Home > 2016年07月

2016年07月 Archive

ミュージカル「ガンバの大冒険」鑑賞

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-31 Sun 21:46:48
★熱演を見ているだけで感動は伝わる

ミュージカル「ガンバの大冒険」を見(鑑賞)に行った。
公演会場は自由劇場(東京・港区)。

モチ、家内と夏休み中の孫2人を連れて行った。
正確に言うと僕は単なる付き添いだけど・・・・。

僕は会場に行くまでミュージカルのタイトルも知らなかった。
子供向けであろうことは想像できたけれど。

        *

生のミュージカルを見たのはピュアランドのキキララ以来6年ぶり。
子供向けであってもそれなりに面白いし、
役者さんたちの熱演を見ているだけで感動は伝わる。

今日の「ガンバの大冒険」も観客の半分は大人(多分両親や祖父母)。
多分同じだと思う。

16.7.31 自由劇場  (14)
公演終了後のロビー。
16.7.31 自由劇場  (44)
JRの下車駅・浜松町で5歳の孫が見つけたカニ。
コンクリートの間が棲みかなのか。
16.7.31 自由劇場  (49)
帰宅は大宮駅経由。
今日からお祭りで駅前は大賑わい。
神輿、踊り、サンバカーニバル・・・・・8月2日まで。

涼やかな沢沿いの道がGoo・・・・・升ヶ滝~高水二山

★涼やかだった沢沿いの道

炎天下、暑い日のハイキングは(低山でも)けっこう大変。
熱中症が心配なのだ。

今日もその覚悟で水をたっぷり持って行ったのだけど、
思いのほか沢沿いの道が涼やか、
尾根道では風も通り抜けた。

それに、登山道が樹林に覆われていて直接太陽を浴びなかったし。

        *

高水三山は人気のハイキングコースで
ふつう高水山、岩茸石山、惣岳山を巡る。

高水二山としたところがおいらく山岳会(ベテランリーダー)らしいところ。
岩茸石山と惣岳山のみで高水山はスルー。

登山口も青梅線の東青梅駅からバスで30分、
終点の上成木から林道に入るあまりポピュラーでないルートだった。

  *

今日のおいらく一行は18名。
グループ登山は途中の会話も楽しい。

16.7.30 升ヶ滝~高水二山  (28)
岩茸石山(793㍍)山頂。
16.7.30 升ヶ滝~高水二山  (3)
東青梅駅からバスで登山口(林道)の上成木までは30分。
途中、乗降客はひとりもなかった。
バスは正面の三叉路を最初左に曲がり、
2キロほど行ってUターンして戻り、
今度は右の道を進んだ。
16.7.30 升ヶ滝~高水二山  (15)
登りは涼やかな沢沿いの道。
途中、上から眺める升ヶ滝を見る。

100色パステルを貰う。森を背負う家・・・散歩

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-29 Fri 19:33:31
  • その他
CIMG9486.jpg
先生が僕にプレゼントしてくれた100色パステル。

★おっと、そんな心配をする前にまず・・・・・

絵の教室の先生が100色のパステルをプレゼントしてくれた。
これまで、僕の使用しているのが48色だから、
およそ倍の色数だ。

使用し始めたころは色を混ぜて使えばいいのだろうから
12色もあれば・・・・・などととんでもない勘違いをしていた。

描きながらうまく色など作りだせるもんじゃない。
だから、使いたい色が欲しくなるということを分かってきた。

画材屋に行くと
ものすごい色数のパステルがばらで売っている理由も分かった。

とはいえ、僕に100色をうまく使いこなせるか?
おっと、そんな心配をする前にまず紙に向かって描かねば・・・。

        ☆

★今日の散歩の寄り道
16.7.29 カラスウリ 散歩  (17)
①カラスウリ。
つい手を出したくなる(触りたくなる)。
16.7.29 宵待草 散歩  (6)
②宵待草(ヨイマチグサ)。
一時はほとんど姿を消してしまったがこの数年、復活の兆し。
僕は長い間、月見草だと思い違いをしていた。
16.7.29 散歩  (15)
③他所の家の畑のコスモス。
秋の花のイメージなのだけど・・・。
いつまで咲き続けるだろうか?
16.7.29 散歩  (1)
④森を背負う家
ちょっといい景色だ。
屋根が茅葺だったらさにGooだけどそうはいかない。
僕は建物と手前のこんもりした庭の間を回ってこの写真の位置に立っている。
家の前の路地は私道なのかもしれないが、
商売上の理由で(多分)通り抜けができる。
実は建物の主の家は造園業を営んでいるのだ。
背負った森も手前のこんもりした樹木もそれで納得がいく。
僕はこんな景色に癒される。

散歩の光景は癒しの風景・・・・・・かも。4台一度に捕まった

16.7.20 散歩の風景  (12)
我が家のベランダから下を見たら・・・。

★4台一度に捕まっている

3日ほど前の我が家のベランダから下を覗いた光景。

取り締まりを上から見下ろしたのは初めて。
それにしても4台一度(一番前の車両は去った)に捕まった原因は・・・・?

