Home > 今日のこと Archive

今日のこと Archive

法事と家探しと落とし物

★親切な人に拾われた

三姉の法事で実家近くのお寺に行った。
墓参りを終え、会食を終えた後、
小学同級生の家探しをした。

その同級生はもう何年も音沙汰なく、連絡も取れずで、
親戚・家人でもいれば聞き出すことができるかもしれないと思ったのだ。

それらしき家を訪ねた。
しかし、僕の記憶が薄れていてどちらの家だったか分からない。

幸いというか生憎というか、
どちらの家にも表札はなく、しかも留守であった。

     *

法事・家探しからの帰途、妻から電話が入った。

妻××「あなた、手帳か何か落としたでしょう。
今、拾った人から電話があったわよ。
手帳に緊急時の連絡先に私の携帯番号があったらしくて、
電話がかかってきたの。
とりあえず郵便で送ってくれるって。
あなた、電話してお礼言っておきなさい」

      *

ずいぶん親切な人がいるものだ。
僕は妻に教えてもらった番号にすぐに電話した。

17.7.23 清澄・鶴巻宅
小学同級生の家はどっちだったか?

わかいの会展

17.7.19 わかいの会展 (5)
写真正面の3点が僕の知人の作品。

★力強さとスピード感

古くからの知人(女性)が所属している「わかいの会展」に行った。
会場は昨年6月に僕の所属する季風会展を行った同じ東京交通会館内ギャラリー。

会員数6人でこれだけ広い壁面を埋めるのは大変だったろうと思う。
ちなみに季風会は10名。

写真正面の3点が僕の知人の作品。
左が100号の大作。
ちなみに季風会のいちばん大きい出展作品は50号。

知人の作品は大きいだけではない。
女生作家と思えぬ力強さとスピード感がある。

      ☆

スキャン_20170720 (2)
本「血脈・中」。

★本「血脈・中」 佐藤愛子著

佐藤紅録の日記を通して晩年が赤裸々に描かれている。
上卷とは異なった緊張感と面白さであふれた中巻。

ラオスフェスティバルへ3年ぶりに行ってきた。絵ぷろん・・・・・世田谷美術館

★1時間超えで220円は安いけど・・・・・・路線バス

3年ぶりにラオスフェスティバルへ行ってきた。
会場は代々木公園。

今日はその前に世田谷美術館へ知人のグループ展を見に行ったルート上、
渋谷駅から(歩いて)会場の代々木公園へ向かった。

      *

世田谷美術館へは
小田急の成城学園前駅前から渋谷行の路線バスに乗るのがいいとの情報を得て
今日はそのルートを使った。

つまり世田谷美術館は代々木公園へ行く途中(砧町)にあるわけだ。
この路線は距離に関係なく大人は220円。

砧町までは10分ほどで着いたので、
この分なら渋谷まで行っても距離も時間もたいしたことなかろうと、
ラオスフェスティバルの会場へも同じバス(路線)に乗った。

バス代は前述のとおり220円だったが、
かかった時間が・・・・・・・何と1時間超えだ。

1時間超えで220円は安いけど、
疲れたァ。

17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (34)
ラオス民族舞踊団の踊り。
この中に、ラオスでの絵画教室の生徒が2人いるかもなのだ。
顔に見覚えがあるしフェイスブックでは友達になっているのだ。
もしかして別人だったらゴメンナサイなのだが・・・・・・。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (40)
テレ番"こんなところに日本人"に紹介されたラム酒のブース。
その日本人としばしお喋り。
4000円のラム酒が半額。
試飲で飲みやすかったので買ったらコーヒー酒となぜかサンダルを
おまけにつけてくれた。
最終日とはいえかなりの奮発サービス。
なお、ラム酒のアルコールは40度、コーヒー酒のほうは35度。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (51)
帰りは会場から原宿駅まで代々木公園内を歩いた。
バラの花が満開、他のバラ園とは違う鑑賞方法だ。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (14)
"絵ぷろん"には山の会(おいらく山岳会)のメンバーが3人。
山もベテランだけど絵の方もベテラン揃いだ。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (18)
久しぶりに26輪の大型トレーラーに遭遇。

