FC2ブログ

Home > 2014年04月

2014年04月 Archive

ブログもしばらくお休みしなければならないかも・・・と心配したけれど

★ネットが繋がらなくなる可能性も・・・

先日、切り替えのできなかったネット回線(ソネット)を繋げに
今日の夕方、担当者が来ることになっている。

切り替えできなかった理由は、
どうやら8年前に購入した僕のパソコンが古過ぎることにあるようなのだ

パソコンは換えていないので、
本日も切り替えがうまく行くかどうか分からない。

場合によってはネットが繋がらなくなる可能性もある。
その場合はブログもしばらくお休みしなければならないかも・・・なのだ(午後3時)。

      *

午後5時15分。
ネットの切り替えは問題なく終了した。

コンピュータのハード部門を40年も歩んだ
超ベテランのおじさんがやってくれた。

ひとまずホッとした。

あとは10日前後に電話回線が繋がったところで、
これまでのNTTの解約を済ませる仕事が(電話)が残っている。

      ☆

I12MG.jpg
このような本を読むことがますます大切(必要)になってくるのではあるまいか。

★本「死の医学」への日記  柳田邦男

癌で亡くなった人を通して人の死へのあり方を学ぶ。
人の尊厳、悔いの残らない死・・・・・。
このような本を読むことがますます大切(必要)になってくるのではあるまいか。

※本文の中から
生きることはすばらしい。死ぬこともまたすばらしくありたい・・・・・加清氏の言葉
生涯をかけて学ぶべきは死ぬことである・・・・・・紀元1世紀のセネカの道徳論集より     

ゴローの「ここの記」日記のランキングは?

14.4.29 朝ジョグの雉 (2)
今朝のジョギング中に見た雉。農家の庭先だ。

★ゴローの「ここの記」日記のランキングは?

ゴローの「ここの記」日記を初めてほぼ丸4年となる。
自身ではずいぶん前から始めているような気がしているが、
まだ4年しかたっていないのだ。

僕のかっての山友にブログ暦10年がいる。
しかも、毎日更新しているからすごいのだ。

     *

さて、ゴローの「ここの記」日記はどれくらいの人にヒットされているか。
具体的な数は分からないが毎日ランキングが出る。

このブログのジャンルは“日記”と“ゆとり世代だ”。
多分“日記”という大きなジャンルの中でさらに細分化された項目に“ゆとり世代”があるのだと思う。

これまでの最高ランキングは
“日記”のジャンルで1343796人中1860位。
この時“ゆとり世代”では12403人中28位となっている。

あの東北大震災があった2011年3月のことだ。
この時だけは高順位だった。

それには理由がある。
震災にあった地の数年前の写真を紹介した内容だったからだ。

ちなみに、昨日は
“日記”のジャンルで370516人中4954位。
“ゆとり世代”のジャンルで8950人中134位だった。

はたして、病院は混んでいた。調査おじさんはいい人だった

1 14.4.28ブログ用 (10)
病院の駐輪場はいっぱい。連休中の病院は・・・で溢れている。

★はたして、病院は混んでいた

ゴロー××「△◎■さんどちらかへ行ってらしたんですか?」
△◎■××「病院からの帰りです」

病院へ向かう僕が近所の△◎■さんに出会ったときの挨拶(会話)だ。
△◎■さんは僕より3つ歳うえ、
数年前までは全国へ趣味の写真を撮りに愛犬とともに飛び回っていた。

その愛犬が死んでから、△◎■さんは写真撮影からも遠のいてしまっている。
これは本人から聞いた話だ。

     *

はたして、病院は混んでいた。
待合室は僕と同じくらいの年齢と思われる人ばかりだ。

席は空いていない状況で、
受付にはただ今3時間待ちと張り紙が出されている。

僕は継続の薬(逆流性食堂炎)をもらいたいだけだから、
当日受付でも問題ないのではと考えたのだが、その考えは甘かった。

受付嬢××「連休中は予約でいっぱいですから出来ません
(予約は受付られません)。

今日をご希望でしたら5時過ぎの夜間診察には予約はできますが、
予約はしても1時間かそれ以上待たされるかもしれません」。

連休中は成田空港は若い人びとで溢れているのだろうけど、
病院はお年寄りで溢れている?

何となく分かるんだよなァ・・・これが。

結局、診察(薬を貰う)のを諦めて帰ってきた。

      ☆

2 14.4.28ブログ用 (3)
調査おじさん××「えー、でも頼む人がいるので私らも仕事がもらえるので・・・」。

★調査おじさんはいい人だった

“調査立会い確認書”を持って、
測量会社(調査会社)の人がやってきた。

先日終えた下水道工事の市が発注した部分の事後調査だ
(事後調査を希望した家のみ対象)。

工事前に33ヵ所の写真を撮っておき、
工事後に再度同じヶ所の写真を撮って誤差があるかどうか調べるのだそうだ。

そして、最後にプリントした写真を確認のためにもう一度来るのだという。
とても面倒だし、お金と時間もかかる。

ゴロー××「始めからこんなに面倒と分かっていたら頼まないのに・・・」
調査おじさん××「えー、でも頼む人がいるので私らも仕事がもらえるので・・・」

ずいぶん理解のあるいい人だった。

     ☆

3 14.4.28ブログ用 (6)
寅さんと座頭市は永遠です。

★映画DVD 「座頭市関所破り」 安田公義監督

寅さんと座頭市は永遠です。

郷土史同好會88歳N顧問の絵画作品。朝の洗車

1 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (9)
8時10分過ぎに再び行ったらすでに洗車中の車のほかに4台が並んでいた。

★朝の洗車・・・出鼻をくじかれた

朝の7時に洗車に行った。

24時間営業のセルフGSなので、
早朝でも洗車が出来るかと思ったら洗車は8時からとなっていた。

8時10分過ぎに再び行ったらすでに洗車中の車のほかに4台が並んでいた。
朝いちばんと張り切ったのに出鼻をくじかれた思いだァ。

     ☆

★郷土史同好會88歳N顧問の絵画作品


郷土史同好會のN顧問を訪ねた。
我が家からは車で20分ほど。

およそ2年ぶりに行ったのだが、
家が分からず付近を行ったり来たりで40分かかってしまった。

     *

N顧問を訪問したのは、
会誌“むかしの馬宮”32・33合併号に掲載した「馬宮団地に住んだラオス人」
についての報告をするため。
記事はN顧問から聞いた話をヒントに僕が書いたものだからだ。

