FC2ブログ

Home

ゴローの「ここの記」日記

人ごみは避けたい・・・・・・「家で待ってて」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-04-01 Wed 19:45:07
20.4.1 作って食べよう (10)
“作って食べよう!ポッキンクッキン。
たのしいおすしやさん(右)とできたてパンやさん。
G君はおすしを上手に作ったけれど、S君はイマイチ。
でも美味しいって食べていた。

★作って食べるお菓子

ゴロー××「爺がひとりでイオンへ行ってくるから家で待ってて。
何か買ってくるものある?」

孫のG君××「作って食べるおすし~ィ」
孫のS君××「僕も~、パンやさ~ん」

      *

孫たちを一緒に買い物に連れて行くには気が引けるほどのコロナになった。
本屋、おもちゃ売り場、百均、食品・お菓子売り場を回る。

子供たちの時間つぶしにはいいのだけれど、
やっぱり人ごみは避けたい。

出歩き小さなスケッチ。残雪。本「医者が教える正しい病院のかかり方」。映画「Best of Charlie Chaplin in Color (Laurel & Hardy) Color/ Colour」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-31 Tue 17:38:09
1 スキャン (2)
「散歩の風景・造園屋」・・・・・・出歩き小さなスケッチ。

★まだ1枚目

散歩もハイクも運動も止めて2ヵ月半。
いい加減に鈍(ナマ)った身体。
スケッチにもすっかりご無沙汰。

そこで“出歩き小さなスケッチ”。
この名前なら散歩でも、ママチャリでも、
ハイクに行けるようになってもどこでも描けばいい、
描くことが出来る。

まだ1枚目。
月に3枚ぐらいは目標にしたい。

      ☆

★残雪
2 20.3.31 残雪、映画チャップリン (11)
3 20.3.31 残雪、映画チャップリン (33)
“残雪”と言えば山を思い浮かべるが、団地にもあるにはあるのです

      ☆

4 スキャン_20200331 (7)
教えてもらうことが多かった。

★本「医者が教える正しい病院のかかり方」山本健人

年間に10回以上は病院へ行っている僕には
分かっていたこともあるにはあったが、
そうかァ~と教えてもらうことが多かった。

妻から勧められて読んだ本だ。

      ☆

5 20.3.31 残雪、映画チャップリン (29)
後にカラー化した作品?

★チャップリン映画「Best of Charlie Chaplin in Color (Laurel & Hardy) Color/ Colour」年代不詳

後にカラー化した作品?
前回のカラー作品もそうだったんだけれど、
イマイチ面白くないかなァ。
あんまり笑えなかった。


最新号が来たけれど・・・・・・。映画「毒婦高橋お伝」「泣きぬれた人形」

スキャン_20200330 (3)
山行手帖の最新号は今のところ眺めているだけになっている。

★でも、多分・・・・・・・・

5日ほど前に山行手帖の最新号が届いた。
僕が会員になっているおいらく山岳会の機関誌だ。

夏山速報(6~9月)を始め
4月~の山行企画が盛沢山。

中には僕がサブリーダーを頼まれている
スケッチハイク(山行)もある。

      *

でも、多分・・・・・・・・、
コロナが収束しなければ中止の企画も出てくるのでは。
(3月は会山行中止)。

それに僕の腰痛。
なかなか治らない。

山行手帖の最新号は
今のところ眺めているだけになっている。

      *

今日はラオスへ旅立つ予定だった日だ。
飛行機のチケットや宿泊の予約をした1月初めは
まだコロナは騒ぎにまでなっていなかった。

僕は2月中頃にはキャンセルを決めていた。
拡大を予想してのことだが、
キャンセルの決断を早々に決めてよかったと今さらながら思う。

      ☆

★映画2本
20.3.30 映画高橋おでん、泣きぬれた人形 (68)
・「毒婦高橋お伝」中川信夫1958年
巷間伝えられている内容とはずいぶん異なる。
この映画では毒婦のシーンが少ないというかほとんどない。
美人、生活のために苦労、子を愛し失い、愛の行き違い・・・・・・。
何とも可哀そうな高橋お伝ではなかろうか。
      *
20.3.30 映画高橋おでん、泣きぬれた人形 (22)
・「泣きぬれた人形」千葉泰樹監督1951年
美空ひばり14歳の作品。
最初からおしまいまで貧しく可哀そうなままのひばり。
悪い奴に騙されたりするが、悪役はこの映画でも進藤英太郎。
そしてやっぱり最後は殺されてしまう。
彼は主役こそ少ないが大のつく名優だと思う。
450本の映画に出ていると何かで知ったが、
出演本数は日本の俳優のベスト上位(1位?)ではないか。
少なくても僕は450本以上の出演俳優は他に知らない。
お兄さん役の岡田英次も暗いなァ。
救いは甘い美貌(とネットにあった)の桂木洋子。
      *
ひばりの挿入歌は多いのだが、
どれも可哀そうなくらい静かで暗い。
ひばりらしい明るいのが1曲ぐらいあってもいいのに・・・・・・。
これでは当時のひばりファンは納得しなったでないかなァ。
      *
もしかして、この作品は教育映画?

春の雪(⛄)は景色が暖かい。映画「CURE(キャア)」「東京流れ者」「馬」

20.3.29 雪🌸 映画CURE ほか (41)
ベランダから。

★景色が暖かい

コロナと雪のせいで今日はイオンにも行かず。
歩行数は1039歩。

      *

もうすぐ4月だと言うのに⛄だ。
我が家付近も3㎝~ぐらい積もった。

でも寒くない。
気温が何度か分からないけれど
景色に暖かみを感じるのは春の⛄だから。

      ☆

★映画4本
20.3.29 雪🌸 映画CURE ほか (16)
・CURE(キュア)=黒沢清監督1997年
サイコ・サスペンス・スリラー作品の本元?ヒッチコックのサイコ(1960年)よりも怖かった。
キネマ旬報のベスト10にランクインしていないのが・・・・・・。
※サイコロジカルホラー(サイコ・サスペンス・スリラー )は、
精神的、感情的および心理的状態に起因する恐怖により読者、
視聴者、またはプレイヤーを脅かす、妨害する、
または不安定にするホラー・フィクションのサブジャンル。
それは、しばしば、サイコロジカルスリラーと重複し、設定やプロットのサスペンス、ドラマ、
アクション、ホラーを高め、不気味な感覚を提供するために、
不安定で信頼できない、悲惨な状況を表現している(ネットより転載)。
      *
20.3.29 雪🌸 映画CURE ほか (80)
20.3.29 雪🌸 映画CURE ほか (8)
・「東京流れ者」=鈴木清順監督1966年
・「悪太郎伝」悪い星の下でも 鈴木清順監督 1965年
僕的には暴力映画・場面は好きでないのでほとんど見ない。
2作品とも同じ鈴木監督。
悪太郎(暴力映画ではない)を再度見て比べて見たのだけど原作の違いだろうなァ。
東京流れ者は原作・河内康範(写真上)、
悪太郎伝は今東光(同下)。
      *
20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (53)
・「馬」=山本嘉次郎監督1941年
春夏秋冬3年の歳月をかけて作られた作品。
国策映画をナメてはいけない。
3度目の鑑賞で3度目の感動。
これからも何度か見ると思う(多分)。

裏見の🌸と花吹雪。BSTV「歓びの絵 ねむの木学園48年の軌跡」。映画「幸せの黄色いハンカチ」

★🌸が目の高さで楽しめる

地元自慢の大久保浄水場🌸が満開との情報。
そこで昼食後に車でひとっ走り。

見た(行った)ことないという妻にもぜひ見せたい。
用水路いっぱいに垂れ下がるような🌸を目の高さで楽しめる。

用水路の対岸にも遊歩道があり、
こちらも散策しながら裏見の🌸。

      *

今日は土曜日ながら、
コロナのせいか人出は少なめだった。

1 20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (58)
🌸並木は1㎞近くも続く。
2 20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (134)
用水路のカメもお花見?
3 20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (160)
裏見の🌸。

      ☆

4 20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (28)

★BSTV「歓びの絵 ねむの木学園48年の軌跡」

僕が若い頃から尊敬してやまない女性は2人。
1人がエリザベス・サンダースホームを創設した澤田美喜。
そしてもう1人がねむの木学園を設立した宮城まり子だ。
      *
20.3.28 宮城まり子、大久保浄水場の🌸、映画幸せの黄色いハンカチ (6)

★映画「幸せの黄色いハンカチ」山田洋次監督1977年。

3度目の鑑賞。
最後のシーン(写真↑)に一挙に感動が湧く。
溜めに溜めたシーンだけにその効果は絶大みたいな。
原作はピート・ハミル。
この年のキネマ旬報1位。
※この年のキネマ旬報の7位に上記宮城まり子が監督した
「ねむの木の詩がきこえる」がランクインしている。

