Home > 2015年01月

2015年01月 Archive

魚金と三州屋。手袋をしない東京人?。秩父の山々も望める帰り道

1 15.1.31 新橋、手袋ブログ用(16)
写真真ん中あたり、白い建物の屋上のかんばんの左に見える山が武甲山。

★秩父の山々も望める帰り道

朝の散歩。
民謡の稽古をする公民館まで歩いてみた。

片道40分。

裏道は田んぼや用水沿いで景色も悪くない。
行きには気づかなかったが帰りは秩父の山々も望める。

        ☆

2 15.1.31 新橋、手袋ブログ用(26)
ヨドバシカメラは大入り。
3 15.1.31 新橋、手袋ブログ用(28)
僕の何代目かの手袋。とても暖かく脱着も容易。

★手袋をしない東京人?

秋葉原駅前のヨドバシカメラに寄った。
万歩計(歩数計)と水中撮影用カメラを見たかったからだ。

結局どちらも買わなかったが、
店員さんに話だけは聞いた。

       *

ヨドバシカメラは大入満員だ。

一店舗でこれだけ入ってしまったら
他の店は相当な影響を受けているのだろうなァ・・・
と、今日は改めて思ってしまった次第。 

        *

秋葉原を降りるときから、ヨドバシカメラに出入りするまで、
手袋をしている人がほとんどいないことに気づいた。

今日は寒かった。
にもかかわらず、手袋をしている人をほとんど見なかったのだ。
おそらく数十人に一人しかしていない。

僕が手袋をするのは寒さ対策のこともあるが、
転ぶと危険だからだ。

寒いとつい手をポケットに入れてしまう。
ポケットに手を入れたまま転ぶのはケガの元。
それが怖い。

そう思って僕はなるべく手袋をして
ポケットには手を入れないことを心掛けているのだ。

しかるに、なぜ手袋をしていないのだ・・・・東京人は。

東京は埼玉ほど寒くはないぞとか、
"そんなことを考えるのはお前が年寄りだからだ"・・・・の声が聞こそうだ。

        ☆

4 15.1.31 新橋、手袋ブログ用(43)
三州屋のテーブルと壁のメニュー。

★魚金と三州屋

新橋で潜友3人の新年会をやった。
1軒目に入った店が魚金。

魚金は数多くある新橋の飲食店の中で、
食べログ1位を維持している店なそうな。

道理でおいしくて安い。

     *

話が盛り上がり、
2軒目に行くことに。

三州屋は知る人ぞ知る・・・・ていうか、
古い居酒屋なので常連が多い?

見渡せばわれわれと同世代と見ゆる客ばかり。

8時前にラストオーダーがきた。
店じまいも早いようだ。
新橋駅前の一等地、いや飲み屋街の特等地なのに・・・。

        *

友との語らいは楽しい。
今夜もいい夜だった。

        *

5 15.1.31 新橋、手袋ブログ用(4)
「男はつらいよー寅次郎恋歌」は寅さんのセリフごとに笑える。

★映画DVD 「男はつらいよー寅次郎恋歌」 山田洋次監督 1971年

このシリーズ48作+特別編があるらしいのだが、
僕には見たことのあるのとまだ見てないのと区別がつかない。
(これは座頭市シリーズも同じ)

たまに見たくなる時に参考にするのがネットに投稿された映画評だ。
というのも、面白いのとそうでもないのがあるからなのだが、
「男はつらいよー寅次郎恋歌」は寅さんのセリフごとに笑える。

人生論的映画評論・・・このブログに
『「寅さん映画」の真髄が凝縮されている。「片思いの美学」を本質とする「失恋道"』
とあった。

"雪"なのだ。本「火の山ー山猿記」

15.1.30 ブログ用 雪 CIMG5680 (18)
雨はあまり思い出に残らないが雪は違う。

★"雪"なのだ

「もし日本に行ったら何を見たいですか?」
とバンコクとビエンチャンの住民の何人かに聞いたことがある。

大人も子どもも、ほとんど人の答えの中にあったのが"雪"だ。
雪を見たい、雪に触ってみたい、雪ってどう降ってくるの?・・・。

富士山でもない、ディズニーランドでもない"雪"なのだ。

       *

雨はあまり思い出に残らないが雪は違う。
幼いころ東京でみたヒザまで埋まってしまった大雪。

わざわざ雪を見に富山(駅)まで行ったら、
1㍍超える雪に恐れをなしてそのまま引き返した事。

長野のスキー場で、山で、北海道で、仙台で・・・雪のシーンを思い出す事が出来る。

       ☆

img002.jpg
「火の山ー山猿記」は3、4、.5に該当。上巻だけで653頁。野間文芸賞、谷崎潤一郎受賞。
平成18年NHK連続テレビ小説の原案になった。

★本「火の山ー山猿記」上 津島祐子

僕がBOOK・OFFで本を買う基準は、
1、読みたいと思っていたもの、
2、面白そうなもの、
3、なるべく厚い本、
4、108円(税込)の本優先、
5、文学賞の受賞作品

「火の山ー山猿記」は3、4、.5に該当した。

クイズ ハンディ無線機はいくらで引き取ってくれたでしょう?

