Home > その他 Archive

その他 Archive

成ってみたいは百萬長者。電車から丸見え露天風呂

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-06-09 Sat 20:26:51
  • その他
★浮世見たいもの番附(昭和初期の刊行本より)

腹立たしいニュースやいたたまれないニュースを毎日聞かされて
少々うんざりしている人も多いのでは。

そんな人がすっきりする番付はないかと探した。
“浮世見たいもの番附”はどうです?

スキャン_20180609 (6)
“浮世見たいもの番附”はどうです?

      ☆

★昨日の尾瀬ヶ原ハイク帰宅途中のおこぼれショット3景
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (133)
ただの車窓風景だけど・・・・・・。
じつは右下の大きな旅館の右の建物(和風建築)の
露天風呂が電車の窓から丸見え。
モチ男女ともだ。
ちょっと遠目だけど・・・・・・。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (130)
野岩鉄道の湯西川温泉駅はトンネルの中。
鉄ちゃんじゃなくても下りてみたくなるよねェ。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (27)
おお~怖ッ!1センチはある巨大な蟻に遭遇。

年寄りを大事にしなきゃ?・・・・・・枯鉢の魅力。本「楼岸夢一定 蜂須賀小六」佐藤雅美

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-05-14 Mon 20:00:26
  • その他
★窓際の枯鉢

久しぶりに出窓のカーテンを開けたら、
鉢植えが枯れていた。

鉢をこの場所に置いてから2年半、
時々思い出したように水をあげていたが、
そのたびに徐々に枯れていく姿を見ていた。

とうとう、今回は完全に枯れた。
もういくら水をやっても復活はないだろう。

鉢は当分このままにしておく。
時々眺めて、
枯らしてしまった懺悔の気持ちを思い起こすことにする。

      *

枯れた盆栽を楽しむ人がいた。
モチ、それは高価な盆栽を枯らしてしまったことによるのだが、
その人は枯れ盆栽の魅力・・・・というか奥深さを語ってくれた。

まァ、見方によっては窓際の枯鉢にもそれなりの魅力が・・・・・。
そのうち何かが見えてくるかもしれない。

年寄りを大事にしなきゃ・・・・・ン?関係ないかァ。

18.5.14 窓際の枯れ鉢 (5)
窓際の枯鉢・・・・・・の魅力。
18.4.21 筑波山  (36)
山の中の枯れ木。
こちらは放っておいたら危険。
根元に倒木注意とあった。

      ☆

スキャン_20180514
超オモシロ歴史小説で夢中でほぼ一気読み。

★本「楼岸夢一定 蜂須賀小六」佐藤雅美

戦国時代の武将蜂須賀小六の一代記みたいな(^_-)-☆。
でも、大半の主役は豊臣秀吉みたいな(^_-)-☆。

超オモシロ歴史小説で夢中でほぼ一気読み。
あとがきを読んで納得したのは
『本書はほとんどを新人物往来社刊の「武功夜話」に依った。』とあったからみたいな(^_-)-☆。

もちろん、著者の力量あってだけれど。
また、佐藤雅美の著書を読みたくなったみたいな(^_-)-☆。

初めての王将。鯉のぼりを見たのは3軒だけ。本「お順」下 

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-05-05 Sat 20:45:08
  • その他
1 18.5.5 王将 (4)
店内は意外と広くお客がいっぱい、混んでいた。

★どっちもどっち

初めての王将だ。
餃子が旨い、安い、量が多い、騒がれた忌まわしい事件・・・・・・。

何かと話題の多かった中華の“王将”
僕はこれまでは入ったことがなかったけれど。
ようやく、今日の夕食に行く(食べる)機会を得た。

      *

何かと日高屋と比較されている?
我が家もどっちへ行くかで迷っていたが
結局、王将になった。

僕も初めての王将、行って見たかったので大いに賛成。
・・・・・・で、旨い安い量が多いはどうだったか?

