FC2ブログ

Home > 2016年05月

2016年05月 Archive

今日の夕食はパブリカドリア

16.5.31 パブリカドリア (9)
今日の夕食はパブリカドリア。

★初めてのメニュー・初めての食材

昨年9月に引っ越し、妻と2人暮らしになってから、
夕食の支度はもっぱら僕の仕事になっている。

メニューから買い物、食後の片づけまでオールこなす。

もともと料理するのは嫌いではないし、
勤務時代の単身赴任中も外食はせずに毎夜ご飯は炊いていた。

        *

今は、メニューを決めたらパソコンでレシピを探し、
だいたいその通りに作れば美味しく出来上がる。

今日はパブリカドリアと肉豆腐を作った。

パブリカは娘が持ってきてくれたものだ。
娘からグラタンを作ると美味しいと言われてやってみた。

ところがマカロニのことをすっかり忘れていた。
そこで、炊きたてのご飯を材料にドリアにしたのだ。

        *

作るメニューには初めてがけっこう多い。
スーパーでは初めて見るというか買う食材も。
いや、これまでは無関心でまったく気づかずにいたのだ(多分)。

調味料などは醤油のほか味の素、
塩とコショーくらいしか使ったことがなかったが、
何種類か買い揃えた・・・・というか買い溜まった。

チケット入手始末。本「百歳ゆきゆきて」宇野千代

16.5.30 みどりの窓口チケット購入 (1)
みどりの窓口(大宮駅)。奥はびゅうプラザ。
img063.jpg
Famiパス。ファミリーマート発券のスカイライナーのチケット。

★チケット入手始末

来月23日からの山行、青森の八甲田山と岩木山の申し込みにキャンセルが出たらしい。
ただし、往復の新幹線がすでに満席かもしれないとのこと。

すぐに大宮駅のみどりの窓口へ向かった。
3割引きのジパング倶楽部のチケットは窓口でしか入手できないのだ。

        *

みどり××「一枚だけありましたけど3人掛けの中の席ですけどいいですか」
ゴロー××「乗れればどこでもいいよ」

みどり××「帰りは窓側がひとつ空いていますけど・・・・」
ゴロー××「そこでいいです」

急いだ功があったァ。

         *

3日の京成成田行きのチケットをネットで予約していた。
予約チケットを入手するにはファミリーマートへ行かねばならない。

“ファミリーマートでの購入時は、ファミリーマート店舗内に設置の端末、
「Famiポート」をご利用いただきます”

・・・・・・・と言うわけなのだ。みどりの窓口の帰りにファミリーマートを探したのだけど、
大宮駅周辺では見つからない。

我が家から直線で1~2㎞圏内にファミマが2軒ある。
今日中にと言うわけではないけれど、
すぐに我が家へUターンした。

        ☆

img064.jpg
1897 ー1996年、波乱万丈の100年。

★本「百歳ゆきゆきて」宇野千代

百歳は“ももとせ”とふりがながふってある。
2002年に発行されている本だが、
長年の著者のエッセイや思い出話が収録されている。

華やかな結婚遍歴、
小説・随筆家、デザイナー・・・・なども。

基本は大切・・・・絵の指導を受ける。バブル期の豪華旅行とその家族

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-29 Sun 20:33:08
★基本は大切

絵の教室の先生のアトリエへ行く。

       *

このところ欠席続きの絵の教室。
なぜか予定が重なったり急用が入ったり。

先生がアトリエに来れば見てくれるというので、
数点のパステルと水彩画を持って見てもらいに行ったのだ。

構成とバランスについて特に修正された。
絵の要素、多色使用についての指導を受けた。

やっぱり基本は大切・・・・・学ばなければ。

16.5.29修正パステル画と ハイツの面々 (9)
構成を修正、遠景の描き方について指導を受ける。
16.5.29修正パステル画と ハイツの面々 (15)
4月に描いた堤の桜。
遠景の描き方と花びら生かすテクニックの指導を受ける。

        ☆

★バブル期の豪華旅行とその家族

僕が埼玉のこの地に引っ越してきたのは40年前のこと。
当初10年は戸数78の集合住宅(マンション)に住んだ。

子供が同年齢で仲良くなった家が数件。
毎年、一緒に家族旅行したり温泉に行ったりしていた。

富津へ潮干狩り、上高地、山形へサクランボ狩り、高山、蔵王・・・・・。
当時はバブルの真っ最中、
運転手付きのデラックスバスで泊りがけの豪華旅行だった。

       *

今日、その仲良し4家族(夫婦)が30年ぶりに集まった。
15年、20年ぶりという人もいるが、
一同に会したのは30年ぶりになる。

バブル期の華やかな旅行の思い出話をサカナに5時間。
もっとも、お酒(ビール)を飲んだのは僕だけだったけど・・・・。

義兄を偲ぶ

16.5.28 偲ぶ会 (88)
偲ぶ会を終えて富久クロス43階の談話室で。
16.5.28 偲ぶ会 (22)
近くの“大宗寺”で法要。
大宗寺には江戸六地蔵、閻魔像ほかたくさんの文化財がある。
珍しいのは塩かけ地蔵。別名いぼ取り地蔵と呼ばれている。
なお、傷やケガにもいいそうだ。

