FC2ブログ

Home > 2012年05月

2012年05月 Archive

ミステリアス・ハイキング

★道を間違えて隣の日向山へ登る

4時半起床。
まだ、ハイキングに行くかどうか迷っている。

      *

新聞・ネットの予報では1日中曇り。
5時のテレビの天気予報では某民放が1日中曇り、
NHKが昼前後に日が差すという予報。

ウーンと考えこむこと30分。
NHKを信じてハイクに行くことにした。

曇っていたら多分、武甲山の雄姿は見られない。
行く山は武甲山の真向かいの丸山(標高960㍍)なのだ。

ちょうど昼頃に丸山の頂上に着く予定。
もしかしたら・・・・を期待しての出発だ。

    *

丸山はもう5、6回は登っている山。
地図など見なくてもルートは熟知・・・などと思い上がったのがイケナイ。

道を間違えて隣の日向山へ向かってしまった。

間違えた原因は?

登山道口付近にあった横瀬町農林公園の長~いお滑り台で、
滑って遊んだから?・・・多分。

公園からのルートをよく確認しないで登り始めてしまったのだ。
途中、ミステリアスな体験もしたし・・・・まぁいいか!

西武線芦ヶ久保駅→日向山→丸山→大野峠→芦ヶ久保駅。
5時間のハイキングでした。

1 12.5.31丸山ハイク (4)
登山口にある横瀬町農林公園の滑り台。
長さに惹かれて山登り(ハイク)前に滑ったのがイケナイ。
そのあとで登山口を間違えて日向山へ向かってしまった。
滑り台は発泡スチロールのマットを敷いて滑る。
スピードも長さもあり、なかなか楽しい。
ひとりで遊ぶのがもったいないほどだ。
2 12.5.31丸山ハイク (6)
でも、滑り口にこの貼り紙。子どもでなくてもビビルよねェ。
3 12.5.31丸山ハイク (9)
こんな山中に公園を作ったのはここが武甲山の絶景ポイントだから?
今日は雲が厚くガスもあって見えず・・・残念
4 12.5.31丸山ハイク (14)
公園からハイキングコースに入り、
しばらく行くと突然現れた不気味な神社跡・・・・いや跡ではないぞ(きっと)。
右の柱の看板には八坂神社とある。
本殿は山車?
5 12.5.31丸山ハイク (21)
神社のすぐ横には廃業してしまったような食堂兼みやげ物屋があった。
中を覗くと店を閉じてからそれほどたっていない?
(もしかして、まだやっているのならゴメンナサイ)。
ガラスにカメラのレンズを当てて覗いたら、
自分の姿が向こうに見える。
ギクッなのだ。
このミステリアスな現象は何なのだ!
6 12.5.31丸山ハイク (16)
やっぱり鏡があった。
7 12.5.31丸山ハイク (28)
日向山への道は、
秩父の山には珍しく視界も広く景色も良かった。
ちょっと遠回りになったが、ここから丸山へ向かう。
8 12.5.31丸山ハイク (47)
丸山の頂上にある展望台から堂平山(ぼやけて見えるのが東京天文台測候所)方面を望む。
9 12.5.31丸山ハイク (57)
下山は登りと別のルート。
大野峠から赤谷までは美しい杉林の中を抜ける。
太いのは幹周りが2㍍もありそうな美林の中の道。
10 12.5.31丸山ハイク (97)
手前が小学生、
ホームに向かっているのが来るときも一緒の電車だった高校生の団体。
高校生は150人くらいはいた。
丸山の山頂付近で見かけたからみな登ったのだ。
引率の先生も大変だっただろうなァ。

ダンナさんは安いからって買ってたの?。明日の朝起きてから決めても遅くはない

★考えているというより迷っているんだなァ

明日、ハイキングに行くかどうか考えているうちに
1日が終ってしまった。

考えているというより迷っているんだなァ・・・要するに。

まァ明日の朝起きてから決めても遅くはないし・・・。

行くとしても、遠くもない、高くもない
しかも駅前の山を候補に決めたのだ。

   *

「×××について調べたいんですけど、
資料になる本がどこかにあるかしら}

図書館の係りの人(女性)に聞いた。

早速、×××をキーワードにパソコンで検索、
市内に幾つかある図書館のも蔵書目録からピックアップ。

4冊が見つかり、
早速、こちらの図書館に回してもらうように手続きをしてくれた。

係りの女性「3、4日で届くと思います。届きましたらお電話を差し上げます」

いつ行っても、図書館の係りの人は親切だ。
やることも手早いし・・・。

    *

その足(車)で、果物を買いに八百屋へ行った。

「この前買ったメロン美味しかったけど、
今日は見当たらないねェ」

八百屋のおばさん××「あれ美味しかったでしょ。
すぐに売れちゃうのよ。
この前はダンナさん(僕のこと)運がよかったのよ」

おばさんが言うことには古い種類のメロンなのだそうだ。
最近はあまり入荷しないらしい。

八百屋のおばさん××「あの味が好きな人がいてねェ」

「安いしね」

八百屋のおばさん××「エッ・・?
ダンナさんは安いからって買ってたの?」


新スキャン_0031
半日かかってこの1枚を聴くのがやっとだった

★横になって落語を聴いていると・・・・

横になって落語を聴いていると、
寝ちまっていけないね。

2度も3度も聴きなおして
半日かかってこの1枚を聴くのがやっとだった。


★あの日の記憶・メモ  戸田の花火  2005年
画像 167
家内の姉の家が川口にあって、
自宅(マンションの11階)から戸田の花火が見える。
そんなわけで花火の当日招かれたのだ。
僕と家内、娘と子ども(孫)も行った。
夕食をご馳走になり、
楽しいお喋りで夜の更けるのも忘れ・・・・。
写真はつまらなくても、
思いでは詰まっているのだ。

大宮花の丘農林公苑のポピー。新・座頭市「月の出の用心棒」

1 12.529花の丘清河寺 (32)
新聞記事にはポピー畑は5000平方メートルの広さとあった
2 12.529花の丘清河寺 (49)
色は赤、白、ピンク、オレンジの4種類

★大宮花の丘農林公苑のポピー

今朝の読売新聞の全国版のページに、
大宮花の丘農林公苑のポピーの花満開の紹介があった。

我が家から自転車でも20分ほどで行ける。
で早速、嫁さん(息子の)のママチャリを借りて行った。

相変わらず、あっちこっち寄り道しながら行くので、
20分で行けるはずが1時間もかかってしまったが・・・。

3 12.529花の丘清河寺 (80)
途中に寄った清河寺(せいがんじ)の大ケヤキ。
樹高32メートル、幹回り8・5メートル、根回り14・3メートル、
推定樹齢650年の巨木だ。
これまで(20年ほど)近くを通る度に探したのだが、
見つけることが出来なかった。
今日は自転車で行ったおかげで見つけられたのだ。
車では見つけにくかったのは細い路地を
50メートルも入った奥にあったからだ。
埼玉県指定天然記念物。
4 12.529花の丘清河寺 (19)
途中で寄った観音寺の仁王像(山門の左右にある)
石造に赤い色を塗っている。
あまり恐そうに見えないのはそのためか?
ただ遠くからも目立つ。
5 12.529花の丘清河寺 (3)
途中で寄った寺の無縁仏になった墓石。
ひょっとして名門の末裔?。


6 CIMG3382
1時間のテレビ番組だからかあらすじは単純だが、
それだけにスピーディで面白い。祐次郎が熱演している。

★新・座頭市「月の出の用心棒」を見た

1歳の孫がテレビのリモコン(チャンネル)で遊んでいたら、
突然、勝新太郎になった。

すぐに、孫からリモコンを取り上げた。

   *

見た後にネットで調べた。

どうも1976年~フジテレビで放映された
新・座頭市シリーズの中の一作らしい。

石原祐次郎が出ている。

内容的には黒澤明監督と三船敏郎の“用心棒”みたいだったが
けっこう面白かった。

題名も「月の出の用心棒」。


★あの日の記憶・メモ  ホエール・ウオッチング(小笠原)1998年
b新スキャン_0027
a新スキャン_0029
c新スキャン_0026
d新スキャン_0028
この日は鯨もイルカも見ることができた