日高屋としか比較できないが、
僕の感想を述べれば

旨いはどっちもどっち、
安いは妻が支払ったので分からない、
量はたしかに少し多めだったかも
・・・・・・といったところか。

で、僕の総合評価はどっちもどっち。

      ☆

★コレッ!に出会わず

とうとう5月5日こどもの日になってしまった。

というのも、コレッ!っていう鯉のぼりを撮って紹介したかったけれど、
結局、コレッ!に出会うことなくこどもの日になってしまったということ。

昨日、川島町で見た幟、
同じく地元指扇で見た普通の鯉のぼり、
先日、小川町で見た川に張った連鯉のぼりの3軒。

2 18.5.4 川島町・ママチャリング (102)
川島町で見た幟を立てた家。
3 18.5.4 川島町・ママチャリング (21)
地元指扇で見た普通の勤め人の家(多分)の鯉のぼり。
4 18.5.2 武蔵嵐山・仙元山 (157)
5月2日、小川町で見た連鯉のぼり。

      ☆

5 スキャン_20180505
女流作家なればこそのお順の描き方?

★本「お順 勝海舟の妹と5人の男」下 諸田玲子

女流作家なればこそのお順の描き方?
そんな感想を抱いた。

男性の作家だったら
“勝海舟の妹と5人の男”という副題はつけないかも?

久しぶりに面白く一気読み。
文章もやさしく読みやすかったし・・・・・・。

今日の花見弁当は5分咲きの藤の花。イオンの中のドコモショップ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-04-17 Tue 20:38:10
  • その他

18.4.16 青葉園の藤棚 (3)
イオンの3階にオープンしたドコモショップ。

★結論は持ち越し

イオンの中にドコモショップがオープン。
と言っても一週間に開くのは土・日・火の3日間のみ。

しかも、商品の陳列もない。
それでも“らくらくフォン”愛(使)用の僕にはありがたい。
我が団地から歩いて2分足らずなのだから。

      *

かねてからの質問をいくつか携えて行った。
対応をしてくれたのは40歳を超えているというイケメンのお兄さん。

年寄りらしい意地悪な質問をいくつかした。
らくらくフォン購入後2年経過。

そのまま継続するか、機種のみ変えるか、
あるいは他社へ乗り換えるかなのだ。

お兄さんは親切に答えてくれたが、
結論は持ち越しとなった。

     ☆

★今日の花見弁当は6分咲きの藤の花

藤の花見にお弁当を持って青葉園(日本で初めての公園墓地)に行った。
歩いて15分ばかりで着く。

行きがてら妻に頼まれていたポスティングをした。

30軒ばかり回って気づいたのは
戸建ての家の郵便物入れの設置場所がバラバラだと言うこと。

郵便配達の人が入れやすいように道路沿いに設置してあるのかと思ったら、
そのような家は新築の家には少ない。

駐車場が玄関前にあったりする家などは郵便受けが奥の方になる。
新築の家は蓋(扉)付きの郵便受が多く、
どう入れていいのか戸惑う。

何でもやってみないと分からないものだ。

      *

青葉園の藤は樹齢700年、県の天然記念物に指定されている。
まだ5分咲きだったけれどそれなりに見事な花を咲かせていた。

藤の花と言えば“藤の牛島”“足利フラワーパーク”が超有名だが、
どちらも見物料金を取られる。

藤の牛島が1000円。
足利フラワーパークが1600円。
青葉園はタダ。

18.4.16 青葉園の藤棚 (37)
まだ5分咲きだった。
満開になると1~2mの房になるらしい。
規模は有料の2つに及ばないかもしれないが静かでゆっくり鑑賞できる。
持参の花見弁当を食べ、コーヒーを飲んだ特等席(ベンチ)から見た藤棚。
18.4.16 青葉園の藤棚 (26)
芝桜、ボタン、藤のコラボ。
18.4.16 青葉園の藤棚 (5)
ポスティングしながらついでの花見その①=ツルバラ。
18.4.16 青葉園の藤棚 (8)
ポスティングしながらついでの花見その②=スミレ。
18.4.13 相似風景 (4)
ポスティングしながらついでの花見その③=ジャズミン。
18.4.14 桜草まつり (58)
ポスティングしながらついでの花見その④=ボタン。

“相似風景”は新しいテーマになるかも・・・・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-04-13 Fri 19:16:40
  • その他
17.9.19-20  上高地スケッチハイク (247)
➀昨年の夏、上高地(明神池)で撮った風景。
18.4.10 物見山ハイク里山風景 (20)
②相似風景のⅠ=最近、ハイキングの山中で撮った風景のA。
18.4.10 物見山ハイク里山風景 (24)
③相似風景のⅡ=同じく風景のB。
18.4.13 相似風景 (9)
④相似風景のⅢ=団地の前の寺(お堂)。
17.9.25 絵・上高地のデッサンほか (7)
➀を現地でスケッチした物(再掲載)。

★ひょっとして“相似風景”は新しい言葉?

