FC2ブログ

Home > 2016年02月

2016年02月 Archive

面白い事件物・・・・・本「私が出会った殺人者たち」

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-29 Mon 21:54:28
16.2.29 本「私が出会った・・・」佐木隆三 (3)
傍聴や面会時での取材ノートをまとめたもの?

★少し深追いの三面記事みたいな・・・。

傍聴や面会時での取材ノートを簡単にまとめた物の収録。
面白いけど少し深追いの三面記事(ニュース)を読んでいるような・・・。

      *

若いころ事件、冤罪物のノンフィクションにハマった時期がある。
とくに冤罪物は、犯人とされた人が後に無罪を勝ち取っているものも何冊か読んだ。

面白くてやめられなかったのが、
古いけど牧逸馬・谷譲二(同人で他に林不忘の3人の名をペンネームにした長谷川海太郎・1900~1935年)
の内外の事件物。

最も感動したのが、
小説ではないが正木ひろし氏の日記「近きより」。
正木氏は弁護士で冤罪を扱った著書は丸正事件など多数ある。

       ☆

CIMG5942.jpg
1979年から1980年にかけて発生した
イランアメリカ大使館人質事件を題材とした(ウキペディアより)映画。

★映画「アルゴ」  アメリカ 2012年

寝る前にテレビをつけたのがいけない。
つい11時近くのおしまいまで見てしまった。

1979年から1980年にかけて発生した
イランアメリカ大使館人質事件を題材とした(ウキペディアより)映画。

第85回アカデミー賞作品賞受賞。

ポカポカ陽気のハイク日和・・・・関八州見晴台

★3度目の関八州見晴台

おいらく山岳会「関八州見晴台」山行に参加。

ここは今年1月5日の新年ハイクでも行った。
その前も個人的に行っているので僕は3度目の関八州見晴台。

今日は天気は上々、ポカポカ陽気のハイキング日和。

       *

ニューシューズの足慣らしもしたのだが、
右足小指側(内反小趾)が当たって痛い。
前回あたりからどうもいけない。

今日はリーダーを含め34名の参加。

16.2.28 おいらく関八州 (38)
標高771㍍と低いがぐるりと関八州を眺められる。
ここは山の頂きではなく尾根道の途中なのだとか。
16.2.28 おいらく関八州 (19)
日本3大不動尊のひとつ高山不動尊の階段を上る一行。
なお、関八州見晴台には高山不動の奥の院がある。
16.2.28 おいらく関八州 (12)
16.2.28 おいらく関八州 (15)
天然記念物の大銀杏。
16.2.28 おいらく関八州 (48)
庭園のような里山の沢の流れ。

散歩の細道。いつか謎解きを.・・・

16.2.4 散歩銀座新橋 (44)
こんもりとした森。周囲ははたけか空き地。
16.2.4 散歩銀座新橋 (25)
距離は短いけれど風情を残した道。
16.2.4 散歩銀座新橋 (33)
森の突き当りにはお墓があった。

★散歩の細道

いつも通る散歩道とは反対方向に行くと森が見える。
この森の周囲は畑か空き地だ。

森の脇に細い道がある。
距離は短いが僕はこんな道が好きだ。

私道か公道かの区別がつかないけれど、
森の中へも入る道があった。

奥まで行けそうだ。
森の中は鬱蒼(うっそう)として静寂。

30㍍も進むと突き当り。
そこにはお墓があった。
 
      ☆

16.2.27 不思議なもの (2)
壁からはみ出しているものは何だ?
CIMG5867.jpg
しかも、ここはトイレの外壁だ。

★いつか謎解きを.・・・

壁からはみ出しているものは何だろう。
しかも、ここは公園内の公衆トイレの外の壁なのだ。

一瞬、ギクッとして近くに寄ってみたが異臭はしない。
だいたい、こんなにもお揃いで並ぶはずもない。

何だろう?
いつか謎解きをしてやろう・・・と思う。

交通事故のあった2つの現場

★事故が心配される状況のまま

いつもの散歩道。
我が団地の前を通る道路を東へ鴨川に向かって100㍍ほどの場所(①)と
400㍍ほど(②)の2か所には花が置かれている。

ちょうど中間で国道17号バイパスと交差する。
その交差点の角は大宮西警察署。

花が置かれているのは
そこで死亡事故が起こったことにほかならない。

       *

①の現場はイオンの正面入口前の横断歩道だ。
ここで自転車に乗った小学4年生の女子が車にはねられた。

2年ほど前のことだ。
その少女はたまたま僕の孫娘の同級生だった。

その現場近くに引っ越してきて、
ほぼ毎日のように現場を目にするとは夢にも思っていなかった。

       *

なぜ、横断歩道ではねられたか?
しかも常時、イオンのおじさんが旗を持って交通整理しているのだ。

事故当時のことも原因も僕にはわからないが、
この横断歩道が場合によっては非常に危険だということが先日分かったのだ。

横断歩道から30㍍ほどの場所に銀行のATM が設置されており、
その前に車が停車するのだ。

道路は片側1車線。
ATM 前に駐停車すると、後ろの車は横断歩道が見えにくいため、
反対車線に出て停車中の車をやり過ごそうとする。
その時、アクセルを急に踏んだりすれば・・・・。

事故が起こることは想像に難くないのだ。

       *

②の現場は最大手の運送会社の集荷場の入口だ。
十数トンもの荷物を積むロングトラックが常に出入りしている。

ここでの事故はいつ頃起きたもの、
そのような事故であったかも分からない。

しかし、警察署を挟んで同じくらいの距離、
それも200㍍あるかないかでは・・・・・。

       *

交通事故は怖い。
最近、僕は自転車に乗る際にもヘルメットをするようになった。

歩いていると自転車が肩をこするくらいの近さで追い越していく。
そのたびに接触しなくてよかったとホッとする。

自分が乗るときも、歩行者でいる時も注意が必要なのだ。
事故は起こしても、起こされても悲劇でしかないのだ。

16.2.9 事故現場・りそな (15)
①の現場。30㍍ほどのところにりそな銀行のATMが・・。
いつかまた事故が起こるのではと思われるのだ。
16.2。23散歩途中のカラオケ民家 (10)
①の現場を反対側から見る。
りそなのATMの前に軽が停車中。
対向車線から車は来るし、横断歩道は見えにくい。
日に何度も繰り返されているであろう事故が心配される状況なのだ。
16.2.9 事故現場・りそな (17)
①の現場のATMに掲げられた路上駐車禁止の看板。
停車して車を降りてからでないと気が付かない。
16.2.9 事故現場・りそな (7)
②の現場。
前方に車が見える場所が17号バイパスとの交差点。

