Home > 2012年09月

2012年09月 Archive

タムブン(喜捨)しにお寺へ行った。不気味なお堂はどうなっていたか?

★タムブン(喜捨)しにお寺へ行った

朝食を終えたところにノイ(管理人さんの姪っ子)さんが
タムブン(喜捨)に寺へ行かないかと誘い(多分)に来た。
今日は年に何回かの大事なタムブンの日なのだ。
この日は正装(とくに女性)で、喜捨物を器に溢れるほどに入れて近くの寺へ行く。

ふだん道路に出てタムブンをしていない人、
若い人や子どもも喜捨に来る。

お寺はそうした人びとでいっぱいだ。

お経は8時から始まった。
30分ほどして喜捨がはじまる。

タムブンを終えてアパートに戻ったら9時半近かった。

12.9.30タンブンへ (40)
近くのお寺の本堂。今日は扉が開いていた
12.9.30タンブンへ (17)
ノイさんが僕用に用意してくれた喜捨セット(名前はわかりません)。
器はごく軽い金属(多分)。
お経を上げている間ささげ持つことがあるので軽くないと疲れる(多分)
中のお菓子類も軽い。あとお金、カオニアオ(米)が入っている。
水はお経を上げている間にゆっくりと地面に注ぐ(流す)ためのもの。
他に花や果物を持ってくる人もいる。
正装でなくても男性はショール(バーヴィヤン)はしなくてはならない(多分)。
僕もノイさんに用意してもらった。
ショールは右肩から左脇へ斜めに掛けた

12.9.30タンブンへ (34)
本堂が狭いためか講堂がないためか、臨時に建てられたと思われる講堂。
この下でお祈りする(お経を聞く)には早めに行くか予約か?
そー言えば、チャンタナー(管理人)さんはずいぶん早くに行っていたなァ

12.9.30タンブンへ (48)
お経を終えていよいよ喜捨。30分ほど並んでやっと順番がきた

12.9.30タンブンへ (79)
お金だけを入れる壷は最初の位置に別(最初)にあった。
カオニアオ(米)もお菓子なども少しずつ小分けして喜捨する。
僕は写真を撮ったりしていたので、2,3に分けただけでバサッと入れた。
それを見ていたのかノイさんのお兄さんがアパートに戻ってから僕に注意を促す。
少しずつ摘んで入れよと指導してくれた

      *

12.9.30ブログ用雑感 (32)
ホワイトボードに貼った“絵画教室、土・日13:00~17:00、無料”

★絵画教室、土・日13:00~17:00、無料

てっちゃんねっとのパソコン教室のホワイトボードに
デモ用メモ(案内)を貼った。

募集案内はてっちゃんがフェイスブックで知らせてあるらしいので、
生徒はみなしっているとの事。

それでも一応はデモらないと・・・。

絵画教室、土・日13:00~17:00、無料


12.9.30ブログ用雑感 (4)
驚いたか恐怖でかカミキリは微動だにしない

★カミキリムシ最後のあがき?

画材置き場の扉の前で、
カミキリムシが最後のもがき?

寿命なのだろうか?
左足が動かず、飛ぶことも出来ないで、
同じところをくるくると廻るのみ。

蟻がかぎつけて数十匹が周りをうろうろ。
場所を移動させて撮ったのだが、
驚いたか恐怖でかカミキリは微動だにしない。


12.9.30ブログ用雑感 (8)
すっかりきれいになって僧坊(?)になっていた

★あの不気味なお堂はどうなっていたか?

あの不気味なお堂はどうなっていたか?

内壁に天国と地獄が描かれていたお堂。
正面がきれいになっていたので探索に行った。

な~んだァ。
すっかりきれいになって宿坊になっていた。

中は覗けず、
正面にはお坊さんたちがお喋りしていて写真も撮れずでした。


新品なんだか中古なんだか分からない。屋根代わりにシートはどうか?辛い~

★また、絵画教室に通ってくれるといいけど・・・

今日は土曜日でてっちゃんねっとの生徒(パソコン・日本語)がたくさんやってきた。
この3月まで絵画教室にいた生徒も10人くらいいただろうか。
懐かしい顔ぶれでみな“ゴローさんこんにちわ”と挨拶してくれる。

また、絵画教室に通ってくれるといいけど・・・。

      *

青空絵画教室もいいが、
屋根代わりにシートはどうか?

1昨日買ったシートを試しに張ってみた。
なかなか具合はよさそう。


2 CIMG1713
生徒に手伝ってもらいシートを天井代わりに張ってみた。
日除けのつもりなのだが、午後はどのみち建物の影になるので、
あまり利用価値はないかも・・・。
テーブルも新しい(と言っても中古)のベニヤに変えた。

3 CIMG1719
寝床に入ってから用の電気スタンドを買いに行った。
しばらく待たされてどこからか持ってきたスタンド3つ。
左から150000キープ(1500円)、1900円、2200円だという。
右(ピンク)のは小さくて電球なのになぜ高いのかと聞いたら、
タイ製品だからだという。真ん中の黄色いのはスイッチを入れても点かない。
タイもそうだけど買ってしまった物は、
たとえ壊れていても返品や交換はきかないらしい。
だから電化製品は買う前に調べる必要があると聞かされている。
結局左の赤いのを1350円に負けさせて買った。

4 CIMG1746
電気スタンドの箱。本体も含めて新品なんだか中古なんだか分からない。
モチ、メーカーというかメイドイン不明

5 CIMG1716
新品(多分)の足踏み式のミシンを売っていた

6 CIMG1722
電気スタンドを150円負けてもらったので、
そのお金でフレッシュジュース(100円)とスタミナドリンク(50円)を飲んだ。
座ったテーブルと椅子にものすごい重量感がある。
多分テーブルは100キロを超えているのでは?
どこかのショッピングモールで数十万円の値がついていた種類の家具だと思う。
それぞれの椅子の座り心地を確かめ、
重さを調べるために持ち上げようとしていたら、
(持ち上がらない)
店のお姉さんたち4,5人が笑っていた

7 CIMG1733
タラートサオの入り口脇の焼き芋が前に食べて美味しかったので、
また買ってみた。
小さいのが1本20円(前は10円)で高いなァと思ったら、
芋の種類も違うのか
これはカボチャ色した甘い芋だった。
皮が少々硬い。歯に悪いと思って残した