ひっそりと神社の🌸美しく。BSTV「東京ロストワールド 秘湯探検の全記録」

★引き続き休止の連絡が・・・・・・・

コロナが長引いて4月の予定も中止。
僕の場合は予定というほどではないけれど。

さいたま市の公共施設が引き続き休止の連絡があったのだ。
他の予定も4月はおそらく無理だろうなァ。

コンサートに行く予定もあるのだけれど・・・・・・中止かもね。

      *

家内にクリーニング屋へお使いを頼まれた。
腰の痛みで散歩はまだ控えているので自転車だ。

クリー二ング屋へは(自転車で)5分~。
帰りに散歩コースを回ったら神社の🌸が満開。

隠れたような場所にひっそりとある神社に咲く桜には
(桜の)名所とは違った華やかさと美しさが・・・・・・。

      ☆

20.3.27 BSTV東京ロストワールド (70)
隠れたような場所にひっそりとある神社の🌸。

      ☆

20.3.27 BSTV東京ロストワールド (16)
20.3.27 BSTV東京ロストワールド (49)
上は西之島、下が南硫黄島。

★5年間にわたる取材

NHKBSにチャンネルを合わせたらとてもいい番組をやっていた。
「東京ロストワールド 秘湯探検の全記録」。

5年間にわたる取材もすごいけれど
あの新しい島、日本の領土を拡げた西之島学術探検のドキュメンタリーだ。

新聞とテレビのニュースからしか見たことないし、
それも記憶からなくなりそうだった。

      *

前半は西之島、
後半は隣の南硫黄島の学術調査。

南硫黄島は
いまだ人の手つかずのままの貴重な島なのだ。

2時間を忘れてしまうほどだった。

謎の道を行く。映画「天心」

★なぜこんなところに道が?

預かった孫2人を連れてというか
連れられて公園へ行った。

近くも近く団地内の第2公園だ。
ほかにもちょっと車を使えばいい公園があるのだが、
孫たちはほとんど遊具もないこの公園が好きだ。

僕はベンチに座って本でも読んでいればいい。
孫たちは鬼ごっこしたり砂場で遊んだりする。

だからとても楽。
今日は日差しも暖かく、
うつらうつらもしているうちに2時間があっという間。

      *

公園までを、
かねてから歩きたかった謎の道を行った。
孫2人も探検気分で面白がっていた・・・・・・かも。

謎の道は団地の2棟の南面を沿うようにある。
「なぜ、こんなところに日本人」(TV番組)ならぬ
なぜこんなところに道が?・・・・・・なのだ。

20.3.26 孫第2公園砂場他 (20)
謎の道の入口。
遊歩道にしては案内板もないし・・・・・・。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (27)
左はお墓、右の柵は団地の1階住居の専用庭との仕切り。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (32)
1棟を回ると公道を横断して次の棟へ。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (38)
左は空き地、右は専用庭との仕切り。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (42)
左柵の内側を覗くと1階住居の専用庭はさらに白い柵で囲まれていて、
その間が空地になっている。
何のための空きスペースなのかここにも謎が・・・・・・。
垣根は謎の道側に植えられていて庭を覗くことも出来ない。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (47)
出口を反対側から見た。
僕は人が通ったところ、あるいは道に入ろうとする人は見たことないが、
干乾びた犬の糞らしきものがあったから、
たまに犬の散歩に入る人がいるのか?
入り口から出口まで全長200m弱?
      *
20.3.26 孫第2公園砂場他 (57)
公園に咲くピンクが鮮やかな🌸。
20.3.26 孫第2公園砂場他 (75)
植込みの端にチューリップなど植えている3人のおばさんがいた。
ゴロー××「ボランティアでやられているのですか?」
おばさんA××「いいえ、自分たちで植えているんです」
ゴロー××「経費なんかは何処から出ているの?」
おばさんB××「自分の家の庭から持ってくるんです」
おばさんC××「庭に増えちゃって・・・・・・」
20.3.26 孫第2公園砂場他 (83)
今日の第2公園はお母さんが4人、幼児が5人。
それと僕と孫2人。

      ☆

20.3.26 孫第2公園砂場他 (87)
正攻法・直球で作ったような映画。

★映画「天心」松村克弥監督2013年

昨年、茨城県の“天心記念五浦美術館”へ行ったので、
興味深く鑑賞できた。
正攻法・直球で作ったような映画でちょっと面白みに欠けるかなァ。
制作予算が潤沢にあれば大作に・・・・・・と思った。

鴨川のインターナショナル🌸見かな。BSTV「四川美人谷」

★鴨川は地元(ふるさと)自慢

せっかくの快晴、花見日和。
行かない手はない。

ということで、昼ごはんを兼ねて自転車で行った。
場所はふるさと自慢(地元自慢?)の鴨川の土手の桜。

自転車で20分~ほど、
お弁当はカップ麺とパン切れ(朝食の残り)。

      *

花見客は数組。
うち1人ランチは静かに川っぷちにいる僕と、
草地にシートを広げ音楽を聴きながらお弁当箱を広げていた若めのお姉さん。

他には夫婦らしき散策組が2組。
僕の近くにいたシートのご夫婦。

少し離れたところのベンチでピクニック家族が2組。

      *

そこへやってきたのが女の子5人。
東南アジア系の人みたい。

みなとても可愛い(美人)。
キャーキャー言いながら写真の撮りっこ。

これってインターナショナルじゃん。
満開の桜がいっそう華やかに。

1 20.3.25 鴨川の🌸ほか (7)
さいたま市西区水判土地区鴨川土手の🌸。
2 20.3.25 鴨川の🌸ほか (60)
キャーキャー言いながら写真の撮りっこ、東南アジア系の5人組。
3 20.3.25 鴨川の🌸ほか (74)
東屋の2人と右の草地にシートを敷いて音楽聞きながらお弁当を食べている女性。
4 20.3.25 鴨川の🌸ほか (76)
近くの公園(みずべの里)の入り口の🌸。
ソメイヨシノじゃないみたい。
真っ白に輝くような🌸。
5 20.3.25 鴨川の🌸ほか (88)
100mほど上流の土手(遊歩道)の菜の花と🌸。
6 20.3.25 鴨川の🌸ほか (102)
帰り途中のお寺の枝垂桜(多分)。
🌸の種類は不明。
枝垂れにしては早咲き?
八重に近い花びらでとてもきれい。

      ☆

7 DSCF6240 (2)
今日は美人にめぐまれたなァ。

★BSTV「四川美人谷」

中国の秘境。
美人の産地みたい。

映像に出てくる女性は確かに美人ぞろい。
今日は美人にめぐまれたなァ。


孫娘の卒業㏌ボワ・トスカーナ。夏ミカン㏌重曹。映画「遙かなる山の呼び声」「リュミエール」、BSTV「CYCLE AROUND JAPAN」

1➀ボワ・トスカーナ20.3.24 花那卒業食事会ほか (72)
美味しくて、値段もそこそこで人気のイタ飯屋“ボワ・トスカーナ”

★お祝いのお礼かな?

孫娘の小学校の卒業式。
コロナで両親の同席ならずだけれど無事終了してよかった。
婆も行くつもりで会社を休みにしていたらしいのだがモチだめ。

      *

という分けで、爺婆一緒にせめてもの食事会。
場所は近くのイタ飯屋“ボワ・トスカーナ”。

美味しくて、値段もそこそこで人気。
ピザやスパゲティはモチだが、
評判のケーキだけを買いに来る客も多い店。

      *

息子一家との楽しい食事。
こんな日は爺婆へのプレゼントなのかもしれない。
いや、お祝いのお礼かな?

      ☆

2 5848 (2)
酸っぱい夏ミカンに重曹をつけると口の中がシュワシュワっとして酸っぱさが消える。

★酸っぱ~い(≧▽≦)
  
知人から庭になったという夏ミカン(もしかして甘夏?)を貰った。
酸っぱ~い(≧▽≦)
 
      *

子供の頃を思い出した。
昔の夏ミカンは酸っぱかった。
夏ミカンが甘夏にとって代わる前のことだ。

酸っぱすぎて僕の兄や姉たち、妹弟も食べなかった(多分)。
両親もだ。

      *

田舎の浜松(父の実家・当時は村)にはどこの家の庭にも夏ミカンがなっていた。
家にも大きな夏ミカンの木が3本はあった。

数えたことはないが毎年数百は実っていたのではないだろうか。
父親が浜松へ帰るたびに土産にいくつか持(採)ってくる。
だが誰も食べない。

消化役はもっぱら僕だ。
その僕もあまり酢っぱいときは重曹をつけて食べた。

      *

今年、知人から貰った夏ミカンの酸っぱさは昔ほどではないのか、
重曹をつけたときのシュワシュイワ感が弱い?