★義兄を偲ぶ会

3月末に逝った義兄を偲ぶ会が行われた。
会場は新宿御苑近くの富久クロス44階パーティーラウンジ。
兄弟姉妹と子供たち20名ほどが集まり故人を偲んだ。

早くもコスモスほか・・・・・散歩4景

★早くもコスモスほか・・・・散歩の4景

このところ週に3、4回はこなす朝の散歩。
2、3のコースを作ってなるべく飽きないようにしているのだが・・・。

まァ、たとえ同じところを歩いていても、
景色には飽きないものだ。

季節によって葉の色は変わるし、
落とし物などもあったりして・・・・・・。

16.5.26 早くもコスモス (17)
早くもコスモスが咲き始めた。
農家の前のコスモス畑。
        *
16..4.20 岩トレ日和田山  (8)
ずっと置かれているので景色になじんでしまった?破棄バイク。
        *
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (4)
バイクの手袋。片手だけ落として行ってしまった?
        *
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (13)
これははたして落とし物か?それとも捨てたものか?
3000円のプリベイトカード。
残金はあるのかゼロか不明。

お喋りで時間が経つのを忘れる・・・・歓談2件

★お喋りで時間が経つのを忘れる

今日は歓談が2件。

①昼食しながらのお喋りは
昨年、僕が退会した馬宮郷土史同好会の新会長になられたTさんと。
会報の最新号を頂き、2時間の談笑。

②夕方新橋のSL前広場で待ち合わせたのはいつものメンバー。
会社勤め時代の仲間5人だ。
こちらは居酒屋で3時間。

どちらもお喋りで時間が経つのを忘れてしまうほど。

       ☆

15.5.26 散歩の道 (4)
民間会社が管理しているみたい。
この公園で人の姿を見た事はない。
今日はハトが一羽。
15.5.26 散歩の道 (19)
鴨川沿いの未舗装道路の面してある。
今は草が生い茂り公園にたどり着くまでが・・・・。
15.5.26 散歩の道 (17)
赤くなった草の葉がきれい。

★ゆっくりと本でも読みたいベンチ

散歩道の途中にある小公園のベンチ。
通るたびにいつか座って本でも読みたいと思うのだ。

「ゴローさんはいつ床屋へ行ったのですか?」。前歯がぐらついて・・・。

16.5.25 サンキュー床屋 (2)
早くて安いサンキュー。我が家から自転車で5、6分。

★「3ヶ月分切って」

Oさん××「ゴローさんはいつ床屋へ行ったのですか?」。
先週の土曜日、ハイクを終えてから反省会を行った中華屋さんで、
自己紹介を終えた後に受けた質問だ。

ゴロー××「2ヶ月ぐらい前ですかねェ。僕は3ヶ月ごとに行くもんですから・・・」

挨拶の内容よりは関心はボサボサの白髪頭にあったようだ。
Oさん××「そのような白髪になるまでにはどれくらいかかるの?」

ゴロー××「もう前から白髪ありましたから。ずっと染めていたんですよ。
金髪にしていたこともあります。
3年ほど前に突然、染めるのをやめたから真っ白になった頭を見て、
ゴローさんはずいぶん苦労されたんですねなんて言われたりしました」