蠢(うごめく)く雲。悲しき腕時計

1 CIMG3264
低く不気味な黒い雲が生き物のように蠢く

★蠢(うごめく)く雲

今日の午後、激しい雷雨があった。
その前触れの低く不気味な黒い雲。

生き物のように蠢く。


2 新スキャン_0025
修理代約5万円の見積書と一緒に時計は返された

★悲しき腕時計

時計の針が動かない。
電池交換かと思いメーカー指定の時計屋に持っていった。

ところが、電池ではなく、
交換部品をスイスから取り寄せないと直らないという。

費用は約5万円。
その見積書と一緒に時計は返された。

購入価格がいくらであったかは知らないが、
まだ6年半しか使用していない。

この時計、
僕の還暦の祝いにと、
子どもたち3人がお金を出し合ってプレゼントしてくれたものだ。

これからは記念に壁にでも飾っておくしかあるまい。


3 新スキャン_0023
どちらも、(落語の)話芸を充分に堪能できた

★落語 5代目古今亭志ん生   落語・講談 7代目一竜斎貞山

5代目志ん生は解説書のカバーが欠落。5代目志ん生の現代落語は始めて聞いた。
貞山の怪談ばなしは公演中の収録らしく、
キャーという観客女性の叫び声がなかなかの臨場感


★新風景⇔消え行く風景
4 CIMG3255
5 11.1.27ブログ用予備消え行く風景 (17)
下の写真は昨年“消え行く風景”で紹介した、
我が家のすぐ近くの駐車場。
セレモニーホールの駐車場で普段はあいていた。
お陰様で何かの折には便利に使わせてもらった。
その駐車場が介護施設に変わった今(写真上)。

クイズ・・・・“まるどし生まれ”の意味。本「ああ、腹立つ」

★クイズ


問題: “まるどし生まれ”の意味

ヒント・・・・・・になるかなァ。

“まるどし生まれ”
が昨日の民謡の稽古で話題となりました。

「“まるどし”の人は息が続く」
と言う内容です。

“まるどし”とどのような漢字をあてはめるのか分かりません。

ネットの検索では“まるどし”は見つかりませんでした。
“丸年”で早生まれをさすような回答がありました。

それには「丸年の人は歯並びがよい」
との言い伝えがあるとあります。

この(僕の)質問の回答はこれとは異なります。

この言葉の言い出しっぺは先生です。
平均年齢73、4歳くらい?が10人いた中で、
知っていたのは先生とあとひとりの2人です。

回答は今日のブログの最後にあります。
1 11.3.19民謡笛
“まるどし”の意味を知っていたのは10人中2人です

3 新スキャン_0022
こんな偉い人でも腹立てるんだァ・・・

★本「ああ、腹立つ」  阿川佐和子ほか

64人の有名人男女の腹立ち話(エッセー)。
役者、作家、芸術家、評論家、学者・・・・。
こんな偉い人でも腹立てるんだァ・・・と思うと、
何となく溜飲が下がる思い。
ちなみに僕が今いちばん腹立てていることは・・・。
とにかくパソコン(ネット)の反応が遅い。
フレッシュ光なんだぜ。
何とかしてくれよと毎晩パソコンを前に叫んでいる。
いや、叫びたくなる状況だ。
ブログの立ち上げ、
ヤフーの検索、
どれをとってみても2、3分はザラ。
画面を待つ時間のほうが見る(読む)時間より長い?
原因は何なのだ。
光が足りないとでもいうのか。
・・・・ッタクなのだ。

2 新スキャン_0021
どちらも面白いねェ・・・上手だねェ・・・味があるねェ

★落語 五代目古今亭志ん生 十代目金原亭馬生

5,6枚も一度に借りると
前に聞いた作品を、
また借りて来ているということが起こる。

今回もそんなのがあった。

聞いた作品の題名くらい覚えればいいのだけれど、
覚えるのがものすごく苦手なので、
なかなかそうはいかない。

聞き始めてしばらくしてから、
これ前に借りたなァ・・と気づく。

それでも、面白いのは最後まで聞いてしまうけど。


★あの日の記憶・メモ  鮎の囲炉裏串焼き 吹き割りの滝(群馬県) 2009年
4 09.8.29-30金盛館 (290)
“鮎の囲炉裏串焼きと”言っていいのかどうか分からないが、
じっくりと時間をかけて焼くこの方法が、
鮎や岩魚、山女・・・・鱒もそうかな?
など、渓流に住む魚にはいい。
この時もモチ美味しかった。


※クイズの答え

母親のお腹にいる期間を含めて、
その年の内(1~12月)に生まれた人。
受精から誕生までに新年を挟まない(年を超さない)人のこと。
(但し、この回答が正しいかどうかは確定できません。
もしかして諸説あるかもしれません。
ただ、昨日の話題の中での回答です)

標準で言えば母親の胎内にいるのは10月10日(とつきとうか)。
1月1日に母親の胎内で受精して生まれると誕生日が10月10日。
それからその年の12月31日までの間に生まれた子を指すわけだ。
10月10日から12月31日までの間の誕生日の人は必ず入る。
(但し、前年12月に受精した人は入らない。)
2月21日に受精して10月10日(とつきとうか・280日)を超えて生まれる、
つまり出産が予定日(12月31日)より遅れると入らない。
従って“まるどし”とは
受精から誕生までに新年を挟まない
(年を超さない)人のこと(だそうです)。
追補:現在の妊娠から出産までの平均日数は280日。
ということは10月10日(とつきとうか)
とは10ヶ月と10日ということではなく
まる9ヶ月と10日(280日)ということになります。

日本の公園ってこんなにも美しかったんだ。上野の森が変わった

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-26 Sat 23:37:27
  • 祭り
★代々木公園は16位

代々木公園のイベント広場で開催されている、
ラオス・フェスティバルに行った。

久しぶりの代々木公園だ。
樹木は大きく葉を茂らせ、
園内は整然としてとても美しい。

日本の公園ってこんなにも美しかったんだ・・・
と改めて思った。

たまたま、昨日知人から来たメールの中に、
“ゴールデンウィークのお出かけにおすすめ!
―トリップアドバイザー「行ってよかった日本の公園 トップ50」”
のサイトの紹介があった。

代々木公園は16位。
ちなみに1位は広島県の平和記念公園、
2位が長野県の高遠城祉公園、3位が大阪府の万博公園
となっている。

5 12.5.26ラオスフェスタ (11)
公園内はバラも満開。
1 12.5.26ラオスフェスタ (28)
ラオスフェスティバルの開会式。挨拶のほかラオスの民族舞踊が披露された。
衣装はそれぞれ民族衣装。ラオスは多民族国家なのだ
2 12.5.26ラオスフェスタ (38)
ラオス「山の子ども文庫基金」のブース。
ラオスの子供たちが描いた絵が貼られていた。
この活動の中心となっているYさんはラオス(ビエンチャン)
に在住と聞き、(ネットで)紹介をいただけるようお願いした。
また、現地で絵を教えているというOさんともお会いできた
3 12.5.26ラオスフェスタ (91)
バイオン楽器などを販売していたブース。
演奏(吹いている)している人から、
この楽器や売っている仏具(金属性の鉢やら鈴?)の説明を受ける。
この方、何んとモンゴルの有名な音楽(唄)ホーミーを唄う。
「どこにお住まいなのですか?」
ホーミーお兄さん××「神奈川です」
「エッ!それじゃ、ご近所に変わった人って
思われちゃっているんじゃないですか?」
ホーミーお兄さん××「隠れて練習しているんです}
楽器を吹いてもらったり、
ホーミーを唄ってもらったりのお礼に
CDを1枚購入した。
4 12.5.26ラオスフェスタ (96)
備長炭を販売しているジスコム(会社名)のブース。
ラオスで生産を始めて8年。
毎月100~150tを生産、日本に輸出していると言う。
他にも数社(4社?)同じような会社があるそうだ。
ラオス(ビエンチャン)には
同じ(備長炭の生産と輸出)挑戦を始めて間もないMさんがいる。
がんばれー・・・ここはエールを送るっきゃない。
新スキャン_0020
つい安価に惹かれて買ったお土産。
左のCDはホーミーお兄さんの演奏盤。
中はお香。家内から家の中では絶対に焚かないでと釘を刺された。
部屋に置いただけでも充分匂う。
右が絹のハンカチ。
家内、嫁、娘の3枚を買ったが値段はヒミツにしておく。


6 12.5.26東京都美術館 (1)
国立博物館前の広場(JR公園口から東京都美術館・上野動物園方面へ向かう)
に出来た“スターバックス”。お客さんが20メートルくらい行列していた

★すっか変わっていた上野の森(の一部)

上野の森が変わった。

知人の画家が出品している公募展を見に、
改装間もない東京都美術館へ行った。

すっか変わっていた上野の森(の一部)にびっくりだァ。


★シリーズ・花 21  コマクサ
画像 145

そう上手く行くか?。本「健康の管理と持久力運動」

1 12.5.23ブログ用 (29)
家の回りの草が30センチも伸びてしまった

★そう上手く行くか?