★クイズ ハンディ無線機はいくらで引き取ってくれたでしょう?
 (答えは今日のブログの最後)。

質問=オフ・ハウスへ持ち込んだハンディ無線機は
     いくらで引き取ってくれたでしょう(4つの中から選ぶ)。

    500円    1500円    3000円    5000円

ヒント 下の写真は十数年前に購入したハンディタイプの無線機だ。
     当時ボーイスカウト活動で使用していたもの(個人所有)。
     購入価格は新品で5万円ほどだった。
     5回しか使用していない。

15.1.29 オフハウスほか(14)
ひょっこり押入れから出てきた無線機。オフ・ハウスはいくらで引き取ってくれた?

       ☆

15.1.29 オフハウスほか(11)
88ヶ所とは直接関係のない四国の歴史散歩?

★本「四国お遍路謎とき散歩」 ひろたみお著

著者はかなりの歴史好き(多分)。

(著者が)歩きお遍路をするのあたって調べたものか、
お遍路を終えてから調べたものか?

88ヶ所とは直接関係のない四国の歴史散歩?
面白く読ませてもらった。

       ☆

15.1.29 オフハウスほか(7)
安楽死がテーマなのかと思ったけど違うみたい。

★映画DVD 「みなさんさようなら」 カナダ・フランス合作 2003年

ひとつピンとこない "みなさんさようなら"。
安楽死がテーマなのかと思ったけど違うみたい。

物語の原作者は日本人(久保寺健彦)と知ってびっくり。
アカデミー賞外国語映画賞ほか受賞多数。

       ☆

CIMG5679_20150129210641c77.jpg
クイズの答え=5000円。

岩佐暖選手、応援幕は赤で優勝だァ!

鈴木様 デザイン
岩佐暖選手(神奈川大学)の応援幕は赤と決まった。

★応援幕は赤で優勝だァ!

スピードスケート・ショートトラック
岩佐暖選手の応援幕のデザインサンプルが届いた。

岩佐選手は僕の親戚で現在神奈川大学1年生。
http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=442

2月27日~3月1日に大阪で開催の世界ジュニア選手権大会用だ。
僕も応援に行く予定だ。

・・・・で、赤か青かどちらを選ぶか本人に決めてもらった。
赤でいくそうである。

ダントツ!! 岩佐暖・・・・・・優勝獲得!がんばれ!

       ☆

15.1.28 ブログ用 (7)
「歩いても歩いても」 は2008年の(日本)の映画賞を総なめ。

★映画DVD 「歩いても歩いても」  是枝佑和 2008年

たんたんとした内容の映画だけど、
多くの賞を貰っているのでびっくり。

作品、主演、助演など総なめで受賞数13.
一つの作品で単年度でこれだけの受賞は珍しいのでは?

ちなみに樹木希林関連が助演女優賞など13のうち5つ、
主演男優の阿部寛はひとつだ。

     ☆

樹木希林が医者の奥さんらしからぬ、
普通のおばさん(主婦)で出ているが、
我が家の近くの赤ひげ医師の奥さんが同じようだった。
もう、とっくに鬼籍の人だけど・・・。

旅と俳句・・鉄道ファンの水彩画展。また待ち伏せ検挙。また歯医者

15.1 (27)丸ビル歯科、吉永個展神田神保町
檜画廊(ひのきがろう)。千代田区神田神保町1-17(すずらん通り)。

★鉄道ファンの水彩画展

「人の生活がある風景 vol.2」吉永直子個展
2015年1月26日(月)~1月31日(土)
11:00-18:30
(最終日は16:30まで)