       *

ボサボサの白髪頭が貧乏臭く見えるのは(実際そうなのだから)いいとして、
周りの人たちを不愉快にするのでは反省しなくては・・・・。

というわけで、今日は床屋さんに行った。
そこで、やっぱり注文は
ゴロー××「3ヶ月分切って」
床屋さん××「ハイ」

       ☆

img062.jpg
M先生ご夫妻は10年ほど前、ボーイスカウト仲間だった。

★先生は素早く治療を終えてくれた

一月ほど前から差し歯の前歯が少しぐらぐらしている。
3年ほど前にラオスの歯医者さんで治療した歯だ。

ある日突然、前触れもなく元から折れてしまったのだ。

ラオスの歯医者さんは若く腕もよさそうで、
しっかりと差し歯の治療をしてくれたのだが・・・・。

        *

僕が45年も通い続けている歯医者さんは東京駅まで出なくてはならない。

もし、接着し直しくらいで済むのなら・・・・・と、
今回は近所の歯医者さんに行くことにした。

家から歩いて2分もかからないところに歯医者さんはあるのだが、
実は前々からこんな時に行きたいと思っていた歯医者さんがあった。

それは自転車で10分ほどのM歯科医院。

じつはM先生ご夫妻が(昔の)ボーイスカウト仲間だった。
ご子息がスカウトでご夫妻が役員として活動のお手伝いをしてくれていた。

10年ほど前のことだ。
Mご夫妻は子供たち(スカウト)たちにやさしく、隊の活動に熱心に協力してくれた。

その頃から、
いつか歯医者さんを変えることがあったら行こうと決めていた。

        *

忙しい中、M先生は素早く治療を終えた。
思った通り(の腕前)なのだ。

帰りがけには奥さんも挨拶に顔を出してくれた。
奥さん××「娘さんはお元気ですか?」

ゴロ―××「元気でいます。この近くに住んでいますから、
今度、寄るように言っておきます」

そー言えば娘の息子(僕の孫)も同じころ入隊していて、
2人ともデンマザー(役員)として知り合いだったのだ。

驚きのドリンクバー付きカラオケ330円!仰天の都美若冲行列!

1 16.5.24 上野・池袋高校同期会反省会カラオケなど (47)
日府展では僕が今日一番最初の入場者となった。
右から2番目が知人の出品作『騎龍天神 3.12』。
2 16.5.24 上野・池袋高校同期会反省会カラオケなど (50)
左が若冲展行列の一部。右は上野動物園特設入場口(正門工事のため)へ向かう幼稚園児。
3 16.5.24 上野・池袋高校同期会反省会カラオケなど (67)
帰りに寄った〈入場せず)国立西洋美術館。
建物の外観ととロダンの彫刻など数点を鑑賞するのはタダ。

★開館前から2時間待ち・・・・・若冲展に仰天の行列!

上野の東京都美術館へ行った。
知人が出品している日府展に行ったのだ。
9時半に会場が開く。

少し早めに着いたのだが、
上野駅公園口を下りたところからすでに人の賑わい。

今日は平日なのに、
朝から太陽が熱いのにこの人出は何なのだ。

      *

公園口を出てすぐは国立西洋美術館。
ここもすでに人が建物をぐるりと回りを囲むように行列が・・・。

そー言えばル・コルビジェが設計したこの建物は近々世界遺産の登録が決まった。
しかし、行列はそのせいでもなさそうだ。

何となれば建物は外からでも十分に鑑賞できる。

       *

目的の東京都美術館の前はさらにすごい。
入場開始前にすでに2時間待ち。
仰天の行列だ!

こちらでは若冲展をやっていた。

       *

僕は並ぶ行列をかき分けるように美術館入口へ向かった
・・・・・・・ちょっとオーバーかなァ。

       ☆

4 16.5.24 上野・池袋高校同期会反省会カラオケなど (101)
1時間、ドリンクバーでソフトドリンク飲み放題付きで何と(^◇^)ひとり330円。

★驚きのドリンクバー付きカラオケ330円!

池袋の喫茶店で3月26日に行った高校同期会の幹事反省会を行った。
まァ、会計報告と清算なのだけど、
楽しいお喋りがしたい・・・・が本音なのかもと言ったところ。

反省会の後は西武デパートの屋上レストランで昼食。
楽しい時間はなるべく引っ張るということで、
さらにそのあとカラオケへ。

池袋東口駅前のビルの6階のカラオケ歌広場。
1時間、ドリンクバーでソフトドリンク飲み放題付きで、
何と(^◇^)ひとり330円。

「安い!」
僕は思わず叫んだ。

叫んでしまったのは僕が安いの大好人間だからなのだ。
十数年前、最初にダイソーの100均を知った時と同じくらいの仰天度だった。

先ほど打ち合わせで入った喫茶店のコーヒーが800円、
昼食時に飲んだビールの小瓶が640円
・・・・・のあまりの高さに衝撃を受けたばかりだったという理由もある。

       *

というわけで仰天2連発の今日であった。

クイズ・・・・アシが倒れている理由は?(三択)

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-23 Mon 19:56:39
  • クイズ
16.5.23 散歩クイズブログ用 (29)
アシが倒れている理由は?

★クイズ・・・・・・アシが倒れている理由は?(三択)

調整池の遊歩道(木道・新建材)の上に両サイドのアシが倒れています。
なぜでしょう?
※答えは今日のブログの最後

①朝露に濡れるから
②葉が茂って木道が見えず危険だから
③子供の遊び(いたずら)

