Home > 絵 Archive

絵 Archive

ハスの実を直された・・・・・・絵の教室

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-09-25 Mon 21:10:28
★構成が悪いとの評

今日は絵の教室。
3週間ぶりとなる。

その間、3回もあっちこっち行ったので、
途中作品の2点の仕上げが進まず。

1点のみの仕上げを見てもらった。

      *

横に3つの花が並んでしまい
構成が悪いとの評を受けた。

直すのは面倒なので、
このままでいいです・・・・・・と僕は言ってしまった。

      *

もう1点は途中の作品。
こちらの方もついでに見てもらった。

ハスの実を直された。

次回(来週10月2日)までには仕上げるつもりなのだが・・・・・・。

17.9.25 絵・上高地のデッサンほか (28)
いちおう仕上げたのだが構成の悪さを指摘された百合(カサブランカ)。
17.9.25 絵・上高地のデッサンほか (25)
途中の作品。
ハスの葉はいいが実の格好、向きが悪いと指摘された。
赤い小さな花はセンニチソウ。
来週までには仕上げなければ・・・・・・。

同じ場所(栃本)を描いた風景画があった

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-08-31 Thu 21:01:48
★同じ気持ちで?

同じ場所を描いた風景画があったので見に行った。
栃本地区は奥秩父でも最も奥深いところ。

僕が中学の頃、
社会科の教科書に紹介されていた急斜面の山村だ。

江戸時代は関所もあった。
山梨へ抜ける重要な街道の通っていたところでもあった。

      *

僕が描いたのは一昨年のことだが、
土地の古老の話では過疎化が進み
今(一昨年)は64歳以下の人は一人も住んでいないと言うことだった。

休耕中の畑も目立った。

そんな山村に惹かれて僕はこれまでに5回は行っている。
そして一昨年は絵にも描いたのだ。

今日の展覧会場でお会いしたM氏は
きっと僕と同じ気持ちで描いた?・・・・・・・と言うこと、
聞き逃してしまったなァ。

17.8.31 ブログ用大宮図書館 (20)
展覧会場は大宮図書館展示ホール。
会の名前はウオック(WOK)絵画サークル。
スキャン_20170831
M氏の描いた栃本地区(水彩・案内状から)。
栃本
ゴローの描いた栃本地区(油彩・一昨年)。

絵の教室3時間ドキュメント

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-08-21 Mon 21:15:10
CIMG1822.jpg
今日は先週までの(途中作品の)仕上げだった。
ほかに余力のある人はブドウと花が課題として出された。

