Home > 2013年09月

2013年09月 Archive

捨てられた画用紙が・・・絵画教室2回目

★捨てられた画用紙が・・・絵画教室2回目

中学生に混じり高校生もチラホラ。
失敗作が多いのか捨てられた画用紙がゴミ袋いっぱい。
従って提出された作品は少なく10点ほど。

昼休み12人+放課後26人

     *

台風が近づいているのだとか。
アパートに帰る前に降り出さねばいいが・・・。

1 13.9.30絵画教室2回目・タラート (24)
6ヶ月の休みなどなかったみたいな中学生教室。
2 13.9.30絵画教室2回目・タラート (30)
花を抽象的に描いたと思われる大胆な作品。
3 13.9.30絵画教室2回目・タラート (31)
配色がいい壷を描いた作品。
4 13.9.30絵画教室2回目・タラート (37)
チャンパの花。質感がとてもいいです。
13.9.30絵画教室2回目・タラート (36)
ゴローのクロッキー(10分)。

全員がアニメキャラを・・・・絵画教室1回目

★全員がアニメキャラを・・・・絵画教室1回目 

第1回目の出席は8人。
懐かしい顔と新人と半々だ。
あの絵の大好きな小学生(とても上手)ナッタリーも来た。

ナッタリーもずいぶん背が伸びていた。
高校生の生徒の中には
この6ヶ月で5センチくらい伸びたんじゃないかと思えるのもいる。

    *

今日の8人は全員がアニメのキャラを描いていた。
テーブルの上に葉っぱ、じゃがいも、りんご、ぶどうを並べたのだけど・・・・。

「先生描いてみて」・・などと僕に頼む生徒もいるが、
僕はアニメや漫画を描くのはとても苦手。
描けたらきっと先生の人気は上がると思うけど・・・。

1 13.9.29絵画教室 1回目  (24)
帰ってきた生徒?いや教室か?。懐かしい顔と新人と半々だ。
2 13.9.29絵画教室 1回目  (25)
建物の壁に貼った絵画教室の案内。大きな文字は絵画教室、その右がゴロー先生、下が無料。
3 13.9.29絵画教室 1回目  (32)
8人全員が本を見ながらキャラクターに挑戦。生徒が3時間かけて描いたアラレちゃんです。
4 13.9.29絵画教室 1回目  (27)
僕は水彩クロッキーを試みたが・・・下手です。練習します。
5 13.9.29絵画教室 1回目  (4)
なぜか教室横の空き地にニワトリが・・。
餌付けを試みてモチーフに持ってきたパンをあげたら食べた。
なかなか根性のあるニワトリだ。
てっちゃん家の愛犬ボーリングに見つけられ、
猛烈な勢いで追いかけられていたがしばらくすると戻ってきたのだ。

     *

6 13.9.29絵画教室 1回目  (21)
凱旋門前でいきなりラオダンスが始まった・・・。

“油絵の寄せ絵”を提案。今日の“え・と・せ・と・ら”

★“油絵の寄せ絵”を提案

生徒たち数人に “油絵の寄せ絵”を提案した。
来年3月の展示会に出品を考えてのことだ。

生徒たちは大賛成。

と言うことで早速、画材の調達に走った・・いや自転車で動き回った。

まずはキャンバスだ。
目星をつけた店は3軒。

最初の1軒目が最も遠くて自転車で20分。
探し時間も入れて30分を要した。

しかし、この店は額縁専門店でキャンバスはなし。

で、次に行ったのは15分ほど戻ったところの絵画センター。

ここでもキャンバスは販売してなかったが、
たまたまあったF10号サイズのキャンバス生地2枚を
20000キップ(約240円)譲ってもらった。

てっちゃんが枠をあつらえてくれるとのことなのだ。

     *

3軒目はいつも画材を購入している文房具屋(画材屋)。
店内に小さなキャンバスは置いてあるのだが・・・。
店員さんはこれ(小さいの)しか無いと言う。

ゴロー××「注文してくださいよ」。
店員××「ちょっと待ってください」
と言うやいなや隣の店に・・。

どうや店の責任者を呼びに行ったらしい。

それやこれやで、
話せない言葉を手振り身振りでカバーして注文をしてもらった。

      *

出来上がるまでに5日間かかるとの責任者の話だ。

ゴロー××「出来上がったら電話下さい。
ただし僕は言葉がわからないので、てっちゃん宛にお願いします」

勝手にてっちゃんオフィスの番号を伝えた。

キャンバスが出来上がってくるかどうかお楽しみだ。



★今日の“え・と・せ・と・ら”
1 13.9.28タラート、お布施、アパート
昼食後自転車で出発。まずは近くで開催中のフランス・フェスティバル。
生徒に誘われてついていったのだが・・ごくフツーでした。
2 13.9.28タラート、お布施、アパート
巨大な工事が・・・。塀で囲われている工事現場の長さは500メートル以上(多分)。
ショッピングモールやレジャー施設が出来るのか?これも中国資本?
中央バスターミナルのすぐ隣。凱旋門から1キロと離れていない。
3 13.9.28タラート、お布施、アパート
額縁専門店を探している途中にペットショップが並んでいた。
みな同じような店構えで主に小鳥を売っているようだ。
こちらでは小鳥の鳴き声を楽しむ人がとても多い(タイ南部の風習でもあるのだが・・・)。
4 13.9.28タラート、お布施、アパート
中央バスターミナル前の路上に出店したモン族の人たち。
5 13.9.28タラート、お布施、アパート
タラート・サオ(ショッピングモール・写真の右上の建物)前のモン族のショッピング街が、
取り壊されていた(建て替え中?)。路上販売はそのせいなのかも・・・。
6 13.9.28タラート、お布施、アパート
炎天下(多分30度超え)2時間も自転車に乗り少々疲れ気味。
最後の文房具屋にいく前ににひと休み。コーラが旨かった。

      ☆

7 13.9.28タラート、お布施、アパート (6)
昨夜、帰宅直後、間一髪のスコール。
アパートの部屋前はたちまちの洪水・・ほどでもなく水は入ってはこない。
アパートの新しい住民に若い女性が多いのびっくりしているのだが、
キャアキャアいいながら溜まった雨水を箒で流している。
これじゃ、まるで水掛けまつりじゃん。

    ☆

8 13.9.28タラート、お布施、アパート (78)
アパート。左の一軒家がタンチャナー(管理人)の新しい住居。
毎朝のタムブン(お布施)も自宅前でするようになった。
これまでは向かいの家の前でお布施をしていたのだが・・・。
右が借家。タンチャナーさんの親戚が借りているみたい。
間の路地を入った先に左右2棟に別れた長屋がある。

    ☆

★ケアンズ続報

ケアンズの旅はじつはグルメの旅でもあった。
食べたメニューをK師匠がブログで紹介している(↓)。

http://4travel.jp/traveler/kjm111013/album/10816527/

こんなに食べたんだァ。
これって家内には内緒にしておかなきゃ・・。

3つのがっかりと2つのディスカバー・ビエンチャン。6ヶ月の間に成長したなァ

★3つのがっかりと2つのディスカバー・ビエンチャン

がっかり①=ケムソンさんがいない!

