Home > 2014年12月

2014年12月 Archive

小春日和の大晦日

★小春日和の大晦日

小春日和の大晦日。
3歳の孫を連れて丸山公園へ行った。

公園までは車で20分~ほど。
おとなり上尾市の施設だ。

遊具、釣、水遊び、アスレチック、小動物園、広場、花見・・・・・。
子供から大人まで楽しめる優れ公園なのだが、
何よりも自然豊か。

野鳥や昆虫などの自然観察もオーケー。
ソー言えばプラネタリウムもあった。

モチ、公園は無料施設。

     *

小春日和の大晦日、
買って間もないノートパソコンが動かない。

電源が入らない(繋がらない)のだ。

電気屋へ行き、
メーカーにも問合せをしたけれどアウト。

修理が必要だとのことでメーカー送り。
直るとしても来年だァ。

      *

と言うことで、昨日からブログは15年使用の古~いデスクトップからだ。

14.12.31丸山公園 (2)
子供たちに大人気、丸山公園の遊具。
14.12.31丸山公園 (15)
自然が豊かな公園。数年前僕も野鳥観察会に参加したことがある。

門松。本「東海道ちんたら旅」

14.12.30 門松 (1)
門松。島忠ホームセンターで買った。

★門松

門松を飾った。

門柱門松2本袋入り税込615円。
輪飾り2本入り348円。

今回は島忠ホームセンターで買った。

昨年、郵便局前に出た屋台では両方で1400円だった。
まァ、縁起物(多分)みたいなものだから、多少高くてもいいやと
そのときは思ったのだけど・・・・・今年はしっかりス島忠で買っている。

     *

数年前のことだが、
1月1日に荒川の河川敷を散歩していたら、
門松が大量に捨ててあった、

おそらく、売れ残ったものを捨てたものだろう。

明日は大晦日、明後日は正月だというのに、
興ざめしてしまうような話でゴメンナサイ。

       ☆

14.12.30 門松 (11)
小沢昭一的でとても面白い一冊。

★本「東海道ちんたら旅」小沢昭一&宮腰太郎

面白い話、ためになる話、下ネタも盛り込んで、
小沢昭一が東海道を本当に鈍行でちんたら旅をしたのかと真面目に読んだ。

ところが、巻末の解説で立川談四楼が種明かしみたないなことを書いていて
ちょっと興ざめ。

でも、さすが小沢昭一的でとても面白い一冊でした。

いいね!・・・・・マックの100円コーヒー。半蔵門線清澄白河駅。商い中

14.12.29 霊巌寺 ・紀伊国屋文左衛門碑(7)
コーヒーが税込で100円。本を読みながら今日は1時間半。いいね!

★マックの100円コーヒー

百均と並んでワンコイン〈100円玉)の価値を再認識させてくれるマックのコーヒー。
しかもこちらは税込ワンコインだ。

本を読みながら今日は1時間半。

いいね!

        ☆

14.12.29 霊巌寺 ・紀伊国屋文左衛門碑(16)
いいね!

★半蔵門線清澄白河駅

墓参りに行った。
両親の墓は実家近くのお寺にある。

地下鉄の大江戸線か半蔵門線の清澄白河駅で下りてすぐだ。
今日は半蔵門線の清澄白河駅で下りた。

下りたホームが明るい。
天井の照明が始めて見るような取り付け方、そのせいなのか?

ショッピングモールを歩いているみたい。

いいね!

       ☆

14.12.29 霊巌寺 ・紀伊国屋文左衛門碑(31)
14.12.29 霊巌寺 ・紀伊国屋文左衛門碑(28)
いいね!

★霊巌寺の江戸六地蔵

寺には銅製のりっぱなお地蔵さんがある。
高さは273cm。

中学校への通学路として寺の境内を通っていたので、
毎日ようにお地蔵さんの顔を眺めた。

とても優しい顔をしている。
頭の笠はそのころ被せられたものだ。

いいね!

       ☆

14.12.29 霊巌寺 ・紀伊国屋文左衛門碑(39)
いいね!