超ラッキー(^_-)-☆

スキャン_20170527 (4)
大宮駅とその周辺ではいろいろ買ったり修理してもらったり。
17.5.27 ICI (3)
スポーツショップと家電関係のカードは何枚かあるが、
このところ購入はICI(石井スポーツ)に限られてしまうようになった。
やはり近いから・・・・・・多分。

★チケットが取れた!

今日のことを箇条書きにすれば

①ガン検診で胃カメラ検査を行う。
②孫2人(同じ小学校)の運動会。下の2歳の孫と留守番。
③偶然、久しぶりに会った知人とお喋り。
④JR大宮駅みどりの窓口で指定席を購入。
⑤石井スポーツで用具・用品を購入。
⑥メガネドラッグでフレームの修理。

その間、車で移動したりバスで移動したり。
①~⑥を少し詳しく説明すれば・・・・・・・↓

①胃カメラはいつもきついね。
おかげさまで胃の中はきれいとのこと。
ピロリ菌がいる気配もなし。

②家で半分、児童館で半分の時間をつぶす。

③児童館のあるコミュニティセンターの1階フロアで、
偶然、おそらく20年ぶりくらいになるだろうの知人にばったり。
孫も運動会もそっちのけで30分間もお喋り。

④なんと、先日満席と言われて取れなかった指定席も含めて、
3枚の指定席がすべて購入できた。超ラッキー(^_-)-☆。

⑤石井スポーツで購入したものはカラビナとロープと靴下と半そでシャツ。

⑥メガネドラッグはいつも応対がいい。
2つのメガネのフレームを修理してもらう。
ひとつは無料、もう一つが1080円。
何と安い!
スポーツ用品・用具が(僕には)ますます高額に思えた。

グルメ先生と庭のバラ。日府展と寄り道えちご観光フェア。本「ホームレスになった」「夜の橋」

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (41)
庭には奥様の名前を付けたというバラも咲いていた。

★世界3大牛のステーキ

"庭のバラが満開になったので見に来ないか"
・・・・・・と30年来お世話になている弁護士先生からお誘いを受けた。

といっても先生の仕事関係でお世話になったのではない。
先生はグルメで(ご夫妻に)お会いするたびにご馳走に預かってきたのだ。

      *

先生は忙しいお仕事のかたわらマラソン走る。
何年か前にフルマラソン100回を達成、
記念に作ったというプレートを見せていただいた。

プレートには全大会名と記録が彫られている。
100回の平均タイムが3時間台という素晴らしさだ。
年齢別優勝も何回かあり、飾り棚にはカップや盾が並んでいた。

      *

というわけで、庭のバラを見せていただいたあとはグルメへ。
夕食にと世界3大牛ステーキのお店へ連れて行ってくれた。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (10)
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (15)
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

★水の花火

北浦和公園の噴水が見事だ。
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

煙(ドライ)も噴き出したり、
水が飛び散ったり、
まるで花火を見ているようだった。

      ☆

★日府展

知人が出品している"日府展"を見に行った。
会場は上野の東京都立美術館。

目的は美術館のみだったのが、
会場に着く前に国立博物館前の広場のイベントについ誘われた。

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (23)
知人の作品は日府賞を受賞(真ん中の作品)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (35)
広場で開催中のイベントは新潟県の観光フェア。
雪にこどもたちの大喜び。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (27)
山古志郷から来た70センチほどもある緋鯉(小千谷市)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (20)
特設舞台の民謡・民舞(佐渡おけさ、相川音頭)。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (2)
現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

★本「ホームレスになった」 金子雅臣

現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

バブルが崩壊して数年、
新宿駅の地下通路のホームレスが話題になった頃の話だ。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (1)
9本の短編を収録。

