Home

ゴローの「ここの記」日記

第8回パステル画展のお知らせ。珍百景・・・・・・首が前で出ているお地蔵さん

スキャン_20180618
案内はがき。
18.6.18 見沼の ノーゼンカツラとお地蔵さん (3)
珍しい(多分)水辺のノーゼンカツラ。
ツル性で木に絡まっているのはよく見かけるが・・・・・・。
絵の教室(工房館)前。

★7月10日(火)~15日(日)まで

第8回パステル画展が来月10日から
さいたま市大宮図書館展示ホールで行われる。

つまり僕が通っている絵の教室(デッサン月曜会)の発表会というわけだ。
会場(ホール)は大宮氷川神社の参道にある。

大宮駅から歩いて10分ほど。
神社に来られるついでにでも寄って(見て)ください。

なお、指導していただいている先生は日展会員、白日会会員。

      ☆

18.6.12-13 西山温泉5人組  (19)
首の前に出ているお地蔵さん(左向き)。
18.6.12-13 西山温泉5人組  (21)
首の前に出ているお地蔵さん(右向き)。
18.6.18 見沼の ノーゼンカツラとお地蔵さん (11)
ふつうのお地蔵さん(左向き)。
18.6.18 見沼の ノーゼg
ふつうのお地蔵さん(右向き)。

★これは珍百景だ!

珍しい(多分)首が前に出ているお地蔵さん。
先日、某お寺で発見した。

ふつうのお地蔵さんと比べてみると違いがはっきり分かる。
なぜ首が前に出ているのかの理由は分からい。

ネットで調べてみてもやっぱり分からない。
お地蔵さんの画像を何百枚もチェックしたが、
首が前に出ているお地蔵さんは見つからなかった。

やっぱりよほど珍しいのだ。

議長に助けられて筑静会総会終了。父の日の花籠

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-17 Sun 18:44:05
  • 民謡
★・・・・・・×●▽◇サイサイ

筑静会は僕の通う民謡の会。
平成30年度は僕が会長になった。
もしかして任期2年かもなのだが未確認。

今日は総会。
当然、僕が会長としての役割を果たさねばならない。

と言ってもうまく運ぶのかどうか?
僕は会員になってほぼ9年だが、
副会長、会計の他の役員はまだ入会2年。

こうした会の執行部経験なしの面々で心配していたのだけど・・・・・・。

      *

総会は議長に助けられた。
議長をお願いしたベテラン会員は現役時代
1000人以上もの従業員のいる会社の社長をやっていた人。

何度も厳しい株主総会等々を経験してきている。
20人ほどの民謡の会の総会など×●▽◇サイサイなのだ。

と言うわけで無事終了したという分け。

      *

総会の後は昼食。
そして恒例のおさらい会(月例)だ。

今回は演奏の先生が2人も増えてますます超贅沢版。
僕は“十三の砂山”と“会津磐梯山”を唄った。

18.6.16 民謡月例 父の日花籠 (4)
18.6.16 民謡月例 父の日花籠 (1)
総会の後の昼食とおさらい会。
会員手作りで差し入れてくれた煮物(下部)があまりに美味しくて、
用意された弁当まで箸が回らない。
おさらい会は三味線3人、尺八3人、笛一人の豪華演奏(上部)。

      ☆

★父の日のプレゼントに今年も届いた花籠
18.6.16 民謡月例 父の日花籠 (13)
贈ってくれたのは娘2人(一人は息子の嫁)。

60周年を迎えたおいらく山岳会の総会に出席した

18.616 OMC総会 (8)
僕は駅の改札口に立ち、会の旗を持って会場案内。
18.616 OMC総会 (22)
総会は滞りなく時間内に終了、午後からは懇親会。
会員歴53年の大先輩の挨拶やアコーデオンの演奏、
全員の合唱などで大いに盛り上がった。

★調子に乗って飲み過ぎた

僕がお世話になっているおいらく山岳会は今年60周年を迎えた。
今日はその記念すべき総会が行われ僕も出席。

じつは会場準備に手伝いに来てくれと言われていたので、
始まる1時間前に行ったのだ。
・・・・・・が、すでに会場の準備は出来上がっていた。

      *

おいらく山岳会の現会員数は606名と発表があり、
そのうち昨年の新規入会者は100名以上。

ここ2年ばかり(主に高齢で)退会される方よりも入会者のほうが多く、
順調に会員数は増えているとの報告。

しかも新規会員の年齢がぐっと若く、会の平均年齢を引き下げているとか。

      *

定期総会終了後は懇親会。
僕も多くの先輩方と言葉を交わし、
有意義でいい時を過ごすことが出来た。

ただ、調子に乗って少々飲み過ぎたようで、
帰宅した時はふらふらしていたような・・・・・・・。

下駄箱に頭をぶつけて(こぶができて)それがまだ痛い。

『再会』・・・・・・キジ親子のドラマ?

