Home > 2013年05月

2013年05月 Archive

パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-29 Wed 19:00:01
  • 体験
★パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

今日も天気は上々。

カメラ(ハウジング)に慣れていないせいか、
ガラス面が曇るなどのトラブル発生で1人でぶつくさ。

撮影した半分はボケている。

まァ、僕は海中散歩が楽しいのでそれでいいのだ。

1本目=キルビスロック
2本目=コアラ
3本目=ポネテポイント

それぞれのダイブポイントに特徴があるので、
ダイバーは違った景色や魚を楽しむことが出来るのだ。

アニラオはダイブポイントが45ヶ所もあり、
多いことで知られる。
      
3 P1030352
1 P1030356
K氏(僕の師匠)撮影のヒメオニオコゼ(写真上2点)とアカククリの幼魚(下2点)
      *
ヒメオニオコゼ
恐ろしげな顔をしていて、事実背びれに毒があり恐ろしい。
魚のくせに泳ぐのは苦手で、体の右側に見える
鍵爪のような足(?)を使って砂地をにじり歩く。
ダイバーが顔の上から写真を撮ろうとすると
ひれをサッと広げて威嚇してくる。
ヒレの裏側は恐ろしげな顔とは一致せず模様がきれいだ。
威嚇して興奮したときは、何故か尻尾を左右のどちらかに曲げるのがご愛嬌。
2 P1030301
P1020858.jpg
アカククリの幼魚
オレンジ色の縁取りが識別のポイント。
よく似た形のツバメウオ(下)とナンヨウツバメウオ(写真なし)とは、
親子関係はない。
(K氏記)
      *

4 13.5.29アニラオ4日目 (359)
クリスマスツリーワーム。
サンゴの上に花が開いたような、と言うより宝石をちりばめたよう。
近づくと引っ込んで(つぼんで)しまう。
イソンギンジャクだと思ったらゴカイの仲間なのだそうだ。
5 13.5.29アニラオ4日目 (306)
これもゴカイ(カンザシゴカイ)の仲間。
近づくと一瞬で全部が引っ込んでしまう。
6 13.5.29アニラオ4日目 (248)
ミノカサゴ(ネッタイミノカサゴ)。ヒレに猛毒あり。
素手で触れると大変な事になる。
7 5.29アニラオ4日目 (277)
カワテブクロ(ヒトデの仲間)これこそサンタクロースのイメージ?
8 13.5.29アニラオ4日目 (291)
海中散歩の風景。
9 13.5.29アニラオ4日目 (8)
朝6時台。酸素室前にはボンベが並ぶ。これが重いのだ。
10 13.5.28アニラオ夕日 (8)
昨夜の夕日(画像処理済)。イメージ的にはこの通りだ。

★明日、明後日は移動のためブログをお休みします。

パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・3日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-28 Tue 18:31:54
  • 体験
★パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・3日目

昨夜の停電は夜中まで続いた。
隣の俳優の別荘での映画撮影は午前3時、
ドーンの打ち上げ花火で終ったようだ。

クーラーがないと暑くて寝づらい。
マイクでがなりたてり、
俳優の叫び声や怒号が飛び交う夜中の撮影。

午前0時頃に起きて見た。

海上では墜落機が燃え、
乗客が暗闇の海で助けを呼ぶ叫ぶ声が・・・。

     *

そんなわけで、
寝不足の人(仲間)もいたにちがいない3日目だ。

1本目=ソンブレロ
2本目=ソンブレロ
3本目=カテドラル

1 13.5.28アニラオ3日目 (3)
午前8時。3日目1本目のダイブポイントへ向かう。
3 P1030178
K氏(僕の師匠)撮影の海中風景。
13.5.28アニラオ3日目 (55)
ゴロー撮影の海中写真。
4 13.5.28アニラオ3日目 (51)
師匠K氏(右)、潜友H・R夫妻(中2人)と記念撮影。
ガイドがシャッターを押してくれた。
     *
P1030197.jpg
6 P1030166
7 P1030190
K氏(僕の師匠)撮影のウミウシ3種
     *
リュウグウウミウシ3種
今日のダイブポイント「ソンブレロ」で
われわれを迎えてくれたのは、3種類のリュウグウウミウシ。
上から、ミラーリュウグウウミウシ、クロスジリュウグウウミウシ、
アカフチリュウグウウミウシ。
このポイントは、ひょっとして竜宮城の入り口かも……。
ウミウシは非常に種類が多いこと(1000種を超えるとも)、
カラフルで美しいこと、動かないので写真が撮りやすいことなどで、
ダイブの人気者だ。ウミウシしか撮らないというダイバーもいるほど。
さんご礁の海だけでなく、日本の海でも見つけられる。
岩場のある海の潮溜まり(満潮から干潮になったときに岩場にできる海水溜まり)で
ウミウシ探しに挑戦してみたら???(K氏記)。
     *

CIMG0136.jpg
午前0時頃に起きて見た。海上では墜落機が燃え乗客が暗闇の海で助けを呼ぶ叫ぶ声が・・・。

パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・2日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-27 Mon 19:24:48
  • 体験
★パシフィコ・アズール・リゾート滞在記2日目