さらに、次号の企画についても相談をし、アドバイスをいただいた。

88歳になるN顧問は記憶力も抜群で、
誰よりも詳しくむかしの馬宮を語ってくれる。

郷土史同好會にとっては生き字引のような人なのだ。

      *

N顧問が趣味で書いているという絵を見せてくれた。

模写、写生・・・どれも素晴らしく上手い。
いまはただひたすら描いているだけなのだと言っていたが、
いつか発表の機会がくるといいと思った。

※N顧問の許諾を得たのでデジカメした7点を掲載します。

2 .IMG
平成4年にN顧問らが刊行した「馬宮のあゆみ」。
今では250ページの貴重な文献となっている。
3 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (32)
88歳の翁が今月に描いた作品。
4 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (20)
先月描いた川合玉堂の作品の模写。
5 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (26)
人物。
6 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (23)
人物。
7 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (30)
人物。
8 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (36)
模写。
9 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (40)
模写。
     *
10 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (49)
N顧問宅。庭はパターゴルフ(場)となっている。
11 14.4.27 洗車、中島顧問絵など (51)
14.4.27 洗車、中島顧問絵など (53)
N顧問宅の前はびん沼川。改修される前の荒川の本流だ。
蛇行した部分が沼となって残った部分。
釣りの名所で関東地方一円から釣り人がやってくる。

廃屋、田植え、菜の花の小道・・・今朝のジョギング中の3風景

★今朝のジョギング中の3風景

朝のジョギングでは走りながら周りをキョロキョロ。
立ち止まったりデジカメしたりで時間がかかる。

コピー ~ 14.4.26ジョグ中の土手と花
風景① 廃屋。土手下の農家。廃屋になっているのに気づいたのは今朝のことだ。
      *
14.4.26ジョグ中の土手と花 (3)
風景② もう田植えを終えてしまった田んぼ。
我が家の付近は5月に入ってから一斉に田植えが始まるのだがもしかしてこれは早場米?
      *
14.4.26ジョグ中の土手と花 (9)
風景③ からし菜の花の小道。

クイズ・・・この花は何の花。今の秋葉原の昔の秋葉原2景。電車マニアの気持

1 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (15)
我が家の庭で育っている〇×■△◎の木です。

★クイズ・・・この花は何の花

ヒント・・・・秋が見ごろの木です。
答えは今日のブログの最後。

    ☆

2 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (7)
牡丹の花は今年は3つだけ。
ピンクの牡丹は4,5年前に枯れてしまっている。
我が家の庭で牡丹に日が当たるのは1日のうちに数時間のみ。
他所の牡丹はもう終っているのにやっと満開なのだ。
      *
3 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (22)
日陰?の椿。
僕の剪定が悪くて10年以上も花を咲かせなかった白椿。
買ったときは枝ぶりも見事なもので、
植木屋さん(故人)が丹精込めて育てたものだった。
狭い庭では枝の伸びを制限しなくてはならず、
ある日、ほとんどの枝を切ってしまったのだ。
以来、花は咲かず、枝が伸びればまた切るを繰り返していた。
先日、葉の下に隠れて数輪の花が咲いているのを発見。
背丈の低い椿なので、これまで葉に隠れていて見えなかったのだが・・・。
      *
4 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (26)
タンポポが咲き始めたのはここ数年来のこと。
可憐な気がして抜く気にならない。
それに孫たちがたまに花で遊んだりするし・・。

     ☆

★庭の花3種

我が家の庭では季節になるといくつか花が咲く。
ハナズオウ、椿、萩が終わり、
今はクイズの〇×■△◎の木、牡丹、タンポポ、ツツジが咲いている。

手入れもせず、草も抜かずで決して美しくはないが、
それでも花が咲くのはいいことだ。

     ☆

★今の秋葉原の昔の秋葉原2景
5 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (29)
コスプレ嬢が立ち並ぶ秋葉原の商店街(1本裏通り)に昔の面影を残すお店その①“田中すだれ店”。
6 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (32)
コスプレ嬢が立ち並ぶ秋葉原の商店街に昔の面影を残すお店その②“構かまぼこ店”。

      ☆

7 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (41)
最後尾の車両に乗って車掌室を通して過ぎ行く景色を眺めながら乗る。
今日は(帰宅のために)上野から大宮まで宇都宮線を利用した。

★電車マニアの気持

電車のいちばん前の車両に乗って運転席から前の景色をながめながら乗る。
最後尾の車両に乗って車掌室を通して過ぎ行く景色を眺めながら乗る。

旅を楽しんでいるような気分にならないか?
僕はけっこう好きだ。電車マニアの気持が分かるような・・・。

     ☆

8 14.4.25秋葉原。庭の花木、電車の最後尾  (4)
昨夜の我が家の夕食は回転寿司。

★回転寿司

昨夜の我が家の夕食は回転寿司。

オバマ大統領と安倍首相の夕食メニューに合わせたわけではないけど、
2人が行ったすし屋も回転寿司にすれば良かったのに・・・と思った。

もしそうしたらの効果は想像に難くない。

多分、国民の大半が(名も知らない)超高級なすし屋の暖簾を見てそう思ったのでは・・・
と思ったのだがどうかしら?

     ☆

※クイズの答え・・・・・ななかまど
秋の紅葉の美しさの代表格。
しかし、我が家の庭では色づく前に葉が落ちて(枯れて)しまいます。

ソネットへの切り替え事件。僕のアドバイス

CIMG4388.jpg
ソネットに切り替えのための外の工事。今日はNTTの人が3人も来ておこなった。
CIMG4390.jpg
説明パンフを見ながら健闘するが結局繋がらず。
電話でのやりとりによるパソコン操作(設定など)は1時間にも及んだ。

★あ~、またまた要らんことをしてしまったのか?

僕にとってはこれはもう一つの事件だ。
“ソネットへの切り替え”事件とてもよぼうか。

電話回線(通信)をNTTからソネットに変更手続きをした。
これがまたまた“要らんことをした”になりそうなのだ。

ソネットから何度も電話で勧誘があったのは昨年のことだ。
根負けしたわけではない。

ただ、電話代や通信回線の基本料金がかなり下がるというし、
実際にソネットに切り替えている人も多い(ネット調べ)から、
話(勧誘)に乗ったのだ。

切り替えに当たって工事が2度行われた。

1度目は21日。
これは室内のモデムの取り付けなどだ。

2度目が今日、
今日は外の配線工事だった。

・・・で、回線の切り替え、つまりネットは今日からソネットになる予定だった。
(電話回線は1週間後)

     *

ところが、これが繋がらない。

理由はパソコンが古過ぎるらしいのだ。
セキュリティが問題らしい。
現状のままでは古い機種にネット回線を繋げることが出来ないというのだ。

古い機種に繋げるには
セキュリティレベルをかなり下げて繋げるのだそうだ。

そのようなこと含め、
パソコンを前に携帯電話のやり取りで操作したのだが、
結局、それでは(僕には)繋げることはできなかった。

30日に改めてソネットのサービス係の人が来ることになった。

それでも100パーセント繋がるかどうかは分からないという。
しかも、サービスの機種は1台のみ。

我が家にはもっと古いデスクトップと、
数年前に買ったiPadの1号機もあるのだ。

     *

何でもなく、ごく普通に今日までパソコン(ネット)を利用してきたのに。

あ~、またまた要らんことをしてしまったのか?