★商い中

軒下の看板には“江東区公衆便所”とある。
つまりトイレだ。

いまどき便所というのはあまり表示を見ない。
つまりそれくらい前に作られたトイレなのだ。

お寺の正門近くにある。
商い中とあるがお金は取られない。

いいね!

防災倉庫について思うこと

14.12.28 枇杷島公園 (5)
防災倉庫。収納されているものの一覧くらいは貼り出しておいたほうがいいのではないか?

★防災倉庫の活用実績を見たことがないけど・・・・

近くの児童公園の一画に2つ目の防災倉庫が置かれた。

     *

40年ほど前だが、
昨今のように巨大地震の来る確率が取りざたされ、
防災グッズがブームみたいになっていた。

我が家にも防災ずきんやらリュックがあったが、
もしかしたら役所から配布されていたのかもしれない。

リュックの中身の乾パンやら缶詰類は期限がきたら交換することになっていたと思う。

しかし、2年、3年と何事もなく過ぎ、
期限の切れた非常食類を交換することもなく、
いつのまにか不燃焼ゴミとして出してしまっていた。

以来、三十数年我が家には防災グッズの類はないままだ。

        *

東日本大震災によって、
防災についてより過敏になってきているのだと思う。

でも、いつも気になるのはこうした防災倉庫の中身だ。

自治会の役員の人たちは知っているのだろうけど、
それ以外の人たちには何が入っているのか分からない(多分)。

中身が分からないから使用目的だって不明だ。

せめて、収納されているものの一覧くらいは貼り出しておいたほうがいいのではないか?
あるいは緊急時の扱いなど・・・。

だって、突然の災害時に何ができるのだ?

ソー言えば、
19年前の阪神・淡路、3年前の東日本の両大震災で、
町の防災倉庫がどれだけ活用されたかなどのデータを見たことがないよなァ。

        ☆

img006.jpg
改革開放の中国があっという間に経済大国になった理由が・・・。

★本「凶犯」張平著

ドキュメンタリー的な構成が迫力満点。
実際の事件をモチーフにしたノンフィクションに近い内容(多分)。
改革開放の中国があっという間に経済大国になった理由が・・・。
     *
ソー言えば、わが明治維新でも払い下げとか政商とか・・・?

