FC2ブログ

Home > 孫 Archive

孫 Archive

孫から敬老のお手紙。絵「天神峠から白毛門、笠ヶ岳、朝日岳を望む」。拾った10円玉。Youtube映画「絹代の初恋」「浪花悲歌」「溝口健二ある映画監督の生涯」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-09-14 Sat 19:44:33
2 スキャン_20190914 (3)
教室で園児たちが一斉にお絵かきをしている様子が目に浮かぶ。

★爺冥利

爺婆あてに孫から敬老のお手紙が届いた。
保育園から写真と「いつもありがとう」の言葉を添えて。

園児たちがわいわいがやがやと
先生に言われたとおりに一斉にお絵かきをしている様子が目に浮かぶ。

可愛いねェ。
爺冥利です。

      ☆

★絵「「天神峠から白毛門、笠ヶ岳、朝日岳を望む」
1 天神平から白毛門、笠ヶ岳、朝日岳を望む
パステル・6号。
3 DSCF6185 (2)
今日の夕飯は大宮駅前のがってん寿司。
我が家近くのがってん寿司は回るけどここは回らない
(がってん寿司はチェーン店)。
そんなことはどうでもいいとして10円玉がなぜ?なのだ。
じつはこの10円玉、谷川岳天神峠で上の絵を描いている時、足元で拾ったのだ。
ポケットに入れたまま洗濯をしてしまい忘れていたのだ。
寿司屋で気が付いて並べて写真を撮った。
縁起を担いで大事にしようかと思っていたけど、
家に帰ってから寿司屋のテーブルの上にそのまま置いてきてしまったことに気付いた。

      ☆

★Youtube映画「絹代の初恋」「浪花悲歌」「溝口健二ある監督の生涯」
4 DSCF6181 (2)
Youtube映画「絹代の初恋」=野村浩将監督 1940年
一目見て恋してしまった相手がこともあろうに妹と結婚してしまう失恋物語。
画面のバックに映っている開いた勝鬨橋が懐かしい。
      *
5 この映画は日本に初めて現れた本格的なリアリズム映画だった
Youtube映画「浪花悲歌」=溝口健二 1936年
主演の山田五十鈴が可哀そう過ぎる。
だからエレジー(悲歌)なのだ。
      *
6 溝口健二ある映画監督の生涯 1975進藤兼人 (2)
Youtube映画「溝口健二ある監督の生涯」=新藤兼人 1975年
生前溝口健二と関わりのあった(主に仕事上)人に進藤監督がインタビュー。
多くの証言から溝口健二の人間像を浮かび上がらせたもの。

上映時間のずれで「ライオンキング」「天気の子」が流れた。Youtube映画「銀座化粧」「越後つついし親知らず」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-15 Thu 20:12:55
DSCF4429 (2)
ゲームに夢中の孫。

★映画はお流れ

今日、明日と2日間、孫3人を預かる。
といっても午後1時頃まで半日ずつだけど。

1日目の今日は映画を見にイオンシネマへ行った。
僕が“天気の子”、
妻と孫3人は“ライオンキング”。

ところが、両映画の上映時間のずれが大きく、出直すことにした。
とりあえず室内遊び場のある上尾のスーパーへ移動。

      *

買い物もゲームも食事もできるこのスーパーはこんな時には大変ありがたい。
なかでも“ニコニコガーデンは”幼児から小学低学年まで安全に動き回ることのできる。

子供を遊ばせておいて親はその間本を読んだり、母親同士でおしゃべりに興じたり・・・・・・。
しかも飲食持ち込み自由、コーヒー・お茶は無料お代わり自由。

      *

結局、食事を済ませたら2時を過ぎてしまい、
今日の映画鑑賞はお流れとなった。

      ☆

DSCF4419 (2)
★Youtube映画「銀座化粧」 成瀬巳喜男監督 1951年
主演の田中絹代の役柄ピッタシ、やっぱり大女優だァ。
当時の風景・風俗がよく分かる意味でも興味深い映画。
1951年は僕はまだ小学校に上がる前の6歳児。
DSCF4454 (2)
★Youtube映画「越後つついし親知らず」 今井正 1964年
とてもいい映画。
美しい風景が印象的。
サスペンスじみたストーリーの中で
越後の酒造りの行程から地方の風習・文化まで紹介されている。

孫3人とドラえもん鑑賞。見上げた4本~整理整頓まで撮り溜め6ショット

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-06 Sat 20:25:38
1 19.4.6 ドラえもん映画他 (43)
10時40分~終了は12時半を過ぎ。
けっこう長いアニメだった。

★理解できただろうか?