今朝、言葉の教えっこをしているお坊さんのお堂へ寄った。

入り口の網戸は破れ、雨よけの軒は半崩れ状態。
何となくお堂が荒れているのだ。

お坊さんでもない見知らぬ男が雨よけに下で座っていた。

「ケムソンさんはいますか?」
破れた網戸からこえを掛けたが返事がない。

破れ目から覗き込むと、お堂の中は見る影もなく荒れている。
ただ、少年が壁に寄りかかりながら座っているのが見えた。

もう一度、その少年に声を掛けた。

僕が何を言っているのか分からないらしいその少年は、
外に据わっている男に助けを求める。

「ケムソンさんはいないのですか?」
今度は外の男に向かって質問をした。

「ケムソンはアメリカへ行きました。
6ヶ月間行っています。帰ってくるのは12月です」

男は英語で答えてきた。

    *

がっかり②=映像一筋氏の引越し。

来る前から分かっていたことなのだが、
映像一筋氏がお隣の町、タイのノンカイへ引越してしまった。

近いとはいえ隣国だ。
国境を越えなくてはならない。

何でもノンカイは環境も良く住みやすくて、
近頃はリタイヤ欧米人に大変な人気なのだそうだ。

映像一筋氏もそのノンカイに一戸建てを構え(借家)、
ゴルフ三昧ということなのだとか・・。

そんなわけで、
映画のウンチク話も屋台で飲むビールの味も遠くに行ってしまった。

まァ、ノンカイはビザ延長に2週間に1回は行かねばならないところなので、
今度はノンカイ行きの楽しみが倍増したと思うことにしよう。

映像一筋さ~ん、これからもよろしくお願いしま~す。

    *

がっかり③=管理人のおばさんの引越し。

日本語の達者な通訳のトンワンさんがどこか引越していた。
そして、トンワンさん一家の住んでいた唯一新築の一戸建てに、
管理人のおばさんタンチャナーさんが引越していたのだ。

タンチャナーさんにとってはもともと自分が住むつもりで建てたのだから、
念願かなってといったところだろうか。

・・・・で、これまでのように入り口のドアが向かい合ってるわけではないので、
朝のカオニアオ(モチ米を炊いたもの)を持ってきてもらうわけにはいかない。

昨夜、タンチャナーさんが、
「カオニアオはどうします?」
・・・とわざわざ聞いてきた。

これは「もう結構ですから・・」といわざるを得まい。

   *

それにともない、タンチャナーさんの元住んでいた部屋に引越さないかと相談を受けた。

ゴロー××「家賃はいくら?」
タンチャナー「1年で40000バーツ(約13万円)よ」
ゴロー××「お湯は出るんだよね。エアコンは?」
タンチャナー「お湯は出るけどエアコンは自分でつけて」

広さは今僕が借りてる部屋の倍くらいあるし、
場所がら適当な家賃なのかも知れないが
エアコンなしでの1万円は僕には高すぎる。

広くなれば掃除も大変だし電気代も水道代も上がるだろう(多分)。
で、こちらもお断りしたのだ。

    ☆

1 13.9.27タラート、托鉢通り、 (47)
古い商店街だというのだが、とにかく雑貨屋(コンビニ?)が多い。
椰子の実屋が5、6軒のきを連ねているのは珍しいかも。
2 13.9.26荼毘、空気入れ、凱旋門 (82)
盛大な葬儀が行われたあとの荼毘(昨日撮影)。

★住んでいる場所を褒められた

2つのディスカバービエンチャン・・・とは?

8月に赤羽でラオス語講座を受けたことはこのブログで紹介済み。
その時の講師はスリポンさんと言う人だった。

雑談の中で分かったのは
スリポンさんのビエンチャンでの住まいや学校が凱旋門近くだったということ。

当然、僕の住むアパートからてっちゃんネット界隈のことはよく知っている。

    *

スリポンさんが言うには、

①アパートからオフィスに向かう時に通る商店街は昔から有名。
(東京で言ったらさしずめ麻布十番商店街か?)
特に小さなタラート(市場)はタラート・ノイと呼ばれ、
近隣の住民に親しまれていたらしい。
(タラート・ノイは現在ビル建設中)
 
②荼毘を見ることが出来るお寺は市内にはもう他に残っていない。
てっちゃんねっとと道路を挟んであるお寺は有名で、
お金持ちかえらい人が葬儀をするお寺なのだ。

ウ~ン、やっぱりそうかァ・・と、僕なりに納得なのだ。
それは僕にとってビエンチャン再発見でもあるのだ。

     ☆

4 13.9.27タラート、托鉢通り、 (16)
活気みなぎる朝のタラート・トンカンカム。
5 13.9.27タラート、托鉢通り、 (32)
大きな魚は1メートルは超えていそうだ。
3 13.9.27タラート、托鉢通り、 (10)
タラート(市場)へ向かう途中、朝の托鉢に出合った。
アパートからタラートまでは歩いて5分ほど。

★ディスカバーじゃないけどやっぱりタラート・トンカンカムだね

朝食のパンと果物を買いにタラート・トンカンカムへ行った。
ディスカバービエンチャンではないけれど、
やっぱりここへ来るとビエンチャンはいいなァ・・と思う。

      ☆

6 コピー ~ 13.9.27タラート、托鉢通り、 (48)
僕の顔を見て何も聞かずに冷蔵庫から牛乳と水を取り出してきた

★6ヶ月の間に成長したなァ。

昨夜の帰り、
いつもの店によりいつもの牛乳と水を買った。

女の子(名前を忘れた)がお手伝い。
僕の顔を見て何も聞かずに冷蔵庫から牛乳と水を取り出してきた。

お金もモチ、彼女が受け取った。

6ヶ月の間に成長したなァ。

ビエンチャン生活の始まりは大掃除から

★ビエンチャン生活の始まりは大掃除から

今日からまたまたビエンチャン生活だ。
相変わらず一間のお湯なし、クーラーなしの蚊帳寝が始まる。
(昨日のラオス着が夕方の6時半・・・で、近くのホテルに泊まった)