★本「夜の橋」 藤沢周平

9本の短編を収録。
下級武士や市井の人がテーマ。

著者の作品はハズレがない。
歴史小説も時代小説もどれも面白く読めるのだ。

3つの病院をハシゴ

★3つの病院をハシゴ

3つの病院をハシゴした。

特定検診予約におおみや診療所、
耳と鼻を診てもらいにわかばやし耳鼻咽喉科、
工藤クリニックへは腰鈍痛の原因を調べに・・・・・・・・。

      *

①おおみや診療所

特定検診とはさいたま市民の高齢者向け健康診査とガン検診だ。
毎年1回受診券が送られてくる。
モチ、市からの補助が出ていて負担が少なくて済む制度だ。

      *

②わかばやし耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科で診てもらったのは来月の(スキューバ)ダイブのため。
昨年、鼓膜に穴をかけてしまったので、
念のために潜っても大丈夫かどうかの確認に行ったのだ。

ゴロー××「20mぐらいは潜るのですけど」
耳鼻先生××「耳も鼻も問題ないが、
あまり深くは潜らないほうがいいだろう」

ゴロー××「15mはどうですか?」
耳鼻先生××「10mで2気圧になるからね。
10mくらいにしておきなさい」

      *

病院の待合室と言えば
お年寄りばかりと思っていたが、
今日のわかばやし耳鼻咽喉科の待合室には、
数人の若い女性が・・・・・。

3、4人多分20代であろうかと・・・・・・・。
あとは30代らしきの妊婦さん。
お爺は僕ひとり、お婆は見あたらなかった。

      *

③工藤クリニック

先日(5月2日)、鳴虫山へ行って以来、
腰の鈍痛が治らない。

これ以上長引くのはいけないと思い整形外科へ行った。

相変わらず工藤先生の診察は早い。
レントゲンを撮り、即診断、処方箋をくれる。

その間5分。

診察結果はヘルニアの心配はなし。
山も海もオーケーだということだ。

鈍痛は筋肉の炎症だろうということ。
それでも隠れヘルニアということもあるから
1週間後にまた来院しなさいと。

湿布薬と飲み薬を出してくれた。

17.5.8 3病院 (9)
特定検診の予約を取りに行ったおおみや診療所。
17.5.8 3病院 (14)
待合室に若い女性が数人いたわかばやし耳鼻咽喉科。
17.5.8 3病院 (3)
電光石火の診察は工藤クリニック。

思わぬパフォーマンスに遭遇・・・・・・銀座ホコ天

17.5.7 銀座・荒川氏3人展 (1)
三人はクラブツーリズムの写真講師。
17.5.7 銀座・荒川氏3人展 (8)
銀座通りの午後はホコ天、思わぬパフォーマンスに遭遇。