大潮に当たっているとかで潮の流れがいつもより速いのだそうだ。
そー言えば、昨日は3本と流れていた。

今日の3本は流れの少ないポイントを選んで行ったようだ。

1本目=ダリラウト
2本目=ベッツレム
3本目=ダイブ7000

    *

午後7時からの夕食中に停電となった。
蝋燭の灯りで食事をするのも悪くはな・・・。

潜友のH・Rご夫妻も今日の夕食から合流しているので、
話も弾んだのだ。

1 13.5.27アニラオ2日目 (23)
ダイブポイントへ向かう。
2 13.5.27アニラオ2日目 (103)
ダリラウトは大きな鉄骨の骨組みの廃材を沈めたポイント。
リゾートから最も遠いポイントのひとつでボートで30分近くかかる。
3 13.5.27アニラオ2日目 (414)
河豚は怒ると?風船のように膨らむ。
4 13.5.27アニラオ2日目 (482)
白いサンゴの畑。
    *
5 P1030096
6 P1030098
7 P1030099
K氏(僕の師匠)撮影のコウイカ。
    *
コウイカの七変化(?)を見た。
イカ、タコ、ヒラメなどが環境の変化に応じて身体の色を変えることは
皆さんも聞いたことがあるでしょう。
今日ダイブではイカの七変化に遭遇した。
このコウイカはわれわれに親近感を持ったのか、
逃げようともせずわれわれの前を
ゆっくり移動しつつポーズ(?)をとり続けた。
始めて彼を見た地点は死滅したさんご礁。
そこから白い砂地に向かって移動を始めた。
その時に異変が起こった。さんご礁の地点では茶褐色をしていた体色が、さんご礁と白い砂の切れ目では茶褐色と白が半分ずつになり、白い砂地の上に出ると真っ白へと変化したのだった。この間約数秒。歌舞伎の早変わりもかなわない変わり身の早さだった(K記)。
     *
8 13.5.27アニラオ2日目 (5)
手書きのナンバープレート。
新しい車のナンバープレートが読みずらいということで、
陸運局からのお達しなのだそうだ(リゾートに用事で来た車)。
9 13.5.27アニラオ2日目 (10)
マンゴ採り。
リゾート内の何本かのマンゴの木に(今年も)たわわに実っているのだが、
それが落ちてくる。
高いところからなので頭にでも当たったら痛い?
・・・そんな理由で採っているのかどうか分からないが、
とにかく落ちる。
食堂の大屋根や宿泊部屋の屋根にも日に何十個と落ちる。
これがドスン!とすごい音なのだ。
しかし、そのお陰でマンゴは食べ放題。
しかも甘く美味しい。
10 CIMG3719
隣の俳優(ダイブのライセンスの試験官でもある)さんの家(別荘らしい)で映画の撮影だ。
朝から準備を始めていて、撮影終了が午前零時を過ぎても終らない(翌日の午前3時半終了)。
別荘前の桟橋とビーチには少なくとも80人以上の人がいた。
相当に大掛かりな撮影だったのでなかろうか。
飛行機事故と救援シーンのようだったが、
事故機(セット)を海に浮かべて火をつけていた。モチ煙も・・・。

パシフィコ・アズール・リゾート滞在記1日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-26 Sun 21:58:55
  • 体験
★パシフィコ・アズール・リゾート

碧い海バンカーボートの白と青があざやかだ。
潜れるのか?・・と心配しながら来たのだが、
無事3本(ダイビングは本で数える。1本は40~60分ぐらい潜る・
昨年は風邪・鼻炎のトラブル有り)。

1本目=ツインロックス
2本目=アートス
3本目=イーグルポイント

CIMG0003.jpg
バンカーボートのお迎え。
CIMG0002.jpg
パシフィコ・アズール・リゾート・パシッフィック・ブルー・ダイプ・センター。
13.5.26アニラオ1日目 (151)
亀に遭遇は今日1日で2回。
コピー ~ 13.5.26アニラオ1日目 (178)
金魚鉢のような光景(色補正済)。
P1020864.jpg
K氏(僕の師匠)撮影のハナヒゲウツボの幼魚。
絡み合っている2匹は双子(?)か。
ひとつの穴から2匹が顔を出すことは珍しいとは、ベテランインストラクターの話。
穴の下には出ている部分の3,4倍の長さがかくれている(K記)。

     ☆

13.5.26アニラオ1日目 (6)
ラッキーにも行きのエアはビジネスクラス。
座席は広く、食事も美味しい。
13.5.26アニラオ1日目 (9)
機内で見た映画は「釣りバカ日誌15」。

JPS(日本写真家協会)展。日府展。戸袋の中で巣作りが・・・

1 13.5.24写真家協会展+日府展ブログ用 (12)
会場は恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館。

★JPS(日本写真家協会)展を見に行った

JPSを見に行った。
知人が入選したのだ。

会場は恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館。

写真展の鑑賞も良かったが、
恵比寿ガーデンプレイスも良かった。

       *

2 13.5.24写真家協会展+日府展ブログ用 (14)
恵比寿ガーデンプレイスのシャトー広場のベンチで時間調整。
イタリアにいる気分だ。

     ☆

3 13.5.24写真家協会展+日府展ブログ用 (22)
東急池上線五反田駅に停車中の電車。

★駅の間隔が短いことで知られている区間

昼食を食べたのが五反田駅近くのサイゼリア。
窓から池上線の電車が見える。

なぜ写真を撮ったかといえば、
じつはクイズを出そうと思ったのだ。

東急池上線の五反田駅から隣の大崎広小路駅までは何メートルあるか?
240メートル、340メートル、440メートルといったみたいに・・。

つまり駅の間隔が短いことで知られている区間なのだが、
ネットで調べたら日本一ではなかったのでクイズは止めにしたのだ。

ネットによれば340メートル。
それでも充分短い。

     ☆

4 13.5.24写真家協会展+日府展ブログ用 (34)
能役者をモチーフとする作品と宮澤画伯(本人掲載許可)。

★宮澤賢一氏が日府展で奨励賞

高校、大学と一緒だった宮澤賢一氏が日府展で奨励賞を受賞した。
高校時代はクラブも一緒の美術部。
そして美術系の大学も同じだ。

氏の活躍には目を見張る。
絵も素晴らしい。

日府展は5月30日まで上野東京都美術館にて。

     ☆

5 13.5.24写真家協会展+日府展ブログ用 (50)
戸袋の中から出てきた藁クズ。これでも半分より少ない。

★戸袋の中で巣作りが・・・

2階で表の戸袋がガタガタと音を立てている。
実は2、3日前に気づいてはいた。

窓を開けた時、鳥が飛び去るのを目撃はしていたのだが、
まさか・・・。

戸袋の中に巣を作ろうとしていたのだ。

あまり開け閉めしない雨戸だったので、
そこをつけねらわれたらしい。

戸袋の中に詰め込んでいた藁クズの量がすごい。
バケツに一杯以上はあったのではないか。

     ☆

6 13.5.24写真家6 協会展+日府展ブログ用 (1)
戦場カメラマンが命がけの仕事であることの証明。

★映画DVD 「戦場カメラマン」 2009年 アイルランド、スペイン、ベルギー、フランス

副題が“真実の証明”。
戦場カメラマンが命がけの仕事であることの証明。

終盤は苦悩とカウンセリング・・・優れた映画だと思う。


★明日から旅行(スキューバーダイビング)へでかけます。
パソコンを持参して行くつもりですので、
2、3日お休みのあと旅先(フィリピンマニラ近郊)からブログ再開予定です。