今朝は6時から部屋の大掃除だ。
お隣の部屋のお姉さんが手伝ってくれた。

相変わらずタンチャナー(管理人のおばさん)の一声が・・・
お姉さんに「あんた掃除を手伝ってあげて!」。

    *

大掃除の汗を流しに再びホテルに戻りシャワーを浴びた。
10時にチャックアウト。

そのまま歩いて携帯屋と自転車屋へ。
携帯屋では新しいシムカード(50000キップ・約600円)と
プリベートの利用料金(50000キップ・約600円)を入れた。

もう、6年前にタイのバンコクで買ったノキア製で、
その時は最も安い価格で1000バーツ(約3000円)だった。

こんなに古い携帯を使用している人はもうほとんどいない(多分)。
シムカード+プリベート方法の携帯もいつまで可能だろう?とも思うが、
とにかく便利なのだ。

海外・ラオス国内に繋がり料金も安い。
海外にかけても1分間20~30円程ではないだろうか。

     *

自転車の空気入れは90000キップ(約980円)だ。
週一ぐらいで空気を入れに自転車へ行っていたが、
そのたびに2000キップ(24円)かかる。

面倒と言うこともあって買うことにしたのだ。

以下、昨日の移動日と今日のことメモ。

1 13.9.26荼毘、空気入れ、凱旋門 (7)
980円で購入した空気入れ。バイクや車のタイヤにも使用可なのだそうだ。
2 13.9.26荼毘、空気入れ、凱旋門 (97)
絵画教室になるてっちゃんねっとの駐車場も掃除終了。
3 13.9.26荼毘、空気入れ、凱旋門 (67)
半年ぶりのパテゥーサイ(凱旋門)。
4 13.9.26荼毘、空気入れ、凱旋門 (96)
落穂ひろいではありません落ちたチャンパの花を拾っているのです(絵画教室前で)。
5 CIMG9253
何でもやっちゃうてっちゃん伝説①
天井の電球が交換してありました。天井までは6メートルくらいの高さ。
てっちゃんが自分で足場を組んで、取り付けのみ電器屋に頼んだそうです。
6 CIMG9258
何でもやっちゃうてっちゃん伝説②
32台のコンピュータのメンテナンスもてっちゃんは自分で行います。
8年使用していて使えなくなったのは1台のみ。それも部品交換用に役立てているのだとか。
7 13.9.25ラオスへ移動CIMG9049 (73)
機上から見た雲の上の夕焼け(昨日)。飛んでいる飛行機の下は雲、地上の人には見えない夕焼けなのだ。
8 13.9.25ラオスへ移動CIMG9049 (5)
機内で読んだ本「何も願わない手を合わせる」。藤原新也のエッセイ集。
9 13.9.25ラオスへ移動CIMG9049 (15)
機内で観た映画「ジャックと天空の巨人」。ほかにアクション物を観た。

3冊の写真集。明日、ラオスへ移動、2、3日ブログは休みます

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-09-24 Tue 18:00:12
13.9.24ブログ用 (7)
写真集の解説・文は全て英語。望月氏は5、6ヶ国語がを喋る。
13.9.24ブログ用 (1)
Shotの社長に小料理屋でランチをご馳走になった。
このような店で昼食は久しぶり。サラリーマンの現役時代、
それもバブルの頃を思い出してしまった。

★3冊の写真集

御茶ノ水にあるフォト・プロダクション“Shot”に行ってきた。
フランス在住の写真家・望月次朗氏から送られてこいた写真集を受け取りに行ったのだ。

望月氏はスポーツカメラマンとして世界的な活動しているが、
写真作家・アーチストとしての経歴のほうが古い。

また、素晴らしい作品を残しておりその評価も高いのだ。
3冊の写真集はもちろん同時に出版したのではない。

写真集・in sight は2004年に発刊。
1960年~70年代にかけてインド、アフガニスタン、ネパール・・などモノクロ写真集。
強烈に語りかけてくる写真が胸を突く。

写真集・Dansk は2011年の発刊。
1970年~80年代のデンマークの著名なアーティストたち、
主に作家、画家、詩人、彫刻家などの写真集。
すでに故人となったアーティストも多く、
デンマーク政府が貴重な本として大量に買い上げたとか。

写真集・HAILE GEBRSELASSIE 
つい最近発刊されたもの。
ハイレ選手はエチオピアの皇帝と呼ばれるマラソンの元世界記録保持者。
記録は2時間03分59秒(2008年)。

1人のカメラマンが1人の陸上選手を追い続けた記録とも言える。
詳しくは下記ネットにて・・。
http://www.shot-web.com/news/070313a.html

また、Shotについては下記ネットにて・・。
http://www.shot-web.com/index.html 

     ☆

★明日、ラオスへ移動。
 2、3日?ブログは休みます。
    
      

   

元気いっぱいの“筑静会” 第35回ボランティア公演

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-09-23 Mon 22:01:04
  • 民謡
13.9.23遊会 (48)
今年はそろいの着物で出演。唄もよかったけど着物もよかった・・の感想もあった。
13.9.23遊会 (1)
2502人収容の大ホールは舞台も大きい。裏で動く人の数も多くてびっくりだ。
13.9.23遊会 (5)
11時に開場、12時開演なのだが、来場者は9時過ぎには並びはじめた。

★元気の出た日本芸能遊心会 第35回ボランティア公演

出番は3、4分の合唱の一員、観客が5、600人?しかいなかったとしても
2505人収容のソニックシティ大ホールでの公演はいい経験だ。

合唱曲は
①彩の国ふれあい音頭②稗搗節③秩父音頭。
この3つを繋げて唄った。

もう2度と味わうことはない(多分)。
なぜなら日本芸能遊心会 第35回ボランティア公演は35回目の今年が最後だからだ。

終ってしまう理由は幾つかあるのだろうが、
そのうちにひとつに実行委員会のメンバーの高齢化があるようだ。

たとえば我が日本民謡“筑静会”も僕を除けばみな70歳代。
会主のY先生は80歳を超えている。

他の芸能関係者も大差はないだろう。
ただ、津軽三味線の演奏者には若い人が目立ったようだが・・。

     *

S会主は他の芸能の先生たちから
これまで35回の筑静会合唱の中でいちばんの出来との評を受けた
と話してくれた。

今日は家内も観に来た。
(上の公演中の写真は家内に頼んで撮ってもらったものだ)。

ところで、合唱を聞いた家内の感想は・・、
「少しみんな張り切り過ぎじゃないの」。

どう受け取っていいのか分からない家内の感想だが、
みな一生懸命唄ったことは確かだ。

元気が出た、いや元気がいっぱいの
“筑静会”第35回ボランティア公演だった。



お金がタマル“多満利屋”で家族送別会。ナタ男の襲撃・・・・夢(ドリーム・オフ)