春休みの孫3人と婆と映画を見に行った。
孫たちのリクエストは「ドラえもん のび太の月面探査記」。

バケツみたいな大きなカップに
山盛りのポップコーンを抱えながら会場に入る。

      *

月に住むウサギの話が
40光年離れた宇宙の生物(ロボット)との闘いにまでなっていく。
けっこう長いアニメだった。

見方によってはかなり高度な内容で
子供たちに理解できただろうか?・・・・・みたいな。

ちなみに
子供たちは全く見た感想を語らない。

      *

映画が終わり会場内が明るくなってビックリ仰天。
孫たちが座った席の床にはこぼれたコーンがメチャ散らかっている。

みっともないので掃除だァ・・・・・・。

      ☆

★撮り溜めショット
2 19.1.29 海の見える丘公園、外人墓地、元町・・・・横浜スケッチハイク (83)
3 19.3.5 スケッチハイク・吾妻山  (42)
4 19.3.7 鎌倉ハイク②回目 (180)
5 19.3.26 桑原個展 Youtube映画 上野花見 エナジー (65)
①見上げた4本
巨木・大木を見ると触れたくなる。
そして見上げたくなる。
そして見上げた4本。
      *
6 19.3.30 佐藤葬儀、白日会 (4)
②レア
厚さ30㎜のステーキ
レアに焼くのは難しいなァ。
      *
7 19.3.31 袋田の滝、大谷観音、出流山満願寺・米内、関根3人ドライブ (135)
③カタクリの花
この花を見ると(発見すると)、
10年ぶりに恋人に会ったみたいに喜ぶ人がいる。
女性に多いようだけど・・・・・・・なぜだろう?
      *
8 19.3.31 袋田の滝、大谷観音、出流山満願寺・米内、関根3人ドライブ (163)
④お寺の軒下
赤ふんじゃありません。
      *
9 19.3.31 袋田の滝、大谷観音、出流山満願寺・米内、関根3人ドライブ (176)
⑤嫁入りしたきつね
子孫を増やし続けています。
      *
10 19.4.2 絵・先生の孫修正  (8)
⑥整理整頓
団地のごみ集積場をきれいに保つためにゴミ種別に4区分に分けました。
作業は現理事長が1人でやったようです。
以来、ごみは整理整頓されて出されています。

幼児は手を離すな・・・・・・子育て4訓を思い出した

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-03-29 Fri 21:00:45
★初めての迷子

半日の間、孫3人を見ていてくれと頼まれた。
一番下の4歳が欲しい本があるから買ってくれと言う。

1人だけ買うわけにはいかないので
3人を連れて隣のイオンにある本屋へ行った。

      *

2人は買う本をすぐに決めたものの、
真ん中のお兄ちゃんがなかなか決まらない。

お姉ちゃんと3人であれはダメ、これもダメなどともめてたら、
一番下の4歳の姿が見えない。

どこへ行った?・・・・・・・と3人で広いフロアを探し回る。
ウロウロと探していると、
泣きながら100均のお姉さんに手を引かれているのにバッタリ。

そこで、子育て四訓を思いだした。
1、乳児はしっかり肌を離すな
2、幼児は肌を離せ、手を離すな
3、少年は手を離せ、目を離すな
4、青年は目を離せ、心を離すな

      *

僕が孫や子を迷子にしたのは初めてだが、
孫も初めての経験・・・・・・だったんだろうなァ。

渋谷スクランブル交差点  (22)
渋谷のハチ公前広場での賑い(一昨日)。
スクランブル交差点を撮る人が絶えない。
渋谷スクランブル交差点  (26)
ハチ公は常に目を離さない。