「足袋も150円くらいのないの?」。せんぶり茶を飲んだ。

0 新スキャン_0015
黒い足袋と雪駄、黒いズボンと黒いTシャツ、
青い手ぬぐいとが必要なのだそうだ。

★「足袋も150円くらいの安いのないの?」

足袋と手ぬぐいを買いに行った。
6月1日に使用する予定である。

何に使用するかは当日かその後に、
どのように使用したかの報告とする。

足袋の値段は1500円。
木綿製の安いほうを買った。

絹入りは1800円だそうである。

手ぬぐいは150円。
店のおばさんは始め525円の手ぬぐいを出してきた。

「高いなァ」・・と躊躇していると、
別なケースから安いのを出してきた。

ゴロー「足袋も150円くらいの安いのないの?」
といったら「ありません」と
おばさんは笑いながら答えた。

      ☆

1 新スキャン_0016
乾燥せんぶりは医薬品になるのだそうだ。

★せんぶり茶を飲んだ

せんぶり茶を飲んでみた。

せんぶりは3日ほど前に旅行先の知り合いの家でお土産に貰ったものだ。
なぜ飲んだかといえば胃がキリキリするからだ。

痛いわけではないのだが・・。

そうだ!貰ったせんぶりを試してみよう!・・・という気になったのだ。

     *

嫁(息子の)もせんぶりが苦い飲み物であるということは知ってはいた。
何故知っているのかといえばバラエティ番組の罰ゲームで、
ゲストが飲まされているからだと言う。

それでもナマで見るのは始めてらしい。
「試しに飲んでみる」と言うので飲ませた。

かなり薄いせんぶり茶だったが、
それでも「苦い」と言う。
そういいつつ、5歳の娘と2歳の息子(どちらも僕の孫)にも飲ませていた。
さらに薄めていたが・・・。

    ☆

4 新スキャン_0012
レンタサイクルカードは大分駅前。
ユニバーサルホテルチェーン(1泊2食つき4000円台)は岡山市。
どらも2度と使用しないと思うが・・。
テレフォンカードは元TBSアナの榎本勝起さん(通称えのさん)から貰ったもの。

★診察カードの枚数で分かる病院好き?

引き出しの中のカードを整理してみた。
整理といってもただ見たに過ぎないが・・・・。

電器屋(複数)、画材屋(複数)、デパート(複数)、カラオケ(複数)、
図書館、理髪屋、洋服屋、スポーツショップ(複数)・・・などなど30枚は下らない。

ポイントカードと会員カードとは異なるのだろうけど、
正直言ってどれが何だかも良く分からない。

他に近くのスーパーのポイントカード(複数)もある。
ほとんど使わなくなったテレフォンカードも数枚。

   *

別のケースに入れてある診察カードが24枚(22医療機関)。

歯医者、内科、外科、耳鼻咽喉科、眼科などいずれも複数、
脳・神経科、皮膚科に接骨院。
何科に行ったのか忘れたが総合病院のも複数枚ある。

転勤先でも病院へ行っているので、
北海道、仙台の病院の診察券もあるはずなのだが、
これは見つからなかった。

これだけあると、
病院好きなのだろうなァ・・・きっと。

    ☆

10 13.5.19-22遠野 (5)
「なぜユダヤ人は無抵抗のまま殺されていったのか?」を考えさせられた。

★映画DVD 「シンドラーのリスト」  1993年  アメリカ  スピルバーグ監督

映画の主題とは異なるが、
「なぜユダヤ人は無抵抗のまま殺されていったのか?」
を考えさせられた。

優れた作品であるとともにスピルバーグ監督の代表作のひとつ。
この年のアカデミー賞と監督賞を受賞している。

里の風景に魅せられる・・・渓流釣りの旅から

★釣れても釣れなくても楽しければいい

今回のつりの成果はイマイチ。
1日目岩魚1匹。
2日目岩魚1匹、山女1匹。
3日目岩魚2匹。
4日目岩魚6匹。

4日間の合計が11匹で成果はイマイチだが、
楽しい4日間あった。

要するに釣れても釣れなくても、
楽しければいいのだ。

今回は渓流から渓流への移動中の景色も紹介。

1 13.5.19-22遠野 (98)
里の風景に魅せられる①。
2 13.5.19-22遠野 (215)
山の頂付近にはまだ雪が・・・・。
3 13.5.19-22遠野 (218)
緑のパレード!新緑の美しさ①。
4 13.5.19-22遠野 (224)
緑のパレード!新緑の美しさ②。
5 13.5.19-22遠野 (248)
緑のパレード!新緑の美しさ③。
6 13.5.19-22遠野 (108)
歩くおばあさん。声をかけたら車に寄ってきた。
おばさんは粋なサングラスをかけていた。
7 13.5.19-22遠野 (115)
ペットのポニーを散歩に出してるおじさん。。
「面倒見るのが大変だァ」・・・とまんざらでもなさそうに話していた。
8 13.5.19-22遠野 (244)
渓流沿いの雑木林。
9 13.5.19-22遠野 (137)
二輪草。ほかにカタクリの花など雑木林の中は山野草がいっぱい。
10 13.5.19-22遠野 (146)
いそうなポイントにも魚(岩魚)はいない。少し早く来すぎたのではないか?
11 13.5.19-22遠野 (160)
渓流の岩のコケが輝いているかのようだ。
12 13.5.19-22遠野 (294)
青空と隣の松の緑に映える濃いピンクの山桜。
13 13.5.19-22遠野 (173)
馬の牧場を発見。めんこいなァ・・・遠くから見ている分には。
14 13.5.19-22遠野 (288)
里の風景に魅せられる②。
13.5.19-22遠野 (100)
里の風景に魅せられる③。

何で全員無所属なのだ・・・選挙はくじ引きじゃないんだぞ。

1 13.5.18ブログ用 (6)
期日前投票所は図書館もある馬宮コミュニケーションセンター。
3 13.5.18ブログ用 (4)
1階駐車場の天井部分にツバメが・・・巣でもあるのかしら?

★何で全員無所属なのだ・・・不在者投票に行って勝手に怒った

明日行われるさいたま市長選挙の、
期日前投票に行った。

いわゆる不在者投票だ。

候補者4人いずれも無所属候補だ。
これじゃ、事前に候補者について調べておかねば、
誰に投票していいかわからない。

原発賛成派なのか反対なのか?
福祉重視派なのか反対なのか?
TPP賛成派なのか反対なのか?
憲法改正派なのか反対なのか?
軍備賛成派なのか反対なのか?
右よりなのか左よりなのか?

組織票がシッカリしている、
公明党や共産党も候補も推薦も出していないの?

いったい、どの政党が誰を応援している?
選挙はくじ引きじゃないんだぞ!

何にも分からないじゃない。
いったい何のために政党があるのだ?

僕みたいに事前に調べもしないで、
選挙当日投票に行く有権者だっているのだ。

僕がそうだということは
相当数いる可能性だってあるぞ。

若い者は新聞を読まない、
テレビのニュースにも関心も示さない・・・・
そんなことが言われてから久しいではないか。

    ☆

何か違うんじゃないか?

選挙運動があるのに関心もしめさないでいて、
勝手な言い分かもしれないが。
不親切きわまりない。

僕は今日不在者投票をしては来たが、
結局、誰なんだか分からない候補者に入れてしまった。

これじゃ投票率を上げろたって無理だと思う。

みな無所属じゃ誰に入れたってだって同じじゃないか・・・と
僕みたいな単細胞は思ってしまう?

