Home > 2011年08月

2011年08月 Archive

描いている最中の絵にひびが・・・・。奥利根水源の森

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-31 Wed 20:39:38
11.8.31絵のひび (3)
描いている最中の絵にひびが入ってしまった空の部分(描きかけ)

★描いている最中の絵にひびが・・・・

あんまり時間をかけて、
何度も描き直しをしているうちに、
何と絵にひびが入ってしまった。

風景画の空なのだ。

早速ネットで調べてみたが、
乾ききってないのに上からさらに塗りこんでしまったか、
あるいは溶き油のテレピンの混ぜ具合か?

恩師(小学校の絵の先生)にも電話をして対策を聞いた。

「先生、描いている最中の絵にひびが入ってしまったんですけど・・・、
修正は効くんですか?」

恩師××「それはまだ、生乾きの上にぬったからだよ。
ゴローさんは厚塗りをするし・・・・」

と、ネットで調べたのと同じ回答をもらった。
さらに、

恩師××「絵を置いてある場所に、直接太陽の光が当たっていたりすると、
ひび割れするよ」

「あー、そんなことありましたァ。
旅行から帰ったあと、締め切った部屋の中が温室みたいに暑くて、
窓から西日がカーッと照りつけていました。
それも原因かァ」

画家の作品で、 
買ってからしばらくして全体にひびが入ってしまったのを持ってはいるが、
まさか、描いている最中にひびが入るなんて・・・。

恩師××「しっかり乾くのを待ってから、描きなさい」

あわてちゃいけない・・・やっぱりなァ。


★明日から2泊3日で旅行(釣り)です。2日間(予定)ブログやすみます。


あの日の記憶・メモ  奥利根水源の森   2005年6月
05.7.2.3BS西区花壇、水上下見 009
散策道路はそのまま武尊山の登山路へとつながる
05.7.2.3BS西区花壇、水上下見 030
水源の森への途中にあるダムに寄ったのだが・・・・藤原ダム、奈良俣ダム、矢木沢ダムのいずれかだ
05.7.2.3BS西区花壇、水上下見 037
浦見の滝。滝の裏側を巡る道があって、滝が裏側から覗ける。その後行った時は道が崩れて通行止めだった

新緑が美しかった。
滾々(こんこん)と湧き出る水。
日本水源の森100選にもなっているとか。
キャンプ場もあり、
我々もそれ目当てで行ったのだ。
奥利根、水上の上流から入る県道は季節の間だけ尾瀬に通じる。
水源の森のへ行く途中は照葉峡という紅葉の名所だ。
さぞ、美しいことだろう。
散策道路を武尊山に向かって20分ばかり上ると、
ちょっとした広場があって、
そこに高さが10メートルはありそうなナナカマドの巨木があった。
秋に来て、このナナカマドが真っ赤になった姿を見たいと思った。
まだ実現していないが・・・きっと、きっと、きっと・・・と思っている。

夏休みが終わってジージの役目も無事終了!新しい長尺(枝切り)鋏は良く切れる

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-30 Tue 23:23:37
★夏休みが終わってジージの役目も無事終了!

孫たちの夏休みも明日31日でおしまい。
娘の家に通うのも、
今年の夏休みは今日が最終日となった。

日が経つのは本当に早い。
昨年の夏休みから1年が経ったとは
とても思えない。

昨年の夏休みの孫たちとの過ごし方と、
今年の過ごし方とはずいぶんと違った。
それだけ、小学生の孫二人は成長したのだろうと思う。

来年の夏休みは、
もうジージの出番はない?
それとも、もう1年?

これも、出来るときにやっておくことのひとつなのかも・・。

11.8.30ブログ用
意を決してその店で一番高い7480円の長尺(枝切り)鋏を購入

★切れ味抜群の長尺鋏の枝切りはストレス解消・・・になる?

上のほうに伸びた枝を切るのは面倒だ。
柿の木、月桂樹等は上に向かって枝が伸びる。

どちらも、数年に一度はハシゴを使って、
のこぎりや鋏で切るのだが、
長尺枝切り鋏があれば、
下からちょくちょく切ることができる。

以前あった長尺鋏が駄目になって、
新しく買い直した。

お店にあった数種類の長尺鋏をしばし眺め、
そして、意を決してその店で一番高い7480円のを購入した。

これなら切れ味もいいだろうと・・。

今朝、柿と月桂樹の枝を試し切りしてみた。
おーッ!。
みごとな切れ味だ。

切れない鋏で物を切るとストレスになるが、
切れ味のいい鋏で切ると、
ストレス解消に役立つ・・・・・のでは?


時代小説
すんなりやさしく読める時代小説。カバーの赤色がいい

★本「時代小説・読切御免第二巻」  新潮文庫

すんなりやさしい風。
講談本風な内容もあって、
小学生でも読めそう風。

カバーの赤がとてもきれい。
僕の持っている携帯と同じ色だ。

カバーに惹かれて借りた本(図書館から)、
というわけでもないが・・・。



シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 32  小笠原の土産(イルカの砂絵)
10.12.2棚のガラクタ1 (195)
思い出深い小笠原の旅から、
すでに13,4年が経っている。
旅行から帰ったばかりの時は、
毎年行こうと思ったくらいの感動だった。
以来、一度も行っていない。
小笠原が世界遺産になって、
旅行代金は当時の倍以上になっているようだ。
旅行中、いちばんの感動がイルカと泳げたことだった。
それで買ったイルカ系のお土産が二つ。
これはそのうちのひとつだ。
砂絵が珍しい?
オプショナルで馬に乗ったのだが、
そこの若いご主人の手作りのお土産だ。