檜画廊(ひのきがろう)
千代田区神田神保町1-17(すずらん通り)
tel 03-3291-9364

      *

吉永さんは遠い昔(25年くらい前)に、
仕事の関係で知った水彩画家だ。

当時、吉永さんはイラストレーターとして作品を描いていた。

長年描き続けている人の作品には、
それだけの重み、味わいがある。

展示されている作品には俳句が添えられ、
いっそうの深みが感じられる。

       *

吉永さんが鉄道ファンだとういことを数年前に知った。
作品を見てもそれがよくわかる。

タイトルの「人のいる風景」の中の面白味と旅と鉄道は切り離せない(多分)。

       ☆

★顎関節症?・・・・また歯医者

また歯医者だ。

片方の奥歯の噛み合わせが悪いのでは?
そう思って歯医者に行った。



     *

顎関節症というのがあるらしい。
噛み合わせに問題があると、
顎が痛くなるのだ。

その前にまず耳の中が痛くなる。
その次に耳の裏の下部分。

その原因がわからず耳鼻科に行ったり皮膚科に行ったりもした。
脳のCTスキャンも撮った。

それでも耳の痛みの原因はわからず。
そうこうするうちに顎が痛み出したのだ。

ネットで見た顎関節症の経過そのものだったのだ。

        *

今日は噛み合わせの調整をして〈し直して)もらった。
これでしばらく様子を見てみることに・・・・

       ☆

15.1 (63)丸ビル歯科、吉永個展神田神保町
事故ではありません。一時停止違反のネズミ取りです。

★また待ち伏せ検挙

家の近くを取る県道2号線でよくネズミ取りをやっている。
スピード違反ではなく一時停止違反を捕まえているのだ。

パトカーを隠すように止め、
警官が道路に立って違反者を捕まえる。
捕まった運転手さんは"どうしてェ"などという顔をしている。

また今日も待ち伏せ検挙だをやっていた。

       ☆

img001.jpg
男性の作家であるとばかり思って読んでいたら・・・。

★本「聖地巡礼」 田口ランディ

田口ランディは男性の作家であるとばかり思って読んでいたら、
3分の2ほどを読んだところで女性だということが分かった。

ずいぶんの人気作家で、
作家以外でも多方面で活躍している(ネット調べ)。

大事な釣り友逝く。9分と数秒の証言の中身は重い・・・NHKアーカイブ"戦争証言"

15.1.26 則和さん逝く (16)
大事な釣り友が逝くった。写真は渓流沿いの道に咲いていた蕗の花。

★突然の訃報

Nさんが逝った。
突然の訃報、享年64歳。
心筋梗塞で倒れそのまま雪の上で亡くなっていたそうである。

Nさんとは毎年釣りシーズンになるとお世話になっていた家の主人。
僕は2010年からだが(僕の釣りの)師匠は20年以上だ。

年齢がほぼ同世代ということもあって、
釣りの話から若いころの武勇談に至るまで
夕食時の会話はいつも弾んだ。

大事な釣り友でもあったのだ。

沢のこと、エサの選択、クマのこと・・・・・、
Nさんにはずいぶんと教わった。

心からご冥福を祈ります・・・・合掌。

       ☆

15.1.26 則和さん逝く (24)
こうした番組がネット配信でいつでも見られるのはいいことだ。

★9分と数秒の証言の中身は重い

NHKアーカイブ"戦争証言"を見た。
見たといっても小林桂樹、瀬戸内寂聴、宝田明の3人だけだけど・・・・。

ひとり9分と数秒の証言の中身は重い。
こうした番組がネット配信でいつでも見られるのはいいことだ。

       ☆

15.1.26 則和さん逝く (35)
近衛十四郎、大友柳太郎が懐かしい。

★映画DVD 「十兵衛暗殺剣」 倉田準二監督  1964年

1964年といえば東京オリンピックが開催された年。
もう50年も前の映画だ。

近衛十四郎、大友柳太郎が懐かしい。



道なき散歩道

15.1.25 ブログ用CIMG5550 (2)
今朝、用水路の脇(縁)を1キロほど歩いてみた。

★道なき散歩道

道なき散歩道・・・・何のこっちゃ?
本来は道でないところを散歩に歩いたということ。

信号や通る車に邪魔されない、
しかも土の道。

ただし、寒い朝は霜柱で歩けない?
夏の炎天下は暑くてかなわない。
用水路からはかすかにどぶの臭いも。

今朝、用水路の脇(縁)を1キロほど歩いてみた。

       ☆

15.1.25 ブログ用CIMG5550 (10)
いい映画はやぱり最後まで見たくなる。

★映画DVD 「たそがれの維納(ウイーン)」 1934年 ドイツ(ウイーン)

10分ほどして、
この映画見たことがあると気づいた。

でも、いい映画はやぱり最後まで見たくなる。

練習日を金曜に変えた理由

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-24 Sat 18:52:24
  • 民謡
★最後の土曜日練習・・・民謡クラブ

午後1時半から民謡の練習があった。
じつは、僕の土曜日の練習は今日でおしまい。

来月からは金曜日が練習日となる。
要するに僕が練習日を換えてもらったのだ。

理由はひとつ、
土曜日の練習がこれまでの夜だったのが昼間に変更になり、
郷土史同好会と重なってしまうからだ。

どちらの会も平均年齢が70歳を超えていて、
どちらの会も会員が減り続けている。

とくに郷土史同好会はここだけの話、
会員数から言えば××の灯火、
熱心な会長、副会長のお二人がいるからいいものの、
僕などは頭数以外に何も役立っていないのだけど。



