Home > 民謡 Archive

民謡 Archive

並んであったCD2枚・・・・・・サウンド・オブ・ミュージックと岸千恵子

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-09-01 Fri 21:56:41
  • 民謡
スキャン_20170901
並んであった2枚のCD。

★教会での出来事

今日は民謡の稽古日。
明後日の月例(生徒がでお互いに練習曲を披露し合う)で唄う曲の仕上げ。

僕は津軽願人節と筑波山唄の2曲。
今日は仕上げにならず、先生から直しが出た。

津軽願人節は2年前に判子ももらっているのに、
ちゃんと唄えなくなってしまっている。

明日のうちに直しておかねば・・・・・。

      *

上の写真(スキャン)は昨日図書館から借りてきたCD。
棚に並んで飾ってあった。
通りすがりにひょっと目について借りてきた2枚だ。

サウンド・オブ・ミュージックは若いころ僕が何度か見たミュージカル。
ジュリーアンドリュースの歌も素晴らしいけど、
オーストリア、アルプスの風景の映像も素晴らしい。

映画館ばかりでなく、DVDも含めれば
僕は5回くらい見ているのではないか。

      *

オーストリアのザルツブルグに行った時は、
実際のフィリップ大佐の住まいだったというお城のような屋敷を見た。
また、実際にマリアがいたという丘の上の石造りの教会へも行った。

      *

朝まだ暗いうち、ホテルを抜け出して丘の上のその教会へ(ジョギングで)行った。
中はまだ暗い。

僕はいちばん後ろの席から正面のキリスト像を眺めていた。
しばらくすると、教会の扉を開く音が聞こえる。

そっとひとり女性が入ってきた。
その女性はキリスト像の前に膝まつきお祈りを始めた。
僕が後に座っていることには全く気付かぬ様子だ。

ちょうどその時、
遠くから讃美歌(の合唱)が聞こえてきた。

尼さんたちが朝のお祈りをしているのであろうか。
静寂のなかにその歌声が美しく響く。


すると讃美歌に誘われるかのように
キリスト像の頭上(背後)のステンドグラスが輝き始めた。

朝陽に輝くステンドグラス、
キリストに祈りをささげる婦人、
遠くから響く讃美歌・・・・・・・。

僕はこの世のものとは思えぬ美しい光景に出会った。
そして深く感動した。

      *

Youtubeで民謡歌手岸千恵子を知ったのはつい昨年の事だ。
たちまち僕は彼女のファンになった。

コンサートに行こうかと思いネットで検索中、
彼女がすでに鬼籍の人であることを知った。

このCDに収録されている20曲のうち、
僕が教室で習っている曲、過去に習った曲を合わせて7曲もある。

津軽願人節
リンゴ節
鯵ヶ沢甚句
十三の砂山
南部牛追唄
嘉瀬の奴踊り
道南口説

      *

この2枚のCDが偶然に
図書館の棚に並んで飾ってあったのだ。

5年越しに実現した民謡・民舞"越中おわら節"

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-08-12 Sat 21:02:38
  • 民謡
★カラオケの"越中おわら節"が唄えない

僕が曲を覚えるからあなたは踊って・・・・・・との約束が5年ぶりに実現した。
あなたとは小学校の同級生Aさん。

前回の小学校同期会で会った時の約束だった。
曲は「おわら風の盆」で有名な越中おわら節(富山県民謡)。

      *

Aさんは民舞をやっていておわら風の盆では全国を巡るそうな。
僕は民謡を習っているということで2人の話が進んだ。

そこで僕は民謡の先生にお願いして練習を始めた。
それが昨年になってやっと(唄を)覚えることが出来たのだ。

      *

先日、Aさんから連絡が入り、
次回の同期会(開催は未決定)までに練習をしておこうということで、
今日それが実現したというわけだ。

場所は錦糸町のビッグエコー。
ところが、カラオケの越中おはら節は僕が習っているのと
一部を除いてかなり異なる。

せっかくなのに僕では唄えない。
聞けば八尾の地区によって詞や曲の一部が異なり、
それが10数種になるのだそうな。

結局、僕はアカペラで唄った。
ということで、
2人の民謡・民舞"越中おわら節"が本日実現した。

次回の小学校同期会が楽しみ。

17.8.12 カラオケ(浅野、柴田)錦糸町 (7)
狭いカラオケボックス内でAさんは"越中おわら"を踊った。
17.8.12 カラオケ(浅野、柴田)錦糸町 (2)
食事を兼ねての打ち合わせは"磯丸水産"。
場外馬券売り場の前の店というわけで、
広くもない1階のフロアにテレビが4台。
どれも競馬中継で、
それらしき客が(撮影直後に満席)熱心に見ていた。