再び言いたい。
選挙はくじ引きじゃないんだぞ!

     ☆

2 13.5.18ブログ用 (1)


★がん検診は受けるか否か?

がん検診をしに行ったわけではない。
僕は逆流性食堂炎の薬を貰いに行ったのだ。

     *

たて看板のがん検診についての市からの案内状(申し込み)はすでに僕の手元にある。
ただ行くかどうか迷っているのだ。

1、毎年やる必要があるかどうか?(僕は昨年している)
2、早期発見と言われても僕は多分手術しないと思うし・・。
3、体調など全く変化が見られない。

などなどの理由で今年のがん検診は・・・まだ迷っているのだ。

     ☆

5 3.5.18ブログ用 (27)
“空想科学小説”を思い出した。

★映画DVD 「未知との遭遇」  1977年 アメリカ スティーヴン・スピルバーグ監督・脚本

この映画を今頃になって見るって相当に遅れている?ズレている?
小学校時代に流行った“空想科学小説”を思い出した。

      ☆

★シリーズ・棚の我楽具多(ガラクタ) 52  匂い箱
6 10.12.2棚のガラクタ1 (58)
匂い箱と言っていいのかどうか分からない。
25年くらい前にニューヨークの高級デパートで買ったものが。
箱の中身は香水の染み込ませたようなドライフラワーの花びらがつまっている。
土産にと幾つか買ってきて配ったものの残りが棚の中にあったのだ。

  ☆

★明日から3日ほど旅行のためブログ休みます。

鑁阿寺(ばんなじ)が国宝に決定。本「最後の浅右衛門」ほか

★あの日の記憶・メモ  鑁阿寺(栃木県足利市) 2012年

今日、鑁阿寺(ばんなじ)が国宝に決定したそうである。
先ほど(7時)のニュースで知った。

鑁阿寺へは少なくとも3回は行っている。
いちばん最近行ったのは昨年の暮(12月27日)。

少しでも古い写真が見つかればいいのだけれど、
それ以前はいつだったか覚えていない。

古い写真を探すとなると面倒だ。
デジカメで撮っているかどうかも分からない。

ということで、昨年12月に行った折の鑁阿寺である。

なぜ、鑁阿寺の紹介を・・・って?
今日はそれ以外に書く(掲載)ネタがないのだ。

4 12.12.29鑁阿寺(赤城温泉忠治館旅行 (7)
国宝に決まった鑁阿寺本堂。
12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (11)
どっしりした重みと風格のある山門。
12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (10)
山門の天井の下は堀を渡る太鼓橋。
12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (6)
天然記念物の大銀杏(右)と多宝塔。
12.12.29赤城温泉忠治館旅行 (9)
伽藍図(案内板)。

     ☆

3 13.5.17ブログ用 (14)
「明治ふしぎ写真館」。掲載写真とその写真にまつわるエピソード。
2 13.5.17ブログ用 (11)
「煬帝」上。上下読んでから載せるべくなのだが、下を読み終えるにはあと1ヶ月?
1 13.5.17ブログ用 (16)
「最後の浅右衛門」。著者の最も得意、いや書きたかった内容の本?

★本「明治ふしぎ写真館」横田順彌
  「煬帝」上 塚本 史
  「最後の浅右衛門」団鬼六

3冊に共通しているのは、
何故かすらすらと読めないこと。

準新作とは?・・・棚に戻したデルス・ウザーラ。中国語のシマジロウ。蛙が元気?

コピー ~ 13.5.16日ブログ用
デルス・ウザーラは黒澤作品の僕がまだ見ていない5作のうちのひとつ。

★準新作とは?・・・棚に戻したデルス・ウザーラ

ツタヤの棚に黒澤明監督のデルス・ウザーラが並んでいた。
この作品は黒澤作品の僕がまだ見ていない5作のうちのひとつなのだ。

借りようと思いケースから外し一旦は手にしたものの、
また棚に返した。

準新作となっていたからだ。
1975年の作品がどうして準新作なのか分からないが、
レンタル料が旧作と大幅に違う。

旧作は1週間100円だが、
準新作は2泊3日で350円(多分。店によって違うらしい)。

デルス・ウザーラが旧作になるまで待つことにしたのだ。

    ☆

13.5.16日ブログ用 (7)
かの国にも日本語のアニメ動画(YouTube)を熱心に見ている2歳くらいの子がいるかも。

★中国語のシマジロウ

2歳の孫が夢中になってシマジロウ(YouTube)を見ている。
良く見れば中国語版だ。

どうせ言葉はまだ分からない。
これぞアニメキャラクターのパワーだ。

タイやラオスで良く知られているアニメキャラは
ドラえもんと一休さんだ。

かの国にも日本語のアニメ動画(YouTube)を熱心に見ている、
2歳くらいの子がいるかもね。

      ☆

13.5.16日ブログ用 (13)
短時間だが久しぶりに激しい雨音を聞いた

★蛙が元気?

すごい夕立だ。
短時間だが久しぶりに激しい雨音を聞いた。

風も強くなり、
窓が少しばかり開いていた洗面所に雨が吹き込んだ。

蛙が元気?
気のせいか鳴声がいつもより大きく聞こえる。

落ちつきのない・・・・そんな1日。映画 「レミゼラブル」「甘い生活」

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-15 Wed 22:36:33
  • 映画
1 13.5.15ブログ用 (10)
描きかけで2年もほったらかしの絵。仕上げるまであとどれくらいかかるかなァ。

★落ち着きのない・・・・そんな1日

キャンバスの前に立つのだが、
絵筆は進まない。

すぐに映画(DVD)を見たり、本を読んだり、
民謡の練習で唄いだしたり、パソコンに目をやったり,
ベッドに横になったり、孫と遊んだり、コーヒー飲んだり・・・。

家にいても、部屋にいても、机を前にしても、
パレットを手に持っていても、
相変わらず落ちつきがない。
我ながら困ったものだ。

今日もそんな1日だった。

     ☆

2 13.5.15ブログ用 (4)
台詞を通して教えてくれているのは万人に通じる人生の大切な生き方・考え方?