西大宮の変貌、錦せんべい本舗、紹興酒の甕・・・・今日の3ショット

★今日の3ショット

①西大宮の変貌
②錦せんべい本舗
③紹興酒の甕

14.12.27 丸亀うどんほか (3)
①西大宮の変貌ーA 
西大宮と言たって知っている人しか知らない。
だから場所などどこでもいい。
この駅が開業したのは5年前の2009年。
駅から200メートルほど北側の西大宮バイパス(国道16号)は1998年に開通。
その国道沿いにはスーパー、ガソリンスタンド、
外食店・・・・などなどがすぐに出来た。
上の写真の中央の白い建物が2003年オープンした西区役所。
この頃から周囲の田畑はバンバンとなくなった。
今日、16号沿いのスーパーマルエツへと
同じ建物の2階にある百均のダイソーで買い物をした。
ダイソーを出たところから区役所の方に目をやれば巨大なクレーンが4本。
駅前は線路を挟んで両側とも戸建ての住宅だ。
とても計画的に都市開発(町づくり)をしているとは思えないのだが・・・・。
       *
14.12.27 丸亀うどんほか (12)
①西大宮の変貌ーB
こんもりと草の生えた山は方墳大塚古墳。
県指定の史跡だがまだ未発掘らしい。
僕は畑に囲まれたこの古墳を車窓から眺めて通勤した。
それがいつのころからか見えなくなってしまった。
壊してしまったのか、何かの陰に隠れているのかわからなかったのだが、
今日、丸亀製麺で存在が確認できた。
何と一画を占める外食店などの共同駐車場の端っこにあったのだ。
電車の窓からは建材屋の砂利山に隠れてしまって見えない。
道路の左側は戸建てが並ぶ。
古墳は見放されてしまう(しまった)のか?
       *
14.12.27 丸亀うどんほか (18)
①西大宮の変貌ーC
始めて丸亀製麺で食べた。
四国に行ったときに食べた讃岐うどんとはちょっと違う。
lこちらは釜揚げうどんなのだ。
太めでしこしこ。昼時だったのでとても混んでいた。
       ☆
14.12.27 丸亀うどんほか (20)
②錦せんべい本舗
この店のせんべいは旨い。
僕だけが言うんじゃなくて、
家内がお使い物で使ったりしている家でも評判がいいのだ。
同じ町内にあるというのが僕の自慢(そんなこと自慢してどうする)。
今の主人は2代目で、
1代目(2代目のお父さん)は
35年前に馬宮地区の郷土史同好会を作った人なのだ。
会報誌“馬宮のむかし”は今でも続いているし、
僕もその会員として参加している。
じつは今、馬宮の屋号について調べ中なのだ。
ゴロー××「錦せんべい本舗は屋号ですよね?」
自己紹介した後ご主人に聞いた。
ご主人が屋号の由来を説明してくれたのは言うまでもない。
屋号については後日・・・・。
       ☆
14.12.27 丸亀うどんほか (24)
③紹興酒の甕
知人と上野駅前の中華料理屋で紹興酒を飲んだ。
紹興酒をボトルで頼み、あとは餃子と天津丼。
それだけで3時間半。
写真の紹興酒の甕は店に飾ってあったもの。
店の人の説明では
昔の中国では娘が生まれると紹興酒をつくり土の中に埋めた。
それを嫁にいくときに掘り出して持たせるのだと。
要するにこの甕は嫁入り道具のひとつだったのだ。

ケルヒャーの威力。本「越前竹人形」「越後つついし親不知」・・・

14.12.26 ケルファ (5)
ケルヒャ―高圧洗浄機。コードが届く範囲はこれまでとは段違いに綺麗に洗える。

★ケルヒャーの威力

ケルヒャーとは高圧洗浄機のことだ。
近所の知り合いから借りた。

家ごと丸洗いとまではいかないが、
1階の軒先までの壁面、

窓、サッシ、網戸、雨戸、戸袋・・・・・。
コードが届く範囲はこれまでとは段違いに綺麗に洗える。

コンクリートのタタキに生えたカビかなコケの黒すみ消えた。
雨戸の裏側などは住んで以来初めての掃除(洗浄)だ。

楽だし、汚れがどんどん落ちるのが気持ちいい。
こんなならもっと早くから使えばよかった。

車の洗浄にも使用できるらしいが、
我が家の狭い駐車場ではもしかして不可?

         ☆

14.12.26 ケルファ (12)
水上勉の小説には生い立ちと深いかかわりがあるものが多いらしい。

★本「越前竹人形」「越後つついし親不知」ほか短編4 水上勉

著者の小説には、
生い立ちと深いかかわりがあるものが多いらしい。

各文学賞の11作品+飢餓海峡を読みたくなった。

ソー言えば、
僕が編集の仕事に携わって間もない頃(サラリーマン現役時代)、
水上勉宅へ原稿の受け取りに行った(行かされた)ことがある。

玄関先で水上氏自身から原稿を受け取った。
これ一度きりだけど。

本当におもちゃ箱をひっくり返した光景。陽のない公園

★孫2題・・・・・今日のショット

①本当におもちゃ箱をひっくり返した光景。
14.12.25 ひっくり返ったおもちゃ箱(1)
*
②陽のない公園
孫2人をつれて近くの公園へ。
自転車を置いてベンチで本を読む人がいた。
サッカーボールを追いかける4、5人の子どもたち。
孫2人は遊具で1時間ほど遊んだ。
爺は寒くて寒くて・・・・・・。
14.12.25 ひっくり返ったおもちゃ箱(10)

老いと関係あるのだろうか?

14.12.24 障子貼り (2)
障子貼りが下手になった。こんなところにも老いは関係あるのだろうか?

