Home > 2012年06月

2012年06月 Archive

医師に安い薬の処方をお願いした。本「日本怪僧奇僧事典」

12.6.27ブログ用 (2)
12.6.27ブログ用 (4)

★今度の医院の医師には安い薬の処方をお願いした

胸焼けを抑えるための治療を受けている。
治療と言うか薬を貰って飲んでいるだけなのだが・・・。

その医院(病院)を替えてみた。

前の医院は診察代と1ヶ月分の薬代で1回の支払いが4000円ほどだった。
今度の医院は1000円かからない。

安くなったのには理由がある。
薬代だ。

今度の医院の医師には安い薬の処方をお願いした。
(前の医院の薬は新薬だと薬剤師に聞いている)

それに薬の値段の云々ばかりではなく、
同じ薬を飲み続けるのはいかがなものかとの思いもあったのだ。

しばらくはこのまま様子をみる。


12.6.27ブログ用 (10)
ほとんど一気読みしてしまった

★本「日本怪僧奇僧事典」  祖田浩一

つぎつぎ出てくる怪僧奇僧45人。
けっこう面白くてほとんど一気読みしてしまった。


★明日から4日間旅行(釣り)のためブログ休みます。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 42 父の作った七宝焼きのブローチ
10.12.2棚のガラクタ1 (229)父が仕事をリタイアして後、
趣味の習い事に七宝焼きをやっていたらしい。
今年は父の23回忌。

庭木・庭石売り場の様変わり。 タイの花の撮り溜めショット

1 CIMG4695
コンクリート加工品?のほうが大きさも揃うし使い勝手もいい?

★元植木屋さんに聞いた話を思い出した

2年ほど前になるが、
元植木屋を営んでいた人の家に行った。

その時は息子さんが植木屋を継いでいるというのだが、
もう、庭造りの注文はほとんどないのだと聞いた。

そー言えば、
今、我が家近辺は新たに市街地になった畑や空き地が建築ラッシュ。
で、どんどん新しい家が建っているが庭のある家は見ない・・・なァ。

垣根として何本か植えてあったり、
芝生が張ってある家もあるにはあるが、
庭石とか石灯籠とかが置かれている(新築中の)家は近辺では見ない。

    *

今日、金魚の餌を買いに、
近くのホームセンターに行った。

久しぶりなので、
庭木・庭石などの売り場を見て回った。

売っているものも、売り場のレイアウトも
数年前とはずいぶん様変わりしていた。

まず、庭木類がほとんど姿を消していた(売っていない)。
花を鑑賞する木、果物の木など、
要するに庭(土)に直接植える樹木(苗木)がほとんど見あたらないのだ。

もしかして、
販売には季節(時期)の問題もあるということかもしれないが・・。

それにしても、
わずかなスペースにオリーブとハーブなど数種類だけ。

石灯籠類はなし。
踏み石なども自然石を加工したものはごくわずか。
売り場には人工的な石の類(コンクリート加工?)が並ぶ。

様変わりをしている売り場をみて
元植木屋さんに聞いた話を思い出したのだ。


2 CIMG4686
終戦の年にも制作されていたということにびっくり

★映画DVD 「名刀美女丸」  溝口健二監督  1945年

終戦の年にも映画が制作されていたということにびっくり。
東京が大空襲を受ける直前の2月公開になっている(ネット調べ)。

物資もなく、
軍の検閲も厳しいだろうし、
大変だったろうなァ・・・。



★シリーズ・花 22  2007~2009年 タイにて撮り溜めショット

皇太子様がタイをご訪問したからというわけではないが、
在タイ中の2007年から9年にかけての撮り溜め花シリーズ。

名前の分からないのが多くてゴメンナサイ。

3 02.2.21アユタヤ (196)
沙羅双樹。タイのお寺ではよく見かけた
4 07.11.4クローン16の花屋 003
バンコクの郊外の大きな植木屋にて
5 08.6.1クローン4の蛇、四手網、サボテンの花 (6)
サボテン
6 09.2.9クローン3のタラート (2)
バナナ
7 09.3.2-7チェンマイツアー (440)
パンの木の実?違っていたらゴメンナサイ
8 09.2.21-22パタヤ2 (9)
チャンパの木の花と紫の花は?
9 09.3.1アユタヤ糸トンボほか (38)
ラン専門の花屋にて
10 08.3.1庭の花 (10)
最近は日本でも売っています(下宿先の庭で撮影)
11 08.7.27花 (49)
下宿先の庭で撮影(下宿先の庭で撮影)
12 08.8.17庭の花、蓮と孔雀 (12)
蓮の実(下宿先の庭で撮影)
13 09.2.9庭の花 (2)
下宿先の庭で撮影
14 08.8.17庭の花、蓮と孔雀 (5)
下宿先の庭で撮影

「何でしょうか?」・・・と車の窓から顔を出したのは2軒隣のご主人だった

1 12.6.25ブログ用 (6)
あわてて道路に近い方を(写真上部)軽自動車が半分ほど入るくらいまで
枝や葉っぱをどかしたのだが・・・

★2軒隣のご主人もかなりノリがいい!

庭木を切った。

切り終えたころ、
子どもを連れて買物に行っていた嫁(息子の)が帰ってきたようで、
彼女の愛車の黒い軽自動車が見えた。

駐車場は刈ったばかりの枝や葉っぱがいっぱいに広がっている。
あわてて道路に近い方を軽自動車が半分ほど入るくらいまで
枝や葉っぱをどかした(スペースを空けた)。

「ここまで入って来ていいぞ」
と庭箒を立てて合図をした。

車は駐車場に半分ほど入って止まったので、
「お帰り~」
と言って僕は顔をあげた。

・・・・・が、
※#☆××「何でしょうか?」
と、車の窓から顔を出したのは
同じ黒い軽自動車を運転して帰ってきた2軒となりのご主人だった。

    *

僕のそそっかしさも相当なものだけど、
2軒隣のご主人もかなりノリがいい!

2 12.6.25ブログ用 (13)
お粥炊き専用の電気釜は、ひと頃ずいぶん宣伝をしてが、いつの間にか見なくなった。
今では、唯一残っているメーカーは象印
12.6.25ブログ用 (15)
炊いてみた。やわらかさ、ごはん(お米)のにおい、光る純白の米粒、何より旨い!