パソコン三昧

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-25 Thu 21:44:13
  • 映画
★パソコン三昧

(ネットで)映画を2本見た。
①「続やくざ坊主」=You tubeにて。1968年 池広一夫監督
②「ガス燈」=NHKBS3chにて。1944年 アメリカ

どちらも面白かった。

     *

あと見たのはグレートトラバース。
これもNHKBS3ch。

それにしても、パソコンがあれば退屈しない。
ほとんど一日中部屋に閉じこもり状態だ。

パソコンを見ながら何かほかのことができないものか・・・考えないと。

16.2.16 テレビと映画2本 (20)
グレートトラバース=NHKBS3chにて
16.2.16 テレビと映画2本 (24)
「ガス燈」=NHKBS3chにて
16.2.16 テレビと映画2本 (1)
「続やくざ坊主」=You tubeにて

春休みの約束。カウンターのお姉さん(^◇^)

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-24 Wed 21:12:17
img033_201602242103445bb.jpg
5歳の孫が先日我が家に来た時に置いて行った“はるやすみにいくところ”。

★春休みの約束

来月からの春休みに、
孫から約束させられたこと。

①スカイツリー
②ドラえもんの映画
③水族館





一昨日、家の鍵と健康保険証入り小銭入れを落としてしまったスーパーのイオンで
今日も又落とし物をした。

お恥ずかしい。

買い物かごをレジに置いて、
支払いをと思ったら腕に掛けておいた買い物袋がない。

買い物袋の中にはWAONカードと現金が入っていて、
それがないと支払いができない。

厚めのコートを着ているうえに、
袋が軽いので腕から滑り落ちてしまっても気づかないのだ。

実は買い物袋を落としたのはこれで2度目なのだ。
前回は後ろにいて気づいた人(女性)が拾って教えてくれた。

       *

レジを打ってしまった係のお姉さんにしばらく待ってもらい、
慌てて店内を捜し回った。

空いているとはいえ、
スーパーの店内を走り回る爺さんの姿は見栄えがいいものではない。

分かっちゃいるけど・・・・。

       *

結局、買い物袋は一昨日と同じサービスカウンターに届けてあった。

すっかり僕の顔を覚えてしまっているカウンターのお姉さん(^◇^)、
今回は身分証明書がなくてもすぐに笑顔で渡してくれた。

捨てずにとっておいたサーイシン。映画「知りすぎていた男」

手ぬぐい、パスポート、深高の月謝帖などガラクタ (79)
絹糸のサーイシン(聖糸)。光沢があり美しい。
タイの山岳民族の結婚式で巻いてもらった。

★捨てずにとっておいたサーイシン

この紐(糸)のことをサーイシンという。
お坊さんや目上の人から自分の手首に巻いてもらう。

お寺でのお祈り、
結婚式、法事、葬儀など厳粛な行事などで巻く。
魂を強化するのだそうだ。。

僕もタイとラオスに滞在していた頃は年中巻いていた。
自然に糸が切れるまでそのままにしておくらしいのだが、
とてもじゃない、糸は丈夫でそんな簡単には切れない。

どんどんたまる一方だ。
だから、僕は次に巻いてもらう前には切って外しておいた。

写真のサーイシンはタイの山岳民族の結婚式に出席した(取材同行)際に巻いてもらったものだ。
つきそい人や親族の方々などいろいろな人が次々に巻いてくれたもの。

もう7、8年も前のことだ。
山岳民族の結婚式になどは2度と出られるもんじゃないから、
記念にと捨てずにとっておいたものだ。

“サーイシン画像検索”
で使用例がたくさん見られる。

        ☆

16.2.23 テレビ(3)
剣岳は100名山でもっとも厳しいと言われている。

★どの番組もGoo!

今日も体調回復せず。
と言って寝たままというでもない。
本読んだりテレビを見たりで一日はあっという間に終わる。

       *

テレビはNHKBS3chをよく見る。
今日は東尋坊の海の中、
続けて剣岳登山、
午後からは映画を見た。

どれも良かった。

       ☆

16.2.23 テレビ(33)
監督がヒッチコック、道理で面白いわけだ。

★映画NHKBS3ch「知りすぎていた男」 ヒッチコック監督 1955年 アメリカ

どんな映画かも俳優の名前も知らずに見ていた。

見終わった後にネットで検索したら監督がヒッチコック、
道理で面白いわけだ。

主演俳優がドリスデイとジェームススチュアート。
ケ・セラセラはこの映画の主題歌でアカデミー歌曲賞を受賞している。

あっ、鍵がない!物語。ヒミツの隠れカラオケ家?

★あっ、鍵がない!

