FC2ブログ

Home > 2015年12月

2015年12月 Archive

飴色の田づくり・・・・お節料理に挑戦

15.12.31 ブログ用(19)
少々焦げ気味で飴色になってしまった田作づくり。
15.12.31 ブログ用(25)
煮豚は簡単。ゆで卵も一緒に煮てもよし・・・・。

★お節料理に挑戦・・・・今年の締めくくり

お節料理に挑戦。
といっても田づくりと煮豚だけだけど・・・。

田づくりは銀色に輝いているのがふつうだが、
僕のは飴色。
実は少々焦がした。

レシピ通りに作ったら、
銀色に輝いてはいたのだが味のほうがが薄いみたいだっだのだ。

そこで、さらにみりんと醤油を加えた。
しかし、まだ味が薄い。

さらにみりん、醤油とそれに砂糖も加え、
おまけにハチミツまで入れた。
結果、味はまずまずだが・・・・。

      *

煮豚は簡単、レシピ通り。

      *

今年の締めくくりでした。

喉が少々腫れ気味

15.12.29 散歩・わらアート・古代ハスの里 (2)
通り過ぎてしまってはモッタイナイ美しさ。

★一日中寝てました

今朝、起きたら喉が少々腫れ気味。
大事を取って寝ていた。

巨大わらアート恐竜とSL。桜草も咲いた

1 15.12.29 散歩・わらアート・古代ハスの里 (53)
恐竜の名前はステゴサウルス。
2 15.12.29 散歩・わらアート・古代ハスの里 (100)
SLはC57.運転席に乗れる。
3 15.12.29 散歩・わらアート・古代ハスの里 (124)
隣の“さきたま古墳公園”にも足を伸ばした。
丸山古墳(高さ19メートル)から見た稲荷山古墳(鉄剣出土)。

★稲わらの濃淡も利用

行田市の「古代蓮の里」で展示中のわらアートを見に行った(妻と孫2人同行)。

SLのほうが高さ4メートル、幅3メートル、全長19メートル、
恐竜のステゴサウルスは高さ4メートル、幅7メートル、全長13・4メートル。

今年9月に世界最大の田んぼアートとして
ギネス世界記録に認定された田んぼの稲わらから2.1トンを利用して作られた(ネットより)。

どちらも見上げるほど大きい。
稲わらの濃淡も活用してより迫力のある作品にしたらしい。

今年で2回目。
定着すれば回を重ねるごとに発展していくイベントになるのでは?

3月27日まで開催。入場は無料だ。

     ☆

★今朝の散歩から
4 15.12.29 散歩・わらアート・古代ハスの里 (35)
暖冬で梅や桜が開花したと話題になっていたが芝桜も咲いていた。

ひとまずホッ・・・・・3兄を見舞う

★奇跡の回復ぶり

昨年、脳の手術をした一つ違いの3兄の見舞いに行った。
長兄と妹の3人で千葉に住む家を訪問。

3兄は術後の経過が思わしくなく、一時は非常に心配したのだが、
本人のリハビリの努力の甲斐があっての奇跡の回復ぶりだ。

昨年、執刀医の術後の説明ではほとんど絶望的と思われたのだが、
今日、会ったところでは見違えるほど元気。

今では病院通いもやめて、
日々の食事、買い物などリハビリも兼ねてすべて自力での生活だとか。

それどころか、見舞いに行った我々3人を笑わせるほど冗舌に話しをする。
見舞いどころか僕のほうが元気をもらったと言っていいほど。

この分なら、来春予定している兄弟・姉妹会に参加できるかも・・・・。
ひとまずホッ・・・なのだ。

15.12.28 義郎見舞い (6)
長兄の家に集合、3人で一緒の車で行った。
家は大江戸線の清澄白河駅近く。
この駅はどこかアートっぽくて何度きても楽しい。
階段のコーナーになぜか鏡が置いてある。
女性が立ち止まって化粧直しをするわけでもあるまいに・・・・。

一針入魂の小銭入れ。年の暮れのホームセンター

15.12.27 ブログ用1 (19)
年の暮れを醸し出す正月商品が並ぶホームセンター・カインズホーム。
15.12.27 ブログ用1 (29)
空気も澄む年末年始。
駐車場になっているカインズホームの屋上からは
丹沢から秩父、浅間山から赤城の山々で一望できる。
秩父の象徴にもなっているとんがり頭の山は武甲山。