       ☆

16.5.23 散歩クイズブログ用 (41)
冤罪事件はどのように作られるのかがよくわかる。

★映画「日本の黒い夏 冤罪」 2000年 熊井啓監督

松本サリン事件で当初犯人扱いされた河野義行さんを通して
冤罪事件はどのように作られるのかを検証するような内容。

警察の思い込みや決めつけで自白を強要、
マスコミがさらに補強して犯人に仕立て上げる構造。

日本映画批評家大賞 作品賞を受賞。

         ☆

16.5.23 散歩クイズブログ用 (11)
朝露をいっぱいにため込んでいるアシ。

※クイズの答え・・・・・・・①

ぶつかるゥ~、うなされて・・・・・夢2題

【夢を見ていて目が覚めることはよくある。
その時は夢の内容を覚えているが、朝になると忘れている。
あるいは夢を見たということは覚えていても、内容のことは全く思い出せない。
そこで、見た夢をその場でメモってみようと思い立ってできたカテゴリーが
夢(ドリーム・オフ)なのだ。
夢の内容なんて支離滅裂で思っても見ない事柄が多い】

★ぶつかるゥ~・・・・・夢①“駐車場でのトラブル”

車を車庫に入れた。
ところが地面が前方向に傾斜しているらしく、
車は自然と前に進み出て対面に駐車していた車に追突してしまう。
自分は車から降りる際にブレーキ掛け確認していたはずなのに何てこった<`ヘ´>。
しかも車は反動でバックしてきた。
それが駐車中のこちら側に駐車中の車に後ろから(ぶつかるゥ~
・・・・と焦ったところで目が覚めた。

        *

★うなされて起こされる・・・・・夢②“ヌンチャクの闘い”

ヌンチャクを振り回し一対一で敵と戦っている。
僕はだんだんに追い詰められ形勢不利。
助けを呼ぶため何か叫ぼうとするのだが声が出ない。
そんな状態でますます苦境に。
相手に抑え込まれもうだめだと思った瞬間
・・・・・・・そこで隣に寝ていた妻に起こされた。
かなり苦しそうなうな声でうなされていたそうだ。

Tシャツ1枚歩きの暖かさ

★Tシャツ1枚歩きの暖かさ

Bクラス、8時間歩行予定の山行に参加した。
結果は5山を終えたところ、歩行6時間半足らずで下山となった。

低山とはいえ6つの山(高岩山→上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山→大塚山)
を越えるには途中で時間不足がわかり、リーダーの判断で最後の大塚山をカットしたのだ。

        *

お天気も良く汗ばむほどの暖かさ。
Tシャツ1枚で歩くことができた。
持って行った1250mlの水も完飲。

山行中もいいもんだが、下山後の反省会も楽しい。
一杯が旨いねェ。

参加者はリーダーも含めて13人だった。

16.5.21 山行 上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山 (51)
大岳山(1267m)は奥多摩三山大岳山のひとつ。他の二山は御前山(1405m)三頭山(1531m)。
16.5.21 山行 上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山 (3)
登山口の大岳鍾乳洞入口・養澤神社に巨木の切り株が・・・。午前9時入山。
16.5.21 山行 上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山 (29)
高岩山付近から見た御岳山山頂。
16.5.21 山行 上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山 (54)
鍋割山で小休止。
16.5.21 山行 上高岩山→大岳山→鍋割山→御岳山 (90)
御岳山の名木・巨木“神代欅”。

物を大切にする心ほか・・・・・・今日の3ショット

16.5.20 ブログ用散歩 (6)
①物を大切にする心・・・・・公民館のソファ。
16.5.20 ブログ用散歩 (18)
②なぜだ?・・・・逃げないカモ 。
16.5.20 ブログ用散歩 (4)
③緑と茶・・・・・枯れ始めた大木

★物を大切にする心ほか・・・・・・今日の3ショット

①物を大切にする心・・・・・公民館のソファ

ほころびを繕っているのがいいね。
物は大事にしゃなきゃ。

図書館も支所もスポーツジムもホールもある西部文化センターには
子供からお年寄りまでが来る。

このソファに座って物を大切にする心・・・・・学べるかなァ?

        *

②なぜだ?・・・・逃げないカモ

5メートルと離れていないカモが逃げない。
立ち止まってカメラを向けても逃げない。

なぜだ?

一羽だけで近くに仲間がいないのも珍しいが・・・・。
しばらくして耕運機がやってきた音でやっとこさ逃げていった。

        *

③緑と茶・・・・・枯れ始めた大木

先日紹介した枯れ始めた大木。

周囲の緑が濃くなり、
枯れ始めた大木の茶色が濃くなって、
ますますはっきり分かるようになった。

早くも紫陽花。本「大江戸釣客伝」夢枕獏

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-19 Thu 21:59:57
16.5.19 ブログ用の花と本 (3)
白い色がひときわあざやかだった紫陽花(よその家の庭)。

★早くも紫陽花

早くも紫陽花が咲き始めた。
散歩中の途中の家のフェンスから道にはみ出していた紫陽花の花。

今年になって初めて見る紫陽花。
多分、このあたりではどこよりも早いのではなかろうか。

これからしばらくは散歩中に
よその家の庭に咲く紫陽花を見つけるのが楽しみだ。

      ☆

16.5.19 ブログ用の花と本 (10)
この本は2011年から12年にかけて3つの大きな文学賞を受けた。

★本「大江戸釣客伝」 夢枕獏

徳川綱吉、水戸光圀、紀伊国屋文左衛門、
其角(芭蕉の一番弟子)、英一蝶、吉良上野介らの登場人物。
生類憐みの令、赤穂浪士の討ち入り事件がからむとてつもなく面白い物語。

