FC2ブログ

Home > 意見・気付き・思いなど Archive

意見・気付き・思いなど Archive

変えるなら奥さんよりも・・・・・・5つのPOP考察。Youtube映画「噂の娘」「郷愁」「武蔵野夫人」

★歩行数3歩

スマホに表示された今日の歩行数は3歩。

午前中は寝て本を読んで、
午後はYoutube映画を見て絵筆を少々。

      *

★5つのPOP考察
1 19.10.22 竹澤君通夜、谷川岳修正、映画綴り方教室 (47)
その①=「変えるなら奥さんよりも壁の色」
思わず笑ってしまう。
営業内容(商売)が見て(一読で)分かる。
      *
2 19.11.9 映画・神々の深き欲望、男の意気 (41)
その②=おせち料理予約注文のPOP。
とてもよく出来ている。
立体的に見えてリアル感にあふれているけれど、
ケース以外はペラペラの紙の印刷。
手に触れて確認したほど。
      *
3 19.10.8 スケッチハイク木場公園・清澄庭園 (215)
その③=高架ホームの高さの看板。
駅名は両国駅。
国技館や江戸資料館が駅前だ。
付近にちゃんこ屋は数知れず。
外人も多く来る場所だ。
見ただけですぐに分かる看板。
      *
4 19.8.6.-8 立山三山 (196)
その④=山小屋のメニュー。
優雅にコーヒー。
まったりココア。
至福の豆乳チャイ。
もったりぜんざい。
      *
5 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (203)
その➄=八高線85周年ポスター。
いかにも素人っぽいポーズの取り方。
でも、プロだったらゴメンナサイ。
モデルたちはJR(八高線)の職員?
違っていたらゴメンナサイ。
八高線ж85線はダジャレ(かけている)?
山行に八高線を利用している僕としては
何となく嬉しいポスター。
※JR八高線は八王子駅と高崎駅を結ぶ線で
西武秩父線と東飯能駅で乗り換え可。

      ☆

★Youtube映画「噂の娘」「郷愁」「武蔵野夫人」
噂の娘
Youtube映画「噂の娘」=成瀬巳喜男監督 1935年。
噂話から始まって噂話で終わるその間の物語。
55分と短い映画のせいか、カットされたのか分からないが、
結末があいまいだけれどこの年のキネマ旬報8位。
      *
郷愁
Youtube映画「郷愁」=岩間鶴夫監督 1952年。
原作は吉屋信子の「幻なりき」。
映画のタイトルは郷愁になっているけど、
愁の熟語に迷ったんじゃないかと思ってしまった。
愁傷、愁色、悲愁、憂愁、愁眉、愁訴、幽愁、旅愁・・・・・・どれも合っていそうな。
      *
武蔵野婦人
Youtube映画「武蔵野夫人」=溝口健二監督 1951年。
原作は大岡正平。
主役の田中絹代が最後に服毒自殺してしまう。
相方(夫役)が森雅之なのだけれど、
ちょっと女にだらしのないハサム男、
今ならイケメン役が巧いのだろうなァ。
浮雲でもそんな役だった。

どっこい、ながら族は死語ではないぞ!。畑の素朴。Youtube映画「女が階段を上る時」「弥次喜多道中」「猛獣使いの少女」「てんやわんや」「俺もお前も」

1 スキャン_20190908 (3)
現代<死語>ノートの一項目に「ながら族」があると・・・・・・。

★どれもこれも“ながら”

今朝の読売新聞コラム編集手帳の記事。
作家の小林信彦氏が現代<死語>ノートの一項目に「ながら族」があると・・・・・・。

      *

今、スマホながら族の時代、
死語どころかむしろ活性化しているのではないか。

僕だってYoutube映画ながら族と言える。
古い映画が見放題。

      *

一日5本も見ることがある。
ハマっているのである。

それが可能なのは“ながら見”だからだ。
つまりYoutube映画ながら族なのだ。

      *

僕の場合はキャンバスを前に・・・・・・、
ヤフーを開きながら・・・・・・、
山の支度をしながら・・・・・・、
その他、何かいろいろと用事をしながらYoutube映画を見る。

それでないと、集中してデスクに座って何本も見ていられるものじゃない。
そのうち、映画は飽きるだろうけど・・・・・・。

      *

散歩しながらはイヤホンを耳に民謡の練習をする。
テレビを見ながらブログを書く(打つ・入力する)。

食事をしながらテレビを見る、喋る・・・・・・。
どれもこれも“ながら”だ。

どっこい、ながら族は死語ではないぞ。

      ☆

1.3 19.9.8 散歩と映画チエミ・淡島ほか (32)
1.5 19.9.8 散歩と映画チエミ・淡島ほか (48)
下の写真は満開のニラの花。

★花壇でないから

散歩道の途中の畑に咲く花。
美しくデザインされた花壇でないから素朴なのか?
・・・・・・そう多分、畑に咲いているからだ。

      ☆

★Youtube映画「女が階段を上る時」「弥次喜多道中」「猛獣使いの少女」「てんやわんや」「俺もお前も」
3 10.9.7 女が階段を上がる時  映画4本 (68)
Youtube映画「女が階段を上る時」=成瀬巳喜男監督 1960年
銀座のママが苦悩をしながらプロ(のママ)に変貌していく様。
      *
4 弥次喜多道中
Youtube映画「弥次喜多道中」=斎藤寅次郎監督 1956年
市川雷蔵(弥次さん)がコメディに・・・・・・。
喜多さんは林成年。
花菱アチャコ、島倉千代子が出演していた。
      *
5 てんやわんや (2)
Youtube映画「猛獣使いの少女」=佐伯幸三監督 1952年
江利チエミの銀幕デビュー作品。
19歳の若尾文子が愛子役で出ているらしいが分からなかった。
6  てんやわんや (1)
Youtube映画「てんやわんや」=渋谷実監督 1950年
原作は獅子文六。
淡島千景の銀幕デビュー作品にしては結構シリアスな・・・・・・。
210.9.7 俺もお前も 
Youtube映画「俺もお前も」=成瀬巳喜男監督 1946年
エンタツ・アチャコのコンビの作品を始めて見た。
当時、この2人のコンビは相当な人気だっただろうことが分かる。