僕の大人になってしまった口だからそう思うのか?
それと、記憶に残る酸っぱいなりの旨さも感じないのだ。

とすると、今の夏ミカンは酸っぱいまま食べたほうがいいのか。
という分けで、重曹も付けずに酸っぱい夏ミカンを合計7個まで消化した。
あと1個残っている。

      ☆

3 20.3.24 花那卒業食事会ほか (9)

★映画「遙かなる山の呼び声」山田洋次監督1980年

高倉健、倍賞千恵子、渥美清、武田鉄矢、ハナ肇らの出演。
もちろん山田洋次映画らしいいい映画。
この年のキネマ旬報5位
・・・・・・・だけれど、どうしても前作、1977年の「幸福の黄色いハンカチ」と比較してしまう。
前作が良すぎる?のだ。
3度目の鑑賞。
      *
4 20.3.24 花那卒業食事会ほか (30)
PCで両方を掃除に見る。

★BSTV「サイクル・アラウンド・ジャパン・山形」=旅番組のサイクリング版。
★映画「リュミエール」世界で初めて映画(動画)を作った人の短編108本。
1890年前後の作品でもちろんサイレント(無声)。
映像が美しく様々な試みを解説してくれているので面白い。

人と動物と美しい景色に会えたサイクリング・・・・・・2008年。映画「番場の忠太郎」「風雲児信長」

★休みごとのサイクリング

昨年、タイの友人が鬼籍の人となった。
僕がその友人の家に居候していた2年半(2007~2009年)の間、
休日ごとに僕は付近を自転車(サイクリング)を楽しんだ。

      *

バンコク郊外の町ランシットには13本(多分)のクローン(運河)があった。
運河はメインの大通りを縦に並行して流れていた。

運河と運河の間はおよそ3㎞。
13本の運河の端から端までは40㎞ほどもある。

      *

僕の自転車コースは近場の2~4番のクローンの上りと下り(計5本)。
それぞれ美しい景色、住居と人と生活、動物や花に会えたのだ。

2 02.2.15日曜日のサイクリング (54)
牛と草焼きの風景。
1 02.2.15日曜日のサイクリング (67)
魚を釣るチューブ舟。
3 02.2.15日曜日のサイクリング (31)
住まいの裏の道と用水路(クローンではない)。
5 02.2.15日曜日のサイクリング (39)
道沿いの家。
カメラを嫌がらずに笑顔を見せてくれる。
6 02.2.15日曜日のサイクリング (37)
ニワトリを飼っている家は多い。
7 02.2.15日曜日のサイクリング (41)
ラオスからの出稼ぎ住宅。
8 02.2.15日曜日のサイクリング (49)
出稼ぎ住宅は数十戸~。
水道はなく給水車から運ぶ。
9 02.2.15日曜日のサイクリング (22)
遊んでいる子供たちを何度か写真に撮った路地。
10 02.2.15日曜日のサイクリング (70)
サイクリングの終わりに必ず寄ったスーパー“ロータス”。
日常の買い物もここでした。
11 02.2.15日曜日のサイクリング (4)
サイクリングに使用していた自転車。
自転車に縛ってある棒は犬を追い払うため。
飼い犬も放し飼いにするし、たまに噛みつてくる犬もいるのだ。

      ☆

12 DSCF5934 (2)
森繁久彌が天才的な芸をすべて披露しているのではないかと思える。

★映画「番場の忠太郎」中川信夫監督1955年

主役の忠太郎が若山富三郎、
関八州見回り役人が森繁久彌、
瞼の母(水熊の女将)が山田五十鈴、
他に超美人の誉れ高い桂木洋子(後の黛敏郎夫人)、
津久井の長兵衛に丹波哲郎・・・・・・・・。
出演俳優の顔ぶれだけで見たくなる(多分)。
と言っても、僕はたまたま見てそう思っただけだけど、
結果はやっぱり面白く見ることが出来た。
➀カラオケで瞼の母を持ち歌にしているから。
➁昨日読み終えた「大遺言書」の中で、
久世光彦が何度も繰り返し述べていたの森繁の天才的な芸を
すべて披露しているのではないかと思えるから。
      *
13 DSCF5975 (2)
セット、エキストラ・・・・・・どれだけお金をかけた?、

★映画「風雲児信長」マキノ雅博監督1940年

1940年に制作されたとは思えぬほどの超大作。
セット、エキストラ・・・・・・どれだけお金をかけた?、
当時の東映の実力を見せつけられる。
主役の信長役は片岡千恵蔵。

最後のオチが別れとは・・・・・・本「さらば大遺言書」。団地の🌸。桜堂。映画「起終点駅 ターミナル」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-22 Sun 20:25:58
1 20.3.22 前のお堂、映画起終着駅、重曹 (51)
団地内小公園の🌸。
後ろの建物が我が家の入居している号棟。

★ソメイヨシノでないのだ

団地の🌸が満開だ。
白っぽくって華やかさに欠けるのはソメイヨシノでないから。

それでもやっぱり🌸はいい。
前向きな明るくい気持ちにしてくれる。

団地出入りの植木屋さん🌸の種類を聞いておこう。

      ☆

2 スキャン_20200322 (3)
大遺言書シリーズの4冊目(最終卷)。
3 スキャン_20200322 (3)
2006年護国寺で営まれた久世光彦の告別式で
森繁久彌が読んだ弔辞。

★本「さらば大遺言書」語り・森繁久彌、文・久世光彦

大遺言書シリーズは全4巻(の表示はない)。
語りの森繁久彌が92歳になろうとする高齢で、
聞き手の久世光彦は22歳年下。
そのせいか4巻目の内容はますます久世のエッセイに近くなっている。
      *
語りは1本(1回)2時間の面談で行われたらしい。
大遺言書では語り足りない部分を久世が継ぎ足し、
回ごとに話にオチを付け上手くまとめている。
そのオチが楽しみで僕は次がまた読みたくなっていた。
そして最後のオチ(僕の中で)が最終ページにやってきた。
そのオチとは何と森繁久彌が久世光彦の告別式で読み上げた弔辞。
      *
連載途中で久世は2006年に急逝したのだ。
まだ70歳の若さだった。
      *
22歳年上だった森繁久彌は2009年に96歳で鬼籍に入っている。
久世の急逝がなければ、
大遺言書はまだ1~3年は続いたのかも。

      ☆

4 20.3.22 前のお堂、映画起終着駅、重曹 (24)
お堂のには金色に輝く仏像が置かれていた。
5 20.3.22 前のお堂、映画起終着駅、重曹 (28)
お堂名は“桜堂”。
初めて知った。
6 20.3.22 前のお堂、映画起終着駅、重曹 (49)
手前が団地内の駐車場で、道路を挟んだ向こうにお堂が見える。

★薬師如来と阿弥陀如来

お彼岸の期間中だからだと思うが、
団地の隣(裏手)にあるお堂の扉が開いていた。

初めて知ったので中を覗いた。
思った以上に綺麗で光り輝く立派な仏像が2体(薬師如来と阿弥陀如来)。

そー言えばこの団地に越してきて間もない頃
リフォームしていたなァ。

      ☆

7 20.3.22 前のお堂、映画起終着駅、重曹 (67)
原作は桜木紫乃 「起終点駅 ターミナル」。

★映画「起終点駅 ターミナル」篠原哲雄監督2015年

僕的には比較的新しい映画を見た。
佐藤浩市の渋さががますます三国連太郎に似てきたみたいな。
原作は桜木紫乃 「起終点駅 ターミナル」。
僕は読んでいないけれど十分に伝わっている(みたい)。
佐藤浩市の激やせぶりを心配する声(ネット)があるようだけれど
まだまだこれからも大俳優の道を歩む人だ。

「そんなことあったのォー」・・・・・・1時間の長電話。映画「宮本武蔵」

★高橋(たかばし)の袂(たもと)

昨日は久々に1万歩ちょいを歩いた。
そのせいか腰の痛みがぶり返したみたい。
まだしばらくはじっと我慢、動かずにいなくては・・・・・・。

     *

姉から電話が入った。
月イチぐらいで肉親・家族の情報交換などをする。

今日は1時間の長電話。
僕より15歳年長を考えれば姉はまだまだエネルギッシュだ。

2度も介護施設の入所経験を持つが、
2度とも退屈で呆けてしまうと自分で退所してきた。

今はマンションで一人暮らし。
(近くに住む娘(僕の姪)家族が面倒を見ている)。
自分史と言うほどではないらしいが、
昔のこと・思い出話を書き残そうとしているとか。