おもしろ国会中継で孫娘とチャンネル争い。岩魚の甘露煮

★おもしろ国会中継で孫娘とチャンネル争い

小学2年の孫娘とTVのチャネル争いだ。

「ねェ、××ちゃんニュース見せてよ。
今日は大事なことやってんだよ。
首相がきまるんだからさァ」

孫娘××「ダメ!だってつまんないもん。
それに今、ゲームやってんだからァ」

孫娘も譲らない。

「いいよ、パソコンでみるからァ」
と言いつつ、
僕はヤフーニュースにアクセスしたが・・・。

やはり実況中継には及ばない。

仕方がない、
時々、ゲームの合間に、
チャンネルをニュースに切り替えてもらった。

娘の家に留守番に行っても、
テレビはめったに(ほとんど)見ないが、
新首相が決まる今日の国会中継は別だろう。

小学2年の孫娘と
チャンネル争いをしても、
見たいテレビ(番組)だった。


11.8.29ブログ用 (8)
岩魚の甘露煮。皮が剥れているのは“僕が”焼きに失敗して剥がしてしまったもの

★岩魚の甘露煮

同居の息子が甘露煮を作ってくれた。
今月13日に釣りから持って帰ってきた岩魚を
冷凍保存していたものだ。

昨日、午後4時頃から6時間をかけた。
最初に軽く焼く。

次に白湯でことこと煮ること数時間。
さらにあらかじめ作ったたれで煮込む。

煮あがったものをひと晩置いた。

純天然の岩魚を甘露煮にしてしまうのだから、
贅沢といえば贅沢
もったいないといえばもったいない。

それを今朝、美味しく食べた。


11.8.29ブログ用 (19)
穂はみな黄金色に輝き、重そうに頭を垂れていた

★豊作か平年並みか分からないけれど、稲は黄金色に頭を垂れていた

やや傾きかけた陽をを受けて、
田んぼの稲が黄金色に輝いていた。

みな重そうに頭を垂れている。

民謡の先生、お仲間に農家の方もおられ、
先日、今年の出来について話をしていた。

一人は肝心な時に気温が低い日が続いてダメだったというし、
もう一人は、その後、気温が高くなり、
夏らしくなったのでまずまずいい出来だ。

同じ地区でもちがうのかなァ・・・と思った?

でも、見たところ、
どの田んぼの稲も黄金色に輝き、
穂は重そうに頭を垂れていた。

11.8.29ブログ用 (16)


★にわかに絵の本を読み始めて・・・・

絵を描くのにも、
基本的な知識を身につけ、
きちんと順をおって描いていけば、
それほど難しく考えなくても描ける。

と著者は言う。

僕はよほど勉強をサボっていたのか、
すっかり忘れているのか、
ウーン、なるほどと思った。



シリーズ・モノクロ時代 8  清澄庭園涼亭〈東京都江東区〉  1961年頃
料亭
東京都選定歴史的建造物なのだそうだ。
詳しくはネット(下記)で・・。
http://farwestto.exblog.jp/10428053/
上記ブログで紹介している写真と、
僕の撮った写真がほぼ同じ位置からなので、
比較が出来る。
何年か前に改修をしているらしいのだが、
あきらかに違いがわかる箇所もある。
屋根の勾配や、右側の白い建物の部分は
瓦から銅葺き(?)に変っている。
後ろのこんもりした樹木を比べて見ると、
約50年を経たその生長ぶりがわかる。

レトロな遊具施設がそのまま・・・・・懐かしき昭和に浸る

11.8.28ブログ用 (16)
体重60キロの月の輪ぐまでは檻が大きすぎる?昔(20~30年前頃)いたヒグマは大きすぎて窮屈そうに見えた
11.8.28ブログ用 (5)
鳥類、猫類(比較的小さな山猫類)、猿などの小動物園だが、けっこう充実している
11.8.28ブログ用 (38)
大人でもたまにはレトロな遊具に興じて昭和を味わうのもいい
11.8.28ブログ用 (47)
このバッテリーカーもハンドルは鉄製。握った感触に昭和を味わうことが・・・
11.8.28ブログ用 (3)
広大な大宮公園に尽力した白根多助の記念碑

★レトロな遊具施設がそのまま・・・・・懐かしき昭和に浸る

「昔、この檻にいた熊はものすごく大きかったけど、
貴方(飼育係さん)は覚えています?」

飼育係××「話には聞いています。
もう20年(多分20~30年以上前)くらい前のことでしょう。

私が来る前のことですよ。
それに前にいたのはヒグマと聞いていますし、
当時に比べて、今は檻も大きくなりましたからね。
余計に大きく見えたのかも知れませんよ。

今いるのは月の輪ぐまで体重が60キロです。
ヒグマだと300キロぐらいまで大きくなりますから・・。

そのヒグマだと200キロ前後はあったかも知れませんね」

大宮公園内にある小動物園は入場無料。
主に鳥類、猫類、猿が少々、ハイエナもいる。

檻の数は50以上はあるのではないかと思う。
放し飼いの大きな鳥舎もあって、
ミニながらなかなか充実した動物園なのだ。

昔いたヒグマは巨大で、
上野・多摩両動物園、登別熊牧場、
阿蘇熊牧場・・・・・・、
それまで僕が見たヒグマの中では
いちばん大きいという印象だった。

それは、飼育員さんの言うように
檻の大きさとの比較もあったのかもしれないが、
それでも今いる60キロの月の輪ぐまの
4倍は優に超えていたのでは・・・が僕の印象だ。

2泊の温泉旅行に出かける家内を大宮駅に送りがてら、
二人の孫娘を大宮公園に連れて行った。

以前にも紹介したが、
この公園はとても古い。

動物園の開園は1953年だし、
児童スポーツランドは今から70年も前に出来たもの。

レトロな遊具施設がそのまま使用されていて、
ジージとしては懐かしき昭和に浸ることが出来るのだ。

休日ともなると、
動物園や遊園地(児童スポーツランド)、それに広さ、木陰を求めて、
小さな子連れで賑わう。

僕のような年配もいるが、
多くはまだ30代パパ・ママか?

飼育係りさん同様、
巨大なヒグマを、
手で触れるほど目の前で見ることが出来たなど、
知る由もない・・・・だろうなァ。

(詳しくはネットにて検索を・・・http://www.go2park.net/parks/oomiya.htmなど)








東京スカイツリーの絶景ポイントがあった高校同期会の会場。品川はランチバイキングの穴場?

11.8.27深川64会墨田産業会館 (3)
カラオケ屋と石材店の間から覗く、珍しい?東京スカイツリー絶景ポイント
11.8.27深川64会墨田産業会館 (37)
絵、写真なども飾った画期的企画の同期会。卒業以来の顔ぶれも・・・

★東京スカイツリーの絶景ポイントがあった高校同期会の会場

“皆人懐かしい年齢です”
先日、こんな言葉が知人からのメールにあった。

確かに昔の友だちに会いたい。

会って懐かしい昔話を語り、
お互いの近況を聞きたい。

確かに我々はそのような年齢にいる。

今日は高校の同期会。
何んと2人の先生(師)と43人もの懐かしい顔が揃った。
卒業以来47年ぶりの人もいた。

会場は墨田区錦糸町駅前の墨田産業会館の8階ホール。

ウインド沿いの廊下の窓から見えるのは
東京スカイツリーの勇姿だ。

下から突き上げるようなタワーは、
少し優雅さにはかけるが、
力強さはある。

絶景ポイントの案内のあった窓から覗いた。

その窓には額縁がはめてあった。

額縁の中に見える絶景は
カラオケ屋と石材屋の大きな看板に挟まれたツリー。

珍しいなァ・・・・・が覗いた感想だ。

さて、同期会は一人1分の近況スピーチで終了した。
40人以上いると、半分ほどは1分未満の挨拶だった(と思う)のに、
1時間はかかってしまった。

今回は落語もあった。
あのおしとやかで静かだった○○さんが…ビックリの変貌?
こんな事があるから楽しいのだ。

写真、絵の作品展示もある画期的企画の、
素敵な同期会となった。


11.8.27ブログ用高輪&八重洲ブック (2)
思いがけない中華の名店でのランチバイキング。品川はグルメの穴場かも?