面白いはずだ。
この本は2011年に
第39回泉鏡花文学賞受賞
同じく第5回舟橋聖一文学賞を受賞。
2012年には
第46回吉川英治文学賞受賞。
と3つの大きな文学賞をもらっていた作品なのだ。

天気が良くて逆さ釣り人

★逆さ釣り人・・・・・癒しの風景
16.5.18 散歩の風景 (4)
今日は天気が良くて釣り人も逆さに?



この駅名はナンジャイ?・・・・面白写真館

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-17 Tue 21:20:33
  • その他
★面白写真館
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (82)
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (102)
この駅名はナンジャイ?
昨日乗った上信電鉄の途中駅で・・・。
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (97)
ホームの待合室に座布団が・・・。
ローカル駅のあたたかさを感じます(千平駅)。
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (94)
忘れ物それとも落とし物?
鉄道関係の仕事をしている人の帽子?(千平駅)。

カラビナ実践初体験の鍬柄岳

★カラビナ実践は初体験

「鍬柄岳から大桁山」(群馬県)の山行に参加した。

場所は群馬県の下仁田。
駅から登山口まではタクシーだ。

鍬柄岳は低山だが、最後の登り50メートルほどが岩場で鎖場だ。
山頂からは360度見渡せる眺望がすばらしいらしいのだが、
あいにく今日はガスっていて何も見えない。

おいらく山岳会に入会してハーネスとかヘルメット、スリング、カラビナ、軍手を準備しての山行は初めてだ。
(日和田山の岩トレは山行ではないので別)。

僕的には一人での岩場は経験済みだが、
このような準備をして、パーティでの鎖場挑戦は初めてだ。

       *

鎖は何ヶ所も鉄杭で留めてあるが、
繋ぐと100㍍にもなるのだとか(ネットより)。


鎖場に取つく前には4㍍ロープでハーネスをつくり、
スリングにカラビナを身に着ける。

リーダーに教わりながら、手伝ってもらいながらの装備装着だった。

ガスのおかげで見通しが悪くせっかくの眺望も眺められなかったが、
カラビナの実践など多くの体験をした山行だった。

16.5.16 鍬柄山・大桁山 (33)
鍬柄岳岩場(鎖場)のとりつき場所。
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (24)
ガスに包まれて山頂からの眺望はなし。
16.5.16 鍬柄山・大桁山 (60)
隣の大桁山。リーダーの計画通りの山行終了で3時半前に下山。

ゴツン…アッ痛!が4回。バラvsポピー

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-15 Sun 21:06:35
  • 体験
★ゴツン…アッ痛!が4回

そそっかしいのが治らない。
わずか1時間の間に、4回も頭をぶつけた。

今日は月1回の団地内の清掃日。
植込みの草を抜いたり、
建物の周りのゴミ掃除をしたり。

9時から始まり10時に終わった、
その間、4度も痛い思いをしたのだ。

夜道に10円玉を拾ったことが何度もあるという僕は、
いつも下を歩いているのだ・・・・・多分。

明日のハイクは鎖場があるというから、
気をつけねば。

CIMG0717.jpg
草を抜きながら頭をぶつけた消火栓。
CIMG0720_20160515203548705.jpg
新聞受けの軒先には往復(左右)2度。
CIMG0722.jpg
階段下の斜めの天井にゴツン…アッ痛!

         ☆

★バラvsポピー

バラが満開と聞いて与野公園へ行った。
午後も4時半を回ったのに、
まだ駐車の車が並んでいる。

車を近くのレストランに止めて、
大急ぎで写真を撮った。

一目千本という桜の名所があるが、
与野公園のバラは一目3000株だ。

         *

与野公園の満開の桜を見て、
花の丘公園のポピーが気になった。

・・・・・で、急きょ車を花の丘公園に向けて走らせた。

こちらの駐車場はまだ空きがある。
って言うか公園で花を楽しんでいる人が少ない。

でも、ポピーはきれいだし、
ゆっくりと園内を散策できた。

バラvsポピーどっちに軍配が・・・・。

CIMG0739.jpg
一目3千株の与野公園のバラ。
CIMG0770.jpg
青い矢車草も参戦?見事な花の丘公園のポピー。

新宿駅新南口は東京の新名所かも。楽しかったひと時。ジャムの話

CIMG0708.jpg
旧雑誌編集スタッフ同窓会会場の居酒屋「ぼでこん亭」はGoo!