30日を待たねば結果は分からないが、
年寄りたるものあまり良く分からないことに口を挟んだり、
手を出したりはしないほうがいい・・・と強く反省している。

     ★

CIMG4398.jpg
レッスンプロは40分間、息子に打ち方とフォームを教えた。

★僕のアドバイス

息子(同居中の次男)とゴルフの練習(球打ち)に行った。

息子と練習場へ球打ちに行くのは初めてのことである。
つまり、息子がクラブを握るのが初めて(実際は2度目らしいが)のことなのである。

僕はあまりにも下手なので教えられない(教えることはしない)。

そこで、
「はじめは練習場にいるレッスンプロに正しいフォームを習いなさい」
とこれが僕のアドバイスであった。

     

テレビが壊れた。今朝のジョギングの風景

0 14.4.23朝ジョグ・テレビ修理 (55)
修理と言っても回路を交換するだけだ。法的に備品の保存期間は7年間だとか。

★テレビが壊れた

テレビが壊れた。

吉永小百合が宣伝していた(る)シャープのアクオス。
購入してからまだ8、9年しかたっていないのだ。
当時40万円も出して買った。

それが10年も持たずに壊れてしまうとは・・・。

     *

「新しいのを買うか修理するかどっちがいいかは何とも言えません」
・・・と電器屋も修理に来たメーカーの人も同じことを言った。

「修理しても3年でダメになるか5年でダメになるか、
もしかしたらもっと持つかも知れませんが」
・・・と、コレも同じことを言った。

なるほど、ネットで家電製品の寿命を調べたら、
だいたいどれも7~10年のようだ。

昔の電化製品はもっと持ちが良かったと思うが?

我が家の古いエアコンなどはもう20年以上になるが、
修理などしたことがない。
これはどういうことなのだ。

      *

ソー言えば、日本の家電製品が苦戦を始めたのはアクオスの発売ぐらいからじゃないか?
たちまちサムスンに抜かれた。

「こんなにすぐに壊れてしまうんじゃ、
次は僕だってサムスンを買うぜ」・・・と修理のお兄さんについ嫌味を言ってしまった。

“日本の自動車は丈夫だが家電はすぐに壊れる”
僕は日本製品の認識を変えたぜよ(何故か土佐弁)。

結局、修理はしてもらった。
その代金は29160円だった。

      ☆

★今朝のジョギングの風景
1 14.4.23朝ジョグ・テレビ修理 (5)
久しぶりに雉の鳴き声を聞いた。3ヵ所で3羽を目撃。
     *
1.5 14.4.23朝ジョグ・テレビ修理 (33)
桜草フェスティバルが昨日まで行われていたようだ。荒川に架かる治水橋の下で・・。
2 14.4.23朝ジョグ・テレビ修理 (38)
桜草は草の中に埋もれていた。
     *
3 14.4.23朝ジョグ・テレビ修理 (46)
この冬の大雪で壊れてしまったらしいビニールハウス。
そのままと言うのが痛々しい。

要らんことをして・・・・・・歳を取るとシリーズ①

★要らんことをして・・・・・・歳を取るとシリーズ①

今朝のこと、
要(い)らんことをしてネットが繋がらなくなってしまった。

余分と思われるプログラムを削除しようと、
最近インソールしたプログラムを考えもせずに削除した。

それがバッファローというプログラム。

・・・・と、その直後からネットが繋がらない。

しまった!と思ったがもう遅い。
また要らんことをしてしまった。

    *

「また、貴方は要らんことを言って・・」とか
「また、要らんことをして・・・」とかは
若い頃によく家内に言われたことだ。

同じようなことを何度も繰り返し、
そのたびに反省もしたりしてきたはずなのに・・。

どうもいけない。

あまり深く考えずに、
良く分かりもしないくせに要らんことした。

僕の場合、歳をとっても相変わらずのようだ。

いや、かえって増えたかもしれない。
要らんことばかり考えるし・・・。

     *

結局、電気屋さんがパソコンの操作を直しに来たのは夕方の4時半。
しかも、バッファローとネットを繋げるセッティングとは関係ないのだそうだ。

どうやらバッファローのプログラムを削除したときに、
ネットのセッティングも解除されてしまったらしく、
電器屋のおじさんはわずか2、3分で繋げ直した。

反省!・・・もう、要らんことはしないように。

     ☆

11 4.4.22試運転車両ブログ用 (5)
走りながらデータ収集する電車のようだ。

★試運転電車は調査車両?

珍しい車両の電車が止まっていた。

試運転となっっているが、
各車両には何か調査用と思われる器械が設置されている。
走りながらデータ収集する電車のようだ。

     ☆

2 14.4.22試運転車両ブログ用 (9)
100~200円コーナーの俳句、詩集、短歌などの書棚。

★思いがけない“読みたくなる”本が・・・

大宮へ出たのでブック・オフへ寄った。
1時間半ほどの時間調整には丁度いい。

買う目的の本がないときは、
僕ははじめから100~200円の本棚しか見ない。

100~200円の本棚には図書館でも見かけないような、
思いがけない“読みたくなる”本が見つかる。

いや、反対に安いから読みたいと思うのかもしれないが・・・。

結局、5冊を買った。
厚い単行本が3冊もあるのでかなりの重さ。
ブック・オフの袋は少々薄い。
途中で破れるのではないかと心配しながら知人との待ち合わせ場所へ向かった。

     ☆

3 MG_0001
ベスト・ファーザー イエローリボン賞の受賞者たちのインタビュー集。

★本「父から子へ伝えるもの」親父の履歴書  日本ファーザーズ・デイ委員会・監修

ベスト・ファーザー イエローリボン賞の受賞者たちのインタビュー集。

旅のガラクタ(我楽具多)

★旅のガラクタ(我楽具多)

庭の隅のガラクタ類は旅のガラクタ(我楽具多)でもある。
ガラクタではあるが旅の想い出が詰まっている。
捨ててもいいものばかりだけれど捨てられない。

いちばん古いものが赤石で25、6年ほど前(多分)に、
当時勤めていた会社近くの植木屋で購入した。

いちばん新しいのが、
山岳民族の土産で4年前のものだ。

買ったもの、拾ったもの、貰ったものがある。

買ったものでいちばん高いのが赤石で当時4万円。
佐渡の赤石なら30万円はするのだけど、
これは青森産だから安いのだと植木屋に言われた。

価格的に安いのは山岳民族の土産で500円。

値段は分からないが、
知人から貰った観賞用の深沼木(?)は結構高いのだそうだ。

14.4.11ブログ用赤札屋 (8)
ブログ差し替え用IMG
他に北茨城の磯で拾った牡蠣の殻が写っている(ホタテの貝殻の上)。
下の台にしている石は三波石の敷石(植木屋から購入)。

第41回季風会展第7日目(最終日)