昨日と今日で家の周り(横と裏)の草むしりをした。
30センチも伸びてしまった。

いつもなら5月に入る前に1回するのだが、
今年は遅い。

砂利が敷いてあるので、
草を抜くのは比較的簡単だ。

それでも、これまで年に2回はしていたのを、
1回減らしたいのだ。

そう上手く行くか?

むしった草の量は
90㍑のゴミ袋に2袋半になった。

2 新スキャン_0017
佐久間氏は正真正銘の鉄人を続けている
新スキャン_0018
総合報告書。レース前後の負荷試験、尿試験酸素摂取量、筋力の強さなどを計ったものだ

★本「健康の管理と持久力運動」   佐久間康

佐久間氏が自費出版した5冊目の本だ。

氏のトライアスロンを初めとするスポーツの出場記録が詳しく書かれている。
同時に競技を通じて世界中に出来た仲間たちとの交友記録。

何より、30年にわたる氏の競技出場における医学的資料が
80ページにもわたって報告されていることだ。

氏の出場する競技の
レース前後の負荷試験、尿・便試験
酸素摂取量、筋力の強さ・・・・等などを計ったものだ。

計測を行っているのは東京医科大学の教授ら数人の研究者。

佐久間氏は計測に協力をしていることになるのだが、
それが30年近くにも及ぶというのはすごいことだ。

しかも、まだ続いているのだ。

10年ほど前まではマラソンを2時間台で走り、
国際大会で年齢別優勝の経験がある。

他にも300キロの自転車レース、
90キロのクロスカントリースキー、
秋田100キロマラソン連続20回完走などなど・・・・、
輝かしい競技出場暦を誇る。

佐久間氏は正真正銘の鉄人を続けている人なのである。


新スキャン_0015
うヮーー長い。297分を一気に・・・ながら見てしまった

★297分のロングDVD

映画と思って借りたら、
NHKの連続テレビドラマだった。

297分のロングDVD。
こんな長いの見たのは初めてだ。

・・しながら見だったけど。

新スキャン_0016
面白く読んだ

★本「東北戦国志」

面白く読んだ。


★シリーズ・庭の我楽具多  16  シャコガイの殻
11.5.27ブログ用 (31)
昨年アニラオ(フィリピン)の海の底から拾ってきたもの。
モチ、初めから中身はなく貝殻だった。
それも両方がぴったり合わさって
なぜ中身が無いのか?・・・不思議だった。
海から上げたときは美しく輝いており、
そして生臭かった。
庭に置いて1年。
すっかり歳をとてしまったシャコガイの殻である。

荒川の土手の風景は変わったか?。孫はぐずりだす。あの日のメモ・屋久島

1 12.5.23ブログ用 (1)
池を囲む藪とゴルフ場の1ホールが土手の下に埋まった
2 10.12.31ブログ用映画、野球、BS第九CIMG6905 (38)
2年半前の風景。藪は左側手前の位置にあたる
(藪は写真には写っていない。
上の写真より50メートルほどゴルフ場寄りの位置で撮っている)

★池を取り巻く藪の姿も消えていた

1月14日以来のジョギングをした。
モチ、超ゆっくりジョグ。

スーパー堤防の工事で、
荒川の土手の風景は変わったか?

    *

工事は200メートルほど進んでいた。
雉の棲家もあった池を取り巻く藪の姿も消えていた。

ゴルフ場のひとホールは完全に土手の下に埋まった。

スーパー土手の工事が次に迫っているところには、
丸堀がある(蛇行していたころの荒川の名残り)。

さらに先は、
スポーツで名高いさいたま栄高校のグランドへと続く。

3 12.5.23ブログ用 (21)
おばさんは花作りが上手で店先はいつも花できれいだ

★孫はぐずりだす

散歩がてら、
1歳の孫をバギーに乗せ
クリーニング屋までいった。

物知りで話題豊富なクリーニング屋のおばさんとは、
行けば店先で30分は話す。

孫は(眠くて?)ぐずりだす。


★本「人間泣かなくちゃ」  荒木経惟
4 新スキャン_0010
大きな活字で格言調で・・いや詩かなァ。
読みやすくて分かりやすくて奥が深い・・・きっと。
荒木経惟のオーラが貰える(伝わってくる)といいがな・・・・・。


★映画「鉄道を舞台とした5つのヒューマンドラマ」DVD
5 新スキャン_0011
無理のない自然なのがいい。
どんな人でもドラマの中で生きているんだァと思わせてくれる。
山手線(電車)に乗っている人を見ているだけで退屈しなくなるかも。


★「放浪記」 林芙美子  語り:芥川隆行
6 新スキャン_0009
林芙美子の作品はずいぶん映画化されているみたいだ。
たしかテレビの連続ドラマでもやっていたように思うが?・・・。
僕は彼女の本を読んでいない(多分)。
で、今日CDで「放浪記」を聞かせてもらった。
僕の頭の中には林芙美子といえば屋久島が思い浮かぶ。


★あの日の記憶・メモ  屋久島 1968年
7 屋久島ン_0013
僕は屋久島に来てから、
林芙美子がこの島と関係が深いのだということを知った。
島のだれにどこで聞いたのかは忘れたが、
何でも彼女が島の宿で執筆していたという話だったと記憶している。
僕は当時はまだ学生。路線バスで島一周をしたように思う(多分)。
8 新スキャン_0013
当時は山のことは何も知らず、
無謀にもアンパンひとつを持って宮之浦岳に登ろうとした。
水筒も持たず、しかも時間も午後2時を回っていた(その日の宿も取ってない。)
唯一の登山道がトロッコの線路(枕木)。
さすが、これは無理と気づいて登山は2時間ほどで諦めたと思う。
下山に向かった時、
上から若い女性が2人下りて来た。
彼女らも途中で諦めて下山してきたらしい。
3人一緒で下山を始めたのだが、
途中で真っ暗になってしまった。
懐中電灯もなく周囲は何も見えない。
見上げると星空だけが見える。
そんな状況でトロッコの枕木の上を歩くのは危険だ。
3人で手をつないで空を見上げながら下山した。
9 コピー (3) ~ 新スキャン_0012
登山中に見える美しい滝

なるほど“こち亀”は面白くてためになる。だーれもいないと間も持たない

12.5.23ブログ用 (3)
意思薄弱で入ったガソリンスタンド。洗車は2人がかりでしてくれた
12.5.23ブログ用 (2)
ガソリンスタンドの事務所にあった“こち亀”

★なるほど“こち亀”は面白くてためになる

10キロほど離た北区の図書館に行くのに家内から車を借りたら、
ガソリン入れと洗車を頼まれた。

その図書館からの帰り道、
信号待ちした交差点の左手がガソリンスタンド。

3人の店員が一斉に頭を下げていらっしゃいませ・・・・、
・・・の賭け声に釣られてその場で90度ハンドルを左に切った。

満タンと洗車を頼んで事務所内で待つ。

たった今まで行きつけのスタンドに行こうと運転していたのに、
意思がぜんぜん薄弱?だなァ・・・と我ながらあきれていると・・・、

・・・・と、本棚に見えるたのは“こち亀”(こちら葛飾区亀有公園前派出所)だ。

つい先日、アニラオ(マニラ近郊のリゾート)で話題となった漫画。

30代の男性ダイバーは
サバイバルゲーム(戦争ごっこ?)を
世に流行らせたのは“こち亀”だと言った。

もうひとりの50前後の女性ダイバーは
今のあたしは何もかも“こち亀”から教えてもらっている
(僕にはちょっとオーバーじゃないかと思えたが・・・)。

僕もどんな漫画なのか読んでみたいと思っていたのだ。
たまたまあった“こち亀”は人気作品の収録本。

なるほど、2人のダイバーが“こち亀”について語る意味が
僕なりに分かった・・・ような?