★光川氏はオールマイティ

"三人の視点・フォトインストラクターの眼"を見に行った。
会場はフレームマン・ギンザ・サロン(ギンザ・ファイブ(2F)。

三人はクラブツーリズムの写真講師。
光川十洋氏が長年の知己でお誘いを受けた。

光川氏はオールマイティでどの分野でも素晴らしい作品を撮る。
今回の彼の作品は人物だ。

     ☆

★"筍"  パステル 6号
CIMG8267.jpg

     ☆

スキャン_20170506 (2)
直木賞受賞作品というので読んだのだけど・・・・・・。

★本「蜩の記」 葉室麟

直木賞受賞作品というので読んだのだけど・・・・・・。
映画化もされているらしいけど・・・・・・。

表紙(カバー)の写真を撮るのも忘れて返却してしまった。

花吹雪の上野、新橋のお喋りタイム

★上野のお山はたくさんの人出

上野をウロチョロした。
東京都美術館ではモダンアート展鑑賞。
パステル画展鑑賞。
上野大仏ほか散策・・・・・・などなど。

      *

上野のお山はたくさんの人出。
桜吹雪の下ではお花見を楽しむ人々。

僕も花吹雪の下でお弁当を広げた。

      *

午後は新橋でかって勤めた会社の同僚たちと一杯。
昼間から飲むビールの美味しさを味わいながら
お喋りを楽しんだ。

1 17.4.14 モダンアート展⇒花見⇒新橋 (69)
アオイ××「金曜日とは思えんほどの人出じゃった。外国人も多かったの」
2 17.4.14 モダンアート展⇒花見⇒新橋 (33)
モダンアート展。
3 17.4.14 モダンアート展⇒花見⇒新橋 (72)
上野大仏。
4 17.4.14 モダンアート展⇒花見⇒新橋 (101)
西郷さん。
5 17.4.14 モダンアート展⇒花見⇒新橋 (106)
午後、昼間のビールとお喋りは新橋で(駅前のSL)。

富山の薬売り状態だった・・・・・・ふるさと訪問

★噂話を伝達

浜松へ行ってきた。
先祖代々の墓参りだ。

和尚さんにも会って挨拶をしたが、
ゆっくりと話す機会は次回持ってもらうことにした。

田舎の墓を維持していくことについて、
いろいろ聞きたい事があるのだ。

      *

その他、何かとお世話になっている隣近所の3軒ほどに寄った。
今日は僕が寄る家ごとに情報(噂話など)を聞いたり伝えたり、
ほとんど昔の富山の薬売り状態だと思った。

最後に寄った家の奥さんとは1時間以上も話す始末。
忙しい人のに迷惑かけた?

でも、お互い大いに笑ったから
いいふるさと訪問になったみたい。

      *

浜に出た。
浜までは直線で2㎞ほど、歩いて30分だ。

浜は工事中で、
堤の防砂林の松林が伐採されていた。

かろうじて海側の幅数メートルのみ残されていて、
美しい浜の面影を見ることが出来た。

17.4.12 浜松 (20)
行きの新幹線。富士山が良く見えた。
17.4.12 浜松 (57)
玉ねぎの収穫期。篠原の玉ねぎは今や全国ブランド。
とくに白玉ねぎは高級玉ねぎだ。
17.4.12 浜松 (74)
東北大震災を教訓に堤のかさ上げ工事が進行中。
その工事代は寄付によるもので、
某社一社で300億円を出すのだそうだ。
但し、これは本当なのか噂話なのか
薬売りとしては判断しかねています。
17.4.12 浜松 (78)
堤の海側にかろうじて松林が残ってる。
モチ、残しているのだろうが、工事前の半分ほどもないみたい。
僕は立ち入り禁止を承知で入っていったのだが、
サーファーや釣り人たちからは長すぎる規制に
苦情が出ているのだとか・・・・・・これって噂話で~す。

新学年(学期)と新入社員(多分)と桜散歩道。知人の個展

1 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (7)
新学期を迎えた中学登校風景。
2 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (139)
ビルの前に並ぶ新入社員たち(多分)の風景。

★新学期と新入社員

朝、散歩に出ていちばんに出会ったのが、
新学期を迎えた中学生の登校風景。

みな白い大きな箱(ケース)を手に持っている。
ロッカーにでも入れるのだろうか。

     *

知人の個展を見に銀座へ出た。
地下鉄を下りていちばんに目に入ったのは、
新入社員たち(多分)。

ビルの前に並んで
課長か係長からかの説明を受けているように見える。

今日は新鮮な一日だ。

      ☆

★桜散歩道

我が家付近も桜は満開を迎えたようだ。
早い花はそろそろ散り始めている。

いつもの散歩道の桜はどうか?
わざわざ花見に出向くほどの桜の木はないが
人影もなく静かでいい。

通りすがりでしか見られることのない桜ばかりだけど、
それはそれで美しいのだ。

3 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (93)
桜じゅうたんの畑。
4 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (28)
桜じゅうたんの道。
5 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (79)
5色の春。
6 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (16)
大島さくらと椿。
7 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (34)
枝垂桜と芝桜。
8 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (82)
バックに映える桜。
10 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (107)
小学校に桜はよく合う。
11 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (115)
マンションにも・・・・。