      ☆

※明日はハイク(スケッチ・谷川岳)のためブログは休みます。

TVで新海誠インタビューを見たら・・・・・・。Youtube映画「小島の春」

19.8.12 新開氏テレビ、映画小島の春 (14)
新海氏へのインタビューを見て(聞いて)いて思ったのは、
彼は過去、今、未来を見据えて質問に答えている(多分)ということだ。

★「君の名は」「天気の子」をきっと見る

NHKでやっていた新海誠(アニメーション作家・映画監督、小説家)のインタビューを見てたら、
たちまちファンになってしまった。

僕が新海氏へのインタビューを聞いていて思ったのは
彼が過去、今、未来を見据えているということだ。

アートばかりでなくあらゆる分野で
(思想的に)今世紀のリーダーになるに違いないと思えた。

      *

3年前に大ヒット、話題となった「君の名は」を僕は見ていない。
新作「天気の子」も見ていない。

両作品とも僕はきっと見る。
いつか見る。
インタビューを聞いていてそのように思ったのだ。

      ☆

19.8.12 新開氏テレビ、映画小島の春 (24)
(瀬戸内海の)小島の美しい風景と島の人々の生活が美しく描かれている。

★Youtube映画「小島の春」 豊田四郎監督 1940年

その年のキネマ旬報1位に選ばれた作品。
ハンセン病患者を療養所(施設)に入るよう勧める内容。

ネットの評には“らい病の誤った知識を描いている”との批判もあるが、
当時はまだ解明されていなかった病気であり、
しかも座敷牢のような部屋に押し込められていた患者もいたというではないか。

素直にその年のキネマ旬報1位であった映画として僕は見た。

あっ危ない!交差点で間一髪!。見たい乗りたいジープニー

★間一髪

毎日のように渡っている家の近くの交差点。
団地の建物から50mと離れていない。

先ほど8時過ぎ、その交差点から5、60m先にあるイオンへ買い物行った
信号が青に変わったので横断歩道を渡り始めた。

中ほどに差し掛かった時に前方から右折してくるバン。
停止するかと思っていたら、ぜんぜんノーブレーキ。

あっ危ない!
慌てて前に飛び除けた。

     *

よそ見をしていたのか?
僕が見えなかったのか?
間一髪だった。

振り向いて見れば通り過ぎる車の運転席にいた女性がわずかに頭を下げたような。
30代か。

      *

僕に気が付いて慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えなくて良かったかも。
そんなニュースが続いているからなァ。

      ☆

★交差点工事終了までの9カット

下の9枚の写真は上記、間一髪を味わった交差点。
4月から工事を始めてつい2、3日前に終わった。

2ヵ月もかかった工事は交差点の盛り土。
高さが違う4本の交差がこれまでは低い道路の位置。

その4つの道路の交差の高さを平行にしたのだ。
歩道、道路は片方ずつといった具合に順番にやっていったので
複雑な工事になり時間がかかったようだ。

定点撮影ではないが工事の進行を追った。

19.4.14 散歩ほか (36)
4月14日。
学研教室の前の段差の分を盛り土。
19.5.13 フキ、絵・シンガポールのモデル崔さん (35)
5月13日。
19.5.14 エナジー (2)
5月14日。
学研教室の対面(はまだ眼科)の歩道が完成。
19.5.23 日府展、浦和美術館 (38)
5月23日。
学研教室側の歩道完成。
19.6.5 あすなろ、無題ほか映画3本 (22)
6月5日。
はまだ眼科側の車道が完成。
19.6.7 交差点夜間工事 (3)
6月7日。
はまだ眼科側の歩道と車道が繋がる。
19.6.7 交差点夜間工事 (25)
6月7日。
車が止まっている角の部分がまだ終わっていない。
19.6.7 交差点夜間工事 (46)
6月8日。
最後の工事は夜間。
19.69 絵・御岳渓谷、本「水滸伝」19巻 (21)
6月9日。
ほぼ終了したと思われる交差点工事(車の運転席から)。

      ☆

19.6.12 ジープニー (22)
ジープニーは見ているだけでも楽しくなる。
15.7.9 アニラオ5日目 (490)
悪天候の日はジープニーで移動する(マニラ・アニラオにて)。

★お世話になることたびたび

NHKBSプレミアムでフィリピンのジープニーをやっていた。
番組タイトルは『“これぞジープニー人生”フィリピン番 国産車は走る』

このところ毎年フィリピン(マニラ)へ行っているので
ジープニーはなじみ深い。

街では乗ったことはないが、
スキューバのポイント移動の際にお世話になることたびたび。

な~るほどねェ。
ジープニーがどれほど人々に愛されているか、
日常の生活に役立っているかを改めて知った。

見たり乗ったりがいっそう楽しみになった。

研ぎ名人と灰汁抜き名人と物忘れ名人

19.5.19 研屋、ワラビ、交差点 (6)
通るたびにいつか行かねばと思っていた研屋さん。
簡素な看板が確かな腕と信頼性を思わせる。
19.5.19 研屋、ワラビ、交差点 (3)
店の中はさながら工場だった。
「機械が古いので・・・・」とご主人はいうが、
年季の入った職人さんにふさわしいように思えた。

★2代目

刃こぼれした包丁と
切れ味の悪くなった包丁を研ぎに出した。

      *

研屋さんは我が家から車でなら15分ほどのところ。
ずっと以前から“研ぎ”の看板には目を付けていたのだ。

今日は日曜の定休日であったらしいのだが、
2階で休んでいたのを無理やり呼び出してお願いした。

      *

聞けば、鈴木刃物製作所は研ぎ専門の店ではないとのこと。
マニア向けのナイフの制作が店(自分)の一番の仕事だと言う。

そんなわけで研ぎは本業の合間に行っているのだそうだ。
だが、腕の確かさは間違いない。

それは刃物界のブランド「正本」の仕事を請け負っていることから分かる。
正本の爪切りは鈴木刃物製なのだとか。
それも作り(下ろし)初めてから44年目にもなるそうだ。

