FC2ブログ

Home > 今日のこと Archive

今日のこと Archive

おいらく山岳会総会に出た。ありがとうのプレゼント。映画Youtube『梟の城』『吾輩は猫である』

DSCF2574.jpg
嫁さんから届いた鈴廣のかまぼこセット。

★美味しくいただきます

次男の嫁さんから届いた父の日プレゼント。
鈴廣のかまぼこセットだァ。

ありがとうのプレゼントは僕から嫁さんへのお礼の言葉。
美味しくいただきます。

      ☆

19.6.15 おいらく総会 (17)
総会後の懇親会も分け合い合いで楽しかった。

★心からありがとう

今日はおいらく山岳会総会。

委任状も提出していないし、
世話になっているリーダーたちの顔も見たいし、
みんなに感謝の気持ちも伝えたいし・・・・・・・。

やっぱり出席するっきゃないだろう。
という分けで、夕方6時から千駄ヶ谷区民会館で行われた
おいらく山岳会総会に出席した。

こちらも
ほんとに心からありがとうなのだ。

      ☆

DSCF2576 (4)
映画Youtube『梟の城』 1999年。
う~ん。何だか面白いんだか面白くないんだか分からない。
      *
19.6.15 おいらく総会 (2)
『吾輩は猫である』 1936年。
ユーモアとコメディみたいな面白さがある。
太平洋戦争が始まったか始まるかの1936年制作とは。
その頃はまだ日本にゆとりがあったのだろうか。

★映画Youtube『梟の城』 篠田正浩監督 1999年
          『吾輩は猫である』 山本嘉次郎監督 1936年

準備万端まではいかないが・・・・・・。TVドラマYoutube『裸の大将 尾道坂道春の雪』

★小品の展示は5、6点

23日~29日の季風会(主に風景画)の準備。
といっても描いた絵を額に入れることなのだが。

今日はパステルと水彩の小品だ。
これが意外と時間がかかってほぼ一日を費やした。

小品は展示予定に入っていない。
スペースがあったら(空いてしまったら)
そこに埋めるべく展示しようというもの。

だから数も分からないし、
もしかしたら展示できないかもしれない。

それでも昨年は小品は8点展示。
ことしも5、6点は展示できるのではないかと思う。

油絵は例年通り4点を出品する予定。

期間中に有楽町に出ることがありましたら、
ついでにでも寄っていただければ幸い。
お待ちしております。

スキャン_20190515 (2)
僕は24日(月)はお休み。
他は期間中全日会場にいる予定です。
スキャン_20190515 - コピー (2)
季風会展の会場は有楽町駅前交通会館の地下1回ゴールドアロン。

      ☆

DSCF1942 (3)
近ごろではあまり見なくなった(多分)全国行脚の人情物シリーズドラマ。

★TVドラマYoutube『裸の大将 尾道坂道春の雪』 芦谷雁之助主演

今日もだったが、
ここ数日、ながら見で『裸の大将』 を楽しんでいる。

1980~90年代に制作放映の山下清を題材にした
軽妙な人情ドラマ。

面白い、笑える、ほろりときたり・・・・・・、
心温まるドラマなのだ。

ボルダリングの出来る家。ラオスフェスティバル

★楽しい歓談と美味しい夕食

知人が家を新築。
何人かの知り合いと一緒に招かれた。

高齢になってからの家の新築はすごいことだ。
ご夫婦で仕事を続けているし、モチ共に健康。

数日かけて準備したであろうごご馳走の数々、
ご主人の腕前披露の手打蕎麦。

楽しい歓談と美味しい夕食にたちまち時間が過ぎた。
ありがとうございました。

DSCF1251 (2)
3階の天窓のある明るい部屋にはボルダリングが・・・・・・。
DSCF1237 (2)
ラオス並みの暑さの中のラオスフェスティバル。
ここでビアラオとラオスの自然塩を購入土産代わりにした。
DSCF1239 (2)
野外舞台では両国の文化交流・発表会。
DSCF1185 (2)
代々木公園の森でくつろぐ人々。