★品川はランチバイキングの穴場?

品川プリンスホテル入口の地下1Fにある中華料理店“高輪”。
美味しい中華が食べれるということで、
以前2回ほど行ったことがある。

近くで法事があった帰り、
皆で昼食を摂ったのだ。

小部屋で円形テーブルの食卓だっただが、
高級とイメージもあって美味しく食べた。

今日、品川でかっての同僚と待ち合わせ、
食事をすることにしたのだが、
品プリの入口でキャッチされたのがこの“高輪”のランチバイキング。

2時間、ソフトドリンク、デザート付きで1500円。
しかも65歳以上はさらに200円引きの1300円。

何だか得した気分。
美味しかったのは言うまでもない。

同期会で品川から2つ隣駅に住むのがいたので、
そのことを話したら、
並ぶほどに人気なのだとか。

やっぱり・・・・。

銀座がランチ競争で穴場と聞いたが、
品川はもしかしてランチバイキングの穴場?

これ、決して宣伝しているわけではないので念のため。


11.8.27ブログ用高輪&八重洲ブック (10)
八重洲ブックセンターは品揃えも整理もグー


★八重洲ブックセンター、超一等地の本屋さんに寄った

品川から錦糸町へ行く間、
東京駅で下車、
八重洲ブックセンターに寄った。

数年ぶりに寄ったのだが、
ビル一つそっくり、
東京駅前の超一等地に、
本屋さんが健在のなのが嬉しい。

土曜日ということもあって、
店内の客はそこそこ、
節電で8Fで本探しをしているときは暑かった。

頑張っているなァ……。



シリーズ・花 19  桔梗(キキョウ)
11.8.10-13遠野・小安峡 (79)
桔梗(キキョウ)の花のこと、すっかり忘れていたなァ……って思いません?
そう、今日の同期会で47年ぶりに会った同級生みたいだ。
懐かしい。
なぜだ?
昔は桔梗の花って、
もっと身近にあったような気がするが・・・・。
それとも、桔梗の花そのものが
懐かしさを想い起こさせるのかなァ。
桔梗の花言葉は「変わらぬ愛」「気品」「誠実」「従順」。

TSUTAYAも旧作DVD(映画)が100円!レンタル利用契約継続の手続きに行く

ツタヤ
TSUTAYAのレンタル利用契約継続の更新に行った

★TSUTAYAも旧作DVD(映画)が100円!レンタル利用契約継続の手続きに行く

今日は一日一人で我が家で留守番?だ。

嫁(息子の)さんは孫二人を連れて出かけ、
息子とカミさんは出勤。

TSUTAYAからレンタル利用契約継続の通知が来ていたので更新に行った。
このところ電車で1時間ほどかけて北区図書館へ行き、
まとめて10本とか借りてきている。

電車賃が往復840円ほどかかるが、
一本あたり80円なのでTSUTAYAの175円より安い。
それに大きな図書館なので、
蔵書も豊富だ。

ところが、
一本100円となれば、
わざわざ往復2時間もかけて図書館まで行く必要ないのでは・・。

それに、図書館蔵のDVDは内容的に偏りがある。
公共物だから仕方がないだろうと思うが。

ところで、TSUTAYAが100円サービスを行っているには訳がある。
近くにライバルが出来たのだ。

GAOというレンタルビデオ屋だ。
こちらは、何と旧作は50円だ。

それに、品揃えもTSUTAYAとどっこいどっこい。
TSUTAYAも安穏としていられないなァ。

僕はやっぱり家から歩いて2~3分の
TSUTAYAを利用するだろうが。

11.8.26カオちゃんふらわー
嫁さん(息子の)制作フラワーアレンジメント、今日お持ち帰りの作品

★フラワー・アレンジメントは多分、
自分の作品がいちばん上出来だと思えるから面白い?

嫁(息子の)さんが月一回通う
フラワーアレンジメントの
今日お持ち帰りの作品。

同じ材料を先生のお手本通りに作るらしいのだが、
出来上がりはそれぞれマチマチらしい。

だから面白いのだろう。

だって、
お互いに自分の作品がいちばん上出来だと、
思うだろうから。


今日のオブジェ  金箔
08.1.1カンチャナブリ (109)

見ごたえありのワシントン ナショナル・ギャラリー展。竹下通りはおじさんたちを見捨てていない?

ゴッホ
水彩画やデッサン、リトグラフなども展示され見ごたえありだ

★見ごたえありのワシントン ナショナル・ギャラリー展

友人から送られてきた(頂いた)展覧会のチケットがあったので行った。
場所は乃木坂の国立新美術館。

ワシントン ナショナル・ギャラリー展だ。

“印象派・ポスト印象派・奇跡のコレクション”と
“これを見ずに印象派は語れない”
の二つののキャッチフレーズがパンフに刷り込まれていた。 

水彩画やデッサン、リトグラフなどもあって
見ごたえありの名画展示だ。

これはと思う名画を隅々まで見つめても、
家に帰ってからいざ描くとなると、
ぜんぜん思うようにならない。

いつもそうだ。

それでも名画を鑑賞することによって
前向きにキャンバスに向かいあえるようになればグーだ。 

ちょうど今、描きかけの絵が上手く進まず(描けず)、
何度も書き直しをしていて、
いささかマイっているところだった。

原宿
昼下がりの竹下通り。やはり若モンばかりに見える

★竹下通りはおじさんたちを見捨てていない?

暑くなく、寒くなく、
午前中の雨も上がって人出が多くなってきた、
昼下がりの竹下通り。

夏休みもあとわずか。

僕にはもはや縁遠い通りだが、
それでも2,3年前には孫二人を連れてきた。

いや、入り口には吉牛もあるし、
500円のランチ飯屋もある。

それに喫茶店のモーニングセットは、
厚めのトーストにゆで卵、
コーヒーで400円は今どき安かった。

竹下通り(の入り口。中ほどからは知らず)は
まだまだおじさんたちを見捨てていないぞ?!


