FC2ブログ

Home > 今日のこと Archive

今日のこと Archive

撮ったはずなのに・・・・・・デジカメの珍事?。映画「二十四の瞳」

★と言っても・・・・・・

勤務時代の気の置けない同僚(と言っても先輩で僕が一番年下)6人で
すっかり恒例になった新橋での飲み会。

と言っても飲み会というほどは飲んでないし食べてもいない。
なにしろ2時間お喋りに興じて6人合計で9200円の勘定。

午後1時に暖簾を出すとすぐに満席。
安くてつまみもまずまずで人気なのだ。

      *

カラオケに移動して2.5時間。
唄いまくり・・・・・・・と言っても、
1人3、4曲も唄えばもう声もかすれてクタクタ。

      *

ところで僕は大失敗。
撮った写真が一枚も写っていない。

デジカメ持って以来、初めての珍事?
と言う分けで今日はレポート写真がありません。

      ☆

20.1.18 映画二十四の瞳 (16)
戦争場面のない反戦映画と主演の高峰秀子が著書で述べていた。

★映画「二十四の瞳」木下恵介監督1954年

どこのシーンも美しく郷愁を誘う。
何度見ても涙なく見ることができない。

日本の歴代映画作品の中でも出色の出来で、
今でもファンは多いと思われる・・・・・・僕もだけど。


氷川神社参道とレトロな飛行機と動物たち・・・・・・今日も初参り。本「高峰秀子の流儀」斎藤明美。Youtube映画「麦秋」

★いつ見ても惚れ惚れする

今日も初詣に行くことになった。
同行は妻と2人の孫(5歳と8歳の男)。

嫁が娘(長女)と買い物に行くので預かることになったのだ。

      *

昨日の成田山も今日5日の大宮氷川神社も予想外の人出にビックリ。
天気が良かったせいもあるし、土・日曜日だということなのか知れない。

氷川神社へ子連れ・孫連れで行ったら大宮公園の遊園地と小動物園は外せない。
どちらも入場無料。

孫たちばかりでない
じつは僕も楽しむ。

70年前に作られたと言うレトロな飛行塔。
いつ見ても惚れ惚れする。

さいたまに越してきて40年以上、
その間、子供や孫を連れ何度来たことか。

その度ごとに僕も一緒に飛行塔(機)を楽しんだ。

      *

小動物園とはいえ50種数百の動物たちがいる。
熊、シカ、サル、鳥類・・・・・・・・。
半日は過ごせるのだ。

1 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (21)
長~い参道には屋台が並ぶ。
2 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (27)
おみくじを結んで出来た船形。
3 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (30)
晴れ着姿に遭遇。
4 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (36)
本殿に参拝。
5 19.1.5 大宮 氷川神5社・麦秋 (84)
屋台はほとんどが食べ物。
熊手売りは一軒だけだった。
6 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (40)
大宮公園遊園地のレトロな飛行塔。
※この飛行塔は昭和24年の新潟県長岡市博覧会で使われたもの。
ここに移設されてから70年近くになる(ネット調べ)。
7 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (48)
大宮公園小動物公園なう!。
赤字の大きな文字“なう”がいいね。
8 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (56)
9.jpg
10 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (68)
小動物園の動物たち。
30年くらいまで狭い檻に体重が400㎏もありそうな
この動物園に不似合いな巨大なヒグマがいた。
当時はいつも窮屈そうに丸まっているクマを見るのが楽しみだった。

      ☆

11 スキャン_20200105 (2)
教えられた言葉のひとつ“老いて語るなかれ愚痴と自慢と説教”

★本「高峰秀子の流儀」斎藤明美

主に高峰秀子に関する多くの著書の内容が
流儀別に再構成されたもの?