上野で日府展、浦和で岸田劉生・木村荘八素描展

★どちらもいい勉強(刺激)に

二つの展覧会を見に行った。
上野の東京都美術館で開催中の日府展には
僕の高校の同窓生が出品。

作品も素晴らしい力作だが、
会(社団法人・日本画府)の参事のひとりとしても大活躍。

      *

もうひとつは浦和駅近くの浦和美術館で開催中の
素描礼讃 岸田劉生・木村荘八展。

どちらもいい勉強(刺激)になった。

19.5.23 日府展、浦和美術館 (13)
高校同窓生の作品。
パワーが伝わってくる。
19.5.23 日府展、浦和美術館 (31)
いい勉強になった。
19.5.23 日府展、浦和美術館 (10)
東京都美術館へ向かう人たち。

評判の医院へ12年ぶりに行ったら・・・・・・。不要物(ゴミ)とアート(作品)の間

19.5.8 木根淵医院 (4)
12年ぶりに行った木根淵医院。
現在、診療所の新築工事中だ。

★やっぱり・・・・・・やさし~い(^^♪

およそ12年ぶりに木根淵医院(皮膚科)へ行った。
12年前にタイへ発つ前、数年分の塗り薬を処方してもらい、
それがいよいよ使い切ってしまいそうなのだ。

     *

ものすごく流行っている医院で、
評判を聞いて遠くから患者さんがやってくるほど有名。

やさしい先生で12年ぶりに会えるかと思ったら
3年ほど前にお亡くなりになっていた。

現在の院長先生は息子さんで、
やっぱり・・・・・・やさし~い(^^♪。

      ☆

19.5.8 木根淵医院 (21)
不要物(ゴミ)とアート(作品)の間?

★一瞬ギョ

上記、木根淵医院は我が家から歩いて行ける距離。
およそ1.5㎞くらいだろうか。

その間に陸上自衛隊大宮駐屯地がある。
駐屯地の敷地の長さは1㎞ほどもあって、
あとはバス会社の車庫、鴨川と続くから間に住宅や店はない。

      *

行きは自宅団地前からバスに乗ったが、
帰りは歩いて帰ってきた。

その歩道に落ちていたのが服。
だれかが落としたのか落ちてしまったのか分からないが、
目にしたときは一瞬ギョっとした。

あるはずのないところに服が・・・・・・・。
なぜ?
何があった?