子供たちのアスレチック広場“冒険の森”と伊佐沼一周

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-02-24 Sun 21:26:56
★ぶらりぶら~り

孫2人と遊びに出かけた。
遠くへ行ったわけではない。

我が家の定番、川越市の“冒険の森”へ連れて行っただけだ。
車で20分ほどの子供たちのアスレチック広場。

幼児から小学校くらいまでが遊べる(利用できる)公園。
両親と一緒の子供たちで賑わう。
なかにはシートを敷いてピクニックを楽しむ家族も。

日差しも暖かい日曜日、
今日も多くの子供たちで賑わっていた。

      *

公園(伊佐沼冒険の森)の隣は県内最大の自然沼の伊佐沼。
周囲が2.4㎞もある大きな沼だ。

今日は小学3年と年中の孫と3人でウオーキング。
ぶらりぶら~り。
途中休憩も入れて1時間20分をかけて一周した。


19.2.24 冒険の森 元と芯  (42)
冒険の森は幼児から小学校くらいまでのアスレチック広場。
19.2.24 冒険の森 元と芯  (60)
伊佐沼も水不足?水鳥も釣り人の影も少ない。
19.2.24 冒険の森 元と芯  (77)
白い鳥たちはカモメ。
数年前、海のない県へ海からの飛来で話題となった。
19.2.24 冒険の森 元と芯  (80)
桜のつぼみも膨らみ始めた。
沼の周囲は桜。
19.2.24 冒険の森 元と芯  (112)
水鳥たちの観察ポイントも水不足で・・・・・・。

孫たちと芦ヶ久保の氷柱を見に行った

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-01-13 Sun 21:20:20
19.1.13芦ヶ久保氷柱 (27)
最盛期は1月の下旬から2月中旬らしい。
もっと成長すると迫力が増す。
19.1.13芦ヶ久保氷柱 (5)
今日は快晴の行楽日和で日向はポカポカ。
やはり氷柱を見るには寒~くないとちょっと物足りないかも・・・・・・。
19.1.13芦ヶ久保氷柱 (74)
1時間待ちの手打ちうどん。
でも味は良かった。
木の子茶屋(店名)はたしか丸山を登る途中にあった。
ご主人に聞いたところこの店を開くまではその山の茶屋で手打ちをしていたのだとか。
今は下(芦ヶ久保氷柱の入口付近の広い道路沿い)の店で打って山の上に運ぶ。
山の上で食したいという団体さんがいるそうな。
それにして盛りうどんに1時間も待たせて平然、、
堂々としていいて自信のほどが伺えた。

★もっと謙虚に生きなければならない

芦ヶ久保の氷柱を訪れるのは3度目だ。
2014年のオープンの年に行ったと思うから、
その間にもう一回行っていることになる。

感動というほどではないが、
なかなかやるじゃん・・・・・が最初に見た時の感想だった。

      *

今日は孫3人を連れて行った。
子供たちは始めて見る世界なので、
それなりに驚き楽しんだのではあるまいか。

      *

じつは今日の僕は二日酔い。
体調もスグレナイ。

こんなのここ10年ぐらいなかった?
自分は酒に強いんだなどと思い込んでいたのがイケナイ。

かの大統領が言ったように、
もっと謙虚に生きなければならない。

ただし、飲酒に関してだけだけど・・・・・・。

孫たちとの散歩

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-01-04 Fri 20:42:17
19.1.4 TV 釜石線。 孫と三橋運動公園 (41) 
鴨川沿いの道は散歩に最適。
19.1.4 TV 釜石線。 孫と三橋運動公園 (68) 
遊水池に氷が張っているのが珍しいのか子供たちは喜んでいた。
19.1.4 TV 釜石線。 孫と三橋運動公園 (86) 
“水ぬるむ”にはまだ早いが水草の鮮やかな黄緑が増えつつある。