★障子貼りが下手になった

障子の張替えをした。
サイズは小さ目だが枚数が6枚。

180×90cmサイズなら3枚分くらいの面積。
障子の張替えは4、5年ぶりくらいになるかなァ。

以前は毎年暮れになると障子の張替えをしたものだ。

多い時は大小14枚もあった。
一日がかりではあったが、
しわなどは寄らずにまあまあ見られる障子張替えだった。

それが、やっぱりリタイアをした頃からか、
障子貼りが下手になったようだ、

10年前に家のリフォームをした際、
障子もそれまでの木の枠からプラスチックに変わった。

その時からかもしれない。

ピーンと貼れない。
よく見ると貼った障子紙が波打っているのだ。

老いと関係あるのだろうか?
僕と同年代で、
障子の張替えをしている人はどうだろうか?




44年回目のクリスマス・プレゼント交換

14.12.23 そごう買い物 映画 野生の証明 (30)
大宮そごうの帽子売り場の隣でピアノとバイオリンのクリスマスコンサートが開かれていた。
買った帽子を韓国へ送って欲しいと店員さんに頼んだら、
ちょっと待ってくださいといって15分くらい戻ってこない。
結局、発送は外注になるというので頼まなかったけれど、
待つ間コンサートを楽しめた。
14.12.23 そごう買い物 映画 野生の証明 (33)
クリスマスカードを買うために同じそごうの8階にあったLoFt(ロフト)へ行った。
ものすごい混みようで⒓のレジがフル回転。
買い物客は30メートルくらいも並んでいた。
大宮のLoFtは東口から西口のそごう8階に来るまで、
場所が二転三転したが当分ここからは動かない?・・・かも。

★44年回目のクリスマス・プレゼント交換

大宮駅前のそごうへ行った。

遅くなってしまったのだけど、
韓国の友人Cさんへのクリスマスプレゼントを買いに行ったのだ。

何を贈ろうか迷ったのだけど、
結局、去年と同じ帽子にした。

Cさんとのプレゼント交換は44年目になる。
お互いに無事でいることの確認しあいみたいなもの?

今年こそそちら(韓国)行くからいいつつ、
僕はもう35年くらい行っていない。

その間、Cさんは何度も日本へ来ている。
くれば連絡がくる。
東京はモチ、大阪、京都、タイのバンコク会ったこともある。

さすが、日本へ来る回数が減ったようだ。
あまり何回も来たので観光場所がなくなったのかもしれないなァ。

      ☆

★2015年、年賀状のモチーフ写真その③富士山
14.4.7富士山 (77)
忍野八海からの富士山(画像処理済)。

      ☆

14.12.23 そごう買い物 映画 野生の証明 (24)
健さんは熱演していてかっこうよかったけれど・・・。

★映画DVD 「野生の証明」 佐藤純弥監督 1978年

健さんの追悼で見たわけではないけれど・・・、
健さんは熱演していてかっこうよかったけれど・・・、
ウキペディアに紹介されている同監督への評に
“1997年の監督作『北京原人 Who are you?』は、
日本映画史上に残る「迷作」として語られることが多い”
を見て、
この映画(野生の証明)も同じじゃないかと思ってしまった。