★おかゆメーカー(お粥専用炊飯器)で炊いてみた

先日、電気屋さんへ取り寄せを頼んでおいた
お粥専用の炊飯器を受け取りに電気屋へ行った。

「お粥用の炊飯器って、
今はあんまり売れてないの?」

お粥専用の炊飯器が店に置いていないし、
製造メーカーがも象印だけらしいのだ。

電気屋××「今はほとんどの炊飯器にお粥を炊く機能がついていますから」

「えっ、それじゃァ~、ウチの炊飯器にもあるってこと?」

    *

買ったばかりの“おかゆメーカー”を持って家に帰り、
すぐに我が家の炊飯器を調べてみる。

あった。

いくつかの機能の中に確かにおかゆが存在した。

 
3 12.6.25ブログ用 (2)
“バラの蕾”と謎めいた言葉を残して死んだケーン。
言葉に謎なんて無かった

★映画DVD 「市民ケーン」 1941年 アメリカ

かなり以前(学生時代か?)に見たことがあるはずなのだけど、
内容はちっとも覚えていなかった。

映画史上最も有名な作品のひとつではなかろうか。
(撮影技法、プロット構成、音響効果など様々な点で革新的だった映画であり、
後世の映画製作に絶大な影響を与えた・ウキペディァより)



4 12.6.25ブログ用 (27)
ドラマであることを感じさせずに坦々と流れる

★映画DVD  「剱岳」 

2時間10分、ドラマであることを感じさせずに坦々と流れる。
そのせいか僕にはかえってリアルっぽく思えた。

たくさんの賛否両論をネットで見ることができる。


5 12.6.25ブログ用 (29)
「人生の自由時間」は藤本義一氏渾身の作品ではなかろうか

★人生の自由時間  藤本義一

何行かメモっておきたい箇所がいくつかあった。
藤本義一氏の作品(著書)を読んでみたくなった。

「人生の自由時間」を読んで、
いろいろなことが学べたような・・・。

  

ウーン、やっぱり僕にオートで撮るほうが無難だなァ。象の頭の骨

★デジカメのISO感度の違いを試してみた

孫娘2人と車で15分ほどの“冒険の森”(公園)へ行った。

上尾市の“丸山公園”、
さいたま市の“花の丘農林公苑”、
そして川越市の“冒険の森”
この3つは孫たちを連れて行く定番の場所だ。

それぞれ特徴があって、
けっこう大人でも楽しめる。

     *

小学3年と幼稚園年中の2人は、
もう勝手に遊ぶので、
僕はベンチか日陰かに座っていれば良い。

今日はデジカメのISO感度の違いを試してみた。

いつもオートでしか撮影していない。

カメラの機能を利用できれば
もう少しマシな写真になるかもと思ってなのだが・・・やっぱり面倒だからなァ。

上がりを比較(下)してみてどうだろうか?

ウーン、やっぱり僕にオートで撮るとうが無難だなァ。

12.6.24ブログ用冒険の森3 (12)
冒険の森は幼児のいる家族連れに人気がある。ISO100で撮影。多分オートの感度かそれに近い設定だ
12.6.24ブログ用冒険の森3 (16)
ISO1600で撮影。無機質な物を見ている感じだ。
12.6.24ブログ用冒険の森3 (32)
水遊び場。ISO800で撮影した。光が感じられず、動きやあたたかみもない
ISO6412.6.24ブログ用冒険の森3 (66)
昼食に食べたうどん。ISO64で撮影。
ISO10012.6.24ブログ用冒険の森3 (67)
同じくISO100で撮影。ほぼオートに近いのではないかと思われる。
12.6.24ブログ用冒険の森3 (72)
同じくISO800で撮影。


★シリーズ・コレってちょっと気になるなァ 5  象の頭の骨
新スキャン
奥深いジャングルで撮ったのではない。
タイのパタヤ近郊の象の公園内だ。
象の曲芸を見たり、
お客と綱引きをしたりして楽しむ。
像に乗ってフィールドを回ることも出来る。
そのフィールドの中の象の周回コースの脇にあった。
もう、25年も前のことなのだが。

“老人力”でヘマをポジティブにかえる。映画「北斎漫画」映画「単騎 千里を走る」

★最近の“老人力”

毎日のようにヘマをする。

大怪我・大病というような、
人生に係わるほどのことではないが、
例えば火の消し忘れなどはあなどれない“老人力”だ。

“老人力”をいつもポジティブな発想に転換できるなら、
“今日の老人力”というカテゴリを設けてもいいかも?

そこで、僕なりに解釈した赤瀬川原平氏の“老人力”の定義から、
最近のヘマをポジティブにかえてみる。

①涙もろくなった
映画(DVD)を積極的に見るようになった。
感動的な映画(DVD)は脳を刺激する?
遠くの図書館、TUTAYA、ゲオに足を運ぶようになった。
これは行動範囲が広がったということにも・・。

②歯が欠けた
前歯が欠けたのは大変なショック。
しかし、歯を大切にという思いがより強くなったのはいいことだ。
硬いものは食べないという決心(時々崩れるが)、
食事にもお粥を取り入れるなどなど・・・。
じつはお粥は大好きで毎食でもいいくらい。
先日お粥専用の電気釜を注文した。

③靴を間違えた
今日(夜)、民謡の帰り
靴を間違えて帰ってきてしまった。
連絡を受けてあわてて車で10分ほどの公民館へ交換に行った。
間違えてしまった人の車には同乗者が2人。
結局、先輩3人を20分も待たせてしまったことになる。
みな、僕のそそっかしさはご承知。
ここは、笑い話を提供したことにしてカンベンしてもらうことに。
(怒っていたらゴメンナサイ)

④計算が遅くなった
3桁くらいの足し算・引き算、
2桁の掛け算・割り算はは頭の中のそろばんでやっている。
その頭の中のそろばんの映像が最近は薄くなって球が良く見えない。
何度もやり直す。
まァ、3桁も2桁もそん計算自体、僕には必要なくなったということか?