それでも大いに老後の生き方の参考になりそうな。
老いて語るなかれ愚痴と自慢と説教・・・・・・を教えられました。

      ☆

12 19.1.5 大宮 氷川神社・麦秋 (16)
何度見てもほのぼの。

★Youtube映画「麦秋」小津安二郎監督1951年

何度見てもほのぼの。
小津監督の代表作のひとつ。
この年のキネマ旬報1位。

古い映画にハマったまま。中吉と大吉

★知れば知るほど

古い映画の鑑賞が続いている。
とくに高峰秀子にハマっていて、
彼女関係の著作物だけでも13冊、
さらにデスクで2、3冊待機している。
映画は20本近くになる。

引きずられて田中絹代、杉村春子、原節子、若尾文子・・・・・・、
大河内伝次郎、長谷川一夫、森雅之、笠智衆・・・・・・らの大俳優陣たち。

そして溝口健二、成瀬巳喜男、今井正、木下恵介、山中貞雄、山本隆夫、
小津安二郎、黒澤明、今村昌平、新藤兼人・・・・・・ら巨匠たち。

知れな知るほど面白く深くなる。
今年もまだしばらくは続きそうだ。

      *

いい初夢を期待したのだけれど、
結局見ることは出来なかった。

多分、そんなことじゃないだろうかと思って、
昨日の日記番外編でたまった12題を掲載しておいた。

今年はいい夢、楽しい夢を掲載できるよう頑張る・・・・・・意味不明。
初詣のおみくじが中吉、おみくじ付きお菓子が大吉だった。

1 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (52)
近くの秋葉神社へ初詣。
おみくじは中吉だった。
2 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (61)
関東総社秋葉神社。

      ☆

★小さなスケッチ帖  水彩(F・ゼロ号)
3 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (23)
病室の窓から赤城連山。
      *
4 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (13)
磐梯熱海温泉の小さな滝。
5 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (4)
磐梯熱海温泉の旅館の中庭Ⅰ。
6 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (9)
磐梯熱海温泉の旅館の中庭Ⅱ。 
      *     
7 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (20)
八ヶ岳。
8 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (15)
甲斐駒ケ岳・Ⅷ。
   
      ☆

9 20.1.1 小さなスケッチ、映画喜びも悲しみも幾年月 (72)
DVD映画「喜びも悲しみも幾年月」木下恵介監督1957年。
この年のキネマ旬報3位。
3度目の鑑賞。

「木枯らしに 元の木阿弥 掃き落ち葉」。熟柿。本「氷壁」「鳥影の関・上」。Youtube映画「戸田家の兄弟」

1 19.11.17 団地 掃除、本「氷壁」ほか (9)
元の木阿弥と何度も掃き直ししていたら駄句になった。
2 19.11.17 団地 掃除、本「氷壁」ほか (13)
ゴミの集積場に置かれた袋の中が先月までの緑から茶色に。

★風が吹く度

団地内の掃除日。
今年の木枯らし1号かどうか分からないが時々強い風が吹いた。
その度に枯葉が舞う。

駐車場の枯葉を掃き集めながら
嫌でも思い浮かんだ駄句(川柳?) ↓

「木枯らしに 元の木阿弥 掃き落ち葉」

      ☆

3 19.11.17 団地 掃除、本「氷壁」ほか (16)
柿の色は熟すほどに深みが増す。

★今が食べごろ

買い置きの柿のひとつがいつの間にか熟し柿に。
妻は食べないが僕は嫌いじゃない。

柔らかな赤い実が今が食べごろと誘っている。
美味しく頂いた。
モチ、スプーンで・・・・・・。

      ☆

4 19.11.17 団地 掃除、本「氷壁」ほか (20)
3、4冊を同時に読んでいるので読み終えが重なる時がある。

★本「氷壁」井上靖
   「鳥影の関・上」杉本苑子

「氷壁」=少々サスペンス(推理)じみたところもあるような。
ザイル切れ事件を扱った小説はほかにもあったが、
氷壁が最初だったのだろうか?
・・・・・・と思いつつ今回は最後まで読んだ。
というのも、ずっと昔に途中でまで読んでやめているからだ。
長編の割には最後があっけなく終わってしまっている。
結局、なぜザイルが切れたのかが明かされていないし・・・・・・。
捜査が杜撰?
今だったら科学捜査が入るので明らかになるなァ。
      *
「鳥影の関 上」=箱根の関所の女の人見役人の話。
シリーズ物でないので次々と問題が解決していくと言うのではない。
どこかゆったりとした事件物みたい。
それにしても、いいところで上巻が終わっているなァ。