今日の電話では僕の小さい頃の話をしてくれた。
記憶に残る前の5歳以前の頃かなァ。

「そんなことあったのォー」・・・・・・とビックリする話。
それらも含めてぜひ思い出話として
書き残しておいて欲しいものだ。

      *

僕が5歳ころまで住んでいた家は
深川の小名木川に架かる高橋(たかばし)の袂(たもと)にあった。

池波正太郎や藤沢周平、
山本一力、北原亞以子など
時代小説に何度も出てくる高橋だ。
(今はマンションが建っている一画)

うろ覚えなところが僕にもあるにはあるが、
当時は20歳だった姉ならはっきり覚えていると思うから
ぜひ書き残しておいて欲しいものだ。

      ☆

★癒しの風景・・・・・・散歩中の鴨川にて。
191112 散歩、映画醜聞ほか (68)

      ☆

20.3.21 映画宮本武蔵 (23)
溝口作品ゆえにネットのレビュー・評はすこぶる悪い。

★映画「宮本武蔵」溝口健二監督1944年

見終わってから溝口監督の映画だと知った。

僕はけっこう面白く見たのだが、
ネットのレビュー・評はすこぶる悪い。
“宮本武蔵Mayuzumiの映画情報・レビュー・評価・あらすじ”で検索が面白い。
興味のある人は読むことをお勧め。

ピカピカの高輪ゲートウェイ駅に下りました。映画「ホタル」

★すごい\(◎o◎)/

妻の(実家に)墓参りに行った。
最寄り駅は新しい“高輪ゲートウェイ”だ。

駅から歩いて10分ほどのお寺。
今日は楽しみも加わった墓参りだった。

      *

初めて下りた高輪ゲートウェイ駅はピカピカの一年生。
明るく、広く、高い天井は開放感あふれる空間。

設計は隈研吾氏。
すごい\(◎o◎)/

1 20.3.20 高輪ゲートウエイ (64)
2 20.3.20 高輪ゲートウエイ (27)
3 20.3.20 高輪ゲートウエイ (42)
4 20.3.20 高輪ゲートウエイ (51)
5 20.3.20 高輪ゲートウエイ (160)
6 20.3.20 高輪ゲートウエイ (68)
空間の大きさ、広さにビックリ。
高輪ゲートウェイ駅はピカピカの一年生だ。
      *
7 20.3.20 高輪ゲートウエイ (136)
8 20.3.20 高輪ゲートウエイ (130)
妻の実家のお墓のあるお寺は高層マンションに挟まれている。

      ☆

9 20.3.20 高輪ゲートウエイ (17)
美しい風景に高倉健と田中裕子がよく似合う。

★映画「ホタル」降旗康男監督2001年

美しい風景に高倉健と田中裕子がよく似合う。
いい映画なんだけれど(内容が)地味すぎて盛り上がりに欠けるかなァ。

石庭みたいな🌸・・・・・・2005年4月。映画「故郷」

★癒しの風景
15.4.3 大久保浄水場の桜  (21)
石庭?
15.4.3 大久保浄水場の桜  (6)
水に浮かぶ桜の花びらです。
15.4.3 大久保浄水場の桜  (70)
流れ(石庭)の対岸。

石庭・・・・・・?

・・・・・・じゃありません。
水に浮かぶ桜の花びらです。

5年前に撮影した花見処大久保浄水場。
自宅から車で20~分くらいかなァ。

けっこう太目の🌸が200mほどは続くかなァ。
🌸が終われば数年前に植えた八重桜も楽しめる。

      *

🌸には郷土愛があるようで、
自分のところの🌸がいちばんと自慢したくなる。
僕もその一人かも知れない。

じつはもう1ヵ所ある。
ブログで紹介済だが鴨川の🌸。
こちらは15~分ともっと近い。

     ☆

20.3.18 映画故郷ほか (27)
倍賞千恵子と井川比佐志。

★映画「故郷」山田洋次監督1972年

主役の2人、倍賞千恵子と井川比佐志とがビッタシ超ウマ。
笠智衆も超いい。
魚の行商をしている寅さんじゃない渥美清もいい。
瀬戸内海の風景が美しい。
石を運ぶ古い木造船がGoo.。
僕が見た山田洋次監督の作品の中でも一番好き。
この年のキネマ旬報3位。
僕は2度目の鑑賞。

決してやってはいけない5つのこと。QLD ROCKS(石)を置いた。ゲソ。春が来た。

1 スキャン_20200318 (2)
腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へのチラシ。

★5つとも・・・・・・だし

「腰部脊柱管狭窄症でお悩みの方へ
絶対に
決してやってはいけないこと」

今朝、こんなチラシを妻が僕にくれた。
どっこい、やってはいけない5つは僕も承知の介。

1はごまかしているわけではないが整形外科でもらうし、医師は続けろと言うし。
2は歩くときはなるべく背筋を伸ばすようにしているし。
3はマッサージや電気効果は不明、特にマッサージはかえって×××みたいだし。
4は今回、自分でストレッチ・筋トレが腰部脊柱管狭窄症を招いたみたいだし。
5は絶対に手術はしたくないと思っているし。

・・・・・・・・・・・・なのだ。
このチラシの主は近く(隣駅)の接骨院。

      ☆

3 20.3.18  大宮診療所、映画「故郷」 (9)
僕が拾ったQLD ROCKS(石)の表の絵。
4 20.3.18  大宮診療所、映画「故郷」 (12)
QLD ROCKS(石)の裏。
2 20.3.18  大宮診療所、映画「故郷」 (8)
QLD ROCKS(石)を置いた場所は遊歩道にある石の彫刻の空洞の中。

★引継ぎせずに・・・・・・

昨年10月の山行(鷹取山岩トレ)中に
拾ったQLD ROCKS(石)を外に置いてきた。

QLD ROCKS(石)は
拾った人が持っていてもいいし、別の場所へ置くもいい。

新たに自分で描いて(作って)投稿もいい。
要は次へ引き継いでほしいということなのだ。

QLD ROCKS(石)の裏には説明とネット(Facebook)への投稿希望が記してある。
僕は描きもしなかったし、
もちネット投稿もしなくて今日まで引き出しの中にあった。

      *

QLD ROCKSのグループに参加すれば世界中に友達が出来るけど、
僕は面倒だから参加を見合わせた。

      *

DSCF5629 (2)
イカが高くてゲソにした。

★ゲソにしたわけ

イカと厚揚げとゴーヤの炒め。
イカが高くて買えない。

・・・・・・で、ゲソにしたわけ。
味つけに失敗したのか妻は食べなかった。

      ☆

★春が来た・・・・・・癒しの風景
5 20.3.18  大宮診療所、映画「故郷」 (25)

コロナ収束と僕の腰痛と・・・・・・。小さな牧場。映画「不死鳥」「オーシャンズ」

★どちらが早い?

コロナの収束と僕の腰痛からの解放とどちらが早い?
どちらも早くを願っている。

いろいろと気付きや思いもあるのだけれど、
口を開けば愚痴になりそうで・・・・・・・。
愚痴れば妻から叱れるしなァ。
      *
19.6.14 サイクリング (66)
★癒しの風景・・・・・・小さな牧場。

      ☆

★映画2本
DSCF5513 (2)
・「不死鳥」木下恵介監督1947年。
不死鳥の意味が最後に分かった。
未亡人の田中絹代が結婚を反対する後に義父となる人に向かって
猛烈に抗議することでついにメデタシとなるから。
     *
DSCF5546 (2)
・「オーシャンズ」フランスのドキュメンタリー映画2010年。
構想10年、撮影4年、制作費70億円というからすごいけど、
採算は取れたのかなァ。
公開から10年経っているけれど、
テレビなどで紹介されている同じような映像も多くて
驚きや新鮮味にちょっと欠けるかも。

➀社長の日記、➁夢を噛む猫、➂空飛ぶ牛・・・・・・ほか夢9題。映画「お嬢さん社長」「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」

★夢9題

【夢を見ていて目が覚めることはよくある。
その時は夢の内容を覚えているが、朝になると忘れている。
あるいは夢を見たということは覚えていても、内容のことは全く思い出せない。
そこで、見た夢をその場でメモってみようと思い立ってできカテゴリーが
夢(ドリーム・オフ)なのだ。
夢の内容なんて脈絡もなく支離滅裂だけど・・・】

      *

①社長の日記=某月某日

他界した友人(タイの勤務時代の会社の社長)が
亡くなったことを知って社員たちが
それぞれ勝手なことをしている。
そろそろ事務所を閉めるかと
僕が社長の引き出しを開けると
スケッチブック出てくる。
中を開くと社長が書いたと思われる日記が出てきた。
これはあとで読もう
・・・・・・と思ったところで目が覚めた。