ラッキーな練習日。宅地開発は街の活性化

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-07-07 Fri 19:53:57
  • 民謡
★上手いのなんのって・・・・・・

今日は民謡の練習日だ。

しばらく前に尺八演奏の先生がひとりお辞めになった。

現在は一人でやってもらっているのだが、
長もの(尺八だけの演奏で三味線はつかない)続いたりすると
だいぶ疲れるらしい。
何しろ3時間近く何曲も吹き続けるのだ。

ちなみに、三味線の伴奏は3人の先生方がやってくれている。

      *

今日は尺八の伴奏に助っ人の先生が来てくれた。
大ベテランであちらこちらで大活躍をしている人だ。

唄も2曲披露してくれた。
それが上手いのなんのって・・・・・・・。

それもそのはず、
つい最近、民謡の関東地区大会で優勝しているのだ。

そんわけで、今日はラッキーな練習日となった。

      ☆

★街の活性化と見る・・・・・・今日の散歩から

僕の散歩コースに宅地開発の立札が目立つ。
数か所、おそらく5、6ヵ所あるのではないか?

工事が始まると雑木林、竹林、畑、空き地などが
あっという間に更地に変わる。

散歩コースから緑が失われるのは少し寂しいが、
新しい住民が増え人口もモチ、子供たちも増えるのだ。

全国的には過疎化に悩んでいる地域が多いのだから、
街の発展・活性化につながる宅地開発はありがたいことなのだ。

1 17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (21)
除草剤が撒かれたのか草は茶色く・・・・・・。
2 17.7.6 畑の防鳥 (52)
蜩の森(僕が勝手につけた)の前。道路の拡張?何が始まるのだろう?
3 17.7.7 散歩・ひまわりほかブログ用  (4)
竹林があった場所。中央の木は素晴らしく見事な枝垂桜(春にブログで紹介済)と
手前のビワの木だけが残っているが、あとはどうなるのだろう?
4 17.530-31 男体山  (4)
竹林は根っこをほじくり返して・・・・・・それこそ根こそぎ抜くのだ。
5 17.7.7 散歩・ひまわりほかブログ用  (19)
ヒマワリの季節は太陽の季節でもある。
今日も日差しが暑かった。
6 17.7.7 散歩・ひまわりほかブログ用  (8)
百日紅の花。
やっぱり夏の花だけど、季語としては・・・・・・やっぱり夏。

民謡はいいなァ

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-06-17 Sat 21:37:30
  • 民謡
★定番になった豪勢な昼食

民謡の会"筑静会"の総会。
筑静会は40年近くの歴史がある。

一時は100名を超える会員がいたらしいのだが、
現在は当時の5分の1だ。

      *

総会は2時間弱で終わる。
持ち寄りの煮物など定番となった豪勢な昼食。

昼食後は月例に入る。
日頃の練習曲を披露し合うおさらい会。

僕は、
昨夜、一所懸命に練習をした"秩父音頭"と
"越中おわら節"を唄った・・・・というか唄わせてもらった。

      *

たとえ素人のものでも
聞いても唄っても民謡はいいなァ・・・・・・・と、いつも思うのだ。

17.6.17 総会後の月例  (41)
生演奏の三味線と尺八、横笛で唄う気分は最高だァ。
17.6.17 総会後の月例  (13)
とても食べきれないほど豪勢な昼食。
持ち寄りの煮物などはみな会員ママの手料理。
ベテランママの味はGooなのだ。

      ☆

※明日から旅行(釣り)のため4日ほどブログをお休みします。

難しい"秩父音頭"の♭ハァ~ 

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-06-16 Fri 22:11:39
  • 民謡
★正しい♭ハァ~にならない

