Home > 2015年10月

2015年10月 Archive

三々九度の盃。明日から10日ほどブログをお休みします

15.10.20 ブログ用 (6)
45年前に挙げた結婚式場で記念にもらった盃

★三々九度の盃

片付け、整理をしていると一日があっという間に終わる。

引っ越しは来週の火曜日(27日)。
それまではたっぷり時間があるように思っていたのだが、
もうそうは言っていられない状況となった。

ガラクタ整理に思った以上の時間がかかるのだ。

転居先のリフォームが終わるのが明後日、
電気屋、家具屋、ネット関係などなど受け取りに立ち合いもするので、
片づけは明日で終わらせなければ・・・・。

引っ越しのあいさつ回りもあるし。
何しろ30年もここに住んでいたのだから・・・。

       *

今日、ガラクタの中から出てきたのは三々九度の盃。
45年前に挙げた結婚式場で記念にもらったものだ。

こんなものを大事にしまっておくからガラクタがたまる。

       ☆

★明日から10日ほど、
引っ越しが終わって落ち着くまで、
また、ネットがうまくつながるまでブログはお休みします。

墨絵の中を歩いた。捨てるかどうかそこが問題

1 15.10.20 片付けブログ用(7)
墨絵の中を歩いた。
2 15.10.18 散歩 (24)
これは何?
農家の庭につり下がっていた。
もしかして縦型連風車?
単なる飾り?それとも・・・・・。

★霧が出た

今朝の散歩。
錦ガ原の美田に霧が出た。

墨絵のような景色に思わずデジカメ。

         ☆

3 15.10.20 片付けブログ用(23)
ビデオとカセットテープ、DVD・・・捨てるかどうか迷う。
4 15.10.20 片付けブログ用(24)
箱に詰めてはみたものの、ほとんど僕の各地のお土産(ガラクタ)ばかり。
箱はどんどん増えて置く場所がない。
とりあえずいくつか玄関のドア横に置いた。
仮置だけれど、まだ捨てるかどうか迷っている。
要するにどうでもいいガラクタばかりなのだ。
ただ、自分でもよくこれだけ集めたものだ・・・とあきれたり感心したり。

★捨てるかどうかそこが問題

押入れの中を片付けていると、
いろいろ懐かしいものが出てくる。

そのたび捨てるかどうか迷う。

今日はビデオテープとカセットテープ、DVDが出てきた。

ビデオは↓
ボーイスカウトのキャンプ活動、
スプーンおばさん(制作に関わったNHKのアニメ)、
孫、
徳之島の闘牛(見学した闘いの録画を購入した)、
安政遠足マラソン記録({仮装ランナーで矢がもをやって入賞)・・・・・。

ビデオは、どれももう一度見てみたいものだがデッキがない。
カセットテープは民謡だけどやはりデッキなし。
DVDはポップス、フォーク、演歌・・・・・。

どうする。

誰でも食べたくなる?僕の3大外食ランチ

★誰でも食べたくなる?僕の3大外食ランチ

①一進の「カレイの煮付け」・・・・550円
②幸楽苑の「卵ごはんに餃子」・・・430円
③すき家の「とろ~りチーズ牛丼」・・・470円

“誰でも食べたくなる”は、
テレビの番組か、雑誌のタイトルみたいでした。

ちょっとオーバーだけど、
最近食べた近所のランチで、
これなら安くて美味しいと思えた3品だ。

15.10 。15ランチ、古ポスター(6)
①一進の「カレイの煮付け」。
一進は我が家近くの飲み屋なので、近所の人しか行けないので念のため。
カレイは味が染み込んでいてなかなか。
マグロ(中トロ一切れ入り)の刺身、
サラダ、味噌汁、お新香、デザートまでついての550円は安い。
ランチビール250円をつければ一段と旨い。
15.10 。15ランチ、古ポスター(17)
②幸楽苑の「卵ごはんに餃子」
セットメニューではなく、一品ものの二品注文。
ご飯は半チャンで、年寄りにはこれで十分足りる。
半熟の卵を混ぜて卵ご飯。
ご飯の上に刻んで載っているのはシナ竹ではなく焼肉だ。
味が染みていて他におかずいらず。量も十分。
餃子は焼きたてのカリカリ。焼きのりはおまけ?
CIMG5883.jpg
③すき家の「とろ~りチーズ牛丼」
チーズ好き、牛丼好きを同時に満足させる逸品。
こってりしたものが食べたい、栄養不足を補いたいにもいいかも。
最近はお年寄りの栄養不足が増えているらしいのでたまにはいいかもヨ。
そー言えば、牛丼屋でお年寄りはあまり見かけないなァ。