★沈黙と集中

絵の教室に通い始めて1年半ほどになる(かなァ)。
月2回、主に月曜日なのだがパステル画(デッサン)を描く。

教室のある場所は大宮工房館。
現在の生徒は10名。

バスと電車で1時間以上かけて通う人もいるし、
もっと遠くから車で来る人もいる。
僕も2路線のバスを利用、1時間弱を掛けて通う。

教室の時間は朝9時から12時までの3時間。
もっとも、月1回は午後も教室が使えるので残って描く人もいるが・・・・・。

      *

モチーフ、課題は先生が決める。
人物と野外を描く以外、
静物や花などのモチーフは先生が家から持ってくる場合が多い。

先生は自転車で通ってくる。
鉢植えなどは相当に重たいのだが、
30分以上は掛かるだろう距離をヘルメットもかぶらずに自転車で来るのだ。

それだけでも大変なのに・・・・・・・。

      *

朝、9時少し前にボチボチと生徒が集まりまる。
今の時期、まずエアコン(冷房)のスイッチを入れる。
そして描く準備を始めるのだ。

それぞれ何となく自分の場所(位置)が決まっているので、
場所決めに手間取ることはない。

モチーフやモデルのよって多少イーゼルと椅子を動かす程度で済む。

      *

9時になると先生がモチーフを抱えてやってくる。
いつもニコニコしていて明るく元気だ。

先生も教室に入ってくるとすぐに準備を始める。
真ん中に置かれたテーブルにモチーフを並べ、
皆に描きやすい(見やすい)かどうか聞きながら位置を直す。

      *

「人生の中でこれほど集中することってないんじゃない」
・・・・・・とこの前、先生がイーゼルの前の生徒たちに言っていた。

それくらい、その日は生徒たちが集中していたのだろう。
今日も黙々と描いている。
パステルが画面をこする音だけが聞こえるかのようだ。

その中を先生は巡る。
巡ると言ったってただ見て回るだけではない。

一人一人の作品に手を入れ直しもする。
先生が直接直すことを嫌がる生徒もいるが、
そんな生徒にも助言を与えて修正させている。

僕は全部先生にお任せで直してもらうタイプ。
「いかようにでも直してください」
今日も僕はそのように言って直してもらった。

      *

2時間も過ぎた頃、
たいがい誰かが持ってきたお菓子が配られる。
ちょっとした休憩時間だ。

息抜きのようにこのときは談笑が入るが、
すぐにまた沈黙に戻る。

家で3時間も集中して絵を描くことなどまずない(すぐに飽きる)。
絵の教室だとそのようなことがないのが自分でも不思議なのだが・・・・・・。

      *

先生はほぼ3時間ずっと生徒の絵を直し、助言を与え続けて
その日の教室を終えるのだが、
考えてみれば先生もずっと描き続けだ。

いつも思う。
本当に先生は絵を描くのが好きなのだ・・・・・・と。

モデルは中国系シンガポール人。加齢との闘い・・・・・・確認を怠らない

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-08-14 Mon 20:30:55
★『帽子の婦人』・・・・・・・パステル・6号(モデルは中国系シンガポールの人)
パステル 婦人17.8 (3)

      ☆

★確認を怠らない

失敗の多い一日だった。
①病院へ財布を忘れて行ってしまった(診察後取りに戻る)。
②スーパーの籠を持ったまま家に帰ろうとした(途中で気づいて返しに戻る)。
③卵を冷蔵庫にしまう際、2個落として割ってしまう。
④パンダとコアラを間違えた。
⑤その他

日常的に起きる失敗ばかりだけど、
何となく加齢からが加わったような・・・・・・・。

      *

忘れっぽい(人の名前などが出ない、漢字、過去が前後する・・・・・・)、
手元から物を落とす、
歩き方がゆっくりになった(階段の上り下り、手を後ろで組む、転びそうになる・・・・・)、
車の運転が下手になった(車庫入れが一度でできない・・・・・・)、
探し物が多い(一日の何度も)、
若い人との話す機会がますますなくなった。

まだまだいくらでも出てくるが、
加齢からくるのは病ばかりではないのだ。

      *

今後ますます加齢との闘いとなるだろう。
当然だ!

何事も落ちついて対処、
確認を怠らない(面倒くさがらない)。

そそっかしい僕の今日の反省だ。

      ☆

★山行中止の連絡入る

明後日(16日)から予定の白馬岳山行の中止連絡が入った。
大雪渓を歩く予定だったが、
悪天候が予想され止む無く中止を決めたとのことだ。

人物デッサンはホント難しいです

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-07-24 Mon 22:37:24
★時間延長をしてくれたが・・・・・

絵の教室に通っているのは、
パステル画と人物デッサンを学ぶことが出来るからだ。

パステルは少しは扱いに慣れてきたが、
人物デッサンは相変わらず難しい。

      *

今日は4時間。
モデルさんが時間延長をしてくれた。

黙々と描き続ける9人の生徒。
「人生の中でこれほど集中して何かするって、
あまりないんじゃない」
・・・・・・と先生冗談めかして言う。

それでも描きあがらない。

家では1時間も集中できないから、
ブログに掲載できるのはまだ先になる。

17.7.24 絵のモデル (15)
今日のモデルさん、自分は中国系シンガポール人だと言っていた。

ゴーヤだけを描く。巨大で怒派手な山車

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-07-03 Mon 22:39:32
17.7.3   絵の教室・ゴーヤほか  (1)
八戸の三社祭の山車のレプリカが飾られていた(大宮駅コンコース)。