新スキャン_0019
今日は“新タント節”で判子がもらえた

★民謡 今日は“新タント節”で判子がもらえた

民謡の練習は2時間ほど、
ひとりあたり2曲を練習する。
それと皆で合唱。

しかし、休む人がいると3曲を練習する日もある。
今日は3曲だった。

演奏をしてくれる先生方が4人。
唄の生徒は5人だった。

尺八の先生がひとりと、
唄の生徒が2人休んだ。

今日は“新タント節”で判子がもらえた。


12.6.23ブログ用映画 (17)
主役級の俳優が熱演の力作

★映画「北斎漫画」  1981年  新藤兼人監督  

主役級の俳優が熱演の力作で、
見ていても力が入る。

映画を見ているより舞台を見ている風。

緒方拳、音羽信子、田中祐子、樋口可南子、宍戸錠、西田敏行、フランキー堺・・・。


12.6.23ブログ用映画 (32)
高倉健が目から涙を落とすシーンは始めて見た

★映画「単騎 千里を走る」   2005年 張芸謀(チャン・イーモウ)監督

高倉健が目から涙を落とすシーンは始めて見た(多分)。

絆、愛、家族・・・。

大切なものは何か。
忘れてならないもの何か。
失ってはならないもの何か。


出会い系サイトについて詳しく教えてくれるおばさん。映画「切腹」。青いバラ。

1 12.6.22ブログ用 (1)
おばさんが話し出したは出会い系サイトのことだった。声が大きく、
カウンターに座っていた人(写真)にも聞こえていたかも・・・

★おばさんいろいろ教えてくれた

大宮駅前のマックに入った。

真ん中の空いている席に座って本を読み始めると、
右隣のおばさん(50代?)が話しかけてきた。

おばさん××「今日はさむいねェ」
「そーですね」

そんな挨拶から始まり
話はあらぬ方向へと進んでいった。

おばさんが話し出したは出会い系サイトのことだった。

・出会い系サイトはいっぱいあって、
中には危ないのもあるから大きな安心できる業者のサイトがいい。
・幾つかのサイト名が並ぶ画面を見せてくれた。
・おばさん曰く、30代、40代が中心で既婚者が3分の2ぐらいだ。
10代から60代までみんなやってる(モチみんなはありえない)。         
     ・
     ・
     ・
などなどやたら詳しい。
自分もサイトの利用者だからとい言って、
いちいち実際の携帯の画面を見せるのだ。

・男性は前もってサイト業者からポイントカードを購入。
女性は無料。

・サイトの掲示板でお互いに情報のやりとり。

・2人の意思が通じれば会ってどこかで云々
・・・ということになる(らしい。)     ・
    
      *

「お金が派生するって、それじゃ××で法律違反しょう?」
おばさん××「だからそうならないように、
メールのやり取りにも決まりがあるのよ。
具体的な金額の単位などは絶対に入れないの」

「具体的にってどのくらいなの?」
おばさん××「*※$#☆+=」

・お互いに名前は名乗らずニックネームで呼び合う。
・男性は顔写真、女性は自分のチャームポイントを掲載する。

・女がサイトに登録するのは経済的理由から仕方が無いことなのだ・・と言うのだが、
これは素直にそうだとは聞けない

・・・・と、そのあたりから、
おばさんの出会い系サイトの正当論(弁護)?が始まった。
そして自分や友達のこれまでの経験(遍歴)から
日本の男たちのふがいなさを責めたてる。

30分たってもおばさんの話は終らない。
いったいこのおばさんは何なの?

出会い系サイトの勧誘員?
それとも僕を客にしようとしているわけ?

    *

ところで、僕の左隣にいた中年(50代か)の夫婦が
僕らが話し始めてしばらくして店を出て行った。

おばさんとは顔見知りらしい。
お互いに挨拶を交わしている。

おばさん××「あの2人はあの席に昨夜からずっっといたのよ。
住む家をもってないの。ちょっとこぎれいにしているからわからないでしょう?」
「エッ!24時間営業のマックはそんなのにも利用されているんですか?」

思わず僕は聞き返してしまった。

確かに105円(コーヒーの値段)でトイレ付きの部屋でひと晩あかせたら、
漫画喫茶(僕は行ったことがないから分からないが)よりは安いのかも。

でも、マックで夜を明かす話って本当なのかなァ?
そのほかにも、おばさんはかなりきわどい話をいくつかしてくれた。
      *

おばさんの話はまだまだ続きそうなのだが、
僕も待ち合わせ(家内と)があるので、
ここらあたりで失礼しなければならない。

「おばさんいろいろ教えてくれてありがとう。
今日はとっても勉強になったよ」


2 12.6.21あじさいの氷川神社 (157)
最近の映画にはこの時代に作られた映画ようなの感動が沸かないのがどういうことなのだろう

★映画(DVD) 「切腹」   1962年   小林正樹監督

最後になって復讐映画だったことがわかる。

最後のシーンなるまでそれが分からない。
ものすごい脚本・演出・演技・音楽・・・どれもすばらしい。

俳優がいい。
仲代達也、三国連太郎、岩下志麻、丹波哲郎・・・。

50年前の作品だが、
この頃、芸術祭参加作品の映画をよく(何本かだろうが・・)見に行った。
どの作品も感動したように記憶している。

最近の映画にはあの時代の感動が沸かないのがどういうことなのだろう。
これも、ぼくが歳をとったせいなのか?


★あの日の記憶・メモ  青いバラ   2009年6月
3 09.6.24-25島根、鳥取、奈良 (9)
ひところ話題になった青いバラ。
最近どこかで見たかなァ。
写真は山陰地方へ出張で行った
訪問先の玄関ロビーに飾ってあったものだ。
この時の青いバラとの遭遇は衝撃すら感じた。

アジサイのいろいろいろのアジサイ。映画(DVD) 「津波/TSUNAMI The Aftermath」

★アジサイのいろいろいろのアジサイ

アジサイ神社こと指扇氷川神社の鎮守アジサイ園。
アジサイ祭りはこの土・日で終ってしまったが、
花の見ごろはまだ続く。

で、今朝の散歩に鑑賞を兼ねて行った。
そこで撮ったアジサイのいろいろいろのアジサイ。

(“アジサイのいろ、いろいろのアジサイ”と読みます。
ついでにもうひとつ、
“アジサイのいろいろいろいろ見て楽しいな”)

1 12.6.21ガクあじさいの氷川神社 (5)
ガクアジサイ
11 12.6.21あじさいの氷川神社 (65)

2 12.6.21あじさいの氷川神社 (20)

3 12.6.21あじさいの氷川神社 (33)
花びらが八重のアジサイ
4 12.6.21コガクウツギあじさいの氷川神社 (99)
コガクウツギアジサイ
5 12.6.21カシワバあじさいの氷川神社 (31)
カシワバアジサイ
6 12.6.21アメリカあじさいの氷川神社 (10)
アメリカアジサイ
7 12.6.21あじさいの氷川神社 (18)