8 CIMG1736
どぶの臭いがしてあまり清潔感のない場所だけど、
焼お芋、焼バナナ、焼トウモロコシなどが美味しい屋台。
炭火で時間をかけて丁寧に焼いているように見える
(どこも同じだけど・・・)

9 CIMG1741
タラートサオに行く途中のお寺。
軍人(多分)の制服が並ぶ大きなお葬式が行われていたが、
写真どころか立ち止まることも許されず寺の敷地から出されてしまった。
1時間半後、帰りに再び通ったらもう誰もいなかった。
遺体を焼く火だけがまだ勢いを失わず燃え続けていた

     *

1 CIMG1698
昨夜、アパートに戻ると部屋の前で宴会(パーティ)?
そうか、今日は金曜日だ。
一緒にどうかとビールを勧められたが、
てっちゃんのところで大瓶1本近くを飲んでいるので遠慮した。
日本から持ってきた辛い梅干を酒の肴に出してあげた。
箸につけてちょいとなめた左の(背中)お兄さん、“辛い~”。
右奥の女性がチャンタナー(管理人のおばさん)の姪っ子。
調理師をしているとかで、ラオス料理、日本料理、もうひとつどこの国かの
3カ国の料理が出来ると言っていた(多分)



10 CIMG1706
徳永氏は2005年に国際赤十字からフローレンス・ナイチンゲール記章を受賞している

★本「アフリカの詩」  徳永瑞子

機会があったらぜひ読むことをお勧めした本(詩集)だ。

力仕事はご法度の一日。ここにも中国が・・・・

★力仕事ご法度の一日

今日は力仕事はご法度にした。

午前中はパソコンの前。
午後は映像一筋(M)氏に会って情報収集?
四方山話で2時間の楽しい会話。

夕方、凱旋門の噴水にて30分ほど過す。

2 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (19)
タラート(市場)へ向かう道。正面がタラート。アパートから歩いて5,6分

3 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (73)
その5、6分の道のりにもドラマを見る思いをさせられる。
さまざまなお店、屋台、行き交う人々、バイクと車、そして渋滞。
学校の登下校時は生徒の送り迎えの車で渋滞する

4 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (85)
アパートの洗濯場に洗濯機が・・・。
(僕が使用できるわけではありません)
管理人のおばさんとうとう買ってあげたんだ。
洗濯のおばさん(洗濯ばかりじゃないけど)の
細腕での手洗いは見ていて大変そうだったのだ

5 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (89)
管理人のタンチャナーさんのメイドに来るおばさんは、
洗濯機で洗濯できるようになって大喜び。
“良かったね”と言ったら返事は“ニコッ”
でも、ぜんぜん脱水してないで干しているんだけど・・・・

6 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (90)
映像一筋さんにお土産の辛い梅干(僕の友人が自ら漬けた)を渡す。
不在中の仲間の話(情報と言えば情報なのだが)などで楽しい2時間を過した
写真は喫茶店の室内。ペプシコーラが9000キープ(90円)

7 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (99)
喫茶店の帰りに事故を見る。事故はよくお目にかかる。
巻き込まれることにも気をつけなければ・・・

8 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (112)
夕方、凱旋門(パテゥサイ)に行ってみる。
6ヶ月前にはなかった出口にみやげ物屋が・・・。
入ってみたが店員さんがパソコンに夢中?・・・無視された

9 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (154)
ここにも中国が・・・・。
援助で出来た噴水か公園か?2004年とある



1 12.9.28雑感・タラート~凱旋門、森下氏 (162)
昨夜、いつもに雑貨屋に寄った。
朝飲む牛乳、シャンプー、トイレットパーパーの購入だ。
いつもなら2、3言葉を交わす(意味不明でも)のだが、
やけに忙しそうで無視された。
新しい商品棚(冷蔵庫)が入って、ご主人はそれどころじゃないのだ。

ヤモリとトッケーの鳴き声を聞いたぞ!疲労が腰へきそう。

★鈴虫のような、小鳥のような・・・ヤモリの鳴き声

疲労が腰へきそう。
それくらい今日は疲れた。

タラート(市場)へも3回も行った。

アパートの洗濯物干しの紐探しと取り付け。
絵画教室のテーブルに使用するベニヤ洗い。

ホアさん(てっちゃんの奥さん)の
力仕事の手伝い。

その他なにがあったか?
とにかく、後半(午後)は写真を撮るのも忘れている。

1 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (5)
てっちゃンねっとの前の通りの名はランカーン通りで、
ビエンチャンでも最も有名かつ重要な通りのひとつだ。
何しろ凱旋門と国家主席府を直線で結んでいるのだから。
11月に開催予定のASEMに向けてだろう道路が美しく飾られていた

2 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (9)
昨夜はホテルに泊まった。
シャワー室の屋根裏から聞こえてくるのは?
最初はネズミかと思ったのだが違う。
鈴虫のような、小鳥のような・・・
聞き心地がよいのだ。
1匹で、2匹のときも、3匹?に聞こえたこともあった。
これはもしやヤモリの鳴き声ではないか?
鳴き声は朝になってもやんでいない。
寝ているベットにまで聞こえるのだ。
ネットで調べてみた。
やっぱりあったヤモリの鳴き声。
紹介のサイトは日本ヤモリとあるが、
僕が聞いた鳴き声もこれとほぼ同じだ(アドレス下行)。
http://www.youtube.com/watch?v=RVT8H9IaAwY
何時頃だったかトッケーの鳴き声も聞こえた。
トッケーは“トッケー、トッケー・・・”と鳴く。
5回以上トッケーを聞くといいことがあると(タイでは)言われがあるらしい。
昨夜は3回だけだった。
録音機具を持たないで泊まったのが悔やまれたなァ。

3 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (11)
アパートの入り口ドアのノブに枯れ草?
きっと何かのおまじない?だった。
室内の壁のペンキが一分塗り替えられていたし・・・・

4 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (16)
早朝、アパートに戻ったら朝ごはんのカオニアオが届けられた。
届けてくれたのは昨日掃除を手伝ってくれたあの若い女性。
どうやらタンチャナーさん(アパートの管理人のおばさん)の姪っ子らしい。
今日は小魚の空揚げもついていたし、
竹筒のなかで焚いたごはんもついた。
名前は分からないが(忘れた)ココナッツミルクの
ほんのり甘い味のするごはんだ

5 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (18)
洗濯物を干す紐を探したのだがどこにも見当たらない。
大きな市場(トンカンカム)なのにどこにもない。
(別な市場で日除け用のシートを買った店には売っていたが)
天井を見上げると、見事にどれも(どの店も)、
使っているのはあのビニール紐なのだ