まァ、余計なお世話の今日のブログでした。

“心の風景”栃本の夕暮れ。“インカのめざめ”

15.10.18 栃本地区Ⅱ(夕暮れ)キャノン (92)
美しさの中にも人々の暮らしの厳しさや長い歴史の重みを感じる栃本。
15.9.28 栃本地区・カシオ (202)
昭和45年に国指定史跡に指定された栃本関所(跡)。
15.10.18 栃本地区Ⅱ(夕暮れ)キャノン (57)
栃本を囲む山々はすでに紅葉が始まっていた。

★関所もあった

夕暮れの栃本地区(秩父市大滝)を見たくなった。
僕はここの景色が好きだ。

美しさの中にも人々の暮らしの厳しさや長い歴史の重みを感じるからだ。

江戸時代は山梨へ抜ける重要な道として、
関所まで設けられていた。

いまは遥か下方にりっぱな道路ができ、トンネルが掘られ、
よその車がここまで登ってくることはまれ。

過疎化が進み、まさに忘れ去られようとしているところなのだ。
急斜面に作られた畑には草原になってしまったところも多い。

期待した夕陽に染まる景色にはならなかったけど、
“心の風景”として胸に焼き付けた。

        ☆

15.10.18 散歩 (4)
高級ブランドのジャガイモ“インカのめざめ”。
img001_201510190917032c9.jpg
ト書きが添えられていた。

★初めての“インカのめざめ”

ジャガイモが箱詰めで送られてきた。
“インカのめざめ”という名がつけられている。

早速、ジャガバタにして食べた。
ト書きにあるように本当に栗の味だ。

聞けば高級ブランドだというので、
ネット通販を検索したらとんでもない価格なのだ。
ひょっとして栗より高価かも・・・・。

送(贈)ってくれたYさんありがとうございます。

佐藤照雄(画伯)の下描き?が出てきた

15.10.17 ブログ用 (3)
佐藤照雄(2003年没)画伯から受け取った原画のあて紙に使用されていたボード。
下描きなのか途中で放棄してしまったものなのか?

★30年近く同じ場所にしまっておいたまま

和室の天袋を片付けていたら、
ずっとしまったままの絵の類が出てきた。

僕が描いたものではない。
仕事で依頼した画家の油彩とパステル画の原画(4点)と
画家を目指す学生(当時)の作品(3点)。

どれも制作者本人からのもらい物だ。
30年近く同じ場所にしまっておいたままだったみたい。



ペンギンの置物と17年ぶりの先輩

15.10.16 ブログ用森作品、島倉千代子1) (15)
陶芸家となったM氏の作品はますます磨きがかかっていた。
見事なペンギンの置物(青磁)。

★17年ぶりに会った先輩

すっかり恒例となった新橋赤札屋での4人組飲み会。
今日は会場の赤札屋に席が取れず近くの別な飲み屋で。

人気の赤札屋は午後4時半でもう満席だったのだ。

       *

今日は4人組に勤務時代の先輩Y氏も加わった。

Y氏とは彼の定年以来17年ぶり(多分)。
それともどこかで1回くらい会っているかしら?・・・というぐらい久しぶり。

5人で飲んだ酒量がいつもの倍。
ビールジョッキ2杯ずつに焼酎のボトル2本を消化。

相変わらず盛り上がりっぱなしの楽しい4時間であった。

         ☆

15.10.16 ブログ用森作品、島倉千代子1) (3)
島倉千代子の歌手魂・プロ根性に感動。

★島倉千代子スペシャル(2000年放映?)