       ☆

★Youtube映画「戸田家の兄弟」
5 DSCF0007 (2)
「戸田家の兄弟」=小津安二郎監督 1941年
後の監督の代表作「東京物語」が生まれる根っこみたいな作品。
この年のキネマ旬報1位。

      ☆

※明日は旅行(スケッチハイク)のためブログをお休みします。

超ラッキー・・・・・・還付金の入金。絵「「放り込んだ菊束」。Youtube映画「自由学校」

★絵「放り込んだ菊束」 水彩スケッチ・F6号
バケツの菊スケッチ

      ☆

★超ラッキー

所用を済ませに大宮へ行った。
駅近辺ですべて事足りる4件。

➀みどりの窓口では新幹線のチケットを購入忘れ。
②ATMで通帳記入したら税務署から還付金(多分)が入金されていて超ラッキー!
➂ダイソーでは買いたいものがなくて残念。
➃ブックオフでは1時間以上も本探しをして6冊を購入。

家に帰ったら12時半を回っていた。

19.10.29 大宮bookほか (4)
みどりの窓口では・・・・・・。
19.10.29 大宮bookほか (7)
みずほATMでは・・・・・・。
19.10.29 大宮bookほか (11)
ダイソーでは・・・・・・。
19.10.29 大宮bookほか (16)
ブックオフでは・・・・・・。

      ☆

★Youtube映画「自由学校」 
DSCF8985 (2)
Youtube映画「自由学校」=渋谷実監督 1951年
20代の頃、獅子文六の原作を読んだ。
おぼろげながら主人公が乞食になり、警察に捕まり・・・・・・が浮かんだ。
自由を求めて、最後は妻が働き夫が家事。
何~だァ、現在の我が家と同じではないか。

鎌倉頭巾、超ウマ菓子パン・・・・・・潜友からプレゼント

19.10.15 たまプラーザ出海宅へ (22)
手作りのアンパンとクリームパン。
餡、クリーム、🌸・・・・・・全部手作りの超ウマ。
左上に3つ並んでいるのが鎌倉頭巾。
頭巾はバンダナと帽子を兼ねた優れ物。
スキャン_20191015 (3)
その他、ティッシュ箱カバー、携帯ティッシュ入れ、潜友考案の袋型優れ風呂敷。