★映画DVD 「甘い生活」  1960年 イタリア  フェデリコ・フェリーニ監督

題名とは合わない?真面目な映画。
上流社会の人びとの世界を描いてはいるのだが、
(監督が)台詞を通して教えているのは
万人に通じる人生の大切な生き方・考え方。
脚本には監督を含め4人の名前が出ている。

    ☆

3 13.5.14みずほ銀行ほかブログ用 (7)
★映画DVD 「レミゼラブル」  1957年  イタリア・フランス合作  

1、ヴィクトル・ユーゴーの原作に最も近い内容の出来・・・とか。
2、当時で10億フランを掛けたと言う超大作・・・とか。
3、古典的映画(カラー)の最高傑作のひとつ・・・とか。
以上ネット調べ。
上記3つに納得。ただし、原作は読んでいません。

    ☆

★あの日の記憶・メモ  野外レストランにあるライブステージ  2008年 バンコク(タイ・クローン6にて)
4 08.10.26クローン6の人々 7のロータスにて その1 (1)

外貨普通預金通帳。爽やかで暖かい心・・・ありがとう。よくぞご無事で・・・銭湯・日進湯

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-14 Tue 21:50:33
1 13.5.14みずほ銀行ほかブログ用 (14)
円安はどこまで・・・・?

★外貨普通預金通帳を作る

外貨普通預金通帳を作りに銀行へ行った。
円安がいつまで続いていくらまで下がるのか気がかりでならない
・・・っていうほどのことじゃないが。

円安は海外での生活にド~ンと響く。

    *

とりあえず1000ドル(今日のレートで約102000円)だけ
入金(ドル買い)をしておいた。

9月末に円は今日より上がっているのか下がっているのか?
120円くらいまで行くという人がいた。

そうなったらラオス5万円の生活が8万円に
跳ね上がってしまうのだ。

9月までに様子をみてあと1000ドルくらい買っておくかどうか?

窓口嬢××の言うことには、
数百万円単位でドルを買いに来るお客さんもいるということ。

僕が窓口で待っていた15分くらいの間にも、
外貨普通預金通帳を作りに来たお客さんが5人いた。

    ☆

2 13.5.14みずほ銀行ほかブログ用 (23)
銭湯・日進湯は国道17号線と県道2号線の交差点そば。

★よくぞご無事で・・・銭湯・日進湯

銭湯を発見・・・ではない。
ずいぶん以前に家族で入りに来た覚えがある。
何かの事情で家のお風呂を沸かすことが出来なかった時だ。

この銭湯、国道17号線沿いにある。
近くにあったアイススケートリンクなどはとっくに無くなってしまっているが、
よくぞご無事で・・・。

     ☆

3 13.5.14みずほ銀行ほかブログ用 (25)
始めてみた2歳の孫のボール蹴り(サッカーのつもり?)
4 13.5.14みずほ銀行ほかブログ用 (34)
少年は畦道を走りボールを掬い取ってきてくれた。

★爽やかで暖かい心・・・ありがとう

下の孫(2歳)といつもの公園で遊んだ。
孫はサッカーのつもりなのかボールを蹴って遊んでいる。

爺~じが2歳の孫のボール蹴りを始めて見たということは、
この遊びを覚えてまだそんなに日が経っていないということだろう。
昨日あたりに覚えたか?

そのボールを公園からの帰り道に、
田んぼに落としてしまった。

最初、田んぼのヘリに落ちたボールは、
風に流されてどんどん田んぼの中ほどにいってしまった。

あっという間に手の届かないところに・・・。

近くにいた警備員のおじさんが、
黄色と黒の縞の棒を持って取ろうとしてくれたが届かず。

そうこうしているうちに通りかかった自転車の少年が、
田んぼ中に浮いたボールを見てどこからか虫取り網を持ってきた。

ボールはすでに向こうの田んぼの淵(畦)近くまで流されていた。
少年は畦道を走り、そのボールを掬い取ってきてくれたのだ。

何んと親切な少年、そしておじさん(警備員)なのだろう。
爽やかで暖かい心に触れた思いだ。

ありがとう。

   ☆

5 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (84)
ピンクの花など、傷み始めているように見えて超リアル。

★生花のような造花

以前、造花のような生花を紹介したが、
今日のは生花のような造花だ。

同時に並べて、
どっちがいい?と聞いた(選ばせる)ら、
どっちを選ぶ人が多いだろう?

大宮維新があったのだ。急にマックが好きになった。集中4時間は意外

1 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (89)
デジカメ用ハウジングのパーツのセッティングに午後いっぱいかかった。

★集中4時間は意外・・・パーツのセッティングを終える

先日(7日)に買ったデジカメ用ハウジング(水中撮影用ケース)を
やっと袋から出し、説明書を読みながらパーツのセッティングをした。

午後中、つまり午後1時から5時までかかった。
なぜこんなに時間がかかったのかというと、
メカに弱いからなのだ。

メカというほどのものではないかもしれないが、
あの細かい字の説明書を読むのは苦手なのだ。

    *

しかし、僕が4時間も物事に集中できたのは我ながら意外だ。

セッティングを終えた後、
説明書通りに20センチの水の中に5分間沈めた。

ケース内に水の浸入がない。
いちおう上手く行ったようだ。

今月の25日出発で、
アニラオ(フィリピンのマニラから100キロ)へ行く。

      ☆

★大宮維新が明治18年にあった・・・大宮西口駅前ソニックシティ広場散歩

午前中大宮(駅)に出た。
用事先の店が開店前だったので30分ほど時間調整。

テレビで芸能人が町を案内する“〇△散歩”よろしく
ソニックシティ前広場散歩?・・・というより、
これまで気づかなかった物が次から次へと目に入ってしまったのだ。

3 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (20)
橋下現大阪市長が大阪維新の会をスタートさせるより、
100年以上も前(明治18年)に大宮維新があったって知っていた?
5 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (32)
穴の開いている大きな石の彫刻。
やっぱり覗くために穴が開いているのだろうなァ・・・きっと。
6 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (53)
半地下のこの空間(広場)は素晴らしい。ソニックシティの自慢じゃないか?
7 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (56)
かくれんぼの彫刻。これもほのぼのする癒し系だ。
ただ、この彫刻は場所の関係で正面から見ることが出来ない。
8 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (60)
ビル横の路地を入れば懐かしい木造家屋の飲み屋が並ぶ通り。
ソニックシティビルから1分も歩かない場所だ。
9 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (59)
その路地から入るさらに細い路地。古いポンプ式の井戸が見えた。
10 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (46)
ボランティアが整備しているという花壇。
僕みたいに雑草のままのが好きと言う人もいるだろうけど、
それじゃ、花屋さんが儲からないし景気も良くならないし・・・・。

 ☆

2 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (78)
早い、安い、旨い、空いている・・・4拍子揃っていたマック。

★急にマックが好きになった

ゴロー××「いちばん安いのは何?」
メニューを見ながら店員さんにこんな質問をよくする。

用事を済ませコーヒーでも飲みながら本でも読もうかと
マックに寄ったのだ。

マック店員××「ハンバーガーは10時からしかないんです。
これはいかがですか?」

店員さんが見せてくれたのはマフィンという朝のみのメニューなのだ。
ゴロー××「これって200円じゃないですか」

マック店員××「えー、でもコーヒーとセットで200円です」
ゴロー××「そんな安いの。じゃ、それにする」
マック店員××「チキンとソーセージがありますが」
ゴロー××「ソーセージ」

     *

これが旨いのだ。
コーヒーもカップになみなみ。

何より店が空いているのがいい。

マックは大宮駅前は過剰気味?
西口、東口にそれぞれ2軒ずつの計4軒もあるのだ。

西口のもうひとつのマックは24時間営業でいつでも混んでいる。
こちらのマックは空いてていい。
何だか急にマックが好きになった。

     ☆

11 13.5.13大宮西口散歩ブログ用 (12)
現在なら銃社会のアメリカの問題を象徴的に捉えていると見ることが出来るのでは?