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-20 Sun 23:09:28
★打ち上げはカラオケで・・・第41回季風会展第7日目(最終日)

第41回季風会展(僕の所属するグループ展)が無事終った。
今回も多くの人たちが会場を訪れてくれた。

ほとんど1年に1度しかあえない人たちなので、
会えば懐かしく話がはずむ。

それが僕にとってはグループ展の楽しみのひとつなのだ。

何より見てくれることがまた次を描こうという励みとなっている。
その意味でも会場を訪れてくれた人たちにはとても感謝している
・・・・心からお礼を申し上げたい。

      *

会場の撤収(後片付け)は手馴れた?もので素早い。
30分ほどで終ってしまった。

打ち上げは銀座6丁目のパセラというカラオケ店。
このあたりカラオケ店がいくつもある。
競争も激しい?のか飲食付き2時間で4000円はまずます。

14.4.20季風会7日目カラオケ (17)
銀座6丁目のカラオケ店パセラ。

第41回季風会展・・・・・作品紹介⑤

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-19 Sat 21:33:03
★第41回季風会展作品紹介⑤

いよいよ明日で第41回季風会展も終わりとなった。
1週間があっという間に終ってしまう。

作品の紹介も今日で最終。
今回は病気で出展できない会員もおり、
展示数が減った。

    *

今日も多くの人が見えた。
まったくありがたいことである。

1 14.4.19季風会6日目・ゴロー絵 (46)
明日で第41回季風会展も終わり、1週間があっという間に終わる。
2 14.4.15季風会2日目 (43)
「ロワールの古城」竹澤順一。
3 14.4.15季風会2日目 (46)
「サンフランシスコの想い出」竹澤順一。
4 14.4.15季風会2日目 (51)
「むかし森だった面影Ⅱ(ラオス)」鈴木五郎。
5 14.4.15季風会2日目 (63)
「メコン川沿いの五平餅売り(ラオス)」鈴木五郎。

第41回季風会展作品紹介④。合作絵画(みんなで描いた絵)↓

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-18 Fri 22:00:26
★第41回季風会展作品紹介④

今日は小雨の肌寒い1日。
来場者も少なかった。

そのお陰?
会場ではお客様とゆっくりとお喋りが出来た。

14.4.15季風会2日目 (65)
「のほほん」岡部靖雄。
     *
★合作絵画(みんなで描いた絵)↓
日本とラオスの文化交流の一助となることを目的に
季風会会員によるビエンチャンの「絵画教室」に集まった
小学生、中学生、高校生、大学生が
「平和」と「愛」のテーマで合作して描いたものです。
14.4.18季風会展5日目。合作絵画 (9)
“平和”F40号
高校生およそ20人と大学生2人が参加。
ラオスは1975年の建国まで長い間戦禍に苦しみました。
平和はラオスの人びとの心からの願いです。
14.4.18季風会展5日目。合作絵画 (8)
“愛”F40号
高校生、中学生、小学生らおよそ50人が参加。
家族、友達、森や自然、動物たち、もちろん恋人・・・
さまざまな愛が描かれています。
     *
※季風会会員によるラオスビエンチャンでの絵画教室に
昨年50000円の賛助金が寄せられました。
合作絵画制作にあたってはその賛助金を使わせていただきました。
※制作参加者はてっちゃんねっとトレーニングセンター(日本語教育)生徒、
ドンドック大学学生、ビエンチャン高校と同中学の生徒、近所の小学児童らです。

第41回季風会展作品紹介③。本「夫婦が死と向き合うとき」

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-17 Thu 21:53:23
★第41回季風会展作品紹介③

季風会4日目。
今日もご来場ありがとうございました。

1 CIMG4220
季風会4日目は来場者が少なく静かな1日だった。
2 14.4.15季風会2日目 (33)
「御嶽渓谷」大内勝郎。
3 14.4.15季風会2日目 (36)
「乗鞍展望」大内勝郎。
4 14.4.15季風会2日目 (39)
「錦繍の大雪山」中馬誠二。
5 14.4.15季風会2日目 (37)
「奥日光・展望」中馬誠二。
      *
6 14.4.15季風会2日目 (57)
今年も両国の“ちゃんこ川崎”からお祝いの胡蝶蘭が届けられた。



カバーIMG
この本では「死の棘」の著者島尾敏雄についても触れている。

★本「夫婦が死と向き合うとき」 吉田敏治

図書館の書棚にこの種の本がけっこうあるのに気づいた。
しっかりとした内容と90冊を超える参考文献に驚き。

この本では「死の棘」の著者島尾敏雄についても触れている。
この本(その部分)を読んでから「死の棘」を読むとずっと
理解が深められたかもしれないと思った。

というのはずっと以前のことだが
「死の棘」を僕は読みきることが出来なかったからだ。

第41回季風会展作品紹介②。春の風景ツー・ショット・

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-16 Wed 22:09:10
★第41回季風会展作品紹介②

早くも3日目が終った。
今日も多くに人に見てもらった。

遠方からわざわざ来ていただいた方々、
心よりお礼申し上げます。

1 14.4.15季風会2日目 (25)
「秋景の水辺」西村弘美。
2 14.4.15季風会2日目 (27)
「公園の散歩道」西村弘美。
3 14.4.15季風会2日目 (30)
「旋律の余韻」西村弘美。
4 14.4.15季風会2日目 (19)
「裏磐梯 中瀬村」宇都宮美千子。
5 14.4.15季風会2日目 (22)
「湖畔」宇都宮美千子。
     *
6 14.4.16季風会3日目ブログ用 (23)
朝一番の来場者は中国から来た人たち。
7 14.4.16季風会3日目ブログ用 (29)
銀座画廊A室の会場入り口看板。
8 14.4.16季風会3日目ブログ用 (18)
画廊受付横の通路の生け花。流派は“池の坊”だそうです。

     ☆

★春の風景ツー・ショット・・・今朝のジョギングから
9 14.4.16季風会3日目ブログ用 (6)
10 14.4.16季風会3日目ブログ用 (9)

第41回季風会展作品紹介①

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-15 Tue 22:08:53
★第41回季風会展作品紹介①

今日も多くの方々に見ていただきました。
ありがとうございます。

1 14.4.15季風会2日目 (5)
「房総のみさき」粕谷良雄。
2 14.4.15季風会2日目 (2)
「松島を望む」粕谷良雄。
3 14.4.15季風会2日目 (8)
「愛しき枯花たち」本田節子。
4 14.4.15季風会2日目 (11)
「初夏の自然公園」本田節子。
5 14.4.15季風会2日目 (14)
「やよいの空は」谷内久子。
6 14.4.15季風会2日目 (17)
「晩秋の日野原村」谷内久子。
      *
7 14.4.15季風会2日目 (57)
お祝いにいただいた“胡蝶蘭”
21㌫案内状 IMG_0004
案内状。会期中は毎日会場におります。

