Home > 2016年06月

2016年06月 Archive

民謡の歌詞と旅心・・・・津軽

16.6.30 高山稲荷ポスター  (2)
キャプションに高山稲荷とあったポスター。

★鯵ヶ沢甚句と岩木山・・・・・津軽

大宮駅のホーム階段壁面に貼ってあったポスターに鳥居が並んでいる写真があった。
キャプションに高山稲荷とある。

場所は青森県津軽地方。
五所川原駅からバス40分のところらしい(ネット調べ)。

       *

♯ 七里長浜 高山稲荷
  松の屏風にノー 塩煙り
  ・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・ ♭

民謡“鯵ヶ沢甚句”の歌詞の一部だ。
この曲は僕が2週間ほど前に覚えた(ハンコをもらった)。

高山稲荷がどこで、どのような稲荷なのか分からなかったが、
このポスターの写真を見てなるほどと思った。

民謡に唄われるくらいなのだから由緒ある稲荷なのだろうとは思っていたが、
このポスターの写真を見て行きたくなった。

唄(民謡)で知って旅心がそそられた。
先週すぐ近くの弘前まで行ったのに・・・・・・。

        *

♭ 岩木お山は よい姿
  津軽娘は 見て育つ  ♯

同じく民謡“津軽音頭”の歌詞だ。

数年前に鬼籍の人となった民謡歌手岸千恵子さんの唄う津軽音頭に惹かれ、
再び岩木山を目にしたくなった。
それは、先週の山行で実現した。

そこで、民謡の歌詞が旅心をそそる理由を考える。

民謡はご当地ソングの元祖であること、
流行歌でなく云々・・・・・・・・・・・そんなことはどうでもいい。

岸千恵子の“津軽音頭”を聞けばわかる。

本「利休にたずねよ」山本兼一

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-29 Wed 22:01:49
img068.jpg
内容が面白く、構成にも斬新さが感じられた。

★本「利休にたずねよ」山本兼一

利休と周囲の人々の証言風(内容)の短編集みたい。
それが時代をさかのぼっていくように切腹の日から始まる。

これまでに僕の読んだ本の中では初めての構成(多分)。
斬新と言うか画期的だったのではないか。

2009年に著者はこの本で直木賞を受賞。
その後わずか5年後の2014年に肺腺癌のために57歳で死去。

早世が惜しまれたに違いない。

「甘い!」が孫娘の第一声・・・・

16.6.28 サクランボ (4)
夕食後に孫2人と1段分を食べた。
「甘い!」が口に入れた孫娘の第一声だった。

★本物の佐藤錦

山形地方を旅行中の知人からサクランボが送られてきた。
久しぶりに本物の佐藤錦だ。

近くのスーパーでも佐藤錦はたまに売られているが、
ものすごく高いか実の半分が黄色とか橙色だったりする。

ものすごく高いのは買ったことないし、
半分が黄色や橙色のでも十分美味しいのだが、
ちょっと甘味が足らなかったりする。

恐いおっさんかと・・・・

16.6.27 散歩の風景 (42)
実はこれ2か所の畑にありました。

★恐いおっさんかと・・・・

案山子と判断していいのでしょうか。
遠くから見えた時は本当に怖い顔したオッサンがいるのかと思いましたよ。

人気のハンバーグ。まるで迷路の木道。父の日不在につき・・・・。

16.6.26 散歩・父の日プレゼント  (16)
遊水池の木道(新建材)が迷路に?
アシが生い茂って曲がる先が見えないよ。
16.6.26 散歩・父の日プレゼント  (22)
3重トンネル。トンネルの上はあわせて5車線の自動車道。