少々風邪気味だ。
一昨日、昨日と2日間寝込んだ。

今朝は具合良くなったような気がして散歩に出てみた。
実は明日ハイキングに行けるかどうか試してみたかったのだ。

ゆっくりだけど80分散歩して帰ったら寒気がきた。
これはいけない。

すぐに明日のキャンセルをリーダーに連絡した次第。

      *

散歩の帰りにイオンに寄った。
買い物を終え、我が家に帰ると鍵がない。

正確に言うと鍵を入れてある小銭入れがない。
イオンの店内かイオンから団地につくまでの道に落としたのだ。

買った荷物を玄関先に置いてひとまず引き返した。

       *

小銭入れはイオンのサービスカウンターに届けてあった。
拾い主は名前も電話番号も言わずに去ったそうである。

小銭入れの中には鍵のほかに保険証が入っていた。
落とすとかなり面倒なことになり、
正直で親切な人に拾われてほんとうに助かったのだ。

       *

ゴロー××「あのう、小銭入れを落としたんですけど、
届いていませんか?」
カウンターの姉「お名前は何とおしゃいますか?」
※姉となっていますが僕よりずっと若い30歳くらいの女性です。

ゴロー××「▽□ゴローです」
カウンターの姉「何か証明するものを見せてください」
ゴロー××「家に行ってとってきてもいいんですけど、
鍵がその小銭入れの中にあるので家に入れないですが・・・。
中身を全部言えますけどだめですか?」
カウンターの姉「ダメなんです」

そこで、思いついたのが顔見知りのMさん。
Mさんは引っ越す前のお隣さんで、
イオンのレジで働いている。

さっきはMさんのレジで支払いを済ませている。
ゴロー××「知り合いのMさんがレジで働いているので、
彼女に僕が間違いなく▽□ゴローかどうか確認してもらのはどうですか?」

というわけで、カウンター姉と僕はレジのMさんのところへ行った。

カウンター姉「この方のお名前を知っていらっしゃいますか?
レジのMさん××「えー、▽□ゴローさん・・・ですよね」

というわけで、小銭入れは無事に戻ってきたのです。
めでたし!メデタシ!



★ヒミツの隠れカラオケ家?・・・・・・・散歩の風景
16.2。23散歩途中のカラオケ民家 (2)
まったくの民家に唐突とも思えるカラオケ家の看板が・・・。
16.2。23散歩途中のカラオケ民家 (9)
地味な板塀の門に抱える営業中。
入るのに勇気がいるね。
盗人みたいにそっと半開きして中を覗いた。
またもうひとつ扉というか玄関を開けて入るようだ。
玄関までは中庭もあるし・・・。
間違いない、これはヒミツの隠れカラオケ家なのだ。
けっこうこういうのって僕は嫌いじゃないから、
いつか行くんじゃないかなァ。
多分行くなァ。
きっと行くなァ。

……行ったらまた報告します。

本「辰巳八景」 山本一力

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-21 Sun 19:36:59
16.2.21 本「辰巳八景」 (6)
辰巳とは昔の洲崎(深川)方面を指す。

★本「辰巳八景」 山本一力

公立図書館のある西部文化センターまでは
家から歩いて10分もかからない。

その図書館で2週間ほど前に
タイトルに惹かれたて借りた本だ。



辰巳とは昔の洲崎(深川)方面を指す。
僕がまだ小学生のころは洲崎大門もあったし、
辰巳芸者という言葉も生きていたと思う。

小説の中に出てくる永代橋、深川八幡などもすぐに頭に浮かぶので、
あそこだとかフムフムとか何となく納得しながら読めるのがいい。

著者は当時の職業やら習慣などよく調べて書いているようで、
筋(ストーリー)を追うばかりでないのもGoo!

洲崎は元禄時代に埋め立てられた土地だ。
※洲崎(すさき)は、東京都江東区東陽一丁目の旧町名で、
ここは元禄年間(1688~1704)に埋め立てらた土地で[1]、
古くは「深川洲崎十万坪」と呼ばれた海を望む景勝地。
明治21年(1888)に根津から遊郭が移転し[1]、
1958年(昭和33年)の売春防止法成立まで吉原と並ぶ都内の代表的な遊廓が設置され、
特に戦後は「洲崎パラダイス」の名で遊客に親しまれた歓楽街であった(wikipedia)。

      *

映画「洲崎パラダイス赤信号」川島雄三監督は1956年の作品で
当時の様子が映像でよくわかる。

僕が小学生のころ洲崎大門にお使いに出されたことがある。
当時、叔母が大門の中で小料理屋をやっていて、
何かの伝言を父から頼まれたのだろう。

2階の部屋から顔を出した叔母の顔がいまでも印象に残っている。
叔母は大門の遊郭が閉鎖されたあと、
門前仲町の交差点で飲み屋をやっていた。

今は三菱UFJの銀行になっている交差点(の角)は
小さな飲み屋が何軒もあった場所だ。

※「東京レトロ散歩」というブログで2009年8月5日(掲載)の洲崎の様子がわかる↓
今も残る赤線時代の建物「洲崎パラダイス」・・・で検索を。

「私は世界で嫌われる」ビートたけし・・・・・本。無償ボランティア

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-20 Sat 19:41:12
img032.jpg
毒舌全盛のころのエッセイだけあって十分な読み応え。

★本「私は世界で嫌われる」 ビートたけし

平成8~9年にかけて「新潮45」に連載されていた世評エッセイの抜粋。
たけしの毒舌全盛のころのエッセイだけあって十分な読み応え。

20年ほど前に書かれたものだが、
ほとんど現在も通じる。

20年間つまり変わらぬ世相だということか。
これは先日読んだ大橋巨泉氏の「巨泉日記」もそうだった。

       *

たけし氏は“防弾チョッキの信長”の項(章)では原発事故の予言までしている。
それも確率論でだ。

『・・・・・例えば飛行機だと、ジャンボの落ちる確率なんてちゃんと出ている。
動燃も確率で言えばいいんだ。
例えば、下手すると五十年に一度か二度は放射能漏れの事故が起こる可能性があります、
だけどもチェルノブイリみたいにはなりません、とかさ。
で、事故は起こった時に、“いや、これは確率通りです”って言えばいい』

それから15年後に原発事故は現実となった。
しかも場合によっては、チェルノブイリ以上に拡大する可能性だってある甚大な事故だ。

政府も東電も“想定外”ですましているけど、
確率論では想定されていなかったのかしら?