15.1.24 私が愛したグリンゴ(8)
多くのエキストラ、迫力、雄大で美しい自然・・・・・。

★映画DVD 「わたしが愛したグリンゴ」 1989年 アメリカ

メキシコ革命のさ中、
行方不明になった白人作家を題材にした内容(多分)の映画。

封切り当時ジェーン・フォンダとグレゴリー・ペックの共演が
話題となっていたようにおぼえている。

ネットで見たいくつかの評はあまりかんばしくないが、
僕は十分楽しく見た。

CGなしの実写には画面にリアリティを感じる。
多くのエキストラ、迫力、雄大で美しい自然・・・・・。


"ダントツ !! 岩佐 暖" 世界スピードスケートジュニア選手権

15.1.23 ブログ用 (3)
hangoutという会社は写真のイラスト店舗とは大違い、プレハブ倉庫のような建物だった。

★"ダントツ!! 岩佐 暖"の応援幕注文

応援幕を注文に行った。

ネットで注文も取れるのだけど、
近くの制作会社に直接頼みに行った。

初めてのことでもあるし、
直接のほうが話が早く間違いやトラブルも少ないのではないか・・・
と考えたからだ。

hangoutという会社は我が家から自転車で⒖分くらいのところ。
4.5メートル幅の道路が入り組んだ住宅地の中にあった、

プレハブ小屋のような建物に代表取締役社長が一人でいた。

聞けば社長は地元プラザ(東急が開発した街)で生まれ育ったとか。
卒業中学が我が家のすぐ前で、
僕の子供たち3人が卒業した同じ中学校であった。

       *

だからと言って負けてくれてはいない(多分)。
さっそく見積もってくれた金額はタテ1㍍×ヨコ2㍍の標準サイズで23,000円。

費用は僕の兄妹3家族で分け合うので一見8000円弱ということになる。

応援幕に書くコピーは
『ダントツ!! 岩佐 暖』。
ダントツのダンと名前をかけている。

2月27日~3月1日開催の
ショートトラック 2015世界ジュニア選手権大会 を
http://skatingjapan.or.jp/whatsnew/detail.php?id=2404&sports_id=3&d=20150227
ぜひお見逃しなく・・・・。

・・・・・と言っても、
テレビで中継するわけではない(と思う)ので、
メダルを貰ってニュースにでもなればの話だけど。

帰ってきたモバイル・パソコン。昭和50~60年代の日本文学は・・・・ドナルド・キーン

15.1 (15)ブログ用
パソコンも年寄り向けに、易しくて丈夫で長持ちするものを・・・。
手前が帰ってきたノートパソコン、
後ろが15年使用して、ビクぐらいしかしていないデスクトップパソコン。

★帰ってきたモバイル・パソコン

買って間もないモバイルノートパソコンが昨年暮れに故障。
3週間の入院〈メーカー修理)を終えて帰ってきた。

10年未満の寿命という日本の白物家電の話を聞いて驚いたが、
モバイルノートパソコンがこんなにも虚弱体質だったとは・・・。

落としたわけでも手荒に扱ったわけでもない。
壊れた原因は電源を入れる口(メス)に傷がついたかららしい。

       *

任天堂が最初に子供用のゲーム機を開発したとき、
完成したサンプルを当時の社長はビルの屋上から下へ落としたそうだ。

子どもが使用するものなら、
落としたくらいで壊れてしまうようじゃダメだというわけだ。

もうあと何年かたてば、
パソコン人口も年寄のほうが多くなるんじゃないか?

余計な仕掛けはいらないから、
易しくて丈夫で長持ちするものを作って欲しいねエ。

      ☆

15.1 (11)ブログ用
読売新聞1月15日。ドナルド・キーン氏の記事、『伝統忘れた日本に「怒」』。

★昭和50~60年代の日本文学は・・・・ドナルド・キーン

読売新聞1月15日。
日本文学研究者
ドナルド・キーン氏の記事、
『伝統忘れた日本に「怒」』
より抜粋。
      *
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
古典に没頭する私に、「現
代の日本を見るべきだ」と
勧めたのは同じ下宿にいた
永井道雄、後の文部大臣。彼
は中央公論社の嶋中鵬二社
長と幼なじみで、嶋中氏を
介し谷崎潤一郎、永井荷風、
川端康成、三島由紀夫、古
田健一らと親しくなった。
今はただ、近代文学の絶
頂期に居合わせた幸福を想
う。当時はわからなかった。
50~60年代の日本文学は、
平安王朝の女流、そして近
松、西鶴、芭蕉らがいた江
戸元禄期と比肩する、隆盛
期だったのを。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

      ☆

15.1 (6)ブログ用
今どきの結婚しない、できない、したくない若者たちには理解不能?