季風会展が始まった。銀座ツー・ショット

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-14 Mon 22:18:47
案内状G_0004
第41回季風会展は20日(日)まで。近くにお越しの折にはぜひお寄り下さい。

★季風会展が始まった

季風会展が始まった。
会場は昨年と同じ東京銀座画廊。
14~20日(日曜日)の10時~6時(最終日は5時終了)まで。
※期間中は僕は毎日会場にいます

今日、初日は午前中が準備。

伝票に書き込んだ搬入日の間違いは訂正されていて、
無事荷物(絵)は会場に届いていた。

良かったァ・・・なのだ。

    *

準備終了とともに早速お客さんが見えた。
わざわざ足を運んで下さった方々、
ありがとうございます。

14.4.14グループ展1日目 (5)
見てもらうことがいちばんの励みになります。

      ☆

★銀座ツー・ショット
14.4.14グループ展1日目 (9)
工事中の松坂屋跡。
14.4.14グループ展1日目 (11)
夜の銀座の灯り。行くたびに、見るたびに新しくなっている感じがします。

プロの生落語鑑賞100円・・・花まつりイベント。火星が見えた!

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-13 Sun 19:43:01
  • 祭り
★プロの生落語鑑賞100円・・・誓顕寺の花まつりイベント

お釈迦様の誕生を祝う
“花まつり”はあまり見かけなくなった。

4月8日、甘茶が花祭りのキーワード?

     *

我が家から100メートルほどの誓顕寺。
寺でも一見ふつうの住宅風。

このお寺では毎年花まつりイベントを行っている。
バザー、模擬店、落語とけっこう楽しめる。

もう25年近くも続けているそうで、
和尚さん、奥さんそれと檀家?など関係者は大変だろう。

僕も含めて近所のお年寄りたち、
我が家の孫も含めてちびっ子たちで会場は大賑わいなのだ。

流しソーメン子ども50円、大人100円、
具だくさん焼きソバ200円、
おこわ弁当200円、
フランクフルト1本50円、
ヨーヨーすくい50円、
プロの生落語鑑賞100円・・・などなどかなり良心的なのだ。

14.4.13花まつり,誓顕寺 (38)
誓顕寺の花まつりイベント。会場はお寺の駐車場と本堂前と本堂内。
14.4.13花まつり,誓顕寺 (43)
法話ではありません。三遊亭円遊師匠の落語です。1時間たっぷり笑いました。
14.4.13花まつり,誓顕寺 (34)
僕もお釈迦様に甘茶をかけた。子どものころ以来だった。
14.4.13花まつり,誓顕寺 (31)
本堂前の流しソーメンは大人気。モチ、僕も我が家の孫3人も美味しくいただいた。

      ☆

14.4.13花まつり,誓顕寺 (3)
月の左斜め下の輝く点が火星。

★火星が見えた!

昨夜10時過ぎ携帯に知人からメールが入ってきた。
内容は「月の横に火星が見える。赤く輝いているからすぐに分かる」
というものだった。

早速、表に出てみた。
見えた!

とんだドジ。“むかしの馬宮”第32・33合併号・・・・馬宮郷土史同好會。贅沢な稽古

★とんだドジ

とんだドジをやってしまった。
来週から始まる季風会に出品する予定の作品4点の搬入(送付)を昨日ヤマトに頼んだ。

搬入予定は14日の午前中。
・・で、ヤマトの伝票に14日と記入すべき欄に15日と書いてしまったのだ。

そのことに気づいたのは昨日の夜8時。

     *

今朝いちばん(8時)でヤマトの営業所に行き、
間違いを伝えて14の午前中に届くように変更を指示してもらった。

だけど心配。

       ☆

IMG.jpg
僕が調べて書いた記事は「馬宮団地に住んだラオス人」。

★“むかしの馬宮”第32・33合併号・・・・馬宮郷土史同好會

3ヶ月ぶりに馬宮郷土史同好會の例会に出席。
“むかしの馬宮”第32・33合併号が出来上がっていた。

    *

僕が書いた記事は「馬宮団地に住んだラオス人」。
馬宮地区とは附近一帯の呼び名で地名として残っているわけではない。
僕が今住んでいる家も馬宮地区に属する。

なぜ、多くのラオス人が馬宮地区に住むようになったのか?
その謎を解く内容だ。

原稿は昨年ラオス在住の折に書いたもの。

     ☆

2 IMG_0001
“武州麦打唄”の判子がもらえた。

★贅沢な稽古

稽古に来たのは僕も含めて4人。
三味線、尺八、横笛の演奏してくれる先生方は5人。
なんとも贅沢な練習(稽古)だ。

4曲も唄わせてもらえた。
おまけに“武州麦打唄”は判子までもらえたのだ。

クイズ・・・このキャラクターのモチーフは?。捨てねばならぬ物。“墓の話題に愚痴はなし”

1 14.4.11ブログ用赤札屋 (15)
大宮駅の構内で長野県飯田市の観光PR。

★クイズ・・・真ん中のキャラクターのモチーフは何?

大宮駅の構内で長野県飯田市の観光PRをしていました。
アナウンスのお姉さんが地元のゆるキャラを紹介しています。

ゆるキャラの名前はナスキー。
『筋がシャキッと通ったスキー、スノーボードがとっても大好きで上手なみんなの人気者!』
とネットで紹介されています。

お姉さん××「・・・ピーマンと答える人が多いのですが違います」

ということで、ではいったい何をモチーフにしたのでしょう?
答えは今日のブログの最後。

     ☆

2 14.4.11ブログ用赤札屋 (3)
今日の捨てるものはスキャナーだ。

★断腸の思い?で・・・捨てねばならぬ物

冬の間に使用したガスストーブをしまう場所がない。
きっと何かまた物が増えたのだ。

しまう場所を確保するために、
あっちこっちの荷物を移動している間に
またまた捨てねばならぬ物がでた。

今回はスキャナーだ。

何年前に買ったものか忘れてしまったが、
使用回数はそれほど多くはない。

当時1万円を超えたくらいの価格で買ったのだが、
数年して新品にスキャン、コピー機能つきプリンターを5000円で購入したときに、
お役御免になったものをしまいこんでいたまますっかり忘れていたのだ。

他にも捨てていいものが出てきた。

100枚を超すレーザーディスク盤とプレーヤーだ。
レーザーディスクは知人から譲り受けたもので、
オペラなどかなり上質な内容だ。

レーザーディスクは秋葉原まで行って中古を購入したもの。
しかし、このプレーヤーは試して見ただけで、
実際には購入して一度も使用していない。

これも捨てるのは時間の問題ってところだが、
いちどハード・オフに行って
引き取ってもらえるかどうか聞いてみることにする。

      *

古いカメラ機材、衣類、台所用具、その他ドイト用道具類、
本ガラクタに近い昔の品々など、
狭い我が家の収納部分にしまわれているものはほとんどが
多分不要物でいっぱいなのだ。