        *

ボランティア亡国論の項も面白かった
・・・・が、ボランティアには有償と無償があって
たけし氏がどちらを言っているのか分からない部分も・・・・。

        ☆

★僕の身近にいる無償ボランティア・2題
16.2.13 おいらく大磯鷹取山ハイク (54)
①おいらく山岳会のリーダー。
まったくの無償で指導してくれる。
手帖を広げているのは先日湘南の山に連れて行ってくれたNリーダー。
詳細なメモを取り事故の起きないよう気を遣う。
手帖には細かい文字がびっしり、
このようなノートが何冊もできているのだとか。
         *
16.2.10 キャンバス張り、鴨川の鯉 バレンタインデーチョコ (40)
②ゴミを拾い集めながら散歩しているご夫婦。
イヤホンを耳に当てて民謡を口ずさみながら散歩する僕とは大違い(スミマセン)。

スーパーの魚売り場と焼き芋売り場での会話

★スーパーの魚と焼き芋売り場での会話

近くのスーパーの魚売り場で物色中、
隣にいた女性から突然話しかけられた。

モチ、僕の知らない人だ。
話をしているうちに引っ越してきたばかりの
ご主人と年金暮らしを始めたらしい奥さんだということは分かった。

      *

年金奥さん××「これ安いですね」
と鯛の頭のトレーを僕に見せる。

ゴロー××「そうですね。
だけどもう少し待てば値引きのシール貼ってくれますよ」

見れば値段が276円だ。
僕は6時過ぎの値引きで120~150円位で2、3度買ったことがあり、
そんなアドバイスをした。

鯛トレー(以下)奥さん××「主人に秋刀魚を買ってきてと言われたのですけど、
こちらのアジはどうかしら?」とアジのトレーを手に取る。
ゴロー××「いいんじゃないですか。安いですし・・・」
   ・
   ・
   ・
鯛トレー奥さん××「私、川向こうから買いに来たんです」
ゴロー××「鴨川ですか?」
年金奥さん××「そう。あれ、鴨川って言うんですか?」

奥さんは次から次へと話しかけてくる。
何だかんだと10分くらい喋ったかなァ。

      *

知らない女性から話しかけられることはそうあることではないが、
僕が知らない人(男女ともに)に話しかけることは年中だ。
この奥さんは僕の女性版みたいな人なのだ・・・・きっと。

      *

焼き芋売り場で大きめの芋を選んでいると、
店の人が新しく焼き上がりを台車に積んで持ってきた。

店の人××「これのほうが大きいですよ」
と、台車の中から僕に袋に包んだ焼き芋を差し出す。

ゴロー××「ホントだ。ありがとう。あれ、あなたは女の子なの?」
店の人××「男です」
ゴロー××「女の子と間違われない?」
店の人××「・・・・・・いいえ」

        ☆

★今朝の散歩から
16.2.19 散歩の風景 (2)
こんな道を見つけると遠回りしても通りたくなるね。
16.2.19 散歩の風景 (6)
梅の大木が満開に近い。
16.2.19 散歩の風景 (12)
椿の大木。右下に屋根が見える。
16.2.19 散歩の風景 (15)
鴨川沿いを散歩中、突然すぐ後ろから“パン、パン”。
拳銃じゃない、日に干した布団をたたく音だ。
振り向けばはるか川向こうのマンションの9階でたたいている。
さえぎる物がないと音もすごく響くということだ。

 



遊水池に張った氷と鴨川の鯉・・・・散歩の風景

CIMG5726.jpg
遊水池に張っていた氷。
16.2.10 キャンバス張り、鴨川の鯉 バレンタインデーチョコ (47)
鯉はなぜ集まっているのだろう?

★遊水池に張った氷と鴨川の鯉・・・・散歩の風景

遊水池に張った氷は別に珍し事ではないと思う。
冬の寒い朝は張る。

ただ今年になって、
氷の張った池(水たまり)を見たのは
僕が初めてということだけなのだ。

        *

鴨川の鯉はなぜ集まっているのだろう?

ばらばらの鯉ですらめったに見ることないのに、
この朝なぜか集まっている。

ひょっとして産卵?

ピチピチ感あふれるフキノトウ

16.2.17 フキノトウ (11)
やっぱり、料理ルなら天ぷらでしょう。

★庭で採れたというフキノトウ

知人から庭で採れたというフキノトウを頂いた。
食べるのがもったいないほどの鮮やかな黄緑。

ピチピチ感あふれるフキノトウだ。

やっぱり、料理ルなら天ぷらでしょう。

100歳を機に・・・・・“白寿を祝う会”にて。11ヶ月ぶりの歯科検診

★100歳になったら自由に自分のやりたことをする

大学の恩師の“白寿を祝う会”に出席した。
99歳を迎えても僕の受講した50年も前の大学教授のころと少しも変わらぬ様子。
※先生は1992年に大学教授を定年退職されている

年齢を感じさせないお話(挨拶)、
かくしゃくとした立ち居をみても驚くばかり。

先生はいまでも現役でご活躍されており、
数多くの肩書をお持ちだ。

著書も多数。

      *

挨拶の最後に

先生××「来年の100歳を機に、
肩書をすべて外し自由に自分のやりたことをする」

何とスゴイ!

img027_20160217072041b0b.jpg
恩師の“白寿を祝う会”は目黒の雅叙園で行われた。
16.2.16 雅叙園 (4)
建物内とは思えない美しい庭。

        ☆

16.2.16 雅叙園 (2)
廊下突き当りが僕の通う歯科医院。
幅が4メートルくらいありそうな廊下の広さ・・・・さすが丸ビル。

★先生は腕もいいが経営手腕もいい

11ヶ月ぶりに歯科検診。
丸ビル内にある僕の通う医院が倍の広さに拡張していた。

隣にあった耳鼻咽喉科が
医師が高齢のため閉院せざるを得なくなったのだとか。

検診終了後に院長でもある先生がその辺のいきさつを話してくれた。

治療台も医師も看護師も相応に増やさねばならない。
先生は腕もいいが経営手腕もいいのだ。

入会した絵のサークル名は月曜会

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-15 Mon 21:35:26
★今日のモチーフは植木鉢