偶然にしても白と黒のコントラスが美しい。

      *

これって不要物(ゴミ)とアートの間?。
そんなこと思う(感じる・考える)のは僕だけかなァ。

      ☆

※明日は旅行(1泊2日)のためブログをお休みします。

濃い赤紫と薄い紫のカーネーション。2度描き直し・・・・・・

19.5.6 母の日カーネーション。工房・モデル崔さん.ガッテン鮨 (93)
早々と届いた花束は娘から母の日のプレゼントだ。

★濃い赤紫と薄い紫

早々と届いたのは母の日のお祝い。
娘から妻への花束をプレゼントだ。

母の日は今月の12日(今度の日曜日)らしいのだが、
娘はもしかして12日は仕事・・・・・・なのかも。

      *

紫のカーネーションは始めて見る。
濃い赤紫と薄い紫色。

しかも花が大きい。
10連休明け、これで妻も元気に出勤できる・・・・・・多分。

      ☆

19.5.6 工房・モデル崔さん (55)
モデルさんは立ったままで2時間半(途中25分ごとに5分間休憩)。

★2度描き直された

絵の教室のモチーフは人物。
立っているモデルさんを描くのは初めて。

      *

立ったままはとても疲れるので、
嫌がるモデルさんが多いなかで、
シンガポール国籍のこの(今日の)モデルさんは
快く引き受けてくれたらしい(先生談)。

      *

下描き段階で、
色を付けはじめた段階でと
先生から2度描き直させられた。

次回20日の教室までには仕上げておかなければ・・・・・・。

      ☆

19.5.6 母の日カーネーション。工房・モデル崔さん.ガッテン鮨 (86)
連休の〆はやっぱり寿司。

★ちょっと贅沢

連休の〆はやっぱり寿司
・・・・・・・・・・・・・・・と、これは妻の注文。
仕事していない僕には連休の〆は必要ないからね。

      *

がってん寿司は我が家から車で7、8分。
もう少し近いところにカッパ寿司もあるのだけれど、
最近はもっぱらがってんだ。

同じ回転寿司でもカッパよりは少し高級。
それだけ美味しいのだ。

夫婦2人だけだし、
2人ともそれほど多くは食べないし・・・・・・。
〆はちょっと贅沢をしたというわけ。

タマネギ買い出し状態で新幹線・・・・・・墓参り。本「水滸伝」⑮北方謙三

★わずかな時間でも・・・・・・

先祖の墓参りに浜松へ行ってきた。
このところ年1回が恒例になってしまった。

父や義母、叔母などが健在の頃は毎月、
少ない年でも3、4回は行っていたが、
今は知り合いと言えばいとこくらいになった。

交通費もかかることだし、
数年前から年1回(一昨年は2回)になった。

      *

墓参りのほか知り合いの家3軒ほどあいさつに回る。
叔母の残した家もあるので管理上の世話になっている人がいるのだ。

わずかな時間でも地元の人との触れ合いがあるのはいい。
年一回の訪問(墓参り)を大切にしたいものだ。

19.4.23 浜松  (39)
右端にわずかに見えるのが本堂の屋根。
正面の赤い建物が地蔵堂。
中に国宝級の仏像が収められているとは先代の和尚さんの話。
左に並ぶ墓が村から出兵し戦死した23人(若者)の墓。
僕の叔父もそのうちの一人でパブアニューギニア戦死とある。
19.4.23 浜松  (33)
久しぶりに本堂に上がり手を合わせた。
壁に貼ってあったのは年忌繰出一覧表。
ほとんどが鈴木さんだ。
19.4.23 浜松  (61)
知り合いからお土産に貰ったタマネギ。
これ、新幹線で持って来た。
ゴロー××「こんなに持って新幹線に乗ったら・・・・・・」
恥ずかしいと言おうとしたのにみなまで聞かず
くれた奥さん××「運ぶのは新幹線だから」
・・・・・・と、そんなわけでほとんど終戦直後の買い出し状態で帰ってきた。
19.4.23 浜松  (10)
お寺近くの空き地にて。
たまたま今日テレビで見た栽培禁止のケシ(アツミケシ)に似ているんだよなァ。

      ☆

スキャン_20190423 (2)
闘い方が具体的に詳細に書かれて(解説)いて・・・・・・。

★本「水滸伝」⑮北方謙三

今日の新幹線内で15巻目を読み終えた。
やっとだ。

梁山泊と政府軍との全面対決。
どっちが勝った負けたというのではないけれど、
闘い方が具体的に詳細に書かれて(解説)いて
中国、韓国、モチ日本でも戦国時代などは大いに参考にしたのではないだろうか。

中国3大奇書に入る理由はこの辺りのあるのか?

僕もたまげたァ・・・・・・T先生を囲む集いで。影といろ(色)・・・・・・癒し系2ショット

★口を挟む暇がない

高校時代の担任のT先生を囲む集いがあった。
ごく内輪の集いで参加者は先生を入れて7名(3名欠席)。

T先生は僕らの卒業後、数年して早稲田大学の教授になられた。
太宰治の研究第一人者で著書も多い。

      *

会場は町田の“梅の花”という懐石料理屋。
新元号で話題となった万葉集に出てきたような店名だが、
たまたま偶然で新元号とは関係ないらしい。

集まった生徒たちは皆元気で
お喋り好きな僕が口を挟む暇がないほど・・・・・・これには僕もたまげたァ。

物静かな先生はじっと聞いている。
たまにひと言返事をするくらい。

2時間はあっという間だったけれど
先生にはお疲れさまでした。

19.4.11 東郷会町田梅の花 (13)
“梅の花”の廊下。
メニューは豆腐が美味しい「春美人(セット)」
高齢者には味も量もGoo.だった。

      ☆

★癒し系2ショット
19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (2)
①影は芸術だァ!
味気のないスーパーの駐車場。
気付かなければただの影を踏んで歩くだけ。
19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (57)
②いろのいろいろ
これは集合の美しさだ。
集合はきっとパワーを生むのだ。
色も花も木も動物も水も風も・・・・・・そして人も。

花見日和、29回目のホノルルマラソン同窓会。日本水彩連盟展

1 19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (47)
🌸皇居お堀3景 ↓
4 19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (17)
🌸1景。
2 19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (49)
🌸2景。
3 19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (34)
🌸3景。

★最高齢は88歳の現役ランナー

ホノルルマラソン同窓会(花見)は毎年4月第一日曜日に決まっている。
今年は早い開花で今日まではとても持つまいとあきらめていたのに、
その後は寒い日が続いて結果的に最高の花見日和なった。