★楽しかったひと時・・・・・「ぼでこん亭」はGoo!

勤務時代の仕事仲間、雑誌編集部員の同窓会。
もう何回か開かれているのだが僕は初参加。
今日は9人が出席して新宿末廣亭前の「ぼこてん亭」が会場。

雑誌が休刊になってもう35年以上は経つ。
休刊後には早期退社、定年、仕事を続けている人などさまざま。

それが、35年も経って再び一堂に会せるなど夢みたいな話だ。
9人の中には30年ぶりかそれ以上に久々の人もいる。

会場の「ぼこてん亭」は料理もGoo!
懐かしい話を楽しんだ3時間だった。

        ☆

CIMG0665.jpg
新宿駅新南口歩行者広場は超Goo!

★東京の新名所かも

新宿駅新南口歩行者広場は超Goo!

この春開業した新宿駅新南口から初めて下りた。
改札口前の歩行者広場(2,、3階とも)がいい。

線路をまたぐので、走る電車を上から眺められる眺望がGoo!
ベンチなど座る場所がたくさん設置されていて、
歩行者が休める、ゆっくりできるがGoo!

今日はお天気も良く暖かかったので母子連れが何組も・・・。
新宿のいや東京の新名所かも・・・・・。

       ☆

CIMG0632_20160515152356bb7.jpg
頂いた手作りジャムの美味しさが感動的!

★ジャムの話・・・・濃厚で香り良く、粒生きで新鮮な甘さ

妻が知人からいただいてきた手作りの苺ジャム。
濃厚で香り良く、粒生きで新鮮な甘さ。

メチャ旨い。
その美味しさは感動的なのだ、

ピンクと黄緑・・・透明感のある初夏。仙波東照宮

1 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (1)
透明感のある美しいバラ(よその家の庭)。
2 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (7)
3本の大銀杏。樹勢がある(川越・喜多院)。

★ピンクと黄緑・・・透明感のある初夏

バラの花の季節。
散歩をしていてもバラの花を探す。
モチ、通りすがりのよその家の庭だ。

今朝は透明感のあるピンクの美しいバラを発見、

       *

黄緑は川越・喜多院の大銀杏。
樹勢が強くを感じられる。

透明感のある色合いはこの時期ならでは?

       ☆

★仙波東照宮

妻の忘れ物を取りに川越に行った。
先月、喜多院の前のお蕎麦屋さんに忘れてきてしまったメガネだ。

       *

喜多院の駐車場は1時間200円(以後1時間100円)。
駐車時間の間、喜多院の境内を散策した。

喜多院の境内にあたるかどうかはわからないが、
本堂の隣は仙波東照宮だ。

全国に東照宮は日光、久能山も含めて30以上。
個人で奉っているいる東照宮も含めると500以上との説も(ネットより)あるという。

そうした中で3大東照宮と言えば
日光東照宮、久能山東照宮そしてこの仙波東照宮なのだ(ネットより)。

3 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (90)
妻が忘れたメガネと昼食にソバと鰻をを食べた喜多院前の寿庵。
4 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (48)
仙波東照宮拝殿と本殿(奥)。
5 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (24)
門扉の葵の紋。
6 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (46)
大きな石灯籠が並ぶ。
7 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (34)
石灯籠26基の奉納者。
8 16.5.13 喜多院・仙波東照宮 (71)
仙波東照宮から見た喜多院。

新鮮・・・・苺とサクランボと糸トンボ

CIMG0510.jpg
16.5.12 散歩・遊水池(22)
苺とサクランボと糸トンボ。

★新鮮

新鮮が今日のキーポイント。

苺とサクランボは妻が知人からいただいてきた。

サクランボは普通の勤め人の戸建ての家の庭で収穫したもの。
サクランボは元農家だったという家の畑で収穫したもの。

どちらも新鮮な甘さを感じる。

     *

糸トンボは散歩コースの鴨川の調整池。

近頃めったに見られなくなった糸トンボが数え切れないほど。
繋がったり重なったりの2匹一対で調整池の水面を行き来していた。

初夏のさわやかな陽の光の中を飛び交う糸トンボが新鮮に映る。

(何枚もデジカメしてピントがまずまずだったのはこの1枚のみ)

山に入れば山桜・・・・・釣りの里風景⑩

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-11 Wed 11:23:03
  • 体験
★釣りの里風景⑩