★実物は巨大で怒派手

大宮駅のコンコースに青森県八戸市の夏祭り、
三社祭の山車のレプリカが飾られていた。

東北の祭りと言えば
青森のねぶた、
秋田の竿灯、
山形の花笠踊り。
この3大祭りと言われるほかに最近では
青森(八戸)の三社祭り、
盛岡のさんさ、
青森(五所川原)の立佞武多、
弘前のねぷた
・・・・・・などが参戦して4大祭りとか、
6大祭りとか拡大PR行われているようだ。

      *

どれも素晴らしい祭りだけど、
僕の私見を言わせてもらえば、
これらの中では八戸の三社祭りの山車がいちばん派手、
見ていていちばん楽しい(かった)。

レプリカでは迫力に欠けるけど、
巨大な怒派手な実物を見たら度肝を抜かれること請け合い。

      ☆

17.7.3   絵の教室・ゴーヤほか  (5)
ひまわりの花と花瓶は省略(カット)。
17.7.3   絵の教室・ゴーヤほか  (23)
ボールペンでゴーヤだけを描いた。
なお、あとで色付けはする予定。

★ボールペンで描く

今日の絵の教室は花瓶に入ったひまわりとなぜかそばに置かれたゴーヤ。

少しひねくれ者の僕は、
ひまわりの花と花瓶は無視、
ゴーヤだけを描くことにした。

      *

実は次回は人物デッサンだと聞いて、
今日の3時間で描き終えられるモチーフにしなければならない。

その場合、ひまわり(花)はてこずるだろう、
ならばいっそうのことゴーヤだけにしてしまえと考えついたもの。

なお、ボールペンで描くことについては、
先生からのヒントをもとにした。

匂いとスースー感が今どき新鮮?

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-06-23 Fri 21:53:16
アニラオ
アニラオ(先日行ったフィリピン・マニラ近郊)。パステル画(4号)。

★薬臭くないし、安全だし・・・・・・

ハッカ油とエタノール(アルコール)、水で作る虫よけ。
100均で買った100ccのスプレー容器に入れて使う。

小学3年以下の孫たち3人に使い勝手がいいというので、
3本ほど作ってあげた。

      *

薬局のチラシを見て昨年試しに作ってみたのが好評だったのだ。
そー言えば新聞だか雑誌の記事だかでいまひそかなブーム?みたい。

ハッカの匂いとスースー感が今どき新鮮?に感じるのではないかと思う。
薬臭くないし、安全だし・・・・・・・・・・。

50年ぶりの以上の石膏デッサン……絵の教室

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-22 Mon 21:15:10
★50年ぶり以上だァ

絵の教室。
この1ヵ月の間に描いた作品を先生に見てもらった。
このブログで紹介済みの『タケノコ』と油絵のための習作『俺の富士(仮題)』だ。

『タケノコ』はオーケーだったけれど、
『俺の富士』は構成の問題を指摘され
直すようにと言われた。

      *

今日のモチーフの中には小さな石膏が。
僕が石膏を描くのは大学受験時以来、
50年ぶり以上だァ。

17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (3)_LI
構成の不味さを指摘された『俺の富士』。
①斜め(袈裟切り)の線は最悪の構成・・・・赤線。
②左下角に受けの岩などを入れるべき・・・・白線部分。
③富士の色をもう少し工夫せよ・・・・青線。
17.5.22 絵の教室モチーフ  (20)
今日のモチーフ。
石膏を描くのは50年ぶり以上だァ。

3連チャンのノア・・・・・・第44回季風会展6日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-28 Fri 22:27:54
17.4.28 季風会6日目 (5)
"ノア"とは開催中の季風会展会場近くの飲み屋さん.

★4日続けて通うことに

"ノア"とは開催中の季風会展会場近くの飲み屋さんだ。
昼食、帰り際に一杯とここ3日続けて通った。

実は今日も展示会終了後の打ち上げをノアでやる。
ということは4日続けて通うことになる。

      ☆

★あと一日・・・・・・季会展はあと一日。明日午後5時で終了です。
17.4.23 季風会一日目 (128)
会場は東京交通会館(有楽町駅前)2階ギャラリーです。

赤坂の灯り・・・・・第44回季風会展5日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-27 Thu 23:37:48
★6年ぶりの赤坂の灯り