★全部手作り

バンダナ・帽子兼用の鎌倉頭巾が出来たからとの連絡を受けてから
なかなか日程が合わずにやっと今日受け取ることが出来た。

アニラオ(フィリピンのスキューバリゾート)で知り合った潜友で、
何でもやってしまう超パワーエネルギー女性。

裁縫、料理、ヨガ体操、潜り、ダンス・・・・・・・。
それぞれ生徒・弟子を持つ。
何より前向きな行動力がスゴイ。

      *

昼食、お茶(コーヒー)とお喋り3時間。
干乾び型爺さん(僕のこと)にパワーを注入してもらった。

加えてたくさんのお土産。
ありがとうございました。

19.10.15 たまプラーザ出海宅へ (14)
田園都市線に乗って潜友に会いに行った。
途中、車窓から見た多摩川の河川敷。
泥を被った跡が生なましい。

掃除日も悪くない。スケッチ「湯檜曽温泉旅館永楽荘」。Youtube映画「彼女と彼」「あなた買います」「滝の白糸」

★スケッチ「湯檜曽温泉旅館永楽荘」 水彩・2号
スキャン_20190915 (3)
仕上げ(色付け)たスケッチ「湯檜曽温泉旅館永楽荘」。

      ☆

★掃除日は月一の住民交流の場

月一の団地内清掃日。
自主管理の団地なので清掃も各戸参加で行う。

朝8時からおよそ50分。
おなじ団地(第5管理組合・30戸)の住民でもふだんは
ほとんど顔を合わせることがない。

だから今日掃除日は月一の住民交流の場ともいえる。
そう考えると、掃除日も悪くない。

1 DSCF6202
2 (2)
今日の草刈りで見つけた昆虫は小さなバッタと蝶か蛾の幼虫。
3 DSCF6212 (2)
刈り取った草の量は今年一番。
  
      ☆

★Youtube映画「彼女と彼」「あなた買います」「滝の白糸」
4 DSCF6217 (2)
Youtube映画「滝の白糸」= 細山喜代松監督 1915年
原作は泉鏡花。
悲歌&悲劇。
無声映画であることでよりリアリティを感じたみたい。
      *
5 DSCF6223 (3)
Youtube映画「あなた買います」=小林正樹監督 1956年
実話をもとにしたプロ野球選手スカウト物語(事件)。
この年のキネマ旬報10位。
6_201909152114034b0.jpg
Youtube映画「彼女と彼」=羽仁進監督 1963年
何となくいい映画なんだろうなァ・・・・・・羽仁監督らしい。
1964年ベルリン国際映画祭受賞(女優賞、国際カトリック映画事務局賞)。

オペラ歌手のコンサートと世界堂。Youtube映画「男の涙」「稲妻草子」

1 19.9.1 登川コンサート。映画ほか (40)
門外漢の僕にも感動が伝わった2時間だった。

★ソプラノリサイタル

オペラ歌手登川直穂子さんのコンサートに行った。

僕とは全く縁遠い世界なのだけれど、
たまたま知人にチケットを勧められたのがきっかけ。

美しい歌声とピアノ演奏は
門外漢の僕にも感動が伝わる。

素晴らしい2時間だった。

      ☆

2 19.9.1 登川コンサート。映画ほか (14)
新宿駅南口から徒歩数分の世界堂(本店)。

★何となく安心

久しぶりに新宿の世界堂へ。
ここはそれこそ何でもそろう画材屋。

僕はパステルと絵具を少々買うだけだったから、
何でもそろってなくてもいいのだけれど・・・・・・何となく安心なのだ。

      ☆

★Youtube映画「男の涙」「稲妻草子」
3 19.9.1 登川コンサート。映画ほか (9)
Youtube映画=「男の涙」 斎藤寅次郎 監督 1949年
岡晴夫の全盛期の頃の映画で12曲が挿入されている(ネット調べ)。
東京の花売り娘、啼くな小鳩よ、憧れのハワイ航路など僕が聞いたことのある曲も・・・・・・。
      *
4 19.9.1 登川コンサート。映画ほか (3)
Youtube映画=「稲妻草子」 稲垣浩監督 1951年
阪妻(バンツマ・阪東妻三郎)主演の時代劇。
田中絹代がいいねェ。

飲食はお喋りのつまみかも・・・・・・いつもの赤札屋、いつものカラオケ館

19.8.30 マスカット・赤札屋 (9)
居酒屋でのお喋り会での(新しい)ニュースはボケ防止に貴重だ。

★いつもの赤札屋とカラオケ(館)

所用を3件ほど済ませてから行ったので、
会場の新橋赤札屋への到着が15分ほど遅れた。

     *

会社勤務時代の仲良し5人組での飲み会・・・・・・というよりお喋り会。
お喋りが目的で飲食はつまみみたいなもの。

昔の話を繰り返しては大笑い。
ときどきは新しいニュースが話題に上る。

3人が後期高齢者で僕ともう一人も来年、再来年(が僕)仲間入りする。
新しいニュースはボケ防止に貴重だ。

      *

ところで飲食がお喋りの“つまみ”といいたい理由のもうひとつは
2時間半も飲んで食べて最後にそこそこ旨いスパゲティ(一皿を5人で分けて丁度いいほど大盛)
でおなかを満たして一人1500円で済むからだ。