6 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (23)
タラート(市場)トンカンカム

7 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (26)
ほころびたところを縫ってくれたのは、
ミシンひとつで裁縫業を営んでいる
タンチャナーの息子の嫁(多分)。
ほころぶびは2箇所あり20000キープ(200円)を払った。

8 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (31)
紐を取り付けて衣類を干す。
ホームレスみたいなんて思わないで・・。
専用のトイレ、シャワーも扇風機もある。
広さだって10畳くらいはあるよ。天井高いし。
アパートの住民のほとんどは変わりはないはず。
(もう少しきれいにしているかな。ベットやテレビもあるしなァ)
2人で暮らしている人の方が多いんじゃないかなァ。
洗濯物、僕は室内に干しているけど、
共同の干し場(鉄骨製)などに干している人が多いと思う。
写真に撮って見せるわけにはいかないけど・・・・

9 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (41)
ベニヤの間にトッケーを発見。
大きさは20センチほど。
じつは3匹かたまっていたのだが2匹は撮り逃がしてしまった

10 12.9.27ホテルとビエンチャン2日目 (47)
駐車場スペースの奥に突然パパイヤが・・。
多分、突然ではないのだけど気づかなかったのだ。
とにかく生長が早いのだけは確か

またまたビエンチャン便りの始まり。どうなる絵画教室?

★再起動かけてダメだったら捨てるんやな

「てっちゃんスミマセン。パソコンの文字が打てないんですけど」

ブログを書こうとキーボードを押せど文字が出ない(打てない)。
早速、コンピュータてっちゃんに助けをも求めた。

てっちゃん××「中古買ったんかいな?」

「違いますよ。この前を持ってきたのと同じですよ」

てっちゃんは念入りにキーボードを一つひとつ押した後、
てっちゃん××「何の反応もせんなァ。
壊れんのと違うんか?再起動かけてダメだったら捨てるんやな」

「エ~、そんな」

で、再起動をかけたら何でもなく直っていた。

     *

と言うわけで、またまたビエンチャン便りの始まりだ。

今日はアパートの掃除。
掃除を始めるとすぐに若い女性が手伝いに来た。
何で?


通じぬ言葉と身振り手振りによると、
どうやらタンチャナー(アパートの管理人のおばさん)さんの
縁故の人らしい。一緒に住んでいるのだと言っていた。

多分、タンチャナーさんから手伝うように言われていたのだろう。
(タンチャナーさんは不在)

ところで、僕は今夜は近くのホテルに泊まることにしている。
風邪気味なので、水のシャワーには入りたくないし、
暑い蚊帳の中でひと晩過せる自信がないのだ。

ホテルはタンチャナーさんの娘婿が勤めているサバンナホテル。
一泊10万キープ(1000円)だ。

★24~26日アルバム
1 12.9.26バンコクからビエンチャン (8)
久々に冨士山が見えた。なんと赤冨士だァ!富士山って本当に赤いんだ(写真には着色していません)
2 12.9.26バンコクからビエンチャン (13)
大阪湾には関空がぽっかり
3 12.9.26バンコクからビエンチャン (19)
中華航空の機内誌。沖縄の観光ガイドの頁より
4 12.9.26バンコクからビエンチャン (24)
ラオス(ビエンチャン)行きのチケットを発券してもらいに
いつも世話になっている旅行代理店に行った。
風邪気味であることを話すと体温計と風邪薬を買うように勧められた。
で、繁華街の大きな薬屋さんへ買いに行ったら背丈のすらりとしたお姉さん、
じゃなかったニューハーフ(タイではおかまで通ります)が応対してくれた。
そして買った薬(SARA)と体温計とを並べて写真も撮らせてもらった。
こんなチャンスってめったにないんです。ありがとうお姉さん
5 12.9.26バンコクからビエンチャン (52)
風邪で調子が悪く結局、薬を買ったあとホテルで寝込んでしまった。
薬屋の入り口前の階段で休んでいたときの目の前のショット。
人通りの激しい昼休みに人の流れが切れた瞬間を撮った。
写真左は果物を買う女性たち。
正面に向かってくるのは走る自動車を避けて横断してきた女性。
そのとなりが客待ちのバイクタクシー。
その右がクラリネットを吹く目の不自由な演奏家。
時々通行人がお金を入れていく。
その右が宝くじ屋。
写真はここで切れているが、
さらに右は屋台が続く。
具合さえ悪くなければ(僕は)何時間座っていても飽きない(多分)。
6 12.9.26バンコクからビエンチャン (69)
ビエンチャンへ向かう。メコン川はタイとバンコクの国境。
濁った赤い流れが雨季であることを示す
7 12.9.26バンコクからビエンチャン (78)
ビエンチャンには今日の10時40分に着いた。
空港まで迎えに来てくれたのはホアさん(てっちゃんの奥さん)と、
愛犬のボーリング。
8 12.9.26バンコクからビエンチャン (81)
シムカードにプリベートカード支払いの携帯電話。日本はモチ、バンコクでもありませんと言われた。
ビエンチャンにきてやっと復活。早速、我が家へ無事着いた報告。
9 12.9.26バンコクからビエンチャン (82)
凱旋門前には万国旗(多分アジアの国々)が・・・今年11月に国際会議が開催されるのだ。
きっとてっちゃんねっとの建物(看板)もアジアの主要人物らの目に入る?
10 12.9.26バンコクからビエンチャン (86)
駐車場のテントがない。絵画教室はどうなる。
“そうだ、てっちゃんに相談だァ”
これって、どっかコマーシャルのパクリ?

明日の早朝出立・・・・・だけど。廃車なのにぴかぴかボディ

★明日の早朝出立・・・・・だけ

体調がイマイチ。
早めに医者に行ったのに汗ばむ、咳が出る、
鼓膜が音に響く(分かるかなァ)。

前歯は仮り入れ歯状態。
食事ごとにはずして食べるのではちょっとなァ。
飛行機の中での食事はどうなるんだろう?