もう何年も開けても見てもいないものが大半なのだから。

      *

それでも7、8年前、
息子が同居するにあたって幾つかの家具、2000冊近い(多分)本と、
オーディオセット、300数十枚のレコードなどを捨てている。
(本とレコードはそれぞれ5000円、6000円で業者に引き取ってもらっている)

何らかの事情で捨てざるを得ない。
あるいは、もういいだろうと思えるようになるまでしまっておいた。

どっちにしても捨てるときには断腸の思いなのだ。

     ☆

4 14.4.11ブログ用赤札屋 (21)
陶芸作家を志すM氏の近作。見事な一輪挿しだ。ロクロは使用していないとのこと。
5 14.4.11ブログ用赤札屋 (28)
同じく蛙。表情もユーモラスで色もいい。

★“墓の話題に愚痴はなし”

会社勤務時代の気の置けない仲間たち4人の飲み会。
場所は毎度同じ、新橋でいちばん廉価ではないかと思っている赤札屋。
(4時間半も年寄り4人が粘ってしまい店長さんゴメンナサイね)

当時、庶務として我々の面倒をみてくれたSさんが参加してくれた。

Sさんは先月定年を迎え今日は何回目かの送別会なのだそうだ。
その前に我々の飲み会に顔を出してくれたというわけなのだ。

     *

女性が加わると年寄りの話題も明るい、いや明るかった。
Sさんがいなくなるとなぜか話題がお墓。

健康問題を通り越してのお墓の話に盛り上がったのはなぜだろう?
4人に共通した何かが・・・。

“墓の話題に愚痴はなし”

これが今日の飲み会の僕なりの結論です。

    *

※クイズの答え=野沢菜 
紹介ページのアドレス http://www.yurugp.jp/entry_detail.php?id=1467

孫の入園日。映画「凶悪」。ジョギングタイム

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-10 Thu 21:01:15
  • 映画
★孫の入園日

今日は下の孫(3歳・男)の幼稚園の入園式だ。
パパ、ママと3人連れで行った。

一昨日は上の孫(6歳・女)が小学校の入学式。
本人たちにはもちろんだが、
パパ、ママにとっても大イベント。

4人とも疲れた様子で、
午後はお昼寝タイムをとっていた。

      ☆

14.4.10 DVD 凶悪ブログ用 (14)
暖かい日差しの下を超ゆっくりでジョギング。
今日は荒川とゴルフ場の間の土の道を通る僕のお気に入りコース。

★暖かい日差しの下で走るのは快適

僕は1日中、つまり朝から晩までお昼寝タイム。
唯一今日動いたのは午後2時から3時までのジョギングタイム。

暖かい日差しの下で走るのは快適だ。
超ゆっくりランでも1時間もすると汗ばんでくる。

シャワーで汗を流したら、
やっぱりお昼寝タイムになったのだ。

      ☆

14.4.10 DVD 凶悪ブログ用 (13)
見ごたえもあっていい映画だけ思うけど・・・・。

★映画DVD 「凶悪」 白石和彌監督  2013年

白石監督の長編第1作目なのだそうだ。
犯罪映画だけど、主人公(主役)には介護問題をからませたりしている。

見ごたえもあっていい映画だけ思うけど・・・・。

・・・・の部分は少しくらい場面(画面)が多過ぎるかなァ。
暴力の場面が多いとどうしてもそうなってしまうのかも。

スポーツ自転車を処分した。本「妻への遺言」

1 14.4.9ブログ用スポーツ用自転車破棄回収 (1)
不用品回収業者は久喜(20キロ以上離れている)から来たという。
2 IMG
不用品回収業者のパンフレット。

★スポーツ自転車を処分した

スポーツ自転車を処分した。

玄関先で“不要な物を無料で引き取ります”のアナウンスを聞いて、
ほとんど衝動的に呼んでしまった。

①タイヤが両方ともダメ(多分パンクではない)で、
取り替えると1万数千円はかかってしまう(多分)。
その交換するタイヤもメーカーにあるかどうか分からない(らしい)こと。
②荒川サイクリング道路が昨今のブームで利用者が多い。
若い人、チームでなどの利用者が多く、
年寄りがうろちょろして走るのは邪魔になるし危険でもあること。
③ここ数年は年1回乗るかどうかで、この先もひんぱんに乗ることは
まず無いだろうと思ったこと。
④30年近くも前に買った自転車でありこと。

以上の理由からではあるが、
それでも捨てるか何としてでもタイヤを替えて
もう少し使用するかで迷っていたのだ。

ほとんど衝動的に処分したのだが、
それで良かったのかもしれない。

物を捨てる決心はなかなかつかないものだ。
長年使用したりした愛着のあるものはとくにそうだ。

ソー言えば、
衝動的に捨てたほうがいいと思われるもの、
我が家にはまだまだあるかも・・・。

      ☆

3 14.4.9ブログ用スポーツ用自転車破棄回収 (17)
花が満開!これならバスを待つのも悪くない。

★図書館(コミュニケーションセンター)前の花が満開

図書館(コミュニケーションセンター)前の花が満開。
これならバスを待つのも悪くない。

      ☆

4 14.4.9ブログ用スポーツ用自転車破棄回収 (8)
5 IMG_0002
6 IMG_0003
写真中と下は妻へ遺言を述べた(インタビューを受けた)人たち。

★本「妻への遺言」 根本直樹

32人の夫から妻への遺言というか感謝集みたいな・・・。
なぜなら、ほとんどが妻を前にしてのインタビューだからだ。

筆者があとがきでも述べているが、
32人は一流の人ばかり。
モチ、経済的に困ることがないひとばかり。

夫として好き勝手なことをしてきたことへの反省があり、
好き勝手を理解してくれた妻へのいたわりと感謝の言葉がほとんど。

ピカピカの中一とピカピカのお母さん

★ピカピカの中一とピカピカのお母さん

2時間ほど近くの公園で孫が遊ぶのを見ていた。

今日は上の孫(6歳)の入学式で、
まァ、2人でお留守番ということなのだ。

14.4.8琵琶島公園ブログ用 (1)
近くの中学校でも入学式。
ピカピカの中一とピカピカのお母さんが、
何組も公園の前を通って行った。
     *
14.4.8琵琶島公園ブログ用 (10)
琶島公園ブログ用 (14)
砂場にシャベルで穴を掘りだしたのは小学生4年生。
ずいぶん大きな子のお砂場遊び?
シャベルで30センチも掘ると底に水が溜まる。
それが面白くて遊ぶらしい。
さらに2人の小4が加わり穴を大きく広げて何か作り始めた。
孫は砂場を追い出されてしまったようで、
孫××「ねぇ爺、トーマスのDVD(TUTAYAへ借りに)行こうよ」

冨士山は世界一の撮影ポイントを持つモチーフ?