★映画DVD「掠奪奪された7人の花嫁」  1954年 アメリカ映画

今なら大変な誘拐映画。
でも、底抜けに明るい嫁取りミュージカル。 

今どきの結婚しない、できない、したくない若者たちには理解不能な映画?

面白ためになる山田風太郎。ほんとうは風刺物語「ガリバー旅行記」

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-21 Wed 21:01:11
15.1.21 ブログ用 (30)
山田風太郎の風刺のきいた言動は面白く、ためになる。

★本「戦中派天才老人山田風太郎」関川夏央 

山田風太郎は小説やその他の著作物も面白いけど、
風刺のきいた言動はもっと面白い。
ためになる。

とっくに鬼籍に入られた作家だけど僕は大ファンなのだ。
(今日ももうひとり、僕が大ファンの陳舜臣氏が亡くなられた・・・・合掌)。

だからエッセイとか対談集は目にしたら外せない。
↓以下本文中から

『昭和10年・・・、この年、女学生のあいだで、
君、ボク、失敬、何いってやがるんだい、など男言葉が流行』
※女性が男言葉で話すのは80年前にもあったんだァ。

『早死には本人の不幸、長生きは他人の不幸で・・・・』
※心では分かっていても長生きしたいんだよねェ。
医者と薬屋は長生きさせたいし・・。

     ☆

15.1.21 ブログ用 (35)
「ガリバー旅行記」は本来は風刺の物語。

★映画DVD 「ガリバー旅行記」 アニメ

「ガリバー旅行記」は本来は風刺物語で、
4つの物語(国)を旅するのだそうだ。

このアニメは子供向けで、
第一話のこびとの国だけだけど、
それでもガリバーが戦争の愚かさをさとし
敵対する2つの(こびとの)国を仲直りさせている。

紛争・戦争をしている国の為政者たちが読めばいいと思うのだけど・・・。
僕も2、3、4話を読まねば。

冬のシルエット6景

★冬のシルエット6景(画像処理)・・・・癒しの風景

15.1.20ブログ用 (1)
15.1.20ブログ用 (4)
15.1.20ブログ用 (6)
15.1.20ブログ用 (8)
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (12)
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (29)
ろうばい。

同窓生宅に泊まる。本「雁の寺」「閔妃暗殺」。映画「にごりえ」

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-19 Mon 21:42:40
★昨夜は同窓生宅に泊まる

予定というのは重なる時には重なるものだ。
ほとんど真っ白状態な卓上カレンダー予定書き込み欄なのに・・・・・。

昨日は小学校の同期会新年会(12人出席)と民謡の新年会(22人出席)が重なった。

午前中は民謡クラブの新年会に出て、
午後に遅れて同期会新年会に出席。

民謡では“佐渡おけさ”を唄い、
同期会ではもっぱらお喋りを楽しむ。

その同期会はS氏の自宅のひと間を借りて行ったものだ。

時間や費用を気にせずやろうということだったが、
S氏には相当に迷惑をかけてしまったのではないかと思う。
Sさん会場の提供をありがとうございました・・・なのだ。

     *

迷惑の極みは僕がとうとう泊まってしまったしまったことだろう。
6時ころには皆帰り、僕とS氏のみとなった。

その後、S氏と2人でウイスキーをちびりながら
午前0時半まで話し込んだのだ。

      ☆

CIMG3573.jpg
水上勉は「雁の寺」で1961年に直木賞を受賞した。

★本「雁の寺」 水上勉

かって推理小説は文学であるべきかどうかで論争になたことがあるらしい。
論争をしたのは江戸川乱歩と木々高太郎だ。

その両方を見事に兼ね備えているのが「雁の寺」。

先日「雁の寺」の真実という本を読んでから、
「雁の寺」を読んだのだけど、
優れた文学書・推理小説というのは真実を知ってしまったあとでも面白いものだ。
      *
CIMG3579.jpg
ノンフィクションとはうたってないが真実に近い(迫る)?