相似風景という言葉はヤフー検索でもグーグル検索でも出てこない。
モチ、相似だけならある。

相似=① 形・性質などが写したようによく似ていること。
② 〘数〙 一つの図形を一様に拡大または縮小すると、
他の図形と完全に重ね合わせることができること。
③ 〘生〙 生物の器官で、その発生起源を異にするが、
同じ機能をもつために似た形態をもつようになった場合の相互の関係。
(大辞林)

ネットに相似画像があった。
これは一枚の写真が左右、上下、斜めに対称(相似)になっているものだ。

ひょっとして“相似風景”は新しい言葉?
相似風景は面白いテーマになるかも・・・・・・。

アスパラガスも仲間入り?・・・・・・ばら売り野菜。明日から『第45回季風会展』

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-31 Sat 20:20:05
  • その他
★どこかに共通点が・・・・・

スーパーの野菜売り場で、
アスパラガスのばら売り発見!

つまり1本売りだ。
アスパラガスよお前もか・・・・・・、
ということでばら売りに仲間入りしたわけだ。

何年か前から見られるようになったばら売り(1個売り)野菜に、
ジャガイモ、タマネギ、茄子、キウリ、ニンジン、ピーマン、長ネギなどがある。

      *

10年ほど前、タイの山岳民族の村に行った時、
村に一軒だけある雑貨屋(家の入り口に物を並べてある程度)で、
ポッキーをばら売りしていた。

子供たちはポッキーが大好き。
しかし箱ごと買う現金はないので1本1バーツ(当時のレートで3円)で買うのだ。

日本のスーパーのアスパラガスは高齢者か、
あるいは一人暮らし向けの人のための
ばら売りではあるまいか。

事情は違うけどどこかに共通点があるような・・・・・・。

18.3.31 ひとつ売り・東埼玉病院のたんぽぽ畑 (3)
アスパラガス1本35円でばら売り。

      ☆

18.3.31 ひとつ売り・東埼玉病院のたんぽぽ畑 (16)
今日も背の低いたんぽぽ畑を見た。

★植物の黄色戦争?

菜の花、アブラナの花が土手を黄色く染める。
ここ数年、それが年々広がりつつあるように思えたが・・・・・・。

もしかして、今年あたりから少し鈍ってきた?
土手の(とくに上部)黄色(アブラナ)が少なくなったように見えなくもない。

代わりの黄色なのか?
背の低いたんぽぽ畑をあちらこちらで目にするようになった。

植物の黄色戦争?

そー言えば、
昔あちらこちらにはびこったブタクサ(セイタカアワダチソウ)も黄色だった。
数年、十数年単位の気の長い戦争なのかも・・・・・・。

      ☆

★第45回季風会展が明日から始まります。
ついでがありましたらぜひお立ち寄りください。
僕は毎日会場に詰めております。
案内状
拡大

山田郁子個展の会場・日程が季風会と同じで・・・・・・超ラッキーだァ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-21 Wed 20:25:40
  • その他
★先生の個展日程・会場が・・・・・・超ラッキー

絵の教室の先生の個展が開かれる。
先生のお名前は山田郁子(白日会会員、日展準会員)。

何とその山田先生の個展の会場が、
我々のグループ展(季風会)と同じ
有楽町駅前の交通会館の地下一階だ。

しかも開催期日も一緒。
僕にとっては超ラッキー。

一週間毎日先生の個展会場へ足を運べるし、
先生の作品を鑑賞しに来ている人の中には
季風会展に寄ってもらえる人もいるかも。

同じ教室で習っているメンバー(生徒)は来ると思うし・・・・・・。
これまでにない楽しみなグループ展になりそう。

スキャン_20180321
山田郁子先生の個展も交通会館地下1階フロアー。
スキャン_20180321 (2)
季風会と同じ会期、同じ場所だ。
案内状
僕は毎日会場にいます。

      ☆

18.3.21 イートイン  (5)
時間つぶしにいいイオンのイートイン。

★ウトウト昼寝して帰りに買い物

山行が中止になって一日ポッカリ。
おまけに寒い、雪まで降っている。

午前中は何とか部屋で過ごしたが、
午後はとうとう外へ。

と言っても毎日のように通っている隣のイオン。
イートインで税込み100円のコーヒーを飲みながら本読みだ。
ついでにウトウト昼寝して帰りに買い物。

垣根が銀座シックスのイメージ?。一気に春開く

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-13 Tue 21:19:37
  • その他
★いい勉強