午前中、NKKBS3CHで見た島倉千代子スペシャル。

彼女が次々とヒット曲を出していたころ、
僕は別にファンでもなかったのだが・・・・。

彼女が亡くなる3日前に病院の彼女の病室ででレコーディングをしたという、
NHK(多分)の1時間ドキュメントを見て、
突然ファンになってしまったのだ。

彼女の歌手魂・プロ根性に感動したのだ。

モチ、彼女が最後に歌った曲、
“からたちの小道”はカラオケで歌えるようしっかり覚えた。

古ポスター始末

★30年以上とっておいた古ポスター

リビングにある天袋を片付けた。

5月人形やら結婚式のお返しの品やらに混ざって、
古いポスターが5枚ほど出てきた。

記憶に残っているのはトライアスロンのポスターのみ。
それすら見覚えがある程度でまさかしまっておいたとは・・・なのだ。

あとの4点は全く記憶に残っていない。

30年以上もしまっておいてというか、
とっておいたのはただ捨てるため?

でも考え方次第ではそれもよい。
30年前は思いもよらなかったブログで掲載(紹介)できるのだから。

おかげで心置きなく捨てることができる。

ポスターはいずれも部分。
トライアスロン以外はB全サイズだ。

15.10 。15ランチ、古ポスター(22)
ジーン・サラゼン。
1978年のゴルフトーナメント・ジュンクラシック。
15.10 。15ランチ、古ポスター(30)
杉村春子。
欲望という名の電車(西武劇場。年不詳)
15.10 。15ランチ、古ポスター(35)
エッチにもほどがあるのコピーみ日本語であとは全部英語。
INTEGRAとあるが何のポスターかは不明。
15.10 。15ランチ、古ポスター(36)
1985年開催のジャパントライアスロンシリーズ アマクサ。
この時の会長は長嶋茂雄。
風雨の強い荒れた天候の中、
埠頭に立ってスタートのピストルを鳴らした姿が印象的。
15.10 。15ランチ、古ポスター(20)
これは小学館の1974年カレンダー。
同じ虎のイラストを使用して1~6、7~12月の2種。

歩数計3個装着の結果。“人の道”。いま咲く花

1 15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (4)
黄色を左足、青を右足、緑は腰に装着して60分間歩いた。

★3つの歩数計をつけて歩いてみた

歩数計をまた壊してしまった。
電気屋から消費税込み800円ほどで購入したものだが、
この半年そこいらの間に4個を没にしたのだ。

いくらそそっかしいとはいえ度が過ぎる。
ということで、これからは百均で購入することにした。

      *

百円ならということで3個を購入。
歩数に違いが出るかどうかを調べた。

60分歩いて計測した。
中の黄色が右の青と左の緑より2割弱歩数が多い。
黄色を左足、青を右足、緑は腰に装着したものだ。

僕の場合、歩く速さが一定ではないので、
10分ごとの歩数はいつも同じというわではない。

これまでの歩数計(タニタ製)ではおおよそ1100~1200歩だった。
6774歩の黄色が一番近いかもしれない。

        *

2 15.10.13 散歩の花 (41)
“けもの道”ではない、“人の道”?である。

★“人の道?”・・・て言うのかどうか

モチ、けもの道ではない。
人の道である。

芝育成中につき進入禁止のスーパー土手だ。
それにしてもきれいにできるものだ。

        ☆

★いま咲く花・・・・・よその家の畑の庭から
3 キダチチョウセンアサガオ属(エンジェルストランペット) 花言葉は愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌。有毒植物なのだそうだ(ネット調べ)。15.10.13 散歩の花 (2)
キダチチョウセンアサガオ属(エンジェルストランペット)。
 花言葉は愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌。
有毒植物なのだそうだ(ネット調べ)
堅実な未来、永続、情熱、熱い思い、若い恋人同士のように4 15.10.13 散歩の花 (7)
カンナ。あまりに珍しい色なのでデジカメ。
困難に打ち勝つ、ひたむき、(白)愛嬌、理想の恋、(桃・赤)理性、謙遜 5 15.10.13 散歩の花 (11)
さざんか。
森進一の歌“さざんか”は僕が若いころ、
ずいぶんカラオケで歌わせてもらった。

春に咲く 花よりも
北風に咲く花が好き、
そんな言葉を残して~♯
・・・・・・・・・・・・・・

脱出不可能な蜘蛛の糸・・・・癒しの風景

★蜘蛛の糸

今年は女郎蜘蛛(ジョロウグモ)を多く見る。
今朝の散歩ではその蜘蛛の糸の美しさについデジカメ。

15.10.13 散歩の花 (34)
朝日に輝く蜘蛛の糸(巣)。
15.10.13 散歩の花 (38)
足元の巣を上から見ると三重にネットを張っていた。
その厚さは優に30センチは超える。
ここに足(羽)を踏み入れたら最後、
餌となる虫たちには脱出不可能な地獄。
15.10.13 散歩の花 (26)
デジカメを向けると威嚇なのか、
女郎蜘蛛はフルパワーで巣を揺らした。