今年で29回目。

最高齢88歳の現役ランナーは
毎年名古屋から上京しての参加だ。
幹事が最も若手で61歳。

女性2人、男性8人の
計10人が花見(同窓会)参加。

持ち寄りの食べ物や飲み物で大いに盛り上がるのは例年通り。
あっという間に4時間が過ぎた。

      ☆

5 19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (62)
光を取り入れた奥深い色合いと大胆な構成は刺激的。

★大活躍中の後輩・・・・・・日本水彩連盟展

国立新美術館へ日本水彩連盟連展を見に行った。
大活躍中の後輩(女性)が出品している。

彼女の抽象水彩画の
光を取り入れた奥深い色合いと大胆な構成は刺激的。

『浜の作業船』・・・・・・早描きスケッチ2点。逝く人に?送る人に?・・・・・・週刊誌の特集。高峰秀子もの2冊

19.4.5 海のスケッチ、ひだまりの郷ほか (7)
『浜の作業船』 Ⅰ。
19.4.5 海のスケッチ、ひだまりの郷ほか (5)
『浜の作業船』 Ⅱ.

★早描き

先日のスケッチハイクで描いた二宮の浜の『作業船』に色付けした。

現場での鉛筆デッサンが5分、家で色付けが5分。
実質的にそのくらいで描き上げた僕にしては珍しいスピードスケッチ。

      *

ずっと以前の夏のことだが、リフトに乗りながスケッチしている女性がいた。
5分かそこいらの乗っている間に1枚を描き上げてしまう。

聞けばその人(女性)はスピードを身上としているとか。
僕もさっそく繋ぎの次のリフトで真似てみた。

相当におおざっぱだったが描いて描けないことはない。
どこか探してその時のスケッチが出てくれば自分でも改めて見てみたい。

      *

僕は手が遅い。
描いているうちに面倒になったりもする。

スケッチ用の鉛筆にパステルで、
どちらも軽く描いたら(早描きの意)・・・・・・が上の2点だ。

      ☆

19.4.5 海のスケッチ、ひだまりの郷ほか (15)
どれも特集が介護・終活系。

★逝く人に?送る人に?

施設にいる義兄を眼医者に連れて行った。
待合室のブック立ての週刊誌の表紙を見てナニコレ?

どれも特集が終活系ばかり。
近く逝く人が読むのか送る人が読むのか?

売れるから同じような特集なのか?
読者層を詳しく知りたいものだ。

      ☆

19.4.5 海のスケッチ、ひだまりの郷ほか (24)
意味不明。

★上から読んでも下から読んでも分かりません

高いを天地逆にしているけれど、
電気が高い?
逆さまだから低い?
どっちにても意味不明。

これは、電気器具の値段のことを言っているのか?
安く売りますと言っている?

もっと意図をストレートに書いてほしい。
後続車(僕)は気になって気になって仕方ない。

      ☆

スキャン_20190405 (2)
『高峰秀子の捨てられない荷物』 斎藤明美。
スキャン_20190405 (3)
『私の梅原龍三郎』 高峰秀子。
沢山の写真が挿入され、まるで高峰秀子のアルバムを見ているよう。