★キジ親子のドラマ

散歩コースの途中にあるキジをよく見かけるポイント。
多分キジの巣があるのだ。

      *

今日は親子3羽を見ることが出来た。
歩道橋の上からなので俯瞰するように様子が分かる。

雄雌のつがいが遠くでウロウロしている。
10mほど離れた手前に一羽いるのは子キジなのではあるまいか。

親の2羽が左右行ったり来たり落ち着かない。
草に隠れて子キジが見えないので探しているようだ。

      *

親が探していることに気付かない子キジは、
一所懸命餌を探し啄んでいる。

やがて、子キジは離れてしまった親キジを探すように振り返った。
草が陰になっていて子キジの場所からは親キジは見えない(多分)。

しばらく子キジはじっと様子をうかがっていたが、
親キジの居場所を察したのかゆっくりと親キジの方へ向かって行った。

キジ親子のドラマを見たみたいな・・・・・・。

      *

僕は子キジと親キジが再会して巣に戻って行った(草むらの中に姿を消した)
のを見届けてから散歩を再開。

その間十数分。
薄着で散歩に出たのですっかり冷えてしまった。

18.6.15 散歩キジ (19)_LI
はぐれてしまった(見えない)子キジを探す(多分)親キジのつがい。
18.6.15 散歩キジ (7)_LI
しばらく子キジはじっと様子をうかがっていた。
18.6.15 散歩キジ (11)_LI
親キジのところへ向かう子キジ。
あと少しで再会だ。
18.6.15 散歩キジ (4)_LI
偽キジ。一瞬キジに見えた枯葉(枯草)。

胃カメラはいつも嫌。ポストはいつまでも待っている・・・・・・昭和の主張

★次回はレントゲンに・・・・・・

特定検診受診。
特定検診とはさいたま市が勧める成人向け健康診断。

年に一度、40歳以上の市民はほぼ無料。
70歳以上は癌検診も無料になる。

僕は数年来毎年受診しているが、
昨年から胃がん検診はレントゲンから胃カメラに替えた。

胃カメラは以前にも何度かやっているのだが、
やっぱりいつでも嫌だ・・・・・・なァ。

レントゲンが嫌で胃カメラにするのだが、
やっぱり次回はレントゲンにしようなどと思ってしまう。

昨年もそう思ったのだが、
今年もやっぱり胃カメラにしてやっぱり昨年と同じ思い、
やっぱり次回(来年)はレントゲンにしよう。

スキャン_20180614
胃カメラのほか肺はレントゲン、大腸は検便、前立腺は尿で調べる。

      ☆

★ポストはいつまでも待っている・・・・・・昭和の主張
18.3.23 大鷹取山  (161)
ずっと以前から並んでいる二十数基のポスト。
昭和の時代から郵便はがきや年賀状、手紙・・・・・・・・、
モチ、ラブレターだって数えきれないくらい投函されたに違いない。
今は廃棄を待っている?
もうずっと待っている。
もしかしていつの日か昭和ブームが来てSLみたいに復活するのでは?
その日をずっと待っているのかもしれない。