★これ幸いと・・・・・

半日ほど孫を見てくれと頼まれた。
これ幸いと3人を散歩に連れだす。

鴨川沿いの道を三橋運動公園まで歩いて行った。
僕の散歩コースひとつなのだ。

     *

公園で子供たちは遊具でを使ったり走り回ったり。
家に戻って昼食、ゲーム。
6時間がすぐに経ってしまった。

     *

※明日はハイキング(一泊)のためブログはお休みします。

子供・パパママ・孫・爺婆、みんな一緒にニコニコガーデン。本「無用の隠密」藤沢周平

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-09-23 Sun 19:30:35
18.9.23 ニコニコガーデン  (19)
ニコニコガーデンは世代を超えて一緒に時間を過ごせる場所だ。
18.9.23 ニコニコガーデン  (53)
隣のゲームセンターも広く、老若男女で大賑わい。
見たこともないゲーム機が夢を誘うほにど輝いている。

★爺はマッサージチェアを倒して読書三昧

お隣の街、上尾(市)にあるスーパーバリューへ行った。
と言っても買い物が目的ではない。

店内にあるニコニコガーデンで孫2人を遊ばせるためだ。
孫たちはここのニコニコガーデンが大好き。

ほっとけば何時間でも遊ぶ。
運動にもなる。

      *

ママたちはテーブルを囲んでミーティング。
中には乳飲み子を抱っこしながら・・・・・・。
珈琲無料、時間無制限(営業時間内)。

その間、婆は買い物したり店内探索したり。
爺はこれも無料のマッサージチェアを倒して読書三昧。

子供・パパママ・孫・爺婆、みんな一緒にニコニコガーデンなのだ。
今日は店内での昼食後、3時間をニコニコガーデンで過ごした。

一日利用券子供800円、大人200円。

      ☆

18.9.24 本「無用の隠密」 藤沢周平 
巻末の解説が33頁に及ぶすごさの短編集。

★本「無用の隠密」未刊行初期短編 藤沢周平

平成18年に見つかったという著者作家デビュー前作品の収録。
昭和37年11月から39年8月までに「読切劇場」他に掲載されたもの。

すべて直木賞受賞(1973年)前の作品だがどれもとても面白い。
巻末の解説が33頁に及ぶのをみても、
この短編集のすごさが分かろうと言うもの。

著者の作品はずいぶん読んだつもりだが、
まだまだこれからも読み続けたい・・・・・・気持ちになった。

水遊びの〆は冒険の森。旨いカエルのから揚げ・・・・・・マイペンライの人々

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-09-16 Sun 19:45:16
18.9.16 冒険の森 (24)
今年最後(多分)水遊びの〆となった。

★冒険の森がバーベキューの森に

ゲームばかりやっていてはダメ<`ヘ´>・・・・・・とママに言われてきた孫3人。
そこは爺の出番でどこか公園へ行くことに。

丸山公園、
三橋運動公園、
花の丘公園、
冒険の森、
秋葉の森。

車で20ほどで行ける近くの公園はこの5つ。

どこがいい?
3人のリクエストは今日は冒険の森。

もう水遊びは出来ないかと思っていたが、
まだ何とか継続中。

3人は大喜びですぐに靴を脱いでポチャポチャ。
今年最後(多分)水遊びの〆となった。

      ☆

18.9.16 冒険の森 (6)
虫にやられた団地内の低木。

★植木屋さんに頼むしかない

月1回の団地内掃除。
今月までは夏時間の8時開始。
1時間で終わる。

      *

住民から低木の葉が病気にかかっているとの指摘があり早速調べる。
と言っても僕では分からないからカインズホームへ行き
庭木・造園コーナーの詳しい従業員に聞いた。

従業員××「これは病気じゃないですね。
ごく小さな虫のせいです。
これ以上広がらないためには虫が来ないように
予防薬を散布する以外にないですね。
それも1回ではなく2回か3回重ねてやる必要があります」

ゴロー××「じゃ、やられたこの木だけ消毒してもしょうがないですね。
やっぱり植木屋さんに頼むしかないか」

      ☆

★蛙のニンニクから揚げにハマった・・・・・・マイペンライの人々(2008、2009年)