★アジサイもバラ終わったみたい

6月2日以来、24日ぶりの朝の散歩。

連続して24日続けるのは難しいが・・・というより出来ないが、
休む24日はあっという間だ。

散歩コースに変化はないが、
通りすがりの家々の庭の花が楽しめなかった。

アジサイもバラ終わったみたい。

1週間ほど、花が盛りの東北に行っていたので、
そんな気がするかなァ。

        ☆

16.6.26 散歩・父の日プレゼント  (38)
1週間遅れの父の日プレゼント。ネーム入り革製メガネケース。

★父の日不在につき・・・・・

先週の日曜日は父の日だったみたい。

娘と嫁(次男の)からプレゼントが届いた。
ネーム入りの革製メガネケースだ。

19日は僕は不在だった(旅行中・釣り)。
そんなわけで1週間遅れでもらったのだ。

         ☆

16.6.26 散歩・父の日プレゼント  (28)
お皿の12+3。完食だった。

★僕の作るハンバーグの人気

お皿に並べた12個のハンバーグ。
実は15個作ったのだが、我が家の大皿に並べきれなかった。

妻、孫、嫁のリクエストによる今日の夕飯のおかずだ。。
我が家では僕の作るハンバーグの人気がすこぶるいい。

この半年で3回だ。

岩木山と嶽温泉と酸ヶ湯温泉と八甲田山と・・・・・

★山もいいけど温泉もね・・・・

6時25分百沢コース登山口の岩木山神社を出発。

ルートの途中(焼止小屋)からは石の多い沢を歩く。
ところどころに雪渓が残る急登だ。

岩木山の登山道でも中・上級者向けのルートとガイドブックに紹介されている。
おいらく山岳会の山行ではBクラス。

      *

なるべく使わないようにしていたストックだが、
100㍍を超える最後の長い雪渓では使用せざるを得なかった。

石に手を掛けて登ぼるところでは
日和田山の岩トレが思い浮かぶ。

『岩をつかんでその感触をよく覚えておけ』
と教えられたことが役立っているようだ。

11時ころからは霧にくわえ小雨もぱらつきだした。
予定時間よりも遅れ気味ではあったが、
12時30分には無事山頂の岩木山神社奥の院に到着。

頂上での視界は20メートルもないほどだった。

      *

今回、1泊目が岩木山山麓の嶽温泉「小島旅館」。
八甲田山を目指した2泊目が秘湯酸ヶ湯温泉。

どちらも素晴らしい温泉で、
山もいいけど温泉もね・・・・というお楽しみ付き山行だった。

ただ、2日目の八甲田山が荒天のため中止になったのがちょっと残念。

16.6.23-25 岩木山・八甲田山山行 (63)
雪渓を登る(岩木山)。
16.6.23-25 岩木山・八甲田山山行 (89)
1日目の宿は嶽温泉小島旅館。
16.6.23-25 岩木山・八甲田山山行 (93)
2泊目はいつか泊まりたいと思っていた酸ヶ湯温泉。
16.6.23-25 岩木山・八甲田山山行 (113)
荒天で登山を断念した八甲田山。

クマ対策の爆竹と鈴ほか・・・・・・イワナ釣り10景

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-22 Wed 01:41:01
  • 体験
★緊張とスリルもあるイワナ釣り