今日は民謡の練習日だ。
現在練習中の曲がどうしても上手く唄えない。

民謡は最初の♭ハァ~で決まると言われるけど、
その最初の♭ハァ~がダメなのだ。

先生にはお手本を唄ってもらっているのだが、
どうしても正しい♭ハァ~にならないのだ。

練習曲は"秩父音頭"。

      *

明日は総会と月例だ。
月例とは日ごろの練習曲を披露しあう内輪の発表会。

寝る前だけどこれから練習しなくては・・・・・・・・。

★民謡の練習場へは自転車で行った。その途中で撮ったカット。
17.6.16 ブログ用雑感  (5)
数か所の歩道橋のあちらこちらに謎のロープ・・・・・・・これは何のため?。
      *
17.6.16 ブログ用雑感  (10)
17.6.16 ブログ用雑感  (12)
17.6.16 ブログ用雑感  (15)
幅1mほどの路地の両サイドは竹林(上)。
左側は伐採され始めている(中)。
右側には新しい竹林が生まれようとしている(下)。
この路地は30mほどでしかないが貴重な癒しの道。
      *
17.6.16 ブログ用雑感  (26)
農家の畑の縁に咲くボタン。
17.6.16 ブログ用雑感  (32)
鴨川沿いのタチフヨウ。
17.6.16 ブログ用雑感  (37)
早くもコスモスの花。

携帯でドコモ、牛丼で松屋、農協でコウサイタイ、民謡で大滝節

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-02-24 Fri 22:46:52
  • 民謡
★半年ぶりにハンコ・・・・・・民謡

今日の一日の行動。

①大宮高島屋8階のドコモへ
修理を終えた携帯を受け取りに。
結局、新しい携帯と交換ということに。

②昼飯に久しぶりに松屋へ。
一昨年、現在の場所へ引っ越してきてからは
一度も牛丼屋へは行っていないので、
およそ1年半ぶりになるのかなァ。
松屋の牛丼はみそ汁付きで380円。
吉牛やすきやよりお得感がある。
味もいいし・・・・・・・。

⓷農家直売(農協)の野菜など3種を買う。
◆ほうれん草=100円は今日のスーパー半値。しかも倍くらいの量。
早速、夕食に卵でとじて食べる。評判良。
◆コウサイタイ=菜の花のような黄色の花の野菜?
僕は初めて食べた。
おひたしにしてマヨネーズ、削り節、醬油で食べる
・・・・・・・とレジのおじさんというかおじいさんが教えてくれた。
◆フキノトウ=明日の天ぷら用(予定)。
それにしてもどこで採れたのだ?

④大滝節にハンコをもらう…・民謡。
今日は先生がハンコの大判振る舞いで、
同じ曲(大滝節)を4人に唄わせ、
4人ともにハンコをもらう。
こんなこと初めて。
僕がハンコをもらうのは半年ぶり。

17.2.24 民謡・ブログ用 (4)
松屋の牛丼はみそ汁付き380円でお得感がある。
17.2.24 民謡・ブログ用 (5)
民謡の稽古へ。練習曲を口ずさみながら歩いた道。
17.2.24 民謡・ブログ用 (9)
農家直販で買った左からほうれん草(100円)、コウサイタイ(100円)、フキノトウ(160円)。
001_20170224221154ba7.jpg
半年ぶりにハンコをもらう…・民謡。

民謡新年会&3次会カラオケ

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-01-15 Sun 22:13:02
  • 民謡
★11時間半の長丁場

今日は民謡の会・筑静会の新年会だ。
近くの自治会館で各自練習曲を2曲づつ披露。

そのあとは食べ物、ビールを持ち込んでの宴会。
カラオケ入りの賑いで楽しく終えた。

続けて7人で2次会。
さらに6人で3次会のスナック。

結局、午前10時から8時半まで10時間半の長丁場。
会場準備も加えると11時間半となる。

久しぶりに歌いすぎてのどがヒリヒリだァ。

17.1.15 民謡新年会(2)
民謡クラブの女性陣の差し入れの品々。
これらが美味しくてとても楽しみなのだ。
17.1.15 民謡新年会(8)
食べきれないほどのご馳走が並ぶ。

民謡にアンパン。チンアナゴの日。会津磐梯山

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-11-11 Fri 22:06:20
  • 民謡
16.11.11 ブログ用アンパン・TV   (10)
出来立てのほやほや、あったかアンパンはとても美味しかった。

★民謡にはアンパンが効く?

カテゴリの民謡とアンパンはどんな関係かって?