      *

現在のご主人は2代目。
いかにも職人気質で、つい話に引き込まれて
30分近くも話し込んでしまった。

      ☆

19.5.19 研屋、ワラビ、交差点 (27)
深い緑色に灰汁抜きされたワラビの美しさ、旨さに言うことなし。

★やっぱり・・・・・・今年も同じだァ

こちらはワラビの灰汁抜き名人のはなし。

      *

近所の知り会いで新潟県の越後十日町出身の人(女性)がいる。
その女性のところへ(彼女の)実家から
毎年ワラビが送られてくる。

それを僕が少しばかり分けてもらう。
もう、10年くらい続いているのではないか。

      *

こんなに美しく碧(みどり)に仕上がったワラビは他に見なことがない
・・・・・・・と、僕は毎年同じことを書いて(言って)いるが、
やっぱり・・・・・・今年も同じだァ。


早速、夕食のおかずの一品に並べた。
深い緑色に灰汁抜きされたワラビの美しさ、旨さに言うことなし。

      ☆

今日の最後は物忘れ名人。
モチ、僕の事だ。

物忘れ・失敗談は枚挙にいとまないが、
今日の物忘れは・・・・・・。

午前中に灰汁抜きしたワラビを受け取りに行くと約束したのに、
僕はすっかり忘れてしまった。

午前中、研屋さんへ行ってしまったのだ。

     *

ついでにもう一つ。
8時半から地元さいたまテレビに知人が出ることになっていた。

僕は絶対に見るからと約束したのに、
夕方の8時半と勘違い・・・・・・見落としたァ。

      *

こんなことは日常茶飯事。

タイトルの語呂合わせで加えた“物忘れの名人”だが、
こうなると自分のことだと言うほかあるまい・・・・・・なのだ。

東京が知らない街になっていく・・・・・・お喋りタイム2件

19.5.7 五反田・御徒町  (3)
浜松町の駅から東側新橋方面を撮った。
急にここに立たされたら、きっとどこだか分からない。
19.5.7 五反田・御徒町  (12)
五反田駅はビルの間に隠れそう。
(駅の)ガードは高い位置に見上げていたような記憶なのだが・・・・・。
右端にわずかに見える高いビルが長年勤務していたG社。
19.5.7 五反田・御徒町  (17)
御徒町の変貌はきわめてゆっくり。
しかしアメ横に並ぶ店は大きく変わっている。

★何より健康とストレス解消に効く

東京へ出た。
昔の仕事仲間3人でお喋りを楽しむためだ。

      *

大宮から京浜東北線で浜松町へ。
そこで山手線に乗り換えて五反田で待ち合わせ。

      *

昼食をはさみながらたちまち3時間が過ぎた。
ランチの味も時間も忘れる。

お喋りはそれほど楽しい。
お喋りの中に笑いが加われば最高だ。

健康にいいと言われる青汁やら乳酸菌より
もっと健康にいい・・・・・・と僕は思うのだが。

      *

お喋り2件目は御徒町。
また山手線で移動。

先日会ったばかりなのに話はつきない。
気の合う友人とのお喋りなら最高だ。
テーブルの上のコーヒーがすっかり冷めている。

ストレス解消にアレしたりコレしたりより、
もっとストレス解消になる・・・・・・と僕は思うのだが。

      *

ところで、東京に出るたびに、
あるいは車窓から眺めるビル群でもいいのだが、
近ごろの街の変貌ぶりは戸惑うほど。

東京に30年住み、
埼玉に引っ越してからも定年まで通い続けた街なのに
どんどん知らない街になっていくような気がしてならない。

“ありがとう”言って言われて1日××回・・・・・。ありがとうの閉店2軒

★“ありがとう”の言葉のチカラ

『“ありがとう”言って言われて1日××回』の標語は
僕がサラリーマン時代に自分が自分のために思いついた。

その標語、
今でも失わないように心がけている。

現役時代(60歳まで)は1日10回、
その後は1日5回を目標にしてきた。

      *

妻がお茶を入れてくれたらありがとう・・・・・・
家の中での会話で何回言えているだろう。

近ごろはバスを降りる時も運転手さんに
ありがとうを言って下りることにしている。

別に数えているわけではないが
はたして毎日5回は言って言われているだろうか?

      *

例えば、今日はどうか。

朝一番で行ったのはレンタカーの予約。
会員入会手続からお世話になったお姉さんに少なくとも3回は言った。

次がイオンで買い物。
レジのお姉さんに言った。

そして整形外科と薬局、隣の郵便局。
受付、看護婦、薬局の人、郵便局の窓口、
それぞれ最低1回は言った。

      *

午後は民謡の稽古。
練習の最後に先生方のありがとうございます。

夕方、再びイオンへ買い物。
店員さんに買ったものを包んでもらいありがとうございます。

      *

では、ありがとうは言われたか?
今日は僕がお客の場合が多かったので整形外科関係以外は
みなありがとうを言う(言われた)。

それ以外は?
民謡の先生の三味線を持って運んであげて
先生からありがとうを言われた。

はたしてふだんはどうであろう?

      *

ところでなぜありがとうにこだわるのか。
言っても言われても心が和むからである。

ありがとうの言葉には感謝の心がある。

それが言われた相手を和ませるし、
言った自分も心が満たされる。

“ありがとう”の言葉のそんなチカラ、
『“ありがとう”言って言われて1日5回』をぜひ続けたい。

      ☆

19.4.22 閉店・ シダックスセブンイレブン (4)
シダックスは23年で幕を閉じた。
家から車で5分くらいのところ。
子供たちとも何度か行っている。
19.4.22 閉店・ シダックスセブンイレブン (13)
理容店になってしまったのはセブンイレブン。
こちらは30年以上になるのでは。
家から歩いて5分くらいで買い物が出来るいちばん近い店だった。

★ありがとうの閉店

どちらも、近ごろ閉店したことを知った。
どちらもお世話になった店だ。
ありがとう・・・・・なのだ。

テーピングの考察。本『水滸伝』⑫ 北方謙三

スキャン_20190227 (3)
裏面が写っているのがキネシオ。
ロールは今回僕が買った通常整骨院が使用しているもの。
キネシオは肌に接する面にウエーブがある。
これが筋繊維に微妙には働きかけをするらしい(整骨師説明)
整骨院には活躍中のスポーツ選手が来るので、
整骨院でも使い分けをしているかも・・・・・・。
19.3.2 法事正満寺 キネシオ (12)
購入した業務用キネシオ。

★百均~キネシオ

行きつけの整骨院へテーピングのテープを買いに行った。

一昨年、ハイキング中に脚が攣った。
昨年の2月の山行ではあわや攣りそうになった。

以来、山行日は前もって脚と足首にテーピングをする。

      *

テーピングのテープは薬局で売っているし、
廉価なものは百均で買える。

いろいろと使用してみたが、
メーカー品のキネシオがいちばん使い勝手がいい。

しかしキネシオは他のものより市販価格が少々高い。
僕は両足で一度に1m以上使用するので、
そう度々は使えなかった。

      *

キネシオは他よりも機能的に優れているとは整骨院の話。

整骨院で処方されたテープも今日僕が購入したテープもキネシオではないが、
頼めば業務用のものを取り寄せてくれると言うではないか。

モチ、お願い(注文)した。

      ☆

スキャン_20190227 (4)
この本は為政者にも庶民にも多大な影響を与えてきたのがあるまいか?