30メートルばかり手前が信号のある交差点なので、
そこでの違反運転だったのか?

いづれせよ気をつけねば。

        ☆

★散歩の光景は癒しの風景・・・・・・かも④
16.7.20 散歩の風景  (8)
①バイパスに挟まれた無味乾燥な道。
それでもここは僕の好きな散歩コース。
あえて植えたとは思えない雑草のような木(植物)。
咲いている白い花が芳香を発している。
無味乾燥どころではない。
癒しのバイパス歩道なのだ。
        *
16.7.27 高齢者講習・ヒグラシの森  (27)
②蜩(ひぐらし)の森
僕が勝手につけた森の名前。
早くも蜩がカナカナカナカナ・・・・・・。
それも数匹が同時。
森の中に入り、しばらく立ち止まって聞いていた。
ちなみに、森の中は××家の墓。
        *
16.7.27 高齢者講習・ヒグラシの森  (5)
③欄干の上から覗くと、
亀、亀、亀・・・、鯉、鯉・・・・・・・。
誰かがエサでも撒くのか?
上から見る亀はちょっとカワイイ(^◇^)。
        *
16.7.20 散歩の風景  (11)
④柳の巨木。
勢いがあって見ているだけで元気がでる。

運転免許高齢者講習修了

16.7.27 高齢者講習・ヒグラシの森  (16)
アクセルを外してブレーキを踏むまでの時間を検査。
16.7.27 高齢者講習・ヒグラシの森  (8)
講義はプロジェクターを使ってやるも資料に理解不能箇所あり。

★たっぷり3時間の運転免許高齢者講習

今年の誕生日で満71歳。
自動車運転免許更新をするためには高齢者講習を受けなければならない。

少し早いが今日受けてきた。

①講義
主に高齢化現象について。
高齢者の事故率や事故を起こしてしまった場合の死亡率。
プロジェクターを使って説明するのだがデータそのものに理解不能箇所あり。

②敏捷検査(ブレーキ)

ゲームみたいな方法でアクセルを離してからとブレーキを踏むまでの時間を測定。

③目の検査

視力検査と視野測定。

④実地運転

教習所の練習コース内を1周程度。
途中クランク(直角S字?)を通る。

僕が免許を取得したのは20歳の時、およそ50年前になる。
教習所内の運転はその時以来。

当時は車庫入れとS字型はあったけどクランクはなかったと思う。
緊張したなァ。

結局、講習は午後1時に開始、4時に終了。
たっぷり3時間の運転免許高齢者講習だった。

        *

16.7.27 高齢者講習・ヒグラシの森  (20)
講習が行われた教習所は荒川の河川〈堤外)。
帰りは自転車で僕が昨年9月に現住所に引っ越す前の散歩道を通った。
丸堀は水が少な目。やはり空梅雨のせい?

虫よけスプレーを作った!。セミ

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-26 Tue 21:17:03
  • その他
16.7.23-24 飯綱山 (2)
ハッカ油スプレー制作5点セット(パンフには作り方の説明あり)。

★虫よけに最強のハッカ油スプレー

虫よけスプレーを作った。

山の大先輩が虫よけに最強力なのはハッカ油だと教えてくれた。
そこで、早速薬屋へ虫よけ用ハッカ油数スプレーを買いに行った。

ところがたまたま行った薬屋には虫よけハッカ油スプレーは置いてなかった。

薬屋店員××「ハッカ油はありますからご自分でお作りになれます」
ゴロー××「エッ、自分で作っるって?」
薬屋店員××「ハッカ油を無水エタノールと水で薄めればいいのです」
ゴロー××「それで、スプレーはどうすればいいの?」
薬屋店員××「百均で売っていますから」

店員さんはそういいうと一枚のパンフを持ってきた。
それは"ハッカ油の上手な使い方"と書かれたパンフで、
なるほど虫よけスプレーの作り方が載っている。

店員さんの説明と百均で買いそろえたのが5点セット(作り方パンフを含む)だ。
10mlの無水エタノールに5~10摘のハッカ油を入れて90mlの水で薄める。

・・・・で作ってみた。
肌に吹きかけるとスッとする。

とりあえずは1本作っては見たが、
効きそうだったら娘や息子のところにも作ってあげようかなァ。

     ☆

2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(39)
セミは近寄っても洗濯物を動かしても逃げなかった。