良寛、福満虚空、あわ饅頭、強清水・・・・・・話のネタ盛沢山5人旅

★目から口からみんな満足

かっての会社仲間、
気の置けない5人のドライブ旅行。

今回は奥会津西山温泉から新潟県寺泊まで。

思いがけない名所やグルメ。
いつか行きたいと思っていた良寛の里。

目から口からみんな満足。
・・・・・・話のネタに事欠かない気ままな5人旅。

★写真は順不同
1 18.6.12-13 西山温泉5人組  (216)
国上寺(こくじょうじ・新潟県燕市)、本堂前の良寛像。
2 18.6.12-13 西山温泉5人組  (163)
五合庵。
良寛はここに20年ほど住んだ。
国上寺の本堂を下ったところにある。
3 18.6.12-13 西山温泉5人組  (189)
国上寺本堂。
想像以上に大きくてりっぱな建物だった。
4 18.6.12-13 西山温泉5人組  (33)
日本3大虚空像尊のある円蔵寺(えんぞうじ)の境内(舞台)から見た只見川のビューポイント。
5 18.6.12-13 西山温泉5人組  (40)
威厳に満ちた円蔵寺本堂。
6 18.6.12-13 西山温泉5人組  (90)
名菓“あわ饅頭”の小池菓子舗は道路を挟んだ円蔵寺の前。
黄色のあわに包まれた餡が絶妙。
7 18.6.12-13 西山温泉5人組  (5)
初日(12日)の昼食に寄った強清水(こわしみず)のそば。
するめを戻したイカの天ぷらが名物。
僕は49年ぶりに食べた(訪れた)。
8 18.6.12-13 西山温泉5人組  (43)
泊まった温泉宿は西山温泉。
安い、旨い、湯(風呂)が良い。
我々の温泉旅行基準をすべてパスした明治21年創業の“中の湯”
9 18.6.12-13 西山温泉5人組  (75)
中の湯のご主人としばしお喋り。
作業中の蕗は冬用に塩漬けにするそうな。
10 18.6.12-13 西山温泉5人組  (50)
柳津西山地熱発電所をPR館内の映像で学ぶ。
11 18.6.12-13 西山温泉5人組  (96)
朝、車のフロント、屋根に怪しい動物の足跡。
旅館では猫は飼っていないし・・・・・・。
12 18.6.12-13 西山温泉5人組  (125)
弥彦神社。
13 18.6.12-13 西山温泉5人組  (226)
寺泊おさかな市場で昼食とお土産。

濡れ鼠。寺社系が多い撮り溜め癒しポイント

★風が容赦しない

濡れ鼠(ぬれねずみ)の意味をネットで調べたら、
① 水に濡れた鼠。
② 衣服を着たまま、全身水に濡れた状態。
ほか2、3調べてみてもどれもほぼ同じ。

      *

今日久々に濡れ鼠になった。
雨が小降りだったので歩いて民謡の教室(公民館)へ行った。

歩いて35~40分ほどの距離だ。
行きはよいよい 帰りはずぶ濡れ。

練習を終えたのが午後3時半。
丁度その頃が台風の影響のいちばん受けた時間だったのかも。

ひどい雨ではなかったけれど、
風が容赦ない。

急ぎ足が拍車をかけた?
帰ってみたらズボンもフードもずぶ濡れだァ。

      ☆

★吽形(うんぎょう)像もドラえもんも

癒し系の撮り溜め写真が
今回はなぜか寺社系が多い。

癒し系=パワースポットみたいな。

18.3.23 大鷹取山  (15)
藁(萱)ぶき屋根はいつでもどこでも癒し系上位では?
18.3.23 大鷹取山  (26)
板塀に黒と白。表札もタダ者じゃない。
18.3.23 大鷹取山  (86)
センスでわかる癒し系住職。
18.3.23 大鷹取山  (130)
18.5.15 等々力渓谷スケッチハイク (266)
お地蔵さんの赤い頭巾と前掛け(よだれかけ)。
親しみがわくのは何故だろう?
18.3.23 大鷹取山  (136)
小さなお寺に不似合いなりっぱな吽形(うんぎょう)像。
もちろん反対側には開口の阿形(あぎょう)像が立つ。
18.4.16 青葉園の藤棚 (40)
なぜこんなところにドラえもん。
18.5.2 武蔵嵐山・仙元山 (8)
道しるべは僕のパワースポット。
モチ、癒し系上位。



※明日は旅行のためブログお休みします。

たまげたぜ、食品売り場は爺だらけ。『テーブルの上の林檎と紫陽花』

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-10 Sun 18:56:27
18.6.10 イオン、テーブルの上の林檎と紫陽花  (3)
レジに並んでいるのは10人に6、7人が男性?