もし、入れ歯を外しているところを隣の席に座っている人に見られたら?
想像するだけで気が滅入るね。

とまァ、ちょっと心配だがこの状況で
明日の早朝ラオスへ向け出立します(バンコク経由にて)。

といわけで、今日は準備と片付けで、
パソコンも閉じます。

あッ、その前にリトルリーグ会計担当の娘に頼まれ
決算報告書をエクセルで仕上げなければ・・・。

    *

ブログは落ち着いてから再開することに。
4,5日休みます。

★シリーズ・コレってちょっと気になるなァ 7  廃車なのにぴかぴかボディ
12.7.9ブログ用二ツ宮 (26)
エンジン部分はないものの、ボディは磨いたようにピカピカ。
廃車にしたばかりかと思ったが・・・
12.7.9ブログ用二ツ宮 (28)
中を覗いたら草のつるが枯れている状態で、相当前からの廃車状態?

遊心会ボランティア公演で分かった舞台の袖

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-09-22 Sat 21:36:03
  • 民謡
★“喜代節+南部俵積み唄”の合唱熱演

大宮のソニックシティ大ホールで開催された、
日本芸能遊心会 34回ボランティア公演に行ってきた。

僕が入っている民謡クラブ“筑静会”の合唱メンバーの
ひとりとして参加したのだ。
合唱曲は‘喜代節+南部俵積み唄’

プログラムに書かれている曲の解説には、
「正月に門付芸人がその年の幸運や家内安全、
五穀豊穣、その家の繁盛を唄にして唱えながら
家々を廻ったのがこれらの唄の始まり」
とあった。

ソニックシティは客席2505の大ホール。
舞台の広さも1000平方メートルもある。

今回は出番を待つ間、
舞台裏で働くお姉さんに、
舞台設備などの話を聞いたりもして勉強になった。

12.9.22遊心会 (1)
舞台の袖で出番を待つ出演者たち。黒いカーテンが袖幕というのだそうだ。
ホールが大きいのでその設備も巨大。
袖幕の高さ、幅、枚数などいずれもそばで見ると圧巻だ
12.9.22遊心会 (6)
“箱馬”って何だ?舞台裏で働くお姉さんに聞いた。
回答は下の写真説明の中に
12.9.22遊心会 (17)
いよいよ我が“筑静会”の出番。緞帳が上がる前、緊張も高まる。
出演者が乗っている板が“平台”というのだそうだ。
“箱馬”とは平台の高さを調節する箱のことだとお姉さんは教えてくれた
12.9.22遊心会 (39)
開場準備をする公演実行委員のひとたち。
モチ、公演の実行委員は出演者たちが担う。僕は救護の役割担当。
(風邪気味でイマイチ調子の悪い僕は後片付けの途中で失礼してしまったが・・・)
12.9.22遊心会 (42)
2505名に入る大ホールで公演をする機会など
僕には他にありえないこと。とてもいい経験だと思っていま~す
12.9.22遊心会 (44)
尺八の合奏「吟龍虚空」。
解説に「古流本曲で禅の修業として演奏されていたもの」とある。
後に江戸時代、虚無僧が角付けする(していた)時の演奏曲になったらしい。
他にも日本芸能遊心会公演では、
ふだんは出会うことの少ない芸能を鑑賞することができる。
順にあげると、
大正琴、民舞、剣舞、創作舞踊、江戸芸、
琴とハーモニカ、新舞踊、津軽三味線合奏、
浪曲・・・・・。

尾を引く前歯欠け事件。花茗荷

★軽く考えていたのが間違いのもと

これは僕にとってはもう事件だ。

入れ歯(欠けた前歯)の調整に行き、
何とかピタリと収まった・・・・・・が、
夕食後、入れたところの歯茎が痛くなった。

これでは入れ歯を外して食事をしなくてはなるまい。
噛み合わせにはどうしても気を使うし何より面倒だ。
まァ、実用にならない仮の歯と考えるしかあるまい。

モチ、食事時以外は嵌(は)めておかねばならない。

とにかく、いまさらどうにもならない。
この状態でラオスへ向かうしかあるまい。

前歯が欠けてしまったのが、
こんなに尾を引き重大なことになるとは思いもしなかった。

軽く考えていたのが間違いのもとのようだ。



★シリーズ・花   花茗荷(ハナミョウガ)
12.9.20ブログ用夕方ウオーク (6)
道路脇の造園業者の畑に咲いた。
通るたびにずいぶん大きな茗荷だなァ・・と思っていたら
昨日、茎の先端に白い大きな花が咲いていた。
背丈は2メートル近い。花の大きさもカンナの花ほどある。
ネットで調べたら、茗荷にして茗荷にあらず?
花茗荷なのだそうだ。
花言葉はわからない。
茗荷の花言葉が“忍耐”だから、
花茗荷も“忍耐”でいいのかなァ?


