Home > 2014年07月

2014年07月 Archive

曇りのち晴れ?。明日からしばらくの間ブログをお休みします

14.7.18千葉医大→リハビリセンターCIMG0654 (7)
今日三兄が病院からリハビリセンターへ移った。

★曇りのち晴れ?

三兄の見舞いに千葉医大付属病院へ行く。
実は今日は病院からリハビリセンターへの移動であった。

兄の状況は思わしいものではない。

     *

夕方、孫を迎えに幼稚園へ行った。

なかよしクラブ(時間外保育)をお願いしてあったもの。
元気に遊んでいる子どもたち。
   
     *
 
午前中と午後、
曇りのち晴れ?

★明日からしばらくの間ブログをお休みします。

起床から就寝まで“あっと言う間”だ

★本・キャンバス・民謡が僕の1日

今日は部屋から一歩も出ず。
何をしていたかと言えば・・・・。

①本を読む
②キャンバスに向かう
③民謡聞き三昧

①本を読む
本は4、5冊を同時に読んでいる。
10ページくらいずつとっかえひっかえだ。
自分では飽きない読み方だと思っているのだが、
とにかく一冊を読み終えるのに時間がかかる。
ソファに座って読み始めるとすぐに眠くなる。
それも時間がかかる理由のひとつだ。
モチ、面白い本にあたると一気に読んでしまうこともあるが最近はめったにない。
今、読んでいる最中の本は「火宅の人」「孤愁」「宮澤賢治」・・・ほか。

②キャンバスに向かう
絵は富士山を描いている。
キャンバスに向かうとすぐに考え込む。
どうしたらイメージ通りになるのかわからないのだ。
だいたい筆やナイフを動かしている時間より、
描きかけのキャンバスを前に考えている時間のほうが長い?
思い通りにならなくて描き直しも何度もだ・・・・。
1年かかってたった2枚しか描けない主な理由だ。

③民謡聞き三昧
民謡はいい。
何度聞いても飽きない。
歌詞がいいし、どの曲にも哀愁がある。
お囃子も民謡ならでは?
民謡は同じ曲をたくさんの人が唄う。
プロからアマチュアまで、子どもからお年寄りまで・・。
唄う人が違えば味もまた違う。
そこが民謡の素晴らしいところだ。
しかも、自分でも唄える。
練習さえすれば少しはうまくなるようだし・・・。
      *
他の人が唄う練習曲を聞いて次はあれを覚えようということが多いが、
突然のように思い立つこともある。
今日は宮崎県の民謡『刈干切唄』を突然に覚えたくなり、
CDやYou tubeで2時間も繰り返し聞いた。
(モチ、僕は聞いたくらいでは覚えられない)
      *
今、民謡クラブで僕が練習している曲は
佐渡おけさ、津軽山唄、秋田船方節・・・など。

先生から判子を貰うまでに時間がかかる理由は?
・・・そう、僕の音感の悪さなのだ。
 
      *

そんなわけで1日の経つのが非常に速い。
起床から就寝まで“あっと言う間”だ。

病院へ来て元気がもらえた?・・・・・そんなことあるわけないだろ!

★すっかり病院通?

ゴロー「手術後1ヶ月目にスキューバで潜るんですけど大丈夫ですか?」
外科医師××「大丈夫」
ゴロー××「2週間目ぐらいに渓流釣りに行きたいのですけど・・・・」
外科医師××「傷口を水につけなければ大丈夫でしょう」

     *

手術前検査と入院手続き書類の受け取りに病院へ行った。
病院まではバスで10分ほど。

このところあちらこちらの病院へ行くので、
すっかり病院通?だ。

僕の入院する病院は大病院と言うほどでもなく、
小病院にしては大きい。
143床。まァ、中規模かなァ。

診療科目は14。
待合室が建物の中央を占め、
各診察科が周りを取り囲む構造。

整形外科の評判がいいと聞いている。

そのせいかどうかスポーツ系?の若い患者さんもいるようだし、
この1ヶ月に回ったいくつか大病院の中では活気というかざわめきがある。

患者の平均年齢もずっと若いようだ・・・といっても50代?
病院へ来て元気がもらえた?・・・・・そんなことあるわけないだろ!

