FC2ブログ

Home > 2011年11月24日

2011年11月24日 Archive

おばさんはわざわざほどいて中をあけて見せてくれた

1 11.11.23ビザ更新 (17)
帰りのトゥクトゥク内と隣のおばあさん
2 11.11.23ビザ更新 (21)
おばさんはわざわざほどいて中をあけて見せてくれた

★おばさんはわざわざほどいて中をあけて見せてくれた

ビザの更新にノンカイ(タイの国境の街)へ行った。

と言っても、タイ側のイミグレーション(出入国管理所)でUターン、
街へ寄らずに帰ってきた。

タイのお金(バーツ)を持っていくのを忘れてしまった。
両替所はどちらのイミグレーションにもなく、
結局、タイ側に出国手続きのところにあったコピー屋さんの
お姉さんに替えてもらった。

20ドル(1500円)を600バーツ(約1600円)に替えてくれた。
とってもいいお姉さんだ。

帰りはミニバスでなく、
トゥクトゥクに乗った。

乗車賃はミニバスと同じ6000キープ(60円)。

子供も一人いたが、乗客は10人。
かなり窮屈で、僕の隣に座っていたおばさんが売り物の魚を、
置いてあった座席から足元に下ろした。

僕が興味深そうに包み(売り物の魚)を撮ろうとすると、
おばさんはわざわざほどいて中をあけて見せてくれた。

中のメモにあったメモを見ると、
40×40=1600とあった。

魚は40籠(せいろ)あるようだから、
もうひとつの40は値段だろうか?

4シップ(40000)キープのことだろうから、
ひと籠400円ということだ(多分)。

1600000キープ(16000円)はおばさんの商いにしては大きいと思った(当たっていれば)。
それともただ運んでいるだけなのか?

※後日、タラート(市場)で同じもを売っていたので、値段を聞いたらひと籠17000キープ(170円)と言っていた。従って、ひと籠400円は高すぎるので間違いかもしれない。

2.5  11.11.23タートルアンの裏通り (8)
ビエンチャンの住宅街の路地
3 11.11.23タートルアンの裏通り (15)
休憩にコーラを飲んだ店の壁が奴派手
4 11.11.23タートルアンで絵を描く学生 (6)
タートルアン前の芝の上で銅像を描く学生

★家の中を覗くと・・・・それなりに人はいた

タートルアン(ラオスの象徴的仏塔)の裏側に、
縦に通りが何本かあって、
何となく情緒のある家(ラオスっぽい)が数軒ある。

自転車で一回りしてみた。
先日(タートルアン祭り)歩いて通ったときは、
人びとで賑わいでいたが、
今日はほとんどいない。

家の中を覗く(ほとんどの家が開けっ放し)と、
横になっていたり、テレビを見ていたり、
軒下でゲームに興じていたり、
食事をしていたり、
それなりに人はいた。

     *

タートルアン前の芝の上では、
絵を描いている人がいた。

先日、街中で見たお土産用ではない。
水彩絵の具でスケッチをしているのだ。

早速、声を掛けた。

絵を描くのが好きらしい。
大学生だと言っていたが、
男のほうはかなり上手に描いていた。


5 11.11.23焼きバナナ (2)
これはうなぎか穴子の蒲焼か?と思ってしまう

★これはうなぎか穴子の蒲焼か?

平たく潰した(薄切り)焼バナナを食べてみた。
潰したというのは誤りで、
薄くスライスしたもののようだ
(もし、潰して焼くのがあったらまた食べてみる)。

串刺しはしていないが、
一見、これはうなぎか穴子の蒲焼か?と思ってしまう。

味は香ばしくて、
まるごと焼バナナとおなじように美味しい。
時間を置いて硬くなるとせんべい風になるのかどうかは分からない。

硬くなると僕の歯では歯が立たないかもしれない。


★イミグレーション(入出国管理所)行きのミニバス内
6 素描ボールペン (2)

Index of all entries

Home > 2011年11月24日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top