★本「閔妃暗殺」 角田房子

3年の月日と膨大な資料から書きあげた重みのある内容。
明治維新後、日本が韓国(朝鮮)で何をしてきたかがよくわかる。

ノンフィクションとはうたってないが真実に近い(迫る)?
1988年・第1回新潮学芸賞受賞。

        ☆

CIMG3583.jpg
2度目の鑑賞。

★映画DVD「にごりえ」 今井正監督 1953年

原作は樋口一葉。
監督は今井正、
名優たち・・・いいねえ。

高度数老眼鏡。どこだか分らない朝の散歩の風景。目玉は妖怪ウオッチのケーキ

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-17 Sat 21:48:22
★500メートル離れたらどこだか分らない・・・・朝の散歩の風景

朝の散歩に、
これまで通ったことのない路を行った。

     *

数年前まで畑が広がり、
遠くからでも目印となる電波塔などが見えたりして、
自分がどのへんにいるのか分かったものだ。

市街化調整区域が市街地となり、
田や畑はどんどん住宅に変わっていった。

そうした住宅街に入ると、
自分が何処を歩いているのか分らなくなる。

道はカーブをえがき、
右に曲がり左に折れ、
目印は建物の陰に隠れて見えるはずもなく、
ただ当てずっぽうに歩く。

まァ、知らない道を散歩するというのは、
そんなことかもしれないが、
とにかく500メートルも歩くと、
もうそこはどこだか分からなくなるのは確かなのだ。

151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (1)
小山本家酒造までは知っている道。この酒蔵は東日本一(全国6位)の出荷量を誇る。
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (4)
脇道に入るともう初めての風景となる。
足立坂東三十一番札所があったが、
ネットではここと違う川口市の木揃堂となっていた。
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (44)
やっと見えた電波塔(中央)。畑はどんどん住宅地変わっている。

      ☆

★高度数老眼鏡

高度数老眼鏡を買いに行った。
百均で売っているのだが、
大きなダイソーの店にしか置いてないようだ。

ふだんは度数3.5を使い本などを読む。
しかし、文字が小さかったり暗かったりすると
もっと度数(明るさ)の強いメガネがいい。
※車の運転には度数1.5のメガネをかけている。

度数4、5などという(百均)メガネは貴重なのだ。

151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (87)
どこの百均でも売っているというわけではない貴重なメガネ。
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (60)
メガネを買ったダイソーと北図書館とは同じ街にあるので寄った。
館内は勉強する学生、新聞・雑誌を読むお年寄り、
書で本を選んでいる母子などでいっぱい。
151.17 散歩。宿、下郷→ステラタウン (74)
2階ギャラリーでは石井琢郎展が開催中だった。
写真の作品は御影石をくり抜いて作ったものだ。

      ☆

CIMG5466.jpg
誕生パーティの目玉は妖怪ウオッチのケーキ。

★孫の誕生日

4歳になる孫誕生パーティをやった。
たこ焼きに鉄板焼きに寿司。

目玉は何日も前から注文しておいた妖怪ウオッチのケーキ。

怖~いお話。本『水上勉「雁の寺」の真実』

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-16 Fri 23:17:24
★怖~いお話

今日も大宮へ出た。
その行きのバスの中の話である。
僕が座った後ろの席で30代と20代らしき女性。

30代の女性が20代の女性に何か一所懸命話しかけている。

車内は空いていてふたりの話は丸聞こえ、
聞くとはなく聞こえてしまうのだ。

どうやらエステのDVD販売員の勧誘らしい。

それがねずみ講みたいな販売システムのようで、
自分らの女性仲間はみな成功してお金持ちになっている云々と
30代の女性が20代の女性に話している。

20代らしき女性は勤めていた会社の問題点を述べ、
その会社を辞めた理由を30代女性に訴える。

30代の女性が相槌をうち、同情し、20代の女性の容姿を褒め、
そんな会社はやめて正解だと言い、
あなたはまだ若いし綺麗だし成功は間違いないと説得している。

20代の女性の勤めていた会社というのは×ルコのことらしい。
もし正社員だとしたら簡単にやめるにはもったいなさ過ぎる会社だ。

        *

30代の女性が勧めているのが
本当にねずみ講式の販売システムならやばい。

一度会員になると簡単にはやめられない。
あげく、親戚や知人を巻き込み、
最後は自分自身が借金まみれになってしまう怖~い内容の
ノンフィクションを読んだことがある。

僕はバスの下りがけにふたりの顔をチラっと見たが、
30代の女性はメガネをかけた顎の尖った細い顔の女性。
20代の女性はマスクを掛けていたが目のクリッとした丸顔の女性。

      ☆

CIMG5371.jpg
水上勉と司修のふたりの本を同時に読んでいるようだった。

★本 水上勉「雁の寺」の真実 司修著

「雁の寺」を僕はまだ読んでいないが、
『水上勉「雁の寺」の真実』を読んで、
さらに読みたくなった。

水上勉の小説の理解度というか興味というか奥深さというか、
そういったようなものが僕の頭の中で少しばかり増したような・・・・。


岩佐暖選手金メダルめざして頑張れ!。大宮駅前うろうろ3ショット

★岩佐暖選手(神奈川大学)全日本ジュニアで総合優勝!