★高峰秀子もの2冊

✩「高峰秀子の捨てられない荷物」 斎藤明美

高峰秀子の伝記に近い。
著者の斎藤明美氏は高峰・松山夫婦の養子になった人。
著書の中でも高峰をかあちゃんと呼んでいる。

      *
✩「私の梅原龍三郎」 高峰秀子

梅原龍三郎と高峰秀子は40年の付き合い。
2人が知り合う前から高峰は梅原龍三郎の作品を購入していた。
梅原は高峰をモデルにして何枚も描いている。

絵と民謡の稽古が重なるとけっこう忙しい。Youtube映画「蛍川」 須川栄三監督

★通うだけの価値あり

今日は絵の教室と民謡の稽古日。
8時前に家を出て帰宅が午後4時を回る。

近くのイオンで買い物をして夕飯の支度・片づけを終えると9時近くなる。
こんな日はけっこう忙しい。
ブログ用の写真を撮るのさえ忘れていた。

      *

絵の教室は今日から場所が元の工房館へ戻った。
リフォームされた工房館は磨かれたようにきれいだ。

とくにトイレ・水回りと床がピッカピカ。
バスを乗り継いで1時間ほどのところへ通うだけの価値ありだァ。

      *

絵の教室では2回続いた人物デッサンを先生がチェック、それを手直しした。
後日、直す前と先生のチェック後に直したものとを並べて掲載予定。

民謡の稽古では十勝馬唄、秋田節、稗搗節の練習。
後日、直されたところを希望者に披露・・・・・・(・希望者が)いるわけないよなァ。

      ☆

「蛍川」須川栄三監督1987年 19.3.31 袋田の滝、大谷観音、出流山満願寺・米内、関根3人ドライブ (24)
ほぼ終わりの場面。
ホタルの大群が美しい。

★Youtube映画「蛍川」 須川栄三監督 1987年

最後の蛍のシーンが圧巻の美しさ。
宮本輝の原作は読んでないけど、
この最終シーンはどのように書かれたのか。

このシーンだけでも忘れられない映画になりそう。
・・・・・・でも、かなり昔にこの映画見たような?

先輩の個展。上野の桜は5分咲き。エナジーの夜。

19.3.26 桑原個展 Youtube映画 上野花見 エナジー (69)


★3ヵ所で同時開催

神保町と渋谷2ヵ所の3ヵ所で同時開催している桑原盛行個展へ行った。
個展はいずれも画廊企画だ。

桑原氏は知る人ぞ知る現代絵画作家の第一人者。
NHKの1時間番組({ドキュメンタリー)で放映されたこともあるし、
芸術新潮で特集で紹介されたこともある。

海外(とくに欧米)では有名オークションに出品もされ、
国内の公立、私立美術館にも多数収蔵されているし、
最近ではポーラ美術館が買い上げたとか。

そんな大家を僕が先輩と呼ぶのはおこがましいが、
付き合初めて57年目、僕の高校1年からなのだ。

桑原氏の個展の会場。日時は下記です。

スキャン_20190327 (3)
スキャン_20190327 (4)

      ☆

19.3.26 桑原個展 Youtube映画 上野花見 エナジー (45)
まだ5分咲きの上野、でも人はいっぱい。

★人出は満開だァ

上野のお山で弁当を食べた。
早い話が花見だ。

少々涼しく、桜も5分咲き。
でも人出は満開だァ。

      ☆

19.3.26 桑原個展 Youtube映画 上野花見 エナジー (111)
3回目のインドアクライミング。
ビレイ(安全確保)練習も加わって楽しくなってきた。

★近いのがGoo

インドアクライミングは夜なので
僕なりに参加しやすい。
何より近いのがGoo。

今日は練習場(エナジー)のある武蔵浦和にザック(クライミング用具)を置き(コインロッカー)、
6j時までに舞い戻った。

今日、練習に参加した11人のうち、
そのうち現役で仕事(勤め)をしているのは9人。

無職で常時フリータイムは2人だけだった。

失敗と横着が重なった末の知恵。Youtube映画「おんな船頭唄」ほか。本『にんげん住所録』高峰秀子、『水滸伝』⑭北方謙三

19.3.24 youtube 秋日和、秀子の車掌さん、春雷。この人・松山善三、松本清張 (47)
失敗と横着が重なりイーゼルをパソコン側に向けた。

★Youtube三昧だァ

油絵の下描きの線にクレパスを使った。
修正のため消そうとしたら広がるだけで全くダメ、練ゴムでも消えない。

そこで、上から絵具を塗ったらクレパスの色が絵の具に混ざってしまう。
仕方がない、白か何かを下塗りして乾いてから上から描き直しだァ。

      *

Youtubeも観たいし、単純作業の絵具も塗りたい。
そこで、イーゼルを反対向き、つまりパソコンに向けた。

同時に両方をやろうというわけだ。
失敗と横着が重なるとトンデモナイ知恵が沸くものだ。

というわけで、
今日も映画Youtube三昧だァ。

      ☆

三橋美智也1956年おんな船頭唄
「おんな船頭唄」 小林桂三郎監督 1956年。
前年大ヒットした三橋美智也の初ヒット曲を映画化したもの。
当人もギターを抱えて出演。
19.3.24 youtube 秋日和、小津安二郎)1960年
「秋日和」小津安二郎監督 1960年。
高級サラーリマンたちの平和なひと時の話。
この映画を見るのは2回目か3回目。
19.3.24 youtube 秋日和、秀子の車掌さん、春雷。この人・松山善三、松本清張 (65)
「春雷」佐々木啓祐監督 1939年。
前編・後編に分かれている長い映画らしいが短く編集した70分もの。
すれ違いばかりの悲劇的なロマンスがなんとかハッピーに終わるのだが、
短くはしょってしまっているせいかよく分からない。