このアンパン稽古が始まる前にみんなで食べた。
教室の生徒が作ってきてくれたものだ。

出来立てのほやほや。
あったかさの残るアンパンはとても美味しかった。

そー言えば、
今日の稽古はみんな元気に唄っていたような・・・。
民謡にはアンパンが効く?

       ☆

16.11.11 ブログ用アンパン・TV   (16)
11月11日に見えるかしら?

★チンアナゴの日

11月11日は1が4つ並ぶというので、
たくさんの記念日になっていると夕方のテレビで紹介していた。

ネットで調べたら、
『豚饅の日』と『モールアートの日』など22もあるのだそうだ。

        *

変わり種はチンアナゴ記念日。
チンアナゴとは海に住む魚(写真)。

砂地に穴をあけて住んでいる。
その穴から(上半)身を出したり引っ込めたりするする姿がかわいくて
水族館などではなかなかの人気らしい。

並べた姿か偶然並んだのかはわからないが、
11月11日に見える(なる)ので、
チンアナゴの日にした・・・・と言っていた。

        ☆

16.11.11 ブログ用アンパン・TV   (7)
僕は明日から一泊で会津磐梯山ハイク。

★会津磐梯山

明日から一泊で会津磐梯山へ行く予定だ。
偶然にも朝の報道番組で会津磐梯山が話題になっていた。

あわててデジカメだァ。
だけど、明日からのハイキングとは何の関係もなかった。

        ☆

※会津磐梯山ハイキングのため明日から2日間ブログ休みます。

地元地区文化の継承も・・・・・・馬宮公民館の文化祭

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-10-15 Sat 19:22:26
  • 民謡
16.10.15 民謡・馬公民館宮文化祭  (39)
筑静会の唄(発表)が終わっての挨拶。

★隣の家とその隣の奥さんが・・・・・

この時期、地区公民館主催の文化祭があちらこちらで開催される。
その公民館を利用している各文化活動サークル等の言わば発表会だ。

僕の所属する民謡の筑静会も馬宮公民館の利用団体ということで参加。
僕はこのところみっちり練習している「武田節」を唄わせてもらった。

      *

ちょうど僕の出番の寸前に会場に顔を見せたのは、
昨年、引っ越す前まで住んでいた隣の家とその隣の奥さん。

偶然のことに僕も両奥さんもビックリだァ!

(会員以外で)知っている人が聞いてくれるのはめったにないことなので、
おかげで張り切って唄うことができた。

       *

サークル活動といっても、
伝統芸能や郷土史、この地区ならではの錦が原櫻草保存会など
地元地区文化の継承を担っている団体もあるのだ。

16.10.15 民謡・馬公民館宮文化祭  (5)
お囃子連の発表。

唄うのも聞いてもらうのもいい・・・・筑静会の月例稽古

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-10-08 Sat 19:38:00
  • 民謡
16.10.7 月例  (7)
演奏の先生は三味線5人、尺八2人、笛1人。

★唄うのも聞いてもらうのもいい

民謡の月例稽古は年に3回ぐらい行う。
ぐらいというのは僕がはっきりと分かっていないからだ。
もしかしたら2回か4回かもしれない。

月例稽古とは日ごろの練習曲の合同発表会みたいなもの。
もち参加者は筑静会の身内(会員)だけだし、身内以外に聞く人もいない。

会場は地元の自治会館を借りる。
自分の唄を聞いてもらうのも、
また他の人の唄を聞くのもいいものだ。

今日、僕の唄った曲は、
武田節と籾摺唄。

いちばん安い新品・・・・自転車。「武田節」にハンコ。松葉ボタンの午前と午後

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-08-19 Fri 22:08:56
  • 民謡
img072.jpg
間に詩吟が入る曲は僕は初めてだ。

★「武田節」にハンコ

民謡の稽古。
「武田節」にハンコをもらう。

先輩から覚えておくと役に立つからと言われた曲のひとつ。
皆が知っている唄がいいのだそうだ。

間に詩吟が入る曲は僕は初めてだ。

      ☆

16.8.19 自転車購入・ボタン  (34)
派手なピンクの自転車。モチ、目立つ色にしたのは事故を防ぐためだ。
リュックもお気に入りのショッキングピンク。
赤いヘルメットは20年くらい前にスポーツ自転車用に購入したもの。
持っているタオルハンカチも赤だ。
赤が好きで赤にそろえたわけではなくたまたまそうなった。

