるバス停の前に
グリーンの公衆電話ボックスがあったのに気付いたことだ。

もう1年半利用しているバス停なのに、
今日まで全く気付かかなかったのはどういう訳?

目立たなかった、
全く関心がなかったから?
理由はそれなりにあるのだろうけど・・・・・・。

それよりも、利用者はいるのだろうか?
いたとしたら月に何本くらい利用されるのだろう?
奇跡の残された電話ボックス?

モチ、NTTが採算が取れているとは思えない。
これから先、どうなる?

僕としても
この奇跡の電話ボックスから目が離せなくなった。

      ☆

★糸トンボの季節
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (13)
鴨川の遊水池に糸トンボがいた。
今日は数匹見ただけだが乱舞がみられるのは間近。
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (33)
多分、野アザミ(間違っていたらゴメンナサイ)。
山で見る野アザミより地味?控えめ?
やっぱり川べりに合うのかも・・・・・・・。

子供日より孫の日?もしかして爺の日?・・・・・・爺婆の東武動物公園

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-03 Wed 22:09:06
★もしかして爺の日?

毎年5月の連休中に東武動物公園に行くのが
ここ数年恒例のようになっている。

子供が幼いころは子供を連れてい行った。
今は孫たちだ。

5月の連休(5日)は子供の日から
今は爺には孫の日なのだ。
いや、もしかして爺(僕)の日?なのかも。

      *

東武動物公園は大人も子供も楽しめる。
一日中いても飽きない施設だ。

自分の子供を連れて行った頃は僕も若かった。
開園時間から閉園時間まで12時間も園内にいたことがある。
(その日は開園は8時で閉園が午後8時だったように記憶している)。

その時は僕自身、並びながらも15のアトラクションを楽しんだ。

さすがに最近は激しいアトラクションはやめたが、
それでも入園児は孫たちと同じようにフリーパスで入園する。

動物園と遊園地の両方を十分に楽しむには一日では無理だ。
動物園をゆっくり見ていたら遊園地での遊ぶ時間が足りなくなるし、
遊園地で遊びすぎると動物たちを見る時間が無くなる。

      *

今日は9時半に入園、
退園したのは終了時間の午後5時半だった。

17.5.3 東武動物公園  (92)
孫たちは迷路もあるアスレチック広場が大好き。
17.5.3 東武動物公園  (73)
僕の大好きな水に浮かぶメリーゴーランド。
17.5.3 東武動物公園  (11)
イグアナ。
17.5.3 東武動物公園  (115)
ホワイトタイガー。
17.5.3 東武動物公園  (6)
タヌキ(寝入り)。

鳴虫山で突然、声かけられた

★新たな山友

山頂のベンチに座りお弁当(おにぎり)を食べているとき、
右隣に座っていた同じ山行参加の女性が
『ブログをやっているゴローさんですよね』・・・・と声をかけてきた。

僕が左隣の仲間と話をしているのを聞いて、
直感で僕とわかったらしい。

彼女は過日、山探しのブログを検索して
たまたま僕のブログ(ハイキング頁)に行き当たり、
ブログの主(ゴロー)がおいらく山岳会の会員ということがわかったらしい。

      *

その後、話が進むうちに、
彼女の卒業大学と僕が喋っていた左隣の男性(会員)の
かつての勤務先が同じだったことも判明。

というわけで新たな山友ができた。

17.5.2 鳴虫山 (32)
山頂に咲くヤシオツツジと日光男体山。
17.5.2 鳴虫山 (45)
エゾ松の向こうは女峰山。
17.5.2 鳴虫山 (21)
木の根の道。鳴虫山の標高は1048m。

待ちかねたジパングの会員手帳、新鮮でおいしそうだし・・・・・ほか

17.5.1 絵の教室・モチーフ・タケノコ (1)
ジパングの会員手帳が届いてホッとした。

★すご~く損した気持ちでいた

ジパング倶楽部の会員手帳がやっと届いた。
更新を忘れており、急いで手続きをして送ってもらったものだ。

会員カードの有効期限が3月だった。
4月25日までに更新手続きをしないとで無効になってしまうらしかったのだが、
僕の年会費(3800円)振り込みはすれすれの21日だった。

      *

しかし、4月の浜松行きなどには会員の3割引き特典が使えず、
すご~く損した気持ちでいたのだ。

      ☆

スキャン_20170501 (5)
金券屋で買った東武動物公園の株主優待券。

★トータルで3~4千円ほど得かも?

明後日、3日は孫たちと東武動物公園に行くことになった。
大人3枚と子供2枚のチケットが必要なのだが、
もしかして金券屋にあるのでは?

      *

大宮駅前の金券屋にあったのだ。
株主優待券だけど、
トータルは3~4千円ほど得しそうだ。

      ☆

スキャン_20170501 (4)
手提げ紐を持たないようにする。

★高いなァ

お気に入りのリュックの手提げ紐が取れそうになった。
裁縫屋(修理も請け負う)に持って行ったら
直すのに3~5千円かかるというのだ。

糸を縫うだけでも2千円以上、
補修も加わるとさらに数千円というのだ。

「高いなァ」
・・・・・・と僕は思わず言ってしまった。

     *

僕は直すのをあきらめた。
接着剤で応急補修し、
以後は手提げ紐を持たないようにする。

      ☆

17.5.1 絵の教室・モチーフ・タケノコ (35)
僕の描いているタケノコはまだ途中。

★新鮮でおいしそうだし・・・・

今日のモチーフは急きょタケノコになった。
会員の一人が家から持ってきたのだ。

じつは先生もご自宅からモチーフを持ってきていた。
しかも、すでにテーブルに並べて描く準備もオーケーだったのだが、
タケノコ見た出席者全員(僕以外)がタケノコ希望になった。

・・・・・・で、先生はさっさとご自分で用意したモチーフをしまわれた。

      *

というわけで、今日は全員がタケノコを描くことになった。
全員が同じ物を描くのは珍しいらしい。

先生の並べたモチーフは人形花と仮面。
これは見るからに細かくて複雑だった。

それに比べてタケノコは形が単純。
新鮮でおいしそうだし、
皆がタケノコのほうに傾くのは納得がいく。
先生もきっとそう思ったに違いない。

Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top