★・・・・・・・・たまげた(親父ギャグ)ぜ

昼前、孫2人を連れて近くのスーパー(イオン)の食品売り場へ行った。
売り場は日曜日ということもあってかいつもより人が多い。

それも男性が目立つ。
明らかに女性を上回る数だ。

レジに並んでいるのは10人に6、7人が男性?
それも僕に近い年齢か少し若いぐらい。

しかも一人で来ている。
きっと(家で)僕と同じポジションなんじゃないか?
・・・・・・・と、思わず思った(何のこっちゃい)

夫婦連れは気付かないほど少ない。
たまたま今日だけなのかもしれないが・・・・・・たまげた(親父ギャグ(´-ω-`))ぜ。

      ☆

★絵『テーブルの上の林檎と紫陽花』 パステル6号
18.6.10 イオン、テーブルの上の林檎と紫陽花  (13)

成ってみたいは百萬長者。電車から丸見え露天風呂

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-09 Sat 20:26:51
  • その他
★浮世見たいもの番附(昭和初期の刊行本より)

腹立たしいニュースやいたたまれないニュースを毎日聞かされて
少々うんざりしている人も多いのでは。

そんな人がすっきりする番付はないかと探した。
“浮世見たいもの番附”はどうです?

スキャン_20180609 (6)
“浮世見たいもの番附”はどうです?

      ☆

★昨日の尾瀬ヶ原ハイク帰宅途中のおこぼれショット3景
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (133)
ただの車窓風景だけど・・・・・・。
じつは右下の大きな旅館の右の建物(和風建築)の
露天風呂が電車の窓から丸見え。
モチ男女ともだ。
ちょっと遠目だけど・・・・・・。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (130)
野岩鉄道の湯西川温泉駅はトンネルの中。
鉄ちゃんじゃなくても下りてみたくなるよねェ。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (27)
おお~怖ッ!1センチはある巨大な蟻に遭遇。

しつげんと水芭蕉と三条ノ滝・・・・・・尾瀬ヶ原ハイク

18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (51)
スキャン_20180609 (3)
今日のコースは正面の燧ケ岳の麓をぐるりと左回りする感じ。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (65)
正面は至仏山。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (69)
リーダーがぜひ見せたかったという早朝の霧(写真上下)。
梅雨の最中に2日間ともお天気に恵まれた。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (91)
日本有数の大瀑布は落差100㍍、幅30メートル。
三条ノ滝への道は木道ではなくアップダウンもある。
思ったよりきついコースでふだんの山行と変わらず。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (79)
平滑ノ滝も近くにある。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (37)
今年は雪が少なく、花も早く咲いてしまったのだとか。
満開は過ぎてしまったがそれでもたくさんの水芭蕉ほか
山野草を見ることが出来た。

★ゴローとかけて 尾瀬ヶ原と説く

尾瀬ヶ原を歩く山行。
鳩待峠から入って見晴らしの山小屋(第二長蔵小屋)に泊まり、
2日目(今日)は三条の滝を回って御池(みいけ)へ出るコース。


僕は尾瀬は3回目だが、本格的に木道を歩くのは初めて。
2日間で10時間(標準タイムでは8~9時間)を歩いたが、
これでも全コースの数分の一。

それほど尾瀬は広い。

      *

ゴールの御池に到着したのが午後1時20分。
我が家に帰宅は9時半。

その間、電車の乗り継ぎなど待ち時間が1時間40分ほど入るが、
実に7時間近くを要した。
尾瀬は遠い。

7時間の間には入浴と食事、
長いバス内での居眠り、
電車でのお喋り・・・・・・などが入る。

      *

お喋りは健康にいいという話題で盛り上がったが、
NHKでそのような番組をやっていたとか。

おいらく山岳会の会員たちは人生経験が豊富で、
話題にも事欠かない人がたくさんいる。

僕もかなりのお喋り好きだが
聞き役になる場合も多い。

また、女性との会話の中では失言が多く何度かたしなめられたことも。
まァ、つい調子乗って失言が口からでてしまうのだが・・・・・・。

そこで今日の山行でできたなぞかけ。

ゴローとかけて 尾瀬ヶ原と説く
その心は
しつげんが多い

おにぎり爺さん誰も気にせず・・・・・・新宿駅南口で

★おにぎり爺さん誰も気にせず

朝いちばん(9時)に図書館へ本の返却に。
10時に大宮駅で知人に会って1時間お喋り。

それから新宿へ出た。
時計(ダイコン)の電池の交換受け取り。

山(ハイキング)の用品購入。
パステル系の買い物で画材屋。

どれも用事はすぐに終えたのだが、
結局、帰宅は4時近くになってしまった。

      *

雨の中、いちばん困ったのが持って行ったお弁当を食べる場所。
新宿駅南口近辺には適当な場所がない。
人通りは多いし・・・・・・。

ウロウロしているうちに面倒になり、
東南口を出て階段を下りたところの
工事中のビルの一階で食べた。

おあつらえ向きの立ちテーブルがあったのと、
持ち主のコーヒーショップ店からは柱の陰で見えない。

まァ、変な爺さんがおにぎりを食べていることなど、
誰も気にせずだ・・・・・・。

でも、褒められたことじゃないなァ。

18.6.6 新宿駅南口 で (16)
人目を忍んで・・・・・じゃない、
堂々とおにぎりとおかず、バナナとお茶の昼食をとった新宿駅東南口階段下。
18.6.6 新宿駅南口 で (29)
画材屋のパステル棚。
よく見ると太さがバラバラ。
なるべく太いのを選ばなくては・・・・・・・スーパーでキウリを選ぶのと同じだァ。