★冨士山は世界一の撮影ポイントを持つモチーフ?

富士山をスケッチしに行った。
御殿場でレンタカーを借りてポイントを探してぐるりと一周。

     *

冨士を眺めながら思ったのは
①富士山ほど撮影ポイントの多い山は他にないのではないか?
②冨士山ほど写真に撮られている山は他にないのではないか?
・・・と言うことだ。

その理由として
①360度どこもポイント(どこからでも撮影可)。
②高さは0~3776メートルのどの高さもポイント。
③春夏秋冬季節によって異なるポイント(風景)。
④富士山を中心としての距離ポイント(遠方は伊勢からも見えるなど数百キロにも)。
⑤空撮。機上からの撮影も可
⑥これまでに撮った(撮られた)画像数(日本人の写真好・訪れた観光客なども考慮)。

要するにポイントは①×②×③×④×⑤だけあるので、
その数は天文学的になるのだ。

高尾山がいくら世界一登山者が多くても、
撮影ポイント限られているし、
撮影者数も画像も比較にならないくらい少ないだろう。

だいいち高尾山そのものをモチーフと捉えるのは、
ハイキングのガイド本くらいではないか?。

冨士山は世界一の撮影ポイントを持つモチーフだ
・・・と思った(気づいた)のだがどうだろう。

それとも富士山を超えるほどの撮影ポイントを持つモチーフが、
世界のどこかにあるだろうか?

14.4.7富士山 (83)
忍野八海の“榛(はん)の木林民族資料館”と冨士山。
写真集に何度も出てくる人気の撮影ポイントだ。
14.4.7富士山 (42)
25年ぶりぐらいで行った忍野八海。今回は中国人の観光客が多かった

1年に1回(会)元気を確認しあう花見の会。マリンダイビングフェア

★1年に1回(会)元気を確認しあう花見の会

今日は花見だ。
花見なのになぜカテゴリーがジョギングorマラソンなの?

“ホノルルマラソン同窓会”の花見だからだ。
かってホノルルマラソンをとも走った仲間たちの花見を兼ねた同窓会というわけだ。

毎年4月の第1日曜日。
場所も皇居の北側にある千鳥が淵公園と決まっている。

もう20数年続いているのだからすごい。
最高齢のSさんは84歳、しかも愛知県の碧南市からわざわざやってくる。

Sさんをはじめ72歳のお2人と60代の幹事さんがマラソンレース現役。
とにかくみな元気なのだ。

1年に1回(会)元気を確認しあう。
こんな花見の会があってもいい。

1 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (71)
毎年、この旗のかざしてある場所に集合する。
2 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (63)
今日は花冷え。
途中、パラリと雨も落ちてきたが幸い傘でしのげた。
昼頃に降ったその雨を挟んで10時半から1時半まで、
3時間の花見同窓会だった。
3 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (31)
東京駅から花見会場の千鳥が淵公園まで皇居内を散策しながら歩いた。
桜はもちろん石楠花、桃、つつじ・・・など皇居内は満開の花がきれいだった。
4 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (26)
天守台は見物にのぼる人びとでいっぱい。
5 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (47)
皇居外周の絶景ポイント(千鳥が淵公園に向かう道で・・・)。
6 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (44)
皇居内の乾通りが一般公開され、多くの人が桜見物(花見)に訪れた。
花見を終えた人びとを待ち構えて取材をする報道記者とカメラマン、
団体観光客を待つツアーバスの案内人(ガイド)。
乾通りの出口はそうした人たちであふれていた。
      *
7 14.4.6花見ホノルルマラソン同窓会・皇居 (76)
花見の流れ解散後、潜友3人で
池袋のサンシャインシティで開催中のマリンダイビングフェアに行った。

孫たちの発表会。国立新美術館

★エ・ト・セ・ト・ラ
①孫たちの発表会
14.4.5リトミック発表会・元・花那 ブログ用 (26)
孫2人の習い事(リトミック)の発表会に行った。
場所はお馴染み近くのコミュニティセンターのホール。
14.4.5リトミック発表会・元・花那 ブログ用 (51)
②国立新美術館
後輩が出品している展覧会を見に乃木坂の国立新美術館へ行った。
出品と言ってもその後輩は会の理事であり重鎮。
入選・入賞者選びをしている。
忙しい中を割いていろいろと話を聞かせてくれた。
      *
③民謡練習会
夕方から3ヶ月ぶりに民謡の練習会へ。
今日は初めて先生から練習曲を指定されて難しい稽古となった。

ジョギング中の風景5ショット。おめでとうカード

★春の日のジョギングコースの5ショット

ポカポカ陽気の昼下がりジョギングに出た。

今日は50分間。
距離は4㌔ほど。

それでも後半はややスピードが出て、
ゴール(家)に帰りついた時はわずかにだが汗ばんでもいた。

うららかな春の日のジョギングコースの5ショット。

木14.4.4 ブログ用  (4)
①自宅から800㍍。木の上の鳥の巣をカラスがつついていた。
カラスの巣なのか?違う鳥の巣を荒らしているのか?
デジカメを向けた瞬間にカラスは飛び去ってしまった。
14.4.4 ブログ用  (6)
②〃1000㍍。菜の花に覆われた横堤(よこてい)。
荒川は“荒ぶる川”からつけられた名。
その名の通り現在の直線の流れに改修される前はたびたびの水害に人びとは悩まされた。
横堤はその流れの激しさを物語る文化遺産だ。
いや、遺産ではない。現在でも使用しているのだから。
日本で横堤が作られた(残っている?)のは荒川だけらしい。
下記アドレスに横堤について詳しく掲載されている。
http://kappa-no.net/tudura/muneoka/yokotei/yokotei.html
14.4.4 ブログ用  (9)
③〃1500㍍。野球チーム(リトルリーグ)のグランド。
グランドの奥の樹木はゴルフ場。
14.4.4 ブログ用  (14)
④〃2000㍍。丸掘。荒川が蛇行していた頃の名残の池。今は釣り場となっている。
いずれも小さくてわからないがこの写真には鴨と亀と釣り人が写っている。
14.4.4 ブログ用  (19)
⑤〃2100㍍。土手の上からの眺め。左のビル群が大宮駅前。右のビル群が新都心。

      ☆

CIMG3504.jpg
小学(新)5年の孫娘が新入園と新入学の従姉妹たちに描いたおめでとうカード。

★おめでとうカード

表彰状かと思ったら、
おめでとうカード(メッセージ)だった。

小学(新)5年の孫娘が、
新入園と新入学の従姉妹たちに描いたもの。

孫たちが仲良く遊んでくれるので、
爺としても大助かりだ。

ご褒美に今日は3人に本をプレゼントした。

Loftと紀伊国屋書店。新しくなっていた指扇駅

1 14.4.3指扇駅。野村。ブログ用 (2)
紀伊国屋書店(手前)とLoft。
この2つの店があれば1時間やそこいらの時間調整など全く気にならない。

★Loftと紀伊国屋書店

所用で大宮(駅前)に出た。
時間調整もあって1時間ばかり駅前のそごうデパートをぶらついた。

10階のペットショップ売り場の隣に外貨両替の窓口があった。
これは新発見。

成田へ向かうバスがそごうの前から出ているからだろうか?