★本『水滸伝』⑫  北方謙三


まだ読んでいる最中だが、
水滸伝が言わんとする思想は共産主義に近い?


そんな気がしてネットで調べたら、
そんなことにも触れている論文があった。

      *

そう考えるとこの本は単にエンターテインメントとしてだけではなく
為政者にも庶民にも多大な影響を与えてきたのがあるまいか?

庶民といっても読むことのできた一部の人に限られていただろうだけど。

懐かしい濱納豆とネコヤナギ

19.2.27 TV浜納豆 ママチャリング (11)
浜納豆は納豆と言うより味噌に近い味。

★見た目にはウサギの糞

朝の報道番組で浜松の“濱納豆”が紹介されていた。
懐かしい(>_<)!

僕が小さい頃、父がよく浜松(故郷)のお土産に買ってきた。
見た目にはウサギの糞。

当時、我が家ではウサギを飼っていた。
学校へ持って行ってウサギの糞を食べるからとか言って、
同級生を驚かせたりした。

当時から東京の人にはあまり知られていなかったのでは。
店(乾物屋など)で売っているということもなかったし・・・・・・。

納豆と言うより味噌に近い味。
醤油と、味噌を混ぜたような味で
記憶に残っている範囲では美味しいというか独特の味。

後引き豆のように一度口にすると何粒か食べてしまう。
紹介されていたようにご飯に乗せてお湯をかけても食べた。

      *

僕も浜松に行った折に買って帰ったことがある。
浜松駅新幹線の待合室の売店で売っていたのだ。
見ただけで妻も子も口にしなかった。

数年前、懐かしさと気まぐれで買ってて帰ろうかと思ったが、
もう駅の売店にはなかった。

      *

ドライの濱納豆もあって、これは白い浜納豆だ。
こちらは酒のつまみかおやつ代わりなった。

      ☆

★こちらも何となく懐かしいネコヤナギ

所用で区役所に行った帰りに回り道。
2時間ほどのママチャリングを楽しんだ。

19.2.27 TV浜納豆 ママチャリング (27)
西大宮駅近くに最近オープンの大型スーパー・ヤオコー。
影響を受ける近隣のスーパーはいくつある?
19.2.27 TV浜納豆 ママチャリング (54)
“秋葉の森公園”のネコヤナギ。
最近ではあまり見られることはなくなったようだが、
子供の頃はあちらこちらで見られた記憶が・・・・・・懐かしい。
見あげるような大きいネコヤナギは初めてだ。
19.2.27 TV浜納豆 ママチャリング (78)
落葉樹ばかりの樹林の中で緑鮮やかな竹。
ビオトープを目指す“秋葉の森公園”。
ここも竹林の侵略が目覚ましい?
19.2.27 TV浜納豆 ママチャリング (83)
“妙玖寺”は江戸時代の領主の墓のある名刹。
無断立ち入りの禁止の立て看板にはちょっとガックリ。
悪さをした無断侵入者でもいたのか?

ひとり暮らしはあこがれか・・・・・・

★機会があったらまた?

『あこがれのひとり暮らし。夢に描いた暮らし・・・・・・・・』
これは今日、目にしたイオンの台所用品売り場のポップ広告。

僕もひとり暮らしの経験があるのでつい思い出してしまった。

      *

僕はひとり暮らしにあこがれはしなかったし、
夢に描いた覚えもない。

ただ、成り行きでそうなってしまった期間が
人生の後半になって4度あった。

最初は転勤で北海道の札幌で10ヵ月弱。
2度目は札幌から仙台へ移っておよそ1年半。

3度目が定年後にタイのバンコクで働いた2年半。
そして4度目が3年(実質1年半)のラオスのビエンチャンでの生活。
これは絵の教室をボランティアで行ったもの。

      *

札幌のひとり暮らしは3LDKのマンション。
ひとりには贅沢過ぎるスペースだが、
家具から夜具まですべて前任者のものを引き継いだもの。

仙台は新築のマンション入居で2LDK。
これでも広く贅沢だし、ガスは使用せずオール電化だった。

バンコクでは勤めていた会社の社長の家の一室を間借りしていた。
ビエンチャンでは家賃が月4000円(当時のレート)の安アパート。

の都合6年半弱のひとり暮らしを経験した。

      *

では、はたしてひとり暮らしはあこがれるほどのものだったか?

ズバリ、僕の場合は結果を見ればだが、
あこがれてもいいと思えるほどのものだった。

終わってしまえばいい思い出ばかりが残っているので、
そう思うのかもしれないが、
機会があったらまたどこかでひとり暮らしがしてみたい。

ただ、健康と経済的な条件が揃い、
日常のさまざまなしがらみが断ち切れればの話だ。

IMG_3808.jpg
イオンの台所用品売り場のポップ広告。
12.2.16 管理人の新築の家内部3 (1)
ビエンチャン(ラオス)では家賃が月4000円の安アパート住まい。
隠家に住むようでそれなりに面白かったし、隣人とも交流が持てた。
34 07.5.26.27建物、高速からの雲、部屋、家 011
バンコクの住まいは勤めていた会社の社長の新居。
ベッドも新品。汚してはいけないので絵を描くときはビニールシート覆った。
スキャン_
10ヶ月弱の北海道は短かったけれど充実の日々。
温泉、歩くスキー、ジョギング(マラソン)、ハイキング、そしてバス旅行・・・・・・。
写真は道の駅に現れたキタキツネ。
スキャン_20190214 (2)
仙台でも温泉、歩くスキー、ジョギング(マラソン)、
ハイキング、そしてバス旅行・・・・・・を欠かさず。
写真は何度か渡った浦戸諸島への定期船から撮ったノリの養殖場。