      ☆

※明日は旅行(尾瀬ヶ原ハイク)でブログお休みです。

早めの充電作業。本「親父の太平洋戦争」

18.6.5 団地倉庫 (2)
団地の倉庫の中。

★泊りの出がけが多い6月

今日の作業は17日の団地内掃除の草刈機の充電。
例によって4時間かかるのだ。

      *

すこし早めに充電したのは今月は出かけが多いからだ。

明日は新宿、
明後日から尾瀬ヶ原ハイキング(泊り)、
来週は日帰りハイキングに会津旅行(泊り)、
17日が民謡の総会(必出席、したがって団地の役員会欠席)、
同じ週にゴルフ、東北への釣り旅行(泊り)、
24日からの最終週に東北の山へハイキング(泊り)と続く。

      ☆

スキャン_20180605
わずか60ページほど。
本を書いて残しておきたい人には参考になるかも。

★本「親父の太平洋戦争」五十川寿一


著者の自費出版の書物だと思われる。
中学の頃、父親から聞かされた戦争の体験談を
父親の思い出とともに残しておきたいと考えたのだろう。

それと著者の絶対に戦争はいけないいう思いを
訴えたかったのかも。

わずか60ページほど、
それも大きめの活字ですぐに読み終えてしまう。

      *

本を書いて残しておきたい人には参考になるかも。

今なんじゃないか・・・・・・のやっぱりモチーフ。却って奮い立ったりして

18.6.4 草魚、絵の教室モチーフ (12)
やっぱり先生がモチーフに持ってきたのはアジサイ(絵の教室にて)。
18.6.4 草魚、絵の教室モチーフ (6)
工房館前の見沼用水の速い流れに逆らって泳ぐの巨大なコイか草魚(1m近くありそう)。
全部で11匹いるのだそうだ。
見ていて飽きない。

★アジサイの季節はやっぱりアジサイ

団地の階段を踏み外して前のめりに転んでしまった。
ケガをしなくて良かったものの、
気をつけねばならばい。

“転ぶな 風邪ひくな 義理をかけ”は岸信介氏の養生訓。

      *

“今なんじゃないか・・・・・・”と俳優の窪田正孝に迫る宝くじのコマーシャル。
あの迫ってる今なんじゃないかおじさんは誰かと思ったら
三浦友和さんなんです(ネット調べ)。

視聴者が見ていて誰なんだろうと思うのは同じみたいで、
「今なんじゃおじさんは誰」でネット検索できちゃう。

      *

さて季節柄、花をスケッチするとすればやっぱりアジサイでしょ。
今なんじゃないか……という分け。

やっぱり(今日の)絵の教室に先生がモチーフに持ってきたのはアジサイ。
そーです、今です。

      ☆

18.6.4 草魚、絵の教室モチーフ (2)
大宮駅コンコースで行われてた痴漢撲滅キャンペーン。

★どうしてこういうところでやるのかなァ

大宮駅コンコースでやっていたのは痴漢撲滅キャンペーン。

決起集会?
それにしても、どうしてこういうところでやるのかなァ。

      *

痴漢が多いと言うことを一般の人に知ってもらう。
たくさんの目が光っているのだと痴漢(もし見物人の中にいれば)に知らしめる。

いろんな目的とか意義とかあるのだろうけど、
もし、見物人の中に痴漢がいたら
却って奮い立ったりして。

モチ、痴漢を見つけ出して通報してやろうとか考える
正義感溢れる人もいるに違いないが・・・・・・。

いろんなこと考えちゃったコンコース広場の
痴漢撲滅キャンペーンでした。

ハイビスカスの花を見て終活のカテゴリーを考えた

★花を見てさえ一期一会

タイトルを見ただけでは何を言いたいのか分からないだろう。

      *

義兄の見舞いを兼ねて、
いずれお世話になるであろう介護施設を見に行った。

世話になるというのは義兄のことだが、
いずれ僕にもその時が来る。
多分来る、きっとくる・・・・・・誰かの歌の歌詞みたい?