      ☆

★本『にんげん住所録』高峰秀子、『水滸伝』⑭北方謙三
スキャン_20190323 (2)
✩にんげん住所録』 高峰秀子
大女優の書いたエッセイなど著作物が面白いらしいので読み始めた。
スキャン_20190324 (2)
✩『水滸伝』⑭ 北方謙三
梁山泊の反乱軍は拡大はしつつも梁山湖から外へは進撃できていない。
残りはあと5巻、梁山泊大丈夫かァ。

春が見つからない?。本「戦記小説集」五味川純平・・・・・・ほかTV&Youtube

★春が見つからない?

春を見つけに散歩に出た。
ところがそれらしき被写体が見つからない。

無理やり撮ったのが路傍の花と
芽が出ているであろうバイパス沿いの木。

19.3.19 ゴルフTV 散歩春見つからず (16)
路傍の花の名前は分かりません。
19.3.19 ゴルフTV 散歩春見つからず (19)
夏は小さな葉がびっちりの木。

      ☆

19.3.19 ゴルフTV 散歩春見つからず (31)
映画「人間の条件」のシーンが思い浮かぶ。

★本「戦記小説集」五味川純平

自らの悲惨な戦争体験をもとに書いたもの。
映画「人間の条件」のシーンが思い浮かぶ内容だ。

      ☆

19.3.19 ゴルフTV 散歩春見つからず (47)
試合内容も面白かったがコースも素晴らしい。

★“ザ プレイヤーズ チャンピョンシップ”・・・・・・TV

何気に見たザ プレイヤーズ チャンピョンシップ。
試合内容も面白かったがコースも素晴らしい。

久々に(朝から)ゴルフ番組を見たなァ。

      ☆

19.3.19 ゴルフTV 散歩春見つからず (69)
映画「手をつなぐ子等(こら)」のエンディングは卒業式の“仰げば尊し”。

★Youtube映画「手をつなぐ子等(こら)」 1948年 稲垣浩監督

いじめがテーマの修身教育みたいな・・・・・・。

70年近くも前の映画をもし今の子供たちが見たら
どのように理解するだろう。

久しぶりに“仰げば尊し”を聞いた。


銀座画廊で3人展鑑賞と新橋で赤提灯&🎤。本「山靴の音」芳野満彦、「水滸伝」⑬北方謙三

★あふれ出るエネルギー

3人展のひとりは50年来のお付き合いのごく親しい知人(女流画家)。
毎年100号の大作をモノにしている。

その100号のキャンバスを自分で張ったり、
今回は額縁も作ったというパワーもすごいが
作品が醸し出すパワーもすごい。

作品の前に立つと
あふれ出るエネルギーに圧倒される。

会場は東京銀座画廊・美術館8F。
明後日(17日)まで。

      *

3人展鑑賞の後は気の置けない6人組で
新橋の赤提灯(赤札屋)へ移動。

その赤提灯での談笑は3時間・・・・・・で、無理やり切り上げて🎤へ。
こちらは懐かしい昭和歌謡曲を2時間歌いまくって切り上げた。

19.3.15 銀座鈴木明子さん3人展、野田弘志TV (123)
3人展は明後日(17日)まで。
19.3.15 銀座鈴木明子さん3人展、野田弘志TV (129)
作品の前に立つとあふれ出るエネルギーに圧倒される。
19.3.15 銀座鈴木明子さん3人展、野田弘志TV (179)
夜の銀座は明るいなァ。

      ☆

スキャン_20190315


★本「山靴の音」 芳野満彦著、 「水滸伝」⑬ 北方健三

・「山靴の音」
超クライマーの著者(故人)とパーティを組んでいた一人に僕の知人K氏がいた。
その知人とは今もメールのやり取りを続けている。
山男だとは知っていたがそんなすごいクライマーだったとは。
 
      *

・「水滸伝」⑬ 北方健三
反乱軍の梁山泊に8~9割くらい割いているのに、
政府軍側には1~2割しか割いていない。
しかし、その政府軍側の1~2割(参謀たちの動きや作戦)
が5割の重さ(①~⑬巻まで)。