★映画DVD 「タクシードライバー」  1976年  アメリカ

映画が作られた当時と現在とでは
映画の評価ポイントが違っているかも・・・と思った。

少なくとも、
現在なら銃社会のアメリカの問題を象徴的に捉えていると見ることが出来るのでは?

“母の日”の贈り物・・・かまぼこと花かごとお寿司

★“母の日”の贈り物・・・かまぼこと花かごとお寿司

今日は母の日。

①朝食時に一昨日小田原でお土産に買ってきた母の日バージョンかまぼこを食べる。
②花屋から花かごが届く(娘と嫁息子のから婆~ばへプレゼント)。
③夕食はお寿司を買いに・・・家で食べる。

家内と嫁(同居の息子の)はいつもどおりの掃除・洗濯ほかの家事。
僕は孫3人とコンビニへ昼食のおにぎり他を買いに行ったぐらい。

今年の母の日はこれでオシマイ。

13.5.12ブログ用 (23)
小田原の鈴廣かまぼこ母の日バージョン。鈴廣本店の高級かまぼこ売り場にあった。
13.5.12ブログ用 (5)
かまぼこはカーネーションとりぼんの図柄入り。小ぶりで値段も600円くらいだった。
2 13.5.11ブログ用 (19)
娘と嫁(同居の息子の)から婆~ば(家内)へ贈られた花かご。
新スキャン_0009
夕食はお持ち帰りのお寿司。ごくふつう?の母の日でした。
3 13.5.10ブログ用 (8)
ついでに母の日に咲いた白いつるバラ。花の直径が10センチを超え、香りもグー。
4 13.5.11ブログ用 (15)
もうひとつついでに母の日に咲いたシャクヤク。今年は牡丹と間違えるほどの大きさに咲いた。
5 13.5.11ブログ用 (17)
さらについでにこれは隣家の駐車場に咲いている雑草花畑。僕はこれも好き。
13.5.12ブログ用 (22)
おまけにこれは僕が座っている椅子からの風景。
障子を少し開けてみると水辺の家みたい。
実は田植えを終えて間もない田んぼです。

3曲も同時に練習。時計とシューズを比べてみても・・・。

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-11 Sat 23:05:50
  • 民謡
13.511ブログ用 (32)
タウンシューズを買ったビクトリア(新宿店)。
この店は山・ハイク関連書品が主な取り扱い商品。
隣のビルがゴルフ関連商品のビクトリアになっている。

★時計とシューズを比べてみても仕方がないかァ

秋葉原のヨドバシカメラに(また)行った。
壊れた時計の修理を見てもらうためだ。

tissot(ティソ)の時計は、
ぼくの還暦祝いに子供たち3人がお金を出し合ってプレゼントしてくれたものだ。

高度とか方角も分かるハイキングや登山に使える時計ということだった。

いくらも使っていない。
大き目なので普段はたまにしか掛けなかったし、
実際に山で高度を測ったなどは2度くらいしかない。

それが昨年壊れてしまったのだ。
まだ、6年だ。
しかも、その間オーバーホールで2万円もかかっている。

昨年、メーカーの代理店に持って行ったら、
“これは修理は出来ません。交換対象商品です”
と言われた。
しかも高いといわれて修理を諦めていた時計なのだ。

    *

もしやと思い、今日ヨドバシカメラへ持って行ったのだが、
同じことを言われた。

ゴロー××「交換商品っていうけど、いくらくらいかかるの?」
ヨドバシ××「6万円くらいです」

モチ、時計は修理(交換)せずそのまま持ち帰った。

※交換対象商品という意味はよく分からないが、
察するに生産中止になっているから部品がない。
新しいのを値引きするから買いなさいということなのか?

     *

その足で新宿のビクトリア(スポーツショップ)へ
タウンシューズを行った。

いま履いているシューズのかかと部が傷んできたのだ。
もう5年は履いている。
まだ1、2年は持つだろう(持たせる)。

その前のタウンシューズも7年くらいは履いた。
しかもtissot(ティソ)の時計とは逆に使う頻度が桁違いに多かった。
休日ごとに履いたし、ハイキングへも外国へもその靴で行った。
丈夫なのだ。

しかるにtissot(ティソ)はどうした。
だらしがないぞ・・・なんて比べてみても仕方がないかァ。

      ☆

13.511ブログ用 (38)
ふきのとう、こしあぶら、うど。夕食のおかずは山菜づくし。

★袋にいっぱいの山菜を貰ってきた

またまた山菜づくし。

家内が袋にいっぱいの山菜を貰ってきた。
ふきのとう、こしあぶら、うどがたっぷり入っていた。

古くからお付き合いのあるご近所さんが
新潟へ山菜摘みに行ったらしいのだ。

モチ、今日の夕食のおかずは山菜の天ぷら。

     ☆

新スキャン_0005
民謡には必ずと言っていいくらい唄うのに難しい個所が・・・。

★3曲も同時に練習

3曲も同時に練習するのは初めてだ。
成り行きでこうなってしまった。

民謡には必ずと言っていいくらい唄うのに難しい個所がある。
それは一見やさしそうな曲、
知っている民謡でもかわらない。

まず、節回しに難しいところがあるのはどの曲も共通している。
そのほかにも、
“気仙坂”は息がつづかない箇所が・・・。
“箱根馬子唄”は最後の下がって上がり終わるところのタイミングが・・・。
“相馬盆唄”は明るく元気いっぱいになんて言われても・・・。

     ☆

13.511ブログ用 (14)
この映画のクライマックス?廃墟と化した町でピアノを弾くシュピルマン。

★映画DVD 「戦場のピアニスト」 イギリス・フランス・ドイツ・ポーランド合作 2002年

4カ国の合作とは珍しい?

カンヌ映画祭、アカデミー賞など多くの賞を獲得した名作。

いい映画であることは間違いないが・・・、
どうしても賞に縁のなかったパピヨンと比べてしまう。

戦場のピアニストは迫害の中で生き延びたユダヤ人ピアニストの話。
パピヨンは無罪の男の必死の脱獄物語。

“車庫にテントを張リました”。ネコかカラスか?