面白くてためになる、
流行に敏感、話題先取り・・・・・・ほか(多分)。

ウーン・・・・むしろ、
世の動きに鈍感で疎い僕みたいな高齢者が読むといいのかも?

12.5.23ブログ用 (14)
だーれもいない公園

★だーれもいないと間も持たない

好天と暖かい陽気に誘われた?
・・・で、1歳の孫を連れて近くの公園に。

だれかお友達がいるかも・・・と思ったのだが、
だーれもいない。

だーれもいないと間も持たない。
40分で戻った。


新スキャン_0008
柳家小さんと柳屋小三治・・・どっちもいいねェ

★柳家小さんと柳家小三治・・・どっちもいいねェ

図書館を三つも回ったのに、
柳家小さん(5代目)のCDはたった1枚しかなかった。

「柳家小さんのCDが1枚しか見当たらないけど、
みなかりられているのかなァ?」

と、係りの人に聞いた。
早速、パソコンで検索、
さいたま市中の図書館蔵書(CD)を調べてくれた。

画面を覗くと20数枚ぐらいあるように見えたが、
どれも貸し出し中だ。

5代目柳家小さんは人気があるんだなァ。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 38  遠刈田の達磨こけし(宮城県)
10.12.2棚のガラクタ1 (231)
制作者の名がこけしの裏側(下)に書かれている(佐藤某)。
(昭和)45.6.13と日付も記されていた。
雑誌の編集部に配属されて間もない頃だ。
カメラマンと行った取材先で泊まった宿の近くの
こけし屋(みやげ物屋)に行き、
目の前で作ってもらった。
こけしの頭(上)にはゴローさんへとある。
ほかに小さいほうのこけしには怒、
大きいほうには喜と書かれている。
それはぼくが師に書いてくれと頼んだのだ。

しまった!と思ったがもう遅い。艀で乗り込む漁師たち

新スキャン_0007
市の“特定健康調査”の受診に行った

★しまった!と思ったがもう遅い

市の“特定健康調査”の受診に行った。
要するに健康診断だ。

リタイアしてから1年おきくらいに受診している。

検査項目の中で今回、
胃のレントゲンを胃カメラに替えてもらった。

胃カメラ検査のみ後日行う。

それには理由がある。

他の医師に診察してもらった診断と、
異なる考えをもつ医師の話を聞いたからだ。

    *

別に何か気になるとか、
深刻な症状があるというわけではない。
ただ、胃酸過多の原因を調べたいだけなのだ
(歳をとると胃酸過多気味になるいらしい)。

要は気軽に“それでは撮ってみます”程度なのだ。

「あなたは病院好き」と家内から言われる理由が
自分でも分かるような・・・・。

ところが、問診中に胃カメラはきつい
(結構辛いものがある)ということを思い出してしまった
〈過去に何回か経験有り〉。

しまった!と思ったがもう遅い。


CIMG3081.jpg
温まり方が遅くなったような気がしたのはこの埃のせいだったのか?

★この埃のせい?

居間で使用している
ガスファンヒーターをダンボール箱に仕舞った。

裏側の金網(ネット)を見てビックリ。

ぎっしりと埃が張り付いている。
最初は金網だと思わなかった。

これでもシーズン中、
一回は埃を落としていると言う。

温まり方が遅くなったような気がしたのは
この埃のせいだったのか?


★あの日の記憶・メモ  艀で乗り込む漁師たち・北海道(1965年)
新スキャン_0005
新スキャン_0004
コピー ~ 新スキャン_0005
20歳の時に行った北海道。
記憶では知内村(当時)なのだが・・・。
今は青函トンネルの北海道側の口であり、
発展・開発が進んで46年前の面影はほとんどないのでは?
(間違っていたらゴメンナサイ)。
写真は艀で漁船に乗り込む漁師たち(多分)。










金環日食をポジ未撮影現像部分(?)で見た・撮った。病院・床屋・電気屋

12.5.21金環日食
ポジカラーフィルムの未撮影現像部分1枚をデジカメのレンズに被せて撮った金環日食
新スキャン_0003
我が家にあったメガネは家内が職場から貰ってきたもの。太陽(金環)が赤く見えた
新スキャン
ポジカラーフィルムの未撮影現像部分を4枚用意。重ねるごとにオレンジ色(太陽)が濃くなる

★金環日食を見た・撮った

いったい、金環日食用のメガネはどれほど売れたのだろう。
テレビを見ている限り相当多い。

僕が1ヶ月前にコンビニで目にしたのは
たしか1000円近くしていた。
天体ショーの経済効果○○億円とか新聞に出ていたがさもありなんと思う。

我が家にもメガネはあったが、
これは買ったものではなく、
家内が職場から貰ってきたらしい。

僕が小学生の頃はセルロイドの下敷きで日食を見た。
会社勤めを始めてからはポジカラーフィルムの
未撮影現像部分(?)で見ていた。

カメラがデジカメになって久しい。
ポジのカラーフィルムなど見たこともない人も多いのでは?

そのポジカラーフィルムの未撮影現像部分を
我が家の押入れの中から探し出しておいた。

実は、それで金環日食を見るのを
僕はひそかに楽しみにしていたのだ。

      *

今朝、我が家で金環日食を見たのは4歳の孫娘も入れると5人だ。
メガネひとつで足りない。

それに、薄くかかった雲のおかげで、
金環日食に近づくほど
メガネより未使用現像フィルムのほうがよく見えた。

CIMG3077.jpg
行きたくなくても足が向く、好きでもないのに足が向く・・・暇なのか歳のせいなのか?
CIMG3074.jpg
床屋は1000円と安いのだが・・・・


★病院・床屋・電気屋

明日健康診断を受ける予定の病院へ、
腹痛・ゆる腹の診察を受けに行った。
診察の結果、他人のに移すこともなさそうでひと安心。

そのあとは床屋と電気屋だ。
電気屋ではプリンターのインクを購入。
午前中で1万円近くすっ飛んだァ。


新スキャン_0001
マニラ湾にて(19日)

腹痛とゆる腹でダウン

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-20 Sun 19:33:24
  • 体験
★またウイルス性の○○と診断されたらやだなァ

今日(20日)は一日中寝ていた。
腹痛とゆる腹でダウンだ。

症状的には昨年マニラから帰ったときと、
全く同じだ。

明日、病院へ行くつもりだが、
またウイルス性の○○と診断されたらやだなァ。

    *

18日はアニラオからマニラ市内へ移動。
その晩はマニラ市内のホテルに泊まる。

潜水をしたら24時間は飛行機に乗れないからだ。

チェックインをするまで、
世界遺産となっているサン・アグスチン教会を見学した。
1606年完成のフィリピン最古の教会だ。


    *
 
19日(昨夜)は帰国だ。
フライトは午後2時25分発。

時間はたっぷりある。

朝(19日)、7時から2時間ほどマニラ湾沿いのロハス大通りを散策した。

堤防をと通りの間が公園のようになっていて、
湾内を望みながら散策を楽しむことが出来る。
マニラ市民の憩いの場所でもある。

1983年に凶弾に倒れたバニグノ・アキノ氏の銅像が、
湾を指差しながら建っていた。

2 12.5.18アニラオ最終移動日→マニラへ (46)
サン・アグスチン教会(18日)
3 12.5.18アニラオ最終移動日→マニラへ (55)
壁画や彫像はイタリア人の制作によるとガイドブックにあった(18日)
4 12.5.19マニラ→成田 (4)
フィリピンといえばジムニー。僕はまだ乗ったことがない。行き先が分からないし・・・(18日)
5 12.5.19マニラ→成田 (19)
マニラ湾を指すように建つバニグノ・アキノ氏の銅像(19日)
6 12.5.19マニラ→成田 (69)
マニラ湾の堤防の上で遊ぶ子供(19日)
7 12.5.19マニラ→成田 (83)
ロハス大通りではデモ行進が行われていた(19日)
12.5.19マニラ→成田 (98)
往復の機内で4本の映画を見た。
三丁目の夕日の3作目、
山本周五郎原作の時代劇、
釣りバカ日誌の何作目か、
個人動物園の開園までの話を描いた洋画

