Home > 2012年12月

2012年12月 Archive

大掃除終了。本「つゆのあとさき」

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-12-31 Mon 19:24:22
CIMG7951.jpg
窓ガラスは‘ガラスクリーナー’を使って拭いた。

★なんとか年内に終えることが出来た大掃除

とうとう大晦日まで窓洗い(大掃除)が残ってしまった。
ホースで水を掛けて洗うのは濡れるのでやめた。
そのかわり、ガラスクリーナーを使って拭くことにした。

10時に開始して12時に終了。
なんとか年内に終えることが出来た。

   *

窓拭き以外はほとんど横になって本を読んだり・・。

日帰り温泉(近くの‘湯けむり横丁’)に行って
子どもや孫たちと夕食を食べるという誘いも僕はキャンセル。
風邪が完治していないのだ。

    ☆

新スキャン_0005
「つゆのあとさき」は銀座のカフェーの女給と作家の話。

★本「つゆのあとさき」「雨瀟瀟」  永井荷風

永井荷風は博識で風流人で遊びにたけた人。
近頃の作家の小説との違いは何なのだろう?

とてもいい映画なのに・・・「春との旅」。本「腕くらべ」

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-12-30 Sun 19:12:45
  • 映画
★とてもいい映画なのに・・・

天気も悪いし、
こんなに寒いのではとてもじゃない窓洗いなど不可。
風邪も完治していない。

結局、1日部屋の中。
アー、TSUTAYAへは行ったなァ。

    *

CIMG7946.jpg
とてもいい映画なのに・・・・。

★映画「春との旅」 小林政弘監督 2010年

最後まで見ればとてもいい映画なのに、
この年の主だった映画賞にどの部門にも選ばれていないのが不思議?

重く暗く、シーンによっては長過ぎるイメージが・・・?
あと、興行収入もそれほど上がらなかったのではないか?

娯楽映画一辺倒と思える最近の映画の中にあっては、
もう少し高い評価を受けてもいいのではないかと思った。

    *

新スキャン_0003
時代も中身も僕とは無縁の世界だけど面白く読ませてもらった。

★本「腕くらべ」  永井荷風

大正時代か昭和初期かの新橋の芸者の物語。
とても面白く読ませてもらった。

    *

新スキャン_0004
カバー裏の著者紹介には他に6冊の著書が紹介されていた

★本「飲み方をかえれば漢方は効く」 松本光正著

O診療所の医師が書いた本。
もう何度もこの先生の治療は受けているのだけれど、
今回初めてご自分で書かれた著書を紹介された。

カバー裏の著者紹介には他に6冊の著書が紹介されていた。

露天風呂に浸かりながらのお喋りも楽しいのだ

★標高700メートルの温泉旅館で雪に降られた

今回の旅行は群馬県の赤城温泉。
宿泊した旅館は標高700メートルの山の中だ。

メンバー4人の平均年齢は68歳を超える。

露天風呂に浸かりながらのお喋り、
テレビを見ながらのお喋り・・・は、
よくある(聞く)おばさんグループの温泉旅行と変わらない?

いつのころからか始まった年に一度の旅行会。
これはこれで楽しいのだ。

1 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (55)
すっかり雪景色となった旅館の中庭。
2 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (70)
露天風呂から眺める滝も半分凍りついている。
3 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (64)
ぬるめのお湯のおかげ?でゆっくりお喋りができた露天風呂。
4 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (13)
行きがけに寄った足利市の‘鑁阿寺(ばんなじ)’。
5 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (41)
同じく国指定史跡‘足利学校’。
6 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (90)
赤城神社に参拝。
7 12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (96)
最後に寄ったのは那珂湊市の‘おさかな市場’。買い物客で大賑わいだった。

死ぬ瞬間に後悔する事なのだろうか?

★死ぬ瞬間に後悔する事なのだろうか?

お掃除は家の外まわりと窓洗いが残っている。
しかし、昨日も今日も寒くてとてもする気になれない。

     *

新刊書籍の広告が気になった。

「死ぬ瞬間の5つの後悔」 ブロニー・ウェア 仁木めぐみ・訳
①自分に正直に生きればよかった。
②働きすぎなければよかった。
③思い切って自分の気持ちを伝えればよかった。
④友人と連絡を取り続ければよかった。
⑤もっと幸せを求めればよかった。

キャッチコピーには
・人生を悔いのないものにするために
・数多くの「最期」を看取った女性介護人が聞いた、
誰にでも共通する後悔とは?


とある。
5つの後悔とは言うまでもなく①~⑤までを指すのであろうが、
これって果たして死ぬ瞬間に後悔する事なのだろうか?