      *

そのままこれもすっかり恒例となったいつものカラオケ屋に流れて
こちらも2時間で1人1200円。

安くて楽しく時間の過ごせる
いつもの赤札屋とカラオケ(館)なのだ。

昼間から赤羽の灯。映画「怒りの街」

19.8.14 映画怒りの街、赤羽 (22)
昼間から若い人たちで店内はどこもいっぱい。

★ジョッキ3杯

暇を持て余している僕と友人。
友人はまだ現役で盆の休暇明け。

そこで新橋か上野か秋葉か日暮里か・・・・・で、赤羽に決定。
赤羽は昼間から飲める店がいっぱい。

若~い人たちが店から溢れんばかり。
僕らも負けずにジョッキ3杯、お喋りに興じた。

      ☆

19.8.14 映画怒りの街、赤羽 (5)
結婚詐欺の物語。
実家近くの清州橋が懐かしい。

★映画「怒りの街」 成瀬巳喜男監督 1950年

珍しや詐欺の話。
それも結婚詐欺。

宇野重吉が学ランで出ている。

馬宮郷土史同好會の暑気払い。本「山中鹿之助」松本清張

19.8.10 和の花 (5)
会場の飲み屋は埼玉栄高校の運動部の生徒たちが食事に寄る店。
店内にたくさんのサインが貼ってあった。

★少々気が引けるけど・・・・・・

かって在籍した馬宮郷土史同好會。
今でも忘年会、暑気払いなどの飲み会には声がかかる。

・・・・・・・で、今日はその暑気払い。

      *

会場は自転車で15分ほどのちょっと広めの飲み屋さん兼食堂?
兼食堂とは近くのスポーツの名門埼玉栄高校の生徒たちが食事に寄るから。

モチ、彼らはアルコールは飲まない。
飲み屋なのに日に焼けた坊主頭の若人が
入れ代わり立ち代わり食事にくるのも風変りな光景だ。

      *

会長をはじめ同好會の面々はみな一所懸命。
乾杯前にも機関誌の編集打合せしていた。

活動に参加していない僕が
お邪魔虫みたいにいるのは少々気が引ける。

      *

それでも冷えたビールは旨いし、
お喋りも楽しい。

3時間半があっと今に過ぎた。
会長さん懲りずにまた声かけて下さいね。

      ☆

スキャン_20190810 (2)
著者が中・高学生向けに書いたようだ。

★本「山中鹿之助」 松本清張

著者が中・高学生向けに書いたようだ。
そのせいかやさしく分かりやすく読めたような・・・・・・。

      *

山中鹿之助の名前は知っているけれど、
いつ頃の時代の人でどんな活躍をしたのかイマイチ分からない。

そんなこともあって読んだのだ。

甥の見舞いの帰りにバスの中から神輿を見た。本「忍ばずの女」高峰秀子

19.8.1 大宮西口祭り神輿 (5)
バスの中で交差点を渡る(渡御)神輿を待つ。

★親切な人に心温まる

病と闘う甥っ子の見舞いに行ってきた。
まだまだ働き盛りでこれからという人生。
彼の全快をを願っての見舞いだ。

      *

最寄りの駅から病院までの道が分からず、
通行中の3人に聞いた。

3人ともに分からないという返事で行き交ったのだが、
そのうちの一人が2、30m行った先から わざわざ戻ってきてくれた。

そして僕から病院名を聞きなおして
自分のスマホで探し始めてくれたではないか。

親切な人もいるものだと心温まった。

      *

大宮駅からバスで帰宅。
そのバスに乗ったところでお祭りの神輿が動き出した。

そうだ、今日は大宮西口まつり(東口は明日)だった。