★いちばん安い新品

自転車を買い替える。
今まで使用していた自転車は1999年製。

自転車屋さんの言うことには10年がほぼ寿命なのだそうで、
遅すぎるくらいの交換。

チェーン、タイヤ、前かご・・・・・・・もろもろ交換したりしてきたが、
ハンドルがスムーズに回らなくなった。
これは危ない。

スムーズに動かすにはベアリングの交換が必要、
修理費込みで3000円以上かかるらしいのだ。

それならいちばん安い新品を10000円ちょいで買うことにしたのだ。

        ☆

16.8.4 診療所、松葉ボタン、雲他  (16)
午後。
16.8.19 自転車購入・ボタン  (16)
午前。

★松葉ボタンの午前と午後

満開の時期を過ぎてしまったことや、
撮影日が10日もずれてしまっていて少し興ざめだけど・・・・・。

気仙坂にハンコ・・・・・民謡。本「あかね空」山本一力

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-01 Fri 19:51:36
  • 民謡
img070.jpg
練習を始めてから4、5年はたったのではないか?

★気仙坂にハンコ・・・・民謡

気仙坂は岩手県の民謡だ。
最初に練習を始めてから4、5年たったのではないか?

やっと今日ハンコがもらえた。

長い歌詞なので忘れないように、
散歩しながら口ずさみしたり、たまに練習会でも唄ってはいたが・・・。

練習会で唄うといっても年に2、3回ほど。
そんな曲が10曲ほどある。

        ☆

16.7.1 柳ほかブログ用 (17)
人情物大衆小説。

★本「あかね空」 山本一力

平成14年に直木賞をもらった小説。
山本周五郎風、人情物大衆小説。

著者の経歴が小説みたいな・・・・。

        ☆

※明日から旅行のため5日ほどブログをお休みします。

大和の吊るし柿の味?

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-17 Fri 22:06:05
  • 民謡
img067.jpg
大和の吊るし柿の味・・・・は鯵ヶ沢娘?

★17年後に覚えた鯵ヶ沢甚句

鯵ヶ沢甚句にハンコがもらえた。

鯵ヶ沢には一度行ったことがある。
仙台に転勤中のころだから17年も前のことだが。

舞の海の出身地で、
鯵ヶ沢の駅前のあちこちに舞の海の文字が見られたように記憶している。
たしか関取の引退直後ぐらいだった。

泊まったのが大きな温泉ホテル。
夕方、飛び込みで入ったのに、
それも一人旅のおじさんを快く泊めてくれた。

         *

大きな食堂(ホール)で一人夕食になった。
純朴そうな娘さんが食べている間中、ずっと僕の後ろに立ってくれている。

サービスのつもりなのだろうが、
そういったことに慣れていない僕は落ち着いて食事ができなかった。

         *       

通りすがりに一泊しただけなのに印象深いのは、
鯵(味)の名前の通り味のある町だったから?

歌詞には大和の吊るし柿の味だと言っているが・・・・・関係ないかァ。

        *

それから17年後に覚えた鯵ヶ沢甚句だ。

  ☆

※明日から4日間旅行のためブログお休みします。

総会で議長に指名された・・・・筑静会(民謡の会)

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-12 Sun 21:50:06
  • 民謡
★議長を頼まれた・・・・・民謡の総会

今日は筑静会(民謡の会)の平成28年度総会だ。
会計報告や新役員が決まる。

総会では僕は議長を頼まれた。
毎回の議長が欠席したためだ。

滞りなく終えてひとまずホッ(^◇^)。

      *

総会の後は昼食会、
午後は月例だ。

昼食時にはいつになくご馳走が並んでビックリ。
とても食べきれず、孫へのお土産になったり・・・・・。

月例は一人2曲。
僕は“津軽願人節”と“新タント節”を唄った。

       *

筑静会の生演奏は豪華だ。

三味線が6棹・6人。
尺八が2人、笛。
それにお囃子が入る。

CIMG1859.jpg
昼の昼食時に尺八と笛を撮らせていただいた。
尺八は一人の先生が9~10丁持つ。
筑静会では2人の先生が演奏してくれる。
CIMG1855.jpg
笛の先生は一人。やはり10本(管)の笛。
ほかに三味線が6棹(6人)。
CIMG1844.jpg
昼食に食べきれないほどのご馳走が・・・・・。