明日は旅行のため「ここの記」日記はお休みです。

やっとパソコンが直ってきた。凡人と貧乏人には無理・・・。

12.12.26ブログ用 (22)
修理を終えたノートパソコンで年賀状作り。

★新品のノートパソコンみたいだ

やっとパソコンが直ってきた。

キーボードも新しく替えてもらった。

2週間も古いデスクトップ型のパソコンを使っていたので、
キーボードを叩く感触の違いに驚いてしまう。

なんだか新品のノートパソコンみたいだ。

修理費は25000円。
電気屋のご主人は技術料だというのだけれど・・・。

    *

修理に出したノートパソコンには
作りかけの年賀状のデータが入っていたので、
今日はその仕上げと印刷を急いだ。

急ぐほどに、あわてるほどに失敗が重なり、
結局、データ仕上げから印刷終了までに5時間を要してしまった。

     ☆

12.12.26ブログ用 (14)
永井荷風的な生き方なんて凡人と貧乏人には無理・・・多分

★本「濹東綺譚」 永井荷風

“濹東綺譚”を読んで、晩年の永井荷風に憧れる人がいるらしい
・・・というようなことを読んだか聞いたかしたことがある。

凡人と貧乏人には無理・・・多分。

    ☆

12.12.26ブログ用 (9)
‘世界最高齢映画初主演女優’として菅井きんがギネスに登録された「ぼくのおばあちゃん」

★映画「ぼくのおばあちゃん」 榊英雄監督  2008年

主演の菅井きんが‘世界最高齢映画初主演女優’として
ギネスに登録された作品だそうだ。

藤田まことの必殺シリーズで憎まれ役のお姑をやったとは思えないほど、
いいおばあちゃんを演じている。

賞味期限切れ1ヵ月の豆腐。映画「地獄の黙示録」。本「宇宙人からの贈りもの」

121225 ブログ用 (10)
湯豆腐にし、醤油をかけて食べた11月25日が賞味期限だった豆腐

★賞味期限切れ1ヵ月の豆腐

ちょいと喉が腫れているようなので、
用心のために今日は1日中寝ていた状態。

午前中にO診療所に出かけたぐらいか。

   *

賞味期限切れ1ヵ月の豆腐を食べた。
湯豆腐にし、醤油をかけて食べた。

別に何の問題も起きなかった。

   ☆

121225 ブログ用 (6)
コッポラ監督はおしまいのほうの映像を見せたかった?

★映画「地獄の黙示録」 特別完全版 フランシス・コッポラ 1979年

3時間20分を超える超大作の戦争映画。

ベトナム戦争の矛盾を告発しているような場面(セリフ)もあるが、
おしまいのほうは猟奇的な映像になっていて、
ちょっと違うんじゃないの?・・・なんて素人判断です。

でも、コッポラ監督はおしまいのほうの映像を見せたかった?

   ☆

121225 ブログ用 (19)
診療所の待合室の本棚から100円で購入した。

★本「宇宙人からの贈りもの」 橋幸夫

認知症の母の介護のこと、
妻とのこと、
娘・息子とのことが書かれている。

今日行ったO診療所の待合室の本棚から100円で購入したもの。

サンタ犬モナミ。僕はすっかり冷えてしまったので・・・

12.12.24ブログ用。木村さんの犬 (23)


★サンタ犬モナミ

お隣の愛犬モナミがサンタクロースになって我が家にやってきた。
プレゼントを受け取ったのは1歳と5歳の孫2人。

お隣の奥さんは施設などを訪問しハーモニカ演奏をやっている。
モチ、ボランティア活動だ。

最近は施設訪問にこの愛犬モナミを一緒に連れて行くそうだ。
演奏中は聞いている人たちのヒザの上を順番に回る。
老人ホームや介護施設などではとても人気者なのだと奥さんはいう。

今日、明日のクリスマスではサンタの衣装でさらに人気が盛り上がるだろうなァ・・・きっと。

12.12.24ブログ用。木村さんの犬 (1)
2時間半の公園遊びで僕はすっかり冷えてしまったようだ

★早めに寝ることにした

今日も孫2人をつれて公園に遊びに行った。
二つの公園をハシゴして2時間半。

僕はすっかり冷えてしまったようだ。

ルル3錠を飲んで早めに寝ることにした。

スーパー土手・・・久々の朝の散歩。お手伝いは窓拭き・・・とても助かったァ。

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-12-23 Sun 23:03:05
12.12.23ブログ用 (10)
埼玉栄高校のグランド手前まで迫ったスーパー土手の工事。

★久々の朝の散歩

久々の朝の散歩。
今朝は気温も低いうえに冷たい風も吹いていた。

6時台にもかかわらず、
丸堀(荒川堤外の釣りの名所)周辺の道路には、
すでに釣り人の車が20台も並んで(駐車)いる。

スーパー土手の工事が進んでいた。
この丸堀も一部埋められる。

工事は埼玉栄高校のグランド(陸上競技用トラック)の手前まで来ていた。
トラックも隣のサッカー練習場、野球グランドもやがて削られることだろう。
埼玉栄高校はスポーツや吹奏楽などで全国に名を知られている有名校だ。