8 12.6.21ヤマあじさいの氷川神社 (38)
ヤマアジサイ
9 12.6.2コ1あじさいの氷川神社 (23)
コアジサイ
10 12.6.21あじさいの氷川神社 (61)

12 12.6.21タマあじさいあじさいの氷川神社 (72)
タマアジサイ
13 12.6.21イワガラミあじさいの氷川神社 (47)
イワガラミアジサイ
14 12.6.21やくしまコンテリギあじさいの氷川神社 (133)
ヤクシマコンテリギアジサイ
15 12.6.21エゾアジサイあじさいの氷川神社 (141)
エゾアジサイ
16 12.6.21つるあじさいの氷川神社 (83)
ツルアジサイ
12.6.8氷川神社のあじさいブログ用1 (9)
ノリウツギ
17 12.6.21あじさいの氷川神社 (14)

18 12.6.21あじさいの氷川神社 (110)
境内アジサイの種類ポスター
19 12.6.21あじさいの氷川神社 (93)
埼玉県さいたま市西区の花はアジサイなんだァ


20 12.6.21あじさいの氷川神社 (147)
タイのリゾート地を襲った津波には多くの海外からの観光客も犠牲となった

★映画(DVD) 「津波/TSUNAMI The Aftermath」  2006年 イギリス映画

僕がプーケットに行ったのは、
スマトラ地震の津波が襲った6年後、
2010年のことであった。

その時、僕が動いた範囲では津波の被害の痕跡はまったく見られなかった。

新年を祝う大晦日のビーチはたくさんの人出で賑わっていた。
おそらく十万人単位の人出だったろうと思われる。

この映画からは考えられないほどの復興だ。

東北大震災の5年後はどうだろうか?
福島原発の避難地区は?




台風一過の光景。家内、嫁、娘にも見せたい映画「初恋のきた道」

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-20 Wed 22:01:16
  • 映画
12.6.20ブログ用映画初恋のきた道 (6)
3~4センチはあろうかと思われる梅が落果。木も根本から倒れそう
12.6.20ブログ用映画初恋のきた道 (24)
ゴルフ場の竹藪に猫が2匹いた。野良とは思えないほどきれいな三毛。
人慣れしているのかカメラを向けても逃げない。片方はお腹が大きい。
竹藪の隣は釣堀り(丸堀り)、餌は釣りに来る人たちがあげているのか?
12.6.20ブログ用映画初恋のきた道 (33)
西の空の白い雲が輝いていた。右下は雲をかぶった富士山

★台風一過の風景

台風一過の朝。

空は澄み、風は爽やかで
ウオーキングはとても気持いものだった。

これほどと思うほど、
木の葉や小枝が落ちている。

まだ、5時を回ったばかりなのに、
家の周りの落ち葉を掃除している姿が数軒。

あちこちに水溜り。

台風一過は普段とは違う風景だ。


12.6.20ブログ用映画初恋のきた道 (40)
薬屋は賞費期限切れのひとつを交換して帰っていった

★薬を使っていただかないと売り上げにはなりませんから・・

置き薬屋さんが来た。
僕が対応するのは始めて。

「やっぱり会社は富山なの?」
置き薬屋××「いいえ、うちの会社は横浜です」

「何軒くらいのお得意さん(家)を回るのですか?」
置き薬屋××「一日に10~15くらいですね」

「じゃここら辺だけで何軒くらいになるの?」
置き薬屋××「300件くらいじゃないでしょうか?
何人かで担当していますから」

「えー、そんなにあるの。
それじゃ、埼玉県だけでも何万件にもなるじゃない」
置き薬屋××「えー、まァそうですね」

「じゃ、日本全国だったら数十万件かそれ以上だね」
置き薬屋××「いえ、私どもの会社は関東一円だけですから。
それにいくら何軒あっても
置いた薬を使っていただかないと
売り上げにはなりませんから・・」

    *

置き薬屋××「今回はひとつも使っていませんね」
薬屋は賞費期限切れのひとつを交換して帰っていった。
モチ、交換は無料だ。

12.6.20ブログ用映画初恋のきた道 (51)
超感動的なラブストーリー

★映画「初恋のきた道」  2000年  張芸謀(チャン・イーモウ)監督 米中合作

超感動的なラブストーリー。

ものすごく美しい風景、
中国の田舎の生活と古い慣習、
消え行く職人の技・・・。

この映画、
家内、嫁、娘にも見せたいなァ。








映画「忍ぶ川」で見た東陽公園と木場と洲崎。琥珀色の梅酒

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-19 Tue 21:58:22
  • 映画
1  12.6.19ブログ用忍ぶ川 (43)
琥珀色の梅酒は香りも味もグー

★琥珀色の梅酒

昨年、知人からいただいた梅を
10年以上も漬けてあった梅酒に
焼酎、氷砂糖とともに注ぎ足した。

なぜか琥珀色になっていた梅酒は、
ちょっと甘めで香りがいい。

アルコールは抜けてしまったようなのだが、
そんなことってあるのかしら?

焼酎で割って飲んだらいいかも。

家内、嫁(息子の)には好評だ。


2 12.6.19ブログ用忍ぶ川 (28)
橋を渡ると洲崎大門がある。
僕が子どものころに行った記憶では
そこに大門があったかどうかは思い出せない。
映画では門は洲崎パラダイスとなっていたが、
いつ頃のことなのだろうか?
僕は小説(原作)を読んでいないので時代考証できない。
3 12.6.19ブログ用忍ぶ川 (19)
深川は運河の町でもあった。いかだが係留されている風景を見ながら毎日学校に通った
4 12.6.19ブログ用忍ぶ川 (35)
架け替えられる前の新大橋(隅田川)が出てくる。今は愛知県の明治村に移築されているとか。
現在の新大橋は1977年に完成したループ橋

★映画「忍ぶ川」  1972年  監督熊井啓

映画の前半に懐かしい深川が出てきた。
つい見入ってしまった。

東陽公園と木場と洲崎だ。

東陽公園(東陽町)は僕が3年間通った高校のあるところ。
同じく中学が材木屋が並ぶ木場の真ん中にあった。
洲崎については16日のブログに乗せた。


5 12.6.19ブログ用忍ぶ川 (64)
トンボが雨宿り?デジカメを近づけても動かなかった

★トンボの雨宿り・・・台風異変?

庭の松でトンボが雨宿り?をしていた。

午後2時頃に降った激しい雨から避難?
6月の台風の襲来は早過ぎるらしい。
8年ぶりだとか。

そー言えばトンボ出現も少し早いかも?