★年の暮れのホームセンター

カインズホームへベランダに置くごみ箱を買いに行った。
店内のあちらこちらに普段のものとは違う商品の数々が並ぶ。

モチ、正月用品だ。
カインズホームで食品類まで販売しているのは初めて見た。

        ☆

15.12.27 ブログ用1 (13)
一針入魂・・・がいいね。

★一針入魂の小銭入れ

娘からのクリスマスプレゼントは小銭入れ。
一針入魂・・・がいいね。

早速、今日から使用する。

慰められたリ励まされたり・・・・・岩トレ入門

15.12.26 岩トレ 日和田山  (32)
高麗駅前広場に立つ将軍標(韓国・境界を表す道祖神)。
15.12.26 岩トレ 日和田山  (20)
日和田山の岩場(7トレーニングに人気の場所)。

★2回目も上まではたどり着けなかった

参加する、しないで迷った岩トレの2回目の講習。
結局参加した。

集合場所は地下女将軍と天下大将軍の
大きな将軍標(韓国・境界を表す道祖神)立つ西武池袋線高麗駅前。

トレーニングの岩場はここから歩いて20分ほどのところ。

       *

今日も3度挑戦。
3度とも7合目あたりで力尽き。
前回とで計6度の挑戦で頂上タッチ出来ず。

終了後の懇親会で、
テーブルの前に座った先輩会員(女性)4人に
慰められたリ励まされたり・・・・・。

これじゃ、次回も参加するかしないかで迷いそう。

        ☆



★おまけの写真
15.12.26 岩トレ 日和田山  (23)
かわいいからブログに掲載してくれと妻から頼まれた幼児用スリッパ。
百均で買ったらしい。

漁船?が見える

★漁船?が見える

民謡の忘年会と我が家でクリスマス会。
忘年会場は中華の日高屋。

家から歩いて30分ほどのところにある日高屋ではカラオケができる。
10人用、20人用ぐらいの部屋があり、飲食をすれば歌い放題の使用料は無料だ。

しかも3時間。

今日の僕は1曲しか唄わなかったが飲んだ。
ビールジョッキ2杯に日本酒(冷酒)をお銚子で何本飲んだろう?

大いに酔った。
帰りの歩きはふらふらしているのがわかるほど。

15.12.25 クリスマスケーキ (2)
酔い覚めのケーキ?
15.12.25 昭和の風景(13)
漁船?が見える・・・・・酔ってるからじゃないよ。
日高屋までの途中で。


昭和の名残りに?・・・・『自警団』

手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (5)
『自警団』は昭和の名残りになってしまうのか?
写真の南部自警団器具置場は誰が管理しているのだろう。

★昭和の名残りに?・・・・『自警団』

“昭和の主張”はこのブログの新しいカテゴリーだ。
だんだん薄れていく昭和を惜しむのである。

今回は『自警団』。
いまや各地で風前の灯火であるらしい。

かってはどこの村でも町でも自警団が存在したのではないか。
モチ、現在でも立派にやっている市町村はあるだろうし、
自警団(消防団?)が盛んな企業もあるだろうが・・・・・。

     *

地元馬宮地区の農家のご主人の言によれば、
ここでは(馬宮地区)もうとっくに自警団はなくなっているとのことだ。

やる人、やる若者がいないのだそうだ。
消防用のポンプは自分が譲り受け納屋にしまってあると話していた。

いずれ『自警団』は昭和の名残りになってしまうのかも?

       ☆

15.12.24 映画秋刀魚の味 (10)
「秋刀魚の味」は見てほっこりする映画。昭和が満載。

★映画NHKBS3CH 「秋刀魚の味」 小津安二郎 1962年

最近、“ほっこり”という言葉(表現)が盛んだが、
この映画はまさに見てほっこりする映画だ。

まさしく昭和が満載の映画。

昔話は楽しいねェ

15.12.23 新橋忘年会赤札屋 (30)
集合は新橋駅広場のSL前。
15.12.23 新橋忘年会赤札屋 (33)
陶芸に打ち込んでいるMさんが全員にお猪口をプレゼントしてくれた。
そのお猪口でビールを飲んだ。

★昔話は楽しいねェ

いつもの4人に先輩格の一人が加わり5人になった新橋赤札屋での飲み会。
みな長年同じ職場で働いた仲間だ。

いつもなら5時には満杯の赤札屋、
今日は休日とあって予約なしで楽々席につけた。

      *

集まれば昔の話に花が咲く。
楽しかった思い出、
あいつの消息、
死んだ仲間の追憶、
・・・・・・・・・・。

昔話は楽しいねェ。

すっきりだァ。日に3度の取違

15.12.17 ブログ用散歩他 (30)
スイカと楽天マスターカードと図書館カード。

★日に3度あったカードの取違い

12月×日のことだ。
図書館で本を借りた。

財布の中から(図書館)カードを取り出し、
係のお姉さんに手渡した。
お姉さん××「あのー、これスイカですけど」

東京へ出るのに団地前からバスに乗った。
ポケットから出してピッしたのは楽天のカードだった。

さらにJRでの乗り換え。
今度はスイカと間違えて図書カードを手にしてピッ。
当然赤ランプがついた。

       *

そこで自らに言い聞かせた。

これからはカードに触れたら、
まず何のカードか確認しよう・・・・と。

        ☆

15.12.21 シティハイツ足場取れる(18)
団地の規模は12棟の建物に270戸が住む。
僕は12号棟の3階に引っ越してきた。
ほぼ2ヶ月経つが前の家のご主人と2、3回会話しをたことがあるくらいで、
あとは4、5回階段であった人と挨拶をした程度。