5番目の孫誕生。

14.12.22 アイワ病院5番目の孫誕生 (7)
産婦人科の病院は我が家から車で15分ほどのところ。
写真は病院の自動販売機から。

★5番目の孫誕生

同居中の息子の第3子が生まれた、
男の子で3050グラム。
母子ともに元気。

僕には5番目の孫になる。
しばらく爺ーじも忙しくなりそう。

風邪なんかふっ飛ばさなければ・・・・。

       ☆

★2015年年賀状のモチーフ写真その②熊手
10.12.10十日祭 (2)
大宮氷川神社の十日市から。

       ☆

★癒しのショット
14.12.22 アイワ病院5番目の孫誕生 (2)
アスファルトの路地に生えたコケが、
冬のこぼれ陽を受けてダイヤになっていた。

1年に一度のチャンス・・・・年賀状

CIMG3421.jpg
僕の2015年の年賀状のモチーフ写真その①・羊。
パクセー市内(ラオス)のホテルの庭に並んだ石の十二支レリーフより。

★1年に一度のチャンス・・・・年賀状

年賀状を書いた。
書いたと言っても“筆ぐるめ”で作ってプリントする。

ここ数年、年賀状の発行枚数が減り続けているらしい(ネット調べ)。
ネット賀状ですませてしまうことも理由のひとつかもしれない。

      *

年賀状を書く(作る)のは面倒だけれど、
自分に来る年賀状は楽しみだ。

何年か前に“死ぬ前に後悔する5つのこと”が話題になった。
その中のひとつに
「もっと友だち関係を続けておくべきだった」
というのがあった。

元気なうちは気ならなったことが死ぬ間際になって思い出される。
その中でも友人との思い出がかなりのウエイトを占めるらしい。

年賀状は1年に一度だけ
友だち関係(親戚もあるが)を続けられるチャンスなのだ。

もし、年賀状がなかったら・・・、
そのまま多くの友人・知人・親戚と疎遠になってしまう?

     *

最新バージョンの“筆ぐるめ22”のマニュアルとにらめっこしながら、
午前9時から午後3時までかかって2015年の年賀状作りを終えた。

パソコンと古い映画と完治せぬ風邪・・ッタクなのだ

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-12-20 Sat 21:10:21
  • 映画
14.12.20 映画「疑惑」と「阿修羅のごとく」 (5)
「疑惑」は原作が松本清張。熱演する桃井かおりと弁護士役の岩下志麻。
森田健作(千葉県知事)が証人として出演している。
14.12.20 映画「疑惑」と「阿修羅のごとく」 (7)
「阿修羅・・」は向田邦子作のテレビドラマの映画化作品。
今の時代にあってはぜんぜん阿修羅のごとくではないような・・・。

★パソコンとDVDと風邪にほんろうされた

今日見た映画(DVD)は2本ともを以前に見ている。
どうして僕は同じものを借りてみてしまうのだろう?

見始めてからしばらくしてこれ見たような・・・と思い出す。
過去に見たのがテレビでなのかTUTAYAで借りたDVDなのかは思い出さないっけど・・・。

本を借りても同じようなことがたまにある。
これ読んだことある・・・と。

でも、ボケ始めたわけじゃないぞ。
面白そうだ、見てみたいという自分の好みが変わらないからだ・・・・と
自分で自分に言い訳をしている。

本当は・・・・ッタクなのだけど。

疑惑は32年前の映画、監督は野村芳太郎。
修羅・・・は23年前の映画、監督は森田芳光。

      *

昨日、ノートパソコンに“筆ぐるめ22”をインストールした。

新しいのになれるのは大変。
デスクトップが固まってしまったり、
立ち上がらなくなったり・・・・。

てんやわんやで電気屋へ2度も往復(昨日は4度だったけど)・・・・・ッタク。
風邪も完治していないというのに・・・・ッタク。

ガンバレ!すき家。駅前の耳鼻咽喉科へ行った

14.12.19 耳鼻科からすきや (2)
鼻から薬を吸引する治療は耳鼻咽喉科の定番?
14.12.19 耳鼻科からすきや (4)
薬は少なすぎても多すぎても大丈夫かなァ・・・と思う。

★駅前の耳鼻咽喉科へ行った

駅前の耳鼻咽喉科へ行った。
治りきっていない風邪が1日でも早く完治するようにと思って行ったのだ。

喉、鼻、耳の中をちょいと見て、
鼻から薬を吸引する治療を受けて薬をくれた。

薬は4種類。

先週の火曜日に行ったおおみや診療所でくれた薬は1種類。
それも漢方薬の葛根湯だ。

今日の駅前の耳鼻咽喉科は4種類。
鼻、のど、胃腸薬と抗生物質だ。

医師の診察は短すぎても長すぎても不安だが、
薬は少なすぎても多すぎても大丈夫かなァ・・・と思う。

        *

14.12.19 耳鼻科からすきや (6)
すき家ガンバレ!
14.12.19 耳鼻科からすきや (10)
僕はまだ食べたことないけど、朝食も安い!