      ☆

スキャン_20190801 (4)
高峰秀子の役者論、役者魂。

★本「忍ばずの女」 高峰秀子

名優・大女優の役者論、役者魂を読ませてもらったような。
まだまだこれからも、いい映画、いい俳優を探して見なくては・・・・・・。

冷え切ったねェ、今日の水風呂は15・8℃・・・・・・日帰り温泉。通りすがりの花。機内で見た映画

19.7.31.湯けむり横丁 (5)
お風呂もレストランも休憩スペースも充実の“湯けむり横丁”。

★避暑に効く水風呂

近くの日帰り温泉“湯けむり横丁”へ行った。
家から車で5分、歩いて行けるエリアにある。

入湯(館)料金は平日850円(休日は1000円)。
湯の種類はサウナを含めて10種ほど。

休憩室も多く、食堂(レストラン)も充実。
風呂に入って、食事をして、昼寝をしてから本を読む。

      *

90℃のサウナに5分入ってから水風呂に5分入った。
それを2度繰り返した。

今日の水風呂の水温は15・8℃。
冷え切ったねェ。

これまでで一番低い。
ふつうは19℃、低くても18℃だ。
水風呂は避暑に効くぜよ(なぜか土佐弁)。

      *

露天風呂の温度が45℃。
これも尋常じゃない。
ふつうは42℃か43℃だ。

それでも今日の暑さのせいか、
45℃もの熱い風呂に入っていると感じない。

      ☆

★行きずりの花
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (171)
山行中に。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (200)
里山歩き中に。
19.7.26 天覧山→多峰主山→龍崖山 (3)
駅までの途中。

      ☆

★7月6日と11日に機内で見た映画4本(フィリピン往復)。
アニラオ キヤノン② 19.7.6-11 (54)
↑この映画はGoo。
アニラオ キヤノン② 19.7.6-11 (71)
アニラオ キヤノン② 19.7.6-11 (73)
アニラオ キヤノン② 19.7.6-11 (77)

岩トレ中止でインドアへ。鉛筆画で〆。虫の鳴き声・青い匂い

19.7.23 エナジー、鉛筆画  (35)
いつもより練習本数が多くて疲れたァ。

★6人

今日行く予定だった日和田山での岩トレが中止となった。
長雨の影響で岩が濡れていて危険らしい。

そこで、毎月1回定例ようになっているインドア(エナジー)へ行った。
参加人数がいつもの半分で6人。

休み休み楽しんだが、いつもより練習本数が多くて疲れたァ。

      *

明日の特定検診のために21時以降の飲食が出来ないので、
早々に帰宅した。

      ☆

★エンピツ仕上げ・・・・・・無題
19.7.23 エナジー、鉛筆画  (22)
モデルさんはプロの人。
時間がなかったので鉛筆画で〆(終了)。

      ☆

★癒しの雑草2題
19.7.23 エナジー、鉛筆画  (3)
①バイパスの交差点で
多くの車が行き交う17号バイパス。
小さな交差点の雑草の生えるスペースから
かすかに聞こえてきたのは虫の声。
コオロギかスズムシか?
19.7.23 エナジー、鉛筆画  (4)
②草刈直後の散歩道
鴨川べりの散歩道の草が刈られて青い匂いがたちこめていた。
いい感じの散歩だァ。