どっちがいい?・・・・・・孫2人の卒業祝い。映画「人間模様」 1949年 市川崑監督

19.3.10 卒業・入学祝い ご馳走 (19)
「外食するのとどっちがいい?」・・・・・と僕。
「家の方がゆっくり出来るし・・・・・」と家内。

★孫2人の卒業祝い

寿司の船盛、
ピザーラのピザ、
100g****円の牛肉、
他にから揚げ、サラダ・・・・・・・。

今日の夕食ご馳走の理由は
孫2人の卒業祝い。

外食をやめて我が家で食べようとにわかパーティ。

「外食するのとどっちがいい?」・・・・・と僕。
「家の方がゆっくり出来るし・・・・・」と家内。

      ☆

19.3.10 卒業・入学祝い ご馳走 (34)
制作年が戦後4年しかたっていない1949年。

★映画Youtube 「人間模様」 1949年 市川崑監督

制作年が戦後4年しかたっていない1949年。
僕がまだ4歳。

当時にあっては相当革新的(斬新)な映画だった・・・・・・と思われる。

法事で気付く月日の経つ速さ。懐かしい東千代之介・・・・・・「裸の大将」から

19.3.2 法事正満寺 キネシオ (33)
義母の17回忌に行った高輪のお寺。
19.3.2 法事正満寺 キネシオ (51)
お墓から見上げればそこはビルの谷間。
19.3.2 法事正満寺 キネシオ (21)
お寺へは目黒駅前からバスで行く。
目黒は勤務時代何度も下車した駅。
その様変わりにビックリ、
僕はほとんどお上りさん状態だ。

★先日のことのよう

義母の法事(17回忌)。
お墓は港区の高輪にある。

      *

月日の経つ早さを感じるのが法事なのかも知れない。
妻の実家には幾度行ったことだろう。

勤務時代に僕の転勤先に旅行を兼ねて呼んだこともあるし、
温泉にも何度か行った。

それらもつい先日のことのように思える。

久しぶりの親戚の人と、
会話を楽しんだり食事をしたり・・・・・・・。

そんな場を提供してくれるのも法事なのだ。

      ☆

19.3.2 法事正満寺 キネシオ (9)
懐かし~~~ィ、東千代之介さ~ん。

★TV「裸の大将」・・・・・Youtube

1981年〜1997年全83話『裸の大将放浪記』時も含める(ネットより)。
何話なのかは分からないが人情あふれる内容で面白かった。

目を引いたのが東千代之介が出演していた事。
懐かし~~~ィ。

かって時代劇で中村錦之助と人気を分かっていた名優だ。
今ならイケメン俳優の代表みたいに扱われることだろう。

初めての高圧洗浄。ピカピカの施設。アマゾン利用のはずが・・・・・

19.2.17 浦和パルコ、中央図書館、キャンバス (5)
寒いし、洗浄機を扱うのもみな不慣れだし・・・・・・。

★初めての高圧洗浄

毎月第3日曜日(1月は休み)は団地内掃除日。
今日は西階段使用の8軒で西階段の高圧洗浄を行った。

寒いし、洗浄機を扱うのもみな不慣れだし、
床材張り直し3年で初めての洗浄なのだ。

1時間では丁寧に洗うのは難しい。
といわけでかなり雑な洗い上がりであったが
・・・・・・ぎりぎり1時間で終了した。

      ☆

19.2.17 浦和パルコ、中央図書館、キャンバス (9)
浦和コミュニティセンターは利用団体多数で抽選が大変みたい。
市内団体は3か月前、市外団体は2ヵ月前でさいたま市民(団体)優先なのだとか。
19.2.17 浦和パルコ、中央図書館、キャンバス (26)
中央図書館の蔵書は450000冊(開架資料250000冊)。
写真は新聞の棚(6×2×12)。
地方紙から海外紙までそろっている。

★ピカピカの施設

おいらく山岳会のリーダーから、
浦和駅前のパルコの10階に利用できそうな公共施設があるので調べて
との要請を受けた。

さいたま市在住の人なら、
会でも利用を申し込めるかもしれないということらしい。
・・・・・・で、行ってきた。

      *

昨年11月にオープンしたばかりのピカピカの施設で
集会場だけでも15、音楽室6、IT研修室もある。

モチ、多目的ホール(400人)やレクリエーションルームも。
施設の名称は浦和コミュニティセンター。

市外の団体・個人が利用する場合は利用料金が150%になる。
ただし3時間利用370円から最大の第15集会室(132人)でも1690円と廉価。
さいたま市在住の人云々は関係ないようだ。