17.4.27 季風会展5日目赤坂ライブバー (19)
6年ぶりの赤坂の灯り。

      *

✺展示作品紹介⑤
17.4.23 季風会一日目 (107)
『げいび渓舟溜り』大内勝郎 F50号
17.4.23 季風会一日目 (104)
『鷺沼』大内勝郎 F30号
17.4.23 季風会一日目 (111)
『姫ゆりの丘』大内勝郎 F10号

千客万来の中日・・・・・第44回季風会展4日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-26 Wed 21:38:10
17.4.26 季風会4日目 (4)
今日は先客万来で一日中会場は賑わった。

★千客万来

今日は1週間の会期の中日。
思わぬ千客万来で会場は終日にぎわった。

       *

✺展示作品紹介④
17.4.23 季風会一日目 (88)
『晩秋の高原・奥日光』中馬誠二  F10号
17.4.23 季風会一日目 (83)
『富士・黄昏』中馬誠二 M10号
      *
17.4.23 季風会一日目 (92)
『カラス乱舞』岡部靖雄 F10号
17.4.23 季風会一日目 (96)
『港の見えるレストラン』岡部靖雄 F10号
17.4.23 季風会一日目 (99)
『氷川丸』岡部靖雄 M30号
      *
案内状名簿
案内状アドレス
いよいよ残りあと3日(29日・土曜日まで)。

ゴローの展示作から・・・・・・第44回季風会展第3日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-25 Tue 22:28:34
★パステル画の展示も

展示会場は有楽駅前の東京交通会館2Fギャラリー。
昨年はB1の会場だったが会場費等の理由などから2Fへ引っ越したのだ。

壁尺は今回のほうが広い(長い)。
その分作品数を増やすことになる。

従って一人当たりの出品数を増やさねばならないわけで、
開催前、壁は埋まるのだろうか?の危惧があった。

事務局からはできるだけ多くの作品を持ってきとの通達があり、
僕は油彩3点ともしもの予備としてパステル画6点を用意したのだ。

      *

メンバーみなが頑張ったおかげで壁は見事に埋まった。
しかも僕のパステル画を並べるのにちょうどよいスペースまでできたのだ。

      *

✺展示作品紹介③
IMG_20170424_095528.jpg
『秋葉の森公園』ゴロー 30号F
17.4.23 季風会一日目 (68)
『巻機山下山』ゴロー F20号
17.4.23 季風会一日目 (79)
『小網代の森』ゴロー F 10号
17.4.24 第44回季風会2日目 (16)
『赤いショールの婦人』ゴロー パステル
17.4.24 第44回季風会2日目 (13)
『北浦和公園旧浦高生像』ゴロー パステル
17.4.24 第44回季風会2日目 (9)
『秋葉の森公園』ゴロー パステル
17.4.24 第44回季風会2日目 (7)
『二つの貝殻』ゴロー パステル
17.4.24 第44回季風会2日目 (12)
『箱根大涌谷遠望』ゴロー パステル
17.4.24 第44回季風会2日目 (18)
『北浦和公園日本庭園』ゴロー パステル

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-24 Mon 22:34:33
★お喋りは楽しい・・・・・・第44回季風会展第2日目

17.4.24 第44回季風会2日目 (4)
2日目はジオラマ・アオイ君も一緒だ。

★いつも反省するのだけど・・・・・・第44回季風会展第2日目

展示中に多くの友人・知人が来てくれる。
一年に一度、この機会に会う(える)人もいる。

幸い会場にはテーブルと椅子が用意されているので
そうした人たちとさまざまお喋りする。

それがとても楽しい時間のだ。
お喋り好きな僕がさらに(調子に乗って)喋りまくって、
せっかく来てくれた人たちに迷惑だったろうなァ
・・・・・・と、いつも反省してしてしまうのだ。

それでもお喋りは楽しいなァ。

      ☆

✺展示作品紹介②
17.4.23 季風会一日目 (37)
『故郷の山』浦田繁 F30号
17.4.23 季風会一日目 (40)
『神の木』浦田繁 F8号
      *
17.4.23 季風会一日目 (45)
『八千穂高原自然園』宇都宮美千子 P20号
17.4.23 季風会一日目 (49)
『白駒池』宇都宮美千子 F20号 M10号
      *
17.4.23 季風会一日目 (53)
『テームズ河の眺め』竹澤順一 F8号
17.4.23 季風会一日目 (57)
『清州橋』竹澤順一 F8号
17.4.23 季風会一日目 (61)
『チェロレッスン』竹澤順一 F8号
17.4.23 季風会一日目 (65)
『フルートの響き』竹澤順一 F8号