青梅丘陵・・・・おいらくい山岳会新入会員入門山行参加

★Cクラスを中心に山行を・・・・・

おいらく山岳会新入会員入門山行に参加した、
軽いハイクを兼ねた入会説明会だ。

ハイク途中、3ケ所でリーダーからいろいろと教わった。
①会の歴史
②マナー
③決まりこと
④必携品

知らなかったことも多く勉強になった。
また次回から実行しなくてはならいことなども分かり、
参加の意義は大きかったと思う。

      *

おいらく山岳会は57年の歴史があるそうな。
会員も一時は3000人に達したとか。

現在は600人程にまで縮小しているらしい。
登山レベルは5段階に分かれていて、
Aは熟達者向き=冬山から数日の縦走などレベル、
Bはやや健脚または技術を要するもの=7~時間歩行目安、
Cは一般的山行=4~時間歩行目安、
Dは軽い山行
Eは楽な山行

僕はCクラスを中心に、
たまにB(入門程度)に挑戦できればぐらいかなァ。
モチ、健康と行きたい山を中心に選ぶが・・・・・。

15.11.12 おいらく山岳会青梅 (17)
必携品の説明をリーダーから受ける。
15.11.12 おいらく山岳会青梅 (36)
青梅丘陵のハイキングコースからの展望。
15.11.12 おいらく山岳会青梅 (7)
集合場所の青梅駅(改札口)。
青梅は昭和の時代を売りにするらしく、
ホームのベンチや待合室、トイレをレトロに衣替え。
ホームから改札口への通路の壁には
昭和時代の映画のポスターが貼られて(描かれて)いた。

柴又帝釈天の庚申と八幡様の獅子舞

★初めてがてんこ盛り

絵の4人展の仲間4人が柴又に集った。
4人のただ一人の女性Sさんがここの住民で
3人を案内するというのだ。

帝釈天は僕は初めてじゃなけど、
その他の初めてがてんこ盛りの1日だった。

①柴又八幡の獅子舞を見物=50分の熱演に感動
②帝釈天でお会式に遭遇=帝釈天は日蓮宗
③門前町をSさんが詳しく案内=川魚とだんごと佃煮と・・・・・
④境内はガイド(Sさんのお父さん)が詳しく案内=帝釈天のひみつを知る
⑤寅さんミュージアムを見学=寅さんに会いたくなったらここ
⑥江戸川土手から矢切の渡しを眺める=風情が・・・・
⑦昼食は川千家のうな重=他は忘れてもうな重を食べたことは多分忘れない
⑧だんごは吉野家=無添加無農薬だけど日持ちはしません

その他まだまだあったような気もするけど、とりあえず8つ。
モチ、帝釈天の彫刻と庭の拝観も済ませてた。

15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (173)
情緒あふれる葛飾柴又帝釈天の参道。
15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (298)
今日は庚申様と日曜が重なり人出が多いのだとか。
15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (284)
帝釈天の隣の柴又八幡神社は例大祭中。
本殿前の特設舞台で葛飾区無形民俗文化財の奉納獅子舞(神獅子)が行われた。
50分もの間、頭をつけて激しく舞う獅子に感動!
15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (36)
お会式は日蓮宗の大切な行事。
15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (96)
寅さんに会いたくて柴又(帝釈天)に来る人も多いのでは・・・。
15.10.11 柴又帝釈天(浦田、斎藤、岡部) (135)
寅さん記念館の屋上は江戸川の土手とつながっている。
矢切の渡しが目の前だ。

剪定・マッサージチェア・・・・・撮りだめ2題

★撮りだめ2題
15.10.9 ブログ用、小・中学夏休み作品展 (110)
この松、プロの剪定と断定したが・・・・・。

①剪定
我が家の松ではない。通りすがりの家の庭の松だ。
あまりに見事(多分)な剪定なのでデジカメした。
素人ではこうはいかない。
僕自身の経験と、
近所の家の庭で見たシルバー人材センターから派遣された人の仕事ぶりと、
同じく近隣の家の家人の剪定松の仕上がりを見て断定できる。
素人ではこうはいかない。
        ☆
CIMG5260.jpg
某所で利用したマッサージチェアは機能充実。