    *

もうひとつ、台風異変?
ガスが出なくなってしまった。

「さっき降った雨のせいですかね」
直しにきたガス屋さんが雨のせいにしている。
なぜガスが出なくなったのか原因が分からないのだ。

我が家とお隣さんの2軒だけガスが出なくなったのだ。
雨はあまり関係なさそうに思えたけど・・。

看護婦××「歯はお返ししますから、お持ち帰り下さい」。本「小栗上野介をめぐる秘話」

★「とりあえず、いちばん安いやり方がいいでしょう」

欠けてしまった前歯を大事に持って、
家内の紹介してくれた歯医者へ行った。

かたちどおり?のレントゲン撮影。

写真を見ながら、
先生はいろいろと説明をしてくれるのだが・・・。

どうも、簡単に接着剤でくっつけるんじゃなさそうだ。

看護婦××「歯はお返ししますから、お持ち帰り下さい」

考えてみればそうだよねェ。
欠けた歯がそんなに簡単に接着剤でつけられるなら、
接着剤さえ売っていれば自分でも出来ちゃうじゃん。

しっかり歯形を取られた。

その上で、歯の先生は
「とりあえず、いちばん安いやり方がいいでしょう」
と、僕の顔を見て、いや薄い白髪頭を見ながら確かにそう言った。

金曜日(今週)には義歯が出来るそうだ。



CIMG4215.jpg
膨大な資料・古文書から調べ上げた“味噌樽”の軍資金顛末話には真実味がある

★本「小栗上野介をめぐる秘話」  河野正男  群馬出版センター

幕末、幕府の要職みあった小栗上野介が、
味噌樽に入れて商人の家(2軒)に預けたという機密費数万両。

上野介が斬首された後、
その機密費数万両を横領した商人の栄華盛衰を、
関係各地(所・家)の古文書を調べあげたもの。

とても面白く読み終えた。
というのも、1部、2部の計70ページにわたって
僕の家と同じ地区(馬宮)にある
永田家が関連している内容だからだ。

小栗上野介の家老武笠祐左衛門の妻が永田家から嫁いだとか、
その家老武笠が晩年を今なお現存する永田家の土蔵で過した話。

その息子銀之助までも幕末の動乱の中、
父と同じ土蔵に一時身を隠す。

つぎつぎと出てくる機密費の謎を解く古文書。

丹念に調べた資料を克明に分析・解き明かしていく。
最後まで興味尽きないのだ。

著作者河野氏は昭和60年国鉄を定年退職後に、
郷土史の研究に専念するようになったらしい。

この本の参考文献だけでも100冊を超える。
中には古文書も多く含まれているだろう。
もしかしたら、大半が古文書かもしれない。

我が“郷土史同好会”の面々も
何度も永田家を訪問しお話を伺っている。

(僕はまだ行っていないが、永田家は馬宮図書館
<コミュニティセンター・略してコミセン内>の対面。
コミセンの敷地ももとは永田家の敷地だったところ・
我が家から歩いて15分ほどのところ)


CIMG4212.jpg


★本「育児日記」  山田風太郎  朝日新聞社

ン?・・・・・山田風太郎の育児日記?
ホンマかいな?・・そんな気持で借りた。

中身は育児もありだが、
どっちかといえば観察日記のほうが近いかも。

とくに、2人の子供がまだ小さいころの会話が、
そのまま記されているのが何ともいいなァ。

巻末に「父を想って」と題して中野佳織{風太郎の娘}が
『結婚が決まって家を出ることになったとき、父から贈られたのがこの日記でした・・・・・』
と書いている。

新スキャン_0017
モノクロ映画は好きだァ

★映画(DVD) 「浪華非歌」  1936年 溝口健二監督

無駄が一切ないと映画・・・・、
そんな感想だった。

モノクロ映画は好きだァ。


★シリーズ・消え行く風景 10   しらさぎ
CIMG3684.jpg
ここいらあたり(我が家の)でシラサギが消えるのは、
まだまだ先かもしれないが・・。
それでもシラサギを見る回数は減っているかも。
10羽を超えるような群はすっかり見かけなくなった。

大ショック!前歯が折れた。娘たちありがとうね

★そんなの接着剤でくっつけるだけだから簡単よ 

大ショック!前歯が折れた。
今朝、朝食のパンを曳きかじったところ、
いとも簡単に前歯が根元からポキッなのだ。

「あッ!前歯が折れた!」

家内××「何かしたの?」

「パンをかじっただけなんだけど。
やっぱり歳のせいで骨が弱っているのかなァ」

家内××「フランスパンでしょ。
それっていけないのよ。
フランスパンで歯を折る人多いんですって。
歯医者さんが言ってたわ」

僕はフランスパンが好きでよくかじる。
歯は丈夫でないので注意はしていたのだが、
まさかは前歯が折れるなどこれこそ想定外だ。

「また、歯医者に通うのやだなァ。
お金かかるしなァ・・・」

家内××「そんなの接着剤でくっつけるだけだから簡単よ。
私はもう4回ぐらいやっているわよ。安いし・・・」

「エッ?そんなのあるの?」

そんなわけで、
明日、家内行きつけの歯医者を紹介してもらって行くことになった(多分)。

1 12.6.17昼間の渡しほかブログ用 (7)
嫁(息子の)と娘の2人から父の日の贈り物

★娘たちありがとうね

今日は父の日なのだそうだ。

前歯が折れてショックで落ち込んでいるときに、
花屋から届いた娘たちからのプレゼント。

娘たちありがとうね。


2 12.6.17昼間の渡しほかブログ用 (24)
タイミングよく櫓を漕ぐ人がやってきた
3 12.6.17昼間の渡しほかブログ用 (32)
2005年に保存会を発足させたのだと言う。今日は船を漕ぐ練習だそうだ

★保存には手間ひまがかかり大変である

以前にも紹介したことのある“昼間の渡し”。
妙な名前だが徳川家康とゆかりのある名。
(詳しくはネットで)。

今日は郷土史同好会のメンバーでの見学会。

タイミングよく、
櫓を漕ぐ船がこの渡し場にやってくる。

K会長××「旦那さんは何をされているんです?」

郷土史同好会のK会長が、
船着き場に着いた船頭さんに聞いた。

船頭××「船を貰ったんで、
久しぶりに櫓を漕ぐ練習しているんです」

それから、矢継ぎ早にK会長と僕からの質問が始まる。
船頭さんのは話から分かったことは・・・、

1、7年ほど前に地元の人びとが保存会を発足させた
2、毎月第2日曜日の9時から清掃に集まる
3、毎年11月3日にイベントを行う。
 家康を船に乗せ再現する催しで200名くらいが見物の来る。
4、お役所からの助成金は最初の3年で打ち切りとなってしまった。
 保存には手間ひまがかかり大変である。
5、今は灌漑用水と貯水池の役割をしているこの川(びん沼川)は、
  もともと荒川の本流の蛇行していた部分で長さは5キロある。