★すき家ガンバレ!

駅前耳鼻科の帰りにすき家へ寄った。
駅から歩いて5分ほど、我が家へ向かう途中の16号線沿いにある。

     *

270円で牛丼を食べれるのはすき家だけだ。
すき家ガンバレ!

     ☆

14.12.19 耳鼻科からすきや (13)
どちらの本も写真とそれに付随するエッセイ。

★本「風まかせ写真館」 椎名誠
   「路上の神々」 赤瀬川原平

どちらの本も写真とそれに付随するエッセイ。
「風まかせ・・・」は旅、「路上の・・・」は散歩。
「風まかせ・・・」は主に人、「路上の・・・」は主に物。

謎の骨石。本「だめだこりゃ」

14.12.18 本「だめだこりゃ」、トマソン (20)
空でも遠景でもない。隣の家の駐車場の屋根だ。
透けた屋根の内側に竹の掃除用くま手が架けてある。
そこに西日があたっているのだ。
14.12.18 本「だめだこりゃ」、トマソン (13)
石なのかそれとも動物の骨なのか?道路の穴に応急的に置いてあった。
手にして目を皿のようにして見た。欠け口はどう見ても石には見えない。
骨なら何の骨?大きさは15×10センチくらい。重さも数百グラムはありそうだ。

★隣家の駐車場の屋根と謎の骨石

我が家からTUTAYAまでは歩いて5分ほど。
その間、何かシャッターチャンスはあるかしら?

・・・で、撮ったのが上の写真2つ。
“西日のあたる隣家の駐車場の屋根”と“謎の骨石”。

風邪で寝てばかりで運動不足だし、
食べてばかりで太ってもイケナイ。

そこで、いつもなら自転車で行くTUTAYAまで
散歩を兼ねて歩いたのだ。

今日のカテゴリーは癒しの風景。
無理やり入れた。

       ☆

14.12.18 本「だめだこりゃ」、トマソン (11)
「だめだこりゃ」は10日以上もダウンしている僕のことを言われているようで・・・・。

★本「だめだこりゃ」 いかりや長介

ドリフターズが大活躍を始めたのは、
僕が社会人になった頃とかさなる。

“全員集合”などはほんの数年前に見ていたような気がするのだが、
1969年から1985年までというからもう30年も前のことなのだ。

著者のいかりや長介さんは
ずいぶん謙虚な考えで生きていたんだなァと思った。

昨日図書館から借りてきたばかりなのだが、
他の読みかけの5冊を抜かして一気読み。

       *

ただ、「だめだこりゃ」は風邪で10日以上もダウンしている僕のことを言われているようで・・・・。

       ☆

14.12.18 本「だめだこりゃ」、トマソン (29)
真面目な内容でコメディっぽくはないけど時々笑える。

★映画DVD「みんなの家」 三谷幸喜 2001年

田中邦衛は監督からコメディだとは知らされずに撮影にあたっていたとか(ネット調べ)。

だからななァ・・・真面目な内容でコメディっぽくはない。
でも時々笑えるドラマ。

風邪と図書館と『だめだこりゃ』

14.12.17 図書館CIMG4471 (2)
借りる本を探す時間がけっこう充実している。
14.12.17 図書館CIMG4471 (9)
休日は空いたテーブル・席が見つからないほどにぎわうホール。
ソファも陽をたっぷり受けて暖かい。
14.12.17 図書館CIMG4471 (13)
ホール内の写真を撮っていたら係員みたいな女性に睨まれてしまった。
その女性が若くて美人だった。でも声を掛けたら怒られそうなのでやめた。

★風邪と図書館と『だめだこりゃ』

朝、一気にパジャマを脱いで着替えた。

寝てばかりいても風邪は治らない?
ツーか治りもしないけど悪くもならない?