岩佐選手は僕の親戚(甥の長男)だ。

1月10、11日に広島で開催された
JOCジュニアオリンピックカップ大会
第34回全日本ジュニア選手権大会 で見事総合優勝した。

アイススケートのショートトラックと種目はちょっと地味だけど、
オリンピック強化選手として練習に励んでいる。

     *

開催期間 : 2015年02月27日 ~ 2015年03月01日
会  場 : 大阪府大阪市

上記大会に日本代表選手で出場するのでぜひ応援を!!!

       ☆

★大宮駅前うろうろ3ショット

銀行に用事があり大宮駅前に出た。
バス代240円を使って出たのだからと3時間ほどうろうろ。

うろうろしたところは3ショットの3ヶ所と銀行とマックとBOOK・OFF。
1、マックでコーヒー、本読み1時間。
2、ソフマップ
3、銀行
4、とんかつ松乃家で昼食
5、ABCという店で靴を買う
6、BOOK・OFFで文庫本3冊を購入

なぜか今日のバス代240円が安いような気がして・・・。

15.1.15 ブログ用 (1)
ソフマップでは店員さんにいろいろ質問。
僕はゲームをしたことがないから内容は分からないが、
画面はきれいで見ていて飽きない。
店内に中古のパソコンが並んでいるのにはビックリ。
      *
15.1.15 ブログ用 (11)
とんかつの松乃家で昼食。
新春ワンコインフェアとかで(ふだんは600円以上?)
みそ、おろし、カツカレーがどれでも500円で食べれる。
安い!、旨い!、早い!
・・・で得した気分でみそロースカツ定食を食べた。
      *
CIMG5366.jpg
靴屋さんでは店長らしき若いお兄さんに靴のうんちくを聞いた。

「盛年」とは働き盛りの元気のある年頃

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-01-14 Wed 22:22:51
CIMG5346.jpg
著者の経歴の中に僕が40年勤めた出版社の名前があった。

★本「盛年」 樋口恵子著

文学書の中に描かれている老人のあり方、生き方が、
現在のお年寄りたちの生き(行き)方のヒントにならないか?
・・・・との考えで書かれたような内容。

盛年という言葉を僕は知らなかったが、
“働き盛りの元気のある年頃”の意とネットにある。

著者の言いたいことをあとがきから抜粋すると、
50年代を中心に「盛年」の心意気を持って生きて欲しい。
「老いてますます盛ん」はこれかの時代こそふさわしい。
ということだろうか。

ただ、この本は2001年に発売されているもの、
今年は2015年だから中心年代は1960年代と考えていいかも。

また、この10数年では介護施設(介護)が急増、
老人問題=介護施設(介護)みたいなところもあって
過去の文学小説の世界とは大きく異なるところがある。

それでも、面白く読ませてもらったし、
大いに参考(勉強)になった。

      *

著者の経歴の中に、
僕が40年勤めた出版社の名前があった。

著者は僕より13年先輩。
僕が入社して間もない頃にはまだいたかなァ?

東京駅開業100周年記念バージョンの山手線・・・・・JR系3ショット

★JR系3ショットと五反田のBOOK・OFF

所用で五反田へ出た。
五反田は長年勤めた会社のオフィスがあったところだ。

勝手知ったる場所なはずなのだけれど、
行くたびに少しづつ変わっていて、
はっきり言ってもう勝手知ったるなどとは言えない。

     *

五反田駅から歩いて4、5分のところにあるBOOK・OFFは変わらずあった。

駅に約束の時間より1時間ほど早くついたので、
BOOK・OFFで時間つぶしをした。

現役時によく利用した店だ。
本屋があれば時間つぶしはちっとも苦にならない。

108円と200円の本を買った。

      *

その他、JR系3ショット。

15.1.13 ブログ用五反田CIMG5328 (5)
30羽ほどが夢中でついばんでいるのはみかん(多分)。
よっぽど好き(美味しい?)みたい。
すぐそばを人が通っても逃げない。
指扇駅前の空き地で。
15.1.13 ブログ用五反田CIMG5328 (9)
山手線のホームに見慣れない茶色の車両が・・。
東京駅開業100周年記念バージョンらしい。
15.1.13 ブログ用五反田CIMG5328 (14)
線路上の白い紙片は僕が落としたものだ。
予定を書き込んだ卓上カレンダーの2ヶ月分(裏表)だ。
ポシェットの中から取り出した本の間に挟んでおいたものが
ほろりと落ちてしまったもの。
駅員さんに拾ってもらうほどのものでもないし
そのままにしてしまった・・・けど、
他人に見られたたちょっと恥ずかしい気分。
     *
15.1.13 ブログ用五反田CIMG5328 (8)
五反田のBOOK・OFF。