東京銀座画廊へ春季・新作家展を見に行った。
親しい知人が出品している。

会の名のごとく若々しいエネルギー溢れる作品が並ぶ。
いい勉強になる。

      *

そのまま新橋へ流れた。
途中、銀座シックスの前を通った。
相変わらず巨大な、威圧感のある四角い軍艦みたいな建物だ。

帰りに降りた西大宮の駅前の家の垣根を見て、
銀座シックスの建物をイメージしてしまったのだが・・・・・・。

18.3 .13 新作家展(7)
春季・新作家展。
18.3 .13 新作家展(13)
銀座シックス。
18.3 .13 新作家展(15)
この垣根、銀座シックスのイメージしない?
昔流行した角刈りのイメージかなァ。

      ☆

18.3 .13 新作家展(23)
こぶし。
18.3 .13 新作家展(27)
サンシュウ。
18.3 .13 新作家展(34)
ミツマタ。
18.3 .13 新作家展(40)
これは早咲き桜?

★一気に春開く・・・・・・散歩

今日は心地よい暖かさ。
多分、蕾たちもそう思ったに違いない。

一気に開いた。

數の通り符牒番附。塩かけ地蔵尊

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-03-10 Sat 20:47:43
  • その他
★數の通り符牒番附(昭和初期の刊行本より)
スキャン_20180311 (2)
いまでもこれらの呼び方(数え方)で商売をしているのは?
例えば築地の魚河岸では?
あまり見られなくなってしまった商売(店)もあるけど、
市場や問屋、専門店などはどうだろうか?
いちど使用されている現場を見てみたいものだ。

      ☆

18.3.10 岩佐3回忌大宗寺 (3)
塩かけ地蔵尊。
18.3.10 岩佐3回忌大宗寺 (10)
百度石。

★傷(こぶやいぼ)に効く?

新宿区にある大宗寺には多くの有形指定文化財がある。
しかし、この珍しい“塩かけ地蔵尊”は指定を受けていない。

地蔵尊のお塩を傷口(こぶやイボ、しみ)につけると治るのだとか。
治ったらお礼に頂いた以上の塩をかけておくらしい。

今日、ここへ義兄の法要に行った。

似て非なる・・・・・・梅、桜、スズメ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-02-28 Wed 19:23:55
  • その他
★やっぱり無理か

似て非なる・・・・・・とタイトルを付けたのだけど
やっぱり似てないかァ。

鳥はデジカメでも撮影が難しい。
警戒心が強いのだろう。

たいていはレンズ(デジカメ)を向けただけで逃げてしまう。
それも、かなり遠くからでもだ。

野鳥カメラマンのたいへんさが分かる。
たいてい遠くからカメラ(一眼レフ・望遠レンズ)を構え、
レンズの先に鳥がやってくるのをじっと待っている。

何度かそのような場に遭遇しているので分かるのだ。

      *

今日、よその家の枯れ木の枝先にとまっていたのがスズメ。
スズメにしては大きく見えたがムクドリではなかった。

昨日見た桜のつぼみはもう膨らみ始めていた。
先日見た梅は2分咲き?
今日あたりはもう散ってしまったかも。

さて、枯れ枝のスズメたちは逃げなかった。
話題に事欠かないのかピーチクと賑やかだった。
デジカメが向けられているのに気付かないらしい。

・・・・・・と思ったら
半分近くがサッと飛び去ってしまった。

う~残念!

でもスズメの花に見えない?
似て非なる・・・・・・やっぱり無理か。

18.2.20 散歩の梅  (4)
先日撮った梅。
18.2.27 披露山~葉山古墳群ハイク (59)
昨日撮った桜。
18.2.28 梅の木にスズメ (4)
今日撮ったスズメ。

にわか散歩じゃなァ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-02-09 Fri 21:18:10
  • その他
★でも、続くかなァ