1 912222_589527511066418_1204319951_n[1]
車庫に張られた新しいテント。スペースいっぱいに覆われていてグー。

★車庫にテントを張リました

ビエンチャン(ラオス)のてっちゃんからのFaceBook連絡。
“車庫にテントを張リました。これで、雨でも絵画教室が開けるし、日差しも避けられます”
のタグ(キャプション)付きだ。

雨も日差しも野外での水彩画教室には大敵。
これは大助かり。9月からの教室開きが楽しみだ。

       ☆

2 13.5.10ブログ用 (4)
生ゴミの袋が食い破られて中身が漁られた形跡が・・・。

★ネコかカラスか?

生ゴミをバケツの中に入れ忘れて夜を明かしてしまった。

食い破られて中身が漁られた形跡が・・・。
ネコかカラスか?

カラスにしては早朝5時は時間が早すぎる。
野良猫は近頃見た覚えがない。

どっちか分かっていればクイズにしたのだけど・・・・。

    ☆

3 13.5.10ブログ用 (12)
満開になると花で葉がかくれてしまうほど。

★モッコクの花言葉は“人情家”

我が家のモッコクが3分咲。

花にも咲いて騒がれる(ニュースになる)花と、
地味でほとんど無視されてしまう花がある・・・多分。

モッコクの花などは無視されている典型ではないか?

満開になると花で葉がかくれてしまうほどだし、
芳香が周囲を包む。

花言葉は“人情家”。

     ☆

★シリーズ・モノクロ時代 17 京都とそのあたりで見た風景
4 新スキャン_0002
5 新スキャン5_0003
6 新スキャン_0004
いつ頃の旅だったかはっきりしない。
おそらく40前ほど前だろう。
京都の下賀茂あたりをうろついたのと、
瀬田の石山寺あたりの記憶がぼんやり。
何しろ日付けも何もメモがない。
奥院べんけい鐘がどこあるかは地元の人なら知っていると思われるので、
京都でもそのあたりでもないとしたらゴメンナサイなのだ。

憲法改正問題まで話題に・・・“ぶどうの会”

★笑いが絶えなかった兄弟(姉妹)会“ぶどうの会”

“ぶどうの会”とは年に1回行っている兄弟(姉妹)会の名。

正確な回数は忘れてしまったが、
今年で十数回目になると思う。

会の名前の由来は、
実家にぶどう棚があったことからつけた。

    *

今年の会場は箱根。
新宿区の保養施設“つつじ荘”を利用させてもらった。

平日、連休明けなどなどで参加者は8人。

3夫婦6人と姉と僕。

まァ、年齢は84歳~64歳で若くはないが、
みな元気で明るいのがいい。

定番の健康・病気や昔の話に華が咲くのはモチだが、
現役で仕事をしながら町会の役をこなしている長兄、
80歳と64際でゴルフの腕を競う義兄・義弟の話なども侮れない面白さ。

さらに、今回は憲法改正問題まで話題に・・・。

長兄が相変わらずエンターテイナーぶりを発揮してくれることもあって、
終始笑いが絶えないのだ。

法事やら何やらでけっこう顔を合わせている兄弟姉妹だが、
それでも年1回の泊まり付き温泉旅行は待ち遠しい。

“来年はどこにする?幹事は誰だ?”
と、早くも次回を約束しながら散策したばかりの強羅公園前で、
今年の会は解散となった。

1 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (3)
旅の始まりは移動から。それは旅の楽しさの始まりでもある。小田急のロマンスカーで・・。
2 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (12)
箱根登山鉄道に乗ったのは30年ぶり?・・かそれ以上かも。
スイッチバックが3ヵ所。鉄道ファンには堪らない?
3 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (29)
強羅駅からはケーブルカー。箱根の旅は移動の楽しさの原点?かも。
4 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (35)
「ここら辺の公共施設ではいちばん大きいです」支配人談。
つつじ荘の深い緑に覆われた広い庭には茶室もある。
部屋の窓から見た風景。
5 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (60)
満開のつつじに囲まれた“つつじ荘”。
6 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (66)
強羅公園は大正から昭和にかけて、当時の3代の財界人によって引き継がれてきた名園。
7 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (84)
当時流行ったという山村農家の古材で作ったという茶室をつなぐ段廊下。
8 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (101)
強羅公園のクライマックス?噴水のある風景。
9 13,5,8-9兄弟会箱根つつじ荘 (113)
お土産はモチ、小田原に下りて鈴廣のかまぼこ。

白濁の目黒川と泳ぐ亀。お役立ちのヨドバシカメラ

13.5.7ブログ用・五反田、秋葉原ヨドバシ、 (7)
白濁している目黒川。こんな川の色を見たのは始めてだ。
13.5.7ブログ用・五反田、秋葉原ヨドバシ、 (18)
白濁の水に泳ぐ亀はかなり目立つ。しかも、30センチはあろうかと思うほど大きい。

★白濁の目黒川と泳ぐ亀

所用で五反田に行った。
友人と昼食もした。

   *

五反田駅の近くを流れる目黒川の色がおかしい。
白濁しているのだ。
セメント色とでもいうのだろうか?