ベテランガイドさんも僕のカメラの腕前にあきれたのかなァ

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-18 Fri 09:31:47
  • 体験
★ベテランガイドさんも僕のカメラの腕前にあきれたのかなァ

アニラオ最終日(17日)。午前中2本、午後の1本ともに
インストラクター(ガイド)をつけてもらう。

べスさんという、
このリゾートの一番のベテランおじさんが付いてくれた。

3本とも用心して深くは潜らず15メートル止まりだ。
海の中は5メートル前後の陽の届くサンゴが群生しているあたりのほうが、
僕的には好きなので問題はない。

1 12.5.18アニラオ8日目・写真7日目 (104)
午前中1本目キルビスポイント。右がベテランガイドのべス
3本目のツインロックポイント(写真下)
1 12.5.18アニラオ8日目・写真7日目 (104)
2 12.5.18アニラオ8日目・写真7日目 (129)
魚の名前は分かりません(写真下)
3 12.5.17アニラ・ツインロック水中写真 (40)
クマゲラ(写真下)
4 12.5.17アニラ・ツインロック水中写真 (65)
海の中のこんな風景が好きです(写真下)
5 12.5.17アニラ・ツインロック水中写真 (92)
サンゴたち(写真下)
6 12.5.17アニラ・ツインロック水中写真 (85)
僕の泊まった部屋は海に一番近い部屋。
ベットも海側の壁際で波打ち際まで2から3メートル。
毎晩波の音を聞きながら寝た(写真下)
7 12.5.18アニラオ8日目・写真7日目 (158)
アニラオを立つ前日の夕方、初めて空が赤く染まった(写真下)
8 12.5.18アニラオ8日目・写真7日目 (194)

1本目、カメラを持って潜ったのだが、
20枚も撮ったらバッテリー切れでアウト。

     *

3本目は潜友K氏のデジカメを借りて潜った。

ふつう、カメラを持つとガイドが小さなカニやエビなどの生き物、
珍しい魚などを探しだしてくれるのだが(1本目はそのようにしてくれた)、
僕がそれらにあまり興味を示さないと思ったのか(実際にそうなのだが)、
3本目になるとベテランガイドのべスさんは探してくれなくなった。

僕のカメラの腕前にあきれたのかなァ?

常に僕の上1メートルくらいのところを浮いていてくれる。
お陰で好き勝手に浮き沈みながらシャッターを押した。

水がやや濁って透明度がいまいち、
カメラの腕もいまいち(いまさんくらい)だった。

やっと潜れた。びっくりやら嬉しいやらの“ようこそ!Laos Festival(ラオスフェスティバル)公式サイト”

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-17 Thu 18:54:44
  • 体験
★やっと潜れた

16日。
午前中に2本のダイブ、
午後1本のダイブを行った。

但し、まだ心配なので僕専用のインストラクター(ガイド)
をつけてもらった。

1本目はやはり12メートルまでしか潜れなかった。
ところが、2本目になると耳抜きも上手くでき、
鼻や歯茎の痛みも起きずに20メートルまで潜ることができた。

ただ、潜水時間が45分で、
他の3人より10分ほど短い。

(それだけタンクの酸素消費量が多いということ。
ダイブは上達するほどボンベの酸素消費量が減ると言われている)

     *

夕食後、他のダイブグループの人たちと談笑。
就寝が10時を過ぎてしまった。

1 12.5.17アニラオ7日目・写真6日目 (12)
1本目のダイブポイント。漁村近くの小さな島で魚の養殖場がある。
鉄骨を沈めて魚の棲家が作られているが、
僕はその地点(20メートル)までは潜れなかった
2 12.5.17アニラオ7日目・写真6日目 (24)
2本目を潜るまでは1時間の休憩。
島の端にあった小屋で、インストラクター、島の住人も交えてお喋りを楽しむ
3 12.5.17アニラオ7日目・写真6日目 (58)
船の上からでもサンゴの海底が透けて見える
4 12.5.17アニラオ7日目・写真6日目 (84)
3本目のポイントはカテドラル。
十字架が水中に立っているダイブポイントで魚の種類も数も豊富
5 12.5.17アニラオ7日目・写真6日目
ダイブポイントへ向かうバンカーボート。遠いポイントになると30分以上かかる
6 CMX_9365
突然、戦争の写真でゴメンナサイ。
ここで知り合ったダイバーの中に“サバイバルゲーム”にハマッっている人がいた。
今はダイビングよりも夢中なのだそうだ。
僕自身はそのような遊びがあるとは知らなかったので面白く話を聞いた。
1、いい大人の兵隊ごっこ(戦争ごっこ)?
2、千葉が聖地みたいな・・フィールド(戦場?)も今は増えて14箇所ぐらいある
3、同好会のような組織もあるが、日曜日に好きなもの同士が集まったりもする
3、女性も1割くらいはいるらしい。中には16歳の女子高校生もいる
4、コスチュームは自由でアメリカ海兵隊、日本の自衛隊、中国軍、ソ連軍、ドイツ軍、
 世界大戦当時の日本軍、中には日露戦争当時の格好もいるのだそうだ。
5、その他、ゲートルの巻き方、ルール・・・・・・などなど
6、18歳以上しか出来ない(銃規制のため)
で、写真を借りて掲載許可を貰った次第。詳しくはサバイバルゲームで検索を・・・
7 IMG_0170
戦争ごっこ大好きさんが取った海中のテーブル。
椅子もあるらしく海中でパーティができるのかなァ?
(ダイブポイント名はヴィスタマール)
8 P1080420
潜友K氏の撮ったモンハナシャコ
9 P1080456
同じくハリセンボン
10 アカモンガラの寄生虫を食べているホンソメワケベラ
潜友K氏の申し出で掲載するアカモンガラの寄生虫を食べているホンソメワケベラの写真。
本人曰く「狙い通りに撮れた」
11 CIMG2544
下手なスケッチでスミマセン

★びっくりやら嬉しいやらの
“ようこそ!Laos Festival(ラオスフェスティバル)公式サイト”

ラオス在住の知人(日本人)から、
5月26・27日に開催される
ラオスフェスティバルの案内メールが来た。

開いてみてビックリ!

僕がラオスで開いている絵画教室(ボランティア)
“てっちゃンネット絵画教室”の生徒4、5人が、
“ようこそ!Laos Festival(ラオスフェスティバル)公式サイト”
に出ていたのだ!

http://www.laos-festival.info/

ぜひ、上記サイトの学生編、高校生編をごらんあれ!


★名当てクイズ?が面白かったFacebookからの告知

先日、ここアニラオ(フィリピン・マニラ近郊)から
Facebookにログインをしたところ、
下記の告知が来た。
   
       *

『今までにご利用されたことのないコンピュータ、携帯機器、場所からFacebookアカウントへのログインがありました。安全のため、不正な利用がなかったことをご確認いただけるまで、Facebookアカウントを一時停止させていただきました。

新しい機器またはいつもと違う場所からFacebookにログインしましたか?