3泊4日の釣りの旅。
東北は今が春盛り、里山は花だらけだ。

新緑に輝く山々、
渓流沿いはカタクリや二輪草などの可憐な花が咲く。

1 16.5.7-10 (2)
①見える魚は難しい。
同行の僕の師匠が毛針で10分ほども試みたが失敗。
2 16.5.7-10 遠野 (146)
②魚(イワナ)のいるポイントを探りながら渓流を上る。
3 16.5.7-10 遠野 (49)
③風の強かった2日目、午後は1匹も釣れず。
4 16.5.7-10 (1)
④クマの足跡(多分)。今回は2か所で見つけた。
クマ出没情報を伝えにきてくれた車あり。
5 16.5.7-10 遠野 (34)
⑤3夕食ともお世話になっている人達との交流(晩餐)に。
山菜シーズンで、タラの芽、シドケ、行者ニンニク、ワラビ、わさびの花と茎・・・・。
赤い飲み物は初めて飲んだ松の新芽の焼酎。
自家製なのだそうだ(1泊目)。
6 16.5.7-10 遠野 (168)
⑥キジ汁も初めて食した(2泊目)。
7 16.5.7-10 遠野 (121)
⑦ヤドリギの古木?
8 16.5.7-10 遠野 (213)
⑧山に入れば山桜。
9 16.5.7-10 遠野 (220)
⑨二輪草の群生。
10 16.5.7-10 遠野 (193)
⑩突然現れた風景。趣味で制作したのかなァ?

“津軽願人節”にハンコ。本「僕が読んだ面白い・・・・・・・」立花隆。今日は亀

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-06 Fri 22:02:21
  • 民謡
img060.jpg
昔、願人和尚なるものがいて全国を回ったそうな・・・・。

★“津軽願人節”にハンコがもらえた。

“津軽願人節”にハンコがもらえた。
曲の解説をネットで調べた↓

「津軽願人節」(青森)
《昔 江戸より 願人和尚が 寝物語に この唄を》
代参や代垢離、代願をする願人坊主が唄うので「がんにん節」と言う。京都
鞍馬山大蔵院の支配下にある願人坊主たちは、全国を回って「御祈祷」「チョ
ボクレ坊主」「アホダラ経」「住吉踊り」などを演じて銭をもらい、生活して
いた。住吉踊りは、長柄の傘の柄を叩き、拍子をとりながら音頭取りが唄い、
その周りを菅笠をかぶって、うちわを持つ踊り手が跳ね回る。その時の唄が、
伊勢神宮の遷宮式に使う御用材を曵く時に唄う「お木曵き木遣り唄」とも「伊
勢音頭」とも呼ばれる「ヤートコセー」であった。明治に入ると願人坊主が姿
を消したために「がんにん節」もすたってしまった。
※日本民謡曲目解説より

津軽願人節のもとは三重県の伊勢音頭だということらしい。

        ☆

16.5.6 ブログ用 (5)
鯉もいいけど亀さんもね・・・・。

★今日は亀

陽気に誘われてなのか亀が顔を出した。
鴨川で見るのは久ぶりだ。

次は何に会えるだろう?
そー言えばこの頃は蛇を見ないなァ。
        ☆

img059 - コピー
著者に本屋大賞を上げたいね。

★本「僕が読んだ面白い本・ダメな本 
   そして僕の大量読書術・驚異の速読術」 立花隆

ダメな本はほとんどでてこない。
また大量読書術、驚異の速読術については、
僕の頭(能力)では全く参考にならない。

      *

最終項目に
『「捨てる!」技術を一刀両断する』については
著者に同感。

「本屋大賞」って文学賞みたいになっているけど、
ホントは立花氏みたいな人にあげるほうがふさわしいのじゃないか?
この本を読みながらの僕の感想。

これほど本を読む人・・・・っていうか本の普及に力を注いでいる人なのだから。


★明日から4日間不在のためブログは休みます。

考えさせられるクジラの尻尾・・・・・トマソン的風景

16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (169)

★考えさせられるクジラの尻尾・・・・・トマソン的風景

※トマソン=故赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物(中略)。その中には、かつては役に立っていたものもあるし、そもそも作った意図が分からないものもある。 超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)はなく、ただ鑑賞する者だけが存在する(ウキペディア)。



花の丘公園と秋葉の森総合公園

★花の丘公園と秋葉の森総合公園

花の丘公園と秋葉の森総合公園の2つの公園を散策をした。
2つの公園は対照的だ。

花の丘公園は文字通り花いっぱい。
11haの公園面積の半分以上6.5haが花畑なのだ。

ボランティアの人たちによる行き届いた手入れで、
季節ごとの花が楽しめる美しい公園なのだ。

       *

秋葉の森総合公園は自然重視の公園。
自然観察が楽しめる散策公園とでも言おうか。

遊歩道以外はほとんどロープが張られ立ち入り禁止。

花の丘は明るく子供の歓声で賑わいでいるが、
秋葉の森は静かでウシガエルやキジの鳴き声に耳をすます。

花の丘では蝶が舞う姿を見たが、
秋葉の森ではカラスやカモが突然目の前を飛びたつ。

2つの公園は直線距離にして2キロほどしか離れていない。

1 16.5.4 花の丘と秋ヶ1 瀬公園 (35)
ポピー畑(花の丘公園)。
2 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (21)
ネモフィラ(花の丘公園)。
3 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (42)
スミレ(花の丘公園)。
4 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (18)
バラとムルチコーレ(花の丘公園)。
5 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (58)
蝶が舞う花の丘公園。
6 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (112)
竹も樹木の自然のまんまみたい(秋葉の森)。
7 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (75)
緑輝く水辺。ロープが張られ立ち入りは禁止。
8 16.5.4 花の丘と秋ヶ瀬公園 (65)
遊歩道のいたるところに立札が・・・・。