グンバツ!桜餅・・・・・・第44回季風会展開催・第1日目 於:東京交通会館(有楽町)

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-23 Sun 22:34:27
★グンバツ!桜餅・・・・・・第44回季風会展第1日目

風景画を中心に描く季風会展が
今日から有楽町駅前の東京交通会館2階ギャラリーが始まった。

初日の今日は多くの人が会場を訪れてくれた。
4月29日(土)までだ。

      *

第1日目、僕の関係者は10人が来てくれた。
潜友、絵友、幼馴染み・・・・・・・妻と娘。

手作りの桜餅を持ってきてくれたのは潜友のIさんだ。
Iさんは料理、お菓子作りが(も)得意で、
フェイスブックにアップ、毎日のようにF友たちをうならせる。

持ってきてくれた桜餅もその中のひとつ、
包んである桜の葉もご自分の家の庭で摘んだものそうだ。

一度ご賞味に預かりたいと思っていたが、
今日突然(Iさんは突然会場に来られた)実現したというわけだ。

味はグンバツ!(今では死語になっているスゴイという意味の言葉)の旨さ。
手作り、料理名人が作った出来立てホヤホヤはやっぱり違う。

モチ(餅)、早速、季風会のメンバー皆で食べた。
全員が旨かった(^◇^)。
Iさんありがとうございました。

※皆々様へ・・・・・・会場にお越しの折は(原則)手ぶらでお立ち寄りください。
お心遣いは不要です。

17.4.23 季風会一日目 (7)

      ☆

✺展示作品紹介①
17.4.23 季風会一日目 (10)
季風会は風景を中心に描くグループ。
      *
17.4.23 季風会一日目 (33)
『浄土が浜』粕谷良雄 F50号
      *
17.4.23 季風会一日目 (116)
『アトリエの花 春』本田節子 F20号
17.4.23 季風会一日目 (120)
『野の花 たんぽぽ』本田節子 F20号
17.4.23 季風会一日目 (124)
『道端に咲く ねこじゃらし』本田節子 F20号
本田さんは花をシリーズに描いている。

ノーチェックの「手」と「足」だけど・・・・・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-20 Thu 21:40:30
17.4.20 パステル画、散歩の花  (16)
「手」(パステル6号)。
17.4.20 パステル画、散歩の花  (12)
「足」(パステル6号)

★まだノーチェックだけど・・・・

"絵の教室"、前回は人物デッサンだった。
僕は顔、手、足、全身の4枚を描いたのだけど、
顔と全身はまだ仕上がっていない。

実は手と足も先生のチェックは受けていないのだ。
次回見てもらうつもりだが、
5月の末か6月に入ってからになるかなァ。

      ☆

17.4.20 パステル画、散歩の花  (33)
スズラン。
17.4.20 パステル画、散歩の花  (44)
緑色の花の咲く桜。

★スズランの花言葉は?

あまりにいい陽気。
散歩しなくてもったいない。

      *

スズランは昔、ブームになったことがある。
北海道の秘境を当時の国鉄が(観光で)売り出していた頃かもしれない。
※当時は日本にも秘境と呼ばれる場所があった。

可憐が売りだったかなァ。
ちなみにスズランの花言葉は
「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」となっている。

      *

緑色の桜の花は珍しいのかと思ったら
画像で検索したら全国いたるところにあるみたい。

散歩道沿いにもあった。
よその家の庭だけど・・・・・・・。

「幹を描いたら」・・・・・・と先生からの提案

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-04-03 Mon 21:44:40
★「幹を描いたら」