いづれにせよこの1年ほどで、堤外の景色は相当に変わるのだろうなァ。

   *

12.12.23ブログ用 (13)
僕の障子張りは年々下手になっていくようだ

★とても助かったァ

孫3人に大掃除を手伝ってもらった。
いちばんのチビは1歳11ヶ月だ。
3人で窓拭き。

とても助かったァ。

続けて障子の張替えもしたのだが、
こちらはかみそり、霧吹き、糊などを使用するので、
手伝ってもらうわけにはいかない。

    *

12.12.23ブログ用 (14)
隅田川の風景も懐かしい。
12.12.23ブログ用 (20)
この洲崎パラダイスの門が実際にあったのかどうかは覚えていないが、
当時洲崎大門と呼んでいたのはこの門(ゲート)のことか?

★映画「赤信号」洲崎パラダイス   川島雄三  1956年

深川育ちの僕には懐かしい風景だ。
特に洲崎は僕の通った高校の直ぐ近く。

丁度この映画の当時(多分)、
僕の叔母が洲崎大門(パラダイス)の中で小料理屋だか飲み屋だかをやっていた。
僕が物心がつくかつかぬ頃なので記憶も定かでないが、
いちど店に連れて行かれたように思う。

その後、叔母の店は洲崎から門前仲町の交差点近くに移った。
そこも、今の門前仲町からは
想像もつかないほどごちゃごちゃした横丁だった。

叔母さんはこの映画の中の轟多起子だったんだ・・・きっと。

孫娘2人と児童館で遊ぶ。映画(DVD) 「麦秋}

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-12-22 Sat 20:39:44
CIMG7714.jpg
卓球にならない卓球遊び。少しは運動にはなったかなァ。

★孫娘2人と児童館で遊ぶ

孫娘2人と児童館へ行く。
今日から冬休みに入ったせいか、
館内には小学生のそれも高学年らしき児童も多くいた。

2人の孫娘には卓球やゲームに付き合わされて・・
いや、付き合ってもらって午後のほぼ半日を遊ぶ。

あとは障子紙貼りなど大掃除用の買い物をしたり映画(DVD)を見たり。

    *

CIMG7706.jpg
最近のテレビドラマ的?

★映画(DVD) 「麦秋} 小津安二郎  1951年

出演俳優が素晴らしい。
いい映画だし評価も高いのだけど・・・。

最近のテレビドラマ的?
戦後まもなくだしあまり制作費がかけられなかった?




心が洗われたような・・・・。急遽、今年最後の民謡練習会に・・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2012-12-21 Fri 21:56:34
  • 映画
★映画(DVD)「時代屋の女房」 森崎東監督 1983年
       「愛の賛歌」   山田洋次監督 1967年
      「野菊の如き君なりき」 木下恵介 1955年

3作品とも愛がテーマ。
それも純愛?
「野菊・・・」は明治時代の地方の出来事。「愛の・・・」は45年前の瀬戸内海の島、
「時代・・」は東京の大井町。
それぞれの時代(愛とその風景)が映し出されている。
この3本を同時と図書館から借りたのは偶然だ。

3本を続けて見て心が洗われたような・・・・。
「野菊・・・」は1年ほど前にも見ている。

CIMG7664.jpg
「時代やの女房」。僕が渡瀬恒彦の映画を見たのは始めて。
夏目雅子出演の映画を見たのは2本目(多分)。
CIMG7698.jpg
「愛の賛歌」。寅さんシリーズの始まる2年前の山田作品。

    *

★三味線が3、尺八1の生演奏で練習

民謡クラブの先輩に電話をしたら、
これから今年最後の練習会があるから顔を出すようにと言われた。

で、急遽顔を出した。
で、やっぱり練習をさせてもらった。

しかも4曲もだ。
今日は三味線が3、尺八1の生演奏。

年賀状が間に合わない・・・帰国してからの1週間。本「妖虫」江戸川乱歩

★仙台日帰り感傷旅行

ノートパソコンの修理に2週間かかるという。
27日に直ったとしても年賀状は25日までに間に合わない。

ブログのお休みも長くなってしまう。
そこで、古いデスクトップのパソコンを電気屋さんに頼んで
ネットに繋がるようにした(してもらった)。

しかし、なぜか筆ぐるめ(ソフト)の保存、写真トリミングなどが出来ない 。
年賀状はやはりノートパソコンの修理が終わるまで待つことに・・。  

   *

帰国してからの1週間は以下の通り。

13日  朝7時成田着。パソコンを修理に出す。
14日  庭木の剪定(主に柿の木)。孫と遊んだり買い物に行ったり。
15日  仙台へ日帰り。目的は13年前の仙台転勤時代の職場のスタッフ・顧問らとの同窓会。
16日  姉の義母のご焼香へ群馬県(太田市)へ。
17日  選挙の投票。図書館ほか書店回り(3月からの絵の教室の資料集め)。
18日  図書館ほか書店回り(3月からの絵の教室の資料集め)。
19日  元の勤務先へ(3月からの絵の教室の資料本を貰う)。忘年会(新橋)。