★干してある洗濯物にセミ

ベランダの干し物にセミがとまっている。
近寄っても洗濯物を動かしても逃げない。

ネットの画像で調べたらどうもアブラゼミのようだ。
手でつまんで空高く放り投げてあげた。

モチ、セミは大きく飛んで公園の木の中に消えていった。

すごくいい、ためになる映画・・・・映画「日本の一番長い日」

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-25 Mon 22:21:10
  • 映画
16.7.25 絵の教室モデル・映画 (12)
すごくいい、ためになる映画だと思う。

★映画「日本の一番長い日」 1967年 岡本喜八監督

久しぶりにNHKBS3chにて見た映画。
東宝創立35周年(当時)の映画とあって、
出演俳優も超豪華。

迫真の演技に感動新(僕は2度目の鑑賞)。
これからの日本の指導的な立場になる人は全員、見ておいたほうがいい。
2度目3度目でも・・・。

戸隠(イースタンキャンプ場)のテント泊体験と飯綱山ハイク

16.7.23-24 飯綱山 (48)
50年ぶりに見る戸隠山。
テントを張り終えた夕食前の数分間だけその姿を見ることができた。
16.7.23-24 飯綱山 (81)
飯綱山山頂。ガスに包まれ眺望はない。
たくさんの赤とんぼ(まだ赤くはないが・・・)が舞っていた。
16.7.23-24 飯綱山 (87)
下山途中の一瞬の晴れ間。
眺望が効いたのはこの瞬間のみ。
16.7.23-24 飯綱山 (19)
飯綱山テント山行には9人が参加。
キャンプ場は若者たちのオート利用が多く、
派手な一人用テントが並ぶのは近頃では珍しいのかも?

★50年ぶりに見た戸隠山

戸隠キャンプ場でテントを張り、
戸隠山に登山したのは50年前。

今回、その戸隠(今回は道路を挟んで反対側のイースタンキャンプ場)
でのテント泊山行ということで、懐かしさもあって参加した。

登った山は飯綱山。
天気はまずまずだったが蒸し暑く、ガスったりで今回も山頂の眺望は拝めず。

道迷いもあって予定時間を1時間オーバーの7時間半の山行。
少々疲れたけどやっぱり山はいいなァ。

貝殻、公園・・・・・・・・宿題に出されたパステル画

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-22 Fri 21:07:05
★宿題に出されたパステル画2点

絵の教室は月2回なのだけど、僕は欠席ばかり。
この3ヶ月で1回しか行っていない。

なぜか教室のある日と別件の用が重なる。
家にいる間に描けばいいのだけどこれがやらない。

     *

来週の月曜日は久々に出席のつもりだ。
先月、先生から家で描くようにと出されていた宿題を持っていく(下・2点)。

CIMG9322.jpg
貝殻。
CIMG9323.jpg
公園。

※明日から1泊予定で山へ行きます。
超久しぶりのテント泊でどうなることやら。
・・・・・・というわけで明日はブログをお休みします。

栗、松葉ぼたん、スイカ、竹林・・・・散歩の風景林畑編

1 2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(11)
栗畑。
2 2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(32)
松葉ぼたん。
3 2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(37)
スイカ。
4 2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(41)
竹林。