あんたもボール拾ったら・・・・夕方ウオークの風景。苦戦する欠けた前歯の治療

1 12.9.20ブログ用夕方ウオーク (3)
歯は大切に・・・、入れ歯も大切に・・・

★苦戦する欠けた前歯の治療

治療と言っても入れ歯になるのだけれど、
これが上手く合わない。

もともとの僕の前歯の噛みあわせの悪いのが原因らしい。

最初の接着義歯が失敗、
結局、入れ歯と言うことになっていた。

その入れ歯が昨日出来上がり、
早速、はめてみたのだがすぐに外れてしまう。

ということで昨日、今日、明日と結局3日間続けての歯医者通いとなった。
治療は明日が最終日。

何とか間に合ってくれ~(悲鳴)。

   *

歯医者の次は内科だ。

逆流性食道炎を抑える漢方薬を90日分出してもらった。

逆流性食道炎などという病気はない
(歳をとればそうなりやすいだけという説)
のだと主張する先生なのだけど、
薬は出してくれる。

ついでに風邪気味の鼻を診てもらおうとしたら、
先生××「鼻つまりなんぞはほっとけばいいんだ」
と取り合ってくれない。

「先日、スクーバーダイブして・・・鼻血が云々・・・」

・・・と5月のフィリピンの時からの説明をグチャグチャ。
何しろいまだに鼻をかむと血が混じるのだ。

耳鼻科の先生は何の症状も見あたらないというし、
今日の先生はほっとけという。

まァ大丈夫なのだろうけど、
風邪状態が改善されていないのだから、
薬くらい出してくれたっていいのに・・・。

僕的には月曜日は歯も鼻も完全無欠の状態で、
日本を立ちたいのだ。

・・・と、思いを察してくれたのか、
先生××「じゃ、鼻詰まりを治す漢方薬を2週間分出しておきましょう」
「ハイ」

先生は聴診器も当てず、口や鼻の中も覗かずに診断結果を下した。

僕はいま鼻詰まりではないんだけどなァ。



★あんたもボール拾ったら・・・・夕方ウオークの風景

超久しぶりに夕方の5時からウオークに出た。
早朝とは景色も違うだろうと、
半分は散歩気分での出発だ。

夕食に間に合うように1時間で切り上げようと思ったのに、
1時間半になってしまった。

理由は・・・、
途中、ゴルフ場内を歩いているときに、
ボールを拾い集めているおばさんにつかまり、
30分も話を聞く破目になってしまったからだ。

2 12.9.20ブログ用夕方ウオーク (26)
早朝とは異なり、グラウンドではまだ練習が続いている
3 12.9.20ブログ用夕方ウオーク (29)
ゴルフ場内を流れるクリーク(小川)からボールを拾っていたおばさん。
「こんにちわ」と通りすがりに挨拶をしたら、
おばさんの口から矢継ぎ早にさまざまな話が飛び出した。
・ボールはひとつ11円で引き取ってもらえる
・空き缶は3袋で450円
・電線はコードのままでキロ145円
・本はブックオフに持っていく。1日5~600円にはなる
・私は家も買ったし2人の子も育てた
・亭主とは離婚、今ひとり居候がいる
・今、付き合っている娘の彼氏が生活保護を受けていて云々・・・
・あたしも孫も障害者だから・・・
ここで思わず質問をしてしまった。
「おばさんはどこが障害なの?」
おばさん××「精神障害だよ」
「・・・・・・・・・」
話はまだまだ尽きず、
どんどん出てくる。
あっという間に30分が経ってしまった。
最後におばさん
「あんたもボール拾ったら」。
そう言うと自転車にまたがって行ってしまったのだ。
4 12.9.20ブログ用夕方ウオーク (35)
暗くなったグラウンド脇で大音響でロックを聞いているお兄さんがいた。
開けっ放しの車のトランクは2つのアンプ(スピーカー)で埋まっていた


★あの日の記憶・メモ  大蔵村岩神大権現杉とクロベ(山形県)  1999年5月
5 新スキャン_0012
この年、最上巨木ツアーが2回実施された。
新聞の小さな記事で知ったのだが、
僕は2回とも参加している。
巨木はオーラを発している?
見たり触れたりして元気をもらうのだ。

金券屋が2000円で買ってくれた株主乗船割引券。話が尽きない・・・

コピー ~ 12.9.19新橋チケット屋森作品
写真上の乗船割引券は10枚つづり(1冊)2000円で買ってくれたが、
下の施設割引券は戻された

★金券屋が2000円で買ってくれた株主乗船割引券

東海汽船から送られてくる株主乗船割引券。
乗船券が35パーセント引きで買えるというものだ。

これを金券屋が買ってくれるとの情報を入手、
さっそく金券屋へ持っていった。

金券屋へ行って物を売る(買ってもらう)のは初めて。

店員××「乗船割引券は1枚200円で買い取りますが、
施設割引券は購入できません」

「いいです。お願いします」

割引券は10枚つづりなので、
僕は2000円の代金を受け取った。

   *

なぜか、小学生の頃に銅線を拾い集めて
鉄屑屋に持っていったことが思い出された。

12.9.19新橋チケット屋森作品 (8)
仲間のひとりは趣味で陶芸をやっている。見事なカエルの作品を見せてくれた

★話が尽きない・・・4時間のお喋り会

新橋の安酒屋での飲み会・・というより、
会社勤め時代の気の置けない仲間5人のお喋り会。

忘年会だったり、暑気払いだったり、
気まぐれなのだが、
年に1~2回、すっかり恒例のようになっている。

今日は僕の送別会も兼ねているらしい。

4時半から8時半まで、
4時間も喋っていた。

5人もいると話が尽きないのだ。

   *

店への支払いは11700円。

モチ、5人の割り勘なのだが、
これじゃお店も迷惑?

机周りだけでゴミ2袋。太陽が2つに見えた

★机周りだけでゴミ2袋

長旅でもあるラオス行きがいよいよ来週と迫った。
準備を始めてはいるのだが、
さしあたり身辺の片付けだ。

とにかく、広げっぱなしの机とその周辺。
入らない紙類ほかゴミとして出たものは
ビニール袋2つ分になった。

以上2時間。

   *

おそらく来年度末(3月)になるだろうと思われる下水道の宅内配管工事について、
見積もりをしてくれたD業者さんを呼んで内の説明をしてもらった。

というのは、別なK業者さんと金額的に大きな開きがあったからだ。
(D,K2つの業者から見積もりを取った家の例を比べた)

なぜ、呼ぶにいたったかと言えば、
D業者さんには向こう3軒が同時に見積もりを頼んでいたからだ。

その音頭をとったのが他ならぬ僕であったので、
わざわざD業者の営業の人にご足労願い、
お隣さんと一緒に見積書の内容について説明を求めたのだった。

結果は・・。

K業者はさまざまなトラブルを起こしており、
認可取り消しとなっていたことが判明した。

僕自身が役所に電話をして確認をとったので間違いない。

以上1時間半。

   *

娘からエクセルの使い方を教えてくれと頼まれた。

なにやら会計を頼まれており、
総会が迫っているので決算書と予算案を作成しなければならないらしい。

夕食後の6時半頃から9時頃までかかってしまった。

僕のパソコンのエクセルと、
娘の家のパソコンのエクセルと画面表示が異なっていて往生したのだ。

以上3時間。

   *

キャンバスに向かう。
以上2時間。

12.9.18ブログ用 (24)
空の雲が高い。低い雲は台風の影響からか流れがが早い
12.9.18ブログ用 (5)
なぜか太陽が上下に割れて2つになった一瞬があった(画像処理済み)
12.9.18ブログ用 (29)
朝顔が空の青よりも鮮やかに咲いていた
12.9.18ブログ用 (31)
黄色のカンナもこんな朝は輝くようだ

★今朝のウオーク風景から

やっと秋らしい朝の空だ。

雲が高く、
土手の上を通る涼しい風が心地よい。

今朝はもっぱら土手のみを歩いた。

なぜか太陽が上下に割れて2つになった(映る)一瞬があった。


    

孫の野球の試合を見に行ったのだが・・・・。敬老祝いはファミレスで?