プレゼントは優れマッサージ器

19.2.5 宮ちゃんからのマッサージ器 (3)
優れもの“ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ AXーHCC188 ”

★とてもGoo (^^♪

足慣らしの一人ハイクに出かけようと
ザックを背負い玄関を出たところで止めた。

どうも体調がイマイチ。
風邪でも引いてはイケない。

同じ様なことは2度目になる。
・・・・・・ということで、今日の午前中は寝ていた。

      *

妻の誕生日の娘からのプレゼント。
ちょっと長ったらしいが
“ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ”
簡単に言えばマッサージ器だ。

これがとてもGoo (^^♪

      *

我が家にもマッサージチェアがある。
もう30年近くも前に買ったもので
当時で250000円位したはずだ。

20年ほど前には北海道、仙台転勤時にも持って行った。
壊れずによく持ったものだ。

それが2年ほど前に駆動用ベルトが効かなくなって動かなくなった。

ベルト交換は15年目くらいに一度しているのだが、
医療用器具なので購入した電気屋さんでは交換できないとか。

専門の技術者が来て交換料が2万円ほどかかった。
そんなわけで今はもっぱらただのリクライニングチェアとして
読書・昼寝用として愛用している。
※これがすこぶるいい。

      *

マッサージチェアは場所を取るのが少々欠点かもしれない。
今のところに越す前は机の隣に置いていた。

マンション住まいの今は寝室のベットの前だ。
妻からはいつも邪魔扱い。
狭い家には適さないかもしれない。

      *

“ルルド プレミアム マッサージクッション ダブルもみ”
を使ってみてGooなのは居間のソファでテレビを見ながら使えること。

軽いし操作も簡単。
腰から頭、肩、脚・・・・・・どこでも患部に当ててスイッチを入れればいいだけ。

700万台も販売したと通販ネットにあったがこれは別な機種も含んでのことか。
とにかく優れものであることはたしか。

こうなると妻へのプレゼントだけれど・・・・・使うのはもっぱら僕か・・・・・なァ。

何でも『・・・・・・みたいな』の一日。本「水滸伝」⑦ 北方謙三

★ナベツネさんもYoutubeで感動新た

家にいるとただ時間が経って終わってしまう・・・・・・みたいな。
キャンバスに向かう時間の数倍はYoutubeの鑑賞のほうが多い。

Youtubeは何でも有りで面白い。
お陰で本を読む時間もめっきり減ったし、
散歩に行くのも億劫・・・・・・みたいな。

そのYoutubeではここ2、3日フォークソングにハマっている。
松山千春、井上陽水、南こうせつ、吉田拓郎、泉谷しげる・・・・・・・。

曲は聞いたことがあっても名前の知らない歌手もいるし、
長渕剛などあまり好きな歌い手じゃなかったけれど、
“乾杯”など(彼のデビュー当時を)改めて聞く(見る)といい曲だなァ。

フォーク歌手も10歳前後くらいの幅はあっても年代的に僕らと変わらぬ世代。
たまにテレビで歌っているのをみるとウ~ン・・・・・・みたいな。

その点、Youtubeではデビュー当時というかは若いときの歌(コンサートなど)が公開されている。
数十年前の顔は当然、若いし声にも張りとか伸びがある、
・・・・・・と僕みたいな素人が言っちゃイケないのかもしれないけれど。

ということで、この2、3日、
Youtubeで感動新たに新鮮な思いでフォークソングを鑑賞している・・・・・・みたいな。

      *

松山千春の何という曲だった思い出せないのだが、
感想ツイッターの中に読売のドンさん渡邉恒雄氏があった。

内容は松山千春という歌手はこれほど素晴らしいのか、
恥ずかしながらこの歳になって初めて知った・・・・・・・みたいな。

そんな投稿だった。
日付だけは2ヵ月前というのを覚えている。
モチ、渡邉氏の顔写真入りの投稿だ。

何だか、急にナベツネさんがいい人に思えてきた・・・・・・みたいな。

      *

少し早いけれど、
今年の忘年会はフォークソングでいくかなァ・・・・・・・みたいな。
ちなみに昨年はド演歌。

      ☆

スキャン_20190122
内容が混乱しないのは翻訳のうまさ、巧みさによるものか?

★本「水滸伝」⑦ 北方謙三

次々と新たなストーリーが展開。

しかもだんだん複雑になっていくのに、
読んでいて混乱しないのは
繰り返したり、内容を整理しながら進んでいるからか?

原書がそうなのか、翻訳のうまさ巧みさによるものか。
8巻を注文しているのだが待ち遠しい~~。

納得の8000歩と自転車保険のポスター。木瓜(ボケ)

18.12.10 公民館の貼り紙 (18)
古希を過ぎたら8000歩は大変だと思うけど・・・・・・。
18.12.10 公民館の貼り紙 (21)
ポスターの小さな文字県民生活防犯・交通安全課に電話して初めて分かった。

★ ➀平均年齢が上がったから?
 ➁もっとPRを!