本石川
最初の石川淳に紫苑物語から衝撃を受けた

★本「危険なマッチ箱」  石田衣良編

異色の短編集だ。
著者の顔ぶれがすごい。

よほどの読者家でなければ、
これらの作品を集めて、
短編集を編纂できないだろうと思った。

まさに作品本位で石田衣良氏自身が
選び出したのだろう。

最初の石川淳に紫苑物語から衝撃を受けた。
色川武大は昨日紹介。

江戸川乱歩の最後の数ページの落ちは落語のネタになるかも・・・。

以下・・・・。



なんでもスキャン 3  たい焼き
たい焼き
“神楽坂たい焼き”なのだそうだ。
所用で神楽坂まで行ったお隣の奥さんが、
夕方お土産に持ってきてくれた。
“神楽坂たい焼き”の名前に惚れたとか。
塩味もある。
もちろん美味しい。
店名は「神楽坂くりこ庵」だ

男の心にグーとくるようなセリフ.

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-24 Wed 22:27:58
CMAS
下の赤枠のほうが今回送ってきたアドヴァンスの証明書

★アドヴァンスのライセンスの証明書とそのカードが届いた

スキューバダイビング・アドヴァンスの
ライセンスの証明書とそのカードが届いた。
5月にフィリピンのアニラオで取ったものだ。

星ひとつのピンク枠の証明書がオープンウオーター、
つまり最初にもらったいちばん初期のライセンス。

赤枠のほうが今回送ってきたアドヴァンスの証明書だ。

こんど行くのはいつの日か?


色川
作家は色川武大。短編のタイトルは“ふうふう、ふうふう 

★男の心にグーとくるようなセリフ

今、読んでいる最中の短編(集)の中に
心にグーとくるようなセリフがあった。

「・・・・・・ところが野郎ときたら、どんな生き方をしたって、どこか不完全で、
誰かに笑われているような気がしてしょうがねえもンだ。子供を育てるな
ンて立派な項目は男の生き方にはねえンだからな。男のすることの一番根本は、
誰にも笑われねえ場所をみつけるために、もがくってことなン。・・・・・・・・」

作家は色川武大。
心にグーッときたね。

やっぱり作家ってすごいと思った。



シリーズ・動物 15   バッタ  タイ・バンコクにて
バッタ オート
いま作っているの荒川のスーパー土手。
上部は幅30メートルもある。
斜面には芝が植えられているが、
幅30メートルもある土手の上は雑草だ(今は刈る前で生い茂っている)。
ときどきバッタを見つける。
スーパー土手になる前は、
バッタを見ることなどめったになかった。
今日も夕方、ジョギング中に
何匹かのバッタを見た。
だいぶ前のことだが、
大雨が降って河川敷きにも水がでたことがある。
水が引いて数日後、土手ではたくさんの蝶を見ることができた。
いないものと思い込んでいたバッタも見ることができた。
バッタは汚染や空気の汚れに弱い?
バッタは自然のバロメーター?
(写真は荒川の土手とは関係ありません)。


孫との夏休み・・・今年は居るというだけで事が足りた?

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-23 Tue 22:32:40
★孫との夏休み・・・今年は居るというだけで事が足りた?

孫たちの夏休みもあと1週間あまりとなった。
過ぎてしまえば早いものだ。

昨年と違い、
今年は娘の家に居るだけで事が足りた。

小学5年生は外に遊びに出てしまうし、
2年生は一人でゲームをしたり、
家の前や近くの公園で友達と遊んだり・・。

昨年のようにトランプしたりとか、
キャッチボールの相手をしたりとか
ほとんどしてしない。

僕の子供もそうだった。
小学5年生になると、
親よりも友達になる。

これが成長なんだ・・・きっと。

面倒だなァなどと思ったこともあったが、
なくなるというのも、
ちょっと寂しいものがある。

同じように思っているジージやバーバって、
けっこう多いんじゃないかなァ。


花と剣
★本「花と剣と侍」 監修 平岩弓枝

どの短編も面白い。
同じ時代小説でも作家によって趣が違う。

13人の作家の13の短編。
珠玉の時代小説選だ。


あの日の記憶・メモ   飯坂温泉  1999年
飯坂1
飯坂2
福島はいま大変だ。
飯坂温泉も例外じゃないだろうなァ。
タダでさえ客足が減っているのに・・。
2009年はピーク時(1973年)の半分だとか。
この温泉はとても古い温泉なのだ。
歴史は日本武尊の東征にまで遡るのだそうだ。
西行法師、松尾芭蕉、正岡子規、与謝野晶子・・・(ウキペディアより)。
今なら国民栄誉賞モノ?の人びとが
ここの湯に浸かっている、いや詩っているのだ。
9つあるというここの共同浴場がいい。
とくに鯖湖湯(写真下)は建物も独特、湯はたしか熱かった。
飯坂温泉にはこれまで4度行っているが、
何度でも行きたい気持ちだ。


外房旅行をプレゼント?してくれた先輩と後輩のご夫婦

11.8.22太東崎青柳邸 (65)
1、昭和47年、岬が波に削られ危険なので100メートルほど下げたという太東崎灯台(岬の突端側から撮影)
11.8.22太東崎青柳邸 (66)
2、大小二つの島の景観は津々ヶ浦。雀浦ともいうらしい。
11.8.22太東崎青柳邸 (80)
3、池全部を埋め尽くす蓮の花。TVニュースで流したらきっと多くのカメラマンが訪れるだろうなァ
11.8.22太東崎青柳邸 (144)
4、坂東32番札所清水寺。静寂の中に身を置くと心が洗われるよう
11.8.22太東崎青柳邸 (40)
5、つい先日、空き家となったお隣の家。「1440万円で売り出しているのでだれか買う人いないかなァ」と先輩。200坪近い敷地があり建物はとても立派な造りだ。しかもリフォーム済みだそうで別荘にいいかも・・と勧めてくれたが、僕にはお金がない


★外房旅行をプレゼント?してくれた先輩と後輩のご夫婦

高校、大学と一緒だった後輩(女性)に会った。
用件を済ませたあとで千葉にある彼女の家に誘われた。

数年前に別荘として購入したもので、
その別荘で、今日はご主人にも会えるという。

じつはご主人は
僕の勤めていた会社の先輩にあたり、
ご夫婦で先輩と後輩になるという間柄である。

ご主人に会うのは11年ぶりだ。
別荘は海に近いいすみ市にある。

敷地は広く300坪もある。
近くに畑も借りて野菜作りもしているらしい。

「これだけ広いと庭の手入れも大変でしょう?」

先輩××「大きな木は植木屋に頼むしかないけど、
芝は自分で刈るんだ。草も抜いたりね」

型のいいマキの木が数本、柿の木が3本、
その他、分からないけどとても素人では手に負えないような木が数本ある。

庭石も大きいのがいくつも置いてある。
もともと別荘として使われて家を購入したもので、
最初に住んだ人が庭に凝ったらしいのだ。

昼食をご馳走になり、
懐かしい話に夢中になったあと、
近くを車で案内してくれた。

写真1、太東崎灯台は歩いても15分ほどの近さだ。
この灯台は僕にとってはとても懐かしい。

中学生の時、
友達3人とテントを持って
房総半島一周のサイクリングをした。

その時、寄ったのがこの太東崎の灯台だった。

当時は道も細く、
もちろん舗装などはしていない。
山道を登るように高さ60メートルの岬を上った。

写真2、津々ヶ浦は大小二つの島が浜続きにある景勝地だ。
今年2月にいった北茨城の二つ島(3月の津波で半分ほど崩れてしまったらしい)に
そっくりな景観にびっくりだ。