- 他人がアカウントにログインしたと思われる場合は、いつもご利用のコンピュータからFacebookにログインし、以下の手順にしたがってアカウントの安全を回復してください。

- このログインが正当なものである場合は、これまでどおりFacebookアカウントをご利用ください。』

       *

告知の手順に従って安全を回復、事なきを得たのだが、
本人確認の方法が面白かった。

ほとんど名当てクイズなのだ。
Facebookの “友達”の写真が数枚並べられ、
正しい “友達”の名前を記入するのだ。
(数枚の写真の中に違う人の写真が混じっているがミソ)
4、5問あったような気がする。

ラオスの“友達”もいる。
ひとりは“ようこそ!Laos Festival(ラオスフェスティバル)公式サイト”
にも出ている。

ランダムに選んで問題を作るのだろうが、
これは予期せぬ本人確認方法。

とっても面白かった。

興味あるなら、場所(僕の場合は旅先でのWi-fi)を変えて
Facebookログインをお試みあれ!

どうせ待つ(待機)なら船の上でと・・・釣りしたりスケッチしたり

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-16 Wed 19:39:08
  • 体験
★どうせ待つ(待機)なら船の上でと・・・待ってみた

午前中、潜友たち(一緒に来た仲間3人)のダイブの船に付き合う。
暇つぶしもあるがビデオ撮影(潜友k氏の機材)と、
できればスケッチでもと思ったのだが・・・・。

1 CIMG2494
午前8時半頃のダイバーたちの集合エリア。
このリゾート(パシフィコ・アズール・リゾート)の中央広場?
2 CIMG2518
潜友たちがダイブの間、(雇われ?)船頭さんたちはお喋りと釣りで
ダイバーが潜水から上がってくるのを待つ。
僕も竿ならぬ糸を借りて釣らしてもらったが1匹も釣れず。
やっぱり難しい。コツがあるんだよなァ・・・・きっと
3 CIMG2515
(雇われ?)船頭さんが待つ間に釣った魚はアカモンガラ。水中では青く美しい魚だ
4 CIMG2568
4時頃から近くのレストラン(食堂)へ男3人(潜友2人と)で・・・。
来るたびに行くので店の人ともすっかり顔なじみに
5 CIMG2574
お店の前に止ったトライシクル(サイドカータクシー)。
乗ってみたいと思っているのだが・・・・なかなかチャンスがこない
6 CIMG2591
ちょっと座席に座らせてもらった。目線が低い。
地面すれすれの感じで、これで飛ばし(走った)らけっこうスリルかも・・・
7 CIMG2587
店に行く途中で会った2人の女の子。ニコニコ顔で挨拶をくれたあと、
手に持っているもぎたての緑色マンゴーをひとつくれた。
後で店の人に剥いてもらい食べたのだが・・・これがとても甘く美味しかった
8 CIMG2600
夜の8時、突然?リゾートに現れたトッケー(多分)。
鳴く声は聞こえても姿はなかなか見ることがない。
タイではトッケーの鳴き声(トッケー、トッケーと泣く)を5度以上聞くことが出来たら
何かいいことがあると聞いたことがある。
ここはフィリピンだけど何かいいことあるといいなァ
9 P1080247
潜友K氏撮影のウツボ。緑色がきれいだ
10 P1080293
潜友K氏撮影のアカホシカニダマシ(ヤドカリの仲間)
11 CIMG2548
船で待つ間に描いたスケッチ(船首)
12 CIMG2536
同じくスケッチ(ダイブポイント)

つれないなァ・・・・今日も1日待機。38口径の拳銃は本物?

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-15 Tue 16:55:19
  • 体験
★今日も1日待機すること

昨年、このアニラオで一緒になったグループと再会している。
わがグループは4人。
皆、潜友だし、会えば話も弾む。

     *

僕は相変わらずの体調だ。
今日も1日待機することにした。

皆が心配してくれ持ち合わせの薬も頂いた。

今回の僕のような状況については経験済みの方ばかりで、
貴重なアドバイスが心強い。

12.5.15アニラオ5日目 (1)
リゾートを監視しているガードマンが腰に下げている拳銃。
38口径なのだそうなのだが、本物かどうかは聞いていない
12.5.15アニラオ5日目 (6)
午前中は釣りをした。魚肉餌に40分ほど試みたが一匹も釣れず。
30分ほど休憩して今度はパンを餌に試みたがやはり1匹も釣れず。
魚は見えるんですけどねェ・・・・・つれないなァ
CIMG2483.jpg
今日の夕陽
P1080119.jpg
潜友K氏撮影のカメ
P1080108.jpg
同じくイカ
12.5.15アニラオ5日目 (28)
マンゴの木のスケッチ

退屈かなァ、そうでもないかなァ、もったいない気もするしなァの一日

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-14 Mon 13:24:41
  • 体験
10 12.5.13アニラオ3日目 (8)
日曜日(13日)はマニラからの日帰りダイブ客も来て賑わう。船着場にはバンカーボートが6艘並んだ
12.5.14アニラオ4日目 (4)
ここから夕日を眺めるのは楽しみ
12.5.14アニラオ4日目 (10)
リゾートの食事は美味しい
P1080005.jpg
潜友K氏の撮影した美しいウミウシ
P1080032.jpg
同じくウツボ
12.5.15アニラオ5日目 (25)
酸素ボンベ室のスケッチ。左は海から上がったあと身体を流すシャワー



★1日中リゾート内で時間つぶし

アニラオ4日目
鼻が詰まっているような、そんな声になっている。
右耳も2重に響くような。

1日中リゾート内で時間つぶし。

横になったり、
本を読んだり、
音楽を聴いたり、
夕日を眺めたり・・・・・。

退屈かなァ、
そうでもないのかなァ、
もったいない気もするしなァ・・・・そんな1日だった。



無謀な体験となった風邪ひき状態のダイブ

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-13 Sun 11:50:32
  • 体験
★風邪ひき状態で潜るとどうなるかを身を持って体験

アニラオ(フィリピンマニラ近郊約100km)に来て3日目である。

1日目(5月11日)。
到着が夕方の4時。
成田に向かうバスに乗ったのが朝の5時だから、
13時間かかって着いた。

1年ぶりのアニラオの海だ。

1 12.5.11アニラオ1日目 (5)
もう10日あまりもひきっぱなしの風邪状態が少々心配だったのだが来てしまった。
曇り空、海面を見ると少し波が荒いのか透明度が良くないようだ。

2 12.5.12アニラオ2日目 (1)
2日目の1本目。一緒に行った潜友を船着場から見送る
3 12.5.12アニラオ2日目 (13)
船着場の先端で釣りをしていたおじさん。糸と針だけで竿はなし。餌もパンのみ
4 12.5.12アニラオ2日目 (4)
成果はご覧の通り。20センチ以上の丸々した魚ほか10匹ほどを1時間ほどで釣り上げた
5 P1070875
潜友K氏撮影(1本目)のニモ
6 P1070847
同じくシャコガイ。長いほうの直径が70センチはあると言っていた
7 12.5.12アニラオ2日目 (25)
午後、この日の3本目を潜ってはみたものの・・・・
8 P1070911
潜友K氏が撮ってくれた僕。岩(サンゴ)に摑まって必死に耐えているのに、
潜友には眠っているように見えたと・・・・ッタク
9 12.5.12アニラオ2日目 (40)
僕らの泊まっているパシフック・ブルー(リゾート)のすぐ近くにある新築の別荘。
オーナーは日本人だそうだ