民謡の稽古に行った公民館の掲示板の2枚のポスター
“目指せ8000歩”と“自転車保険”に注目した。

➀目指せ8000歩を見て・・・・・・。
万歩クラブが出来た53年前は目指せ10000万歩だった。
今は8000歩。

この違いは平均年齢が上がったからではないかなァ。
この53年間に平均寿命が13年前後伸び(ネット調べ)ている。

      *

じっさい1万歩を歩くのにどれくらいの時間を要するだろう。
人や年齢によって違うだろうが、
僕の場合は2時間以上かかる。

8000歩だって毎日となったらきっと大変だろうと思う。
目指せ8000歩はとりあえず納得するけど、
あと数年したら目指せ6000いや5000になるかもね。

因みに僕の今日の歩数は3365歩。
散歩をしない日はこんなものだ。

      *

➁“自転車保険”を見て・・・・・。

先日、ドコモの自転車保険を問い合わせたら年齢制限があって70歳までだった。
多分、他の保険会社も似たようなものかとそのままにしていた。

埼玉県は義務化されているので気にはしていたところ、
このポスターを見たので早速、電話で問い合わせをした。

その結果、
全日本交通安全協会が取り扱っている自転車保険なら大丈夫とのこと。

ネットで加入も可、しかも対人、対物だけなら年1000円ちょいの保険料だ。
因みにドコモは間違えなければ年間3000円だった。

全日本交通安全協会はもっとPRをせねば・・・・・・だ。

      ☆

★木瓜(ボケ)
18.12.10 公民館の貼り紙 (4)
透明感のある花びらが美しかった。
通りすがりの畑で・・・・・・。

サボテン100円、多肉植物150円、結束バンド1100円の購入理由

★どうせ捨てちゃうんだから

イオンの前で鉢植の即売会。
あまりにも安いのでつい買った。

花の咲くサボテンと
多肉(葉肉)植物の鉢をそれぞれひとつずつ。

高さ10センチのサボテンと、
幅が10センチは超える多肉植物は
それぞれ小さい鉢からはみ出すほどだ。

サボテンが100円、
多肉植物が150円。

ゴロー××「育てるの面倒じゃありません?」
販売おじさん××「簡単だよ、ほっときゃいいんだから。
水だって半年に一回あげればいいしさ」

ゴロー××「どうしてこんなに安いの?」
販売おじさん××「わしら趣味で作っているんだけど
増えすぎちゃってさ、どうせ捨てちゃうんだから・・・・・・。
それなら欲しい人に分けようかということになったわけ」

その他の鉢植えも200~500円程度。
盆栽も高いもので2000円だった(盆栽は写っていない)。

18.11.4 カインズホーム他 (9)
菊から山野草までさんざまな園芸趣味の人たちが出展(販売)。
18.11.4 カインズホーム他 (11)
町内の盆栽の会の人たちの一日だけの展示即売会。

      ☆


★靴底の剥がれの応急処置

カインズホームへ行って買ったのは結束バンド、
荷物や細長い物を束ねるものから
梱包、ネットの修理など用途が広く、
使用目的・長さなど多種で売り場スペースも広い。

僕の購入利用は
登山靴の緊急修理(処置)用だ。

      *

登山靴の靴底が突然に剥がれることがある。
しかも山行中にだ。

僕も一度経験があるが、
先日、おいらく山岳会の山行中に剥がれてしまった人がいた。

しかも、登山口からすぐにだ。
モチ、本人は周りの手助けを得て応急処置をほどこした。

      *

最初は針金と紐で結んだが、
すぐに緩んでしまい再び処置。

今度は結束バンドを持っている人がいて処置を済ませた。
結束バンドは取り付け操作も簡単だ。

何よりその威力がスゴイ。
彼はその後の4時間の山道山行を
結束バンドのままの登山靴で難なくこなしたのだ。

      *

と言うことで、僕も応急用に持つことにした。
軽いし2本持てばいざの時に何とかなるだろう。
まさか、左右両方とも同時に靴底が剥がれるということはあるまい。

      *

じつは、カインズホームへ行く前に
わざわざ行きつけの某大手スポーツショップに行ったのだ。

ゴロー××「山行中に登山靴の底が剥がれてしまったときの
応急処置用の結束バンドはありますか?」
と聞くと、その店員の返事が・・・・・・。

店員××「そんなもの置いてません。
100円ショップで買えるようなものはうちの店には置いていないんです。
業者とも取引しておりませんし・・・・・・」

ずい分だなァ・・・・・・と思ったのだが、
同じ物を買いに来る人が何人もいて、
同じ様に聞かれてイライラしているのだろう、きっとそうなんだ
・・・・・・・と僕はそのように店員さんの返事を理解した。

     *

シューズの底の剥がれは
山行中だったら重大事故に繋がりかねないだろう。

利益や売り上げも大切だろうけど、
山の専門店ならもう少し緊急対応(商品)のことを考えてもいいんじゃないか。

大切な道具なら100円じゃなくてもいいのだから
・・・・・・と思った。

スキャン_20181104 (2)
長さ30㎝の結束バンド。50本、1100円。
18.11.4 カインズホーム他 (4)
写真は屋上駐車場からみた園芸売り場。
ハウスの中も園芸用品関連ばかり。
最近のカインズホーム(大宮店)は食料品まで並ぶ。

衝撃!!黄色いクモの糸

★この時期だけらしいが・・・・・・

黄色いクモの糸発見!
始めて見た黄色いクモの糸に衝撃だァ!

      *

そこでネットで調べてみたら、
それほど珍しいわけでもないらしい。

この時期、黄色の糸を出すジョロウグモがいるそうなのだ。
クモの糸は透明と思い込んでいた僕には衝撃の出会いであった。

はっきりした理由は分からないらしいが、
「酸化による化学構造の変化によるもの」
というのがひとつ挙げられていた。

それでも(今日は)いくつものジョロウグモの巣を見たが、
はっきりと黄色と分かったのはこれだけ。

      *

数年前、と言っても4、5年前だがジョロウグモが大発生した。

その年を盛りにだんだん減ってきてはいるが、
僕のママチャリングコースにある秋葉の森公園は
まだまだあちこちジョロウグモだらけ。

その中で発見した黄色クモの糸だ。

      *

秋葉の森公園はビオトープを保っており、
農薬や消毒はほとんどされていないと思われる。
ジョロウグモ集団が保たれているのはそのせい?

平日の園内は人の姿はほとんど見かけず静か。
ベンチに腰掛け、横になり1時間ほどボーッとしていた。

18.10.9 散歩・ママチャリング (77)
空中のあちらこちらにジョロウグモ。
18.10.9 散歩・ママチャリング (80)
黄色のクモの糸。
太くて粘りが強く丈夫なのだそうだが・・・・・。
18.10.9 散歩・ママチャリング (86)
ネットの巣から張った黄色の糸は最も長い。
家なら通し柱の役割か?
18.10.9 散歩・ママチャリング (92)
巣の周囲も丈夫な黄色の糸で作られているような。
心なしか巣全体も黄色がかって見える。
18.10.9 散歩・ママチャリング (53)
ベンチで横になってしばらく空を見上げていた。
たくさんの赤とんぼが見える。
何分か置きに鳥が空を横切る。
見上げている木の枝は桜だが、
今年は紅葉せずに枯れ散ってしまったようだ。
ベンチの下の草地一帯には何十という(小さな灰色の)蝶が飛び回っている。