写真3、広大は蓮の花畑は自然に増えていったものだとか。
別に観光地として売り込んでいるわけではないので人はあまり来ないという。

いったいどれくらいの数だろう。
写真の左右に同じくらい画面を繋げていいくらいの広さなのだ。

写真4、坂東32番札所清水寺。
森閑とした山の中の名刹。
苔むした芭蕉の句碑、
ひぐらしの鳴く声。

創建が西暦800年頃という名刹だ。

写真5、つい最近、空き家となった隣家

というわけで、
今日は先輩&後輩ペアに
思わぬ小旅行をプレセントしてもらい、
ラッキーな一日となった。

しかも、帰りに畑でとれたという野菜を、
持ちきれないほど頂いた。

ソニックシティ大ホールでの合唱練習も仕上げ段階・・・・衣装は揃いの浴衣に半纏で

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-21 Sun 21:53:10
  • 民謡
半纏
遊心会では全員揃いの浴衣に半纏で唄うことに

★ソニックシティ大ホールでの合唱練習も仕上げ段階・・・・衣装は揃いの浴衣に半纏

今日は午後から民謡の月例
(各曜日毎の練習会の合同発表会みたいなもの)。

先日、判子をもらったばかりの“道南口説”を唄う。
この一週間、出だしのハァーばかりを練習していたが、
それでも今日の月例(本番)ではやっぱり失敗。

民謡のハァーは本当に難しい。
他も難しいのだが、
ハァーで失敗すると頭が真っ白になってそのあとまで引っ張る。

みんなの唄が終わり、最後に合唱の練習を行った。

9月13日、大宮ソニックシティの大ホールで開催される、
遊心会での合唱曲“最上川舟唄”だ。
プログラムの中で民謡を唄うのはこの一曲。

そのための合同練習もあと一回を残すのみ。
そろそろ仕上げ段階だ。

遊心会とは市が行う日本芸能大会(ボランティア公演)のようなもの。

大正琴、民舞、琵琶、浪曲、尺八、端唄、津軽三味線・・・などなど、
日本の芸能を学んでいる人(団体が主)たちの発表会みたいなもの。

その中の民謡では我が“筑静会”のみの出演だ。
観客も1000人前後はいる。

だから、指揮を取る先生をはじめ
全員、張り切らざるを得ないのだ。

今年の衣装は会(筑静会)揃いの浴衣に半纏を被って唄うらしい。
その半纏を今日大先輩から譲ってもらうことができた。

合唱曲が“最上川舟唄”なので、
半纏で少しでも船頭さんの雰囲気が出るといいなァ。

9月13日が楽しみである。



シリーズ・花 18  ゴールデンシャワー(タイにて)
09.3.8お別れ挨拶クローン6とアユタヤ (10)
タイでも夏に咲く花ではない。
3、4月頃の花だ。
黄色が輝くように美しい。
いくらか透明感があって、
すがすがしくもある。
ブルーの空をバックに下から見上げたとき、
まさにゴールデンシャワーを浴びるかのようだ。
昨日、何かの拍子にこの花の名を見た。
そしてこの写真を思い出し、
今日、掲載する気になったのだ。

柿の葉を食い荒らす犯人はコガネムシだった。アシナガバチの巣が・・・

11.8.20ブログ用 (10)
一匹ならどーってことないが、十匹ともなると気持ちが悪くなって手で掴むのにも抵抗が・・・
11.8.20ブログ用 (5)
食い荒らされた柿の葉。一匹見つかれば十匹はいるはずとネットに出ていた

★柿の葉を食い荒らす犯人はコガネムシだった

夏の始め頃から柿の葉が何かに食い荒らされていた。
日を追うごとにひどくなる。

イラガかと思い、
毎日のように調べるのだが、
それらしき姿は見つからない。

今朝は犯人を見つけるべく、
葉の食い荒らされている枝を切って調べた。

やはり、何もいない。

・・・と、一枚の葉の上にコガネムシがいる。
もしや、と思い、
早速、ネットで調べる。

まさに、柿の葉を食い荒らすのはコガネムシだった。

一匹見つかれば十匹はいるはずと出ている。
また、成虫よりも地中から這い出てくる幼虫はもっと注意とも。

その後、入念に調べた結果、
柿の木からは五匹が見つかる。

さらに、あじさいの葉にも食らいついているのを発見。
ネットには揺らせばぽろぽろ落ちてくるとも書かれていたので、
ためしに揺らしてみた。

オー!何んと十匹ぐらいが本当に落ちてきた。
二匹を取り逃がしたが、
あとは捕まえた。

コガネムシを殺すのは気が引けるかもしれないが・・云々と、
これもネットに書いてある。
抵抗があるが害虫である以上退治しなくてはなるまい・・・
とも書かれていた。

人の心の内まで読んでいるネット(ブログ)だ。

僕はビニールの袋にフマキラー(殺虫剤)を充満させて退治した。

しばらくはコガネムシとの闘いになるかも・・。

11.8.20ブログ用 (25)
殺虫剤で退治したハチの数は8匹。今日のはいつもより大きく見えた

★ウヒョー、アシナガバチの巣が・・・、これもすぐに退治だァ

不燃焼ゴミを入れておくボックスに
アシナガバチ(多分なのだが違っていたらゴメンナサイ)の巣を発見。

柿の枝を落としていたときに、
偶然見つけたのだ。

足の膝より低い位置に作っていたので、
気づかなかったのだろう。

早速、いつもの方法で退治した。

殺虫剤を吹きかける。
ハチ退治はこれに限る。
20~30秒くらいは噴射し続けだ。

昨年の夏に家の中に侵入したスズメバチから比べたら
こちらは外だしやさしいものだ。

それでも用心のために、
長袖の上下に着替え、
黄色の帽子に長靴、手袋をはめて、
さらに頭からすっぽりと透明のゴミ袋を被ってやる。

アシナガバチの巣退治は数回は行っているから、
ある程度手馴れてもいるのだ。

殺虫剤で退治したハチの数は8匹ほど。
今日のアシナガバチは
これまでより大きく見えたがどうだろう。

大分前の話だが、樋の中に巣を見つけた。
この時は百匹以上のハチを退治した。



田舎の風景 6    納屋の壁
10.12.19-20ブログ用 (8)

大震災で延期となっていた高校同期会の開催日迫る。ホタルみたい?