今月から入会を決めた絵のサークル名は月曜会。
したがって活動日は月曜日で月2回。
今日は先々週に次いで2回目の教室に行った。

     *

今日のモチーフは植木鉢(の花)。
先生が自転車に乗せて持って来てくれた。
何と親切な・・・・・。

先生はとても熱心に指導してくれる。
ほとんどボランティアに近いのだろうと思うけど・・・・。

16.2.15 モチーフ・結夢のクッキー (1)
今日のモチーフは植木鉢(の花)。
構成のアドバイスを受ける。
16.2.15 モチーフ・結夢のクッキー (9)
3時間近くかけてここまで。

       ☆

16.2.15 モチーフ・結夢のクッキー (20)
小6の孫娘は手作りのソフトクッキー。

★最少記録はお預け・・・・よかったァ

昨日の夕食は娘夫婦にご馳走になった。
帰り際、小6の孫娘が手渡してくれたのがバレンタインデーの贈り物。

昨日ブログには今年は2個と描いたがこれで3個になった。
最少記録はお預け・・・・よかったァ。

“バレンタインデー・チョコ物語”ゴロー編

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-14 Sun 23:41:49
16.2.14花那からチョコレート (8)
8歳の孫娘から手作りチョコが届いた。

★ゴローのバレンタインデー・チョコ物語

8歳の孫娘から手作りチョコが届いた。
婆とひとつずつ食べた。
美味しかった。

      *

今年は2個。
そー言えば婆(妻)からは今年はとうとう来なかったなァ。

社会人になってからこれまで48年。
バレンタインデーの日に不在だった年(7、8回)はゼロとしても、
記憶している限りでは2個はこれまでの最小数だ。

最高は会社員時代の7つぐらい。
それも結婚前でしかもほとんどが義理チョコ。

数は少なくなっても中身は濃くなっているよ。
とくに手作りチョコは(義理にしても)心がこもっているからねェ。
美味しいっすよ。

       ☆

16.2.14花那からチョコレート (15)
歓声は大宮西口前アルシェ1Fのイベントステージからだった。

★行列と歓声はロッカジャポニカ(ワールドピース)のミニ・ライブ&手売り会

大宮西口駅前の東急ハンズへ買い物に行ったら、
どこからかすごい歓声。

何だと思っていたら
ロッカジャポニカ(ワールドピース)のミニ・ライブ&手売り会。

と言っても僕はロッカジャポニカを知らない。
ネットで調べたら・・・・・、

・・・・アイドルグループ“3B junior”から、またまた 新たなユニットが登場した。
その名もロッカジャポニカ。1月27日リリースの
シングル『 ワールドピース』でメジャー・デビューを果たす彼女達は・・・・(ネットより)。

春の陽・水枯れの滝・冬枯れの道

16.2.13 おいらく大磯鷹取山ハイク (29)
正面の山は大山。
16.2.13 おいらく大磯鷹取山ハイク (33)
水枯れ(気味)の霧降の滝。
16.2.13 おいらく大磯鷹取山ハイク (69)
湘南平はぐるり360度の展望。久しぶりに海を見た。
16.2.13 おいらく大磯鷹取山ハイク (68)
暖かさに桜の花も一気に開き始めたみたい。
アカンツス・モリス (葉薊)
休耕田の隅みに濃い緑の大きな葉が茂っていた。
アカンツス・モリス (葉薊・ハアザミ)と教えてくれたのは同行の元大学教授。

★春の陽気に大磯鷹取山から湘南平

雨の予報が大外れの好天で日差しもあたたかなハイキング日和。
東海道線二宮駅集合は8時20分、バスで登山口まで移動。
二宮駅までは上野・東京ラインで我が家から1本で行ける。

      *

鷹取山~霧降の滝~湘南平を歩く5時間コースは
アップダウンも少なく途中には里山も。

湘南のハイキングは初めてだ。
スギの植林の多い秩父の山とは異なり湘南の山は広葉樹が多い。

冬枯れの道をいっぱいの陽を浴びながらハイクを楽しんだ。

岩佐暖選手ワールドカップ5戦で4位…・ガンバレ第6戦

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-12 Fri 19:20:17
  • その他
IMG_9617.png
昨年の世界ジュニア選手権では
日本人の14年ぶりとなる銀メダル。

★ワールドカップで4位

僕の親戚で冬のオリンピック強化選手の岩佐暖選手(神奈川大)の近況が届いた。
種目はスピードスケート・ショートトラック。

岩佐選手は昨年の世界ジュニア選手権で日本人では14年ぶりとなる銀メダルとなり話題となった。

フィギアスケートやジャンプみたいには目立たないけど、
頑張っている姿は一緒だ。

ぜひ、応援を・・・・・・。

        *

先週の金土日にドイツでワールドカップ第5戦が行われ、
岩佐暖選手が1000m決勝で4位となった。

今日から3日間、オランダに舞台を移して第6戦が行われる。
インターネット生中継もやっている。

http://shorttrack.sportresult.com/
 

6本目の挑戦と懸垂下降初体験・・・岩トレ参加3回目

16.2.11 岩トレ日和田山 (21)
今日は岩トレ日和?練習場の岩場が大変な混雑だ。
16.2.11 岩トレ日和田山 (56)
今回は懸垂下降の練習もしてもらえた。
一番左のロープが“おいらく山岳会”の練習ロープ。
16.2.11 岩トレ日和田山 (44)
懸垂下降の岩場の上。