雲蝶の寺と雲洞庵

★ドライブは長~い長~いお喋り旅行

昔のボーイスカウト活動の仲良し3人組(一人はまだ活動中)のドライブ旅行。
日本のミケランジェロと称される石川雲蝶の彫刻を巡る旅だ。

雲蝶の彫刻が見られる寺は新潟県内14ヶ所。
3人組が向かったのはそのうちの魚沼市にある永林寺と西福寺だ。

朝、5時に出発、集合場所に戻ったのが午後の5時。
連休中最も渋滞が予測される中、
早い出発が幸いして渋滞にも合わなかった。

雲蝶の迫力ある彫刻に感動して、
車内での長~い長~いお喋りを楽しんだドライブ旅行だった。

16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (6)
関越自動車道の堀の内インターを下りると迎えてくれたのは満開の芝桜。
後の山は左から駒ヶ岳、中ノ岳、八海山。
img056.jpg
日本のミケランジェロ石川雲蝶の彫刻は感動もの(市発行のパンフより)。
どこも撮影禁止なのが残念だけど・・・・。
永林寺で買った小冊子には越後のミケランジェロとなっていたのが面白い。
16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (22)
小冊子に作品群最大の寺とある「永林寺」。
雲蝶を見るならゼッタイ外せない寺だ。
16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (33)
雲蝶終生の大作といわれる(パンフより)開山堂の天井彫刻は西福寺にある。
16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (40)
長岡市の林興庵にも足を延ばしたのだが留守だった。
        *
16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (42)
魚沼市に来たら是非寄りたいということで訪れたのが雲洞庵。
日本一の庵寺(尼寺)。
静寂として威厳に満ちた雰囲気.
僕は3度目だけどまたいつか来たくなるみたい。
写真撮影オーケーなどとても開放的だし・・・・。
16.5.3 雲蝶と雲洞庵 (52)
苔むした石造仏と本堂。

カエルと蝶と鯉と釣り人・・・・・昼近くの散歩5景

★昼近くの散歩5景

朝の散歩がつい出そびれて昼近くになった。

近くの三橋運動公園から鴨川沿いのいつもの散歩道の風景が、
5月の陽気も加わってか違って見える。

①カエルが顔を出した
②蝶がじっとしていた
③鯉が集まってきた
④釣り人
⑤遠足

15.5.2 昼の散歩 (11)
①調整池に顔を出してじっとしているのはウシガエル(多分)。
15.5.2 昼の散歩 (33)
②なぜか蝶が動かずに写真(デジカメ)を撮らせてくれた。
15.5.2 昼の散歩 (42)
③橋の欄干から覗いていたら鯉が集まってきた。
15.5.2 昼の散歩 (7)
④釣り人3組(計8人)発見
15.5.2 昼の散歩 (3)
⑤三橋運動公園のアスレチック広場。
今日は幼稚園や保育園の遠足(野外授業)日和。

水上木製ジェットコースターの美しさ…東武動物公園

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-05-01 Sun 21:37:11
★水上木製ジェットコースターの美しさ

孫2人を連れて東武動物公園に行った。
連れてというよりは一緒に遊びに行った
・・・・と思えるくらい僕も一緒に楽しむ。

遊園地のアトラクションに乗るのはもともと好きだ。
今日も孫2人といくつかのアトラクションを楽しんだ。

ただ、身長130センチ未満と未就学児は不可の乗り物もあって、
例えばジェットコースターには乗れない。

・・・ていうか、僕も高齢者制限に入ってしまうかもなのだ。
東武動物公園の高齢者制限が何歳であるか聞かなかったけど・・・。
(富士急ハイランドの絶叫マシーンの場合はたしか65歳未満だったような気がする)

午前10時に入園、退園午後5時。

16.5.1 東武動物公園・元と花那 (43)
東武動物公園は緑と水に囲まれた美しい遊園地(ゴンドラより南側)。
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (37)
北側は動物園。
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (154)
水上木製ジェットコースターの美しさは感動的。芸術(彫刻)作品としか思えない。
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (66)
木製ジェットと並んで僕が大好きな水辺のメリーゴーランド。
16.5.1 東武動物公園・元と花那 (100)
5歳の孫がお気に入りのカブトムシの風船を買った。1500円。

Index of all entries

Home > 2016年05月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top