      *

➁指を噛む猫=某月某日

猫が台所の食器棚の裏に隠れた。
覗いてみると何とゴミの山。
手前のくちゃくちゃの新聞を除けると
猫が僕を睨みながら鳴く(唸る)。
捕まえて捨てようするのだが、
猫は僕の指を噛んだ。
痛いのを我慢しながらベランダに出そうとするのだが、
猫は噛んだ指を離そうとしない。
痛てっ・・・・・・と思ったところで目が覚めた。

      *

➂空飛ぶ牛=某月某日

全身、緑の長い毛で覆われた牛が空を飛んでいる。
「あれは“タカネシェア”って言うんだよ。
大きくなると普通の黒い牛になるんだ」
と誰かが教えてくれた。
「タカネ  シェア?」
僕は反復して教えられた名前を確認する。
すると緑の牛は飛行機が滑走路に下りるように
滑るように僕のいる前で止まった・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

➃真っ赤な紅葉=某月某日

自転車で民謡の稽古に向かう。
荒川の土手が急すぎて上れない。
ゆるい坂道の方へ向かうと、
土手の上から真っ黒な雲が現れ、
たちまち大雨に。
急いで軒下に避難。
空を見上げると真っ赤な紅葉が軒を覆っている
・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

➄校正=某月某日

断ったはずなのに知人から仕事(校正)が送られてきた。
しかもフィルムだ。
いったいこれどうやって校正するんだ
・・・・・・と腹を立てたところで目が覚めた。

      *

➅ユニフォーム=某月某日

勤務時代のライバル雑誌の編集長が
「あなたの着ているユニフォーム素敵ね」
って褒めてくれた。
着ているのはふつうのTシャツなのに
・・・・・・と、確認したところで目が覚めた。

      *

⑦お説教=某月某日

僕が20代前半に大変お世話になった資産家の奥さんが尼さんになっている。
ご主人が亡くなって遺産整理をしたばかりのようだ。
なぜか僕の目の前に船の櫂(かい)がある。
骨董品の櫂とは珍しいものがあるもんだ(と思う)。
僕と数人の見知らぬ人が円陣となっている。
円陣の中心にいるのは奥(尼)さん。
奥さん(尼)は皆の座る位置についてお説教をはじめた。
どうやら座る場所は身分によって決まっている?
と気が付いた・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

➇セスナ=某月某日

どこかの温泉街。
僕は自動販売機から飲み物を取り出そうとする。
ふと空を見上げる黒いと雲がニョキニョキ。
その横をセスナ(ヒコーキ)が飛んでいる。
突然、地下への階段を下り始める・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

⑨父=某月某日

平成2年に亡くなった父の顔が目の前に大きく現れた
・・・・・・ところで目が覚めた。
※夢でも亡くなった親族に会えるのは嬉しいものだ。

      ☆

★映画2本
20.3.16「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン (27)
・「お嬢さん社長」川島雄三監督1954年。
ひばり17歳。
後に日本映画全盛と言われたこの時代にあって、
ひばり(映画)はキネマ旬報ベスト10のことなど気にもかけず、
多くのファンを楽しませることを優先した・・・・・・・多分。
出演映画は150本を超え、
それも主役ばかりの大女優でありながら映画の賞には縁遠い。
      *
20.3.16「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン (50)
・「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」松岡錠司監督2007年。
作家の久世光彦がこの映画の原作・江國香織著の同名の小説を読んで
涙したとあったので僕も見たのだ。
この年のキネマ旬報のベスト10には入っていないが
この年の同じキネマ旬報・読者選出日本映画ベスト・テンの10位。
主演女優の松たか子と樹木希林がよく似ていて、
若いお母さんの松たか子が年取って樹木希林のおばあさんになるのがマンマ(自然)。

旨い(^_-)-☆メバルの煮つけ。団地清掃日。映画「旅の重さ」

20.3.15 第2公園掃除、メバルの煮つけ、映画旅の重 (34)
煮つけ中はとても旨そうには見えなったが・・・・・・。

★ところがどっこい

イオンの魚売り場でひと際目立って旨そうに並んでいた。
そこで急きょ、夕飯のメニューを変更。

     *

メバルは大きすぎて丸ごと煮つけが出来ない。
真っ二つに切られ、鍋で煮たっているメバルは旨そうに見えない。

ところがどっこい・・・・・・旨かったのだ(^_-)-☆

      ☆

20.3.15 第2公園掃除、メバルの煮つけ、映画旅の重 (18)
僕は歩道沿いの縁と公園口の階段を掃除した。

★もう誰もいなかった

月1回の団地内清掃日。
各戸1人は出なくてはならない。

清掃は30分~1時間で終わる。
寒い時期はほとんど草刈りがないので30分足らずで終わる。
5月~9月までは1時間近くかかるという分けだ。

      *

今日は団地内も第2公園が僕の当番日。
孫も遊ぶ公園なので掃除がいのある場所だ。

僕は歩道沿いの縁と公園口の階段を掃除した。
30分を要して集合場所に戻るともう誰もいなかった。

      ☆

20.3.15 第2公園掃除、メバルの煮つけ、映画旅の重 (4)
主演の高橋洋子(右)が巡礼中に知り合い同棲する高橋悦史。

★映画「旅の重さ」斎藤耕一監督1972年。

出演女優の高橋洋子(主演)と秋吉久美子の
エピソードがネットにあった。

※主役オーディションで1位と2位だった高橋と秋吉は・・・・・・(中略)
・・・・・秋吉に決まりかけていたがオーディションに遅刻してきた高橋が
逆転して1位と2位が入れ替わったといわれる(ウキペディア)。
真偽のほどは分からないが二人とも美しく初々しい。

ゲートル。白と赤。本「向田邦子の恋文」。映画「チャップリン」2本

★雪と血

雨の中に白い粒が混じっているなと思ったら
たちまち雪に変わった。

イオンへの買い物帰り、久しぶりに春の雪。

      *

夕飯支度の最中に、
包丁で指先を傷つけた(切った)。

こちらは赤、久しぶりだ。


      ☆

スキャン_20200314 (3)
スキャン_20200314 (4)_LI


★本「向田邦子の恋文」向田和子

著者の向田和子は向田邦子の妹。
遺品の整理で出てきた茶封筒の秘密。
それは姉邦子の恋文と彼からの手紙。

      *

“あなたにも人に言えない秘密があるか?”
と問われたことがある。

もちろん、僕にもある。
しかし、ただあるとだけの答えでいいものかどうか。

永らく考えていたのだが、
この本の中に答えを見たようだ。

      ☆

16.11.15 我楽多 (740)
ゲートルには明らかに使用した形跡がある。

★ゲートル

僕が骨董屋さんで物を買うことはめったにない
・・・・・・って言うか、数えるほどしかない。

そのめったにないものの一つがこのゲートル。
本物であろうと思うが安かったので買ったのだ。
もう30年以上も前で記憶も定かでないが・・・・・・。

ゲートルには明らかに使用した形跡がある。
僕自身は戦後生まれだから戦争は知らないし、
ゲートルを巻いた本物の兵隊さんも映像でしか見たことない。

父は満州へ出兵、昭和17年に帰還と聞いている。
叔父はパプアニューギニアで戦死した。
敢えて肉親と戦争とのかかわりを言うならそんなことぐらいだ。

      *

※ガラクタの定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの

※ゲートルは以前掲載したことあり。
4年前の引っ越しの時にガラクタとして廃棄。

      ☆

★映画「チャップリン」2本
20.3.14 映画チャップリン他 (27)
・「チャップリン・題名不詳」
83分を超える長い作品。
最後のドタバタがすご~い。
スケールの大きさに目を見はりながら笑った。
      *
20.3.14 映画チャップリン他 (43)
・「チャップリン・題名不詳」
拳闘(ボクシング)もののカラー版。
チャップリンのカラー作品を始めて見た。
Youtubeで解禁になったのか。
何本かあるようで楽しみが増えた。

三島×川端・昭和の2大文豪「運命の物語」DVD。昭和の廃家。映画「隠し剣鬼の爪」「海嶺」

スキャン_20200313 (2)
さすがNHKドキュメンタリーの面白さ。

★思いもよらぬ内容だった三島由紀夫×川端康成

ボーイスカウトのかっての仲間とイオンのイートインでお喋り。
コロナ騒ぎで外出控えめの彼も、
腰痛で動きの鈍い僕も久しぶりに他人に会ってのお喋り。

僕は夢中で2時間もしゃべり続けたような・・・・・・。

      *

彼がくれたのは昨年6月に放送されたBS1スペシャル
三島由紀夫×川端康成 運命の物語。

思いもよらぬ内容びっくり。
さすがNHKドキュメンタリーの面白さ。

だけど文豪たちの名誉に多少×××××のでは
・・・・・・とちょっと心配。

      ☆

202.8 日和田ひとりハイク足慣らし (129)
202.8 日和田ひとりハイク足慣らし (149)
20.2.20 蕗味噌、徹子の部屋、映画、床屋 (51)