僕の家の対面のご主人K氏は登山経験が豊富だ。
会えば山の話をする。
だいたい彼の若い頃の話を聞くのだが・・・・・・。

北海道の冬山へ一人で行ったり、ひとり懸垂下降の話、
熊との遭遇談など僕のレベルでは考えられないような体験話をしてくれる。

現役時代、オフィスがビルの40階だったときは階段を歩いたそうだ。
階段はとてもいいトレーニングだというのだ。

立ち話が多いが、
昨日はイオンの喫茶コーナーで話し込んだ。

      *

今日、団地の階段で会った時、
僕が先日の山行で脚が攣りそうになった話、
一昨日の幕岩、来週の上高地をキャンセルしたことを話した。

K氏××「それは運動不足なんじゃないの?
毎日ちゃんと散歩している?」

そー言えば、何かと理由をつけて散歩をさぼっている。
今年に入ってまだ6回しかしていない。
トレーニングルーム(公共施設)は現在改装中だし・・・・・・。

・・・・・・というわけで、僕はにわか散歩に出た。
でも、続くかなァ。

18.2.9 散歩・フクジュソウ (14)
フクジュソウ。
18.2.9 散歩・フクジュソウ (3)
ローバイ。いい匂いが・・・・・・。
18.2.9 散歩・フクジュソウ (12)
赤い枝の木は?
ネットで調べたらサンゴミズキだそうだ。

今与作。イオンのお助け火曜市。住む人たち・・・・・・マイペンライの人々 7

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-01-30 Tue 23:00:24
  • その他
18.1.30 現代の与作・イオン火曜日 (6)
高所の剪定。しばし見とれてしまった。

★「一日おきに飲んでみたら」

診療所へ定期的に飲んでいる逆流性食道炎の薬を貰いに行った。
もう10年近くかそれ以上続けている。

先生(医師)には自主的にやめてもいいとは言われているけれど、
一日でも飲まないと何となく胸やけ気分・・・・・・なのだ。

病気というより加齢からくるものなので、
やっぱり続けて飲むしかなないかなァ・・・・・・と思っていたら。

先生が「一日おきに飲んでみたら」。
これは素晴らしい提案だ。

じつは一日おきは以前、自主的にやって失敗している。
でも、改めて先生からの提案受け入れということで再度試みよう。

      *

診療所の前では大きな木の剪定が・・・・・・。
高所作業車と電ノコを駆使して今与作が一人で操作。
しばし見とれてしまった。

      ☆

18.1.30 現代の与作・イオン火曜日 (10)
プリント代、通常のL版一枚30円が税込みで20円に。

★お助け火曜市

毎週火曜日はスーパー・イオンの生鮮食品の安売り日。
火曜市と銘打って月に4ないしは5回ある市だ。

この日はホントに安い。
いや、いつもよりは安いという意味だ。
他店とは比べない。

さらに30日は5%引きが加わるのでかなりのお得感。
僕もすっかり火曜主婦(主夫)になっている。

      *

写真のプリントに行ったら、
こちらは通常のL版一枚30円が20円に。
さらに5%引きしてくれる。

でも、改装前(昨年改装)はL版一枚30円もしたかなァ。

      ☆

マイペンライの人々 7
07.3.22表紙撮影同行 043
★路地に住む人=2007年
両サイドのトタンで囲われた家は炭屋さんだ。
1mほどの炭を短く切って俵(袋)に詰めている。
家の中は炭まるけの真っ黒だ。
歩けば炭の粉が舞うほど。
対照的に色白の若奥さんが笑顔で
「写真撮って」
モチ、撮って後日届けた。
07.2.7新住民の人々 (16)
★新住民の人たち=2007年
新住民とは僕が勝手に言っていたこと。
下宿先から自転車で30分もいかないところに
バラックが建ち並ぶ一画があった。
聞けば外国から出稼ぎに来ている人たち。
バラックと言っても数十軒、いや百軒は超えるほどの大集落。
男衆は仕事に出て行っているから女性と小さな子供ばかりが目立つ。
井戸端会議中に分け入って写真を撮らせてもらった。
モチ、後日プリントして一人ひとりに配った。
08.5.25クローン4の魚採りの人々 (13)
★四つ手網を仕掛ける男たち=2008年
運河が幾本もある。
僕がよく自転車で回った運河(クローン)はNo2、3、4だ。
あちらこちらで四つ手網が仕掛けられていて、
ときたまその四つ手網を引き上げているを見ることがある。
網の大きさ割にはどれも小魚しかいなかったが・・・・・・。
その大きな四つ手網を大人数人で引き上げているとこに出くわした。
成果は?魚は入っていなかった。
どうも魚を獲るより集まって飲んで喋る方が目的みたいだった。
「お前も呑んで行け」と言われ飲ませてもらった。
07.3.22表紙撮影同行 100
★チャオプラヤー川の上で=2007年。
板の下はチャオプラヤー川である。
川べりにせり出した家の人々が地面ならぬすのこの上で仕事をしたりお喋りしたり。
板の下の川には大きなナマズがうようよ泳いでいる。
そんなところ。