②マッサージチェア
先日、某所でマッサージチェアを利用した。
我が家のマッサージチェアは購入してから20年以上になる。
一度ベルトを交換したが、何の問題もなくいまだに現役だ。
ただ、最近のに比べると機能が少ないみたい。
それだけ進んでいるということだろう。
価格は電気屋に並んでいる商品に限って言えば7~50万円くらいまで幅がある。
僕が購入した当時は10万円を切るようなものはなかった。
機能的にはわからないが7万円で購入できれば悪くないと思う。
それほど僕は最近マッサージチェアを活用している。
マッサージ以外にも背もたれを倒して本を読んだりうたた寝したりするのだ。

アッと驚くアイデア作品も・・・・小中学生夏休み作品展(さいたま市西区)。“おろしポン酢牛丼”

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-10-09 Fri 21:59:06
15.10.9 ブログ用、小・中学夏休み作品展 (104)
小中学生夏休み作品展の会場(さいたま市西区役所)。

★ボケ防止になるかも

小6の孫娘が地元(さいたま市西区)の小中学生夏休み作品展に選ばれ、
賞をもらったというので見に行った。

明日は土曜日なのだけど、
会場の西区役所はお休みでやっていないのだとか。

それじゃァパパや働いているママは見ることができないじゃないか?

せっかくの休日に見られないというのは、
きっと役所もそれなりの理由があるのだろう・・・けど少し不親切かも。

じつは僕も明日、婆(妻)と一緒に見に行くつもりだった。
今日ひとりで見に行ったのはそんな理由なのだ。



工作、絵画、書道の各展示作品をひと通り見せてもらった。
作者からの一言が添えられていて制作過程の苦労などがわかる。

なかなかの力作揃いで入賞するのは難しかったに違いない。
アッと驚くようなアイデアから生まれた作品もあり面白い。

見ているだけでボケ防止になるかも。
いい目の保養になった。

       ☆

15.10.9 ブログ用、小・中学夏休み作品展 (108)
おろしがたっぷりでさっぱり味の牛丼だ。

★すき家の“おろしポン酢牛丼”

先日食べた“とろーり3種のチーズ牛丼”が美味しかった。
“おろしポン酢牛丼”はどうかと食べてみた。

やっぱり美味しい。
おろしがたっぷりでさっぱり味の牛丼だ。

チーズが800㎉台なのに、
おろしは600㎉台。
チーズに比べるとかなりヘルシー。

根っこ堀りとガラクタの段ボール詰めで1日がおしまい

15.10.8 ブログ用・根 (2)
背丈は小さいけれど根の引っこ抜きには手間がかかった。

★根っこ堀りとガラクタの段ボール詰め

庭木を根っこから引き抜いた。
高さが1メートルほどのマメツゲ(豆柘植)と30センチほどの椿。

どちらも植えてから20年以上もたっているため、
背丈は低いが根はかなりはっている。

難儀してやっとこさ引っこ抜いた。
・・・・というより鋸と鉈を駆使して堀繰り出した、

       *

飾り棚に並べてあった各地のお土産など、
もうほとんどガラクタに近いものばかり。

引っ越し先に持っていくものが段ボール2箱、
捨てるものが同じくひと箱。

中には地方の神社の祭礼で拾ってきた縁起物の藁屑まである。
これなどはゴミ以外の何物でもない。

       *

午前中は根っこ堀、
午後はガラクタの段ボール詰めで今日はおしまい。

スコアもだいたいいつもの通り・…ゴルフ

★お天気も上々

今日のゴルフは群馬県の玉村ゴルフコース。
河川だがほとんど林間コースに近い。

メンバーはいつもの妹夫婦と義兄の4人一組。
スコアもだいたいいつもの通り。

妹と僕はほぼ同じ50~のスコア。
2人のシングルは39~で回っていた。

       *

お天気も上々。
最高のコンディションで楽しくプレーできた。

このゴルフ場は今、クラブハウスの改築中で真新しいお風呂。
昼食(僕はソースとんかつとラーメンセット)付きプレーで6200円。
モチ税金、カート代なども込みだ。

15.10.7 玉村ゴルフ (20)
各ホール河川とは思えないほど大きな樹木でセパレートされている。
15.10.7 玉村ゴルフ (32)
久しぶりに見た女郎蜘蛛。
15.10.7 玉村ゴルフ (6)
ギンナンがたわわに実るの銀杏の大木も多く見られた。
桜のホールが有名らしいが紅葉も美しいゴルフ場では・・・・・。