13.9.22ブログ用 (4)
異なる雰囲気の店が3つくらい繋がったような変わった居酒屋。
13.9.22ブログ用 (6)
超美味だったさば寿司。

★お金がタマル“多満利屋”で家族送別会

夕食に近くの居酒屋へ行った。
僕のしばし別れの家族送別会だ。

行ったのは家内と同居中の次男一家4人の6人。
長男と娘一家はそれぞれ所用で参加できなかった。

居酒屋は歩いて5分ほど、県道沿いにある“多満利屋”。

居酒屋ではあるが料理は美味しいと評判。
イセエビの生造り、お寿司からラーメンまでとメニューも豊富。

モチ、宴会部屋もあり、
かって地域活動の会合などで何かと利用していた店。

カラオケ道場を開いているスナックも兼業、
異なる雰囲気の店が3つくらい繋がったような変わった居酒屋でもある。

親父(主人)さんは郵便局員だったが、
料理好きが高じて店を持つまでになったとか。

自らは仕入れのみで調理せず、
腕のいい板前を雇っているのだと・・・そんな話を以前に聞いたことがある。

幸楽苑が近くにオープンした当初、
張り合ってか200円でラーメンを出していた。

そんな気骨も面白かったが、
今日、親父さんに聞いたら今は380円にしているそうだ。

ついでに“多満利屋”の店名の由来を聞いたところ、
文字通りお金がタマルようにつけたのだと言っていた。

    ☆

★ナタ男の襲撃・・・・夢(ドリーム・オフ)

大きなナタを武器にした男が、
僕の隣の部屋の住民を襲撃に来た。
僕は恐怖もあって部屋の隅にうずくまる。
やがて、隣の部屋から叫ぶような声が・・・で目が覚めた。
   *
[なんでこんな夢をみたのだろう?
昨日のスズメバチ事件があったせいだろうか?]

スズメバチは熊より怖いのだ。今日はたまたま・・・?

13.9.21ブログ用 (2)
殺虫剤をふりかけまくって退治した。

★スズメバチは熊より怖いのだ

またまた蜂が我が家の玄関に侵入してきた。
多分、スズメバチではないかと思われる。

体長が3センチを超えている。
今回は2匹。

なぜか、玄関の天井に取り付けられている電気のカサ内に
巣をつくりたい様子なのだ。

殺虫剤をふりかけまくって退治した。
今回は2匹で済んでよかった。

前回は十数匹が家の中に分散してしまって、
退治するのが大変だった。

その時、我が家には生まれて2ヶ月の乳児がいたのだから。

釣りの師匠は、蜂(スズメバチ)は熊より怖いといっていたが・・・・・
なるほどネットにもそのように書かれている(↓)。
http://matome.naver.jp/odai/2137200623249136801

      ☆

13.9.21ブログ用 (3)
買物客にお年寄りが目立つ

★今日はたまたま・・・

午後4時半頃、
ドラッグストアーの“スギ”へ孫3人を連れてジュースを買いに行った。

    *

買物客にお年寄りが目立つ。
しかも男性、つまりお爺さん、爺~じなのだ。
1人2人と数えてみたら5人ほど。

お婆は2人、他に主婦らしきが2人。
今日はたまたま・・・なのかも?

     ☆

新スキャン_0002
優れ写真集。

★本・写真集「人間とは何か」 撮影・文 須田慎太郎

洪水(バングラディッシュ)から死者と共存(エジプト)まで、
26テーマを収録した優れ写真集。

丸の内、新橋界隈で歯科検診とコーヒーと焼酎と・・・

★丸の内、新橋界隈で歯科検診とコーヒーと焼酎と・・・

2つの反省会?と歯医者で丸の内、新橋界隈をウロウロ。
もっとも、反省をしなくてはならないのは僕だけだけど・・。

①新橋駅前の喫茶でスキューバーの師匠K氏に会う。
②丸ビル内の歯科医院へ行く。
③再び新橋に戻り新橋駅附近の飲み屋で釣りの師匠と先輩の3人で一杯。

喫茶ではケアンズでの清算をしたのだ。
師匠に立替えてもらった支払分の清算。
エア、ホテル・食事・クルーズ・・・要するに全てなのだが。

まァ、1時間のお茶・お喋りタイムだったのだ。
それにしても店内の客、我々を除けば若い人ばかりだったなァ。

      *

歯科検診はラオスへ行く前にもう一度来るようにと、
前回、担当医の先生から言われていたものだ。

歯は大事にしないと・・・・。

      *

再び新橋駅前の機関車に前に集合は午後4時半。

こんどは釣りの反省会だ。
モチ、これも反省は僕1人なのだが・・。

師匠と釣りの先輩との3人でこちらは2時間のお喋り
・・・・・・・・・・・お喋りはいつも楽しいねェ。

1 13.9.20ブログ用 (5)
この写真を見てどこだか分かったら東京通?左のビルの11階にある歯科医院へ行った。
2 13.9.20ブログ用 (1)
この写真を見てどこだか分からなかったら田舎っぺ?
今日2度の待ち合わせをした新橋駅前SL広場。
3 13.9.20ブログ用 (11)
釣りの師匠・先輩と飲んだ店は写真の赤札屋ではない。
赤札屋は4時半なのにすでに満員で入れなかったのだ。
写真はすっかり入る(入れる)気になって撮ってしまっただけのもの。
2時間飲食して2000円が我々の予算。新橋にはそんな廉価な飲み屋があるのだ。
今日は新しい店を開拓、有名な“魚や一丁”に入った。
ビールにツマミ、美味しい刺身盛り合わせ、
焼酎ボトルに夕食のおにぎりまで食べて1人2100円。
新橋は年金生活おじさん(お爺さん)の味方でもあるのだ。
CIMG8962.jpg
先輩が自身の作品である磁器の楊枝立てをプレゼントしてくれた。

     ☆

4 新スキャン
安倍首相の政策にも影響を与えているとか・・。

★本「高橋是清 随想録」  高橋是清口述・聞き書き 上塚司

いまベストセラーとなっている
幸田真音の“天佑なり”は高橋是清のことを書いているらしい。
世情が今と似ているとか、安倍首相の政策にも影響を与えているとか・・。
(後半未読)

健全な児童公園の姿?。足袋は高級品

1 CIMG8943
いつもの公園で27人もの児童が遊ぶのを見るのは初めて。

★健全な児童公園の姿?