★すっきりだァ

引っ越し入居以来ずっと続いていた
団地の瑕疵・補修・外壁洗浄などの工事が終わりかけている。

今日、足場が取り外された。
すっきりだァ。

アニラオの夕日に変えたスクリーン。映画「近松物語」

フィリピン『アニラオ』夕日 2
アニラオの夕日。

★パソコンのスクリーン画像を変えた

今日、パソコン(デスクトップ)のスクリーン画像を変えた。
数年前に使用したものだが、
たまたま再生していたCDにあったのだ。

フィリピンのマニラ近郊のリゾート地、
夕日が美しいアニラオの海だ。

その後も何度か撮ったがどれもこの日の夕日には及ばない。

        ☆

15.12.21 近松物語 (41)
不義の罪で馬に乗せられ市中引き回しの末に刑場に送られる2人。

★映画NHKBS3CH 「近松物語」 溝口健二監督 1954年

主演が長谷川一夫と香川京子。
どのシーンも印象に残るような・・・。

溝口監督は完ぺき主義だったとネットにあったが、
なるほどとうなずける。

溝口監督の映画は近くのTUTAYAにもあまり置いてない。
いい映画を見せてもらった。

孫が一升餅を担いでヨロヨロ…でいいのだ

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-12-20 Sun 20:42:52
15.1219 芯の一升持ち(餅)CIMG7439 (3)
クリスマスの飾りつけで華やかな居間。
15.1219 芯の一升持ち(餅)CIMG7439 (11)
一升餅。近くの和菓子屋さんに頼んで搗いてもらった。

★重さに耐えきれずヨロヨロ

今日はパパ(次男)が会社がお休み。
そこで、少し早いが孫が一升餅を担ぐ。

お祝いに我々夫婦(爺と婆)もお呼ばれした。

クリスマスの飾りつけの華やかな居間で
鍋を囲み一番下の孫の誕生日を祝った。

      *

一升餅を背負った孫は重さに耐えきれずヨロヨロ。
すぐに腰をついてしまう。

一升餅の謂れはふつう、
一生食べ物に困らないように
これからの一生が健やかになる
・・・・の2つだ。

ところが地方によっては謂れも異なるようだ。
すなわち、
一歳の誕生日前後から早く歩き出すのは、
家を離れるので良くないと考えられていた地域があり、
一升餅を背負わせたお子様をわざと転ばせたり
餅を投げつけて歩かせないようにする(ネットより転載)。
という地方もあるそうなのだ。

ヨロヨロ・・・・・でいいのだ。

忘年山行 本陣山~吉田山(Cランク)に参加した

★忘年山行 本陣山~吉田山(Cランク)に参加した

西吾野駅(集合)→森坂峠→本陣山→イモリ山→小床峠→吉田山→奥武蔵休暇村(バス)→吾野駅。
が今日のハイキングコース。

ちょっとマニアチック?コースだ。
低山だけど登山道は細く、急登もある。

一般的に紹介されているハイキングコースより大変かもしれない。
道も分かりづらく僕1人だったらとても入れない。

途中岩場(僕は登れず迂回した)もあった。
上からロープを下げてもらった急登もあった。

これまでとは違った秩父の山が楽しめ、
いいハイキングだった。
おいらく山岳会(リーダーたち)に感謝。

驚いたのは地図を片手にした山ガール(若い)2人と出会ったこと。

1 15.12.19 おいらく本陣山(7)
自然のままの雑木の間から眺望を楽しむことができた。
2 15.12.19 おいらく本陣山(1)
標示や案内はどれも目立たぬほど小さい。本陣山442㍍頂上。
3 15.12.19 おいらく本陣山(11)
イモリ山430㍍頂上。
4 15.12.19 おいらく本陣山(49)
案内版。
15.12.19 おいらく本陣山(54)
吉田山445㍍。
6 15.12.19 おいらく本陣山(46)
途中、ルートの確認をするリーダーたち。