今年はクマの被害が多く、
秋田県では4人もの死者が出たと報じられた。

       *

僕と師匠(友人)2人のイワナ釣りは岩手県某市の山の中の渓流や沢に入る。

我々の宿泊先になっている場所は某市街地から20キロも離れており、
もともとクマの目撃は日常的と聞いているところだ。
それでも今年はとりわけ出没が多いのだとか。

宿泊先(地元の民家)の近くにクマの巣があるとか、
家の庭先が通り道だとか脅かされたたこともある。

今回はその宿泊先へ向かう300メートル手前の道路わきにはクマ捕獲の罠が仕掛けられていた。
つい、2、3日前から頻繁にクマが目撃されているらしいのだ。

       *

実際、我々が到着したちょうどその日、クマが出た。
それも仕掛けられたた罠のすぐ隣でクワの実を食べていたそうである。

我々が到着する3時間前のことだが、
クマはその場で撃ち殺されたらしい。

       *

イワナ釣り(渓流釣り)は楽しいけどクマは恐い。
できるなら会いたくない。

しかし、もし・・・・がある。

対策として鈴をつけたり、
爆竹を鳴らしたりはするのだが、
それでも緊張とスリルはなくならない。

今回は釣りしている最中に豪雨にも見舞われた。
まぁ、そんなわけでいろいろと体験もするイワナ釣りなのだ。

1 16.6.18-21 遠野 (210) CIMG1970
①イワナパーティ
見事なイワナは我々が釣ったものではない。
地元の名人が本流で5時間ほどかけて釣り上げた69匹。
※本流は危険なので我々は入らない
炭火による串焼きは最高に旨い。
僕は串焼きで7本、唐揚げで2匹いただいた。
2 16.6.18-21 遠野 (176) CIMG1970
②里の風景
朽ち行くかやぶきの廃屋。
4 16.6.18-21 遠野 (195) CIMG1970
③宿泊先の民家から300メートルほど手前の道路わきに仕掛けられたクマ罠。
おびき寄せるエサは大好物のハチミツなのだそうだ。
5 16.6.18-21 遠野 (85) CIMG1970
④熊穴
クマンナは大理石を採りだした跡の洞窟らしいのだが・・・・。
6 16.6.18-21 遠野 (165) CIMG1970
⑤養蜂
沢に向かう空き地に置かれたミツバチの箱。
森の中の別な場所にも養蜂業者と思われる箱が置かれていた。
ミツバチがブンブンと箱の上を飛び回っていた。
居合わせた業者の人の話によると、
ひとつの箱に2万匹以上のミツバチがいるそうだ。
7 16.6.18-21 遠野 (1) CIMG1970
⑥棘のある木
藪に入ると危険がいっぱい。
今回は3度も棘のある木を手で掴んでしまった。
野ばら、棘のある草(名前は不詳)、そして写真の直径が10センチほどもあった木。
ハリギリかヤマウコギかハリエンジュ(ネット調べ・間違っていたらゴメンナサイ)。
8 16.6.18-21 遠野 (190) CIMG1970
16.6.18-21 遠野 (188) CIMG1970
⑦アリウム・ギガンチウム
里山は花の季節。
通りすがりに見たアリウム・ギガンチウム。
3 16.6.18-21 遠野 (311) CIMG1970
⑧クマ対策の装備
カウベル(牛用鈴)を2人で6個。
これをじゃらんじゃらん鳴らしながら山(沢)に入る。
入る前には爆竹もならす。
ほかにクマ除けスプレーが2つ。
16.6.18-21 遠野 (47) CIMG1970
⑨ヤマメ
初めて入った沢では2人で4匹のヤマメが釣れた。
9 16.6.18-21 遠野 (289) CIMG1970
⑩イワナ
最終日は雨。
午後2時半頃から沢に入っての釣りとなった。
雨上がりでイワナも気が緩む?のか思いのほか釣れた。
大物が2人で4匹。
32センチ、30.8センチ、30.7センチ、27.6センチ。
上がる前になって豪雨に見舞われ2人ともびしょ濡れになってしまった。

         ☆

※明日から旅行(ハイキング)のためブログを2日ないし3日の間お休みします。

大和の吊るし柿の味?

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-17 Fri 22:06:05
  • 民謡
img067.jpg
大和の吊るし柿の味・・・・は鯵ヶ沢娘?

★17年後に覚えた鯵ヶ沢甚句

鯵ヶ沢甚句にハンコがもらえた。

鯵ヶ沢には一度行ったことがある。
仙台に転勤中のころだから17年も前のことだが。

舞の海の出身地で、
鯵ヶ沢の駅前のあちこちに舞の海の文字が見られたように記憶している。
たしか関取の引退直後ぐらいだった。

泊まったのが大きな温泉ホテル。
夕方、飛び込みで入ったのに、
それも一人旅のおじさんを快く泊めてくれた。

         *

大きな食堂(ホール)で一人夕食になった。
純朴そうな娘さんが食べている間中、ずっと僕の後ろに立ってくれている。

サービスのつもりなのだろうが、
そういったことに慣れていない僕は落ち着いて食事ができなかった。

         *       

通りすがりに一泊しただけなのに印象深いのは、
鯵(味)の名前の通り味のある町だったから?

歌詞には大和の吊るし柿の味だと言っているが・・・・・関係ないかァ。

        *

それから17年後に覚えた鯵ヶ沢甚句だ。

  ☆

※明日から4日間旅行のためブログお休みします。

90歳の歌声に・・・・。加齢から遠視が進んだだけ。

IMG_5880.jpg
高校を卒業してから52年。
卒寿を迎えた恩師の歌声にはこれからも何かと励まされるに違いない。

★素晴らしい90歳の歌声

高校時代の恩師が卒寿(90歳)を迎えた。

先生は今でも俳句の師として多くの弟子を指導している。

お元気だ。
何より歌が上手い。
声が素晴らしい。
若いころ作曲家の先生から歌手の勉強をしないかと誘われたというくらいだ。

卒寿の記念に先生の歌をCD(僕がパソコンでCD盤に焼き込むだけのことです)にしようと、
先生と僕を含む卒業生4人が錦糸町のカラオケ館に集合。

2時間をかけて先生の十八番(オハコ)5曲を録音した。

        *

プロの歌もいいけど、
素人の上手い歌はまた別な良さ(味)があり僕は好きなのだ。

これからも先生の90歳の歌声に何かと励まされるに違いない。

※歌の一部をフェイスブックにアップしました。

        *

CIMG1940.jpg
眼科の待合室に海が・・・。
サカナも海藻類も全部本物だとか。
先週みたアニラオの海の中と同じ風景だ。

★薬も出しませんよ

右目の視力が急に衰えたような気がして眼医者に行った。
(よくよく僕は医者好きなのだ)