  ・・・・・などなど、思わぬ収穫を得た見学会となった。


4 12.6.17昼間の渡しほかブログ用 (49)
味もまずまず、というか値段を考えたらだんぜん旨い駅前のうなぎや

★並1500円、中1700円、上2000円

今月は結婚記念月ということで、
夕食にはうなぎ重を食べた。

ただそれだけのことだが、
うなぎの値上がりが激しいと聞いた中で、
家から近い駅前のうなぎやさんは値段があがっていない。

並1500円、中1700円、上2000円。 
味もまずまず、というか値段を考えたらぜんぜん旨い。

なお、結婚式を挙げたのは41年前の事。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 41  てぬぐい
5 10.12.2棚のガラクタ1 (220)
6 10.12.2棚のガラクタ1 (177)
手ぬぐいを集める趣味はないが、
それでも、一時期10枚くらいたまったことがある。

総会の議長の役回りが回ってきた。三業とは“料亭”“待合茶屋”“芸者置屋”のこと

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-16 Sat 22:10:42
  • 民謡
新スキャン_0016
(写真説明)上部分が今日の総会の議事内容。下右が先日判子をもらった“お立ち酒”の譜面。
下左が本日稽古で唄った“新タント節”の譜面。
10.7.10民謡道具1 (9)
今日は尺八の先生がお休み(写真は一昨年に撮影したもの)。先生は普段から9本を使用している。

★いきなり議長に任命されてしまった

民謡クラブ“筑静会”の総会があった。
で、いきなり議長に任命されてしまった。

会員では一番の新人で若輩ながら、
総会の議長の役回りが回ってきたのは、
*$#▽☆+の事情による。

で、自分が議長をやるなんて高校時代以来(多分)五十年ぶりぐらいだろう。
もっと前かもしれない。
何しろ、とてつもない昔に経験したことがあるかなァ程度なのだ。

まァ、地元の自治会館の椅子とテーブルだから、
議長といっても察しがつくと思う。

で、無事2時間ほどで総会は終った。

    *

昼食後は練習会だ。
ひとり一曲づつ唄う。

僕は先週の土曜日(9日)に、
判子をもらった曲“お立ち酒”を唄う予定だったのだが、
尺八の先生がお2人とも都合が悪くなり欠席された。

“お立ち酒”は長物といって伴奏は尺八だけだ。
僕の唄など伴奏無しで聞けるものではないから、
唄う曲を急遽変更しなければならなくなった。

で、習い始めてまだ日の浅い
“新タント節”を唄った。

こんなこともあるのだ。

12.6.15釣り出流(栃木県) (48)
“いいとこ満願寺”境内にあるお地蔵様。
12.6.15釣り出流(栃木県) (39)
三業とは“料亭”“待合茶屋”“芸者置屋”のこと。
12.6.15釣り出流(栃木県) (42)
楼とは遊郭のこと(多分)。
12.6.15釣り出流(栃木県) (44)
澤梅川は売れっ子芸者?
12.6.15釣り出流(栃木県) (67)
正しい呼び名は定かでないが噺家、芸人たちの絵馬?扁額?
12.6.15釣り出流(栃木県) (63)
これは商売をしている人たちの“屋号”の絵馬?扁額?
12.6.15釣り出流(栃木県) (57)
本堂の軒。
12.6.15釣り出流(栃木県) (73)
満願寺のご詠歌。
12.6.15釣り出流(栃木県) (78)
本堂は栃木県指定の有形文化財。

★満願寺のお地蔵さんの石柵

昨日掲載した“いいとこ満願寺”
すなわち満願寺の境内で発見したお地蔵さんの石柵。

石柵に彫られている奉納者の名前に注目。
正面左右は歌舞伎役者?
これは別に注目に値しなかったのだが、
問題は周囲の石柵に彫られている名前だ。

洲崎三業組合。
麻布三業組合。
藤春楼。
萬歳楼。
澤梅川。
 ・
 ・
と、遊郭に関係するような文字が並ぶ。
三業とは“料亭”“待合茶屋”“芸者置屋”のことだ(ネット調べ)。

洲崎は僕の実家のからさほど遠くなく、
通った高等学校へ行く手前であった。

しかも、
僕の叔母は昭和20年代であると思うが、
洲崎(大門内)で飲食業を営んでいた。

そのころはまだあった大門をくぐって、
叔母の店へ行った記憶がある。

石柵に彫られた文字を見た(発見)したとき、
そんな昔のことが脳裏をかすめ、
“いいとこ満願寺”がほんとうに“いいとこ”に思われてきたのだ。

ちなみに、
お地蔵さんを拝む意味は
『浄不浄を選ばず、念じたなら安穏を得られる』(ネット調べ)とある。


釣り、木いちご、満願寺、出流原弁天池、佐野七福神、佐野ラーメン・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-15 Fri 23:38:37
  • 体験
★3時間あまりで山女一匹が釣れただけ