浦島太郎になった

1 15.10.6散歩・東陽町界 (24)
52年ぶりに見た母校(都立深川高校)。
在校時からは建て替えられているので見るのは初めて。
2 15.10.6散歩・東陽町界 (56)
同期会を開くホテル・ルートインは東陽町駅から歩いて2分。
50人用の宴会場はなかなかよさそう。

★浦島太郎になった

来年3月に高校の同期会を予定している。

なんとなく幹事の手伝い?をさせられている関係で、
今日行われた打ち合わせに顔を出した。

会場を卒業した高校の近くでやることになっていたので、
江東区の東陽町へ行った。

50年ぶりだ。
実家からわずか数キロしか離れていないのにだ。

        *

地下鉄の東陽町から地上に出たものの、
すっかり変わった様子にどっちへ行ったものか分からない。

目安に考えていた東陽公園が見えない(ビルに隠れている)。
結局、反対方向へ歩いて行ってしまい戻る羽目に。

全く浦島太郎になったよう。

        ☆

★秋の風景
3 15.10.6散歩・東陽町界 (4)
ひと頃は毛嫌いされていたセイタカアワダチソウ。
しばらく姿を消していたようだがここ数年また繁殖し始めたようだ。
花言葉もその生命力にふさわしい?『生命力』。
4 15.10.6散歩・東陽町界 (9)
コスモス。

ゴルゴは分かるけどワンピースは分からない

CIMG5269.jpg
何年振りかで読んだゴルゴ13。

★ゴルゴは分かるけどワンピースは分からない

ゴルゴ13を読んだ。
何年振りだろう。

読んだ場所は整骨院の待合室。
1時間はたっぷりと待たされ、
漫画(劇画)とはいえ厚めの1冊を完読した。

かなり古い本だったけど、
歴史的な事実を織りまぜながらの
シナリオ(筋)は面白かった。

        *

じつはゴルゴ13の前に僕は本棚からワンピースを選んでいた。
パラパラめくって読み始めたが、
何だかさっぱり分からない。

絵も内容も僕の理解の幅を超えていた。
それでゴルゴ13にしたのだ。

例えるなら、
ゴルゴ13は演歌系?
ワンピースはAKBのノリかなァ。

ゴルゴ13はガラ系?
ワンピースはスマホかなァ。

何を言ってんだか・・・・・・・。

        *

用心のために整骨院に通っている、
今日で5回目だ。

腰は重いものを持つと鈍痛を感じるし、
右手の小指の関節の痛みが消えない。

明後日はゴルフに行くというのに・・・・・・・。

それに引っ越しまであと3週間だ。
その前に腰を痛めたくはないのだ。

        ☆

CIMG5263_20151005214910893.jpg
やっとこさ100球を打ったのだが・・・・・。

★不熱心ゴルファーのつぶやき

明後日のプレーのためにゴルフの練習に行った。

僕ほど不熱心で下手なゴルフをやる人は少ない(多分とんどいない)。
練習場で球を打ちながら自分でそう思うのだ。

それでも、ゴルフ場でのプレーは楽しい。



ヤモリ発見!

15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (7)
まだ小さな赤ちゃんヤモリ。
孫たちも怖がらずに爺と一緒に見ていた。

★まさかの大発見!

ヤモリを発見した。
それも我が家で・・・。

まだ小さな赤ちゃんヤモリだけど、
まさかの大発見なのだ。
※ヤモリ=人家内外の害虫を捕食することから家を守るとされ、
漢字では「守宮」(あるいは「家守」)と書かれよく・・・・・(ウキペディアより抜粋)。

新建材の安普請の家でも、
30年も経てばヤモリが住める環境になるのか?