      *

僕がまだ30~40代の頃は養老院と言っていたと思う。
養老院へは仕事の関係(取材)で行ったこともあるし、
叔母の見舞に行ったこともある。

その頃とは比べ物にならないくらい、
今日見た施設は広くきれいで清潔だった。

施設の方の説明を聞いているうちに、
何だか自分のために聞いているような気持に・・・・・・。

これって僕の終活の一環にもなるのかァ・・・・・・などと思ったりして。

      *

義兄がとりあえず転居したアパートの廊下に並べられていたのが
ハイビスカスとブーゲンビリアの鉢植え。

南方の国に行けばいつでも見れる花なのだが、
僕は久しぶりに見た。

花を見てさえ一期一会の決意(気持ち)が生じる。
モチ、今日一日を振り返れば・・・・・・。

いっそのこと終活というカテゴリーを設けるかなァ。

18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (29)
介護施設のミーティングルーム(娯楽室)の書棚のDVD.
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (1)
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (3)
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (5)
ハイビスカスの花言葉は繊細な美、新しい恋、常に新しい美(赤)、勇敢(赤)、艶美(白)。
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (10)
ブーゲンビリアの花言葉は情熱、魅力、熱心、あなたは魅力に満ちている、秘められた思い、
私はあなたを信じます、あなたしか見えない、ドラマチックな恋。

孫と公園そして不二家のおみくじ。無駄足2件

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-02 Sat 20:21:01
★ガチャガチャの中のシリアスなおみくじ

孫3人を公園で遊ばせ(楽しんでいるのは爺かも)て、
それから不二家へ食事に。

モチ、家内(婆)、嫁も一緒だが・・・・・。

      *

お子様セットについてくるガチャガチャが
下の2人の孫には何よりのご馳走。

食べ終わると同時にガチャガチャへ向かう。
・・・・・・と、上の小2が浮かぬ顔で戻ってくる。

じつはこのガチャガチャはおもちゃの他におみくじ入り。
そのおみくじを読んですっかりトーンを下げてしまったのだ。

な~るほど、読んでみて分かった。
小2と下の幼稚園年少組の2人にはあまりにもシリアスな運勢。

スキャン_20180602
小1と幼稚園年少にはちょっとシリアス過ぎる?運勢(おみくじ)結果。
18.6.2 孫、絵、不二家 (40)
不二家へ行く途中の公園で小1時間ほど遊ぶ。
18.6.2 孫、絵、不二家 (58)
不二家の店内の壁には大きなペコちゃんポコちゃん。

      ☆

18.6.2 孫、絵、不二家 (16)
ッタク・・・・・・の画材屋。

★無駄足×2

手違いで大宮駅のみどりの窓口へ2度行く羽目に。

1度目のとき間違い(忘れ物)を指摘された際、
無駄足は踏みたくないと思って
さらに電車に乗り北浦和の画材屋へ。

      *

ところが、買おうと思ったものがその画材屋にない。
ッタク・・・・・・なのだ。

無駄足の上塗りで結局一旦家に戻り、
再び、みどりの窓口へ足を運んだわけ。

大宮駅みどりの窓口へは我が家からバス。
往復したらそれだけで1時間かかる。

ッタク・・・・・・・なのだ。

本「白い河」立松和平。タチアオイと寝仏・・・・・・散歩から

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-01 Fri 19:36:06
★無縁仏?

今朝の散歩はタチアオイと寝仏。
タチアオイの群生はあまり見たことがない。

ソー言えば観光PRでもあまり聞かないなァ。
今朝のタチアオイは見事に鮮やか。

      *

通りすがりのお寺のお墓に並んでいたのは寝仏?ただの墓石?
涅槃仏は誰でも知っているけど寝仏はあまり聞かない。

でも、ネットで調べたら涅槃仏を寝仏ともいうらしい。↓
※涅槃仏(ねはんぶつ)とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたもの。
寝仏、寝釈迦像、涅槃像とも呼ばれ・・・・・・・。

じゃァやっぱり墓石、しかも無縁仏?・・・・・・片づけられちゃうのかなァ。

18.6.1 タチアオイ・本 ブログ用 (14)
タチアオイの花言葉は大望、野心、豊かな実り、気高く威厳に満ちた美。
18.6.1 タチアオイ・本 ブログ用 (11)
無縁仏?・・・・・・片づけられちゃうのかなァ。