手袋が謎の里帰り。くるぶし(踝)の痛み。

★明日はハイクの予定なのだけど・・・・・

今朝、散歩の途中、突然左足首の踝(くるぶし)が痛くなり歩けなくなった。
じっとしてればいいのだが、歩くと踝にピピッと痛みがくるのだ。

しばらく足を止める。
10分も待つとゆっくりとなら歩くことができるようになる。

実はときどきだがあることなのだ。
これまでは山行中に起きなかったのが幸いなのだけど、
明日はその山行(ハイキング)の予定なのだ。

       ☆

15.12.17 ブログ用散歩他 (25)
謎の里帰りをした手袋。

★手袋が謎の里帰り

以前、バスの中に忘れたことのある手袋。
その時は無事戻った。

同じ天袋をまたまたバスの中に忘れた…と思ったら違っていたようだ。

(明日にでも)バス会社に問い合わせと思っていた。
半分あきらめjかけていたその手袋が・・・・

・・・・なぜか、夜になって玄関の郵便受けの上に置いてあるのだ。

僕はいったいどこで紛失した(忘れたか落とした)のだろう?
また、どうして夜になって郵便受けの上に置いてあったのだろう?

いったい誰が置いたのだろう?

       *
もう使い古しの手袋だけど、
とても温かく僕のお気に入りなのだ。

よかったァ。

       ☆

★散歩の風景
15.12.17 ブログ用散歩他 (32)
通り掛けのよその家の黄色いバラ。

散乱する鳩の毛?。映画「切られ与三郎」

★散歩の風景題
15.12.17 ブログ用散歩他 (39)
①散乱する鳩の毛?
散歩道に散乱する鳩の毛?
何かに襲われたのか?
それとも誰かが捨てていったのか?
1羽か2羽かそれとも3羽分?
羽以外に頭も足も見つからなかった。
15.12.17 ブログ用散歩他 (37)
②鮮やかな紅葉
三橋運動公園入口のカエデ(多分)。

      ☆

15.12.17 ブログ用散歩他 (15)
与三郎の市川雷蔵が名セリフを吐いている場面。

★映画NHKBS3CH 「切られ与三郎」 伊藤大輔監督 1960年

お富さんの歌は春日八郎のヒット曲。
有名な台詞
与三郎「え、御新造(ごしんぞ)さんぇ、おかみさんぇ、お富さんぇ、いやさ、これ、お富、久しぶりだなぁ」
お 富「そういうお前は」
与三郎「与三郎だ」
お 富「えぇっ」
与三郎「おぬしぁ、おれを見忘れたか。」
お 富「えええ。」
与三郎「しがねぇ恋の情けが仇(あだ)・・・・」
・・・・・・・・(ネットより)。
も何度か聞いた。
けれど、全体はどんな筋書なのか僕は知らなかった。
今日「切られ与三郎」を見て初めて分かった。

美味しくて当たり前?の八重洲地下街。映画「お早よう」

★美味しくて当たり前?の八重洲地下街

東京駅の八重洲地下街の居酒屋へ行った。
学生時代の友人2人と飲もうということになったのだ。

居酒屋といっても地下街のメイン通りの角にあって規模も大きい。
店の名は「初藤」八重洲店。

飲食時間に2時間の制限がある。
よほど人気のある店なのだろう、
5時半なのにすでに店内は客でいっぱいだ。

酒も肴も美味しかった。

      *

2軒目が1、2分ほど移動しただけの「天津飯店」東京駅店。
こちらも美味しい。

グルメ客の多いここいらあたりでは、
美味しくて当たり前なのかも。

       ☆

15.12 (18)
コメディじゃないかと思えるくらい笑える。

★映画NHKBS3CH 「お早よう」 小津安二郎 1959年

初めてテレビを購入した家が多かった昭和30年代頃の話。
コメディじゃないかと思えるくらい笑える場面(台詞)が次々。

さすが小津安二郎監督だ。

考える筑前竹人形・・・・ガラクタの心

★考える筑前竹人形・・・・ガラクタの心

朝起きて今日は何をやろうかと考える日は、
結局何もやらない1日になる。

今日はそんな1日。

      *

ガラクタの中から出てきたのは、
僕のお気に入りの筑前竹人形(多分)。

いつ頃どこで買ったのか覚えていないが、
土産屋の店頭に何十も並んでいる人形の中から選んだものだ。

一つだけ顔の表情が他のものと違っていた。

何かを考えているのか、
訴えてようとしているのか・・・。

      *

捨てずに玄関のげた箱の上に置いた。

手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (84)
僕のお気に入りの筑前竹人形(多分)。

ゴルフの一日。

15.12.14 鳳凰ゴルフ倶楽部 (28)
紅葉を楽しむには遅すぎたけど・・・・。
15.12.14 鳳凰ゴルフ倶楽部 (24)
群馬県の鳳凰ゴルフ倶楽部。真ん中の2本線は電動カートの道。