どうしたらこんな色になるのだ。
友人と川の色を眺めながらイロイロ推測したりして・・・。

その白濁の流れの中を亀が泳いでいた。
“酸素不足で出てきたんじゃないか?”
“あの排水溝かな?”
イロイロな推測は次から次へと思い浮かぶ。

ニュースにならないのが不思議なくらい。

     ☆

13.5.7ブログ用・五反田、秋葉原ヨドバシ、 (20)
秋葉原駅前のヨドバシカメラ。

★時計の電池交換と水中撮影カメラ用ハウジング

五反田の帰りに秋葉原駅前のヨドバシカメラに行った。
要件は時計の電池交換と買物。

    *

時計屋がわが町から消えてしまった。
ふだん気にもしていなかったのになくなると不便だ。

時計の故障・電池交換など、
どこへ持って行けばいのだ。

実は3つ持っていた時計のうち2つが故障。
ひとつが電池切れで3つとも使用不可状態。
それがすでに1ヶ月以上続いている。

腕時計もないとその不便さが分かる・・・ということが分かった。

    *

ヨドバシカメラで交換してくれると教えてくれたのは、
今日、五反田であった友人だ。

時計コーナーの一画に修理・電池交換等のカウンターがあった。
電池交換に15分、1350円でひとつが使用可となった。

    *

買物は水中カメラ用ハウジングだ。

これは、普通のデジカメ(僕の持っているものも含めて)で、
水中写真撮影が可というに画期的超優れ商品なのだ。

通販かヨドバシカメラでしか売ってないと聞いて行ったのだ。

     *

“在庫がわずかですが・・”といいつつ、
店員さんが棚から見つけ出してきてくれた。

(秋葉原の)ヨドバシカメラには何度か来ているが、
今日ほどありがたいと思ったことはない。
あと2つの故障中の時計も持ってきてみるかなァ。

     ☆

13.5.7ブログ用・五反田、秋葉原ヨドバシ、 (44)
ブログの主は作家でもある。山岳民族の村に住んで7年目らしい。

★TBSの番組『世界の果ての日本人』に出たブログの主

僕が定期的に見ている(覗いている)ブログに、
『タイ山岳民族の村に暮らす オムコイ便り』というのがある。

タイに住む山岳民族のカレン族の村に婿入りした日本人のブログだ。
僕もカレン族の村に行き、
高床式の家に泊まった経験があるので
興味深く見ているブログなのだ。

(カレン族の住む村はタイの北西部、ミャンマー東南部に多くある。
僕が泊まった村もタイのチェンマイから南西方向へ
車で3時間ほど離れたところだったがオムコイとは別なところ)


    *

過日、その主の生活ぶりをTBSテレビが取材に行った。
そして、その番組放送日が今日だったというわけだ。

番組名は『世界の果ての日本人』。

ブログではどうしても見ることの出来なかった主の顔と、
婿入りした相手の連れ合いと子どもたち、
写真でしか見ることが出来なかった村での生活ぶりも映像で見ることができた。

    ☆

13.5.7ブログ用・五反田、秋葉原ヨドバシ、 (39)
ギャング映画の枠を超えて名作と評価されている「ゴッドファーザー」。

★映画「ゴッドファーザー」   アメリカ 1972年

ギャング映画。

40年も前の映画だとはとても思えないくらい、
鮮明に記憶に残っている。

映画の内容ではない。
評判になったことが記憶に残っているのだ。
それも数年にわたって・・・。

それくらい人気だった映画。

世界の映画のベストテンでは、
上位常連のひとつ。
1位になったことも・・・。

僕が見たのは今回で2度目。

    *

※明日、旅行のためブログお休みします。

アサツキは味噌で、こごみは天ぷらで・・・。あの日の記憶・メモ  柿田川の湧水

13.5.6アサズキとこごみ (1)
今年は例年に比べ春の訪れが遅く山菜摘みもこれからが本番らしい。
右がアサツキ、左がこごみ。

★アサツキは味噌で、こごみは天ぷらで・・・

アサツキ(右)とこごみである。

連休中に里帰りをしたクリーニング屋の奥さんが、
お土産にと採ってきてくれたものだ。

クリーニング屋(奥さん)の実家は新潟県十日町市。
自然たっぷりで温泉も沸くところ。

今年は例年に比べて寒さが長引いており、
里山でもまだ雪が残っているところもあるらしい。

山菜採りも思うようにならず、
フキノトウなどは雪の中から摘んだそうな。

アサツキは味噌で、
こごみは天ぷらにしていただく、
・・・・と、これは奥さんが勧めてくれた。

     ★

新スキャン_0035
伝記小説らしくないが、分かりやすくていい。

★本「新井白石」 童門冬二

著者のあとがきに、
“経営雑誌に連載したものなので、
新井白石の行った行政改革の仕事について主に書いた”とあった。
そうした部分の大半は箇条書きに書かれていて、
伝記小説らしくないが、分かりやすくていい。

      ☆

★あの日の記憶・メモ  柿田川の湧水  1998年5月
新スキャン
新スキャン_0001
忍野八海と並ぶ有名な富士山からの湧水。
柿田川は一級河川だが長さが1.2キロしかなく、
これは日本一短い1級河川なのだそうだ。
日本3大清流とも言われているらしい(ネット調べ)。
とにかく水は澄んでいてきれい。

今日の4チャンネルの視聴率は・・・。ゴールデンウイークはバルサンの日。1輪だけのアイリス

13.5.5ブログ用 (32)
今日の国民栄誉賞の授与式は、まさにその賞にふさわしい授与式だった。
写真は式の後で行われた巨人戦の始球式に臨む長島と松井。

★今日の4チャンネルの視聴率はすごかっただろうなァ

久々にテレビの前に釘づけ。
長島と松井の国民栄誉賞授与式。

    *

ヒーローであり続けた長島、
松井の日米での活躍と大リーグMVP。

僕も小学高学年から今日まで
何となく巨人ファン(というより巨人しか知らなかった)で、
何となく長島が好きで(スターだったから)、
何となく松井を応援してきた(力強さを感じたから)。
(モロに巨人・大鵬・卵焼きの時代を通過してきている)

と言って、
球場へ行ったわけでなし(中学の頃、義兄と後楽園へ1回のみ行った)、
熱心にテレビ観戦したわけじゃなし、
新聞記事だってさっと結果を読んできただけ。

巨人が勝ち、
長島という活字を確認し、
松井が打っていれば
何かホッとして会社に出勤した程度。

そんな僕でもテレビに釘づけになるくらいだから、
今日の4チャンネルの視聴率はすごかったろうなァ。

    ☆

13.5.5ブログ用 (25)
このゴールデンウイークにバルサン焚いた家は相当数?・・・の可能性ありだ。

★ゴールデンウイークはバルサンの日?

“ゴールデンウイークに、
それも旗日の子どもの日にバルサンを焚く家は、
そんなに多くはないだろうなァ”・・・などと家内と話をしながら焚いたバルサン。

テレビを見ていたら、
まさにゴールデンウイークにバルサン(かどうか?同じようなメーカーの商品)
を焚こうみたいなコマーシャルが流れていた。

それも、コマーシャルが流れるくらいだから
このゴールデンウイークにバルサン焚いた家は相当数?・・・の可能性ありだ。

    *

前回は50匹を超えるほどのダニを退治したが、
今回は1匹のみ死んでいた。

ここで気を抜いてはいけないのだ。
定期的に行うことも考えるべきじゃないか・・と勝手に判断。

ダニはそんなに甘くないぞ!
そうだ、いっその事
我が家はゴールデンウイークをバルサンの日とするか。

    ☆

13.5.5ブログ用 (4)
たった1輪だけ咲いたジャーマンアイリス。

★1輪だけのアイリス

ジャーマンアイリスが1輪咲いた。
つぼみが3つあるがこれでも1輪だろう。

今年はこの1輪だけらしい。
そー言えば牡丹も1輪だけだった。

1輪の花の方が大切に見るし、
いっそう愛おしくなるものだ。

花言葉は「伝言」「優雅」


Index of all entries

Home > 2013年05月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top