※マイペンライの人々
2007~2009年、
タイのバンコクで生活を送った日々。
多くの人に会い、多くの人にお世話になった。
多分、数百人の笑顔に接したのではないかと思う。
それはマイペンライの笑顔。
忘れ得ぬ笑顔だ。

忘れ得ぬ笑顔・・・・・・マイペンライの人々。そそっかしい!。本「田辺聖子珠玉短編集」

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-01-24 Wed 22:02:30
  • その他
★そそっかしい

ゴロー××「新聞受けに昨日の新聞が入っているよ。
配達の人が間違えて昨日の新聞配っちゃったのかなァ」

今朝のことである。
妻××「・・・・・・・・・?」

ゴロー××「新聞屋さんに電話してみるね」

僕は早速電話をした。
ゴロー××「もしもし、あのー昨日の新聞が入っているんですけど・・・・・。
配達の人間違えたのかしら?」

      *

しばらくして新聞屋さんが来た。
新聞屋××「あの~、昨日の新聞は午後の2時頃に配ったもので・・・・、
新聞受けに今日の新聞も入っています」
と言って新聞受けから取り出した今朝の新聞を差し出した。

ゴロー××「あ~、そういうことか。僕が良く見なかったんだ。
ごめん、ごめん」

      *

妻××「・・・・・・どうせそんなことだろうと思っていたわ」

      ☆

18.1.24 イートイン (9)
モチ、これもホンワカ集。

★本「田辺聖子珠玉短編集」1 田辺聖子

ちょうど1ヵ月前に4を読んだ。
ホンワカした短編という感想を記したが、
モチ、これもホンワカ集。

解説を読むと出版社からの依頼で始めた連載(短編)のようだ。
芥川賞受賞作家がなぜという疑問に答えているみたい。

      ☆

★マイペンライの人々
08.11.26ペニンシュラのツリー点火式 (40)
ペニンシュラホテルの警備員=2008年。
チャオプラヤー川沿いの豪華ホテルで行われたクリスマスツリーの点火式へ行った。
ホテル専用の渡し舟を下りたところにいた警備員のおじさん。
デジカメを向けるサッと敬礼してくれた。

★マイペンライの笑顔……マイペンライの人々・1

今朝のさいたま市の気温はマイナス8度だという。
そんな寒さと無縁だったタイのバンコクで生活を送った日々。
(2007~2009年)

多くの人に会い、多くの人にお世話になった。
多分、数百人の笑顔に接したのではないかと思う。

それはマイペンライの笑顔。
忘れ得ぬ笑顔だ。

お年玉年は切手シートが2枚。救いの神あり"格安ニシン"

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-01-19 Fri 18:06:59
  • その他
スキャン_20180119
お年玉年賀はがきの当選は3等の切手シートが2枚。