アクセス不可・・・・・むかつく2件。一日に4回もイオンへ

19.7.1 御神楽温泉 あすなろ荘 (101)
よその家の庭に咲く百合の花(クシマヤユリ)。

★アクセス不可・・・・・むかつく2件

海外旅行保険をネットで申し込もうと思い、
数社にアクセスした。

どの会社も70歳以上は受け付けてないと。
むかつくのはどの会社もそのメッセージが
受付手続きの最後に来て出てくることだ。

      *

6日の朝、成田空港までバスで行くことにした。
ネットで申し込んでONライナーの運営会社(西武バス)にアクセス。

しかし、これも最後になってログインできません…・・と出た。
なぜだ(@_@)<`ヘ´>・・・・・・ッタク。

     *

海外旅行保険は当日の朝、成田空港の窓口で直接とのこと。
バスのチケットは西武バスの営業所へ行って購入してきた。

     ☆

★手ぶら帰りから安全パイの中華三昧まで

一日に4回もイオンへ。

①旅先用の替えズボン他を買いに店内のスポーツショップ(カムイ)へ。
しばらく探してみたが値段との兼ね合いでパス。
他の買い物も商品がなくで手ぶらで帰宅。

②夕食の買い物(材料)。
今日のメニューは冷やしラーメンと冷奴、干物。

③干物に付けるけるダイコンを買い忘れたので今日3度目のイオン。

④間違えてゴマダレ冷やしラーメンを買ってきていた。
味見をしたのだがイマイチ。

とうとう本日4回目のイオン行きとなった。
美味しさの安全パイ、明星中華三昧の冷やし中華を買いに。

嬉しい父の日。肩から下げる式電動草刈り機を使ったところ・・・・・。本「遠野女大名」。映画(Youtube)「花」

DSCF2642 (2)
娘からの父の日プレゼントはフラワーアレジメントとケーキ。

★嬉しいねェ

夕方、娘が父の日プレゼントにフラワーアレジメントとケーキを届けに来てくれた。
嬉しいねェ。
ケーキはさっそく美味しくいただいた。

      ☆

DSCF2618 (2)
肩からバンドで下げて使用する電気草刈り機。
DSCF2621 (2)
面白いほどきれいにさっぱりと刈れる。

★ものすごい疲労感が・・・・・・

今日は団地内清掃日。
今月から夏時間の朝8時からになった。

      *

電動草刈り機を使って小公園の草刈りを行った。
草刈り機は肩からバンドで下げ、
右手(利き手)で柄を持って振るように刈る。

簡単そうでコツをつかむまでにしばしかかる。
コツを覚え調子が上がってきたところでバッテリーが無くなる。

予備のバッテリーに交換して再び開始。

      *

草刈りは45分ほどで終わり。
予備のバッテリーも切れてしまったのだ。

気楽な気持ちで始めたのが
オシマイの頃にはけっこう辛くなってくる。

いや、やっているときはそれほど感じなかったが、
終わって家の部屋に帰ってきて仰天。

ものすごい疲労感だ。
刈っている時は集中していて気が付かなかったのだろうか?

コーヒーのあと1時間ほどソファーで横になって休んだ。
電動草刈り機作業も馬鹿にならないなァ。

      ☆

スキャン_20190616 (2)
この本に出てくる忍者は八戸の“鮫の女”。

★本「遠野女大名」 青木慎治

知っている地名や山の名前が出てくるので、
それだけでも十分に面白い。

忍者の活躍が幾たびか出てくるが、
昨日見た映画(Youtube)「梟の城」も忍者の話だった。

本の忍者は八戸の“鮫の女”。
映画に出てくる忍者は伊賀。

鮫も伊賀も行ったことのある場所で何となく縁が・・・・・・というほどでもないけど。

もうひとつ、
“鮫の港”は民謡の稽古始めに毎回声慣らしに唄う「八戸小唄」の一節……“はしおけむり”と続く。

まァ、面白く読ませてもらった。

      ☆

DSCF2634 (3)
寅さん映画の御前様と変わらぬ声と喋り方をしている37歳の笠智衆。

★映画Youtube「花」 吉村公三郎監督 1941年

田中絹代と上原謙の大俳優の演ずる〆が
どうなっちゃうんだか途中で終わってしまったみたいな・・・・・・。

     *

笠智衆の若い頃、と言っても37歳だけど、
ハンサムな彼が、寅さん映画の御前様と変わらぬ声と喋り方。

それがとても興味深いというか面白い。
(笠智衆)氏の老け役成功の秘密は声とアクセントであった?・・・・・・多分。

     ☆

★季風会展はいよいよ来週の日曜日(23日)から
スキャン_20190515 (2)
スキャン_20190515 - コピー (2)
僕は24日(月)だけ休みます。
あとは全日会場にいます。