      ☆

18.6.1 タチアオイ・本 ブログ用 (39)
「白い河」は立松和平の遺作。

★本「白い河 風聞田中正造」立松和平著

田中正造と足尾の鉱毒事件。
明治時代の話。

国会で当時の政府を追及する田中正造の質問が
部分的だがそのまま今の国会の政府を追及する質問にそっくり当てはまる。

立松和平の遺作となった作品で、
未完なのかどうか分からないらしい。

荼毘の炎・・・・・・2012年。平日の在宅が重要

★平日に在宅していることが重要

団地の水道メーターは5年にごとに交換するらしい。
今朝、その交換業者が来た。

管理組合の担当者が立ち会う。
同時にポンプ漏れの点検などもするらしく、
管理組合の副理事長の仕事として僕が立ち会った。

といってもポンプ室の鍵を開けたり閉めたりすることぐらいだが、
平日に在宅していることが重要らしい。

     ☆

★荼毘の炎……2012年ビエンチャン(ラオス)

『"ゴローのビエンチャン・記憶遺産"は2011~2014年にわたって
 ラオスのビエンチャンに滞在していた時の記憶。
 多くの人々にお世話になりながらの見聞・体験記』

      *

ビエンチャンの中心部にある大きなお寺。
通っていたオフイス前の大通りを挟んで向かいにあった。

このお寺でのお葬式は要人、身分の高い人、お金持ちなどに限られていると聞いた。
敷地内2ヵ所で同時に葬儀が行われることがある。

鳴り物入りの行列で寺の外周を回わり葬儀に入るのを見たこともある。
その外周は1㎞を超えるほど長い。

大きな葬儀で参列者が1000人以上というのもあった。
お坊さんの数で僕が数えた中で最も多かったのが100人(前後)。

      *

葬儀が終わると祭壇に火がつけられる。
その頃には参列者のほとんどがもういない。

数時間後、積み重ねられた薪が燃え尽きるまで、
火の番人が2、3人いるのみ。
消防自動車が待機していたことがあった。

      *

遺族が骨を拾いに来るのは翌日の朝。
その様子を写真に収めたこともある。

12.3.21大きな葬儀 (72)
炎の高さは10mを超えているのではなかろうか。
大きな葬儀になるほど祭壇が高くなる。
この葬儀の参列者はおよそ1000人、お坊さんは100(前後)人だ。
12.12.6お葬式 (30)
こちらは学校関係者なのか学生の参列者が多く見られた葬儀だった。
121.2.3 荼毘 (24)
遺族が骨を拾いに来るのは翌日の朝。
12.12.6お葬式 (48)
こちらの葬儀には80人ほどのお坊さん。
12.12.6お葬式 (64)
塀の内側が納骨所になっているお寺が多い。

スピード仕上げ「モデルの横顔」パステル・6号・・・・・・ほか

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-05-30 Wed 22:05:00
★当分続く役割

民謡の総会資料の整理と役員打ち合わせ。
総会までに資料を会員数分コピー(レジメ)しなければならない。

明日は団地の管理組合の作業あり。
何をするのかよく分からないが、
当分続く役割なのだ。

      *

描きかけ途中のパステルスケッチをスピード仕上げ。
でも、まだ先生のチェック前。

18.5.30パステル・等々力渓谷 モデル (2)
「等々力渓谷」パステル・6号
18.5.30パステル・等々力渓谷 モデル (13)
「等々力渓谷ゴルフ橋から」パステル・6号
18.5.30パステル・等々力渓谷 モデル (19)
「モデルの横顔」パステル・6号

美しく豊かな自然・・・・・・渓流釣りの旅風景⑬

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-05-29 Tue 23:14:06
  • 体験
★旅風景の中のふるさと