12.12.181週間分・仙台同窓会など
12日。帰国のためビエンチャンの空港へ向かう。写真はトゥクトゥクのガソリンタンク。
12.12.181週間分・仙台同窓会など (26)
仙台の同窓会は感傷旅行?でもあった。僕が1年半暮らしたマンション。
新築の建物で2LDKの間取りは広く、1人住まいには贅沢だった。 
12.12.181週間分・仙台同窓会など (49)
仙台市泉区の泉中央図書館にはよく通った。
ここで名画のビデオを借りたのだ。この日(15日)の同窓会は夕方の5時から。
待っている間に見たビデオ(映画)は木枯し紋次郎。
12.12.20ブログ用CIMG7651 (3)
忘年会を行ったのは新橋駅前の居酒屋。
気の置けないメンバー4人で3時間もお喋り。
集合場所の駅前にあるSLを撮ってくれたのはそのうちの1人(カメラマン)。
12.12.20ブログ用CIMG7651 (4)
本「妖虫」江戸川乱歩全集6
江戸川乱歩は夏目漱石(我輩・・)とともに
山田風太郎のお薦め作家だった(確か何かに書かれていた?)。
それで古本を買ってきて読んだわけだ。
一時代前の探偵物といった内容だが、
白髪鬼は面白かった。

パソコン修理のため10日ほどブログ休みます

★パソコン修理のため10日ほどブログ休みます

今朝、成田に着いた。
寝不足もあって少しボーッとしている。

何ヶ月か前からかパソコンの配線部分の接触が悪い?
電気屋さんへ電話で聞いたら修理が必要とのこと。

大体7~10日はかかるという。

その間、ブログをお休みします。

今夜の便で帰国。

12.12.12ブログ用 (8)
昼休みに木登りして遊ぶ子ら(中学生)。
「今日帰るけど、来月の9日には戻ってくるからね」
と言ったらみな笑って手を振ってくれた。
CIMG7586.jpg
タラート(市場)で買った前掛けと、
ケムソン(言葉の教えっこをしているお坊さん)からお土産にもらったタオル。

★今夜の便で帰国

今朝、お土産にタラートで前掛けを買った。
5枚欲しいといったのだが、
4枚しかないという。

1枚6000キープ(60円)のはずなのに、
7000キープ(70円)取られた。

4枚で40円高いだけなのだが、
人を見て値段を釣り上げるのはあまりいい気分はしない。
(ラオスにいると10円単位でお金に細かくなるのだ)

今夜の便で帰国する。
来月9日にまたビエンチャンへ戻る予定。

    ☆

CIMG7579.jpg
挿絵から。

★本「文学少女」  木々高太郎 新青年傑作選恐怖ユーモア小説編 
  「決闘記」   渡辺啓助  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「逗子物語」  橘 外男  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編

新青年傑作選恐怖ユーモア小説編も日本の短編も、
今回の帰国までに全部読みきれなかった。

今日、市立図書館に返しに行った。
続きは来年にまた借りて読むつもり。

自転車の前籠に本を入れてぶらぶら。

★行動範囲は自転車で10分以内

1日中自転車の前籠に本を入れてぶらぶら。
と言っても行動範囲は自転車で10分以内。

①ワット(寺)シーサケット
大好きになったお寺。
②モン族の店
変わったものを売っている。
③凱旋門
毎日のように行っても飽きない?

以上の3ヶ所で過した。

1  12,12.11 ワット・シーサケート (46)
ワット(寺)シーサケットの本堂。
2 12,12.11 ワット・シーサケート (13)
本堂は中庭を挟んで回廊に囲まれている。
3 12,12.11 ワット・シーサケート (32)
回廊に並ぶ仏像。
4 12,12.11 ワット・シーサケート (35)
壁にくり抜いた穴それぞれにも2体ずつの仏像が並んでいる。
5 12,12.11 ワット・シーサケート (41)
本堂の中は撮影禁止。内壁にも多くの仏像が・・。
     *
6 12.12.11モン族の店と凱旋門 (10)
モン族の店のお土産には変わったものが並ぶ。
織物の店以外は薬草を主に売る店が多いが、
みやげ物としては獣の頭のミイラのようなものもあるし、
石、木の瘤、フランスの統治時代のコインなどもある。
写真を撮っていたら‘ダメです’って店の人に言われてしまった。
なぜダメなのか理由はわかりません。
     *
7 12.12.11モン族の店と凱旋門 (20)
凱旋門に久々に上った。正面はランサン通り。
右の白い建物が(僕が通う)てっちゃんねっとオフィスの建物。
8 12.12.11モン族の店と凱旋門 (31)
最上階からメコン川がわずかに臨める。
      *
9 12.12.11モン族の店と凱旋門 (53)
この猫、僕が本を読んでいるベンチの横でずっと寝っぱなし(2時間)。
カメラを近づけても鼻を触っても全く動ぜず。目を開けて首を動かしたのみ。