      *

明後日は3兄の入院する病院へ行く。
来週は歯医者、再来週が僕自身の入院・手術。

しばらく、病院通いのブログが続くかも・・・。

おっと、その間に釣りがあるけど。


本『望郷』 新田次郎。アゲハチョウの幼虫?

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-15 Tue 22:07:33
14.7.14ブログ用9 (1)
子どもの頃は空き地の草原などでよくみたアゲハチョウ?の幼虫。

★アゲハチョウの幼虫ではないかと思うのだけど・・・・

これは何の幼虫?
多分、アゲハチョウではないかと思うのだけど・・・・違ったらゴメンナサイ。

朝の散歩中に見つけた。
僕の子どものころは空き地に生えている草(蔓草)によくいたものだ。

道路にはみ出した蔓にいたのでは、
鳥か何かにすぐ見つかりそう。

       ☆

14.7.14ブログ用9 (2)
著者が満州から引き上げてくるまでの苦難の体験記。

★本「望郷」新田次郎

表題の長編小説望郷ほか5つの短編を収録。

望郷は終戦後、
著者が満州から引き上げてくるまでの苦難の体験記。

新田次郎は妻と3人の子どもとと離され、
単身ソ連に抑留される。

妻は藤原てい。
彼女は幼い3人の子どもを連れて日本へ帰還。

彼女の苦難の体験記が『流れる星は生きている』(1971年刊)だ書。
大ベストセラーになった『流れる星は生きている』はずいぶん前に僕も読んでいるし、
とても感動した記憶がある。

東京ミッドタウンのおのぼりさん。二子玉の大先輩

14.7.14ミッドタウン (30)
たまたま参加したセミナーが開かれた会場がミッドタウンにあったというわけなのだが・・。
14.7.14ミッドタウン (5)
撮影禁止を告げられてしまったロビー(掲載してしまいました。ゴメンナサイ)。

★東京ミッドタウンのおのぼりさん

東京ミッドタウンへ行った。
たまたま参加したセミナーが開かれた会場がミッドタウンにあったというわけなのだが・・。

六本木ヒルズにも行ったことがないのに、
ミッドタウンに行ったのは埼玉県に住む年寄りにしては快挙?・・・何のコッチャ。

      *

ロビー内で写真を撮ったら警備員がすっ飛んできた。
警備員××「館内は撮影禁止です」

早速、おのぼりさん振りを発揮してしまった。

      *

セミナーはほとんど僕とは縁のないものだったけど、
1Fのフジフィルムのギャラリー(FUJIFILM SQUARE)
で開催中の企画写真展 「天晴れ!ニッポン山風景」を見ることができた。

       ☆

★二子玉の大先輩

写真展を見た後、田園都市線の二子玉川まで足をのばした。
現代作家(抽象絵画)として制作を続けている大先輩に会うためだ。

昼食とコーヒーで2時間半のお喋りを楽しんだ。

お喋りに中にもこの先輩には教えられることが多く、
僕が尊敬してやまない人なのだ。

お獅子は若くてハンサム・・・・・地元氷川様のお祭り

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-13 Sun 19:40:27
  • 祭り
★お獅子は若くてハンサム・・・・・地元土屋氷川神社のお祭り

自治会の主催する地元氷川神社のお祭り。
今年もお獅子のお手伝い。
  
      *

この数年、男手が足りないと声を掛けられている。
僕はすっかりレギュラーメンバーだ。

お獅子のメンバーは6人。
その中でも獅子頭と太鼓叩きの役割は体力が必要だ。

幸い今年はメンバーの中に若い新人が2人もいた。
当然、2人の役割分担は始めから決まっていたみたいなもの。
僕は定番の集金係り。

“今年のお獅子はニューフェース。若くてハンサムですよ”

そんな集金係りのサービスのひと言に、お布施をくれる奥さんは大喜び?
大きく口を開けた獅子の口の中を覗き込んだりして・・・・・。

1 14.7.13土屋のお祭りCIMG0583 (23)
お獅子を待っていたのに、近づいたら泣きながら母親にしがみつく子どもたち。
2 14.7.13土屋のお祭りCIMG0583 (8)
朝の8時半のぼり幟を立てる。
3 14.7.13土屋のお祭りCIMG0583 (15)
神輿、獅子頭など御祓いを済ませる。
4 14 4.7.13土屋のお祭りCIMG0583 (29)
土屋氷川神社縁起。

ちょっと格好悪かったよなァ・・・郷土史同好會。『宮城長持唄』に判子がもらえた・・・民謡

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-12 Sat 23:04:07
  • 民謡
14.7.2vr裏打ちCIMG0573 (9)
出来栄えはどうか?