夕方、2歳の孫を連れて近くの児童公園へ行ってビックリ!
普段なら子連れの公園ママが2、3人(組)いる程度なのに、
今日は小学児童らしき子どもたちがわんさかと遊んでいる。

数えてみたら27人。
この公園のこんな賑わいを見るのは僕は初めてだ。

     *

5時近くなっても2歳の孫はなかなか帰ろうとしない。

「もうママが帰ってきているよ。
ママとお風呂に入るんだよ」

ママで誘ってもダメだ。
いつもなら素直に帰るのに・・・。

これが健全な児童公園の姿?・・・・なのかも。

     ☆

2 新スキャン_0039
待ち時間中3回血圧を測ってみた。
時間のズレでどれくらい異なるか?・・意味ないけど。
最高血圧はやや上がる(9時49分→10時25分→10時50分)。
最低血圧はほぼ同じ( 〃 )。
脈拍数は減る( 〃 )。

3 CIMG8941
自分で(勝手に)測る血圧測定器。

★最近やけに混む通いの診療所

3か月分の薬(逆流性食堂炎)をもらいに通いの診療所へ行った。

10時の予約だったが診察は20分遅れ。

一昨年くらい前の通い始めの頃は、
診察・診療、薬代ともに安いし、空いていていきなり行っても20分と待たなかった。

それが、最近やけに混むのだ。

予約なしで行くと“1時間は待ちます”との表示も出ている。

僕は予約で行ったにもかかわらず20分待った。
実際には予約15分前には行っていたので35分待ち。

評判が客(患者)を呼んだのか?、
絶対的に病人が増えたのか?・・・どっちだか僕には分からないが、
いい診療所(病院)なら仕方がないよなァ・・としょうがなくも納得なのだ。

     ☆

4 新スキャン_0033
日本芸能遊心会ソニックシティ公演も今年で最後。

★足袋は高級品

23日に開催される、
日本芸能遊心会ソニックシティ公演。

さまざまな事情で公演そのものが今年最後になるらしい。

僕は民謡合唱だが今回で5回目の参加となる。
りっぱな大ホールで1000人もの観客舞台に並んだだけでもいい経験だ。

最後だということで、
今年は民謡の会おそろいの着物を着用だ。

   ☆

着物なら足元は草履と白足袋。
・・・で、今日は白足袋を買いにあっちこっち回った。

と言っても百均とか安売りの衣料品店、古着屋などだが、
どこにも売っていない。

いや、売っている店は古くからの地元衣料品店島田屋と
分かっているのだが、その店での値段は1500円。

もっと安くは買えないものかと探したわけだが、
足袋はそう簡単にどこでも買えるというものではないらしい。

結局、島田屋で買ったわけだが、
店のおばさん(奥さん)曰く
「木綿の足袋だったらこんな値段では買えませんよ」

足袋は高級品なのだ。

      ☆

5 新スキャン_0034
内容に期待し過ぎた。

★本「日本史有名人の晩年と死」  新人物往来社

普通に亡くなっている(死)有名人が多く、
(僕が)タイトルに期待し過ぎた?
※3分の1未読


台風一過の渓流釣りはどうなった・・・か?

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-09-18 Wed 22:37:06
  • 体験
★大雨の2日目は部屋でもっぱらお喋りと漫画

今年4回目の渓流釣りへ行った。
モチ、釣り師匠と同行2人。

15日(1日目)=激しい雨の中、目的地の岩手県〇△市へ。
16日(2日目)=台風18号通過のため待機。
17日(3日目)=渓流(沢)入り。10時ー15時。
18日(4日目)=午前中近場で2時間釣り。帰宅へ。

台風の予想進路が外れることを見込んでの出発(15日)。
ところが台風は予報通りのコースを進んできた。

大雨の2日目は部屋でもっぱらお喋りと漫画。

3日目の成果は2人合わせて11匹。
同じく4日目が2匹。

台風一過の渓流釣り(の旅)も、
それはそれで楽しいものであった。

1 13915-18遠野 (14)
台風通過で、2日目も一日中雨。部屋での待機はもっぱらお喋りと漫画。
雨音を聞きながらの地元の人との語らいもまた楽し・・・なのだ。
2 13915-18遠野 (38)
壁一面の書棚には本がぎっしり。
今回は漫画“鬼平犯科帳”“首切り朝”“ゴルゴ13”を読んだ
(“半蔵の門”は前回読み終えている)。
3 13915-18遠野 (25)
もう1軒の知人宅では珍しい茸をゴチになる。
オレンジ色の大きな茸の名はマスタケ。
(http://www.kinoco-zukan.net/masutake.php)。
13.915-18遠野 (68)
台風一過の3日目の朝。抜けるような青空だ。
4 13915-18遠野 (70)
沢に入る前にまずは餌捕り。餌はミミズとイナゴ。
堆肥の中のミミズ捕りと原っぱでのイナゴ捕り。
美しい風景の中での餌捕りも良き旅の思い出?
5 13915-18遠野 (96)
石の彫刻をみるような渓流の岩。
6 13915-18遠野 (102)
いつか見た槍ヶ岳岩がここにも・・・・。
7 13915-18遠野 (105)
鹿の角跡。
8 13915-18遠野 (139)
今日4日目の午前中は住宅・田んぼ脇の用水路で岩魚釣りを楽しんだ。

本も読まず映画(DVD)も見ず図書館へも行かずキャンバスにも向かわず

★本も読まず映画(DVD)も見ず図書館へも行かずキャンバスにも向かわず

今日は1枚の写真も撮らなかった。

・・・で、何をしていたか?