        ☆

※昨日はホテルでのネット状況が悪くブログ作成不可。
 一昨日は移動のため・・・…の理由で2日間ブログをお休みしました。

“津軽願人節”にハンコ。本「僕が読んだ面白い・・・・・・・」立花隆。今日は亀

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-06 Fri 22:02:21
  • 民謡
img060.jpg
昔、願人和尚なるものがいて全国を回ったそうな・・・・。

★“津軽願人節”にハンコがもらえた。

“津軽願人節”にハンコがもらえた。
曲の解説をネットで調べた↓

「津軽願人節」(青森)
《昔 江戸より 願人和尚が 寝物語に この唄を》
代参や代垢離、代願をする願人坊主が唄うので「がんにん節」と言う。京都
鞍馬山大蔵院の支配下にある願人坊主たちは、全国を回って「御祈祷」「チョ
ボクレ坊主」「アホダラ経」「住吉踊り」などを演じて銭をもらい、生活して
いた。住吉踊りは、長柄の傘の柄を叩き、拍子をとりながら音頭取りが唄い、
その周りを菅笠をかぶって、うちわを持つ踊り手が跳ね回る。その時の唄が、
伊勢神宮の遷宮式に使う御用材を曵く時に唄う「お木曵き木遣り唄」とも「伊
勢音頭」とも呼ばれる「ヤートコセー」であった。明治に入ると願人坊主が姿
を消したために「がんにん節」もすたってしまった。
※日本民謡曲目解説より

津軽願人節のもとは三重県の伊勢音頭だということらしい。

        ☆

16.5.6 ブログ用 (5)
鯉もいいけど亀さんもね・・・・。

★今日は亀

陽気に誘われてなのか亀が顔を出した。
鴨川で見るのは久ぶりだ。

次は何に会えるだろう?
そー言えばこの頃は蛇を見ないなァ。
        ☆

img059 - コピー
著者に本屋大賞を上げたいね。

★本「僕が読んだ面白い本・ダメな本 
   そして僕の大量読書術・驚異の速読術」 立花隆

ダメな本はほとんどでてこない。
また大量読書術、驚異の速読術については、
僕の頭(能力)では全く参考にならない。

      *

最終項目に
『「捨てる!」技術を一刀両断する』については
著者に同感。

「本屋大賞」って文学賞みたいになっているけど、
ホントは立花氏みたいな人にあげるほうがふさわしいのじゃないか?
この本を読みながらの僕の感想。

これほど本を読む人・・・・っていうか本の普及に力を注いでいる人なのだから。


★明日から4日間不在のためブログは休みます。

ハンコゲットの最短記録。行きたい町“清澄白河”

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-03-18 Fri 21:42:42
  • 民謡
16.3.18 診療所と新さんさ合格 (14)
久しぶりにハンコをもらった“新さんさ時雨”。

★(僕の)ハンコゲットの最短記録

民謡の稽古日。
“新さんさ時雨”にハンコがもらえた。

練習2回目でのハンコゲットは僕の最短記録。
5年も練習していてまだハンコのもらえない曲もあるし・・・・。

難しい曲、覚えやすい曲、自分の声に合う曲、好きな曲・・・・・いろいろあるみたい。

       ☆

16.3.18 診療所と新さんさ合格 (3)
病院の待合室とは思えない窓からの日差しと明るさ。
本をもって行けば2、3時間は待たされても大丈夫。
今日は読む間もなく呼ばれてしまったが・・・・。

★結果は治っていなかった

胃カメラ検査。
逆流性食道炎が治っているかどうか調べたのだ。

結果・・・・治っていなかった。
まだまだ薬を飲み続けなくてはいけないようだ。

バリウムを飲むレントゲン検査も嫌だけど、
胃カメラも嫌だねェ。

        ☆

16.3.18 診療所と新さんさ合格 (8)
夕方のNHK番組で清澄白河が行きたい町として紹介されていた。

★行きたい町“清澄白河”

夕方のNHKの番組の中で、
清澄白河が行きたい町として紹介されていた。

その清澄白河駅付近に
人気コーヒーショップが4件ほど出来て大ブレーク中なのだ。
僕は行ったことないけど・・・・。

じつは僕の実家のあるところでもある。
実家は地下鉄(大江戸線)の駅ほぼ真上に近い。
駅から0分というわけだ。

“秋田おばこ”と“十三の砂山”を唄う・・・・民謡・月例

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-03-13 Sun 21:57:35
  • 民謡
16.3.13 月例 (4)
僕は“秋田おばこ”と“十三の砂山”を唄った。