僕の回りで3人ほどが白内障(一人は緑内障の疑い)で治療(手術)ということもあるし、
先週のダイブで右目にかなりのダメージを受けたこともある。

・・・・で、結果は、
医師××「どこも悪くないですね。
加齢から遠視が進んだだけでしょう。
薬も出しませんよ」

ズッキーニとヒメ筍を料理ってみた。高齢者講習

16.6.15 ズッキーニ買う (24)
通りすがりの農家の直売所に並んでいたズッキーニとヒメ筍。

★今夜の夕食のおかずはこれ!

通りすがりの農家の直売所に並んでいたズッキーニとヒメ筍。
食べたことはあっても自分で料理ったことはない。

今夜の夕食のおかずはこれ!・・・っと見た瞬間に決めた。

レシピはネットでいくらでも出てくる。
いちばん合いそうなのを選んで作ればよい。

         *

ズッキーニは『ズッキーニdeツナ味噌チ~ズ焼き』 。
ヒメ筍は『バター風味・姫筍とこんにゃく炒め 』。

まずまずの出来で妻ともども完食。

         ☆

16.6.15 ズッキーニ買う (15)
畑に咲く花。

★こんな花もいい

通りすがりの畑に咲いていたく花。

公園の花壇もきれいだし、庭に咲く花もきれい。
大がかりな桜草やバラ園・・・・・もいい。

だけど畑に咲くこんな花もいい。

        ☆

16.6.15 ズッキーニ買う (25)
さいたま市西区の教習所では都内ほどは混んでいないらしい。

★高齢者講習

通りすがりの自動車教習所。
ドアに高齢者講習受付とあった。

         *

先日、東京に住む知人から
高齢者講習は早めに予約しないとなかなか取れないと聞いた。

僕は今年の誕生日書き換え。
71歳になるので高齢者講習を受けなければならない。

そこで、窓口のお姉さんに聞いたところ、
「いつでも大丈夫ですよ」
さいたま市西区の教習所では都内ほどは混んでいないらしい。

健康なのか病人なのか?

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-14 Tue 21:40:47
  • その他
img066.jpg
すべての項目で基準値内だった血液検査。

★健康の証明

4月18日に受けた血液検査の結果を聞きに大宮診療所へ行った。
結果はすべての項目で基準値内。

     *

だけど、昨日の行った耳鼻科の薬が効いているのか、
少々頭がボーッ・・・・・で先生の説明を聞いた。

右耳はふさがったような状態で、
いまいち元気が出ない。

先生にその旨伝えた。
診療所の先生××「あまり状態が悪い(ボーッと昨日は少し頭痛)ようだったら、
耳鼻科の先生に連絡して(薬)を調べて(換えて?)もらいなさい」

せっかく健康の証明をもらったのに・・・・・。
僕は健康なのか病人なのかどっちなの?

鼓膜が破れる。「もうやめたのかと思いましたよ」・・・・絵の教室

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-13 Mon 22:30:36
★鼓膜が破れる

耳鼻科の医院へ行った。
先週、潜った最初の日(1本目)に右耳が痛くなり目の周りは腫れてしまった。

1週間が経って痛みは薄らいだものの、
依然右耳はふさがったような状態が続いている。

       *

結果は右耳の鼓膜に穴が開いてしまっているというのだ。
要するに鼓膜が破れたのだ。

治るまで何日を要するか?
今週から来週と釣りと山に行く予定がある。
果たして大丈夫か?

      ☆

16.6.13 工房 (20)
久しぶりの絵の教室。
16.6.13 工房 (18)
今日のモチーフの一部。

★「もうやめたのかと思いましたよ」

久しぶりに絵の教室に行った。
結局4、5月は一回も顔を出していない。

「もうやめたのかと思いましたよ」
隣でイーゼルを立てている御仁に言われてしまった。

       *

ありがたいことに1度も出席していない月は月謝不要なのだ。
自分の都合で休んでいるのに・・・・。

何と良い先生なのだ・・・・・・どこかの知事と正反対。

総会で議長に指名された・・・・筑静会(民謡の会)

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-12 Sun 21:50:06
  • 民謡
★議長を頼まれた・・・・・民謡の総会