★ゴルフの一日

紅葉を楽しむには少し遅すぎたけど、
プレーは十分楽しんだ。

コースは群馬県の鳳凰ゴルフ場。
景色がいい。
メンバーは妹夫婦と義兄。
       
      ☆

img002_20151214195429eae.jpg
いろいろな人がいていろいろと教えられる本。

★本「あの人に会いたい」 NHKあの人に会いたい刊行委員会編

放映されたテレビ番組「あの人に会いたい」の人々39人が紹介されている。
いろいろな人がいていろいろと教えられる本。

素晴らしい笑顔を見た・・・・・夢”に感謝だ。明治大正主要災害番付

★素晴らしい笑顔を見た・・・・・夢”に感謝だ

長兄と今年13回忌を迎えた次兄の夢を見た。

仕事(住宅建設)の現場。
鉄骨部分の仕上げをしているようだ。

2人が僕の方を見ながら、
とてもいい笑顔で組み立てられた骨組みを磨いている。
僕が何か声をかけようとしたところで目が覚めた。

モチ、なぜ突然このような夢を見たのか理由は分からない。
ただ、2人の素晴らしい笑顔が見ることができて“夢”に感謝だ。

        ☆

スキャン_20151213 (6)
この番付に昭和と平成25年までを入れたら?

★明治大正主要災害番付

大正12年の関東大震災が東の横綱。
明治29年の三陸大津波は西の小結。

この番付に昭和と平成25年までを入れたら?

       *

でも、昭和の敗戦と平成の原発事故は
自然災害とはと言えないかもしれないが、
両方とも間違いなく大横綱?

       ☆

スキャン_20151213 (2)
100歳前後まで活躍した偉い人たちの言葉には重みがある。

★本「100歳のことば」 日野原重明編著

100歳前後まで活躍した偉い人たちの言葉には重みがある。
その重みが生きる刺激になればいいのだろうけど・・・・・・。

そのようにならないのは、
やっぱり僕自身の年金生活・加齢のせいだろう。

       *

(70、80は)鼻たれ小僧のくせに・・・・・と行間からお叱りの声が聞こえてきそうだ。

大塚山と日出山はハイキング日和

15.12.12 ハイク大塚山・日出山 (67)
日出山からは遠く丹沢山系も眺めることができた。
15.12.12 ハイク大塚山・日出山 (27)
大塚山の標高は920.3メートル。
15.12.12 ハイク大塚山・日出山 (38)
大塚山から日出山へ向かうハイキングコースの途中にあるのが御岳山。
ひとつで3つの山が楽しめるお得コース?

★大塚山と日出山はハイキング日和

快晴の温かい日和のハイキング。
青梅線の古里駅から大塚山→日出山のコース。

朝8時40分青梅線古里駅集合。
8時55分山行開始。
日出山下山は3時40分だった。
参加23名。

「爆笑問題集」太田の文筆、田中の造形

  • Posted by: ゴロー
  • 2015-12-11 Fri 19:04:12
★「爆笑問題集」太田の文筆、田中の造形

とつぜんなぜか風邪気味。
・・・で、今日は一日中寝ていた。

明日はハイキングの予定なのだ。

スキャン_20151208
☆昭和9年の大宮駅周辺。
ガラクタの中から出てきたコピー。
西武鉄道は現在の川越線(埼京線)で、県道2号を線路が通っていた。
西口(上)はほとんど店がない状態。
      *
img001_20151211184029645.jpg
☆本「爆笑問題集」太田の文筆・田中の造形
本を読むペースがすっかり遅くなった。
時間はたっぷりとあるはずなのに・・・・・。
800ページ弱のこの本も読み始めてから2ヶ月以上を要した。
しかもスルーしたページ(細かい字の対談部分など)もある。
太田の文筆、田中の造形ともにすごいなァ・・・と思った。
2人が広範囲に活躍できる理由がわかったような気がする。
平成20年に発売された本でブックオフで200円で購入。
読み出からも数倍の値打ち。
ところで、ブックオフは値上げしている?
というのは文庫本以外の単行本などでは100(108)円が消えている。
どれも200円かそれ以上。
それと文学全集などが並んでいない。

西表島の恐怖の体験。やっときたマイナンバーカードの通知。

★マイナンバーカードの通知

マイナンバーカードの通知がやっと来た。

顔写真を添付して返信しなくてはならない。
今朝、妻と撮りっこをして3.5×4.5センチにプリントした。

      *

年賀状の裏面を書き終えた。
手抜きをしたみたいで申し訳ないのだが、
転居(住所変更)の挨拶も兼ねている。

あとは印刷するだけだ。
あて名は手書にするつもり。

これはパソコンが壊れた際にデータがすべて消えてしまったからだ。

     *

その他、本を読んだり、テレビを見たり、
フェイスブックを開いたり・・・・・。
1日があっという間に終わる。

     *

その他、今日のこと3件。

15.12.10 ブログ用散歩。証明写真 (19)
①散歩の風景
いつもの散歩道。
行きにはなかったタイヤ。
Uターンしてくる30分くらいの間に誰かが捨てていった?
ほかに3本(2本は小さいタイヤ)・・・・ッタクなのだ。
        *
15.12.10 ブログ用散歩。証明写真 (36)
②結露
僕の使用している部屋の出窓だ。
リフォーム前、下部分の白い板が腐っていた理由がわかった。
        *
15.12.10 ブログ用散歩。証明写真 (46)
③西表島のイノシシ
NHKBS3CHの午後の番組
ワイルドジャパン」「南西諸島~神秘の島々に命かがやく~」
に西表島のイノシシが映し出されていた。