★ちょっと格好悪かったよなァ・・・・失敗した裏打ち

1ヶ月ほど前のこと、
ゴロー××「会長、僕が拓本の裏打ちをします」。
僕は自信ありげに会長に告げた。

で、今日の郷土史同好會の会合は僕の拓本裏打ちの実習講座になった。

      *

じつは僕も裏打ちは10年以上(多分)やっていない。
20センチ四方ぐらいの小さな作品(4枚)だったので甘く考えていたのだ。

心配顔で作業を眺めている会長。
あらかじめ試しておくべきだった・・と反省する僕。

     *

嗚呼、やっぱり上手くいかなかった。
ちょっと格好悪かったよなァ。

     *

そこで、古文書の裏打ち経験豊富な會のメンバーTさんに手伝ってもらった。

手伝ってもらって分かったのは古文書の裏打ち方法が
僕が習った拓本の方法と少しばかり異なること。
お陰でいい勉強になった。

何とか無事に裏打ちを終えた。

        ☆

img015.jpg
長持唄に判子がもらえた。

★『宮城長持唄』に判子をもらう

7ヶ月以上はかかったなァ。
長持唄に判子がもらえた。

いつか唄う機会(結婚式に呼ばれる)がくるかしら?

注射はやだなァ!・・・僕は大往生できないタイプ

湯費CIMG0559
台風一過、今日の夕陽(画像処理)。
ferwCIMG0549.jpg
今日はとうとう入院の手続きを行った。

★注射はやだなァ!

この1ヶ月間あまりの間に僕が行った病院は9ヶ所。
そのうち4ヶ所は身内・親族の見舞いだが、
僕自身の健康診断、治療で5ヵ所に行っている。

そのうちの1ヵ所は歯医者で、これはまだ治療を終えるまでに2ヶ月を要する(多分)。

そして今日はとうとう入院の手続きを行った。
まだ先のことだが、今月の30日に手術を行う。
2、3日の入院で済みそうなのだが・・・。

      *

一昨日「大往生したけりゃ医療にかかわるな」という本を読んで賛同した自分を自分で笑っております。
多分、僕は大往生できないタイプです・・・きっと。

     *

僕の入院・手術経験は20代の頃の扁桃腺肥大切除。
東京の女子医大病院に4、5日入院した。

それ以来ということになるが、
やっぱ、注射はやだなァ!

初めての江ノ電と小学校遠足以来の鎌倉大仏

14.7.10辻堂・鎌倉・江ノ電CIMG0426 (8)
初めての江ノ電(藤沢駅にて)。

★初めての江ノ電と小学校遠足以来の鎌倉大仏

辻堂へ行った。
ラオスで知り合ったKさんにお話を伺いたかったからだ。
kさんは30年もの外国暮らしで、訪問した国は122ヶ国。
モチ、遊びではなく仕事だ。

現在は独立してコンサルタント業を営んでいると言う。
Kさんからいろいろ意見を聞き、アドバイスも受けた。
これまでの経験話しも聞いているうちに2時間があっと過ぎた。