秩父芦ケ久保の氷柱

★氷柱で北国体験

秩父(西武線芦ケ久保駅)へ氷柱(ひょうちゅう)を見にいった。

山肌に霧を吹きかけ凍らせる。
氷柱は成長を(させ)続けて2月になるとずっと迫力が増すのだそうだ。

昨年から始めたものらしいが、
好評で多くの人が見に来たらしい。

2回目の今年は大々的に宣伝もし、
新聞やテレビでも紹介されて人気沸騰らしい。

      *

寒冷地に住む人にとってはさほど珍しい景色ではないのだろうが、
いながらにして北国体験ができるということが人気の理由なのではないか(多分)。

僕も1月9日の新聞記事を見て、
早速にでも行ってみたくなったのだから。

冬場に観光客を呼ぶためのアイデアとしては大成功(多分)。
今日も寒風の中、多くの見物客だ。

3月1日まで公開というから、
期間中に相当数の観光客が訪れることになるだろう。

1 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (45)
冷えるほど氷は美しくなる(見える)そうだ。
2 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (53)
2月の中頃がいちばんの見頃?
ライトアップは16日から毎週金、土曜日の午後8時まで。
3 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (93)
すぐ横を西武線が走る。芦ケ久保駅から歩きやすい道が新たに整備された。
15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (67)
展望台では甘酒のサービス。ドラムカンストーブで暖を取る。
4 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (14)
駅の改札口の看板。
芦ケ久保駅の隣(下)には道の駅も。
いずれも駐車場は満杯だった。
5 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (112)
山の中腹から見た芦ケ久保駅とその周辺。
6 15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (119)
秩父地方らしい?石垣だらけの家(空家)。
*
15.1.12 芦ケ久保の氷柱 (106)
おまけ。芦ケ久保大観音。

肘が筋肉痛に・・・・児童公園清掃日。ビートたけし童話集

15.1.11湯けむり横丁
今朝は公園の清掃に20人くらいが集まった。

★肘の内側が筋肉痛になった

今朝は児童公園清掃日だ。
自治会員に声がかかる(回覧が回る)のだ。

じつは昨年の12月にもあったのだが、
その時、僕は風邪を引いていて10分ばかり顔を出して帰らせてもらっている。

そんなこともあって今朝は少々張り切った。

グランドの端の溝の掃除をやったのだが、
溝は枯葉と砂で埋まっていて思わぬ力仕事になった。

長袖の下着、シャツ、セーターにジャンバー2枚を重ね着していたせいか、
10分もしないうちに汗が・・・・。

ジャンバー2枚とセーターを脱いだ。
作業は1時間足らずで終わったが、
下着は汗でじっとりだ。

今(午後8時)は肘の内側が筋肉痛だ。

       ☆

15.1.11湯けむり横丁 (10)
“湯けむり横丁”のレストランはメニュー豊富、値段も安い感があって味もいい(との評判)。

★湯けむり横丁

ひと汗かいたところで、
昼食を兼ねて近くの日帰り温泉に行った。

“湯けむり横丁”はお風呂が2階で露天(野天)は1階の屋上になる。
入浴料も手頃、風呂もまずまずだ。

とくにレストランというか食がいい。
メニュー豊富、値段も安い感があって味もいい(との評判)。

“湯けむり横丁”は車で5、6分のところにあるのだが、
同じく10分ほどのところに“清河寺温泉”がある。

こちらも日帰り温泉で“湯けむり横丁”よりやや古い。

入浴料、食堂(レストラン)は“湯けむり横丁”より安く、
露天風呂が素晴らしいくいい。

大きく、しかも2つあって風呂の周りも広く、
寝流し湯もある。

当然、人気も高い。
どっちへ行こうかいつも迷うのである。

      ☆

15.1.11湯けむり横丁 (17)
ひねくれ童話集?面白く読ませてもらったけど・・・。

★本「路に落ちていた月」ビートたけし童話集 ビートたけし

ひねくれ童話集?
面白く読ませてもらったけど・・・。

     *

カバーの裏にあるさくらももこの解説(評)

たけしさんの童話は、
下手な夢をひとつも見せてくれない。
くだらない希望も決して持たせてくれない。
それを毒だと言うのなら、現実は毒だ。
たけさんは昔から
現実ってそんなもんさという事を、
みんなに面白おかしく語ってきたが、
それは今でも変わらない。

正しくいい解説(評)だと思う。
この解説のあたまの3行だけたけし風童話に直すと・・・・

たけしさんの童話は
上手にたくさんの夢をくれる、
素晴らしい希望で満ちあふれる
・・・・・とでもなろうか?

とにかくたけしは100億円を貯め込んだ(らしい)。
現実ってそんなもんさ。     

Index of all entries

Home > 2015年01月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top