『むかしの馬宮』が届いた。額縁屋さん夫婦の笑顔・・・・・・マイペンライの人々

スキャン_20180918 (3)
平成14年、『むかしの馬宮』は県知事から表彰(文化ともしび賞)されている。

★一気読み

『むかしの馬宮』は地元馬宮郷土史同好会が年に1度発行する小冊子だ。
自分たちが住む場所の郷土史を調べ研究しようとするグループ。

かって数年間、僕も会に所属していた。
数年前、個人的事情で止めてしまったが、
拓本採りの要員として名前だけは登録されている(と思う)。

      *

数日前に会から届いた最新号を今日読んだ。
面白くて一気読みだ。

この手の小冊子が面白く読めたのは
僕にとっては珍しいこと。

僕が退会してからだが会長が交代した。
今の会長は古文書の専門家、
会員も会長を含めずっと若返っている。

そんなことも面白くなった理由のひとつかも。

      ☆

08.5.26額縁屋夫婦 (1)
額縁屋さんは夫婦で店(商売)をきりもみ。
珍しい組み立て式の額縁に真剣に取り組んでくれた。
無事注文が終了。
そこでご夫婦の写真を撮らせてとお願いした。
すると、それまで怖そうな顔、いかにも職人気質、仕事一筋みたいなご主人が、
相好を崩して奥さんの肩をやさしく抱いたのだ。
CIMG4701.jpg
額縁は2つ注文。
2枚描いた絵のうちの1枚が毎朝の通勤に使ったバス停前の運河の絵 ↑。

★探し当てた額縁屋・・・・・・マイペンライの人々(2008年)

※タイのバンコクで生活を送った日々(2007~2009年)。
多くの人に会い、多くの人にお世話になった。
多分、数百人の笑顔に接したのではないかと思う。
それはマイペンライの笑顔。
忘れ得ぬ笑顔だ。

      *

在タイ中に描いた絵を日本に持って行くにあたって、
額縁をどうするかで迷った。

というのは、キャンバスのサイズが日本と異なるので、
絵だけ持って行っても額縁は特注しなくてはならない。

多分、それは大変に高い物になるのではと思ってしまった。
※当時、日本の画材屋には簡易額があることは知らなかった。

こちらで額にはめてから飛行機で送るとなると
サイズオーバー、破損などなど心配。
だいいち梱包が面倒だ。

そこで考えた末にたどりついたのが
組立て式の額を作ってもらい、
絵と額と別梱包で搭乗すればいいんじゃないかという案。

そのためには額縁屋を探さなくては。

言葉の分からない僕は組み立て式額のことについて
額縁屋さんにどう伝えるか(注文するか)?・・・・・・・などなど試行錯誤。

思いついてから数日後、
ついに僕は額縁屋さんを見つけることが出来た。

そして手振りとあらかじめタイ語でメモっておいた単語の羅列で
何とか事なきを得たのだった。

もしや、蜩の森が消える?。ムエタイの2人・・・・・・再開“マイペンライの人々”

18.9.5 強風一過・ピノキオ (87)
ピンクのテープは何のため?

★南側はいま新築工事中。

蜩(ひぐらし)の森が消える?

我が家(団地)の建物から歩いて5分ほど、
付近でもっとも樹木の繁る森(林)。

季節にはたくさんの蜩が鳴く。
森の中心はお墓(多分古くからの農家・地主)で鬱蒼として暗い。

      *

この森の南側の空き地はいま新築工事中。
10軒ほどの家がもうじき完成、販売(おそらく)される。

東側(写真)の栗の林が整地され、
さらに森の木々にピンクのテープが巻かれている。

これは何のため。
もしや、蜩の森が切られる。
もしや、蜩の森が消える?

    ☆

★ムエタイの2人・・・・・・再開“マイペンライの人々”

※マイペンライの人々
2007~2009年、
タイのバンコクで生活を送った日々。
多くの人に会い、多くの人にお世話になった。
多分、数百人の笑顔に接したのではないかと思う。
それはマイペンライの笑顔。
忘れ得ぬ笑顔だ。

07.12.23サイクリング (3)
タイはムエタイが盛んだ。
路地を散歩中に天井からサンドバッグがぶら下がっていたの見たこともある。
この写真の2人の場合は(僕には)指導者と生徒に見えた。
僕がカメラを向けるまでは若いのが真剣にバッグを打ち、
もうひとりが指導していた。
カメラを向けると練習を止めて2人でポーズ。
そして、外に出てきて僕にグローブを渡そうとするのだ。
練習して行かないかみたいな・・・・・・・。
モチ僕は遠慮した(断った)。

竹林のおじさん・・・・・・強風の翌朝の散歩

★畑で燃やしたらパトカーが来た

強風の翌朝の散歩。

竹林で竹を切っているおじさんに会った。
ゴロー××「こんにちわ。
もしかして竹林の持ち主(地主)さんですか」

竹おじさん××「そう。昨日の風でね、竹が8本倒れてね、
いま短く切っているんだよ。切らないと役所で引き取ってもらえないんだ」。

      *

散歩を中断、竹おじさんとの話は30分にも及んだ。
話の中身を要約すれば ↓

①付近で竹林が激減。
②竹林の維持の苦労。毎年間伐、下草刈り・・・・・。

③先日の落雷で倒れた竹林の中の大木の処理について。
④昔は薪を得るために雑木を植えた(ドングリから)ものだ。
大切な燃料で落ち葉とともに近所に配ったものだ。

⑤タケノコの話。
細いタケノコ太いタケノコの作り方。
今は掘る人も食べる人もいなくて・・・・・・。
この3年ほど知り合いの介護施設から掘りにくるのだが、
掘れる人(体力)は1人くらい。

⑥切った竹は今は短くしなくては役所に持っていけない。
長さも決まっている。枝は1m、竹は50cm。

⑦以前は早朝、隣の畑(自分の土地)で燃やした。
何年か前にパトカーが来て燃やしていけないと注意された。
それ以来自分で切って役所(処理場)へ持って行く。

⑧竹林内になる神社と稲荷の話・・・・・・・・・・。

      *

僕はタケノコが好きなので来年はぜひ掘らせて欲しいとお願いした。

1 18.9.5 強風一過・ピノキオ (38)
「先祖から受け継いだ竹林なので簡単にはやめられない」と竹おじさん。
2 18.9.5 強風一過・ピノキオ (35)
「話している足下に3匹のスズメバチが・・・・・」。
足元の木の幹の穴にスズメバチは入って行った。
3 18.9.5 強風一過・ピノキオ (47)
「道路に流れた土も除かなければ・・・・」・と竹おじさん。
正面の森が竹林。
      *
4 18.9.5 強風一過・ピノキオ (62)
トンボが乱舞していたふだんは水のない遊水池。
写真の中に10匹くらいトンボが映っているのだが・・・・・・見えない(分からない)。
5 18.9.5 強風一過・ピノキオ (70)
水たまりの散歩道。
6 18.9.5 強風一過・ピノキオ (74)
雨上がりに鮮やかなケイトウ。
      *
7 18.9.5 強風一過・ピノキオ (5)
強風の翌朝の我が家のベランダ。