タイやラオスでは毎日のように、それも複数見ることが出来た。
ラオスのアパートでは毎夜ヤモリの鳴く声も聞こえていた。

僕が日本でヤモリを見たのは初めて(多分)。
それも我が家で!

めでたいことだ。



ぶら~り浅草、ハシゴも2軒

★飲んで食べて笑った6時間半・・・・ぶら~り浅草、ハシゴも2軒

フェイスブックでお友達になった4人組。
と言っても結果的には元会社の同僚や仲間だったけれど・・・・。

Yさんはサラリーマン時代に会社で一緒に仕事をした同僚。
MさんとUさんはYさんの知り合いというわけで、
今日4人が初めて落ち合った場所が浅草。

共通の友達が共通の話題で盛り上がって、
飲んで食べて笑った6時間半だった。

1 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (11)
4人が落ち合った場所は吾妻橋のたもとも交差点。
神谷バーから見たアサヒビール本社とスカイツリー。
今回は浅草に住むMさんがあちらこちらの案内役、
4人組のぶら~り浅草散歩となった。
2 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (16)
地元の人しか知らない?隠れ名所。
今はただの駐車場だけどじつはその昔、
川から拾いあげた観音様を最初に安置した所なのだ。
3 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (31)
浅草寺は今日もたくさんの人で賑わっていた。
4 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (43)
15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (40)
境内にいくつかの石碑が建つ一画がある。
喜劇人の碑にはなぜか川中美幸の名が・・、同姓同名の昔の人(多分)。
力石の碑の下に置かれている大石にはビックリ。
5 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (60)
浅草らしい?ショーウインド-。
6 15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (73)
15.10.3 浅草(山崎、内田、村松) (75)
派手な木馬館は演劇(上)、
おかげで?ちょっと地味に見える隣の木馬亭は寄席(下)。
二つ並んでいる。
15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (87)
若い頃たけしがいたという浅草フランス座(東洋館)。
15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (19)
マニアチックなお土産は刺青キューピー。
外国人観光客に人気だそうで、大きめのものは30000円以上だ。
15.10.3浅草(山崎、村松、内田)CIMG5156 (99)
蕎麦屋で飲み、ハシゴが2軒。
ハシゴの1軒目はこの界隈ではいちばん安い(主人談)という店で2時間。
お客で入って来たらしいデビューを目指す沖縄出身の二人。
上手な演奏ときれいな声で沖縄の歌を聞かせててくれた。
名前を聞いたら“じゅんちゃんズ”。
ぜひ私たちを応援してくださいとのことだった。

民謡とハイキング・・・・・・・・・僕の場合

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-10-02 Fri 22:51:11
  • 民謡
スキャン_20151002
知っている曲だからと言ってやさしいというわけでもないみたい。

★民謡とハイキング

“相馬盆唄”に判子が貰えた。
このところ3週連続で判子だ。

民謡の教室に入って初めてのこと。

      *

“相馬盆唄”はたいていの人が知っている民謡。

民謡は知っている曲でも、やさしそうに思える曲、
あるいは聞いたことのないような曲でもどこか難しいところがある。

知っている曲だからと言って、やさしいというわけでもないみたい。
いや、このことは民謡だけに限らないかもしれない。

       *

先日、ハイク途中で知り合ったベテランハイカーが、
山はどんな低山でも難所が必ず1ヶ所はあるものだ。
高い山というのはそうした低山の積み重ねみたいなもので、
高いほど難所が多いし、困難がつきまとう。
低い山だからと言って安全だとかやさしいとかいうわけではない・・・
ということを聞いた(教えてくれた)。

        *

民謡の先生が判子を押してくれるとき、
“まァいいだろうぐらい”のレベルでくれるのだ。

“相馬盆唄”も先生が厳しくチェックしたらとても判子どころじゃないだろう。
ハイキングに例えるならやっと300メートルに届くかどうかの頂。
と言って古希を迎え、音程が少々あやしい(要するに音痴)の僕に
先生は1000メートル、3000メートルを目指せとは言わない。

低い山を楽しく登る・・・・・・・それでいいのだ。
民謡とハイキング・・・・・・・・・僕の場合はどこか似ているようだ。

        ☆

★癒しの風景
15.9.28 栃本 キャノンカメラ IMG_3137 (14)

Index of all entries

Home > 2015年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top