気性が激しい上に用心深く、
なかなか人前には現れずめったに見られないそうだ。

この番組を見ながら思い出したことがある。
それは数十年前、僕の父(平成2年没)が西表島に行った折にイノシシを目撃した話だ。

西表島の人気観光コースでの出来事。
船でマングローブの中の川を遡り、途中の船着き場で降ろされる。

数時間後に船がまた迎えに来るというシステムなのだが、
船から降ろされた後に大雨となり、
その日は迎えの船が来られなくなったそうだ。

つまり、父ともう一人の客(学生)は取り残されてしまったのだ。
2人は一夜をマングローブの林の中で過ごさねばならなくなった。

あたりに洞窟のような穴を探し出しそこで雨をしのぎ一夜を明かすことにした。
戦争に行った経験のある父は終始学生を励まし続けたらしい。

食べるものは父が持っていたポケットサイズの日本酒とチョコレートが1枚。
それを2人で分け合ったそうである。

恐怖の体験は夜中に起こった。
ドッドーと激しい音が近づいてくる。
学生は恐ろしさのあまり泣き出す始末。

襲ってくるような激しい音はいったい何なのだ!
・・・・と、洞窟の外をのぞいてみれば、
イノシシの群れが猛烈な勢いで横切って行ったそうな。

翌朝、街では大騒ぎだ。
2人が遭難したものと考え捜索隊も出たらしい。

赤いヘルメット。バッテリーチェッカー

スキャン_20151208 (4)
自転車に貼るステッカーが団地の管理組合から配布された。

★赤いヘルメット

今日から自転車に乗るときにはヘルメットをかぶることにした。

自転車は10年以上も使用しているママチャリ。
ヘルメットは今はやりのスポーツサイクル用の軽いものだ。

不釣り合いだけど持っているものの利用。
ヘルメットは赤。
これが目立っていい。

自転車が黒だから「赤と黒」・・・な~んちゃって(古いなァ)。

        *

歩道を散歩していても自転車は怖い。
結構なスピードで音もなく歩いている隣をすり抜けていくのだ。

中・高生(と思われる)や通勤で駅に向かうサラリーマン。
歩道を通るならスピードは控えめにしてほしい。

        *

ヘルメットをかぶることにしたのは、
モチ、安全を考えてのことだが、
自らの運転時の戒めになればとのにも思いもある。

信号は守る。
どんなに急いでいる時でもスピードは出さない。
方向者優先をl心がける。

        ☆

スキャン_20151208 (3)
すごく手軽でシンプル。
パソコンもこれくらいシンプルで分かりやすいといいのだけど・・・。

★バッテリーチェッカー・・・・・ガラクタの心③

バッテリーチェッカーが出てきた。
20年以上も前のものではないか?

ソー言えばひところよく使用されていた。
昨今はすっかり姿を消しているように思うのだが、
もしかしたら新式のがあるかもね。

それはそれとして、
20年も前と思われるバッテリーチェッカーは全然大丈夫。
まだまだ使用可だ

最新のパソコン(買ったばかりの現デスクトップ)の寿命(部品保存)が
わずか6年かもしれないのに・・・・。

大銀座まつりほか手ぬぐい3種・・・・ガラクタの心②

手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (11)
1968年か1969年かの祭り当日に配られた手ぬぐい。
手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (20)
大日本居合道連盟の宗家は名人位平井阿字斎(先生)。
僕は7年ほど稽古に通った。
手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (39)
入手経路不明の箱崎音頭手ぬぐい。

★大銀座まつりの手ぬぐいほか

30年近くも箱詰めにして物置にしまい込んでいたガラクタ。
いつか宝物に化けるのじゃないか・・・などの期待はバブルとともに吹っ飛んだ。

そんなガラクタには懐かしい思い出がこもる。
見れば心も癒されるのだ。

       *

引っ越しの際のガラクタの中から出てきた手ぬぐいは10本ほど。
捨てる前に3点ほどデジカメしておいた。

というわけで、
カテゴリー“ガラクタの心”その②は手ぬぐいの紹介だ。

       *

①大銀座まつりはたしか第2回目ではなかったかと思うのだが、
もしかしたら1968年の第1回のものだったかもしれない。

おそらくお祭り当日の見物人に配られたものだろう。
大変な人出で頭越しにかろうじてパレードを見ることができた。

②は何と書いてあるのか僕にはわからない。
40年ほど前に習っていた居合道の全国大会の参加記念品だ。
大日本居合道連盟の宗家は名人位平井阿字斎(先生)。
先生は書の大家でもあった。