★6本目の挑戦と懸垂下降初体験

“おいらく山岳会”の岩トレに3回目の参加をした。
今回は自分用のハーネス(用具)を用意した。
前2回は会の用具を借りての練習だった。

今日は岩トレ日和?だったのか、
練習場の岩場が大変な混雑だ。
下で順番を待ちながら見上げている人が多い。

そのせいなのかどうかわからないけど、
僕も初めて上まで到達(タッチ)することができた。

3回目の岩トレ、6本目で始めてできたのはどちらかと言えば遅いほうなのだけど・・・、
練習した甲斐はあったというものだ。

       *

今日は懸垂下降の初体験もした。

懸垂下降を覚えておかないと、
連れて行ってもらえない山(コース)があるそうなのだ。

懸垂下降はロープをコントロールする左手を絶対に離してはいけない・・・と注意されていた。
左手を離すということはそのまま落下を意味することで死ぬのだ。

事実数年前のことだが、
この岩場での練習中に2人が死者だ出たらしい。

ところが、下降中に僕はその左手を離してしまったのだ。

「左手を離しちゃダメ<`ヘ´>何をしている<`ヘ´>」
下で見ていた岩場の指導リーダーが叫んでいる。

下でロープを抑えてくれているリーダーがいたからいいものの・・・。

降りてから指導リーダーからきつく注意を受けてしまった。

チョコの中が干し柿…早々とバレンタインデー。初めてのキャンバス張り

16.2.10 キャンバス張り、鴨川の鯉 バレンタインデーチョコ (10)
初めて張った6号キャンバス。

★やってみたら意外と簡単

初めてキャンバス張りをした。
生地と木枠は数年前に買っておいたもの。
それをやっと張ってキャンバスにしたのだ。

やってみたら意外と簡単。
道具も家にあるもので間に合わせ。
もっとも6号の小さなキャンバスだけど・・・。

100号を自分で張っているという女性画家を2人知っているが、
僕はやっと6号を初めて張ったわけ。

キャンバスも出来上がりを買えば6号で1000円以上する。
100号となると力もいるけどお金もいる。
僕も30号くらいまでは自分で張れるようにならねば・・・。

      ☆

16.2.10 キャンバス張り、鴨川の鯉 バレンタインデーチョコ (21)
チョコの中は干し柿。上品な和菓子とセットになっている。
別に干し柿一袋も添えてくれた。

★チョコの中が干し柿

早々とバレンタインデーのチョコが届いた。
贈ってくれたのは娘。

       *

今朝、テレビで一見チョコ風の味噌玉(ボール)を紹介していた。
チョコに飽きたとか余ってしまうような人には実用的で喜ばれているらしい。

娘がくれたチョコも一風変わっている。
チョコの中が干し柿なのだ。

僕が干し柿好きなことを知っていて娘が探してきたらしい。
上品な和菓子とセットでおしゃれなバレンタインを楽しめそうだ

長蛇の列の確定申告相談窓口

★残~ねん!

税務署の確定申告無料相談の窓口へ行った。
知人が、もしかしたら還付金が貰えるかもよ・・・と教えてくれたからだ。

確定申告は定年後に仕事をした2年間分、2回だけしたことがある。
それもe-Tax(インターネット)でやった。
年金のほかに会社からもらう原稿料があったからだ。

原稿料は支払い時に10パーセントの税金を引かれているので、
申告すればいくらか戻ったのだ。
戻ったのはたしか4万円くらいだったかと思う。

       *

今年(今年度)は
住居の売買やらリフォームやらでかなりのお金の出し入れがあった。
申告したほうがいいのかどうかを相談したかったのだ。

税務署の窓口に行ってびっくりだ。
長蛇の列・・・と言っても10数人だが、
係の人に聞くと最低でも2時間は待つとのこと。

後の約束もあるので相談はあきらめた。

       *

そこにいたの申告用紙・パンフを手渡してくれる署員(多分)のお姉さん。

ゴロー××「不動産の親族同士の売買では還付金は出ないと聞いていますが、
リフォームはどうなんですか?」
署員姉××「ローンを組まれました?」
ゴロー××「いいえ」

すると、
お姉さんは何十種類もの書類棚から申告用紙を選んで渡してくれた。

これはもしかして戻るのか・・・と期待したのだけど、
あとでゆっくり書類を読めば
①介護・バイアフリー
②一般断熱改修
の条件がある。
どちらも我が家のリフォームには当てはまらない。
税金還付は難しいようだった。

残~ねん!

16.2.9 税務署・りそな (27)
窓口が長蛇の列で確定申告相談をあきらめた大宮税務署。
16.2.10 キャンバス張り、鴨川の鯉 バレンタインデーチョコ (29)
税金還付は難しいようだ。

       ☆

★新メンバーも加わって・・・・

今年に入って3回目の新橋だ。
いつもの4人組に新メンバー1人が加わり5人で飲んだ。

新メンバーのKさんと僕が会うのは20年ぶりくらいじゃないかなァ。
温和でやさしい人柄はまったく変わっていなかった。

3時間のお喋りは昔話が中心になるけど、
それはそれで楽しい。

いつもながら、
飲んで、食べて一人2300円のお店が安くてありがたい。

img017.jpg
寫眞家から今は陶芸家になったMさんがカメラマン時代の作品をカレンダーに仕上げた。
前回は猪口(を貰う)、今回はカレンダー。創作意欲がまだまだ衰えていないMさんだ。

自転車屋のパンク姉と約束

16.2.4 散歩銀座新橋 (46)
イオン大宮三橋店3階の自転車屋さん。

★150円で直してくれた

自転車がパンクしていた。
原因は不明。

幸い歩いて200メートルほどのイオンの中にい自転車屋がある。
聞けばパンクも直すというから、早速持って行った。

      *

イオンの自転車屋さんは若い女性だ。
主婦のパートが多いと思われる店員さんの中ではのことだが。

それでも女性のパンク修理は初めてだ。

ゴロー××「あのー、前のタイヤがパンクなんですけど・・・」
パンク姉××「チューブ出して調べます?
出してしまうとパンクしてなくても300円の料金が発生してしまいますよ」

一瞬、僕的には何のことだか分からなかった。
何しろタイヤはぺちゃんこなのだから。

       *

ゴロー××「チューブは前も後ろも交換してからまだそんなに経ってないから、
交換までしなくてもいいかなァ・・・って思いますけど」

チューブを交換すると2000~3000円かかってしまうので
僕がしどろもどろにそんな返事をした。

すると
パンク姉はさっさと空気入れ口からバルブを外した。

パンク姉××「バルブが切れてますね。
これだと空気が少しずつ漏れてパンクと同じ状態になります。
原因はこれだと思いますので、
いったん様子を見てまた抜けるようでしたら来てください」。