    ☆

12.12.11モン族の店と凱旋門 (39)
今日は本ばかり読んでいたような・・・。
※昨日、一昨日の日本の短編は日本の短編(下)です。 

★本「影に聴く瞳」     葛山二郎  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「人を喰った機関車」  岩藤雪夫  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「義眼」        大下宇陀児 新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「想像」        城 昌幸  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「海蛇」        西尾 正  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「鷺江の月明」     佐藤春夫  日本の短編(下)
  「セメント樽の中の手紙」葉山善樹  日本の短編(下)
  「欲呆け」       滝井孝作  日本の短編(下)  
  「ゼーロン」      牧野信一  日本の短編(下)
  「霊三題」       阿川弘之  日本の短編(下)
  「プールサイド小景」  庄野潤三  日本の短編(下)
  「だらだら坂」     丸山才一  日本の短編(下)

短編はどんどん進んだ気になっていいなァ。 

みな一斉に画板を放り出して・・・・中学絵画教室9回目

1 12.12.10中学絵画教室9回目 (17)
今年はこれでオシマイ。昼休み17人、放課後45人(含:高校生4人

★みな一斉に画板を放り出して・・・・中学絵画教室9回目

昼休み1時間半。
放課後は3時間の中学教室。

昼休みは1時間半。
始業のチャイムが鳴ると、
みな一斉に画板を放り出して行ってしまう。

放課後も2時間以上をかけて
じっくり描く生徒がみられるようになった。

久しぶりに絵の上手なナナ(高校生)も顔を見せてくれた。
ナナは2時間以上も描き続けていたが、
時間切れで中途で終ってしまった(来週がないので残念)

昼休み17人、放課後45人(含:高校生4人)。

◎今日の中学生の注目作品
2 12.12.10中学絵画教室9回目 (10)
繊細なエンピツ画です。
3 12.12.10中学絵画教室9回目 (21)
色がきれいです。
5 12.12.10中学絵画教室9回目 (24)
画材用具の写生です。

    *

6 12.12.10中学絵画教室9回目 (4)
貼り紙は1月12日からまた始めますという予定表です。

    ☆

★本「胡桃園の蒼白き番人」  水谷 準    新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「焦げた聖書」      甲賀三郎    新青年傑作選恐怖ユーモア小説編  
  「今年の秋」       正宗白鳥    日本の短編(下)
  「椿」          里見 弴    日本の短編(下)
  「鮨」          岡本かの子   日本の短編(下)
  「どぶろく幻想」     豊島与志雄   日本の短編(下) 

どちらも短編の良さ、面白さが凝縮している。
明後日の昼ごろまで読めるところまで読むつもり。




高校生教室今期最終日・・・絵画教室6期第5週2日目。オブジェ集・・・・撮り溜めショットから

★高校生教室今期最終日・・・絵画教室6期第5週2日目

高校生教室の今期最終日。

午前中、中学生6人。
午後は高校生3人。
3人の顔ぶれは昨日と同じ。

明日の中学教室で今年の絵画教室は終了。

    *

教室の準備は9時までには終える。

今朝、準備を終えたあと買物に行った。
アパートで使用している電気スタンドが点かなくなってしまったのだ。
買ってからまだ2ヶ月ちょいしか経っていない。

1500円も出したのに、
20年以上も倉庫にしまっておいたのじゃないかと思えるほどのシロモノだった。

今日は中心部のデパート(スーパー)へ行ったのだ。

それほど広くない売り場なのに、
見つけるのに時間がかかった。

3階の隅に隠れるようにしてコーナーがあったのだ。

探したおかげ?か630円で新品が買えた。
モチ、中国製だけれども。

教室に戻ったのが10時半。
4人の中学生が描いていた。

1 CIMG7415
ルーソンさんは相変わらず上手です。
陰影をもう少し強調したほうがメリハリも遠近感が出ます。
2 CIMG7420
センニミッさんのポインセチアです。丁寧に描いています。
花(赤)の質感がいいですね。
3 CIMG7413
チャンタラーさんのゴザと帽子。丹念に描いています。
4 CIMG7419
中学生の描いたポインセチアです。中学生がモチーフに挑戦しました。グーです。
5 CIMG7417
中学生の作品です。木の葉を上手に描きました。雲の色もきれいです。

    ☆

★オブジェ集・・・・撮り溜めショットから
6 12,12,⑤ブログ用② (6)
椰子の葉。
7 12.10.26タゴーンの舟遊び (137)
露天商の日除け傘。
8 12.12.7フレームは瞳 (5)
水鉢の植物。
9 12.12.7フレームは瞳 (20)
庭の植物。
10  12.3.24黒くて長い木の実 (18)
長~い実のなる木。

   ☆

11 12.12.9絵画教室6期第5週2日目 (13)
結局、いい人も困った人も精神分析されている?