2日目(5月12日)。
風邪ひき状態で潜るとどうなるかを、
身を持って体験した。

午前中の2本のダイブは体調を考えて船に乗らず、
部屋で休んでいた。

昼食後の午後のダイブのみにしておこうと思い、
実際にそのようにした。

その午後の1本。
まず、耳抜きが大変だった。

なかなか抜けない。
鼻を押さえても、
つばを飲み込んでも、
なかなか抜けずに痛くなるばかりだ。

皆(他のダイバー4人を待たせてやっとのことで
10メートルばかり潜水)。

何度も同じようなことを繰り返しながら18メートルまで潜ったとき、
もうイケナイ・・・・。

鼻が潰れてしまうのでないかと思うほどの痛さ、
上顎の歯が全部抜けてしまうのではないかと思うほどの痛さ、
耳の中もなお痛い。

もう、これ以上の潜水は無理だということを
ガイド(インストラクター)に伝えた。

     *

ガイドの指示で5メートルほど浮上して待つことにした。
多分水深13メートルほどではないだろうか。

他の4人がさらに深く潜っている間、
僕は岩(サンゴ)に摑まり、
そこを動かずに待つことにしたのだ。

視界も5メートルほどでよくない。
他のダイバーの姿はたちまち見えなくなってしまった。
   
    *

ちょっとの風邪くらいとあなどってはイケナイ。
こんなにひどいことになるとは思っても見なかった。

一緒に潜る人たちに迷惑がかかってしまうし、
もし大事故にでもなったらそえこそ大変。

無謀な体験であった。

とういことで3日目の今日もお休みで~す。

愛用のデジカメが壊れた。井戸端会議下水道編

1 新スキャン_0051
カメラは壊れたが電池はスペアに利用できる

★愛用のデジカメが壊れた

とうとう壊れてしまった。
数ヶ月前からレンズの出し入れに不具合があり、
これは危ないと思っていたのだ。

代替の同じ機種がすでに買ってある。
電池がスペアに使用できるので無駄にならない。

2年くらいは使用したかなァ。
常に持って歩き
相当な枚数を撮った(使用した)ので心残りはなしだ。

2 下水会議 (3)
工事を終えた近所のお宅の下水の蓋

★井戸端会議下水道編

隣家の奥さんさから召集がかかった。

下水工事を申請書を役所に出したいというのだ。
4軒の共有地を道路にしているので、
申請は所有者4軒の同意の下に行わなければならない。

そこで、井戸端会議となったわけだ。

すでに工事を終えた近所の家(写真)のご主人からも情報を得たり、
路上(井戸端)会議は2時間に及んだ。

なお今回の顔ぶれは奥さんが2人、
僕を含めて主人が2人。

3 新スキャン_0047
形を学ぶには見て描くのが良いのかも知れない

★本「動物イラスト百科」 

ラオスの絵画教室の資料にと借りてきた。
中学生は絵を見ながら描く子が多いのだ。

形を学ぶには見て描くのが良いのかも知れない。

4 新スキャン_0049
漫画の中の名言に、なるほどなァと・・・・

★本「ニッポン漫画名言集」

なるほどなァと・・・・と思う名言を読むと、
その漫画を読んでみたくなる。

読まれている部数から考えれば、
小説やエッセイなどの文章よりも
読者に与えた影響力ははるかに大きい(多い)?

テレビや映画に比べたらどうかは分からない。
最近はパソコン(ネット)もある。

しかし、この日本漫画名言集には
小説・文章にも負けない重さが感じられた。

     *

僕はあまり漫画は読んではいない。
図書館にも置いてないしなァ。

5 新スキャン_0050
やっぱり5代目古今亭志ん生はいい

★CD「落語」

やっぱり5代目古今亭志ん生はいい。

まだ少し早かった?今年1回目の渓流釣りの旅

★まだ少し早かった?1日に1匹しか釣れない日もあった

朝の8時ちょい過ぎから夕方の5時まで、
1日かかってたった1匹しか釣れなかったのは3日目だ。

前日の大雨の影響もあったか?
あるいは時期がまだ少し早かったか?

水も冷たかったからなァ。

この日は場所(渓流)を4箇所も移動したりしたが
・・・・・こんな事もある。

    *

今回の3泊4日は、
民家にお世話になった。

山菜、
釣ったばかりの岩魚、
地元ならではのすいとんなど
珍しい料理が食卓に並び、
グルメにも恵まれた渓流釣りの旅となった。

1 12.5.5-8遠野 (234)
この日(3日目)は2回しか目にしなかった魚の影。
サッと岩陰に隠れてしまい、釣り糸の餌には目もくれない
2 2.5.5-8遠野 (237)
水は冷たく、まだ少し早かったのかもしれない
3 12.5.5-8遠野 (116)
友人(僕の釣り師匠)の知りあいの民家のご主人が開きにして焼いてくれた岩魚。
ほかに岩魚のからあげも・・・
4 12.5.5-8遠野 (20)
行者にんにく(右)、こごみ(中)、
かでな(左)の山菜、ほかにうどの葉とタラの芽の天ぷら、
ヤマゴボウの煮付けなども。
また、地元ならではのすいとん(別名とってなげ、あるいはひっつみ)など
都会では味わえない山の幸がふんだんに食卓に並んだ。
ごはんに頂いた味噌、醤油で焼いたこおばしいおにぎりは
自家製米で銘柄はいわって子だと教えられた
5 12.5.5-8遠野 (277)
ふるさとのイメージそのままの景色が心を癒してはくれたが・・・・
6 12.5.5-8遠野 (282)
その美しい景色とは裏腹に原発事故の影響で牛の放牧が出来ないという
7 12.5.5-8遠野 (93)
牧草の草を食べていた2頭の鹿。しばらくシャッターを押し続けたが逃げようとしなかった
8 12.5.5-8遠野 (43)
海抜が500メートルを超えるような高いところではやっとフキノトウが芽を出したところ?
9 12.5.5-8遠野 (177)
大きな岩が道を塞いでいた(林道で)
10 12.5.5-8遠野 (123)
この地区の広大な牧場はどうなるのだろう?
11  12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (45)
帰りに被災地の陸前高田市を通った。瓦礫は片付けられていたものの復興には何年かかるだろうか?
12 12.5.5-8遠野被災地・陸前高田・気仙沼 (63)
陸前高田市・高田松原に残された一本松

ドラえもんは空想科学小説?クレヨンしんちゃんは現代アート?

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-05-04 Fri 21:50:05
  • 映画
★孫の自転車乗り、花屋、隣の愛犬、五葉松、アニメ2作品の話

小学3年生の孫娘と1キロばかり離れたスーパーーの買物に行った。
孫娘が大人の自転車に乗りたがるのだ。

僕が早足で前を歩きながら
なるべく車が通らない裏道を行った。

買物を終えた頃、
にわかに強い雨となった。

1 12.5.4ブログ用 (3)
雨の中、花はけっこう売れていた

雨の上がるのを待つ間、
スーパーの入り口に店を出している花屋を眺めていた。

およそ20分間。
その間ひっきりなしに客が来る。

1300円、2000円・・・、
けっこう売れるんだァ。

花屋の親父さんと客とのやり取りを聞いているのも面白かった。

2 12.5.4ブログ用 (24)
植えてから26年間、形が崩れないように手入をしている庭の五葉松なのだが・・・

昼から孫娘と映画“クレヨンしんちゃん”を見に行く予定だったが、
TUTAYAで借りて家で見ると言いだした。
(出ないで助かったァ)

そこで孫娘と2人でTUTAYAへ。
僕が借りれば1週間100円で借りられるのだ。

“ドラえもん のび太と銀河”
“クレヨンしんちゃん チョー嵐”
の2本を借りた。

     *

2本のアニメはどちらも面白かった。
大人(僕)が見ても面白いと思う。

“ドラえもん のび太と銀河”
はストーリーが空想、ロマン、冒険に満ちている。

そー言えば、僕らが小学生の頃には
空想科学小説というのがあったなァ。

“クレヨンしんちゃん チョー嵐”
は画面がきれいだ。
例えばストーリーが無くても、
画面だけを見てもいい(美しい・面白い)。

まるで現代アートを見ているような色彩と大胆な構成。
漫画は読んでないが知らないが、
少なくとも劇場用のアニメは優れた作品だと思う。

監督をはじめ制作スタッフ(クリエーター)の
野心のような気迫が見えるような・・
そんな気持でみた。

1本目の“ドラえもん のび太と銀河”
を見たところで一旦アニメを見るのは休憩。

庭に出て草取りと五葉松の剪定(新芽摘み)を行う。
孫娘も手伝ってくれたのは有り難かったが、
大人の自転車乗りと同様に心配。
何しろ大きな庭木用の鋏を使うと言うのだ。

3 12.5.4ブログ用 (12)
草むしりをしているとお隣さんの愛犬が奥さんに抱かれて忙中見舞い?に来た
4 12.5.4ブログ用 (34)
“ドラえもん のび太と銀河”。空想、ロマン、冒険に満ちていて大人でも楽しめる
5 12.5.4ブログ用 (50)
“クレヨンしんちゃん チョー嵐”。色、画面構成などなど、まるでアート作品を見ているようなカットがたくさんある


★シリーズ・モノクロ時代 13  松前城(北海道) 1966年
6 新スキャン_0046


※明日から旅行のため4日間ほどブログお休みします

コミセンを改めて見直した。撮り溜めショット・季節の花

CIMG2166.jpg
“羊たちの沈黙”はスリラー近い?恐い映画

★コミセンを改めて見直した

孫娘2人を連れて近くの図書館へ行った。
馬宮コミュニケーションセンター、
略してコミセンと呼んでいる。

児童館、図書館、ホールなど各施設がほどほどの規模で整い、
地区の住民としてはとても便利に利用させてもらっている。

今日、このコミセンの図書館にも
古い名作映画(DVD)が何本か揃っていることを発見した。

借り出しは出来ないが、
目録をみると100本近くはあるのではないか?