       *

10年近くも会っていない鎌倉に住む山友Nさんと合った。
江ノ電の七里ガ浜駅で待ち合わせ、
ちょっと遅めの昼食を共にした。

海沿いの人気レストラン“珊瑚礁”で
生ビールとカレーで思い出話しに花を咲かせた。

      *

江ノ電に乗るのは生まれて始めて。

テレビで何度も見せられて、
一度は乗ってみたい電車だった。

始発の藤沢から乗って、終点の鎌倉まで34分。
僕は七里ガ浜駅で途中下車したが、
そのあと、さらに長谷駅でも途中下車をした。

小学校の遠足以来の大仏を見たかったからだ。

14.7.10辻堂・鎌倉・江ノ電CIMG0426 (29)
路面を走る。道路が広くないので走行中の自動車は注意!だァ。
14.7.10辻堂・鎌倉・江ノ電CIMG0426 (47)
湘南の匂いが・・・・。
14.7.10辻堂・鎌倉・江ノ電CIMG0426 (78)
小学校遠足以来の鎌倉大仏。
14.7.10辻堂・鎌倉・江ノ電CIMG0426 (120)
江ノ電終点の鎌倉駅。

黄檗宗萬福寺と牛乳石鹸。県立博物館の葛飾北斎『鯉亀図』。本「白洲次郎の流儀」

★県立博物館の葛飾北斎『鯉亀図』

「もっと知りたい葛飾北斎」というムック本を見ていたら、
掲載写真の『鯉亀図』が埼玉県博物館蔵となっていた。

本物(実物)が見られるならと、今朝思い立つようにして行ったのだ。

さらに平日の開館直後はガラ空き。
館内のボランティア・ガイドさんが1時間以上もぴったりついて、
その他、古墳時代・江戸時代の展示室(物)の説明をしてくれた。

入場料300円。
館員の方々みな親切であった。

1 14.7.9県立歴史博物館MG0389 (16)
博物館は大宮公園の一画。深い緑におおわれた静かな環境の中にある。
2 ghtimg007
第4室美術展示室のパンフにも紹介されていた葛飾北斎『鯉亀図』 (中)。
3 htyuimg009
ムック本「もっと知りたい葛飾北斎」の中の『鯉亀図』 の掲載頁。
4 14.7.9県立歴史博物館MG0389 (23)
博物館を囲む樹木の向こうの池。
以前はボート場でもあった。何回かエコ(廃品物)ボート大会が行われ、
ボーイスカウト(指導時代)で空き缶ボートを建造、
大会に参加したことがある。
今は池の半分がガマで埋まってしまいボートを浮かべるのは不可のようだ。
5 14.7.9県立歴史博物館MG0389 (33)
公園内の野球場では夏の甲子園(高校野球)が始まっていた。
平日なのにスタンド(応援席)は人でいっぱい。
6 14.7.9県立歴史博物館MG0389 (3)

       ☆

★黄檗宗萬福寺と牛乳石鹸

JR大宮駅と東武線の通路に張られていた大ポスター。

左がJRの京都の観光PR、右が牛乳石鹸。
二つの関係については僕には分からない。

ただ、僕にはたまたま二ヵ所とも想い出のある場所。
左の写真は黄檗宗大本山萬福寺。

ここには20代の頃だが、
当時修行中(?)だった武道“居合い抜き”での合宿で行った。
座禅、掃除、精進料理などが印象に残っている。

      *

右の牛乳石鹸は定年前の数年間仕事でお世話になった会社だ。
大阪の今福の本社には何度かお邪魔した。

仕事上のお得意さんなのに、
お会いする方々みなさん穏やかで紳士的、
さすが歴史のある名門会社は違うなァと感心したものである。

      ☆

7 juiimg008
北斎の絵や版画を(本で)見る度にすごい天才だァと思う。

★本「もっと知りたい葛飾北斎」 永田生慈監修

北斎の絵や版画を(本で)見る度にすごい天才だァと思う。
北斎の生き様もすごいドラマチックだけど・・・・。
     *
8 junjuiimg010
僕とは全く違うレベル(雲上人)の人の世界。

★本「白洲次郎の流儀」 ムック本

この人の生き方、生き様にあこがれた人は多い?
この人の生き方、生き様を真似しようとする人もけっこういるんじゃないか?

僕とは全く違うレベルの人(雲上人)の世界。

本「大往生したけりゃ医療とかかわるな」ー“自然死”のすすめー。“花”・・・朝の散歩ショット

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-08 Tue 19:38:54
0 img006
自然死を選ぶことは難しい?・・・・などなど、いろいろと考えさせられた。

★本「大往生したけりゃ医療とかかわるな」ー“自然死”のすすめー

古希を迎える頃までにはぜひ読んでおいたらいい?本。
100パーセント賛同したわけではないが・・・。

終末医療は拷問?
自然死を選ぶことは難しい?
老いるとは?