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-09-17 Mon 21:03:58
コピー ~ 12.9.17大宮ライオンズリトル
荒川河川敷のグランドまでは車で5分もあれば着く

★久しぶりに孫の野球の試合を見に行ったのだが・・・

久しぶりに孫の野球の試合を見に行った。
行ったのだが試合はすでに終っていた。

第1試合に勝てば第2試合にピッチャーで登板するとのことだった。

時間を合わせて行ったのだが、
第2試合が始まっていたところ。

孫の所属するチームが1塁側ネットの裏で
輪になって監督(多分)の話を聞いている。

まァ、次回を楽しみにすることにしよう。


★敬老の日は年によって15日から21日まで異なる

今日は敬老の日。

我が家の爺(僕)と婆(家内)も息子夫婦にファミレスに招待された。

ファミレスはどこもいっぱい。
今日のお客さん(?)は
我々と同じ年令構成のファミリーが多いように見える。

ところで、
敬老の日は9月15日かと思っていたのだが、
いつから17日に?

そこで、ネットで調べてみた。
15日から21日まで年によって異なるのだ。

それというのも、
2001年の祝日法(ハッピーマンデー制度)により、
9月の第3月曜日が敬老の日なのだ(ネット調べ)。

知っていた?

http://bokuoku.azarea.jp/Ivent-Keiro.shtml
上記アドレスでぜひ検索を。



★今日のオブジェ  牛久大仏の胎内仏
12.9.2牛久大仏・ラーメンはやし (77)
3階:蓮華蔵世界(World of the Lotus Sanctuary)
約3,300体の胎内仏に囲まれた金色の世界。
「蓮華蔵世界」とは極楽浄土のこと。
(ウキペディア)

法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。機内サービスのウヰスキー

12.9.16法事・ブログ用 (14)
江戸の六地蔵といわれる“銅造地蔵菩薩坐像”
12.9.16法事・ブログ用 (10)
港区の国道1号線沿いにある家内の両親の墓のある寺。
自分の敷地内に建ててある高層マンションと隣接の高層マンション(写真)に挟まれている

★墓参りと法事

父の23回忌。
お寺は東京の深川(江東区)の実家近くにある霊巌寺。
境内に江戸の六地蔵や松平定信の墓があることで知られる。

法事は粛々と行うものだが何となく心がはずむ。
久しぶりに兄弟(姉妹)や甥・姪、
最近はその子どもたちも会えるからだが・・・。

今日は大人18人、子供10人が集まった。
法事を終えた後の食事会が楽しいのだ。

    *

お彼岸間近かでもある。

そこで、法事の行われる寺に行く前に、
家内の両親のお墓参りに寄った。

こちらは港区を通る国道一号線沿いにある寺。
霊巖寺とは対照的な趣を持った寺だ。

それぞれ住職さんのお人柄が・・・。


★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 49  機内サービスのウヰスキー
10.12.2棚のガラクタ1 (143)
今でも機内サービスにウヰスキーのミニチュアは出るのだろうか?

「喜代節+南部俵積み唄」の練習。激安?耳鼻科の診察代250円!

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-09-15 Sat 21:03:52
  • 民謡
12.9.15ブログ用 (2)
耳鼻科医院の前に見つけた“維新”の文字。大阪だったら“大阪維新”建設?
耳鼻科とはぜんぜん関係ありません

★激安?耳鼻科の診察代250円!

一昨日のダイブ後の(もしや)鼻炎?が気になるのでまたまた耳鼻科に行った。

医者××「別に何も症状はないから心配ありません」

風邪のような症状は治ってはいないのだが、
医者が心配ないというのだから大丈夫だろう。

一応、鼻腔に管のようなものを差し込んでの診察だ。

診察代が250円。
激安?の診察代が嬉しいねェ。


12.9.15ブログ用 (9)
晴れの舞台での公演に練習にも気合が入る

★合唱曲「喜代節+南部俵積み唄」の練習・・・筑静会

いよいよ来週の土曜日は“日本芸能遊心会”の公演日。
大宮駅前のソニックシティで行う。

合唱とはいえ1500人も入る会場で唄うのだから、
練習にも気合が入る。

今日はその最後の練習。
今年の合唱曲は「喜代節+南部俵積み唄」だ。
2曲ともめでたい内容の祝い唄。


★なんでもスキャン 6   500円玉と5ペソ(約10円)硬貨
新スキャン_0011
500円玉を集めていた容器の中に、
混ざっていた5ペソ硬貨。


まぁ い~か・・・・ダイブ、登山、温泉の伊豆大島2日間。拾得物を交番に届けると大変だァ

1 12.9.13-14大島スクーバ (16)
大島の人気ダイブスポット“秋が浜”で1本潜ったのみで今回の僕のダイブは終った
2 12.9.13-14大島スクーバ (25)
午後は野田浜に移動。僕は海を眺めて過す

★スキューバダイビングは1回で中止

伊豆大島でのスキューバダイビングは1回で止めた。
風邪が治りきっていなかったのが原因なのだろう。

10メートの潜水が限度で、
それ以上は前回(アニラオ)と同じ、
つまり鼻の回りに激痛がはしり危険状態。

7~10メートルあたりで
1回目のダイブを終えた。

1時間の休憩に入ったところで、
すっかり鼻がつまり声までおかしい。
おまけに鼻血まで出てくる。

とても2回目は無理だ。
せめてシュノーケルでとも思ったが、
それも結局やめた。

無理は禁物だ。

   *

僕は予定を短縮して1泊で帰ることにした。
モチ、潜友2人は問題なく、
2、3目のダイブを楽しんで帰る予定。

   
3 12.9.14三原山 (1)
三原山の外輪山の内側から山頂を望む
4 12.9.14三原山 (3)
表砂漠ルートで山頂へ向かいコースを間違えてしまった。結局、元に戻るようなルートで登り直し
5 12.9.14三原山 (30)
三原山の火口。水蒸気も煙も出ていない。火口の底は覗くことが出来ない
6 12.9.14三原山 (43)
朝が早かったせいかお鉢周りをしている人は4人。そのうちの3人は途中で会った人。
爽やかな感じの青年2人は東京のサラリーマン氏。
お鉢の対面で僕のほうを指差していた
7 12.9.14三原山 (46)
お鉢周りの途中で会った若い女性。
スカートで履物もサンダル。水も持たずに炎天下を歩いている。
「大丈夫か?」と声はかけたが本人は
若い女性××「大丈夫、何とか行きます」・・・と。
実はこの女性とは登り途中で一度会っている、
そして降り口付近で3度目のばったり。
お喋りをしながら一緒に下山した。
レンタカーで登山口まできて、
気軽な気持で登り始めたのだとか。
「それにしてもも水ぐらいは持って登らなくちゃ危険だよ」
といかにもオジサンらしいお説教をたれる。
若い女性××「でもあたし、高尾山は登ったことがあるんです」
「・・・・・・・・」。
登山口に戻ったところで“氷”の旗が目に入った。
喉の渇いている彼女はイチにもニにもなく
若い女性××「氷食べたい!」
結局、2人で氷を食べることに・・。
8 12.9.14三原山 (61)
登山口バス停から望む元町と桟橋

★三原山のお鉢周り物語

2日の帰りの船は午後3時。

そこで、まず三原山へ向かった。

バスの終点“登山口”からは1時間もあれば戻ってこれると聞いて、
上手く行けば3時までにもうひとつ行きたかった場所、
“波浮の港”へも行けるかとバスのチケットも1日フリーキップ(2000円)を買っておいたのだが・・。

ちょっと読みが甘かった?