      ☆

★後輩と言っても・・・・

知人の個展を見に行った。
知人と言っても僕の後輩。

後輩と言っても今はりっぱな画家。
水彩画の大きな団体の委員をつとめているほか、
お住いの県の美術家連盟などに所属、大活躍している。

12 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (144)
透明絵具を使用して描く抽象的な作品。
13 17.4.10 鴨川桜散歩と青柳個展 (151)
昼食に寄った四国(愛媛・香川)のアンテナショップ。
讃岐うどんの釜出しが420円。
安さと美味しさで紹介したくなったのだ。

残念!桜吹雪には早かった

★残念!

今日は風が強かった。
もしかしたら桜吹雪が見られるかも・・・・・・。

というわけで以前、桜吹雪を浴びたことのある公園へ行った。
そこでで感動するほど桜の花びらを浴びたのだ。

      *

残念!まだ早かった。
桜はまだ散るまでになっていなかった。

17.4.6 五味貝戸公園の桜 (4)
自転車で10分ほどの五味貝戸公園。
古く太い桜の木が数本。
桜吹雪には早かった。
17.4.6 五味貝戸公園の桜 (18)
団地内の公園にまで洗濯物が飛ばされて・・・・・・。
※我が家の洗濯物ではありません。

美しすぎる廻遊式林泉庭園・・・・・・清澄庭園

★高校同期会幹事打ち合わせ

東京江東区にある清澄庭園へ行った。
僕の実家から歩いて10分とかからないところにある。

高校同期会の幹事打ち合わせを清澄庭園で行ったのだ。
幹事長の粋な計らい?

実は来年度の高校同期会を清澄庭園で行おうというわけで、
その下見に集合したのだ。

集合したのは14名に先生2人。
先生はそれそれ92歳と86歳になる。
お二人とも元気そのものだ。

ところで、幹事14名はいかにも多い。
幹事長が独断で決めた幹事で、
各クラスごとに振り分けて選んだようだ。

      *

清澄公園は美しい庭園だ。
ここで同期会が出来ればいいんじゃないかと
おおむね意見は一致した。

来年、花見の出来るころ、
この「ゴローのここの記」日記で報告できる予定。

17.3.28 清澄庭園 (25)
清澄庭園は三菱の創始者岩崎弥太郎が
1891年、13年余の歳月をかけて完成させた廻遊式林泉庭園。
17.3.28 清澄庭園 (83)
全国の銘石を集めたという美しい庭園だ。
17.3.28 清澄庭園 (76)
亀も日向ぼっこ。

素晴らしい作品ばかり・・・・・・白日展

CIMG5817.3.27 絵の教室モデル、白日展 26 (48)
素晴らしい作品ばかり・・・・・・。

★友人と2人で行ってきた

国立新美術館(東京・六本木)へ白日展を見に行った。
絵の教室の先生が白日会の会員であり絵画部の審査員も務めている。

入場券は先生から頂いたもの。
友人と2人で行ってきた。

高速道路が順調で気分もすっきり

★利用料金1300円も気にならない

東京(港区)までお彼岸のお墓参りに行った。
久々の首都高利用。

途中、家内の用事で川口の安行に寄った。
そこからの首都高は空いていて順調。

目的地近くの目黒出口まで1時間ほど。
帰りも同じく1時間ほどで我が家に帰着。

首都高がこんなに順調だと気分もすっきり。
高いと思った利用料金1300円も気にならないから不思議。

      *

大宮工房館作品展が今日で終了。
搬出に行った。

17.3.20 安行、正満寺、搬出 (14)
安行は植木屋さんの街、あちらこちらに森(林)が。
バス停前で30分待ち。連休最終日のバス停で待つ親子連れ。
17.3.20 安行、正満寺、搬出 (31)
妻の実家のお墓があるお寺の庭園。
17.3.20 安行、正満寺、搬出 (33)
大宮工房館作品展が今日で終了。