      ☆

★「古本夜話」・・・・・・・・昨日の続き

出久根氏は読売新聞朝刊の“人生案内”の回答者の一人だ。
100年以上続く人気記事で
回答者は他に野村総一郎、久田恵、最相葉月、藤原正彦、増田明美氏らがいる(2018年)。

僕も他のニュース記事はざっと見るだけだが、
人生案内は質問によってはじっくりと読む。

名回答は面白いショート(短編)小説を読むのと同じくらい。

      *

社会人になる前は実家の深川にいたのだが、
家の近くに本屋が1軒、古本屋(古書店)が2軒、
貸本屋が1軒、図書館が比較的大きな深川図書館がひとつという環境だった。

小学から中学校に行く頃までは貸本屋の常連。
借りる本は漫画(白土三平ら)、探偵小説(江戸川乱歩ら)、
そして空想科学小説へと移っていった。

中学校には図書館があってもっぱらシャーロック・ホームズだった。

      *

高校生になってから古本屋へ行くようになった。
新刊書を売っている普通の本屋さんに行くよりは
ずっと多く通ったと思う。

古書店で本棚を眺め、
読みたい本を見つけるのが楽しいのだ。

誰かが興味を持って買って読んだ本はどんな?
じゃァ、僕も読んでみようとか
・・・・・・と、そんな興味から買って読む。

初めから買いたい目的で行く新刊本屋さんはそこが違うのだ。

      *

今は図書館が充実しているので、
図書館での本選びも楽しみのひとつ。

図書館も新刊書店も
蔵書が多いところなら2時間ぐらい平気で書棚を眺めていられる。

      *

ラオスに住んだ時、
近くの図書館に日本コーナーがあった。
日本大使館の中にも日本の本が並べられていた。

日本人がラオスを去るときに置いて行った(寄贈)もの。
どちらも2000冊前後だったのではなかろうか。

限られた中で読む本を探すのはまた別な楽しさがあった。
いったいこんな本をだれが読むのか・・・・・・と思いつつ読む。

日本にいたら絶対に選ばない(読まない)だろうと思われる本も読まざるを得ない。
ところがそれが意外と面白かったり・・・・・・。

中には50年以上も前の文庫本が並んでいた。
もっとも、新しい本はなくいちばん最新でも7、8前だったりしたが・・・・・。

      *

「古本夜話」を読んで昔(~し)のことを思い出してしまったが、
我が本の大量処分、ブックオフでの売買の話などはいづれの折に・・・・・・。

「よろしかったらラインをしませんか」。金属人形・・・・・・癒しの風景

スキャン_20180810 (2)
フェイスブックの不思議な友達リクエストとメッセージ削除。

★もしかして?

ファイスブックに友達リクエストがきた。
若い女性だ。
お化粧もアイメイクバッチリで今風。

      *

僕の友達は現在295人。
知っている人と知らない人と半々くらいか。

友達数としては多い方ではない。
まァ、普通だろう。多い人は5000人近い人もいる。
(少ない人では8人というのも)

もう、これ以上増やすつもりはないので、
300人までのあと5人は慎重にリクエストに応じようと、
あるいは自分からリクエストする場合でも知己に限ろうと決めていた。

それが何気にその女性のリクエストに応じてしまった。

      *

すると翌日、馬鹿丁寧なお礼メッセージが届いた。

携帯のラインと違ってファイスブックでは
友達リクエストに応じたからと言って
このようなお礼メッセージが来ることはない。

僕も初めてのことなので、
「よろしくお願いいたします」とだけ返事を送った。

するとまた彼女からのメッセージが来た。
「よろしかったらラインをしませんか」

      *

これは何なのだ?
もしかして?

もちろん僕はラインを繋げる気はない。
返事もせずそのまま置いた。

      *

翌日、僕は友達(関係)を削除すかべきかどうかを考えながらファイスブックを開いた。
するとすでに彼女との友達(関係)は削除されていた。

どういう理由からは分からない。
彼女が僕より急いで(早く)削除したことに間違いはない。

      ☆

★金属人形・・・・・・癒しの風景
18.8.3 炎天下のママチャリング (18)
散歩の途中、ブロック塀の上に並ぶのは金属の人形。
廃品(金属くず)で作ったオリジナル人形。
工夫と技術に拍手!

那須はキャンセル、立山新規購入・・・・・・タダはいつだっていい

18_.8.7 みどりの窓口 阿刀田高 (10)
行ったのが昼休み時で窓口が7つのうち2つが・・・・・・・おそれいります、

★タダはいつだっていい

明日行く予定だったハイキング、
那須岳(茶臼・朝日岳)中止の連絡は先週3日に早々と受けていた。

今日、予約購入しておいたJRのチケットをキャンセルしに行った。
同時に来月5~7日の日程で行く立山三山のチケットを買う。

キャンセルと予約を同時に行えば返金手数料がタダになる。
タダはいつだっていい。

それに、緑の窓口の担当者は親切で礼儀正しい。
それはいつ行ってもそうだから
きっと社員教育がしっかりしているのだと思う。

      *

立山三山は長野駅からバスで室堂まで行き、
帰りはJR篠ノ井線の信濃大町駅に出る。

大人の休日利用で行くのだが、
最も安い切符の買い方を選んでくれた。

というのも大宮から長野までは200㎞ないので、
行きは割引が効かなくなってしまう。

窓口のお兄さんは違ったコース取りをしてくれて、
往復ともに3割引きのチケット(切符)にしてくれた。

      *

だから、緑の窓口が(混んで)行列になっていたとしても
ちっとも苦にならないのだ。

Index of all entries

Home > 意見・気付き・思いなど Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top