ひょっとして孤独死とか寝たきり高齢者の餓死は自然死に近いのでは?
・・・・などなどいろいろ考えさせられた。

       ☆

★花が朝陽に輝いていました・・・・・朝の散歩ショット
1 14.7.8朝の散歩・花めぐりCIMG0344 (11)
二ツ宮の地名にもなっている二ツ宮神社。お祭りらしい。
左が氷川神社、右が八幡神社。質素な飾りがいいね!
2 14.7.8朝の散歩・花めぐりCIMG0344 (20)
花の名前は分かりません。豪華ではありませんが濃い色が力強さを感じます。
3 14.7.8朝の散歩・花めぐりCIMG0344 (2)
満天の星を見ているよう。
4 14.7.8朝の散歩・花めぐりCIMG0344 (31)
農家の畑の一画がお花畑に・・・・。
5 14.7.8朝の散歩・花めぐりCIMG0344 (35)
“夏は来ぬ”。

生きていた少女・・・・・夢(ドリーム・オフ)。我が家の七夕

★我が家の七夕・・・・3歳の孫が幼稚園にて制作(短冊の字は先生・スキャン)
img005.jpg

        *

★生きていた少女・・・・・夢(ドリーム・オフ)

どこか寒い国。暖炉の火が温かい家の中。
外は雪景色。
路上に雪に埋もれて倒れている人。
まるで地べたに凍りついているかのようだ。
凍死なのかと思いきや顔を寄せると目をあけた。

家に戻ると玄関に昨日見た子(夢の記憶の中で)が雪を被って倒れている。
彫りの深いアラブ系の顔をした10歳くらいの子だ。
隣に犬が同じように雪を被って倒れている。
どちらもさっき見た路上に倒れていた人と同じように凍りついたように動かない。
かわいそうにこの子は外で寝ていたんだなァ。
住む家がないんだと同情を寄せたところ、彼女の目が突然開いた。

まだ生きていたんだと僕は喜ぶ。
ズボンの後ろポケットから財布を出し5,000円札を出して渡そうとする。
だが、他の札と絡まってなかなか出せないでいる。
お金を出すのに戸惑っているうち、気がつくと僕の回りを幾人かの子どもたちが取り囲んでいる。

子どもたちの顔つきが悪い。
どの子も恐ろしい目をしているのだ。
そうかこの子たちは僕からお金を巻き上げようとしているんだ
・・・・・・と気づいたところで目が覚めた。

      *

【夢を見ていて目が覚めることはよくある。その時は夢の内容を覚えているが、朝になると忘れている。あるいは夢を見たということは覚えていても、内容のことは全く思い出せない。そこで、見た夢をその場でメモってみようと思い立ってできたブログのカテゴリーが夢(ドリーム・オフ)なのだ。夢の内容なんて支離滅裂で思っても見ない事柄が多い】

智光山こども動物園ふれあいタイム

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-06 Sun 18:39:04
14.7.6智光山公園 (40)
武蔵野の面影を残す緑豊かな公園。
14.7.6智光山公園 (29)
触れ合い広場は人気。親子連れでいっぱいだ。
14.7.6智光山公園 (33)
園内は動物園のほか植物園、わんぱく広場、テニスコートなどのエリアに分かれている。

★何が恐くて何が平気なのか・・・・・分からないなァ

孫3人を連れて狭山市立智光山公園(http://www.parks.or.jp/chikozan/)へ行った。
公園内にある子ども動物園(入園料100円・未就学無料)で小動物たちに触れさせようというわけだ。

武蔵野の面影をそのまま残したとあって緑生い茂る自然豊かな公園。
スペースも広く動物園のほか植物園、わんぱく広場、テニスコート・・・など
園内は幾つかのエリアに分かれている。   