※タイのバンコクで生活を送った日々(2007~2009年)。
多くの人に会い、多くの人にお世話になった。
多分、数百人の笑顔に接したのではないかと思う。
それはマイペンライの笑顔。
忘れ得ぬ笑顔だ。

      *

在タイ中に食べたご馳走の中でも、
僕が際立って美味しいと思ったのは蛙。

それも、帰宅途中の屋台のお兄さんの作ってくれた
ニンニクをからめてから揚げにした蛙。
ハイネケンがよく合う。

      *

あちらこちらで同じ蛙のから揚げを食べたが、
この屋台とは比べものにならない。

結局、この屋台のこのお兄さんの作るものだけがずば抜けて旨かったのだ。
ハイネケンにビッタシだったのだ。

08.10.28美味しい蛙料理 (7)
何度も通い、いつも同じ蛙とハイネケンを頼むので、
ついには何も注文しなくても蛙・ハイネケンセットを持ってくるようになった。
09.1.27蛙とビール (6)
在タイ中、僕がハマった屋台の蛙・ハイネケンセット。

清流と涼風とマス釣り体験・・・・・・黒山三滝

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-14 Tue 21:51:20
★猛暑を忘れた

息子夫婦と孫3人で日帰りの温泉寄りのドライブ。
行った先は越生の黒山三滝。
温泉は“ゆうパークおごせ”

我が家から30㎞、車で1時間半ほどのところで
深山幽谷の雰囲気が味わえる観光スポットが黒山三滝。
沢の清流に触れ山の涼風を感じることが出来るのだ。

孫3人も大喜び、モチ両親(息子夫婦)たちも大満足。
猛暑を忘れた夏休みの一日だった。

18.8.14黒山三滝(夏休み) (26)
道路から30mほど沢沿い(岩場)を歩いた奥にある天狗滝。
深山幽谷の趣に満ちている。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (42)
男滝(上)と女滝。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (75)
マス釣り場。釣った魚を焼いてもらいその場で食べることが出来る。
孫たち3人で6匹を釣りあげた。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (105)
日帰り温泉“ゆうパークおごせ”。男女、家族が一緒に入れる大きな水着風呂があるユニークな施設。
バーベキュー設備、パオやログハウスの宿泊施設、キャンプ場などなど、
山の自然を生かしたアウトドアも楽しめる。

孫と行けば元気がもらえるプールへ行ってきた

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-07-14 Sat 19:40:47
★1日券の大人が220円

孫3人とプールへ行ってきた。
三橋プールは流れるプール(一周100m)と幼児用プールがあって
小学低学年以下の子供や孫連れが利用するにはGoo!

何より家から近いのがいい。
我が家から歩いて15分。

そして安い。
1日券の大人が220円、
小学以上の子供は110円だ。

      *

孫たちとプールで遊ぶこと2時間。
やっぱりいちばん疲れているのは爺。

18.7.14 三橋プール (48)
近くて安いうえにプールサイドが広く、
シートが自由に敷ける。
イス、テーブル、ベンチも用意されていて無料。
飲食自由(アルコールはイケマセン)。

孫と公園そして不二家のおみくじ。無駄足2件

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-02 Sat 20:21:01
★ガチャガチャの中のシリアスなおみくじ

孫3人を公園で遊ばせ(楽しんでいるのは爺かも)て、
それから不二家へ食事に。

モチ、家内(婆)、嫁も一緒だが・・・・・。

      *

お子様セットについてくるガチャガチャが
下の2人の孫には何よりのご馳走。

食べ終わると同時にガチャガチャへ向かう。
・・・・・・と、上の小2が浮かぬ顔で戻ってくる。

じつはこのガチャガチャはおもちゃの他におみくじ入り。
そのおみくじを読んですっかりトーンを下げてしまったのだ。

な~るほど、読んでみて分かった。
小2と下の幼稚園年少組の2人にはあまりにもシリアスな運勢。

スキャン_20180602
小1と幼稚園年少にはちょっとシリアス過ぎる?運勢(おみくじ)結果。
18.6.2 孫、絵、不二家 (40)
不二家へ行く途中の公園で小1時間ほど遊ぶ。
18.6.2 孫、絵、不二家 (58)
不二家の店内の壁には大きなペコちゃんポコちゃん。