③箱崎音頭の手ぬぐいは
いつ頃どうして手にい入れたものか覚えていない。
箱崎という地名は全国にいくつかある。
ただ箱崎音頭はネットでは福岡で検索できた。

雷おこしを提案してみたけれど・・・・

15.12.7 雷おこし7118 (8)
試食に買って食べてみた。箱詰めの一個ずつ包んであるのが贈答用にはGoo!

★新鮮・懐かしい・美味しい

同じ町内に雷おこしの工場がある。
モチ、浅草雷門の常盤堂の工場だ。

       *

引っ越す前の家の近所には錦煎餅という煎餅屋があった。
美味しいので我が家ではよくお使い物に使った。

同じ町内で作られている煎餅だからと送った理由を添えたりしたが、
旨いので実際に相手からも喜ばれていた。

        *

雷おこしは浅草とか東京見物に来た地方の人が
お土産に買っていくというイメージだ。

なんだか一昔前のお菓子のような気もするし、
味だってほとんど忘れてしまっている。

そこで、
①同じ町内(三橋6丁目)に雷おこしの工場がある(出来立ては新鮮)。
②もらった人が懐かしく思う(喜ぶ)。
③実際に購入して食べたおこしは美味しかった。

という理由で、
我が家の贈答品をこれからは“雷おこし”に変えたらどうかと家内に提案した。

家内から返事はまだもらっていない。

地獄のぞきと鯛の浦

★鋸山の地獄のぞきと鯛の浦・誕生寺

いま千葉県の観光No1といえばディズニーランド&ディズニーシーに異論はないだろう。
ほかの人気スポットとしては成田山新勝寺、養老渓谷、鹿野山・マザー牧場、
最近では東京ドイツ村などが一般的に知られたところか。

シーズンの潮干狩りや成田空港もあなどれない。
アクアラインの海ほたるは千葉県それとも東京?

      *

むかし、といっても僕らの子供のころは、
千葉県と言えば鋸山か鯛の浦・誕生寺だったように記憶している。
僕が小学校の遠足と中学の臨海学校で行った所だったからかもしれないが・・・。

鋸山は“地獄のぞき”などで依然人気スポットに君臨しているが、
“鯛の浦・誕生寺”は影が薄い?
るるぶの千葉観光ベスト100選(ネット)ではなんと97位だ。

       *

かってのボーイスカウトのリーダー仲間3人でドライブ。
懐かしい鋸山と鯛の浦に行った。

鋸山は山頂までの日本寺がよく整備され、
石仏や五百羅漢をじっくり鑑賞しながら山頂の地獄のぞくにたどり着く。
ロープウエーなどなく自然の中の散策がGoo!だ。

鯛の浦では日本の天然記念物にもなっている
珍しい鯛の餌付けを見ることができる。

観光地としては最近ちょっと宣伝が足りないのじゃなか・・・・・と思った。
いいところだし、
セットで観光できる誕生寺だって一見の価値ありの建物(本堂)なのに。

15.12.6 鋸山・日本寺・鯛の浦 6804 (298)
観光にはいいところなのに宣伝不足か?
観光船もちょっと古い感じだしなァ。
がんばれ!漁業組合(管理運営している)。
15.12.6 鋸山・日本寺・鯛の浦 6804 (81)
鋸山の地獄のぞき。
15.12.6 鋸山・日本寺・鯛の浦 6804 (74)
不思議な写真。人が立っている岩の高さに注目!
15.12.6 鋸山・日本寺・鯛の浦 6804 (47)
高さ31メートルの大仏「薬師瑠璃光如来」。
15.12.6 鋸山・日本寺・鯛の浦 6804 (133)
五百羅漢(鋸山・日本寺)。

逆光の朝陽に輝く紅葉・・・・・・散歩の風景

★逆光の朝陽に輝く紅葉・・・・・・散歩の風景
15.12.5 散歩の風景 6791 (10)
逆光の朝陽に輝く紅葉。
我が家から1キロほどのところの三橋運動公園までの往復が定番の散歩コースになりつつある。
15.12.5 散歩の風景 6791 (9)
調整池の木道。
野鳥やトンボ、カエル、魚の観察ができるので春からが楽しみ。
15.12.5 散歩の風景 6791 (2)
木道には薄く霜が張っているのだろうか。
白く靴跡がつく。

昔のよろず番付。安くて旨いご当地グルメ

★何でも番付にしてしまう面白さ

整理のついていないガラクタの中にあった昔の番付本のコピー。
17年ほど前、仙台赴任中に近くの図書館から借りた本からのコピーだ。

        *

今はネットのおかげで、すぐにランキングになってしまう。
ニュース、芸能、観光地、食、スポーツ・・・・・。

それらを東西に分けて相撲番付を加えたらさらに面白いかもなのだがどうだろう?
もっとも、今は人権、差別、個人情報・・・などで
このような番付を作成したら多くのの問題を生じるだろうなァ。

        *

ネットのない時代にランキングを決め、
しかも番付を作るのは大変なことだったのではないか?