釣りに行った。
誘ってくれたのは僕の釣りの師匠(名人)だ。

行った先は栃木県。

車は栃木ICを下り、
砕石のため無残に削り取られた山の間をぬう様に
目的地の沢(渓流)に向かった。

この沢は師匠が10数年前、
すでに釣りつくされていると結論を出していた場所。

結果は思っった通りだった。
3時間あまりで山女一匹が釣れただけ。

モチ、釣ったのは師匠のほうだ。
僕は魚の影すら見つけられなかった。

それでも、僕なりにいい体験。
餌となる川虫捕りはケッコウな重労働。
滑りやすい岩のゴロゴロする渓流に入ったこと。

木いちご摘み。

いつものことだが、
ほとんど知識の無い(脳天気)な僕に、
師匠はいろいろと教えてくれるし・・・。


      *

そんなわけで、つりは早々(午後2時)に切り上げ
付近をドライブすることにした。

1 12.6.15釣り出流(栃木県) (21)
僕は魚の影すら一度もお目にかかれなかった。
2 12.6.15釣り出流(栃木県) (159)
師匠が釣った山女。家に持って帰って食べたのは僕。
3 12.6.15釣り出流(栃木県) (22)
木いちごを摘んで食べた。みずみずしさにかすかな甘さと香り。
4 12.6.15釣り出流(栃木県) (31)
砕石のため無残に削り取られた山の間をぬう様に行った
5 12.6.15釣り出流(栃木県) (88)
坂東17番札所の満願寺。765年開山という古刹。
この寺は“いいとこ満願寺”・・・と、
満願寺の前に“いいとこ”を付けて呼ぶ慣わしがあるのだと師匠は教えてくれた
6 12.6.15釣り出流(栃木県) (108)
出流原弁天池(いづるはらべんてんいけ)。湧水で日本の名水100選にも選ばれている。
7 12.6.15釣り出流(栃木県) (118)
磯山辨財天(佐野七福神)。出流原弁天池に隣接。
8 12.6.15釣り出流(栃木県) (141)
佐野ラーメンは鶏がらスープに太目のシコシコ麺。
僕は初めて(多分)食べたのだが美味しかった。

孫娘がジャガイモを収穫。コレってちょっと気になるなァ・・ワット・アルンで

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-14 Thu 19:57:07
CIMG3996.jpg
拳骨大のジャガイモが7つ。早速、今夜のおかずに並んだ

★孫娘がジャガイモを収穫

幼稚園に通う孫娘がジャガイモを収穫してきた。
毎年この時期、園で行われる行事のようだ。

拳骨大のジャガイモが7つ。
早速、今夜のおかずに並んだ。

モチ、美味しい。


★シリーズ・コレってちょっと気になるなァ 4  ワット・アルンで   2009年
09.3.9ワットポーとワットアルン。帰国前日 (76)
3年ほど前にバンコク(タイ)のワット・アルン(暁の寺)で撮った。
質問・この若者たちは何をしているのか?
まだ学生なのだろうか?
みな笑顔が爽やかだ。
答え・記念写真を撮っている。

常盤・高橋・清澄・白河界隈ぶらり散歩・・・・あの日の記憶・メモ

★常盤・高橋・清澄・白河界隈ぶらり散歩・・・・あの日の記憶・メモ   2010年8月

深川にある実家に行ったおり、
あたりをぶらり。

清澄庭園、清洲橋(隅田川)、江戸資料館、芭蕉記念館、富岡八幡宮、
大鵬部屋などの知られた名所も歩いても15分前後でいけるのだが、
実家で生活してい頃のもっと身近な常盤・高橋・清澄・白河界隈
ぶらり散歩。

1 10.7.13深川散策 (3)
“常盤湯”。実家を離れるまで時々通った。付近では一番りっぱな銭湯
2 10.7.13深川散策 (11)
いつの頃からか史跡案内板が街のあちこちに見られるようになった
3 10.7.13深川散策 (15)
富岡八幡宮のお祭り(神輿番付)ポスター
4 10.7.13深川散策 (51)
高橋商店街はいまだ健在
5 10.7.13深川散策 (57)
藤沢周平をはじめ多くの時代小説に登場する高橋
6 10.7.13深川散策 (40)
小名木川。両サイドに高いビルが建って川幅が狭くなった印象だ
7 10.7.13深川散策 (16)
三野村合名会社の建物。昭和8年の古い建築物。
詳しくは三野村利左衛門(三井の大番頭)を検索されたし・・・
8 10.7.13深川散策 (24)
高校生の頃まで通った深川図書館。現在蔵書は21万冊強だとか。
明治42年開館。詳しくはネットで検索されたし・・
9 10.7.13深川散策 (30)
清澄庭園の周囲を取り巻くように建つ超モダン(建設当時)なテラスハウス式?の商店街
10 10.7.13深川散策 (39)
清洲寮。いつだったかレトロな建物が受け、入居はかなりの競争率だと新聞で紹介されていた。
建物の裏側(霊巌寺)から撮影
11 10.7.13深川散策 (13)
清澄通りを一本入った通りにある造園業か石材屋さん。50年前と変わっていない(多分)

苗字より屋号で呼び合った頃の話。ベリーデリシャス(英語)、アロイマー(タイ語)、セーブライライ(ラオス語)

1 126.12中嶋貞雄作品 (2)
86歳の馬宮郷土史同好会の顧問N氏は書も絵もたしなむ
2 126.12中嶋貞雄作品 (33)
N氏の家の庭ではパターゴルフが楽しめる

★苗字より屋号で呼び合った頃の話を聞いた

馬宮郷土史同好会は僕が会員になっている地元の言わば歴史研究会だ。
会の発足当時の会員で、
現在は顧問をしていただいてるN氏に屋号についてお話を伺いに行った。

かっては苗字より屋号でお互いを呼び合っていた時代があった。
なぜその屋号で呼ばれるようになったか?・・そのいきさつは興味深かった。

N氏は86歳、いたってお元気で書も絵もたしなむ。
3時にお伺いして6時まで、
あっとの間に3時間が過ぎた。


3 126.12中嶋貞雄作品 (35)
衣をつけて焼いた豆腐。ベリーデリシャス(英語)、アロイマー(タイ語)、セーブラーイライ(ラオス語)

★多分明日も夕食のおかずに豆腐料理が並ぶ

昨日と今日、多分明日も夕食のおかずに豆腐料理が並ぶ。

なぜか?
一昨日(10日)に行った石巻で大量にお土産に頂いたのだ。
豆腐ばかりではない。
16センチ×23センチという大油揚げ、
がんもどき、
それとワラビまで頂いた。

一緒に行ったBS友の中に、
石巻で豆腐屋を営む親戚がいて、
そこに寄った。

帰りがけ、ご丁寧に我々にまでお土産に持たせてくれたのだ。

モチ、どれも美味しい。
ベリーデリシャス(英語)、アロイマー(タイ語)、セーブライライ(ラオス語)


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 40  韓国友人からのプレゼント
4 10.12.2棚のガラクタ1 (124)
5 10.12.2棚のガラクタ1 (76)
6 10.12.2棚のガラクタ1 (83)
7 2.2棚のガラクタ1 (89)
知り合ってから43年になる韓国の友人。
毎年、僕に誕生日プレゼントを送ってくれる。
モチ、今も続いている。
写真の4点はみな20年以上も前に贈って貰ったものだ。
10年位前からは最新の衣類を贈ってくれる。
昨年は毛糸のカーディガンとベストだった。