       *

小動物たちと触れ合うことができる時間になるとエリアは親子連れでいっぱいだ。
若い夫婦の中にポチポチと僕のようなお爺ちゃんも・・・・。

我が家の近くに住む小学5年の孫娘は家で子犬を飼っているせいか、
モルモット、ひよこ、ヤギなど動物園で触れ合えた小動物を恐がらなかった。

しかし、ペットを飼った経験のない同居中の孫(小1、幼稚園)2人は、
こわごわと触れるくらいでとても抱っこまではいかない。

そのくせ、園内の道にいるダンゴ虫(我が家の庭にもいる)は平気で手で捕まえる。
何が恐くて何が平気なのか・・・・・分からないなァ。

午前11時に公園に到着、帰宅は午後の4時半だった。


親切な"アマチュア無線局免許の再免許申請手続きのお知らせ"はがき

コピー ~ 14.7.5無線用アンテナブログ用CIMG0291
ソー言えば、我が家の物干し場(ベランダ)には
アマチュア無線のアンテナが取り付けられいた(る)なァ。

★アマチュア無線免許の再免許申請手続き

アマチュア無線のことなどすっかり忘れていた。

僕がアマチュア無線の4級免許を取得したのは50歳の頃だ。
かれこれ20年近い。

当時ボーイスカウト活動に参加していた関係で取らざるを得なかったのだ。

所属団に無線に詳しいY隊長がいて、
無線教室まで開いてスカウトたちに免許を取得(同時に開局)させた。
Y隊長はモールス信号も出来るほど無線に詳しい人だったのだ。

僕には全く苦手な分野(機械、電気、コンピュータほか多数))だが、
中・高生のスカウトに交ざって一緒に講義を受け何とか取得・開局できたものだ。

       *

結局、僕がアマチュア無線の電波を実際に使用したのは数回に過ぎなかった。
携帯がそれほど普及していない頃にもかかわらずなのだ。

当時、5~7万円くらいの無線機を2台購入したのだが、
それもスカウトを離れるときに団に寄贈してしまった。

だから、いまは無線機をもっていないし、
だいいちやり方すら忘れてしまっている。

      *

昨日、アマチュア無線局免許の再免許申請手続きが
パソコンで出来るとの案内状(はがき)が送られてきた。

無線機もなし、やり方も忘れてしまっているし、
この先も使用する機会はまず来ないだろうし・・・。

ということで再免許申請をするか廃止届けをするか少し迷っている(現在進行形)。
再免許申請にはネットだと1950円、
書面申請だと3050円かかる。

再免許申請にしろ廃止するにしろ書類には自分の
・識別信号(コールサイン)、
・免許の番号、
を記入しなければならない。

じつはすっかり忘れていて、
免許も控えもどこへしまったのか覚えていないのだ。
家の中の思い当たるところをあっちこっちと探しまくったのだが見つからない。

どうしたものかと考えながらはがきに目をやると、
な~んだ!
ちゃんとはがきには僕のコールサインも免許番号も記載されているではないか。

僕のおっちょこちょい振りは古希近くなっても変わらないなァ。

それはそれとして、
お役所仕事なのにずいぶん親切だァ・・・と妙に感心しながらはがきを再読。

     *

アマチュア無線の免許を持っている人の中には、
僕みたいな(お年寄りで名ばかり開局者)がけっこういるのではないか?

それに携帯電話などの普及でアマチュア無線の開局も減っているのはないかと思う。

連盟(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)としても、
僕みたいな名ばかり開局者でも残しておきたいだろうなァ・・・きっと。

・・・・・・と、親切な"アマチュア無線局免許の再免許申請手続きのお知らせ"はがき
を見てそんなふうに思ってしまったのだが。

特定健診結果により動機付け支援の保健指導を受ける

img004.jpg
◎クイズ(↑)・・・・コルステロールが多い順に並べてください。解答は今日のブログの最後。

★特定健診結果により動機付け支援の保健指導

特定健診結果により云々・・・・・ってなんのこっちゃ?