1、午前中は長期不在のための机回りの整理第1弾。
  狭いところにゴチャゴチャ積み重ねた6ヵ月分の雑品。
  捨てた物が半分以上で、片付けにも時間がかかる。 
2、孫を見ながらの留守番少々。
3、郷土史同好會の定例会。
4、民謡の練習日。

本も読まず映画(DVD)も見ず図書館へも行かずキャンバスにも向かわず。

★旅行のため明日から4、5日ほどブログをお休みします・・・釣りの予定です。
 台風大丈夫かなァ?






105円の玉手箱・・・・ブック・オフほか金券屋、焼きチーズ牛丼など。

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-09-13 Fri 21:33:41
★105円の玉手箱・・・・ブック・オフほか金券屋と焼きチーズ牛丼。

大宮駅附近で5件の用件を済ませた。
1、ブック・オフにて絵画教室の資料本を買う。
2、リサイクルショップで腕時計を買う。
3、百均で置時計を買う。
4、金券屋に株主優待券を売る。
5、昼食に焼きチーズ牛丼を食べる。
 
ブック・オフには3時間もいた。
資料として購入した本以外にも、
書棚に並んでいる本を眺め、内容を確かめる。
それだけでも面白く時間を忘れる。

とくに105円コーナーはいい。

何もかもがごちゃごちゃに詰め込まれた玉手箱のようだ。

     *

リサイクルショップで買った腕時計はシチズン製で、
防水機能ありで6ヶ月の保証付き。

4つもあった腕時計の3つが壊れてしまい、
残りのひとつもいつまで・・・との思いから買っておいた。

値段は1980円。

     *

百均で買った置時計はモチ105円。
ラオスのアパート生活の蚊帳の中の枕元用に使用する。

     *

金券屋は駅前3軒を回った。
最初の1軒目は断わられ、
2軒目は委託で店に置くのならと言われて断念。
駅に1番近い3軒目で買ってくれた。

代金は2000円。
新橋の金券屋と同じ買取価格だった。

    *

昼食は“チカラめし”の焼きチーズ牛丼。
店の名前を知ったのも、食べるのも初めてだ。

これが旨い。
チーズとご飯と牛肉のコラボが絶妙。
肉は柔らかく、甘酢の生姜もいい。

値段はワカメの味噌汁付きで390円。
しばらくは通いそうだ。
大宮駅に出たときにだが・・・。

1 13.9.13ブログ用 (3)
図書館にもないような面白い本がいっぱい。玉手箱を開けたような気持になる。
2 13.9.13ブログ用 (7)
歌手の森進一と川内康範の“おふくろさん”騒動はなぜ起きたのか?
そのいきさつを書いた本があったので立ち読みした。
3 13.9.13ブログ用 (17)
焼きチーズ牛丼は旨い。
4 新スキャン_0030
ブック・オフでは結局2000円以上も購入してしまった。
いい本、面白い本、役立つ本、なつかしい本・・・
購入した人の思いまでもが書棚に並ぶ背表紙に感じるのだ。
右の「関東古寺巡礼」の著者は出版社勤務の僕が若い頃に挿絵依頼でお世話になった人。
氏は後に仏画の大家として活躍し著書も多数あるがすでに故人になられているようだ。
偶然の発見は嬉しい。あまりの懐かしさに購入したのだが、やっぱりこれも105円。
思い出の宝物としてじっくり読ませてもらおうと思っている。

      ☆

5 新スキャン_0031
永六輔氏の解説がいい。

★本「一言絶句」 永六輔

パラパラとめくっていたら、

“原発の安全装置という危険”

が目に飛び込んできた。
永六輔氏の解説がいい。

‘安全装置がついているのは安全じゃないからです。
原発は危険装置なのです。’

この本のが発売されたのは1997年。
創句は1988年から1993年の間。

もしかしてこれは本当に美味しいのかも?。“国民の幸福度”世界10位の国・・・ケアンズ報告(最終回)

新スキャン_0029
“ウオーターサーバー”用の水、ひと袋(ケース)12ℓ入り。

★もしかしてこれは本当に美味しいのかも?

1昨日、我が家の居間の一画に設置した“ウオーターサーバー”用の水である。
ひと袋(ケース)12ℓ入り。
富士山麓の地下203メートルより汲み上げられた天然水・・・と箱に書いてある。

ン、・・・もしかしてこれは本当に美味しいのかも?
かも?と言うのは、僕は水道水もミネラル水も飲んで味を比べたことなどないから。

冷やしたらなおさら分からない。

硬水と軟水の味の違いも僕には不明。
こちらも比べて飲んだことがない。

    *

水はどうでもこの“ウオーターサーバー”、
熱湯と冷水がいつでも汲めるというのが便利である。

     ☆

13..12ブログ用 (6)
家の周りの草むしり。2歳の孫がお手伝い?をしてくれた。

★準備第1弾は庭の草むしり

ラオス行きまであと10日あまり。

そろそろ準備を始めなければならない。
準備とは?

1、診療所(歯医者と内科)に行くこと。
2、庭の草むしりと剪定。
3、補充資料と用具の取り揃え。
4、生活のための小物(用具・用品)の準備。

などなど、いずれもたいした物(事)はない。

     *

今日は第1弾で庭の草むしり。
2歳の孫にい手伝って?もらい無事終了。
久々に汗かいた。

     ☆

★“国民の幸福度”世界10位の国・・・ケアンズ報告(最終回)

2、3日前のニュースに“国民の幸福度”の調査結果が出ていた。


米コロンビア大学地球研究所が156ヶ国のアンケート調査を行ったもの。
1 デンマーク
2 ノルウェー
3 スイス
4 オランダ
5 スウェーデン
6 カナダ
7 フィンランド
8 オーストリア
9 アイスランド
10 オーストラリア
以上がベストテンで日本は43位。
ちなみにアメリカは17位、イギリス22位、ドイツが26位とある。

       *

20年ほど前にオーストラリアに行ったとき、
現地で働く日本人(企業の駐在員ではない)2人にこちらでの生活の様子を聞いた。

その時の2人の返事が「いい仕事はなく給料も安い」とのことで、
日本人には住みづらいところだと言っていた。

今回、ケアンズで話を聞いた人たち何人かの日本人が、
同じ質問に「物価は高いけど、給料はそれ以上に高いし、
社会福祉や厚生施設も整っていてとてもいい」
とのこと。
日本には帰りたくないという人もいた。