9階はレストラン街。
8階はLoftと紀伊国屋書店だ。
隣同士で並んでいる。

この2つの店があれば1時間やそこいらの時間調整など全く気にならない。
見て回るだけで楽しみながら時間をつぶせるからだ。

     ☆

2 14.4.3指扇駅。野村。ブログ用 (5)
どこにでもあるような変わりばえのしない(多分)新しい指扇駅だ。
3 14.4.3指扇駅。野村。ブログ用 (10)
気になるのは下りのエスカレーターがないことだ。
4 14.4.3指扇駅。野村。ブログ用 (12)
新しい指扇駅の概要(14年4月3日デジカメ)。
5 13.8.15ぶろぐ用 (1)
工事中の指扇駅(13年8月15日デジカメ)。
6 13.6.17ブログ用 6 (2)
   〃   (13年6月17日デジカメ)。

★新しくなっていた指扇駅

僕がビエンチャンに行っていたこの2ヶ月半の間に、
指扇駅の新築工事が終っていた。

良くはなったのだろうけど、
どこにもあるような変わりばえのしない新しい駅だ。

北口が開設されたので便利になった人たちも相当いるに違いない。
気になるのは下りのエスカレーターがないことだ。

もうすぐピカピカの一年生と新入園児。キーボード交換・・・15年目のデスクトップ

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-04-02 Wed 21:05:08
14.4.2ブログ用ハードオフ (2)
制服を着た新入園児にテレビの前に立ってもらった。

★もうすぐピカピカの一年生と新入園児

もうすぐピカピカの一年生と新入園児。

孫2人がパパ、ママと一緒に記念写真を撮りに行くらしい。

・・・・で、ランドセルを背負った一年生と
制服を着た新入園児にテレビの前に立ってもらった

左が新入園児の男の子、
右がピカピカの一年生だ。

      ☆

14.4.2ブログ用ハードオフ (6)
我が家の近くのオフハウス。
14.4.2ブログ用ハードオフ (7)
上が今日オフハウスで買った新品同様のキーボード。
下が壊れてしまったキーボード。

★嗚呼、今回もオフハウスが夢を叶えてくれたような・・・

デスクトップ(パソコン)のキーボードが機能しなくなってしまった。
つまり壊れた(多分)。

このデスクトップは15年も使用してきた。

電器屋もパソコンに詳しい友人も
いい加減に換えたら・・・と言うのだが、
まだ使えるものをなかなか捨てる気にはなれないのだ。

何年か前にいち度キーボードを新品に換えているので、
今回換えるとなると3代目となる。

     *

そこで、オフハウスへ行った。
オフハウスとはブックオフ系列(多分)で中古品を売買する店。
つまりリサイクルショップだ。

我が家から自転車で10分もかからないところにある。
だから売買ともに時々利用している。

店内を覗くだけでもけっこう楽しい。

図書館、ブックオフ、TUTAYA、100均と並んでこのオフハウスは、
僕のような高齢者にも夢を与えているような気がするのだが・・・。

話がそれてしまった。
肝心のキーボードははたしてあったのか?

そう、新品同様のキーボードが500円(税別)であったのだ。

嗚呼、今回もオフハウスが夢を叶えてくれたような・・・。


あまり知られていない桜のポイント。スポーツ自転車の命運や如何に?

1 14.4.1 ブログ用桜 (8)
このあたりは昔、荒川を渡る船着場へ行く道筋だったのだ。
2 14.4.1 ブログ用桜 (24)
荒川堤外の春。
3 14.4.1 ブログ用桜 (31)
土手が一面の菜の花に・・・。

★あまり知られていない桜のポイント

暖かい春の日差しに誘われて土手までジョギングをした。

荒川の土手を超えたところに、あまり知られていない桜のポイントがある。
満開の桜を見たいこともあったし、スーパー土手の進捗状況を見たいこともあったのだ。

桜ポイントまで2.5キロの道のりに30分ほどかかかった。

桜ポイントは現在はゴルフ場の敷地内にある。
ただコースからはかなり外れているし、しかもJR埼京線との境だ。

ボールが飛んでくる心配もないし、
ゴルファーが桜の木のそばに来ることもまずない。

    *

このあたりは昔、荒川を渡る船着場へ行く道筋だったのだ。
だから、このようなりっぱな桜並木が残っていても不思議がないというわけだ。

写真の右サイドの樹木の中に“伯楽の碑”と呼ばれる馬頭観音が建っている。
そのあたりを調べた資料があった(下記)。

※千手堂の渡し(ネットより)
 土手の上を南から来た川越道は、水神宮の碑辺りから河川敷に
降り、丸ッ堀の北側を通って千手堂の渡しで荒川を越えた。途中
に嘉永5年(1852)造立の敷石供養塔、嘉永6年(1853)造立の
馬頭観音(伯楽の碑)がある。千手堂の渡しの少し下流には下河
原河岸があった。
◎この資料は、「けやき古文書学習会」が、2005年10月23日に行
った歴史散歩の資料として作成したものである。

30分のジョギングの後、20分間かけて1キロほど歩き、
さらに残りの2キロを25分かけて我が家にたどり着いた。

※この桜のポイントは毎年のようにこのブログで紹介している

       ☆

4 14.4.1 ブログ用桜 (34)
捨てるか交換してくれる自転車屋を探すか・・・命運や如何に?

★スポーツ自転車の命運や如何に?

長らくほっておいたスポーツタイプの自転車。

タイヤが2本ともダメ(パンクじゃない?)みたいなので、
自転車屋へ交換を頼みに行った。

見た瞬間に自転車屋の親父さんは、
親父さん××「これはうちじゃ交換できないよ」
ゴロー××「このタイヤ無いの?」
親父さん××「置いていないし、メーカーに行ってもあるかなァ?」
ゴロー××「だって、これ前はお宅でタイヤ交換したんだよ」
親父さん××「島忠とか大きなところに行けばやってくれっかもね・・」
ゴロー××「この自転車古いからなァ。買ってからもう30年近くになるしなァ」
親父さん××「どこで買ったの?」
ゴロー××「線路の向こうの岡田サイクル」
親父さん××「じゃ、岡田サイクルへ持っていったら?」

親父さんはぜんぜんやる気がなし。
他にスポーツサイクル専門のショップを言ってみたり、
分解すれば車に積めるからとか言って話を他所へ持って行こうとする。

まァ、しょうがないかなァ。
捨てるか交換してくれる自転車屋を探すか・・・命運や如何に?

Index of all entries

Home > 2014年04月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top