★本「困った人たちの精神分析」   小此木啓吾
 
どんな人でも精神分析の対象になるんだ(多分)。
精神分析の本は難解なのが多いが、この本は半分くらい理解できたかなァ。

★本「監獄部屋」        羽志主水  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「オペタイ・ブルブル事件」 徳川夢声  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「柘榴病」         瀬下 耽  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「死後の恋」        夢野久作  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「夢十夜」         夏目漱石  日本の短編(下)
  「嫌がらせの年齢」     丹羽文雄  日本の短編(下)
  「町の踊り場」       徳田秋声  日本の短編(下)
  「少女病」         田山花袋  日本の短編(下)
  「夜行巡査」        泉 鏡花  日本の短編(下)
いずれも、えりすぐりの名作短編小説。「嫌がらせの年齢」は昭和22年、
今から65年も前の作品だが老人問題を取り上げている。
読んでおけば参考になるかも・・。

絵画教室6期第5週1日目。メコン川の夕日

★絵画教室6期第5週1日目

午前中、中学生が7人。
午後は高校生徒3人の合計10人が出席。

高校生徒で前の週のモチーフのゴザを描いたのが2人(1人は途中)。
今週のモチーフのポインセチアを描いている(まだ途中)のが1人。

中学生が1人ポインセチアを描いた。

1 CIMG7382
午前中、中学生が7人きた。
2 CIMG7392
センニミッさんの描いたゴザと帽子。ゴザは遠近感も出ていますし、
色もきれいですね。とても上手に描いています。
3 CIMG7391
ゴローの描いたポインセチア。

    ☆

★メコンの堤(護岸)から夕日を眺めた

昨夜はラオ友の4人で忘年会をやった。
いつもの屋台で一杯やりながらのお喋り。

午後6時から始まって終了が9時。
気がついたら9時といった按配で、
楽しいお喋りの時間はあっという間だ。
   
    *

メコン川の夕日を眺めたくて早めにオフィスを出た。

夕日は思ったほどは輝いていなかったけれど、
メコン川の眺めにはロマンがある・・・・・と思う。

11 12.12.7メコンの夕日 (3)
中州には浜辺のように波紋が・・・。海の無い国へのプレゼント?
12 12.12.7メコンの夕日 (8)
船はゆっくりと流れを遡って行く。
13 12.12.7メコンの夕日 (10)
乾季なので流れは遅く、水量も少ない。四手網で漁をしているのは女性(おばさん)だ。
14 12.12.7メコンの夕日 (18)
仕掛けた網(針)を手繰りながらの漁。中州まで50メートルはありそうだった。
15 12.12.7メコンの夕日 (21)
先日、写真を撮ってあげた家に届けに行ったら家が無い(店の右隣にあった)。
立ち退きをさせられたらしい。居所を聞いて写真は無事に届けることができたが、
写真の店も護岸工事のために立ち退きをさせられるらしいのだ。
16 12.12.7メコンの夕日 (55)
夕日は思ったほどは輝きがない。雲がないからかなァ?対岸はタイ。
17.12.7メコンの17 夕日 (111)
(護岸工事中で)平になった堤の上でゴム縄跳びをして遊んでいた。
18 12.12.7メコンの夕日 (46)
ちょっとズームを利かして赤みを加えたメコン川の夕日

    ☆

19 CIMG7380
恐怖の大人向け童話?かも・・・「詩人の生涯」

★本「詩人の生涯」     阿部公房   新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「浮かれている「隼」」 久山秀子   新青年傑作選恐怖ユーモア小説編
  「桜の森の満開の下」  坂口安吾   日本の短編(下)
  「呑気族」       獅子文六   日本の短編(下)
 
いずれも短編。いずれも優れた作品。
いつかブックオフの105円コーナーで別巻を探そう!

今日の授業は朝ごはん。金曜日はお掃除の日。本「陰獣」

1 12.12.7 お坊さんの朝食 (13)
これが今朝のお坊さん2人分の食事です。
2  12.12.7 お坊さんの朝食 (20)
朝食の支度をするお坊さん。

★今日の授業は朝ごはん

ケムソン(言葉の教えっこをしているお坊さん)のところに寄った。
今朝は朝食が少し遅れたらしい。

朝食の支度の最中であった。

お鉢で何かをかき混ぜている。
すりこ木で何かを叩いている。

15分ほどで支度が整った。

一緒に食べないか勧められたが、
僕は朝食は食べてきているし、お腹もいっぱいだ。

でも、珍しいものをちょっとだけ食べさせてもらった。
モチ、今日の授業は、
クチャクチャと食べながら、
クチャクチャと喋ってオシマイ。

・左上のお鉢の中がカオニアオ(もち米を炊いたもの)。
・左下が水牛の皮を焼いたもの(硬い)
 すりこ木で叩いていたのはこれだった。僕は始めて食べた。
・下真ん中の大きな皿の中はゆで卵、やさい2種、バナナの花(芯の部分)。
・その上がご飯ややさいにつけて食べる和え物(タレのようなものか。辛い)。
・右が水牛の肉の(茹でたもの?)