オーストラリアが国民の幸福度10位というのも頷けるのだ。

1 3.9.8ケアンズ⑤5日目 (65)
ケアンズの海べり(湾の海岸沿い)の広い公園の芝生が夕日に美しく輝いていた。
2 3.9.8ケアンズ⑤5日目 (17)
湾内は広大な干潟。自然が目の当たりなのだ。
3 13.9.1ケアンズ1日目①スカイレール (57)
花は別に咲いていたからこれは木の葉かも・・・。
4 13.9.1ケアンズ1日目①スカイレール (151)
澄み切った青に鮮やかなオレンジ(赤)。いかにも南国なのだ。
5 3.9.8ケアンズ⑤5日目 (4)
たった1本のレールのためのケアンズ駅。1日に数本しか出入りがないという。ホームもりっぱでした。
6 3.9.8ケアンズ⑤5日目 (2)
ゆったりと広い道路。交差点はどこも見通しがいい。
7 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (72)
街路樹、公園の樹木も巨木が目立つ。
8 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (2)
大橋巨泉さんの経営するショップ(お土産屋)。

無念の返納。海のいろ・いろいろ

新スキャン_0027
18年の間に会員としてプレーしたのは10回もない。我が家から車で10分もかからないのに・・・。

★無念の返納

ゴルフ会員権の返納。
あまり聞きなれない言葉だと思う。

ゴルフをやらなくなった。
持っているゴルフ会員権が売れない。
年会費が負担となってきた。

・・・などなどさまざまな理由で所有している会員権をゴルフ場に返納することだ。

     *

僕が18年前に買った会員権は一度の値上がりもなくただ下落を続けた。
その間、会員としてプレーしたのは10回にも及ばない。
これからもするとは思えないし・・・・。

と言うことで今日、無念の返納をしてきたのだ。

     ☆

新スキャン_0028
収録は13家、巻末の廃絶大名一覧も面白い。

★本「大名廃絶録」  南條範夫

収録されている13家の内容も面白いが、
付録として巻末にある廃絶大名一覧は眺めているだけでも面白い。

     ☆

★海のいろ・いろいろ・・・・・ケアンズ(グレートバリアリーフ)より
1 13.9.2ケアンズ②-①ノーマンリーフ2日目 (29)
2 13.9.3ケアンズ③ー①3日目ポートダグラス (41)
3 13.9.2ケアンズ②-①ノーマンリーフ2日目 (31)
4 13.9.2ケアンズ②-①ノーマンリーフ2日目 (41)
浮いているのはシュノーケリングを楽しむ人たち。
6 13.9.3ケアンズ③ー①3日目ポートダグラス (33)
5 13.9.3ケアンズ③ー①3日目ポートダグラス (20)
9 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (63)
8 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (37)
水の中の黒い影は餌づけで寄ってきた魚。
7 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (28)
ポイントのリーフ行くまでは2時間。3日間とも風が強かった。
13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (149)
12 13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (137)
サンゴの砂の島は海鳥のコロニー。モチ、立ち入り禁止。

簡単と思いきや受付はけっこう忙しい。キッチン横、出窓の前、居間の隅。クルーズ船紹介

新スキャン_0026
聴講者先着順40名は募集2日目で満杯になってしまったそうだ。

★簡単と思いきや受付はけっこう忙しい

我が“郷土史同好會”のK会長が郷土史講座の講師として講演した。
開場は我が家から自転車で5分ほどの馬宮公民館。

講座の演題は『馬宮ふるさと散歩』。
聴講者先着順40名は募集2日で満杯になってしまったそうだ。

・・・で、僕は今日の受付を頼まれた。

40名ばかりの受付なら簡単と思いきや、
出席者のチェック、資料渡しなどなどでけっこう忙しい。

開始時間前にいろいろ集中するからなァ・・・でした。

    ☆

CIMG8752.jpg
パートで勤めている娘からリースを頼まれた“ウオーターサーバー”。

★キッチン横、出窓の前、居間の隅

製品名は“ウオーターサーバー”。

今日から我がのキッチン横、電話の置かれている出窓の前、居間の隅に置かれた。
何しろ狭いので場所を説明するとソー(上記)なるのだ。

お湯が出て冷水が出てとても便利。

水(ミネラルウオーター)は購入。
“ウオーターサーバー”はリースなのだとか。

製品はS社製。
そのS社にパートで勤めている娘から家内が頼まれたらしい。

使い心地はしばらく使用した後で報告。

     ☆

CIMG8758.jpg
フラワーアレンジメント。

★ハローウィンバージョン

フラワーアレンジメント
    +
ドライフラワー
    +
ハローウィンバージョン。

嫁(同居中の息子の)の今月の作品。

     ☆

1 13.9.2ケアンズ②-①ノーマンリーフ2日目 (70)
ダイブ1日目=TUSA号。
2 13.9.2ケアンズ②-①ノーマンリーフ2日目 (12)
操舵席と客席が同じフロアだった。
3 13.9.3ケアンズ③ー①3日目ポートダグラス (9)
ダイブ2日目=SLVER SONIC号。
4 13.9.3ケアンズ③ー①3日目ポートダグラス (23)
帰りは思い思いに日向ぼっこ。
5 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (16)
ダイブ3日目=OCEAN SPIRIT CRUISES号。
6 13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (22)
メインホール(客室)でインストラクターからレクチャーを受ける。
この日は客が少なく100人以上も乗れる船に21人。
ダイブしたのはK氏と僕の2人のみだった。
行ったリーフ・ミコマスケイは珊瑚の白砂の無人島で人気ナンバーワンと言われるポイント。
1日150人しか島への上陸が認められておらず、
船には2人の監視員が乗り込んでいた。

★クルーズ船紹介・・・ケアンズのダイブから

グレートバリアリーフのダイブポイントまでは片道2時間。
クルーズ船の大きさがかなりのウエイトで乗り心地を左右した。

何しろ3日間とも強風下の海だったのだから。

ダイブ1日目=TUSA
ダイブ2日目=SLVER SONIC
ダイブ3日目=OCEAN SPIRIT CRUISES

3艇の中ではTUSAがいちばん小さい(55人乗り)。
しかも、双胴船ではないので揺れた。
とにかく揺れた。
僕が船酔いをしてしまったのは始めての経験。

SLVER SONICは双胴船で、
大きさは3艇の中の真ん中。
船酔いを警戒して、
行きはいちばん揺れの少ない船の後ろの真ん中でずっと寝ていた。
お陰でこの日は船酔いもせず3本をダイブ。
船の中での昼食も美味しく食べた。