      ☆

18.6.2 孫、絵、不二家 (16)
ッタク・・・・・・の画材屋。

★無駄足×2

手違いで大宮駅のみどりの窓口へ2度行く羽目に。

1度目のとき間違い(忘れ物)を指摘された際、
無駄足は踏みたくないと思って
さらに電車に乗り北浦和の画材屋へ。

      *

ところが、買おうと思ったものがその画材屋にない。
ッタク・・・・・・なのだ。

無駄足の上塗りで結局一旦家に戻り、
再び、みどりの窓口へ足を運んだわけ。

大宮駅みどりの窓口へは我が家からバス。
往復したらそれだけで1時間かかる。

ッタク・・・・・・・なのだ。

レトロファン必体験!大宮公園の飛行塔と茶店

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-04-30 Mon 19:39:06
★孫に拒否されてちょっとガックリ

いちばん下の孫(4歳)と大宮公園へ行った。
公園内の遊園地と小動物公園が目的。

僕的には遊園地のレトロな飛行塔に乗りたいこともあったし・・・・・・・。
ところが、孫は爺と乗ることを拒否、同乗者に婆を指名した。

ちょっとガックリだったけれど、
ベンチに座って眺めるレトロな飛行塔も格別。

      *

昼食に入ったのが公園内の茶店。
じつはこの店もレトロ。

現在の建物にしてから40年。
聞けばそのずっと前、
つまり建て替えるずっと以前から営業しているとの事。

こんなレトロ感あふれた茶店は今どき希少。
まだ行ったことない、見たことない人は、
(大宮氷川神社へお越しの節には)ぜひ寄ってみて。

好事家なら
どちらも必見、いや必体験!のレトロぶりだから・・・・・・・

1 18.4.30 大宮公園  (70)
ベンチに座って眺めるレトロな飛行塔も格別。
※・・・・・・この飛行塔は昭和24年の新潟県長岡市博覧会で使われたもので、
ここに移設されてからも70年近くなる(ネット調べ)。
歴史的文化遺産といえるかも。
2 18.4.30 大宮公園  (76)
2軒の茶店もレトロ感あふれる。
メニューも安くてラーメン500円、焼きそば400円。
3 18.4.30 大宮公園  (66)
小動物園。小さな子供連れならけっこう楽しめるし入園無料だ。
4 18.4.30 大宮公園  (62)
猛獣のクマがなぜ小動物園にいるのかの説明がある。
ずっと以前、狭い檻に体重が400㎏もありそうな巨大なヒグマがいたこともある。
5 18.4.30 大宮公園  (91)
公園併設の駐車場へ向かう途中に咲く花(ベニバナトチノキ)。

      ☆

★震生湖・・・・・・パステルP6号
18..5.1 絵・震生湖、本・お順   (4)
震生湖は1923年の関東大震災で出来た。
神奈川県秦野市にあり標高155m、周囲約1㎞。
今は休日ともなるとヘラブナ釣りの人で賑わう。

今年初めての水遊び。初仕事は団地内清掃

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-04-22 Sun 21:02:32
★水場は大賑わい

団地の管理組合副理事長になって初めての仕事日。
それは団地内の清掃(日)。

草刈り機など掃除道具を倉庫から出したりの準備から、
終了の確認をしてから倉庫の鍵を閉める。
これが今朝の9時から10時まで。

続けて集会所で管理組合の役員会。
これは先週、僕の都合で開けなかったので延びたものだ。

      *

午後からは孫たちと一緒。
シャボン玉と水鉄砲。

今日は暑かったから水と友達になりたかったんだろう。
公園の水場もちびっ子たちで大賑わいだった。

18.4,22 丸山公園  (3)
管理組合副理事長最初の仕事が団地内掃除。
小公園と団地内の草の伸びが急激。
草刈は来月からの予定だったが、
今日の掃除は草刈主体の50分間。
真夏と変わらぬほどの量の草だった。
18.4,22 丸山公園  (29)
公園の水場はちびっ子たちがいっぱい(上尾市・丸山公園)。
18.4,22 丸山公園  (53)
丸山公園は遊具、アスレチック、池(釣り)ゾーン、花ゾーン、森ゾーン、芝ゾーン、
小動物園・・・・・・・等々が揃う美しい公園。
他にも野鳥観察を行っている雑木林、用水・葦原などが残り
自然も豊かな残されている優れ公園なのだ。