現役の頃ならどんなに長引く風邪でも3日休む(寝る)のが限度だろう。
実際、30~40代の頃、1週間、1ヶ月、3ヶ月の風邪を引いた時でも
4日も5日も休んだこと(記憶)はない。

少しぐらい鼻声でも、マスクをかけていても、多少迷惑がられても
そんなことにかまっていられないのだ・・・働いている(サラリーマン現役の)ときは。

       *

まァ、そんな意気込みで起きたのだけど
要は図書館へ本の返却に行きたかっただけのことなのだ。

暮れとはいえ、平日の午前中の図書館は空いていた。
静かなのがいい。

書棚に並んでいる本をひと通り眺める。
この借りる本を探す時間がけっこう充実しているのだ。
1時間ぐらいはアッという間に過ぎてしまう。

コレ読んで見よう・・・・・
それは“見つけた”というより“発見した”と言ったほうが適切なくらい。

そして今日、発見した(借りた)本は
いかりや長介の自伝

『だめだこりゃ』。

NHKBS番組「ルアンプラパン」と川海苔。

14.12.1 6NHK・番組BS ルアンパパーン (29)
NHKKらしいけど、紹介の仕方が少し地味だったような・・・。
14.12.1 6NHK・番組BS ルアンパパーン (42)
旅通(ツウ)のための内容なのか?でも、美しい街の印象が残ったことは確か。
14.12.1 6NHK・番組BS ルアンパパーン (47)
グルメ3位に紹介されていたメコン川の川海苔。
写真は僕が今回の帰国時に生徒からお土産にもらってきたもの。
生徒のお母さんの手作りだ。

★NHKBS番組「ルアンプラパン」と川海苔

知人から携帯メールで届いたのはNHKBSのテレ番。
ラオスの観光地ルアンプラパンを放送するという知らせだ。

      *

一昨日は民放BSでバンコクをやっていた。

バンコクには2年半住んだので、
懐かしいシーン(観光スポット)が見られるかと期待しながら見た。

ところが、昨今の民放らしい内容で、
全編タイアップ(PR)みたい。

全くの期待外れで、
僕にはあまり面白くなかった。

今日のラオスのルアンパパーンの紹介はどうであったか?

       *

さすがNHKだ、
タイアップみたいなグルメ、グッズの紹介などはなく
いたって真面目というか地味すぎるくらいの内容。

僕はルアンプラパンには2泊3日しかいなかったが、
それでもNHKの今日の番組内容では物足りなく思えた。

とはいえルアンプラパンが素晴らしいところだという印象は残った・・・・ぞ。
きっと番組を見た人はいつか行ってみたいと思ったに違いない。

       *

番組の中におすすめ料理3ベスト3の紹介があった。
その3位がメコン川で採れた川海苔だという。

いかにもNHKBSらしい。
あとの2位、1位も普通のお店の定食みたいなラオス料理が選ばれていた。

3位で紹介された川海苔だが、
2週間ほど前に僕が帰国する際、
生徒(女子)の一人がお土産に持たせてくれたものと同じだ。

ついうれしくなってしまう。

お土産をくれた生徒はルアンプラパン出身で、
しかも、僕がもらった川海苔はその生徒のお母さんの手作りなのだ。

5×7センチが50枚ほどだが
我が家では僕以外まだだれも食べた形跡がない。
明日は自信をもって勧めてみよう。

       *

ところで、ボクの風邪の状況は?

やっぱり今日も外出はならず。
そろそろ大掃除とか年賀状とかが気になりだしてきた。、

早く治ってくれ~(*^^*)。


      