★一曲覚えると次をまた覚えたくなる

民謡の月例会。
月例会とは練習の合同発表会みたいなもの。

現在、僕の所属する民謡の会(筑静会)は4教室。
生徒の全員が集まって日ごろの練習の成果を披露し合う。

三味線の演奏が3人(演奏者6人が交代)。
尺八演奏が2人、
それに笛と太鼓の7人の先生方の生演奏。

モチ、お囃子は別に2人。
なんとも贅沢なのだ。

     *

民謡は楽しい。
どんな曲にも引っかかるところがあって、
それを克服して覚えるのがいいのだ。

一曲覚えると次をまた覚えたくなる。
仲間が唄うのを聞いてまたその曲を覚えたくなる
・・・・と言った具合に次から次へと練習曲が増えていく。

今日は1人2曲を披露。
僕は得意(と自分で勝手に思っている)の
“秋田おばこ”と“十三の砂山”を唄った。

午後1時から始まり終了は5時。

仰天!民謡の会のすごいパワー

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-01-16 Sat 21:30:10
  • 民謡
16.1.16 筑静会新年会 (107)
民謡の会員たちはみな芸達者。

★10時間に及ぶすごいパワー 

民謡の会(筑静会)の新年会。
午前10時から午後4時まで。

ビンゴも間に行われ、
童心に還ったように歌と踊りを楽しんだ。

      *

2次会は蕎麦屋兼飲み屋で8時まで、
今度は大いに喋って面白い時間を過ごした。

何と10時間に及んだ。
すごいパワーに仰天だ。

会津磐梯山を敬老会のイベントで唄った

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-01-15 Fri 19:58:43
  • 民謡
15.1.15 民謡 もえぎの会 (4)
習った曲を披露する機会があるのはいいことだ。
食事会の出席者は46人。
写真の三味線は演奏の先生のです。

★僕が唄った曲は会津磐梯山

民謡の稽古をしている公民館で開かれた
敬老食事会のイベントで唄った。

敬老の食事会はもえぎの会で出席者は46人。
筑静会からの出演は伴奏の先生も含めて9人。

筑静会としては昨年に続いて2度目の公演らしい。

習った曲を披露する機会があるのはいいことだ。
みなさんは熱心に聞いていただいた。

       *

僕の唄った曲は会津磐梯山。

民謡とハイキング・・・・・・・・・僕の場合

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-10-02 Fri 22:51:11
  • 民謡
スキャン_20151002
知っている曲だからと言ってやさしいというわけでもないみたい。

★民謡とハイキング

“相馬盆唄”に判子が貰えた。
このところ3週連続で判子だ。

民謡の教室に入って初めてのこと。

      *

“相馬盆唄”はたいていの人が知っている民謡。

民謡は知っている曲でも、やさしそうに思える曲、
あるいは聞いたことのないような曲でもどこか難しいところがある。

知っている曲だからと言って、やさしいというわけでもないみたい。
いや、このことは民謡だけに限らないかもしれない。

       *

先日、ハイク途中で知り合ったベテランハイカーが、
山はどんな低山でも難所が必ず1ヶ所はあるものだ。
高い山というのはそうした低山の積み重ねみたいなもので、
高いほど難所が多いし、困難がつきまとう。
低い山だからと言って安全だとかやさしいとかいうわけではない・・・
ということを聞いた(教えてくれた)。

        *

民謡の先生が判子を押してくれるとき、
“まァいいだろうぐらい”のレベルでくれるのだ。

“相馬盆唄”も先生が厳しくチェックしたらとても判子どころじゃないだろう。
ハイキングに例えるならやっと300メートルに届くかどうかの頂。
と言って古希を迎え、音程が少々あやしい(要するに音痴)の僕に
先生は1000メートル、3000メートルを目指せとは言わない。

低い山を楽しく登る・・・・・・・それでいいのだ。
民謡とハイキング・・・・・・・・・僕の場合はどこか似ているようだ。

        ☆

★癒しの風景
15.9.28 栃本 キャノンカメラ IMG_3137 (14)

Index of all entries

Home > 民謡 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top