玉すだれから太鼓演奏、手作りバザーも・・・・・・時間つぶしのふれあいまつり

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-25 Sun 20:46:13
★まつりのプログラムは豊富

3歳の孫を5時間ばかり預かることになって、
たまたま開催日だった”浦和北公園ふれあいまつり“に行くことになった。
まァ、時間つぶしと言ったところか。

公園のある場所は県立近代美術館の建つ旧制浦高跡地。
もしかしたらついでに花見も・・・・・。

そんな都合のいいことを考えていたが、
公園内には花見をするほどさくらの木がない。

      *

それでもまつりのプログラムは豊富。
市消防音楽隊の演奏、親子体操、踊り、
キッズダンス、ふれあい玉すだれ、常三睦太鼓・・・・・・。

5時間ほどの時間つぶし(含:往復時間)も孫は退屈することなく済んだ。
モチ、僕も・・・・・・。

18.3.25 浦和北公園ふれあいまつり (7)
ふれあい玉すだれ。
18.3.25 浦和北公園ふれあいまつり (10)
紙芝居。
18.3.25 浦和北公園ふれあいまつり (15)
昔遊び。
18.3.25 浦和北公園ふれあいまつり (22)
手作りバザー。

近づく開花“花の丘公園”の賑い

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-04 Sun 20:07:43
★春の花もまだ蕾

孫3人と近くの“花の丘公園”へ行った。
一年中何かの花が咲いているというわけでもないらしい。

開花を待つ春の花も蕾。
満開の梅は本数が少ないのか目立たない。

入り口付近の枝垂れ梅が目立ったくらいだ。

      *

花がなくとも今日の花の丘は家族連れで大賑わい。
高齢者のグループも旗持ちに先導されての散歩。

孫3人と爺もそんなうららかな公園で4時間近くも遊んだ。

18.3.4 子供たちと花の丘公園  (25)
花はなくても大賑わいの“花の丘公園”。
18.3.4 子供たちと花の丘公園  (34)
花壇ゾーンには植えたばかりらしいすみれ(多分)が・・・・・・。
18.3.4 子供たちと花の丘公園  (9)
公園の隣の農家の庭の紅梅。
18.3.4 子供たちと花の丘公園  (17)
公園入り口付近の枝垂れ梅。
18.3.4 子供たちと花の丘公園  (44)
木製のジャコメッテイ?。

孫娘からの手作りチョコレート&クッキーと同情チョコ交換

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-02-14 Wed 21:21:16
18.2.13 バレンタインデー  (13)
チョコの交換もコミュニケーションの一環と思えばいいことだ。

★同情チョコも・・・・・・

今年も2人の孫娘からチョコとクッキーが届いた。
2人とも2日がかりで作ったらしい。

ホワイトデーが楽しみ。

      *

ひと頃は毎年5つ6つは来たものだけれど、
最近は家内もくれないし・・・・・・、
孫娘と隣家(引っ越す前)の奥さんだけになった。

隣家の奥さんとは女房同士がやりっこしているだけのこと。
まァ、同情チョコみたいなものだ。

      *

ここで思い出した。
あと2人から貰っている。

ひとりは民謡の仲間。
先週の練習時に女性メンバーが男性会員と先生方に配っていた。

モチ、僕も頂いた。
たしかアーモンドチョコだった。

もう一つは先週の土曜日。
カラオケで一緒だった小学校同窓の女性がくれた。

これもアーモンドチョコだった。
こちらは箱ごときれいに包装してくれた。

そう考えると、
今年も5つ(5人)になるなァ。

18.2.13 バレンタインデー  (7)
午前中のイオンの特設バレンタイン用チョコ売り場。
ほとんど売り切れ状態。

隣のイオン。雪の中から出てきたバケツ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-02-04 Sun 20:52:49
18.2.4 孫と公園 (2)
隣のイオン(真ん中のピンクの看板)まで直線距離にして2㎞も離れていない。