深高
F氏はわざわざ高校(母校)まで行って写真を撮ってきた

★大震災で延期となっていた高校同期会の開催日迫る

東北の大震災があった翌日3月12日に開催を予定していた高校の同期会。
延期となっていたがいよいよ来週(27日)に迫った。

幹事長のF氏と展示物の打ち合わせで、
今日夕方川越で会った。

延期したにもかかわらず、
出席者が最初の参加予定者とほぼ同数の50名近くになっている。

これも、
ひとえに幹事長F氏の尽力の賜物だ。

展示物というのは、
僕が提出出品する昭和64年在校当時の
学校の屋上からのモノクロ写真(コピー)や、
K大教授の珍しい海外の写真、
定年後に画家となった同窓の作品・・・などなど。

みな、この幹事長の発案で実現するものだ。

幹事長は64年時の写真と現在の高校の屋上からの写真を
並べてどのくらい変わっているかを見せようと提案。

某日、わざわざ高校まで行って写真(上)を撮ってきた。

出席者の中には遠く、九州、兵庫からの人もいる。

30枚ほどの、欠席する人のお便り(通信欄)を読ませてもらった。

みな、人生をそれなりに生きてきたんだ(なァ)。

それぞれ、はがきに数行ずつだが、
素直な心からのメッセージ。

涙が出そうなくらい感動モンだ。


11.8.19ブログ用
ホタルの光とどっちが綺麗?雨(光)粒が2,3粒だとホタルと一瞬見分けるのが難しくなるのだが・・・

★ホタル?

ホタルみたい。

といえばもう、
これはホタルではないということを証明したみたいなものだ。

単に雨上がりの草の上の雨粒に過ぎない。

仙台にいるとき、
ジョギングがてらホタルを見にいったものだが、
草の上の雨粒(または夜梅雨?)をホタルの光と間違えた。

上の写真は多くの雨粒が光っているのだが、
これが一つ二つだとホタルと間違えてしまう。

よほど眼を近づけてみないと区別がつかない。

最も、ホタルは光ったり消えたりするから、
1分も立たないうちに見破られるのが・・、
ホタルに会いたい一心でつい顔を近づけて
納得するまで覗き込むのだ。

本物のホタルも30年くらい前までは
我が家の近くでも見ることが出来た。

せめて、雨粒と分かっていても、
ホタルを見た気分になりたのだ。


赤ひげ横丁
どの作品も内容に医事(医者)が係わっていた

★本「赤ひげ横丁」 池波正太郎、山本周五郎、菊池秀行、乙川優三郎、杉本苑子  縄田一男選

新潮文庫に収められている時代劇短編集。
作家というより
内容で選著したようだ。

どの作品も内容に医事(医者)が係わっていた。



シリーズ・花 17  百日紅(サルスベリ)
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (46)
サルスベリの花の色で多いのはピンクかな?
白もけっこう見るが、
ピンクにはかなわない?
もっとも、ピンクにも種類ある。
僕が見分けられるのは単純に
濃いのと淡い薄いピンクだ。
他にも種類や色の違いもあるのかも知れないが・・・・・・・。
百日紅の花は間近で見ると、
一枚一枚の花ビラがけっこう大きくて綺麗だ。
そこで、マクロで撮影を試みた。




これも温暖化現象?。役立つかどうか分からないけれど4回目の国際免許。

国際免許
国際免許証の有効は1年間。役立つかどうかはまだ分からない

★4回目の国際免許は役立つかなァ

今月4日に申し込んでおいた国際免許を受け取ってきた。
地元の警察署行って申請すれば、
わざわざ試験場(鴻巣)まで行かなくていい。

この制度は前からあったものか?
初めての地元警察署での申請・受け取りだ。

国際免許は4回目。
1回目はハワイ。
道路も広かったし、渋滞もなく、
何とかこなせた。

2回目はロサンゼルスに行った時。
この時は、とてもじゃないが僕の運転技術では運転不可。

3回目はタイ。
ここでは何度か運転をした。
バンコクの渋滞にも慣れたし、
高速道路でも運転をした。

国際免許の有効期限は1年。
タイでの2年目は現地で国際免許を取得した。
眼の検査だけで取れた。

4度目のラオス(ビエンチャン)では、
使用する機会があるかどうかまだ分からない。


田んぼの・・
もう、稲刈りが終わった田んぼも・・

★これも温暖化現象?もう稲刈りが終わった田んぼが・・・・

もう稲刈りが終わった田んぼがあった。
なんだか、毎年稲刈りが早まっているように思えてならない。

9月に入ると始まった稲刈りが、
ここ近年、8月の中旬を過ぎるとぼちぼち見られるようだ。

ソー言えば、田植えが早まっているようにも思えるなァ?

ここに引っ越してきた頃は、
5月の連休に入ると同時に、
一斉に田植えをしていたように記憶している。

それが、ここ近年は4月の中旬頃から田に水が引かれ、田植えが始まった。
今年もそうだった

だんだん早まっているように思えてならないが、
これも温暖化現象の影響か?



今日のオブジェ  竹の輪 
11.4.14土手サイクリング (102)

紙幣はスキャンできないぞ!

★紙幣はスキャンできないぞ!

「円高で日本円をドルに換える人が多かったのではないですか?」

銀行窓口××「えェ、この夏はとくに多かったですね。
海外旅行の方が多かったようです」

今日、銀行へ円をドルに交換に行った。
銀行の2階に上がったのは、
家のローンを借りたときのやり取り以来だった。

もちろん、円高なので今交換しておけば
少しでも得をするのではないかとうモクロミだ。

ラオスへの渡航費と当分の生活費にと交換したのだ。

意外と手続きが面倒くさい。
ビエンチャンやバンコクの街中にある、
“チェンジ キャッシャー”
のように素早くない。

ある程度以上の交換となるとうるさいのかなァ?
マネー・ローンダリング防止のためだとか言っていたが、
何でも50万円以上になると、
使用目的を証明するものがないと交換できないのだそうだ。

今日レートは1ドル76円台だったが、
交換してくれたのは1ドル79円81銭。
1ドルについて3円前後の手数料?

法人や高額の交換者にもこれほどの手数料手数料?を取るのだろうか?

交換紙幣も100ドルセット、
200ドルセット、
500ドルセットと3種類あって、
100ドル札から1ドル札まで両替済み状態の小分け封筒だ。

しかも、ひとつずつ袋を開けて金額を確認してくれと言う。
面倒なことをやらせて少しでもマネー・ローンダリングを防ごうという作戦なのだろうか?