今日は筑静会(民謡の会)の平成28年度総会だ。
会計報告や新役員が決まる。

総会では僕は議長を頼まれた。
毎回の議長が欠席したためだ。

滞りなく終えてひとまずホッ(^◇^)。

      *

総会の後は昼食会、
午後は月例だ。

昼食時にはいつになくご馳走が並んでビックリ。
とても食べきれず、孫へのお土産になったり・・・・・。

月例は一人2曲。
僕は“津軽願人節”と“新タント節”を唄った。

       *

筑静会の生演奏は豪華だ。

三味線が6棹・6人。
尺八が2人、笛。
それにお囃子が入る。

CIMG1859.jpg
昼の昼食時に尺八と笛を撮らせていただいた。
尺八は一人の先生が9~10丁持つ。
筑静会では2人の先生が演奏してくれる。
CIMG1855.jpg
笛の先生は一人。やはり10本(管)の笛。
ほかに三味線が6棹(6人)。
CIMG1844.jpg
昼食に食べきれないほどのご馳走が・・・・・。

        ☆

※昨日はホテルでのネット状況が悪くブログ作成不可。
 一昨日は移動のため・・・…の理由で2日間ブログをお休みしました。

イカとの遭遇&クマノミに・・・・・9日。鉄骨ポイントの迫力・・・・・8日

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-09 Thu 06:24:22
  • 体験
★イカとの遭遇&クマノミにかじられる(つつかれる)

ダイブ最終日。
午前中の2本で終了にした。

今回は全部で15ダイブ。
透明度があまり良くないダイブが続いた中で、
今日の2本は比較的よかった。

大きめのフグを3匹みたりしたが、
今日の一押しはなんと言ってもイカとの遭遇。

スーパーではよく見るイカも、
アニラオの海の中ではなかなか会えないのだ。
16.6.9 アニラオ7日目 (8)
ポイントへ。
16.6.9 アニラオ7日目 (151)
イカと遭遇(コウイカ)。
16.6.9 アニラオ7日目 (101)
トウアカクマノミ。撮影中2度も指先をかじられた(つつかれた)。
16.6.9 アニラオ7日目 (108)
コンビフトブレイニー。
16.6.9 アニラオ7日目 (162)
エソ。
16.6.9 アニラオ7日目 (227)
イソギンジャクエビ。
16.6.9 アニラオ7日目 (259)
帰りに行違った元はマグロ漁船だったというダイビング船。



6月8日昨日はネットが繋がらず今朝入力。

★鉄骨ポイントの迫力

鉄骨ポイントは迫力満点!
視界が立体的で遠近感がハッキリ。

鉄骨部分には海の生き物たちがくっつきあって共生(多分)している。
その鉄骨の周囲でダイバーは
多くの魚を見て楽しむことができるというわけだ。



こちらは雨季に入って一週間近くになるが、
本格的な雨(スコール)にはまだ一度しかあっていない。

天気はまずまずだが、
とくに午後は風が出て波が高い。
午前中2本を潜って終わる予定。

1_201606090615088be.jpg
何年か前、ダイバーのために沈めたそうだ。
2_20160609061525419.jpg
鉄骨の周囲は多くの生き物のたちの棲家。
5.jpg
ハナヒゲウツボの雄。
6_201606090616107d4.jpg
マッシュルームコーラルパイプフィッシュ(イソギンジャクの中の白い紐みたいの)。
7_201606090616282d9.jpg
僕のダイブは海の中の散歩・・・・・・・・・かな。

タツノオトシゴがいた

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-07 Tue 19:14:29
  • 体験
★砂地を3本

今日の3本はいずれも砂地。
カニとか小さく珍しい生き物がいたりして
どちらかといえばマニア向きのポイントかなァ

でも、僕みたいな初心者(いつまでたっても進歩せず)でもそれなりに楽しんだ。

16.6.7・アニラオ5日目3本 (213)
午後のポイントは地元の子供たちが遊ぶ岩場の前。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (103)
タツノオトシゴ。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (180)
カニとエビ。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (59)
エイ。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (220)
チンアナゴ。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (43)
カエルアンコウの白。
16.6.7・アニラオ5日目3本 (13)
砂地ではちょっとした岩がオアシス。

何とか100本目クリア。

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-06 Mon 18:34:33
  • 体験
★2人の300本目と100本目のボク