そう言ってパンク姉はバルブを交換してタイヤに空気を入れた。

ゴロー××「おいくらですか?」
パンク姉××「150円(税込)です」

これまで何度となく自転車へ行ったが、
150円で済んだ修理は初めてだ。

       *

ゴロー××「自転車は古くてボロですけど、
これだとどこに置いて鍵もかけないでほったらかしにしても
持って行く人がいないので便利なんですよ」

パンク姉××「前かごだけでも新しくすればずいぶん違いますよ」
ゴロー××「そうですね、幾らなんですか?」

パンク姉××「そこに並んでいるのが700円からです」
ゴロー××「次にします。自転車古いですからね。
新しい自転車を買うときはここで買いますから・・・・・」

安くて正直そうな自転車屋のお姉さんについそんな約束をしてしまった。

公園と公苑・・・・・・大宮花の丘農林公苑

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-07 Sun 21:17:00
16.2.7 花の丘公園 (17)
公園内の各所に置かれている植木鉢の人形。
それぞれ表情があるようで見ているとそれなりに面白い。
16.2.7 花の丘公園 (3)
11.3ヘクタールの敷地のうち半分がお花畑。
桜、チューリップ、サルビア、ラベンダー、ポピー、コスモス
・・・・季節ごとに見事なお花畑が出現する。
16.2.7 花の丘公園 (12)
管理事務所を兼ねている“緑のふるさとセンター”内に掲示されていた公園利用者アンケート。
年齢では63パーセントがに60~70歳・・・・・やっぱりだァ。

★公園と公苑

5歳になったばかりの孫と花の丘公園に行った。
正確には“大宮花の丘農林公苑”だ。

公園と公苑の違いは何だと思ってネットで調べてみた。

※公苑は、狩場(パーク)や里山などの共有地が発展したもので、
公園は、庭園(パブリックガーデン)から発展したものだそうです。
つまり、公苑はpark、公園はgardenがルーツなのです。

・・・と誰かのブログにあった。

      *

冷たい風が吹く中、
孫は元気に走り回っていたが、
花のない花の丘はちと寂しい。

季節がらローバイの香りでも楽しめるかと思ったが、
咲いていたのはパンジーと青紫の花が花壇に植えこんであったのみ。

そー言えば、梅の木もなかったなァ。

超久しぶりにハゼのテンプラ

★今日1日のこと

①散歩の風景=埼京線の線路が見える。
②図書館で2時間=たけしの本を読む。「私は・・・」を借りる。
③新橋に出る=腹黒屋とい店名の居酒屋を発見。
④新年会で3時間=四国のアンテナショップにてスキューバ仲間の新年会。 
超久しぶりにハゼのテンプラを食べる。

16.2.6散歩・新橋・図書館 (3)
①散歩の風景=埼京線の線路が見える。
16.2.6散歩・新橋・図書館 (35)
②図書館で2時間=たけしの本を読む。「私は・・・」を借りる。
16.2.6散歩・新橋・図書館 (47)
③新橋に出る=腹黒屋とい店名の居酒屋を発見。
16.2.6散歩・新橋・図書館 (51)
④新年会で3時間=四国のアンテナショップにてスキューバ仲間の新年会。 
超久しぶりにハゼのテンプラを食べる。

ガードレールサークルを発見・・・・・・・トマソン的風景。春の訪れ

16.2.5 梅開花 (2)
芝地を囲む道路は国道17号(バイパス)と県道2号線。
16.2.5 梅開花 (4)
これはガードレールサークルなのでは?

★ガードレールサークルを発見・・・・・・・トマソン的風景

ガードレールに囲まれた歩道橋の下の芝地。
橋脚の一本にガードレールサークルが・・・・・。

芝地を囲む道路は国道17号(バイパス)と県道2号線。
どちらも交通量が多い。
この芝地に人は渡らないし、渡ることもできない。

このガードレールサークルの役割は?

※トマソン的風景=故赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。
不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物(中略)。
その中には、かつては役に立っていたものもあるし、
そもそも作った意図が分からないものもある。
超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)はなく、
ただ鑑賞する者だけが存在する(ウキペディア)。

       ☆

★春の訪れ・・・・今日の散歩
16.2.5 梅開花 (6)
白梅。
16.2.5 梅開花 (12)
ボケ。
16.2.5 梅開花 (15)
紅梅。

強い薬はやめるほうがいい。烏丸通り

16.2.4 散歩銀座新橋 (7)
久しぶりに行ったら待合室などのレイアウトがすっかり変わっていた。
ここの待合室は明るくて待っているのが苦にならない。
事務のテーブルも仕切りがなくてごく友好的。
室内に薬局も併設していてその場で薬がもらえる。
僕の保険証には緑の高齢受給も加わって2割負担となり、
今日の診察代金は薬代を含めて1270円(漢方l薬1か月分と睡眠薬20日分)と安い。
img013.jpg
待合室では自分で視力検査、体脂肪、血圧が測れる。
視力が落ちているのにビックリ。
左が老眼鏡を掛けた視力で中が外した視力。
遠視なので視力検査機では眼鏡をかけていたほうが悪くなるみたい。