おいらく山岳会総会に出た。ありがとうのプレゼント。映画Youtube『梟の城』『吾輩は猫である』

DSCF2574.jpg
嫁さんから届いた鈴廣のかまぼこセット。

★美味しくいただきます

次男の嫁さんから届いた父の日プレゼント。
鈴廣のかまぼこセットだァ。

ありがとうのプレゼントは僕から嫁さんへのお礼の言葉。
美味しくいただきます。

      ☆

19.6.15 おいらく総会 (17)
総会後の懇親会も分け合い合いで楽しかった。

★心からありがとう

今日はおいらく山岳会総会。

委任状も提出していないし、
世話になっているリーダーたちの顔も見たいし、
みんなに感謝の気持ちも伝えたいし・・・・・・・。

やっぱり出席するっきゃないだろう。
という分けで、夕方6時から千駄ヶ谷区民会館で行われた
おいらく山岳会総会に出席した。

こちらも
ほんとに心からありがとうなのだ。

      ☆

DSCF2576 (4)
映画Youtube『梟の城』 1999年。
う~ん。何だか面白いんだか面白くないんだか分からない。
      *
19.6.15 おいらく総会 (2)
『吾輩は猫である』 1936年。
ユーモアとコメディみたいな面白さがある。
太平洋戦争が始まったか始まるかの1936年制作とは。
その頃はまだ日本にゆとりがあったのだろうか。

★映画Youtube『梟の城』 篠田正浩監督 1999年
          『吾輩は猫である』 山本嘉次郎監督 1936年

準備万端まではいかないが・・・・・・。TVドラマYoutube『裸の大将 尾道坂道春の雪』

★小品の展示は5、6点

23日~29日の季風会(主に風景画)の準備。
といっても描いた絵を額に入れることなのだが。

今日はパステルと水彩の小品だ。
これが意外と時間がかかってほぼ一日を費やした。

小品は展示予定に入っていない。
スペースがあったら(空いてしまったら)
そこに埋めるべく展示しようというもの。

だから数も分からないし、
もしかしたら展示できないかもしれない。

それでも昨年は小品は8点展示。
ことしも5、6点は展示できるのではないかと思う。

油絵は例年通り4点を出品する予定。

期間中に有楽町に出ることがありましたら、
ついでにでも寄っていただければ幸い。
お待ちしております。

スキャン_20190515 (2)
僕は24日(月)はお休み。
他は期間中全日会場にいる予定です。
スキャン_20190515 - コピー (2)
季風会展の会場は有楽町駅前交通会館の地下1回ゴールドアロン。

      ☆

DSCF1942 (3)
近ごろではあまり見なくなった(多分)全国行脚の人情物シリーズドラマ。

★TVドラマYoutube『裸の大将 尾道坂道春の雪』 芦谷雁之助主演

今日もだったが、
ここ数日、ながら見で『裸の大将』 を楽しんでいる。

1980~90年代に制作放映の山下清を題材にした
軽妙な人情ドラマ。

面白い、笑える、ほろりときたり・・・・・・、
心温まるドラマなのだ。

ボルダリングの出来る家。ラオスフェスティバル

★楽しい歓談と美味しい夕食

知人が家を新築。
何人かの知り合いと一緒に招かれた。

高齢になってからの家の新築はすごいことだ。
ご夫婦で仕事を続けているし、モチ共に健康。

数日かけて準備したであろうごご馳走の数々、
ご主人の腕前披露の手打蕎麦。

楽しい歓談と美味しい夕食にたちまち時間が過ぎた。
ありがとうございました。

DSCF1251 (2)
3階の天窓のある明るい部屋にはボルダリングが・・・・・・。
DSCF1237 (2)
ラオス並みの暑さの中のラオスフェスティバル。
ここでビアラオとラオスの自然塩を購入土産代わりにした。
DSCF1239 (2)
野外舞台では両国の文化交流・発表会。
DSCF1185 (2)
代々木公園の森でくつろぐ人々。

上野で日府展、浦和で岸田劉生・木村荘八素描展

★どちらもいい勉強(刺激)に

二つの展覧会を見に行った。
上野の東京都美術館で開催中の日府展には
僕の高校の同窓生が出品。

作品も素晴らしい力作だが、
会(社団法人・日本画府)の参事のひとりとしても大活躍。

      *

もうひとつは浦和駅近くの浦和美術館で開催中の
素描礼讃 岸田劉生・木村荘八展。

どちらもいい勉強(刺激)になった。

19.5.23 日府展、浦和美術館 (13)
高校同窓生の作品。
パワーが伝わってくる。
19.5.23 日府展、浦和美術館 (31)
いい勉強になった。
19.5.23 日府展、浦和美術館 (10)
東京都美術館へ向かう人たち。

Index of all entries

Home > 今日のこと Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top