水牛の皮は塩味がついている。まずくはないが、
いかんせん硬い。歯に悪いのでホンのひとかじりでやめた。肉はけっこういける。

むかし、サイゼリアで食べたランプステーキの味を思い出した。
ゆで卵は遠慮した。殻の中は雛になりかけのヒヨコだ(まだ毛はない)。

やさい、バナナの花をつまんだとき、
‘美味しいか?’と聞かれたが、
味が無いと答えた。


   ☆

CIMG7231.jpg
人数のわりに掃除道具が少ない?動いているのはわずか・・・。

★金曜日はお掃除の日・・・ビエンチャン高校

毎週金曜日の放課後、
高校生たちが庭の掃除を始める。

彼ら中・高生が落とすゴミは1週間たつとかなり目立つ。

今日は学校の回りらしい。

    ☆

3 新青年傑作選恐怖・ユーモア小説編12.12.7ブログ用 (2)
84年も前の推理小説だが面白くて一気に読み終えた。

★本「陰獣」 江戸川乱歩  新青年傑作選恐怖ユーモア小説編

江戸川乱歩の代表作のひとつ。

子どものころ少年探偵団を読んだ。
その後、大人向けを2、3冊読んだ記憶があるが・・、
すでに40年以上は経っていると思う。

作品は昭和3年には発表あるから84年も前だ。

    ☆

★明日のモチーフ
4 CIMG7226
明日の絵画教室のモチーフはポインセチア。
5 CIMG7221
エンピツ(下描き)。

モン族の店でたくさんの買物。ポインセチアを水洗い。本「裸の警察」

1 CIMG7042
モン族手織りの刺繍でつくられたバックと子供用の上着。
2 12.12.6モン族の店の通り (32)
絹製品を売っている店に入ったら、
この店の商品はすべてタイの織物だと言われた。
タイの絹は有名だし・・・で、買うことにした。
壁掛け用にと柄の気に入ったシン(女性のスカート)を2枚。
マフラーを7枚。

★そー言えば前にも同じようなものを買ったなァ・・・たくさんの買物

知人(ラオス人)に‘絹の生地を買いたいのだが’と言ったら、
モン族の店が安くていいと言われた。

モン族の店があるなんて初めて聞いた。
しかも何軒か並んでいるのだという。

しかも・・・何と自転車で5分もかからない近いところ。
あのタラートサオ(お土産屋のモール)の通りを挟んで真向かいだったのだ。

そして、たくさんの買物をした。

家族などへの土産のつもりで買ったのだけど、
買ってしまってから気がついた。

前にも同じようなものを買ったことを・・・。

3 12.12.6モン族の店の通り (33)
ゴロー××「このお店の品はモン族の織物ですか?」
店の××「違いますよ。モン族の絹織物はここには(他の店にも)ありませんよ」
ゴロー××「じゃ、どこの絹織物なの?」
店の××「タイです」
ゴロー××「貴女はモン族の方なの?」
店の××「違います。ラオス人です」
ゴロー××「・・・・・?」
4 12.12.6モン族の店の通り (14)
平屋の建物(長屋)が10店ほど。ビニールシートの庇の下に品物を並べている。
5 12.12.6モン族の店の通り (8)
薬草、貝殻、お守り、古銭・・・・何だか分からないもの。
6 12.12.6モン族の店の通り (13)
モン族の店って一般の観光客にはあまり知られていないのではないかなァ。
お客さんなのか知り合いなのか分からないが、
店の人と親しげに話している人が何人(組)かいた。

     ☆

CIMG7139.jpg
遠くからまとめて見たときはポインセチアもきれいにみえたが・・。

★葉と花(赤い葉?)を1枚いちまい水荒い

日本大使館へ借りた本を返しに行った。
途中に植木屋があるので帰りに寄った。

クリスマスの花、ポインセチアに目をつけていたのだ。
絵画教室の最終回のモチーフにしようと・・・。

遠くからまとめて見たときはきれいだったが、
近くに寄ってみたらホコリは被っているわ、
葉や花がちぎれていたり傷んでいたり・・・。

仕方がない、
戻ってから葉と花(赤い葉?)を1枚いちまい水荒いした。

    ☆

8 2.12.6モン族の店の通り (4)
面白いのあり、物足りないのあり

★本「裸の警察」  別冊宝島編集部編

16人の執筆者がそれぞれの項目を書いている。
面白いのあり、物足りないのあり。

ほんとうに知りたい(面白い)のは、
このような本には書けないことなのかも・・・ネ。


   ☆

CIMG7152.jpg
ゴローのクロッキー帖から

僧侶は日々忙しい。取得権利を放棄してくれた先生

1 12.12.5ブログ用 (15)
ケムソンさんが書いてくれた1日の生活メモ。
2 12.12.5ブログ用 (11)
ケムソンさんが守るお堂。ワットシーダムドゥアン(お寺の名)の一画にある。