これまで映画(DVD)は車で20分ほどのところにある
北区(さいたま市)の図書館まで行ってを借りていたが、
これからは車で5分もかからないコミセンでも見ることが出来るのだ。

但し、借り出しは不可。
館内で見ることになるが、
まだ見てない名作がかなりありそう。

そこで、早速“羊たちの沈黙”を借りて見た。

見たといっても1時間ほどだ。

ちょうど12時になってしまい、
アニメを見ていた孫娘たちも飽きてきたようだった。

僕が途中まで見ていた“羊たちの沈黙”の
残りはまた来て見ることにした。

今日は馬宮コミュニティーセンター、
通称コミセンを改めて見直した。


★撮り溜めショット・季節の花(4~6月)
06.6.8茂った庭 005
我が家の庭にて(2006年)
04.6.6日7日 新潟拓本長岡展示会と下倉城やな跡採拓003 (64)
我が家の庭にて(2004年)
06.6.8茂った庭 006
我が家の庭にて(2006年)
04.5.8拓本吹上 009
吹上の河川にて(2004年)
05.4.30南天山 025
奥秩父南天山にて(2005年)
06.4.22常陸大子と郡山きのこいわ (62)
郡山にて(2006年)
06.4.22常陸大子と郡山きのこいわ (96)
郡山にて(2006年)
06.5.14拓本吹上パノラマ公園 013
吹上の河川にて(2004年)
06.6.8茂った庭 004
我が家の庭にて(2006年)
CIMG5860.jpg
自宅付近の農家にて(2012年)
CIMG6108.jpg
我が家の庭にて(2006年)

「老人力」を読んで元気が出たら老人力がアップしたことになるかなァ?

★中学校の校長先生に面会に行った

地元(家から100m)の中学校の校長先生に面会に行った
郷土史研究繪の機関誌「むかしの馬宮」を渡しに行ったのだ。

いつもなら受付に預けて渡してもらうのだが、
今日はあえて面会を申し込んで手渡した。

「この学校には歴史研究などを行う
クラブ活動のようなものはあるのですか?
もしあれば、我々の郷土史研究繪と
何か共同で研究できたらと思いまして・・・」

校長先生××「いまはありませんね。
しかし、とても面白い提案だと思います」

校長先生は郷土史研究繪のこともよく知っていたし、
昨年お渡しした「むかしの馬宮」も読んでおられた。

廊下の掲示板には同じ地域住民の
水彩画教室の作品展も行われている。

校長先生××「近く住民の方々と
始めての合同避難訓練を行う予定でもいます」

学校は災害時の避難場所になっている。
事が起こって初めて顔を合わせるというのではなく、
お互い見知っておくべきだと言うのだ。

校長先生××「授業時間が増えていまは生徒も先生も忙しい。
あらたにクラブ活動を作ることはできないが、
文化祭などでお互いの展示物の交換などは可能かもしれませんね」

と校長先生は気さくに話を聞いてくれた。

高齢者ばかりの我が郷土史研究繪が
孫ほど若い中学生とコラボレーションが出来たら
どんなに素晴らしいことだろうと思ったのだ。


新スキャン_0042
老人には元気の出る良書?「老人力」

★本「老人力」  赤瀬川原平

数ページを読めば、
何を言いたいのかとか
“老人力”とは何かということがおおよそ分かる(多分)。
60歳以上からは年齢が増えるほどに、
著者の言っている意味(内容)がより鮮明に理解できる(多分)。
老人には元気の出る良書(多分)。

「老人力」を読んで元気が出たら
老人力がアップしたことになるのかなァ?

新スキャン_0043
落語が必ずしも笑いを求めるべきものではないと思った

★落語は“話芸”活動弁士は“話術”

雨の1日。
きょうも落語を(CDにて)聞いた。

初代雷門福助
6代目笑福亭松鶴
8代目林家正蔵
5代目古今亭志ん生

落語が必ずしも笑いを求めるべきものではないと思った。
話芸を楽しむほうが先かもしれない。

先日の活動弁士に対しては司会のアナウンサーが、
“話術”を楽しんで欲しいと紹介していた。

落語は“話芸”活動弁士は“話術”
分かるような気がする。


新スキャン_0044
参考になる写真を探したのだが・・・

★本「富士山」  写真集

多数の写真家たちの富士山が、
春夏秋冬の季節別に編集されている。

いつか富士山を油絵に描きたいと思っているので、
参考になる写真を探した。


★あの日の記憶・メモ   浅草寺   2008年5月   
08.5.18三社祭 (22)
今年も三社祭が近づいた。
この写真も5月の三社祭の当日(多分)だったと記憶している。

突然に大いに若やいだ“きょうだい会”。フロントガラスの警告書

★突然に大いに若やいだ“きょうだい会”

2年ぶりとなった“きょうだい会”に行った
会場は“掬水園(きくすいえん)”というホテル。

西武園遊園地に隣接するホテルで、
孫2人を連れて参加した我が家にはおあつらえ向きの場所。

1 12.5.1兄弟会西武園 (19)
僕が前に村山貯水池に行ったのは20代半ばではなかったか?
2 12.5.1兄弟会西武園 (61)
孫に負けないほどの遊園地好き僕が外せないのがメリーゴーランド。
遊園地アトラクションの原点ではなかろうか?
3 12.5.1兄弟会西武園 (81)
孫2人は家内と嫁に任せて、ひとりでいくつか乗り物を楽しむ。
ジェットコースターも外せないなァ
4 12.5.1兄弟会西武園 (128)
ブランコはなかなかの迫力。絶叫マシンは控えめなだが、
幼児や小学生、それに遊園地好きなお年寄りにはピッタシかも・・・
たしか富士急ハイランドには年齢制限有りのアトラクションもあったと記憶している
5 12.5.1兄弟会西武園 (137)
突然現れたファンタジーの世界
6 12.5.1兄弟会西武園 (60)
時々の雨。せっかくの遠足なのに・・・・。


もともと僕には兄・姉・妹などきょうだいが多く、
一番上の姉が古希を迎える10年数年前に
何となくこの“きょうだい会”は始まった。

その間、亡くなった兄もいる。

また、高齢で足腰が弱ったとか、
老老介護で参加できないなど・・・、
参加が難しくなったきょうだいもいる。

それが、今年は妹の新居の披露もあって、
子供や孫たちも何人か参加し、
突然に大いに若やいだ。

18人近くが集まった中で8人が子供や孫たちだ。

会もこんな形で発展していったらいいかもしれない。



★あの日の記憶・メモ  フロントガラスの警告書(2011年8月)
11.8.15-16家族旅行 磯部温泉~軽井沢 (178)
群馬県の温泉旅行の帰りがけ
どこかのサービスエリアで見た光景である。
要するにサービスエリアの駐車場に車を放置、
つまり捨てていってしまったのだ。
モチ、ナンバープレートは外してある。
貼り紙を貼ってから3ヶ月、
この写真を撮ったのはそれからさらに2ヵ月後。
貼る前は何ヶ月放置され続けていたのかは不明。

Index of all entries

Home > 2012年05月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top