OCEAN SPIRIT CRUISESも双胴船。
3艇の中では1番大きくて揺れも少なかった。
・・・が、この日は強風波浪警報下、
やはりほとんどを船の後ろの真ん中で過す。
ダイブとシュノーケリングで体力消耗?疲れもピークで食事はほとんど取れず。
帰りは2日目同様後ろの真ん中でずっと寝ていた。

それにしてもK氏夫妻の元気なことと僕のスタミナの無さ・・・。
どちらもあきれるほど。

10年ぶり?・・・夫婦だけの泊まりがけ旅行。ケアンズ報告

★夫婦だけの泊まりがけ旅行

家内と日光へ1泊旅行。
夫婦だけの泊まりがけ旅行はかなり久しぶり。

もしかして10年近いかも?
その間、旅行はしていてもいつも友人・グループとか親類と一緒だったりした。
別々に勝手に旅行もしているしなァ・・。

    *

家内が永年勤続(25年)のご褒美に会社から旅行券を貰った。
それで行ったのだ。
まァ、僕は家内に連れて行ってもらったようなものかなァ

1泊では遠くへは行けないので、
近場の日光中禅寺湖にした。

交通手段は車。
昨日は雨だったが今日は快晴。
快適なドライブが楽しめた。

13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (28)
1日目は雨の中禅寺を参拝。
13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (66)
中禅寺湖の朝。2日目は快晴、快適なドライブを楽しんだ。
13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (97)
竜頭の滝(滝上)と中禅寺湖。
13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (83)
早くも紅葉が・・。
13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (41)
「ナイフとフォークはどっちからだっけ?」と家内に聞いてしまった。
ナイフとフォークが並べられたフランス料理(コース)は超久しぶりなので・・・。
13.9.8-9中禅寺湖・迦葉山 (151)
ドライブの帰路は120号線を沼田方面へ。
関越道沿いの山の中腹にある迦葉山弥勒寺に寄った。
天狗で有名なお寺で一度行ってみたかったのだ。

     ☆

★始めての船酔いと水面浮き上がり・・・ケアンズ報告

グレートバリアリーフと言えば世界最大の珊瑚礁(地帯)。
何しろその面積は日本とほぼ同じというのだからスゴイ。

当然、世界のダイバーたちのあこがれ。
・・・・・で、僕も師匠K氏(ご夫妻)に連れられて行ってきたわけだ。
 
     *

1日目=キュランダ観光
2日目=ダイブ(ノーマンリーフ)
3日目=ダイブ(エイジンコートリーフ)
4日目=ダイブ+シュノーケリング(ミコマスリーフ)
5日目=休養

我々が行ったダイブポイントまでは
いずれも大型クルーズで片道2時間はかかる。

あいにくの空模様でダイブの3日間はともに強風。
海は荒れ気味で僕も初めての船酔い(1日目)を味わった。

リーフは珊瑚礁に囲まれているので比較的おだやかなのだが、
それでも3日目のミコマスリーフでは波に押し上げられて水面に浮き上がってしまい、
インストラクターに救助される破目に。

“K=”はK氏撮影の写真とキャプションです。

1 13.9.3ケアンズ③-②ポートダグラス3日目 (158)
海の中の風景。波がなければもっと透明度も高くサンゴや魚の色も鮮やかだったと思われる。
2 P1030790
K氏=ハタの仲間。体長1.2mほど。
3 13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (43)
幅が140センチ。発見されている中では世界一と言われるシャコガイ。
4 P1030565
K氏=大シャコガイの出水管(上の写真とは別のシャコガイです)。
5 P1030872
K氏=  〃
6 P1030846
K氏=ヤギー。ソフトサンゴの一種で赤い色が特徴。
7 P1030832
K氏=イソギンチャクカクレエビ(多分)。
8 13.9.2ケアンズ②-②ノーマンリーフ2日目 (8)
大きな魚をふんだんに見ることが出来た。ナポレオンフィッシュ。
9 P1030648
K氏=ほっぺにとげのあるクマノミ(スパイン・チーク・アネモネ)。
上のクマノミの白い帯がとげで分断されている。
10 P1030599
K氏=ネムリブカ。眠ってはおらず、すぐに動き出した。
11 13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (50)
海の中の風景。海うちわ。これもサンゴの仲間。
12 13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (114)
シュノーケリングでは亀を発見。インストラクターが写真を撮ってくれた。
13.9.4ケアンズ④ー①4日目ミコマスケイ (29)
強風波浪警報下にダイブポイントに向かう大型クルーズ(4日目)。
13.9.4ケアンズ④ー②4日目ミコマスケイ (53)
水面へ浮上してしまう。慌てて?無意識に撮った水面の写真(4日目)。
13 13.9.1ケアンズ1日目①スカイレール (18)
1日目の観光はキュランダ観光。熱帯雨林の森の中を走る。
14 P1030501
K氏=キュランダ鉄道の駅から見たバロン滝(落差260m)。写真タイムで数分間の途中停車。
15 P1030514
K氏=キュランダへの予約をとってくれたホテルフロントがお勧めだった
「バタフライサンクチュアリ」で見たユリシス(オオルリアゲハ)。
16 P1030529
K氏=キュランダ駅から帰りはゴンドラ(Skytrail)で熱帯雨林を下に見ながら空中散歩。全長7.5km。ストーレートにケアンズまでつなげれば世界一となったが、
熱帯雨林の景観を楽しませるために途中駅で乗り継ぐので世界一にはならなかったという。
17 13.9.1ケアンズ1日目①スカイレール (122)
18 13.9.3ケアンズ③-②ポートダグラス3日目 (67)
(スカイレールから見た)熱帯雨林の森と海の中のサンゴの森と似ていないか?



今日はこれから家内と1泊の温泉旅行

★今日はこれから家内と1泊の温泉旅行

オーストラリアのケアンズへ行ってきた。
スキューバーダイビングに行ったのだがあいにくのお天気。

船酔いから始まって最終ダイブでは救助されるはめに・・・・。
貴重な体験をしたケアンズの詳細は後日改めて報告。

1昨日の夜帰ったのだが、
すっかり風邪にやられてしまい昨日はダウン。

今日はこれから家内と1泊の温泉旅行。

5日目 (94)
5日目 (122)
ケアンズのホテル(コンドミニアム)から観た2つの虹。上の虹の30分後に出たのが下の虹。
3.9.8ケアンズ⑤5日目 (109)
左が古い(1967年。1976年)コイン。右が新しい(2006年)コイン。
エリザベス女王の顔が・・・新しいのは2重アゴに。

Index of all entries

Home > 2013年09月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top