法人とか個人でも億とかの高額な交換をする人(会社)には
こんな面倒なことは当然することはないだろうし・・。

ということは、普通の人が為替レートの変動の度に、
いちいち銀行に交換に来店されたら、
業務に差支えが出るということなのだろうか?

どっちにしても、僕は
そんな大金を交換するわけではないので、
余計なことを聞いてしまったわけだが、
窓口の人は丁寧に説明してくれた。

両隣の窓口では貸金庫の相談をしている。
お金持ちなのかなァ?

話の内容に合わせて、
ドル紙幣とキップ紙幣(ラオス通貨)を
スキャンして写真代わりにと思ったら、

“スキャンは出来ません。
原稿をお確かめ下さい”
という画面。

何度やっても同じ。

それではと、ネットからフリー画像のドル紙幣を探したが、
これもコピーは出来たもののパソコンに取り込めない。

やっぱり、犯罪に使われるのを防止するためなのだろう。
円もドルもキップもスキャンはできない。

もしかして、コピー(スキャン)するだけでも
いけない(犯罪?)のかもしれないなァ。



シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ)31 張子の人形 福どり
10.12.2棚のガラクタ1 (4)
もう、20年以上は前になるだろう。
北浦和駅前の全国の郷土玩具などを扱うお店で購入した。
僕が酉年だということもあって、
縁起にいいかもとの思いもあって買ったのかもしれない。
この張子の酉(鶏)はとても愛らしい。
ネットで調べたのだが、
この”福どり”がどこかの特産品土産というのでもないらしい。
いくら探しても出てこないのである。
この張子の鶏のほかの人形や小物品も、
見るからに心和むようなものばかりが並べてあった。
どれも買いたくなった。
僕は4点買った。
他の3点は同じく張子の達磨(紅白2つ)と竹人形だった。
それから数年後、
北浦和の駅前に下りたとき、
すでにその土産物屋は存在せず、
ラーメンのチェーン店となっていた。

妙義山からおもちゃ王国までお盆最中の一泊家族旅行。磯部温泉6景

11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (28)
妙義山神社。本殿は改修中。今回はボランティアの案内ガイドさんがいていろいろと説明を受けた
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (62)
富岡製糸場。世界遺産にとの話が前から出ていて、どんなものなのか一度、見てみたかったところだ
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (166)
おもちゃ王国は遊園地とおもちゃ遊びの家。所在地は確かに軽井沢ではあるが・・、長野県の浅間山の麓、鬼押し出しからさらに先にあった。観覧車から見た軽井沢の別荘地帯
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (170)
観覧車の上から下を覗く。見慣れぬ角度、上から見ると遊具も幾何学的できれいだ

★妙義山からおもちゃ王国までお盆最中の一泊家族旅行

お盆の最中の家族旅行は始めてだったかも・・。

新潟の温泉に行く予定を急遽キャンセル、
磯部温泉に換えた。

新潟の温泉への道路事情が
先の地震と大雨で難儀かもしれないとの情報が入ったので、
急遽変更したのだ。

但し、費用の関係で2泊を1泊にした。

息子夫婦と孫2人、
我々夫婦と6人の旅だ。

少々狭いが車は一台。
渋滞の心配もしたが、
さほどのこともなく、
夜の9時には無事帰宅することができた。

妙義山と富岡製糸場は大人、
おもちゃ王国が孫(4歳)対応か?

その孫娘のためにと、
プールがあるとう理由のみで決めた
磯部温泉が思いがけず大人たちも楽しめた。

急遽決めたお盆の最中の家族旅行は、
まずまず無事終わった・・・・・・。

11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (74)
磯部温泉を流れる碓氷川は湯の町の象徴
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (81)
縁日で見かけたヘラクレスオオカブト。このほか、珍しい大きなクワガタをたくさん見ることができた
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (84)
いかにも縁日の屋台なのに、並べてあった生きたままの超デカのカブト・クワガタにはビックリ
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (89)
温泉会館前の広場にやぐらが立てられていた。
もう、2時間以上ずっと、盆踊りの曲が流れている。
「盆踊り何時から始まるのですか?」と係員のような人に聞いたら、
××「いえ、踊る人がいないんですよ。
せっかくいいやぐらを立てているのにですねェ。
以前はみな踊っていたものですが・・・・」
浴衣を着た若い人たちがけっこう集まっているのに、踊る人がいないとは。
やはり、婦人会のような人たちが積極的に踊りの輪(リードする)を作ることが必要?
踊りたい若者はきっと多いはずだ・・・と、僕は会場に集まってくる若者たちを見て思った。
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (106)
宿泊した旅館は“舌切り雀のお宿”。で、玄関ホールの脇で一日何度か民話調に舌切り雀のお話が始まる。
小さなつづらをもらってきたおじいさんが開けてビックリ、中かから出てきたのはお土産品コーナーの物ばかり・・・、がオチのユーモアたっぷりのお話でした
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (120)
夜は7時45分から町の花火大会。お客も、地元の人たちもともに花火を間近に楽しむことができた


★磯部温泉6景

客足が遠のいている温泉地、
温泉街は閉めた土産物屋が並ぶ、
このところ行った温泉地は、
そんな光景ばかりが目立ったが、
ここ、磯部温泉は違った。

昔はもっと賑わいだと言われれば、
そうかもしれないが、
今どき、活気を感じる温泉街だった。

お盆のせいもあるかもしれない。
しかし、土産物屋も閉めているところは見当たらなかったし・・。

磯部温泉お盆6景。
写真で紹介。

お盆だからなァ・・・・孫4人プラスお友達の休日。僕が水中写真が上達しない訳

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-14 Sun 21:31:29
★お盆だからなァ・・・・孫4人プラスお友達の休日

我が家の孫4人に、
家内の友人のお孫さんを一人預かって、
大賑わいの一日。

狭い家では居間も寝室もあったもんじゃない。
毎度のことだけど、
寝室のベッドをクッションにして、
下に置いた別のマットレスの上に飛び降りる。

マットレスを滑り台代わりにして遊ぶ。

小学5年の男の子はパソコンでゲームに熱中。
生後7ヶ月は腹ばいになったり寝返りうったり。

居間(1階)と寝室(2階)を行ったり来たりの大騒動は、
夕方まで続いた。

まァ、お盆だからなァ。


イタチウオ
イタチウオ。ウナギイヌと呼ぶ人もいるとか(K氏撮影)
ヤマドリ
ヤマドリ。雄同士背びれを立てて喧嘩しているのだそうです(K氏撮影)
エビ
エビ。名前は分かりません(K氏撮影)

★僕が水中写真が上達しない訳

伊豆富戸でのダイビングの写真入荷したので掲載!