会の名前がいいのかなァ・・・・・・新作家展

17.3.9 新作家展 (11)
銀座画廊で開催中の新作家展。

★若々しくエネルギッシュな作品

銀座画廊で開催中の新作家展を見に行った。
親しい友人が会員なのだ。

その友人に自身の作品と、
他の展示作品を解説してもらった。

会員は高齢な方が多いのだそうだが、
若々しくエネルギッシュな作品が並ぶ。

会の名前がいいのかなァ。

携帯が壊れた騒動記

17.2.13 宮原駅  (6)
帰宅はJRを利用。宮原駅の時期外れ?のイルミネーション。
明るくていいけどクリスマスツリーはいらないかも・・・・。

★どうして圏外表示が?

昨夜、突然携帯が壊れた。
故障と言うのかもしれないが、
イメージ的には壊れたほうを取りたい。

全く通じない。
よそに電話を掛けても通じない、
自宅の固定電話から(自分の携帯に)電話を入れると、
圏外表示が出て電源が切れてしまう。

掛けたほうの固定電話には
「お客様のおかけになった電話は云々・・・・・・・」の××Tのアナウンス。

      *

プリベートカード形式の携帯の利用から始まって、
今のスマホに至るまで20年近いが、
壊れたのは初めてだ。

購入した××Tの営業所は大宮高島屋内にあるのだが、
ここが混雑していて予約も取れない状況。

そこで、隣の宮原駅前の××T宮原営業所に予約、
営業所までは我が家から90分の道のり。
僕は散歩兼ねて歩いて行った。

     *

営業所の担当のお兄さんは
シムカードをクリーニングするなど1時間をかけて直したが・・・・。

これが我が家に戻ったら元の木阿弥なのだ。
やっぱりかからない。

その間、
妻、友人、孫などに試し電話を掛け、
あるいは試しメールを送ったりしたものの結果はダメ。

1、2回はどうかして繋がったことはあったがまたすぐにダメになった。
圏外表示も現れる。

      *

実は営業所に行く前に××Tのコールセンターに電話をしている。
そこで遠隔操作指導を受け、30分以上もかけて修復を試みたのだ。

それがだめで営業所まで行った。
そんなわけで一日携帯に振り回される結果となった次第。

明日は携帯普通2日目を迎えるが・・・・・・。

久しぶりの潜友お喋り会…・新宿ライオンにて

17.1.27アニラオ会新宿ライオン  (1)
潜友お喋り会の会場はもっぱら新宿ライオンだ。

★結局、世間話に終始

昨年暮れの忘年会が流れ、
久しぶりの潜友お喋り会となった。

メンバーは4人。
この数年、続けてフィリピンのアニラオへ
スキューバーを楽しみに行っているメンバーだ。

      *

潜る話はほとんどなくて、
世間話に終始する楽しいお喋り会なのだが、
ひょっとして僕がいるからそうなってしまうのかも・・・・。

他の3人はもしかしてもっと真剣に
用具、技術、場所、計画の打ち合わせなどをしたかったかも。

・・・・でも、今回も楽しい2時間あまりだった。

      *

僕が新宿に降りるのも久々。
そこでついでに寄ったのがビクトリアスポーツと画材の世界堂。

わざわざ買いに出るほどのものではないので、
今日の新宿での潜友会がいいタイミングだったのだ。

ビクトリアスポーツは店の前に並んでいる値下げ品が目当て、
画材の世界堂はばら買いのパステルを購入。

成田山初詣と鰻と宗吾霊堂

★美味しい鰻重

親しい友と2人で成田山へ初詣に行った。
僕は今年で3年目(3年連続)。

知人は子供のころから行っているというから、
もう何十年か連続なのかも・・・・。

      *

成田山は参道を歩くのも楽しいし、
境内の奥の庭園を巡るのもいい。

しかし、鰻を食するのはもっとだ。
美味しい鰻重が目的の参拝客も多いのでは?