★昭和の魅力“廃家”・・・・・・昭和の主張

明治は遠く、大正ロマンはあまりに短い。
平成の30年は災害が多く、不景気風が吹きっぱなし。

そのせいかどうか、
まだ終わって2年なのにもう影が薄いみたいな。

      *

僕的に言えば平成は43歳からの30年。
働き盛りから定年、隠居爺と平成人間のイメージなのだが、
やっぱり誕生から43歳までの昭和のほうが重い。

昭和を見ると懐かしく思うのはそのせいなのかなァ。
廃家の魅力は昭和の魅力でもあるのだ。

      ☆

★映画2本
20.3.13 映画 海嶺、隠し剣鬼の爪 (12)
・「隠し剣鬼の爪」=山田洋次監督2004年。
藤沢周平(原作)らしい、山田洋次監督らしい作品。
「男はつらいよ」「座頭市」と並んでときどき見たくなる2人。
      *
20.3.13 映画 海嶺、隠し剣鬼の爪 (34)
・「海嶺」貞永方久1983年。
原作は三浦綾子。
1837年のモリソン号事件がテーマ。
その後の日本の歴史に大いに影響した事件だ。
見ごたえあり。

歳とれば昔を懐かしむ・・・・・・タイの市場(2008年)。映画「父と暮らせば」

★まるで縁日のよう

昼間NHKのTV番組“ごごナマ”で女優の財前直見をやっていた。
もう35年も前のことになるが、
ほんの一瞬であるが仕事でかかわりを持ったことがある。

その時の話をしようとすると妻は必ず
「そんな昔の話をいつまでもしないの」・・・・・・と聞いてくれない。

      *

カテゴリー“ゴローのバンコク・記憶遺産”も昔のことだ。
歳とれば昔を懐かしむものだ。

      *

在泰(タイ)中、市場(タラート)へは幾度となく行った。
街中、郊外にある市場には屋台がならび、
それはまるで縁日のよう。

新鮮な野菜、魚、総菜・・・・・・そして笑顔。

今日掲載の市場は、僕が住んでいたバンコク郊外の運河(クローン)沿い。
2008年の5月の休日だった。

1 08.5.5クローン4を北へ (17)
2 08.5.5クローン4を北へ (12)
金魚(熱帯魚)の店。
3 08.5.5クローン4を北へ (39)
カメラ(デジカメ)を向けると笑顔だァ。
4 08.5.5クローン4を北へ (36)
屋台に並んでいるものはみんな新鮮。
5 08.5.5クローン4を北へ (28)
モンキーバナナひと房5バーツ(15円・当時)。
6 08.5.5クローン4を北へ (34)
これはシイタケ(多分)。
7 08.5.5クローン4を北へ (22)
市場は何も買わなくてもぶらついているだけで楽しい。
8 08.5.5クローン4を北へ (43)
市場の場所は運河沿いの道路の脇の空き地。
休日に行った市場は
自転車での行動範囲に10ヵ所ほどあった。

      ☆

20.3.12 財前直巳、映画 父と暮らせば (2)
まるで舞台(芝居)を見ているよう。

★映画「父と暮らせば」=黒木和雄監督2004年。

井上ひさしの戯曲の映画化。
ほとんどが娘役の宮沢りえと父親役の原田芳雄の対話。
まるで舞台(芝居)を見ているよう。
この年のキネマ旬報4位。
宮沢りえは同時に主演女優賞を受賞している。

あの日は山手線の中で・・・・・・2011年3月11日。映画「たそがれ清兵衛」「それから」「肉体の門」「彼女の人生は間違いじゃない」

1 11.3.11地震 (38)
2011年3月11日、僕は山手線の一番前の車両にいた。
2 11.3.11地震 (61)
乗客は最寄りの神田駅まで線路上を歩いた。

★震災から半年後と1年後の傷跡

あの日、2011年3月11日、僕は山手線の一番前の車両にいた。
停車後も車両はガタガタと音を立てて左右に揺れている。

車窓から見えるビル群もゆっくり左右に動いている。
しかもビルによって揺れ方が違うのが分かるのだ。

      *

空いている車内はしばらく沈黙が続いていたが、
そのうち乗客の一人が大声で怒鳴り出した。

叫びながら運転席の仕切りをバンバン蹴っている。
何度も何度も「早くしろ!何しているんだ!」。

モチ、車内放送が流れているのだが。
見かねた人が男を諭すのだが聞く耳を持たない。

そこに携帯を手にした人が叫ぶ男に画像を見せた。
三陸の津波がもう携帯に流れていたのだ。
それを見た男はすぐに席に戻った。

      *

2時間後、乗客はそのまま降ろされて最寄りの神田駅まで線路上を歩いた。
その日はもちろん帰宅は出来ず、僕は深川の兄の家に泊めてもらったのだ。

★震災から半年後と1年後、傷跡はまだ(ほとんど)手つかずのままだった
3 12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (66)
4 11.6.8相馬、南相馬 (90)
5 11.6.8相馬、南相馬 (59)
6 11.6.8相馬、南相馬 (65)
7 11.6.8相馬、南相馬 (67)
8 11.6.8相馬、南相馬 (82)
9 11.6.8相馬、南相馬 (105)
10 11.6.8相馬、南相馬 (114)
12 12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (39)
13 12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (40)
14 12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (53)

      ☆

★映画4本
15 20.3.11 映画 たそがれ清兵衛、それから、肉体の門、彼女の人生は間違いじゃない (29)
・「たそがれ清兵衛」=山田洋二監督2002年。
もう3度か4度目の鑑賞。
藤沢周平原作を山田洋二監督が映画化すればこうなるみたいな。
この年のキネマ旬報1位。
      *
16 20.3.11 映画 たそがれ清兵衛、それから、肉体の門、彼女の人生は間違いじゃない (45)
・「それから」=森田芳光監督1985年。
原作は夏目漱石の「それから」。
明治調の動きとカラーと台詞?
この年のキネマ旬報1位。
でも、娯楽性に欠けているみたい。
いい映画で評価も高いが興行成績はどうか?
      *
17 20.3.11 映画 たそがれ清兵衛、それから、肉体の門、彼女の人生は間違いじゃない (82)
・「肉体の門」=五社英雄監督1988年。
原作は田村泰次郎の文学映画。
娯楽だけではない任侠・やくざ映画?
     *
18 20.3.11 映画 たそがれ清兵衛、それから、肉体の門、彼女の人生は間違いじゃない (87)
・「彼女の人生は間違いじゃない」=廣木隆一監督。
2011年の大震災で人生を狂わされた女の子の話。
監督は原作者でもある廣木隆一。
この年のキネマ旬報7位。

似て非なる新型コロナとシン・ゴジラ・・・・・・映画「シン・ゴジラ」。貴重?無観客大相撲。安い買い物。

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-10 Tue 20:54:56
  • 映画
★安部晋三と安部晋太郎

シン・ゴジラを見た。

・「シン・ゴジラ」庵野秀明監督2016年。
この年のキネマ旬報2位の映画だ。

似て非なる新型コロナとシン・ゴジラとは何か?