三原山の登山道を間違えて遠回りしてしまったので、
すっかり時間を取られてしまった。

結局、波浮の港は諦めて三原山のお鉢周りに切り替え、
船着場には2時に戻った。

9 12.9.13-14大島スクーバ (37)
1日目の夕方、3人(潜友と)で“元町浜の湯”に行く。
写真はその湯船から見た風景で手前の三角が利島(無人)、
後ろに左側が新島、右側が式根島
10 12.9.13-14大島スクーバ (49)
伊豆半島方面に沈む夕日(同じく湯船から)。
地元のお年寄りから観光に来た若い女の子グループも一緒の混浴。
モチ、水着着用だがロケーションも絶好だし、
何となく湯に浸かっている地元のお年寄りたちの表情が
明るく元気に見えたのだが・・・
11 12.9.13-14大島スクーバ (58)
桟橋には無料の足湯も・・。若いグループやカップルが足を並べていた
12 12.9.13-14大島スクーバ (72)
帰りはジェット船。早い(時速80キロ)のなんのって竹芝桟橋まで1時間45分。
それでも、東京湾に入るとスピードを落として運行しているのだとか
13 12.9.13-14大島スクーバ (1)
行く日(11日の夜9時頃)竹芝桟橋は浴衣姿の男女で溢れていた。
聞けば浴衣姿で“納涼船”を楽むのがブームらしい。
カップルが多いのには2度目のビックリ。
写真を撮ろうとすると
「あたし撮って!」と次から次と浴衣姿でカメラの前でVサイン。
3度ビックリだァ。
14 新スキャン_0004
大島で買ったお土産5点。そのうちの2点を紹介
木彫りのウサギ=リス村のお土産売り場で値段が100円。
あまりの安さにレジのおばさん(経営者?)に聞いた。
最初は500円で売っていたものでリスなど何種類かあった。
それがみな売れてしまって、
ウサギだけ残ってしまったそうだ。
種類が減るたびに値段を400円、300円と下げて、
今はとうとう100円になってしまった。
店内にあるだけ(ウサギのみ20個くらいか?)なのだそうだ。
携帯ラップ=“まぁ い~か”はサラリーマン現役中、
僕がよく使っていたフレーズ。
スタッフに注意をしたりしたあとに、
必ずといっていいくらい出た言葉だ。
これは駄洒落になっているけど、
“まぁ い~か”


★大島の混浴温泉(水着着用)“元町浜の湯”

大島へ渡航の夜の竹芝桟橋が浴衣姿の若者で溢れていた。
納涼船が人気らしい。

大島に渡ってからも、
ダイブ、三原山、温泉と、
茶髪の若者たちが目に付いた。

同じ東京とは思えない、
超をつけたいほど田舎っぽい大島だが、
そのギャップがいい?

けっこう若者を惹きつけているらしく、
とても新鮮に思えたのだ。
  
  

新スキャン_0006
拾得物預かり書、権利放棄だの氏名等告知の同意などの書類を渡され・・・

★拾得物を交番に届けると大変だァ

大きなリュックを背負っての帰り、
駅から600メートルほどのところで
定期券(スイカ)を拾った。

拾ってしまったのを
改めて捨てるわけにも行かず、
ひとまず、そのまま家に持ち帰り
明日の朝でも交番に届けようと思った。

夜になって家内が帰ってきてから定期券を見てみると、
どうも女子高校生のものらしい。

それではなるべく早く届けてあげたほうがいいのではということで、
すぐに駅前の交番に届けに行った。

住所・電話番号・名・年齢などを聞かれ、
権利放棄だの氏名等告知の同意などの書類を渡され、
モチ、同意の確認もして・・・あー面倒だァ。

「これって、JRに届けてもいいんでしょ?」
と思わず聞いてしまった。
係りの警官××「エー、JRにも取得物を扱っていますからね」

多分、警察(交番)よりは簡単に済むと思うけど・・どうかなァ。




  

天空に向かって伸びる蔓。カブトムシのお葬式

12.9.10朝ウオーク (3)
天空へ向かう・・・
12.9.10朝ウオーク (5)
6羽のシラサギが・・・

★今朝のウオーク風景から

天に向かって伸びているのはクズ(多分)の蔓。
まるで旗がひらめいているようだ。

どこまで伸びるだろうか?

    *

以前は良く見たシラサギだが、
最近はあまり見なくなった。

多いときは10羽ぐらいの集団で、
空を飛んでいたが・・・。

今朝は珍しく6羽がいた。



12.9.11カブトムシのお葬式 (2)
カブトムシは昨夜が瀕死の状態で今朝死んでいた

★カブトムシのお葬式

1ヶ月ほど前にお隣から頂いたカブトムシ。
モチ、くれたのは孫2人にだが・・。

毎日モモやナシ、真夏だった頃はスイカなどを食べさせていたが、
昨夜瀕死の状態になった。

そして今朝は死んでいた。

寿命なのだろう。
ネットによればカブトムシの寿命は1年、
成虫になって1ヶ月ほどしか生きないという。

8月末は9月にはいるころには、
大半が死んでしまうとあった。

けさ、孫2人で庭の片隅に埋めた。
カブトムシのお葬式だ。


★シリーズ・花 26  ヒトエスイフヨウ 
12.9.9一重酔芙蓉フヨウ小石川植物園 (12)
ヒトエスイフヨウを漢字で書くと
一重酸芙蓉だそうだ。
なぜ“酔”が入っているかといえば、
朝、花が咲いた時は白く、
しだいに赤く変わることから、
酒を飲んで顔が赤くなることか(ネットより)
花言葉は「繊細な美」と「しとやか」