今年1回目の渓流釣りへ行ってきた。
例年お世話になる家も同じだ。

相変わらず美しく豊かな自然。
旅風景の中に日本のふるさと、心のふるさとを見る。

      *

そこに住む人たちとの交流と対話。
幾たび訪れても変わらぬ温かさで迎えてくれる人たち。

行くたびに心洗われる渓流釣りの旅風景。

1 18.5.26~29 遠野 3日目(345)
①=沢向こうの家
おばあさんが木橋を渡って下りてきた。
80歳を超えての一人暮らし。
隣家までは山を下り、国道に出て右に曲がる。
数百㍍の距離があるだろう。
山の中の最も奥にある一軒家だ。
おばあさんはここに嫁いで65年。
育てた娘3人はそれぞれ嫁ぎ家を出た。
ひとりですべてをこなす。
草刈だって家の周囲、裏山の急斜面も含めてすべてするのだそうだ。
おばあさん××「あんたらはどこから来たね?」
師匠××「千葉県から」
ゴロー××「僕は埼玉」
おばあさん××「釣れたかね?」
師匠××「2匹」
ゴロー××「僕は1匹」
おばあさん××「遠くから来て1匹2匹じゃしょうがないね。
どこまで入ったね?」
師匠××「200㍍くらいかなァ、杉林の手前までです。
岩が多く急で危険なのでそこでやめました」
おばあさん××「それじゃダメだね。もっとずっと上に行かねば・・・・・・」
おばあさんに教えてもらったとおり我々は40分ほど上流まで歩いた。
そこから林道の切れる場所までの3時間、
かなりの釣果を上げることが出来たのだ。
      *
2 18.5.26~29 遠野 3日目  (388)
②=隠れた名瀑
急な斜面の岩の多い渓流。
ミニの滝が多く見られるが、
中でも3段になったこの滝は
名前があってもいいくらいの迫力。
      *
3 18.5.26~29 遠野 3日目  (371)
③=さりげなく名勝
林道沿いの岩。
この岩にも名前がほしい。
      *
4 18.5.26~29 遠野 (44)
④=あえて放牧中の牛を入れず
広い牧場を小1時間のぼって釣り場に向かう。
数十頭の牛が草を食んでいる。
僕らの姿を見ると興味深そうにじっと見つめる牛もいる。
が、あえて放牧中の牛を入れずに撮った。
      *
5 18.5.26~29 遠野 (321)
⑤=ふるさと
どの景色を見てもそこにふるさとがあるみたいな・・・・・・。
      *
6 18.5.26~29 遠野 (332)
⑥=一面の輝き
菜の花(アブラナ)。
      *
7 18.5.26~29 遠野 (342)
⑦=仔馬に会った
      *
8 18.5.26~29 遠野 (64)
⑧=美味しくいただく
お世話になっている家でご馳走になったイワナ。
      *
9 18.5.26~29 遠野 (123)
⑨=山菜三昧
フキ(右)、ウド(中右上)、ワラビ(中右下)、行者ニンニク(中左上)、
ミズ(中左下)、ウルイ(左)。
      *
10 18.5.26~29 遠野 (119)
⑩=トンビか鷹か?
      *
11 18.5.26~29 遠野 (5)
⑪=咲き誇るスミレ
      *
12 18.5.26~29 遠野 3日目  (383)
⑫=黄緑色の粒
山葡萄。
      *
13 18.5.26~29 遠野 (147)
⑬=至福の朝
ウグイス、カッコウ、ホトトギス・・・・・・の鳴き声を聞きながら。

SLの煙、夢のある資材置き場・・・・・・撮り溜め4ショット。阿賀野川風景

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-05-25 Fri 18:39:01

★SLの煙、夢のある資材置き場、縛られベンチ、風子の墓
18.5.23 豊実、飯盛り山白虎隊  (2)
①=SLの煙
SLファンならどこだかすぐに分かると思う。
煙を吐くSLを久しぶりに見た。
煙の臭いが届かなかったのは残念。
(下今市駅にて)
      *
18.4.26 上谷(カミヤツ)の大楠 (217)
②=夢のある資材置き場
土建会社の駐車場兼資材置き場。
道路に面しているのは通る人の目を楽しませるため(多分)。
18.5.2 武蔵嵐山・仙元山 (34)
③=しばりベンチ
しばり地蔵というのを見たことがある。
遊女たちがお客さんである船乗りが朝帰りできぬように、
海が荒れることを祈ったお地蔵様だった。
しばりベンチは盗難防止?
18.5.4 川島町・ママチャリング (42)
④=風子の墓
風子は猫なのか犬なのか?
きっと飼い主に溺愛されていたと思う。

      ☆

18.5.25 パステル豊美 (7)
山の頂に西の空から陽が当たっていたのだが・・・・・・。

★阿賀野川風景(磐越西線豊美駅付近)

昨日に続き描きかけのパステル画を今日も一枚。
油絵にするかどうかで迷っている。


Index of all entries

Home

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top