このようなことを言っているとご利益に影響するかな?

16.1.8 成田山、佐倉宗吾霊堂 (23)
成田山新勝寺。僕は今年で3年連続の参拝。
16.1.8 成田山、佐倉宗吾霊堂 (24)
参道に入ってすぐの"三はし"。
16.1.8 成田山、佐倉宗吾霊堂 (49)
成田駅から京成で2つ目の宗吾霊堂もお参りした。
こちらは参拝客も少なく静かだった。

1月1日の過ごし方は例年通り

★ ♭何でもないようなことが・・・・

目が覚めたら6時50分。
初日の出を見に行くどころじゃない。
すっかり寝坊だ。

もし、いつものように5時か5時半ころに起きたら、
見に行ってもいいかなァぐらいに思って昨夜は寝た。

そんな中途半端な気持ちでは初日の出は拝めないのだ。
こういうのが年取った、つまり加齢の証拠なのかもしれない。

      *

というわけで、1月1日は例年通りの過ごし方で終わった。
①近くの秋葉神社に初詣。
②家内の実家に集合(今年は10名)。
③昼食後ひと休みして解散。

帰宅すればもう夕方近く。
・・・・で、1月1日は終わる。
今年も例年通りだった。
※1日か2日集合でほとんど40年間続いている

      *

昨年、離婚問題で久しぶりにTVに顔を出していた高橋ジョージさん。

彼の永遠のヒット曲『ロード』の歌詞の一節、
♭何でもないようなことが 幸せだったと思う 
♭・・・・・・・

そんな歌(歌詞)が思い浮かぶ一日だった。

17.1.1 秋葉神社。久喜で孫たち (24)
知る人ぞ知る…したがってほとんどの人は知らないと思われる秋葉神社。
火防 盗難除 病平癒 百難消除にご利益があるという。
17.1.1 秋葉神社。久喜で孫たち (15)
秋葉神社の由緒。今でも関東一円から参拝に訪れるとか。
17.1.1 秋葉神社。久喜で孫たち (69)
公園で影絵遊びをする4人の孫たち。
17.1.1 秋葉神社。久喜で孫たち (48)
初めて食べた新柑橘果物"紅まどんな"。
皮が薄くてジューシー。ひとつ数百円はするらしい。

①キャンセルをしないこと②メタボ改善・・・・来年の目標

16.12.28 ブログ用大宮診療所、3色人参ほか (13)
春を待てない紅梅(多分)。

★格好悪くなく・・・・・

暖かい日が何日かあって、
通りすがりの畑の紅梅が花を開き始めた。

1~4月が花の季節らしいので、
それほど早いというわけはないのかも。

昨日は紅葉、今日は紅梅・・・冬はどうした?

      *

今年はケガが多かった。
6月には耳の鼓膜を破るケガ。
8月の膝の打撲。

これが長引いた。
2か月間の山行中止。

10月には足首の痛みでまたまた山行中止。
首と右手のしびれは頸椎症と診断された。

8月から山行のキャンセルだけでも8つほどある。

ほとんどの山行はキャンセルでも連絡不要とあるのだが、
それでも僕はできるだけ前日までにはリーダーに連絡を入れた。

      *

6月のスキューバでは数本をキャンセル。
釣りでは8、9月をキャンセル。
山行はすでに書いた通り。

理由はどうあれ
キャンセルはあまり格好のいいものではない。

      *

そこで来年の目標だ。
①来年は格好悪くなく行こう。
山行のキャンセルをしない…病気・ケガをしないこと。
②腹囲を2.4センチ細くしよう。
メタボ改善。

Index of all entries

Home > 今日のこと Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top