起きてはみたものの・・・・風邪に八つ当たり

★起きてはみたものの・・・・風邪に八つ当たり

起きてはみたものの、
やっぱりまだ治っていない。
ひどい鼻声だ。

知人から見舞いのメールが届き、
同じく妹から電話が入った。

知人は10日は治らないというし、
妹は1ァ月かかるかもよ・・・・と言う。

     *

せっかく起きたので、
1週間寝っぱなし布団を日に干したりしたけど・・・・。

起きてはみたものの、
外出は不可。
頭はボー((+_+))。

結局、本を読んだりうたた寝をしていただけ。
TUTAYAへ行って映画(DVD)を借りに行く気力もわかない。
・・・・・ッタク、嫌な風邪だ。

記入しづらいよ・・・・衆院選投票。風邪が治らない

14.12.14 選書と本 (7)
左側の記入場所が小選挙区投票場所。
並んでいる人影は投票箱に並んでいる人たち。

★記入しづらいよ・・・・衆院選投票

投票に行った。

投票率が下がるというニュースが流れていたが、
僕が行った時は投票箱に人が並んでいた。

それはいいのだけど、
小選挙区の投票用紙書きこみ場所のすぐ後ろに並んでいるのだ。

まさか、覗き込む人はいないだろうけど、
記入しづらいよ・・・・これは。

      ☆

★風邪が治らない

風邪が治らない。
もう6日も寝ているのだ。

病院へも行った。
単なる風邪なのか流行りのインフルエンザなのか、
医師は言ってくれなかった。

喉の状態を見たのは1秒にもみたない。
この先生は漢方薬を勧める。
薬はいつもの同じ葛根湯だ。

そろそろ治って欲しいものだ。

      ☆

14.12.14 選書と本 (5)
風邪で寝ている最中に読んだ。

★本「定年って、いいもんだ!」 加藤 仁
   「父と子」 水上勉
   「千利休とその妻たち」 三浦綾子

「定年って・・・」沢山のインタビュー事例が出ていて、
サラリーマンが定年前に読めば役立つ(多分)。
定年後9年たつ僕が読んでも参考になった。

「父と子」良書だ。著者は多くの文学賞を受賞しているが、
この本が受賞対象になっていない(僕が調べたネット情報内)のはなぜ?

「千利休・・・」私生活から描いた千利休。     

今日も一日・・・・

★今日も一日・・・・

風邪の症状がひどくなっている。
・・・・で、今日も一日寝ていた。

パソコンと電気製品の寿命

★パソコンと電気製品の寿命

やっとパソコンの準備が整った。

気が抜けたのか風邪気味。
今日は一日寝ていた。

     *

トイレのウオシュレットが壊れた。
使用10年未満だ。

先日のテレビが7年。
今回のパソコンは8年。

電気屋さんの言うことには今の電気製品は10年が限度なのだそうだ。
それ以上もったら奇跡だと思っていいのだと・・・。

      *

僕の机の上の古いデスクトップは15年使っている。
家内の友達の家はウオシュレット使用17年になるがまだ問題なし、
我が家のエアコンも古いのは20年になる。

古い電化製品で火を噴くなどのトラブル(事故)が起きると、
マスコミはニュースで大きく取り上げ、
事故を起こした人はメーカーを訴える。

電気屋さんの言うにはそうした結果なのだと。
訴えた人もマスコミも自己責任を調べる(感じる)ことはないらしい。

メーカーは8~⒑年しか保証しないし、
備品も破棄してしまうそうだ。

いまや日本製品は丈夫で長持ちではないのだ。

“高くて壊れやすい”。
こんな評判がたったらどうするのだ。
最も、このところの円安は価格を5割近くも下げているのだが・・・。

近い将来、
外国人が秋葉原で電化製品を買う姿を見られなくなる?

      *

ついでにもう一つ疑問だ。
アメリカの何とか委員会はなぜ部品メーカーを訴えているの?

ふつう車に欠陥が見つかったら自動車メーカーを訴えるだろう。
※トヨタもホンダもマツダもメーカーとして欠陥調査<対応)するようだが・・・。

そー言えば何年か前に訴えられたブリヂストンもタイヤメーカーだったなァ。
ブレーキ問題のトヨタの結末はどうなったのだ。

      *

古くは
フラフープが腸捻転の原因になるとかであっという間にブームが去った。
カルピスは虫歯の原因と言った歯医者のコメントで倒産寸前の憂き目にあった。

どちらも根拠がないデマにすぎないということが後でわかったが、
言った本人が責任をとることはないし、
マスコミが訂正することもない。

Index of all entries

Home > 2014年12月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top