★診察からマラソン談義へ

継続してに飲み続けている逆流性食堂炎の薬を貰いに行った。
診察医師との対話

ゴロー××「先生、いつもの薬がなくなったんで貰いにきました」
先生××「調子はどうですか?」
ゴロー××「いいです」
先生××「血圧も問題ないですね」
ゴロー××「薬なんですけど、いま貰っている薬(R)、自分でだんだん量を減らしていって、
いまは10ミリを一日置きに飲んでいるんですけどいいですか?
それと間の一日は先生からいただいた漢方の胃薬を飲んでいます」
先生××「飲んでいるRは強い薬ですからやめるのはいいことですよ。
胃酸が出るのを抑えてしまうんですよ」
ゴロー××「じゃ、そうさせてもらってしばらく様子をみます」
    *
先生××「今は何をしているの?」
ゴロー××「そーですね・・・・散歩したり、本読んだり、それにハイキングと民謡、絵も描いたりします。
あと、年に1、2回くらいのゴルフとスキューバ、シーズンに何回か釣りですかね」
先生××「スキューバもするの?いろいろやるんだ」
ゴロー××「時間つぶしみたいなものです。
それに自分じゃ何もできないんです。
友達が誘ってくれるからそれについて行くだけなんですよ。連れてってもらっているんです」
先生××「仕事は何していたの?」
ゴロー××「サラリーマンです。出版社で雑誌の編集などしていました。
マラソンとかゴルフ雑誌とか。最後は営業でしたけど」
先生××「マラソンは僕もやっていたね。走友会の面倒を見ていてランナーズに紹介されたこともあるよ」
ゴロー××「そうなんですか。じゃ、先生も走っていたんだ」
先生××「君は今でも走っているの?」
ゴロー××「いえ、今はもう走っていません。散歩だけです。
でもマラソンはフルだけでも30回くらいは走りました」
先生××「そりゃすごい・・・・・・」
     ・
     ・
     ・
診察が思わぬマラソン談義になってしまった。
次の患者に悪いのでそうそう失礼したが、
次回の診察が待ち遠しくなったりして・・・・・。

       ☆

16.2.4 散歩銀座新橋 (71)
烏森神社のある前の細い路地の飲み屋の灯り。

★新橋烏丸で1杯

新橋の烏丸神社の前の路地の飲み屋街。
細く狭苦しい路地の中の狭苦しくも安いと評判の店で1杯。

新橋らしくてすっかり好きな路地となっている。
モチ、行きつけ(と言っても年に1、2回)の店もだけど。

できれば月に一度くらいはこの灯りに触れたいね。
気の置けない友との語らいも味わい深いものになるし。

       ☆

img011.jpg
エッセイはこうあらねばならぬと言っていいほど秀逸、しかも面白い。

★本「巨泉日記」大橋巨泉

2000年に発行された本だけど内容は全然古くない。
要するに政治も経済も日本は停滞したままだということだ。

週刊現代に連載されていた著者のエッセイ「内遊外歓」の単行本化したもの。
巨泉の鋭い意見は多くの人に支持されたようだ。

エッセイはこうあらねばならぬと言っていいほど秀逸、しかも面白い。
巨泉だから書けたのだろうけど・・・・。

本もトークも面白い大橋巨泉。本「暁の旅人」

CIMG5223.jpg
1時間以上の長い番組だったけれど、面白くて最後まで見てしまった。

★本もトークも面白い大橋巨泉

You Tubeで1990年放映のテレビ番組
“世界まるごとHOWマッチ”の最終回を見た(2013年に放映されたも)。

1時間以上の長い番組だったけれど、
面白くて最後まで見てしまった。

     *

実はその前に大橋巨泉の出演するトーク番組を見ていた。
これも面白くて何本も見た。

“巨泉日記”を読んでいたら彼のトークを聞きたくなったのだ。
そんな時にもYou Tubeはとても便利でありがたい。

“巨泉日記”は明日読み終える予定。

       ☆

16.2.3 本「暁の旅人」 (5)
松本良順の生い立ちから晩年まで、よくわかった。

★本「暁の旅人」 吉村昭

旅人とは明治維新前後に活躍した医師・松本良順のことだ。
松本良順のことについては幕末の医師というぐらいしか知らなかった。

実際にどんなことをした人なのか、
生い立ちから晩年までよくわかった。

退会したその年に・・・・・大先輩逝く。住民専用?の公園

2013041921473368a[1]
Tさんが“季風会”に出品された最後の作品。

★やさしくユーモアあふれる大先輩

季風会(僕の所属する絵の会)の大先輩の訃報が入った。
Tさんは設立43年になる会に古くから活躍していたひとりだ。
やさしく落ち着いた人でユーモアにもあふれていた。

それでいて仲間の作品にも甘い批評はしない。
だからたまにTさんから好意的な批評をされたりすると
僕は嬉しかったものだ。

一昨年体調を崩され、
作品が描けないということで昨年退会した。
退会したその年に逝かれてしまった。

合掌。

         ☆

CIMG5208.jpg
寝転がってもいいようなベンチが4つ(2×2)。

★住民専用?の公園

瑕疵修繕工事が終わって、
工事を請け負った建設会社の資材置き場にされていた公園が全貌を表した。

小さな公園だが、
団地の中からしか入ってこられない。

入口が写眞正面の木の間にしかない。
あとは4方ともに金網に囲まれている。

つまり団地の住民専用みたいな公園なのだ。

       *

ずっと以前は使われたであろう砂場(多分)も
今は砂もすっかり固くなっていて芝か草が生えている。

陽気がいい日などは寝転がってもいいようなベンチが4つ(2×2)。
春になったら空を見上げながら本でも読むか・・・・・。

“基本が大切”・・・と指導を受けて

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-02-01 Mon 21:35:29
img010_2016020121334155b.jpg
人物画を描くのは難しい。先生がタッチに手を入れてくれた。

★絵も唄(民謡)も基本が大切・・・と指導を受けて

民謡教室(筑静会)の仲間のYさんは画家だ。
唄も三味線も上手いが絵はプロだ。
今年の日展では特選を受賞した。

そのYさんが主宰する絵画教室を見学に行った。

僕の絵がちっとも進歩しないのは基本ができていないからだ。
(民謡の先生にも稽古で唄い終わったあと
「ゴローさん、唄(音楽)は基本が大切なのだ」と言われたことがある。
そー言えば、ゴルフも泳ぎも・・・)

そんなこともあって絵のほうは
Y先生の教室に通うかどうか考えているのだ。

       *

9時に教室の開かれるアトリエ、大宮工房館へ行った。
Y先生は「せっかく来たのだか描きなさい」とイーゼルをセットくれた。

       ☆

16.2.1 カラス (6)
同じ高さでカラスをデジカメ。

★同じ高さでカラス

昼食後に大宮西口のマックでコーヒー。
ソニックシティを眺めながら本を読んで過ごす時間は至福。

剪定された街路樹のカラス。
同じ高さでカラスをデジカメできるのも嬉しいね。

Index of all entries

Home > 2016年02月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top