      *

浦和コミュニティセンター(10階)のふたつ下の8階は中央図書館。
・・・・・で、ちょっと覗いた。

その大きさ、広さにビックリ。
聞けば蔵書は450000冊(開架資料250000冊)だとか。

しかも休館日は年末年始だけの年中無休。
午前9時~午後9時半まで利用でき、座席数480。

高校生などが試験勉強するのにもいいかも。
日曜日昼間の今日だって座席は勉強中の若い人で満席
(座席には予約受付窓口があった)。

      *

19.2.17 浦和パルコ、中央図書館、キャンバス (75)
キャンバス2枚で8500円超え。

★帰ってから思いだした

浦和に出たついでに画材屋へ寄り。
10号と30号のキャンバス2枚を買った。

ここのところ値上がりが激しいとは聞いていたが、
キャンバス2枚で8500円超えは思った以上だ。

      *

帰ってから思いだした。
アマゾンで買うつもりでいたのに・・・・・・と。

光とパワーがみなぎるカメラマンと女流水彩画家の作品

★親友の息子、女流画家は後輩、FC友

アルパインツアーで(昨年)僕はキナバル山へ行った。
山専門のツアー会社で初心者からヒマラヤ(エベレスト)、南極ツアーまで企画する大手だ。

親友の息子さんはこの会社のツアーコンダクター。
世界中に足を運ぶとともにカメラマンとしても大活躍。

国際的なコンクールでも多数の優勝、入賞を果たしている。

      *

女流水彩画5人展は新宿の京王プラザロビーギャラリーで開催中(19日まで)。

僕の高校・大学の後輩女性は珍しい抽象作品で大活躍。
今回もパワーにみなぎる作品に圧倒された。

      *

今日はもうひとつ、銀座藤屋画廊で開催中のイーゼル画階展を見た。
フェイスブックの友達が所属(展示)している。

幸運にも彼(FC友)が会場にいて話をすることするが出来た。
彼は彫刻家だ。

スキ駅
親友の息子はアルパインツアー“山旅フォト倶楽部”の中核だ。
19.2.15 謙介君の写真 (18)
強烈な光を発する彼の作品(幅6m)が壁面に飾られている。
19.2.15 謙介君の写真 (33)
京王プラザホテルロビーギャラリー。
パワーみなぎる作品(左)に圧倒された。

“68”と“ロキソニンテープ”は僕の山行の友。育ち過ぎ?ダイコン。下描き2点

スキャン_20190201
僕の山行の友ロキソニンテープと68。

★山行前の68、山行後のロキソニンテープ

整形外科に行き68とロキソニンテープを処方してもらった。
僕の山行には欠かせない。

68はツムラの漢方薬で脚の攣りに効く。
僕は予防のために山行に行く2、3日前から飲んでおく。

68は山行中に攣ってしまった場合でもその場で飲めば即効性もあると聞いている。
だから、モチ山行中のザックには必ず入れておく。

ロキソニンテープは痛み止め。
筋肉痛に効く。
だから帰宅後のシャワー後で腰などに貼る。

よく効くが、一度に2枚以上は貼らないように知り合いの薬剤師から聞いている。
何でも強い効き目で内臓(肝臓?)に負担にくるそうだ。

      ☆

19.2.1 ダイコン畑・絵途中 (8)
どれも直径が15㎝かそれ以上はありそう。

★見事!

通るたびに目を奪われるほどの巨大ダイコン。
どれも直径が15㎝かそれ以上はありそう。

昨年の暮れあたりからイオンでは大根を始め野菜が急に安くなった。
好天続きで豊作というニュースは聞いていたが、
な~るほど、近所の畑を見ても野菜の出来がよさそう。

青々として葉が大きい。
特にここの畑の大根は見事。

しかし、これほど大きいと
まな板をはみ出すし、
大家族でもない限り1本でも持てあましちゃうのじゃないか。

      ☆

★先日のスケッチハイクの下描き2点。
(ボールペンで墨入れして鉛筆の線を消した)
19.2.1 ダイコン畑・絵途中 (17)
外人墓地。
19.2.1 ダイコン畑・絵途中 (14)
貝殻坂。

Index of all entries

Home > 今日のこと Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top