★こちらのイオンの利用客の気持ちは

孫2人(男)をイオンの買い物に連れだしたり、
爺の散歩につき合わせたり。

せっかく遊びに来た孫たちも
とんだ付き合いをさせられたものだ。

まァ、本人たちはそう思っていないだろうけど。

      *

写真の真ん中に小さく写っているピンクの看板が
隣のイオン(日進)。

写真は我が家近く(歩いて2分)のイオン(三橋)の5階駐車場から撮ったもの。
直線距離にして2㎞も離れていない。

隣のイオンのほうが新しく大型。
シアター施設もある。

同じイオンが競い合っているのだ(多分)。
我が家はモチ、こちら三橋のイオンを利用。

向こうのイオンがオープンした当時
こちらのイオンはなくなるのではとの噂もとんだ。
もう、ずっと以前の話だけれど。

そんなことにならないよう応援の意味でも
我が家では他の店にはほとんど行かない。

こちらのイオンを利用している家(人)は
みな我が家と同じ気持ちなのではと思っている。
 
     ☆

18.2.4 孫と公園 (6)
融けた雪の山からバケツが現れていた。

★貴方の事だから・・・・・・

車のフロントガラスいついた霜(氷)を溶かす湯を運ぶバケツがないと、
大雪の降った翌々日の朝(1月17日)、あちらこちら家中探した。

探している僕に妻は冷静に言った。
「きっと雪の中に埋もれているわよ。
貴方の事だから・・・・・・」

      *

そうなのだ。
妻の言うことは正しかった。

大雪の翌日の朝(1月16日)、
車の回り、駐車場を雪かきした。

その雪かきで出来た雪の山の中に埋まっていたのだ。
2週間後の今日、
融けた雪の山からバケツが現れていた。

誕生日、プレゼントに囲まれて7歳はご機嫌。使い捨てパレット

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-01-21 Sun 20:32:25
18.1.21 元誕生会 (11)
居間は誕生会用に飾り付けがされていた。

★7歳はご機嫌

孫の誕生日にお呼ばれした。
ふうせん、折り紙の花や鎖など
部屋いっぱいに飾り付けがされていて雰囲気もいい。

プレゼントは
パパとママからサッカーボール。

婆と爺からは迷路の本とブランドのTシャツ。
それとケーキもだ。

さらに叔母さんからはレゴセットも・・・・・・。
プレゼントに囲まれて7歳はご機嫌だ。

ご馳走は手巻き寿司。
みんなでママのお手伝いをしたそうな。

      ☆

18.1.21 元誕生会 (1)
捨てる前のパレット代用のクッキングシート。

★使用中のパレット・・・・・・オブジェ

今はパレットにクッキングシートを使用している。
使い捨てパレットで使用後に洗うなどの手間いらず。

とても具合いがいい。
制作中の絵よりも捨てる前のパレットの模様(オブジェ)のほうが
良かったりして・・・・・・。

将棋対決は1勝1敗

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-01-08 Mon 20:59:29
18.1.8 花那と将棋 (4)
覚えたての小学3年の孫娘に負けることがあっても不思議はない僕の将棋。

★1勝1敗

小学3年生の孫娘と将棋を打った。
孫娘は覚えたて、僕はおよそ60年ぶり。

小学生の頃、
近所の遊び友達とやった思い出がある。

その時も下手で下級生のその友達のほうが強かった。
当然だが僕の腕前はその時から全く進歩していない。
そもそもやっていなし・・・・・。

覚えたての小学3年の孫娘に負けることがあっても不思議はない。
今日の将棋対決は1勝1敗。

Index of all entries

Home > 孫 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top