絵の教室。
今日の課題は工房館前の見沼用水べりの桜を描く。

先生から「幹を描いたら」・・・・・・との提案を受け
描きやすそうな幹の前に座った。

      *

12時までの3時間足らずでは仕上げまで半分も描けない。
残りは家で描くことにして引き上げた。

帰りは見沼用水沿いの道を1時間ほど散策したのだが、
これといった見どころはなしだった。

17.3.3 絵の教室 (8)
描きやすそうな桜の木を選んだ。
17.3.3 絵の教室 (20)
見沼用水付近の散策案内版。
17.3.3 絵の教室 (27)
見沼用水べりを散策したもののこれといった見どころはなし。
右の建物は自治医大付属大宮病院。

赤い花瓶・・・・・・パステル画。第44回季風会展は4月23日~29日

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-03-26 Sun 21:01:18
17.3.17 赤い花瓶  (4)
「赤い花瓶」 8号・パステル

★描きかけの「赤い花瓶」を仕上げた

今日の山行は不参加。
雨が止まなかったのと、
くしゃみが数回出たので大事をとった。

山行の内容は救助訓練だった。
一度や二度は受けておいたほうがいいと思っている。

山は怖い。
怖い何かは突然遭遇する。
自分が、同行者が・・・・・・。

      *

明日は絵の教室がある。
前回描きかけの「赤い花瓶」を仕上げた。

      ☆

★第44回季風会展は4月23日~29日
案内状名簿
案内状アドレス

大宮工房館で作品展示会始まる。本「あの人に会いたい」

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-03-15 Wed 21:28:44
17.3.15 工房館展示 (7)
17.3.15 工房館展示 (3)
パステル画月曜会の展示。僕の作品は上の段いちばん右の作品。
『北浦和公園日本庭園』

★第11回大宮工房館作品展示会

明日から始まる第11回大宮工房館作品展示会(ネット検索可)の搬入に行った。
要するに工房館の利用団体の発表会みたいなもの。

利用団体が多いので2度に分けて行う。
絵に関する教室だけで絵手紙などの会も含めれば10くらいあるのではないか?

スペースもわずかなので一人一点の展示。
僕の所属するパステル画月曜会は2段展示だ。

展示は20日まで。

      ☆

gh
いい言葉、いい教えにあふれている本だ。

★本「あの人に会いたい」 NHKあの人に会いたい刊行委員会編

立派な人、何かを成した人は
後世の人々にいい言葉、いい教えを残してくれているものだ
・・・・・・とつくづく思う。

第44回季風会展ご案内

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-03-06 Mon 22:29:36
スキャン_20170306
006.jpg


★季風会展ご案内

第44回季風会展のご案内状です。
お近くにお越しの折には会場を覗いていただければ幸甚です。

僕は油絵3点(30、20、10号)とパステル画数点を出品予定です。

      *

会場は有楽町駅前の東京交通会館2階のギャラリーです。
昨年の会場が同会館の1階ギャラリーでしたので、
お間違えなきようお願いいたします。

『梅と石灯篭』その2。石原誠美堂(画材屋)閉店

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-02-23 Thu 21:29:06
★すべて3~5割引き

大宮駅東口から5分ほどの画材屋石原誠美堂が閉店するという。
惜しい・・・・・・。

昔のまんま、僕が学生だった頃のまんまの画材屋さんは
もうほとんど見られなくなっている。

      *

僕が石原誠美堂を利用し始めたのは、
昨年、絵の教室に入会してからだ。

教室の先生から教えてもらった。
先生の名前を言うと2割引きにしてくれる店なのだ。

僕はそれほど画材を必要としないし、
買ってもいないけど、
それでも、近くにこんなお店があることを知っていたら
わざわざ浦和、新宿、池袋、神田までは出なかったろうと思う。

      *

閉店セール中と聞いて今日行ってきた。
買ったものはパステル用スケッチブック3点、
パステル5色、絵具2本など約9000円。
すべて3~5割引きだった。

17.2.23 絵梅その2 誠美堂閉店 (5)
『梅と石灯篭』その2.パステル・4号。
16.3.12 工房館展⇒誠美堂⇒銀ブラ⇒銀座画廊 (63)
僕が学生だった頃の昔のまんま画材屋さんが・・・・・。
17.2.23 絵梅その2 誠美堂閉店 (1)
約9000円を購入。すべて3~5割引き。

Index of all entries

Home > 絵 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top