見始めてしばらくしてから
これってゴジラを新型コロナに置き換えたらそのまんまじゃん・・・・・・と思えたからだ。

政府、専門家、マスコミの対応・・・・・・それぞれ。
こちらは映画だから冷静に見ることが出来る。

      *

明日は大震災から9年目。
災害時の国会(政府)の大変さもシン・ゴジラから見てとれる。

こちらも原発事故をシン・ゴジラに置き換えられるかも。

      *

もうひとつ。
昨日見た映画「海難1890」に出てくる首相が安部晋太郎。

1985年イラン・イラク戦争勃発で
テヘランからの日本人を救出する救援機を飛ばすかどうか。

結局、何かの理由で救援機を出さなかったのだが、
この時もきっと政府(首相)は対応に追われ大変だったろうと思われる。

当時の日本の首相が安部晋太郎。
今、新コロナで対応に追われている安部晋三のお父さんだ。

4 20.3.10 シンゴジラ、無観客大相撲、たそがれ清兵衛 (34)
5 20.3.10 シンゴジラ、無観客大相撲、たそがれ清兵衛 (29)
「シン・ゴジラ」庵野英明監督2016年。

      ☆

1 20.3.10 シンゴジラ、無観客大相撲、たそがれ清兵衛 (63)
吉葉山の頃から60年以上も相撲は見ているが・・・・・・。

★貴重な光景

TVをつけたら無観客大相撲が始まっていた。
不思議な光景だ。

      *

ふと思った。

吉葉山の頃から60年以上も相撲は見ている(時々)が、
無観客大相撲は始めて見る。

モチ僕ばかりじゃない、
テレビ中継が始まってから初めての事なのだから。
(それ以前のことは分かりません)。

これからも多分見ることはないだろう。
つまり貴重な光景なのだ。

      ☆

2 20.3.10 シンゴジラ、無観客大相撲、たそがれ清兵衛 (52)
3 20.3.10 シンゴジラ、無観客大相撲、たそがれ清兵衛 (59)
花も山菜も安いなァ。

★売り場ではそれぞれ400~500

新コロナで花の売れ行きが悪くなったとか。
そのせいかどうか分からないが今日スーパーに一束90円で売られていた。

      *

ワゴン販売で山菜が売られていた。
こちらも安い。

売り場ではそれぞれ400~500円で売られている。
傷んでいるところは除いて天ぷらにしてしまえば
そんなに変わらないと思っているのだが・・・・・・。

妻も美味しいと食べていた。

本「生きていりゃこそ」。駐車場754台。映画「海難1890」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-09 Mon 21:23:14
スキャン_20200309 (3)
大遺言書よりも味わいのある本題。
スキャン_20_LI
名前には時代に反映したとか流行があるということを語る。

★本「生きていりゃこそ」森繁久彌語り 久世光彦・文

週刊新潮に連載された「大遺言書」シリーズの3冊目。
2004年から2005年にかけて森繁の語りを久世光彦が文にしたもの。

といっても、きっかけを語り(話)から貰うぐらいで、
ほとんどは森繁をたね(ネタ)にした久世のエッセイ

本題の「生きていりゃこそ」は
最終頁の森光子との思い出(の語り)の中に出てくる言葉。

連載名の大遺言書よりもずっと味わいのある言葉に
久世光彦が改題を思いついたのだろう(多分)。

      *

文中に“昔の名前”の語りがある。
名前には時代に反映するとか流行があるということを語っているのだ。

読んでいて、僕の父方の叔母の名前を思い浮かべてしまった。
時代に反映していると言えば言えるけれど、
祖父が通っていた飲み屋の名前をつけたのだ。

はなゑ、小千代、小ふみ、月代、あさの、ふみ子。

祖父は明治、大正から昭和にかけて生きた。
村でも評判の大酒飲みだったらしい。

2男6女を育てが次男は先の戦争で戦死している。
当時はモダンな名前だったのではあるまいか。

      ☆

20.3.9 映画海難 (15)
駐車場754台ってスゴくない?

★便利、便利だァ

ほぼ毎日通うイオン。
日によって3度も・・・・・・。
そんなのは買い忘れがある時だが。

我が家(団地の一室)から歩いて2、3分。
便利だ。

それにしても駐車場754台ってスゴくない?
屋上は不使用だし、その他も余裕で止められる。

朝7時から夜の10時までもスゴイ。
便利だァ。

      ☆

20.3.9 映画海難 (6)
1890年年、日本を訪れたトルコの軍艦・エルトゥールル号が和歌山県串本町紀伊大島沖で海難事故。

★映画「海難1890」=田中光敏監督2015年 日本・トルコ合作作品。

日本とトルコが友好的になった元の1890年の海難事故。
1985年のイラン・イラク戦争ではトルコがその時の恩に報いるため
日本人脱出のための航空機(救援機)を飛ばしてくれた。

※日本が救援機を出せなかった理由を当時の朝日新聞は
「日航は18日昼過ぎからジャンボ機を待機させたものの
外務省は『何人の在留邦人が救援機を必要とするのかわからなかった』
と決断せず——」と伝える・・・・・・・ネット“日本とトルコ 125年の友情”より。
この時の日本の首相は安部晋太郎。
現安倍晋三首相のお父さんだ。

ランタン祭りはあっちこっちにあった。映画「三たびの海峡」「母の曲」「半落ち」

★幻想的、美しさに感動

今日の夕食はクレープだ。
毎日のおさんどん係の僕としてはラクチンだ。

なぜなら孫たち3人で作って支度をしてくれるから。
いちばん大きいのは高校生の孫娘。

      *

昨日TVで見た秋田の某市のお祭り。
6mもの大きい絵ランタンを空に飛ばす。

これってランタンの大きさは違うけれど、
10年ほど前にタイで見たコームローンと同じ?

タイのプーケットで初めて目にした空に舞うランタンは
幻想的でその美しさに感動したものだ。

僕はすっかりタイだけで行われてるのかと思っていたら、
昨日のTV番組ではすでに19世紀(18××年)からの行事だと紹介していた。

      *

ネットで調べたらヨーロッパ、台湾でもおなじようなランタン祭りがあった。
探せば世界のあっちこっちでやっているのかもしれない。

どこでやろうが間近で機会があったらあの感動をまた味わいたいものだ。

1 20.3.8 映画半落ちほか (53)
昨日TVで見た某市の巨大ランタン。
2 10.11シンガポール→バンコク (450)
僕がタイのアユタヤで飛ばしたランタン。
左のお姉さんに手伝ってもらって一緒に飛ばした。
3 loy1[1]
タイのチェンマイはコームローンで有名(ネットから転載)。

      ☆

★映画3本
4 20.3.8 映画半落ちほか (31)
・「三たびの海峡」=神山征二郎監督1995年。
徴用工問題から物語が始まる。
いい映画で大作なのにこの年のキネマ旬報ベスト10に選ばれていないのは、
昨日見た「青春の門」と同じ。
「青春の門」も炭鉱で働く徴用工から物語が始まる。
偶然だが同じテーマから始まる映画を2本続けて見てしまった。
写真の三国連太郎の後に見えるのは(九州の)ぼた山。
      *
5 20.3.8 映画半落ちほか (48)
・「母の曲」=山本隆夫監督1937年。
分相応の生活が幸福なのだ・・・・・・がテーマ。
原節子が17歳。
      *
6 20.3.8 映画半落ちほか (60)
・「半落ち」=佐々部清監督2003年。
公開当時はずいぶん話題(宣伝していた)となっていた。
いい映画だと思ったのだけれどこの映画もキネマ旬報のベスト10から漏れている。
ネット評に決定的な問題が・・・・・・とあったが何か?
裁判に当たって警察(刑事)と検察、マスコミ(報道)
との裏取引があるようなことを示唆したから?
そんなことはない(邪推だ)と思う。
もしそうだったらキネマ旬報ベスト10そのものが
信を問われてしまうことになるからだ。

“患者さんへのお願い”と雄のダイコン。映画「青春の門」

★雄のダイコン

診療所の待合室にあるはずの新聞・雑誌が置かれてない。
受付には“患者さんへのお願い”の貼り紙。

待合室の席もいつもより空いているようだ。
コロナは離れたところの話ではない。

      *

診療所へは自転車で10分ほど。
その間のデジカメ6ショット。

1 20.3.7 大宮診療所ほか (28)
診療所のラックには雑誌も新聞も置かれていない。
2 20.3.7 大宮診療所ほか (42)
患者さんへのお願い。
2.5 スキャン_20200307 (2)
待合室で自己検眼。
最初はメガネなしで0.4と0.6。
次に車の運転で使用するメガネをかけて1.2と1.2。
3 20.3.7 大宮診療所ほか (36)
待合室に置かれていた折り紙細工の置物。
      *
4 20.3.7 大宮診療所ほか (56)
モクレン。
5 20.3.7 大宮診療所ほか (64)
ミモザ。
6 20.3.7 大宮診療所ほか (70)
終わりかけの椿。
7 20.3.7 大宮診療所ほか (45)
ダイコンに雄と雌があるとすればこのダイコンは雄?
8 20.3.7 大宮診療所ほか (50)
空き地でも他人の土地、かってに菜の花を摘むわけにはいかない。
9 20.3.7 大宮診療所ほか (77)
ナズナ(ぺんぺん草)。
むかしは何処にでも生えていたが最近は?