8月6日に行った伊豆の富戸、
水中写真が見事に全てピンボケの大失敗を知って、
潜友(先輩K氏)が3点送ってくれた。

他人(ひと)の撮った写真を見るだけで、
けっこう満足しちゃうのが僕の性格?

だから、さっぱり上達もしないだなァ・・・きっと。
水中写真ばかりじゃないぞって声が聞こえてきそうだなァ。


岩魚
冷凍保存をしなくてすんだ岩魚は身もホクホク。大きめが友人(名人)で小さめのが僕が釣ったもの。理由は昨日のブログで・・・

★岩魚を美味しく食べました

昨日、釣った岩魚を今日の夕食に食べました。
軽く塩を振って焼きました。

身もホクホク、
旨かったですねェ。


★明日、家族旅行(一泊)のためブログお休み
(旅館にWi-Fiが繋がれば文字だけでいけるかも・・)です。

大地震の跡、小安峡見学に秘湯と盛り沢山だった今年2度目の渓流釣り

11.8.10-13遠野・小安峡 (81)
あまり釣り人が入っていないだろうという思われる沢(渓流)に、めぼしをつけて入った
11.8.10-13遠野・小安峡 (89)
同じ場所で3匹が釣れたポイントだ
11.8.10-13遠野・小安峡 (122)
道路に出てきたやまどり?。茶色の毛並みが輝いてみえるほど美しかった
11.8.10-13遠野・小安峡 (11)
岩手・宮城内陸地震の爪跡。被災した祭畤(まつるべ)大橋。観光を兼ねた見学施設になった
11.8.10-13遠野・小安峡 (33)
新しく出来た道路から見た祭畤大橋。ここから震源地までは2キロと離れていない
11.8.10-13遠野・小安峡 (44)
あちらこちらの山肌に地すべりの跡
11.8.10-13遠野・小安峡 (56)
景勝地小安峡。岩から温泉の蒸気が噴出す大噴湯を見ることができる
11.8.10-13遠野・小安峡 (67)
夏休みで満室?の大湯温泉の阿部旅館。山の中の一件宿と思いきや、道路を挟んで民宿が出来ていた


★大地震の跡、小安峡見学に秘湯と盛り沢山だった今年2度目の渓流釣り

今年2回目になる渓流釣りに行った。

大ベテランの友人に連れて行ってもらい、
釣らせてもらっているような渓流釣りだが、
それでも、慣れるほどに面白さが増している。

あまり釣り人が入っていないだろうと思われる沢(渓流)に、
めぼしをつけて入る。

例えば、
1、同じ釣った岩魚でもサイズが全く違う。
  僕の釣った岩魚は小さく、友人のほうはずっと大きい。
2、僕には見える魚を釣ることが出来ない。  
  友人は魚を眼で確認(大きさ)してから、その魚を釣る。

40年近いベテラン(友人)と初心者(僕)の垣間見えた違いだ。
釣った魚の数の差はもちろんのことだが、
このような違いは枚挙にいとまない。

帰宅後、塩焼きにして同居中の息子と一杯飲みながら食べた。

旨いんだなァ、これが・・・・。


さて、今回は一泊の温泉旅行を兼ねた。
日程を変更したために、
行きがけの温泉となった。

場所は秋田県の小安峡。
宿泊した旅館は秘湯“大湯温泉”阿部旅館。

その小安峡(宿)へ行く途中に見学したのが、
平成20年6月に起きた、
岩手・宮城内陸地震の爪あとだ。

今年3月の東日本の大震災で、
記憶から遠のいてしまった感があるが、
やっと復興を終えたばかりのようだ。

ここまでの復興にほぼ3年を要している。
これを見ても、
今回の東日本大震災の復興がいかに大変なことかが分かる。

大地震の跡、小安峡見学に秘湯と盛り沢山の今年2度目の渓流釣りだった。

練習を始めて1年8ヶ月、やっと判子を押してもらえた曲は「道南口説」

  • Posted by: ゴロー
  • 2011-08-09 Tue 22:57:37
  • 民謡
道南
先生はずいぶんサービス?して判子を押してくれたみたいだ

★民謡の稽古でやっともらえた判子

この曲、練習を始めて1年8ヶ月になる。
今日、やっと判子をもらえた。

でも、先生はずいぶんサービスしてくれたみたいだ。
あんまり長かったので、
嬉しい実感がまだこない。

やっとこの曲からしばらく開放?
と思ったら、今月21日の月例練習会で、
やっぱりこの曲を唄うようにと
先生から言われてしまった。


★明日から旅行(釣り)にて12日までブログお休みです。


シリーズ・花  ひまわりⅡ
ひまわり
3日に載せたひまわりの花(土手の上から撮影)を
反対側(畑)に回って撮ったもの。

春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

蓮華
来年はレンゲの花に埋まった一面薄紫色の田んぼが見られることに・・

★春になると田んぼは蓮華の花で埋まるのだろうか?

荒川の河川敷の田んぼに
“蓮華の舞”なる看板が立った。

いつ頃?

先週もここを通っているけど
気がつかなかった。

いずれにしても、つい最近のことだと思う。

小さな文字を読んでみると
右看板の下には、

さいたま市でいちばんの米産地 荒川堤外
きれいなレンゲで育った米が生まれました

左看板のクリーム色の囲みには、

地域ぐるみで農地の安全管理を行います
エコファーマーの認定を受けた
生産者が、農薬と化学と化学肥料を
減らしたお米をつくっています

とある。
ということは、今年の春先には
このあたりの田んぼはレンゲの花で埋まっていたことになるが・・・。

ソー言われて見ると・・・?
どうだったかなァ?

少なくとも、
来年はレンゲの花に埋まった一面薄紫色の田んぼが見られることに・・。

レンゲは田の肥料になるのという話を聞いたのは、
僕が高校生の時だ。

宮崎へ向かう列車の窓から見えた田んぼが、
一面、薄紫色をしていた。

同行していた知人が僕に質問をしたのだ。
「田んぼが紫色をしているのはなぜだか分かるか?」

そして、それがレンゲの花だと教えてくれた。

楽しみだァ。


あの日の記憶・メモ   只見線  1990年頃
ッ只見線
IMG_0006.jpg
只見線5
只見線4
只見線6
豪雪地帯、
沿線の紅葉の美しさが日本一・・・、
人気急上昇の只見線だ。
只見川に沿って列車は走る。
川と線路がやけに近い。
カーブにさしかかるときの、
車窓からの眺めが忘れられない。
会津川口駅では列車の交換待ちをした。
駅のすぐ前は川、
反対側は山だったように記憶している。
この駅からの眺めがいい。

Index of all entries

Home > 2011年08月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top