★100枚の中から当たりは2枚

お年玉年賀はがきの当選は3等の切手シートが2枚。
100枚ほどに2枚は確率からみてもそんなものなのだろうか。

年賀はがきのお年玉はだんだん寂しくなっているような気がするが。
販売数が減っているので仕方がないか。

これまでの最高は5シート。
やはり100枚ほどの中からだった。

      ☆

CIMG7932_201801191741077aa.jpg
ダイコンは頂きもの、ニシンは3匹276円、ヤーコンは100円。

★救いの神あり

野菜が高い<`ヘ´>とボヤ(´-ω-`)いていたら、
畑をやっている民謡の先輩が大根を3本抜いてプレゼントしてくれた。

僕のボヤキが相当に深刻そうだった?・・・・・・のだろう。

      *

スーパーの魚売り場でニシンが3匹で276円。
しかもけっこうな大きさ。

僕はニシンの焼き魚が好きなのでモチ買った。
野菜は高くても救いの神あり。

写真の袋のイモはヤーコン。
農家直売で100円。
これは漬物にする。

流木から自衛隊まで・・・・・・こぼれショット⑬

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-12-26 Tue 19:42:31
  • その他
★こぼれショット13
1 17.11.26 ママチャリング (65)
その①=流木
荒川の河川敷に近い家の空き地に流木が積まれていた。
何かの資材として使っているようだった。
2 17.11.26 ママチャリング (166)
その②=神社の横側
八坂神社(上尾市平方)の横側に回ったとき癒しを感じた。
3 17.12.14 百蔵山 (81)
その③=川の淵
ここだけ淀みが深く岩肌に大河の趣が・・・・・・。
4 17.10.23 台風一過 (131)
その④=庚申塔
さいたま市指定有形民俗文化財の大倭神社の庚申塔。
5 17.10.11 大宮駅選挙カー (3)
その⑤=住宅開発
今年に入って僕の散歩コース範囲内で、
いったいいくつの森、竹林、畑が消えた(住宅地になった)だろうか。
6 17.9.21 ブログ用北浦和の骨董屋他 (9)
その⑥=蘭船デ・リーフデ号
丸ビルの横に立つ彫刻。
八重洲地名の元となったオランダ人ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンステイン
(徳川家康の顧問となる)が1600年に九州臼杵に漂着した時の船。
7 17.12.14 百蔵山 (91)
その⑦=門扉の松。
モチ、通りすがりの他所の家。形、手入れがいい。
8 17.4.4 潅頂院の枝垂れ桜 (217)
その⑧=木の根
"木の根はアート"で撮り溜めようと思ったが止めてしまった。
9 17.1026-11-4 トルコ (65)
その⑨=モスク
モスクの中はどうなっているのか?
実際に見たかったのもトルコ旅行をした理由のひとつ。
10 17.1026-11-4 トルコ (334)
その⑩=柘榴
今日、スーパーに並んでいた柘榴はひとつ198円。
トルコでは柘榴が安く美味しかった(ジュースも)。
バザーでひとつ60円だった。
11 17.11.11 散歩で秋を拾う (59)
その⑪=信号機
役目を終えた信号機。
近くでみると大きいことがわかる(散歩の途中で)。
12 17.11.24 誕生日プレゼント (32)
その⑫=ホンビナス
千葉県の特産品にしようとの案が浮上しているとか。
外来種なのだが成長が早い(身も大きい)。
大量に採れるのでアサリやハマグリの代替として注目されている。
僕も初めて買ってみた。酒蒸しで食べた。
13 17.12.26 自衛隊 (2)
その⑬=自衛隊大宮駐屯地
自衛隊の車両はモチ軍用なのだろうけど大きくてカッコウいい。
一度でいいから乗ってみたいというか運転してみたいけど・・・・・・・。

世界主要発明番付(昭和初期の刊行本より)

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-12-06 Wed 22:26:53
  • その他
★看護師××「さぁ・・・・・・・」

24時間心電図検査の器具を外しに病院へ行った。

ゴロー××「今日散歩に出たのですけど、
帰ってから不整脈が出ています」

看護師××「分かるんですか?」

ゴロー××「心臓がググッってなりますから分かります。
どうして不整脈って出るんですかね」

看護師××「さぁ・・・・・・・」

      ☆

スキャン_20171206
大関に懐中時計(東)と柱時計(西)。

★世界主要発明番付(昭和初期の刊行本より)

モチ、日本人は出ていないし、
登場する国は以下の7ヵ国だけだ。

ドイツ、アメリカ、フランス、スイス、スエーデン、イタリア、デンマーク。

エジソンが3つも出ているのはさすがだが、
前頭というのは当時の日本人の感覚なのだろう。

何しろ大関に懐中時計(東)と柱時計(西)、小結に自転車がランクされているし、
ミシンやマッチなども前頭上位に位置している。

スイカ紛失(落とす)。名残り秋3景

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-27 Mon 21:01:34
  • その他
★不思議だァ

スイカ(カード)を落と(紛失)してしまった。
丸ビル歯科の帰り、
東京駅からホーム内に入ったまでは持っていた。

それが、大宮駅で降りようと入れておいたはずのズボンの右ポケットにない、
・・・・・・・他のどのポケットも何度か探ったのだがやはりない。

不思議だァ。
初めてだァ。
まだ7000円弱残っている。

      *

大宮駅の改札で駅員さん申し出た。
カードに名前記入しているかとか登録しているかとか
聞かれたけれど・・・・・・・僕はしていなかった。

登録してあればすぐにストップかけてくれ、
残金をチャージして新カードを発行してくれるのだとか。
(但し、新しいカード分の500円が必要)。

★名残り秋3景
CIMG6800.jpg
①丸の内。
17.11.24 誕生日プレゼント (22)
②自宅近所の図書館の駐輪場。
17.11.26 ママチャリング (111)
③入間川の土手下。

花籠とセーターと朝鮮人参。本「細川ガラシャ夫人」三浦綾子

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-24 Fri 21:46:49
  • その他
17.11.24 誕生日プレゼント (13)
17.11.24 誕生日プレゼント (27)
今日は僕の誕生日。

★ありがとう!