※12日、13日、14日は旅行のためブログ休みます

歯科と耳鼻科へ医者のハシゴ

★伊豆大島は行ってみての状況判断になった

今日は医者のハシゴだ。

昨夜、夕食時に前歯がコケた。
治療した(といっても単に接着)ばかりなのに、
ラーメンを食べていてコケた。

さらに、先日来左耳穴の付近が妙にシビれるのが気になる。
原因は分からない。

明日から大島に潜りに行くので、
耳と鼻に何かあったらいけない。

と言うわけで、
歯科と耳鼻科へ行ったのだ。


   *

歯医者は応急処置(接着)ではダメらしく、
新たに入れ歯を作りなおすというのだ。

24日には日本を立つ予定だ。
間に合わなかったらコトだ。

幸い19日(水)には出来上がるそうなのでホッとしたが、
とりあえず帰国する12月末、
つまり3ヶ月間はコケることないだろうなァ。

耳鼻科では何も悪い症状は見られないとの事。
しかしながら風邪気味がまだ完全に治りきっていない。

結局、伊豆大島は行ってみての状況判断になった。


★あの日の記憶・メモ  両神山の鎖場  2002年頃?
新スキャン_0002
新スキャン_0003
両神山は埼玉県内にある唯一の日本百名山。
裏側から登る八丁峠コースには鎖場が30数ヶ所。
なぜか登山暦がホンの少ししかない僕が同じこのコースで2度登っている。
一度目は単独で、2度目は(当時の)山友と。
この写真は2度目の登山時にその山友が撮ってくれたものだ。

森の中で猛暑を忘れた。映画「あなたへ」

12.9.9小石川植物園 (22)
小石川植物園内の日本庭園
12.9.9小石川植物園 (26)
ユリノキ、イチョウ、スズカケ、サルスベリ(上の写真)・・・・園内は巨木の森だ
12.9.9小石川植物園 (30)
空いっぱいに広がるスズカケの巨木

★静かで、気分良く、時間制限なし・・・・

小石川植物園の森を散策した。
一緒に散策したのは幼い頃からの友人だ。

僕の送別会(ラオス行き)と
友人の吟行(俳句)を兼ねている。

森の中では猛暑を忘れた。
散策をしながらの会話なぞいつの頃以来だろう。

人と会って話すのは公園や庭園がいいかも。
静かで、気分良く、時間制限なし・・・・。

クセになりそう。


12.9.9小石川植物園 (37)
さいたま新都心駅前のコクーン(映画館)は人で溢れていた

★映画「あなたへ」 降旗康男監督   2012年

家内と一緒に見に行った。

「あなたへ」は
いま評判になっている高倉健主演の映画だ。

行く前にネットの映画評をいくつか見た。
その評(投稿)はおおむね厳しいものだった。

    *

僕が実際に見た感想を言わせてもらえば、
坦々としていながらも
筋の通った分かりやすいいい映画だと思う。

ただ、内容的に散骨がテーマでは
若い人には面白みがないだろうなァと思う。
その分、(若い人から)辛らつな評を受けたのではないだろうか?

正解は“ぢすいはし”だった。朝顔

CIMG0984.jpg
西区(さいたま市)と川を挟んで西区の飛び地となっている飯田新田(地名)とを繋ぐ

★正解は“ぢすいはし”だった

“ちすいはし”と読むのか“ぢすいはし”と読むのか?

今日の郷土史同好會で話題になった橋の読み方だ。

治水橋は荒川にかかる橋のひとつで、
さいたま市の西区にある。

西区と川を挟んで西区の飛び地となっている飯田新田(地名)とを繋ぐ。
こんな大きな川(荒川)とその広い河川敷とが、
区内を流れるというのは全国的にも珍しいのでは?

荒川は荒ぶる川の名の通り、
昔から度重なる洪水を起こし人々を苦しめた。

河川の改修を行い土手を築いて
洪水を収めること(治水事業)に尽力したのが斉藤裕美(治水翁)。
1934年(昭和9年)のことである。

完成した橋は翁の名にちなんで治水橋と名づけられたといわれる。

    *

確認に行った。
で、正解は“ぢすいはし”だったのだ。



★シリーズ・花 25  朝顔
12.8.16ブログ用 (16)
この夏、日よけのゴーヤはよく見たけど、
朝顔はほとんど見なかったなァ。
元気はつらつ、新鮮笑顔の朝顔はいい!
花言葉は
「愛情」「平静」「愛情の絆」「結束」「短い愛」「明日もさわやかに」「はかない恋」

上野のお山は大賑わいなのだ。「上野古書のまち」いよいよ閉店

12.9.7上野と美術館 (18)
新制作展の会場内の1部屋
12.9.7上野と美術館 (20)
東京都美術館内で行われている別の展示会。日傘の行列は延々と続く
12.9.7上野と美術館 (42)
芸大の大学祭?華やかな衣装と派手な山車。上野の森は大賑わいだ

★芸大の大学祭?半被姿の学生が山車を引きお祭り騒ぎも・・・

上野の東京都美術館へ新制作展を見に行った。
知人が同会の会員で招待状が送られてきていたものだ。

大胆で動的な知人の作品にはファンも多いようだ。

    *

午前9時チョイ過ぎ、
上野駅公園口内に行列が・・・。

先頭になにが?

そこは構内にあるチケット売り場だった。
上野公園内の美術館で開催中の入場券を買う人たちの行列だったのだ。

何で駅の構内で並んでまで買うのか?
つまり、会場の売り場はもっと混んでいるってこと?

芸大の大学祭?半被姿の学生が山車を引きお祭り騒ぎも・・・。

昼間でも、どんなに暑くても、
それが平日でも
上野のお山は大賑わいなのだ。     


12.9.7上野と美術館 (54)
お堅い書物とアダルトを隣りあわせで書棚に並べる不思議なというか・・・の店だった
12.9.7上野と美術館 (55)
“上野古書のまち”がテナントとして入っているビル「上野松竹デパート」

★いいよいよ閉店になるらしい・・・・上野古書のまち

上野駅前の“上野古書のまち”という古本屋、
正しくは毎日行っている古書市なのだそうだが(ネット調べ)、
そこがいいよいよ閉店になるらしい・。

全品2割引で、
僕も今日は「水彩画講座全4冊」と「全東洋街道」藤原新也著全2冊」を買った。



★なんでもスキャン   アシナガバチの巣
新スキャン_0001

Index of all entries

Home > 2012年09月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top