今日は無理せずお休みするつもりでいたら、
ダイブポイントがアニラオでもベストな場所。

それに僕のダイブ師匠ともう一人の同船仲間が300本、
僕が100本という記念ダイブが偶然にも重なる。
・・・・・・・ということで、結局3本もぐってしまった。

※今日の海の中から
16.6.6ーアニラオ4日目 (150)
サビウツボ。
16.6.6ーアニラオ4日目 (65)
シャコの仲間。
16.6.6ーアニラオ4日目 (166)
オオモンカエルウオ。
16.6.6ーアニラオ4日目 (172)
ウミウシ。
16.6.6ーアニラオ4日目 (217)
サンゴの仲間。
16.6.6ーアニラオ4日目 (251)
サロンパスとよばれているスミレナハナダイ。
16.6.6ーアニラオ4日目 (295)
ゴシキエビの子供。

贅沢なダイブとアニラオの夕陽

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-05 Sun 17:58:54
  • 体験
★贅沢なダイブ

アニラオ3日目。

深く潜るのはまだ心配。
もしもで仲間たちに迷惑もかけられない。

そこで今日は自分一人だけのバディ(ガイド)をお願いすることにした。
かなり贅沢だけどフィリピンのアニラオだからできること。

・・・・・というわけで、
無理せず15メートルまでのダイブとした。

ヘラヤガラ
ユーモアたっぷりのヘラヤガラ。
ツバメウオ
40cmはありそうだったツバメウオ。
16.6.5 アニラオ3日目  (223)
水面近くの小魚の群れ(船に上がる直前にデジカメ)。
16.6.5 アニラオ3日目  (6)
海辺で遊ぶ(昨夕)。
16.6.5 アニラオ3日目  (19)
アニラオの夕陽(昨夕)。
カラマンシー
美味しいジュースの名はカラマンシー。スダチのような柑橘類です。

海の中の美しい賑わい・・・・アニラオ2日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-04 Sat 18:48:14
  • 体験
★海の中の美しい賑わい

アニラオ2日目は午前中の1本しか潜れず。

体調不良とまではいかないが、
鼻詰まりが起こりダイブ困難状態になってしまったのだ。

10メートルほど潜るのが精一杯。
それでも今日の最深は16.8メートル。

それなりにダイブを楽しんだ。

16.6.4 アニラオ2日目(一本目のみ) (9)
濃紺のアカモンガラ。
16.6.4 アニラオ2日目(一本目のみ) (18)
海の中の美しい大賑わい。
16.6.4 アニラオ2日目(一本目のみ) (42)
愛嬌たっぷりのフグ。
16.6.4 アニラオ2日目(一本目のみ) (52)
おなじみのクマノミ。
16.6.4 アニラオ2日目(一本目のみ) (66)
せっかくの好天なのに・・・・僕は船の上(2本目。

アニラオ(フィリピンマニラ近郊)に来た

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-03 Fri 21:26:17
  • 体験
★傾きかけた陽が迎えてくれた

フィリピンのアニラオ(リゾート)に来た。
明日からスキューバ・ダイビングを楽しむ。

昨年は一日も晴れず、陽を見ることもなかったが今年はどうか。

リゾート到着は午後4時。
傾きかけた陽が迎えてくれた。

d
傾きかけた陽が迎えてくれた。
16.6.3 アニラオ1日目 (93)
桟橋の花嫁。
16.6.3 アニラオ1日目 (14)
機内で見た映画①「エベレスト」。
16.6.3 アニラオ1日目 (63)
機内で見た映画②「家族はつらいよ」

感動の続き。嬉しい散歩道

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-06-02 Thu 21:50:32
  • その他
16.6.3 散歩・渋谷 (30)
千万単位の作品も展示されていて無料で鑑賞できる。

★感動の続き

元NHKのプロデューサーの計らいで、
日本を代表する名ソプラノ歌手(イタリア在住)と会食の機会を得た。

会食は僕も含めて5人。
場所は渋谷の焼肉屋。

彼女の公演にも感動したが、
今日の会食はそれの続きみたい。

素晴らしいお話をたくさん聞いて、
ラッキー感に満ちた一日となった。

      *

会食後は画廊に足を運び、
ピカソと海外作家特選展を鑑賞した。

        ☆

16.6.3 散歩・渋谷 (4)
カモ(多分)足跡が・・・・。

★嬉しい散歩道

いつもの散歩道。

三橋運動公園の木道(新建材?)にカモ足跡が・・・・。
カモと共有していると思っただけで、
なんだか嬉しくなった。

Index of all entries

Home > 2016年06月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top