花籠とセーターと朝鮮人参は僕への誕生日プレゼント。
花籠とポシェットは娘と嫁(次男の)から、
セーターと朝鮮人参は韓国の友人からだ。

ありがとう!

      *

フェイスブックからも沢山のお祝いメッセージが・・・・・・。
ありがとうございました。

      ☆

スキャン_20171124
細川護熙元総理大臣と家系図が繋がってる。

★本「細川ガラシャ夫人」三浦綾子

多くの資料からなるべく史実に近づくように書かれた?
そんな感想を受けながら読んだが・・・・。

平易な文章で分かりやすい。
細川護熙元総理大臣と家系図が繋がってるのだから・・・・・・
別な興味、不思議な思い。

あッ!トカゲ・・・・・・。親睦観劇会予約

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-17 Fri 21:27:52
  • その他
スキャン_20171117
昨年は僕の兄弟(姉妹)会で利用。好評に付き・・・・・・・。

★小江戸川越

民謡の会(筑静会)の秋の親睦観劇会の世話人を
何となく成り行きで引き受けることになった。

秋の旅行の人数が定数に満たず流れた変わりの観劇会だ。
観劇会ではあるが忘年会を兼ねている。

観劇、温泉、宴会(飲み放題)、カラオケ、宿泊のできる会場を確保(予約)。
場所は小江戸川越だ。

8人以上集まれば迎えにも来てくれる。

      *

観劇の席の指定席予約を申し込んだら、
いい席はすでに取られていた。

今月は人気の劇団で、
予約開始早々ファンが抑えてしまったらしい。

     *

17.11.17 トカゲ (10)
まったく気づかなかった腕のトカゲ。

★なれなれしいトカゲ君

観劇ほか予約の帰り、商店街の公園でお弁当を食べていたら、
あッ!トカゲ・・・・・・。

何と、腕にトカゲがいるではないか。
(まったく気づかなかった)

      *

このトカゲ君、とてもなれなれしい。
腕からなかなか動かない。

しばらくして腕を動かすと今度は太ももに移動。
またまた動かない。

そっと手に取って・・・・・、
やっぱり動かない。

草むらに放すまで十数分。
じっとしていたら何分動かずにいたろう?

「写真の基礎」受講

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-20 Fri 12:51:18
  • その他
17.10.20 おいらく写真講習 1020 (17)
山行中のデジカメ撮影時の知識には十分すぎるほどの内容だ。

★座学参加者は31人

おいらく山岳会の"写真の基礎を学ぶ"第2回目の講習会に参加した。
今回は座学(講)。

講師はその道のプロ光川十洋氏。
講習が開かれた場所は神田小川町のici club EARIHPLAZA(石井スポーツ) 。

      *

カメラは何でも良しのいたって初歩的な内容なので、
山行中のデジカメ撮影時の知識には十分すぎるほど。

なにしろ参加者31人の持つカメラはほとんど全部コンパクト・デジカメなのだ。
・・・・・・っていうか、会場で一眼レフは講師のもの以外は一台も見ていない。

それに、おいらくの山行中に一眼レフを持っていた人も僕は見たことがない。
僕もモチ、いつもの手持ちの安いコンパクトデジカメで参加。

      *

講習後、所用で青山に出た。
その帰りに何年振りかで表参道を歩く。

僕の知っている表参道とはすっかり変わってしまっていた。
かっての同潤会青山アパートが、
超高級ブランドの店が並ぶ表参道ヒルズになったのは2006年。

僕は初めてそのヒルズの中を見た。
通り抜けただけだが・・・・・・。

17.10.20 おいらく写真講習 1020 (10)
表参道ヒルズの中のスパイラルスロープの構造建築。
設計者は安藤忠雄。


Index of all entries

Home > その他 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top