①先月に受診したさいたま市の特定健康診断の結果→いまのままだと糖尿病になる恐れあり
②そこで、市としては保健指導をして病気を防ぐ→国民健康保険料を減らす(目的)

ということで、若い看護師さんからマニュアルを渡されて、
30分間ほど指導を受けた。

"食べ・テク"というマニュアルは巻頭の見開きがクイズになっている。
若い看護師さんにクイズを出されるなど思いがけないハッピータイム。

こんなクイズなら二、三十問あったっていいぜよ(何故か土佐弁)。
しかし5問、5冊で終わり。

ほかに「からだにeヘルシーレシピ」という小冊子を頂いた。

①看護師さんに目標を提示される、
②その目標を達成するための行動を自己申告する。

◎看護師さんに提示された目標
腹囲   1センチ細くする
体重   1.4キロ落とす
血圧   上を今以上はあげない
1日の削減カロリー  55Kcal

◎目標達成のために自己申告した行動計画
①夕食後の間食を控えめにする
 果物、アイスクリームなどのデザートは(量を)これまでの半分に。

②家族の残したものをもったいないからといって食べたりしない。
 孫たちが食べ残したおかずやお菓子など・・・。

③牛乳を飲み過ぎず、卵、内臓肉なども食べ過ぎない。
 卵は1個で相当数のコルステロールを含むそうだ。

看護師さんからは
「行動計画の実施により6ヶ月以内に目標を達成すること」
との指導受けた。

看護師さんは6ヵ月後(来年1月)、結果を市へ報告しなければならない・・・・らしい。

      *

とにかく、今のままの食生活を続ければ
糖尿病の仲間入りをしてしまうらしいのだ。

      ☆

※クイズの答え
①海鮮丼
②親子丼
③カツ丼
④うな重
⑤五目チャーハン



年金生活者の味方?・・・中華一番。ラクーン、コクーン、ラクエン。健康診断の大切さ

14.7.3 熊谷病院、大宮ブログ用 (1)
妻の病理検査の結果を聞きに行った。

★健康診断の大切さを実感

先日、妻が入院・手術をした病院へ病理検査の結果を聞きに行った。
結果は良性、それもごく初期ということで後の心配もないとのこと。

もう、病院へは来なくてよろしいというお墨付きをもらった。

      *

妻は毎年、人間ドックを受けていた。
今回、そのお陰で病気の早期発見が出来た。
改めて健康診断の大切さを実感したようだ。

生まれてはじめての入院・手術という結果を、
これもいい経験と前向きに捉えている。

まずはホッとした。

明日は僕が3週間ほど前に受けた健康診断の結果を聞きに行く。

     ☆


14.7.3 熊谷病院、大宮ブログ用 (6)
年金生活者の味方?昼間からビールジョッキを手にしているおじさんが4人もいた。

★年金生活者の味方?・・・中華一番

初めて中華一番へ行った。

それも同じ日(今日)に2度だ。
昼食と夕食を食べたのだ。

昼は天津丼で500円。
味も量もグー。
昼間からビールジョッキを手にしているおじさんが4人もいた。


     *

夜は気の置けない友2人を誘って3人での会食。
2時間はたっぷり粘って(喋って飲んで食べて・・・)4000円かからず。

日高屋とどっこいどっこいの値段と味。
年金生活者の味方?の店として僕のリストに新規登録だァ。

日高屋には高校生をはじめ若い人が多い気がした。
中華一番は年配者が多いようだ・・・と、これは今日僕が見たところだけの話だが。

      ☆

14.7.3 熊谷病院、大宮ブログ用 (15)
もしかしてエンターテイメントビルになりそうな雰囲気が・・・。

★ラクーン、コクーン、ラクエン・・・何とまぎわらしいことだ

もしかしてエンターテイメントビルになりそうな雰囲気が・・・。
大宮東口の新ビル、ラクーン。

主なテナントは
よしもと、
ラクエン(パチンコ)、
ブックオフ、
ダイソー、
ドンキホーテ、
そして、これから入るテナントがいくつか・・・。
若者が多く集まりそうな気配?