      ☆

10 20.3.7 大宮診療所ほか (15)
織江の杉田かおるがカワユイ。

★映画「青春の門」蔵原惟繕・深作欣二監督1981年

原作は五木寛之の8部作。
僕は原作の文庫本2巻(冊)まで読んでそのまんま。
映画では自立篇の2作。
自立篇はまた機会があったら(見つけたら)。
山崎ハコの“織江の唄”が映画の中の挿入歌になかったのはなぜ?
いい映画、大作なのにこの年のキネマ旬報のベスト10には入らなかったようだ。

医師も\(◎o◎)/!&ノースポールと虹

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-06 Fri 21:32:41
  • その他
★病院だけはキャンセルなし

とうとう24日予定のスケッチハイクも中止になった。
3月予定の絵、ハイク、民謡、🎤、墓参り(浜松)、ラオス(ボランティア)
・・・・・・そのほかの個人行動もすべて。

コロナが早々に終わるとは思えないし、
僕の腰も難しい。

      *

病院だけはキャンセルなしだ。
3日は内科(胆石系)、
今日は整形外科(腰痛系)、
明日は診療所(胃系)。

まるで行くところがないから病院に行くみたい。
コロナとどっちが早く解決するかなァ・・・・・・みたいな。

それでも血液検査の数値はすべて合格(基準内)。
医師も\(◎o◎)/!。
元気は人一倍なのだ。

DSCF4907 (2)
整形外科へ行く途中のよその家の庭の初春の花・ノースポール。
DSCF4915 (2)
団地の駐輪場に虹。

子供は風の子。映画「折鶴七変化」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-05 Thu 20:09:26
20.3.4 孫3人の公園、映画折り鶴七変化 (37)
子供は風の子。

★10年前に遡って・・・・・・

今日は北風が強く寒かった。
にもかかわらず外で遊びたいと3人の孫たち。

爺もお付き合いせねばなるまい。
そこで、目一杯の厚着をしてベンチで座っていることに。

公園にいたのはサッカーボールを蹴っていた男の子が1人だけ。

30分を過ぎた頃、
ゴロー爺××「寒いからもう帰ろうよ」
孫B××「まだァ、これから鬼ごっこするから・・・・・・」

子供はやっぱり風の子だ。
そー言えば、サッカーボールを蹴っていた子は、
上を脱いで袖なしのランニングシャツ姿になっていた。

      *

ベンチで平岩弓枝の文庫本を読んでいた。
途中、もしかしてこの本読んだことがあるかも?

じつは最初からうすうす感じてはいたのだが。
さすがに3分の1近くの200頁まで読んで確信に近くなった。

家に帰ってから、パソコンで
僕がこの10年に読んだ本一覧を調べて見た。

じつは、10年前から読んだ本と映画などをメモっているのだ。
理由は簡単。
見た映画、読んだ本(の題名)をすぐに忘れてしまうからだ。

      *

案の定、2017年5月に読んでいた。
著書名は「魚の棲む城」

同じ様なことが
Youtubeで見る古い映画などでもある。
こちらは毎回と言っていいほど多い。

ために10年前に遡って見たか見ていないかを調べるのだ。
僕の場合、2回目、3回目だとかの鑑賞はたいがいはそんなのだ。

もっと遡ればメモを始めた10年以上前に見ているのもかなりある。
まァ、名画映画は何度見てもいいものだけれど・・・・・・。

      ☆

20.3.4 孫3人の公園、映画折り鶴七変化 (27)
筋書きを分かってから鑑賞するとよい映画。

★映画「折鶴七変化」石田民三監督1941年。

あらかじめストーリーと役者を頭に入れておかないと、
内容がよく分からない・・・・・・と、ネットの感想(レビュー)にあったので
何とか映画の内容紹介を探した。

じつは僕も見ていて20分ほど進んでも、
何が何だかさっぱり分からないかったのだ。

つまり、何の話を進めているのだとか、
悪人は誰だとか、月形龍之介は敵か味方かだとか・・・・・・。

ネットの感想(レビュー)にあった通り、
僕もあらすじを読んですっかり合点がいったという次第。

      *

黒川弥太郎、大河内伝次郎、左卜全、清川虹子は分かったが、
長谷川一夫はとうとう最後まで分からなかった(見落とした)。

進藤英太郎がオシマイの方に侍で出てくるが、
やっぱり悪役でやっぱり切られてしまう。
彼は生涯620本もの映画に出演しているそうだ。

コロナ休校で孫3人をあずかりました。凱旋門のブーゲンビリア・・・・・・ビエンチャン・2011年

20.3.4 孫遊びの (6)
勉強したり粘土遊びや絵合わせカルタ。

★みんなで協力

コロナ休校で今週は今日と明日、
来週も2日間あずかる予定。

あずかった孫は小学生2人と幼稚園1人。
勉強したり粘土遊びや絵合わせカルタ。
ママが迎えに来るまで3人3様で時間つぶし。

飽きれば揃ってゲームに・・・・・・。
子供たちも働く親も、そして爺も婆もみんなで協力だァ。

      ☆

★凱旋門のブーゲンビリア・・・・・・2011年(ラオス・ビエンチャン)

観光に訪れた人は必ず寄る(多分)ビエンチャンの凱旋門。
周囲は首相府、最高裁判所、大使館など
重要建物が並ぶ国の中心地でもある。

海外からの観光客、ビジネスの人、地方からのお上りさん等々、
常に多くの人々で賑わっている。

ブーゲンビリアの花は、凱旋門の広場をパッと明るくする。
人の心も晴れ晴れと明るくなったような・・・・・・。

11.11.24ハイビスカス凱旋門 (4)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (11)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (13)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (16)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (17)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (19)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (21)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (28)
11.11.24ハイビスカス凱旋門 (29)

NHK逆転人生に出ていた戸島さん。イオンで売ってました。本「呼ぶ山」夢枕獏

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-03-03 Tue 21:05:05
  • その他
★ドラマ化までされている人

昨夜のNHK番組「逆転の人生・戸島國雄氏」を見た。
これまで何度かテレビなどで紹介されており、
ドラマ化までされている人である。

      *

氏は僕が在タイ中にお世話になっていた会社の社長と昵懇であった。
僕が社長の家に居候している間、何度か家に見えられたのだ。

ことあるごとに社長から戸島氏の武勇伝を聞かされたいたので、
大変(立派)な人だとは思っていたが、まさかドラマ化されるほど
活躍された方だとは思いもしなかった。

なぜか戸島氏は6歳も年下の社長を先生と呼んでいた。
いつも物静で毅然とした人だったように思う。

      *

社長の車でご一緒した時など、
路上の検問でも氏の姿を見た瞬間、いつも警察官は最敬礼だ。

3人で1*0㎞の猛スピードを出して、
600㎞のドライブを楽しんだこともある。
放映になかったエピソードもいくつか社長から聞いている。

※氏の詳しいプロフィールはネットに詳しい ↓
https://c-something.com/tojimakunio

1 20.3.3 戸島氏、イオンほか (67)
スマトラ地震の時の検死。
(僕の勤めていた会社の)社長はカメラマンとして同行している。

      ☆

★イオンで売ってました・・・・・・トイレットペーパーとティッシュ

昼頃、イオンに買い物に行ったら
大騒ぎしているトイレットペーパーとティッシュ、
それとお米がイオンの棚にありました。

※Facebookに投稿されていた意見 ↓
使い捨てでも再利用すればいいのは当たり前でしょう。
できないというのはメーカーが売りたいだけ。
そもそもN95マスクでないと、
こんなしょぼいマスクでウィルスはブロックされません。
これも専門家がバカなんです。
「マスクはウィルスの混じった飛沫をくしゃみなどで飛ばさないため」
と言ってるくせに、「再利用するな」とは何事ですか。
メーカーから金をもらっているから言えないのでしょうけど。
1枚を5回ずつ使えば、品不足なんか一気に解決しますよ(Y・T)。

3 20.3.3 戸島氏、イオンほか (85)
トイレットペーパーとティッシュの棚。
4 20.3.3 戸島氏、イオンほか (90)
お米も・・・・・・。
      *
2 20.3.3 戸島氏、イオンほか (82)
最近、ワゴンの値引き品に目を付けるようになった。
山菜などが置かれているのだ。
昨日はタラノメを買って天ぷらにした。
今日も目をやれば菜の花が2つ。
300円ほどで売っているものがワゴンでは70~100円。
少しぐらい日が経っても、花が開いていてもゼンゼン問題ない。
手を伸ばした刹那、
サッと2つの菜の花をかっさらって行く手が・・・・・・・。
一瞬のスキであった。

      ☆

5 スキャン_20200303 (3)
面白くてほぼ一気読み。

★本「呼ぶ山」夢枕獏

図書館で夢枕獏の山岳小説と検索して出てきたのがこの本。
夢枕氏はヒマラヤ登山も経験したことのある山男。
山小屋で働いたこともあるという。
遭難時の状況が生々しくリアルなのはきっと経験からだ。
そうした山の遭難かそれに近い状況にミステリーが加わった小説。
面白くてほぼ一気読み。

Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top