ゴルフ、真壁、常総、豊田城、長塚節生家、メロン・・・・

★それでもゴルフは面白いなァ

茨城県の筑波へゴルフへ行った。
一緒にプレーしたのは親しい友人なのだが、
僕のゴルフの師匠でもある。

いつもラウンドレッスンのようになってしまうが、
それは僕が相変わらず下手だからである。

スコアにならないくらいなのだが、
それでもゴルフは面白いなァ。

     *

ゴルフ場を出た後、付近の観光めぐりをした。

1 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (11)
筑波山が目の前。アップダウンのあるコースだが景色はいい。
2 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (20)
先日、竜巻の被害にあった北条地区が眼下に見えた。
竜巻はゴルフ場の樹木を何本もへし折ったあとに消滅したらしい。
3 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (41)
真壁は古い家が多く残っている歴史ある町。
4 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (44)
鈴木醸造株式会社。きあげの屋号で味噌醤油を製造販売している。醤油を土産に買った。
5  12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (36)
村井醸造。こちらは酒蔵元。友人がお酒を購入。
6 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (54)
“なにこれ珍百景”?
真壁(桜川市)は石の町。石灯籠や庭石などを並べた石材やさんが多いのだが、
なんで埴輪が・・・・・。
8 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (66)
常総市の地域交流センター「豊田城」。
9 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (75)
長塚節の生家。常総市国生。
10 12.6.11筑波国際CC。常総市観光(真壁、長塚節、果物ほか) (87)
果物(メロン、スイカ)を直売していた長塚農園。
メロンを土産に買う。
長塚農園は長塚節の家の本家になるのだと、
メロンを売っていた農園のお姉さんは言っていた。

石巻、女川、登米、志津川、雄勝、南三陸・・・・復興には程遠い?

★石巻、女川、登米、志津川、雄勝、南三陸・・・・・

BS(ボーイスカウト)友が我が家に迎えに来たのは午前3時半。
BS友とはかって僕がボーイスカウトの手伝い(リーダーなど)していたときの仲間(4人)。

数年に1度だが、
足並みが揃うとドライブをする。
今日は被災地を回ることになった。

石巻、女川、登米、志津川、雄勝、南三陸・・・・・。

瓦礫は片付けられたものの、
相変わらず復興には程遠い現状だった。

石巻から南三陸まで、
海岸沿いのいくつもの街、浦、港町は、
高台以外はほぼ全滅。


1 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (11)
石巻。
2 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (22)
石巻。保存を検討されたが、経費の関係で解体が決まったとニュースで流れたタンク。
3 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (14)
もとコンビニの跡地。石巻。
4 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (27)
石森章太郎漫画館。登米。
5 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (32)
建物(右)の屋根の上にあったというバスが降ろされていた。
6 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (85)
土砂に埋まったままの気仙沼線りくぜんとぐら駅(多分)。
7 2.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (87)
南三陸。
8 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (73)
景勝地大室浜。
9 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (43)
雄勝の仮設食堂で昼食を摂った
10 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (39)
マンボウの刺身。初めて食べた。
11 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (101)
行きの高速道路で見かけた三輪車に帰りにも遭遇
12 12.6.10BS旅行会石巻、女川、雄勝、南三陸 (100)
オールウェイズ

“生きいそぎ”とはいったいなんだ。屋号<かどや>

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-09 Sat 17:53:34
新スキャン_0042
“生きいそぎ”とはいったいなんだ

★本「生きいそぎ」

タイトルを見て借りた。

“死にいそぐ”とは何かの折に聞く言葉だ。
“生きいそぎ”とはいったいなんだ?

じつは僕が間接的だがそう言われたことがある。

多分、その人は、
何をそんなに焦って生きているのか?
“生きいそぎ”しなさんな・・と言う意味で言ったのだろうと解釈した。

裏を返せば
“死にいそぐ”ことないぞ。
もっとゆったりと生きなさいよ、
リタイアしているんだし・・・・・。

    *

僕は相変わらずおっちょこちょいで、
早口でそそっかしい。
ちょこまか動く。

だから、印象的にも生きいそぎ(死にいそぎ)みたいに
見られていても仕方がないところがある。

自分では決してそんなには思っていないが・・・。

清水辰夫氏の本は初めて読んだ。
いくつかの短編小説で、
僕ぐらいの年代が主人公。

身につまされるような話ではないが、
面白く読ませてもらった。


★シリーズ・消え行く風景 9    屋号<かどや>
12.6.2ブログ用 (28)
今日、郷土史研究繪があった。
僕は今年の研究テーマに屋号はどうかと考えている。
かどや商店はもうとっくに廃業している。
我が家から歩いて5分もかからない角にある。
屋号はその風景とともに消えつつある。

“あじさい神社”で全国に売りだすのはどう?

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-06-08 Fri 21:34:25
  • 祭り
12.6.8氷川神社のあじさいブログ用1 (31)
赤羽根の氷川神社。あじさい園は神社の裏側からだんだん広がりつつある
12.6.8氷川神社のあじさいブログ用1 (29)
案内板
12.6.8氷川神社のあじさいブログ用1 (19)
珍しい種類のあじさいが多く、ふつうに見るあじさいの花はかえって少ない?

★あじさい神社で全国に売りだすのはどう?

ちょっと早いけど、
指扇のあじさいの名所を紹介。

家から歩いて10分ほどのところ。
それほど広くもなく、狭くもなく、
散歩するにはちょうどいい?

案内板には20種200種類とある。
株数は1000は超えるだろう。

毎年、来観記念樹を募っているようで、
株数は増え続けている。

境内も広いから、
まだまだ拡大中だ。

記念樹は一株800円。

あじさい祭りは16,17日。
モチ、今日はほとんど人影無し。

あじさい寺はよく聞くけど、
あじさい神社はまだ聞かないなァ。

ひとつ“あじさい神社”で
全国に売り出すのも手かも・・・。

コピー ~ 12.6.8氷川神社のあじさいブログ用1
なぜか・・・・・同じのを3回も聞いてしまったりした

★同じのを3回も聞いて少し食傷気味

落語のDVDを借りて聞くのだけど、
少々飽きてきたかなァ。

同じのを3回も聞いてしまったり・・・・・。


★今日のオブジェ  ランの花開く窓   2009年
07.6.21窓枠と蘭 001
タイで世話になった知人の家の1階書斎の窓

Index of all entries

Home > 2012年06月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top