この本がいつ頃発行されたものなのか、
また書籍名なども覚えていないが、
多分、昭和の初めころに出されたものであるまいか。
というのは災害番付に関東大震災が入っていたからだ。

しかし、江戸時代の番付が多いことからすると、
江戸時代のものが改定されつつ昭和まで続いてきたとも考えられる。

あるいは、もしかして現在進行形で改訂版がどこかで作られているかもしれない。

        *

この本には何でも番付にしてしまっている面白さがある。
これからも時々は拾ってブログで取り上げてみたいと思っている。

スキ1204
江戸文學著名俳句番付。
一茶ファンの僕としては一茶の句が東西ともに前頭でしかないのが少々不満。
ところで、明治以来の名句で
これらの江戸時代の名句を超える名句を番付入りさせるとすると・・・・。
スキャン_20151204
江戸時代乞食番付。
先日、何年後かになくなる職業をニュースで話題に取り上げていた。
電車の運転手・車掌、郵便配達人、レジ係、プログラマー、
ガソリンスタンド、レンタルビデオ、仲卸業者、専業主婦、参議院議員・・・・。
        *
この番付表から江戸時代に存在したいくつかの職業がわかる。
職業として今日まで続いているものは皆無に近い。
どれも乞食番付に登場してしまうほど貧しかったようだ。

        ☆

15.12.4 ブログ用・テレビ せとうち旬彩館(2)
ショップの2階にあるレストラン“かおりひめ”。
「讃岐うどん」、「伊予の鯛めし」など伝統郷土料理が味わえる。

★安くて旨いご当地グルメ

またまたテレビ番組からで恐縮。

今朝テレ朝でアンテナショップの紹介をしていた。
人気沸騰のショップの筆頭に挙げられたのが愛媛・香川。
JR新橋駅前近くにある。

たまたま、僕が昨日行ったのでちょっぴりうれしくなった。
それも2度も。

昼食時にうどんを食べ、
夕方5時からは4人で一杯だ。

あわせれば5時間もいたことになる。
そして、間違いなく安くて美味しい。

2つの灯り。絵の勉強?

15.12.3 日展 (197)
国立新美術館。
15.12.3 日展 (168)
今回は彫刻も鑑賞。

★少しは自分の絵の勉強になったかしらん?

絵の仲間(季風会)と2人で日展に行った。
先日に続き、再度行ったのは特選受賞の民謡の先輩の祝福の気持ちから。

今回は工芸や彫刻、日本画の部屋も鑑賞。
少しは自分の絵の勉強になったかしらん?

       ☆

15.12.3 日展 (4)
冷たい鉄の歩道橋にぬくもりを感じたね。
15.12.3 日展 (13)
ラスベガスのカジノの建物みたいでGoo !。

★夜明け前の2つの灯り・・・・散歩の風景

夜明け前の散歩。
2つの灯りに遭遇。

①歩道橋の灯り=冷たい鉄の歩道橋にぬくもりを感じたね。
②ウエアハウス=ゲームセンター兼カラオケの巨大な建物。
ラスベガスのカジノの建物みたいでGoo !。

もしかして豆にハマる?

15.12.2 煮豆(6)
“豆の甘煮”を作った。

★失敗しても旨かった煮豆

豆の甘煮をやってみた。

先日、飯能の豆屋さんで買った豆だ。
料理本というか購入した活力鍋(圧力鍋)についてきたレシピ通りに作った。

先日買った豆は100グラムずつ3種で計300グラム。
名前は聞いたけど忘れてしまった。

実は一作日、
半分の150グラムを煮たのだが失敗してしまった。

鍋の使用法がよくわからず、
調味料を加える前に焦がしてしまったのだ。

ところが、味付けも何もしていない、
しかもお焦げのついたその豆が旨かったのだ。

アッと今に食べてしまったくらいだ。

       *

・・・・・で、今日は残りの150グラムを、
こんどは焦がさぬよう、調味料もちゃんと加えて煮た。

レシピ名が“豆の甘煮”。
これが美味しかったら、しばらく豆にハマりそう。

Index of all entries

Home > 2015年12月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top