★僧侶は日々忙しい

ケムソン(僕が言葉の教えっこをしているお坊さん)さんに
1日の生活をメモ書きしてもらった。

ゴロー××「これに1日の生活を書いてくれます?」
いぶかしげな顔をしながらもケムソンさんは書き始めた。

11番まで書いてでペンを止めたケムソンさん・・・、
ケムソン××「何にするの?」
ゴロー××「お坊さんの1日をブログで紹介したいんです」

半分しか納得していない顔だったが、
12番から17番まで書き足してくれた。

要訳をしてもらったがケムソンさんが英語で話すのでよく分からない。
オフィス戻ってからラオス人のアルバイトの学生に補足をしてもらった。

◎ケムソンさんのメモと要訳をまとめると以下のようになる(多分)。
午前3時   起床・・・・・祈り(お経)
午前4時   掃除
  ~    フリー
午前6時   托鉢
午前7時   朝食
午前8時   勉強(学校)
  ~ 〃
午前11時  昼食
  ~      フリー
午後4時55分  勉強(学校)
  ~       〃
午後8時30分  夕食
  ~    フリー
午後12時   就寝

◎12番以下の要訳は以下の通りだ。
・フリーの時間帯はほぼ仕事で埋まる。
実際にケムソンさんにはお布施を持って訪れる人が頻繁だ。
・その他、寺の催事の手伝いなどがある。
・仕事がないときは勉強をするか休むかだ。
・毎日、1時間と45分間の2回のお経は欠かさない。
・メモのいちばん上の行にPM6:30-AM4:00とあるのは、
その間は祈り続けている(眠っている間も心の中での意か?)

     *

3 12,12,⑤ブログ用② (13)
最後の1本を袋に入れてくれるおばさん。

★取得権利を放棄してくれた先生

今回というか今年最後のビザ更新にタイ(ノンカイ)行った。
今日もイミグレーションでのUターンだ。

午後の2時半に出て帰ってきたのが5時少し前。
順調で早かったのだけれど、
いかんせんお腹が空いた。

夕食(夜の8時)まではまだ時間がある。
焼き芋でも食べておこうと探したのだが、
食べたいと思うとこれが・・・。

自転車でわざわざ、回り道したのだが、
どこの店(屋台)も終っている。

やっと最後の屋台、
オフイスに一番近いビエンチャン高校の裏の屋台で、
金網の上の焼きトウモロコシ2本を見つけた。

ゴロー××「コレ下さい」
屋台のおばさん××「ダメです。これはもう売れているんですよ」
とバイクに乗ったまま待っている子連れのおばさんを指差す。

・・・と、先生らしき女性が、

先生?××「コレいいですよ」
と、もう1本のトウモロコシの取得権利を放棄してくれたのだ。

もち、僕は被っている帽子を脱いでお礼を言った。

ゴロー××「いくらですか?」
屋台のおばさん××「3000キープ(約30円)。

    *

4 CIMG6974
少し円安になって円の換金率が悪くなった

★換金事情

少し円安になって円の換金率が悪くなった。
20000円はラオス貨で1,921,000キープ。
50ドルがタイ貨で1527・50バーツ。

ラオスに来て一番の円高の時は2,000,000キープ以上あったから、
1万円で450円弱少ない。

バーツのほうは1520バーツしかくれなかった。
つまり端数の7・50は店の不労所得だ。
円に換算して約20円だ。

こうした両替屋はほとんど中国人系だ(多分)。

たまたま読み終えた「大阪学」という本の中に、
江戸時代、米俵に差し込んで米を検査するときの米を貰うことを条件に
仙台藩の米の輸送をタダだか安くだかで引き受けた商人の話があった。

その米を換金すると年に6000両になった。
おかげで商人も仙台藩も潤った(儲かった)という内容だ。

    *

5 コピー ~ 12.12.5ブログ用
賢そうな顔をしているのは女の子、最近アパートに越してきたのかなァ?
6 CIMG6851
チャンタラー(管理人のおばさん)の3歳になるお孫さん。

★なかなか打ち解けないのが残念なのだ

毎日アパートに帰るのは夜の9時前後になる。
たまに寝る前の子どもに会う。

時々は夜の訪問者のとなって、
僕の(アパートの)部屋に入ってきたりする。

ただ、なかなか打ち解けない。
ここにも言葉の壁?がある。
いまのところ外で写真を撮るのが精一杯なのだ。

    *

7 12.12.5ブログ用 (26)
大阪人も東京人にもお勧めしたい内容。

★本「大阪学」   太谷晃一

なーるほど・・と、大阪の真実がよく分かる。
納得のいく一冊。

大阪人も東京人にもお勧めしたい内容。

Index of all entries

Home > 2012年12月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top