ビルはここ数年の間に西武→ロフト→ラクーンへと変身してきた。

それにしても、
コクーン(さいたま新都心駅前)、
ラクーン(大宮駅前)
ラクエン(大宮駅前)
何とまぎわらしいことだ。

我が家近辺の図書館事情

近くの図書館に行った。
蔵書が5万冊ほどと聞いているから大きな図書館ではない。

それでも、読みたいなァと思う本、ゆっくり見たいなァと思う写真集など、
読み切れないほど、見切れないほどあるのだからありがたい。

       *

書棚にある本を改めてながめていたら、
定年後の生き方のついての本が書棚の数段分を占めていた。

人生訓や幸福な生き方についての本棚のところにはいつも人がいる。

      *

この図書館には勉強のできるような机が(スペース)がないので、
勉強をしている生徒・学生の姿はほとんど見られない。

まァ、早い話がお年寄りの来館者が多いということだ。
当然、僕もそのお年寄りの仲間だ。

      *

我が家から車で30分ほどのところにある北区の図書館は、
蔵書もスペースも3倍ほど大きい(広い)。
種類は限られるが映画(DVD)も用意されていて無料で借りられる。

勉強する(本を読む)ための机もならんでいる。
当然、若い人、学生・生徒らの姿も見られる。

      *
    
北区の図書館へ行く中ほどに西部図書館がある。
こちらの規模はスペースも蔵書数も前の二つ図書館のほぼ中くらいで、
蔵書は約10万冊・・・と聞いている。

ただ、西部図書館には3000本もの映画が用意されていていつでも鑑賞できる。
ただレーザー・ディスクなので貸し出しはしてもらえない。
館内の専用機器で見ることになる。

この西部図書館は幼児用の部屋が別にある。
幼児用の部屋では常に小さな子どもとお母さんの姿が見られる。

      *

どの図書館も係りの人には女性が多く、そのほとんどはパートであろう。
まるで買物のお客さんに接するように親切だ。

昔は図書館の窓口に座っている人といえば、
無口で物静かな人と決まっていた。

僕の住むさいたま市には25の図書館があって、
市の発行する図書館利用カード(登録制)さえ持っていれば、
どの図書館も利用できるし、
どの図書館に返却してもよいことになっている。

一度に15冊(本)まで借りられる(多分)。
とても便利でありがたい。

     *

以上が我が家近辺の最近の図書館事情だ。
今日も2冊の本を借りてきた。

本「孔子」井上靖、「信長公記」下 太田牛一。プリンターを変えた

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-07-01 Tue 21:45:16
1 プリンターCIMG5718
プリンターを変えただけで何となくすっきりした気分だ。

★迷わず安い価格のプリンターを選んだ

プリンターを変えた。

紙詰まりで使用不可となった前プリンターはキャノン製。
紙詰まりくらい自分で直せそうなものだが、そうはいかなかった。

どうしてもプリンターが分解できない。
詰まった紙を除去できなかったのだ。

電気屋さんに聞いたら、
直せないことも無いけど・・・・・と言うのだが。

     *

今はプリンターは安いし、
機能もどんどん良くなっている(多分)。

店頭に幾つか並んでいた機種の中から
迷わず安い価格のを選んだ。

価格の違いは仕上がりの質と多機能にあるらしい。
その説明も受けたのだが、
やっぱり僕的には特価のほうが好きだ。

特価で9000円ほどだ。
コピー、スキャン機能のどちらも搭載。
メーカーはセイコーエプソン。

プリンターを変えただけで何となくすっきりした気分だ。

        ☆

2 孔子img003
じっくりと時間をかけて読まなければもったいない内容。

★本「孔子」 井上靖著

著者最後の長編小説。

1989年の発売時の広告を見て読んで見たいと思ったのがやっと実現。
25年も経ってしまった。

じっくりと時間をかけて読むのにふさわしい内容。
じっくりと時間をかけて読まなければもったいない内容。

今の僕の年齢(68歳)、それに時間的ゆとりがあるから読めた。
そんな感想だ。

         ☆

3 信長img002
「信長公記」ほどリアルなノンフィクションはないのでは・・そんな感想だ。

★本「信長公記」下 太田牛一著 中川太古訳

「信長公記」は小説ではなく資料・記録・データだ(多分)。
少なくとも、著者の太田牛一は小説としては書いていないはずだ。

僕は小説として面白く読んだ。
そして、時代小説、戦記物、ノンフィクション・・・・・・・と、僕がこれまでに数々読んだ中でも、
この「信長公記」以上にリアルなものはない(なかったような)。
そんな感想だ。


   

Index of all entries

Home > 2014年07月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top