★栗、松葉ぼたん、スイカ、竹林・・・・散歩の風景林畑編

相変わらずパソコンには翻弄されている。
今、もっぱらてこずっているのは外付けメモリーの扱いだ。

入れたはずのデータが消えてしまったり、
USBがパソコンに認識されなかったり、
もう何がなんだかわからない状態で半日もデスクで格闘している。

しかも、昨日、今日、さらに旅行に行く前々日からの2日間もだ。
とうとう、今日は購入した×××デンキの親父さんのところへ教えてもらいに行った。

         *

今日の散歩の風景林畑編はそのデンキ屋への行きかえりに撮ったものだ。

正しくは散歩ではないのだけど、
傘をさしてノートパソコンと購入したばかりの外付けメモリーをザックに入れて、
まァ、散歩気分で出かけたようなものなのだ。

今頃の畑は野菜の緑や花の色が鮮やかだ。
雨に濡れて一段と美しく輝いている。

         ☆

5 2016.7.20 「卓球温泉」、畑の花、せみ(6)
「卓球温泉」はますや旅館が随所に出てくる映画

★映画「卓球温泉」 1998年。山川元監督。

一昨日宿泊した長野県青木村田沢温泉の"ますや旅館"が撮影場所になっている映画。

※以下、ウキペディアによれば
温泉街・長野県上田市別所温泉
旅館・長野県小県郡青木村田沢温泉「ますや旅館」、
白骨温泉「白船荘 新宅旅館」なのだそうだ。

というわけで早速、今日You tubeで見た。
ますや旅館が随所に出てくるので面白く見ることができた。

島崎藤村が泊まった部屋(宿)と軽井沢浅間GCと星の王子様

★盛りだくさんの1泊2日

今回の旅行のハイライトは3つ。
ひとつは有形文化財のますや旅館の宿泊体験。

そのまま明治時代に浸ることのできる貴重な宿。
但し、ウオシュレットのトイレと部屋のテレビを除いてだが・・・・。

しかも、この日の宿泊客は我々3人だけということもあってか、
二間続きの広い部屋を2つも使わせてくれたのだ。

        *

翌、2日目は軽井沢でゴルフを楽しんだ。
これも貴重な体験といえなくもない。

というのも、
僕が軽井沢でゴルフをするのは40年ぶりくらいなるからだ。

超久しぶりに軽井沢の草(ラフ)の匂いを十分すぎるほど嗅がせてもらったて満足だァ。
好天に恵まれ、午前中は浅間山が1日中姿を見せていた。

        *

帰り(上り)の関越道、
運転手交代のため寄居のサービスエリアに寄った。

まさか、星の王子さまの町になっていようとは・・・・・。

そー言えば、
これまでも何度か関越道の上りは走っているのだが、
寄居のサービスエリアに入ったのは初めて。

南フランスプロヴァンス地方の雰囲気が建物や食事から味わえるとか・・・・・・。

星の王子さまSAは2010年オープンとあるから
2013年にオープンした東北自動車道羽生SAの"鬼平江戸処"より古い。

交通量にもよるがどちらのほうが人気かなァ

16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (104)
明治38年、島崎藤村が宿泊した部屋はいまでもそのまま。宿泊も可。
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (20)
木造3階建の本館ほか6棟が国の登録有形文化財。
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (172)
島崎藤村が宿泊した部屋は2階角部屋。
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (145)
平成17年国の登録有形文化財となる。
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (154)
1階にある卓球のプレイルーム。
ますや旅館は1998年公開の映画"卓球温泉"(主演・松坂慶子)の舞台になった。
        ☆
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (190)
軽井沢浅間GC。翌2日目はさわやかな軽井沢でゴルフを楽しだ。
        ☆
16.7.18-19 田沢温泉ますや旅館 軽井沢浅間GC  (196)
関越自動車道登り寄居のサービスエリアは
世界初のテーマパーク型(ネット調べ)サービスエリア"星の王子さまPA"

大好評だった“ホーム流しソーメン”。団地内掃除日。明日から2日間ブログ休みます

  • Posted by: ゴロー
  • 2016-07-17 Sun 21:46:15
16.7.17 団地掃除・流しソーメン  (22)
発泡スチロール(筒状)を利用した我が家のホーム流しソーメン。

★孫を喜ばす格安イベント

孫たちが楽しみにしていた流しソーメンを実施した。

家の中でやるにはそれなりの工夫が必要だ。
台所の流しの水道を使って流さなければならない。

孟宗竹を縦に割いての流し台がベストなのだけれども、
手に入る物でもなし、だいいち狭い家の中でやるのも不可だ。

ホームセンターで見つけた代用品はアクリルの樋(495円)と、
発泡スチロール(筒状・185円)だ。

        *

発砲スチロールのほうが自在に曲がり使い勝手がいいと判明。
受け取り口の部分はハサミを入れて半円状にした。

大好評で4人の孫は大喜びで7杷の乾麺を平らげた。

3人の孫の母親(息子の嫁)と中一の孫はスマホで写真を撮ったり、
それを送信したりで大はしゃぎ。

ホーム流しソーメンは孫を喜ばす格安イベントだ。

         ☆

16.7.17 団地掃除・流しソーメン  (8)
どこにでも生えるつる性の雑草の名は「ヘクソカズラ」。
他の植物や樹木に覆いかぶさってしまうやっかいもので、
手で引っこ抜いたりすると臭い。名前もそこから付けられたとか(ネットより)。
ところが可憐な花を咲かせているのを見て一瞬抜くのをためらいそうになった。
結局は抜いたけれども雑草だって名もあるし花も咲く・・・・・
・・・・・ことを再認識した団地内草むしり日だった。
16.7.17 団地掃除・流しソーメン  (12)
すっかりきれいになった草刈りの終わった団地内小公園。

★団地内草刈り日(清掃日)

今日は月1回の団地内清掃・草刈り。

先週は時間を間違えて参加できなったが、
今日はリベンジを兼ねて早めに出動、
8~9時までの1時間たっぷりと汗を流した。

※明日から2日間旅行のためブログ休みます。

突然引っ越しの謎・・・・が解けた!

★ますます若くなる歳の取り方?

突然、新潟県のそれもかなりの田舎へ引っ越してしまった知人ががいる。

僕としてはなぜ突然、引っ越す気になったのか?
かねてからその謎(理由)が知りたかった。

       *

その彼から昨日連絡が来て
所用で東京に来ているから会いたいというのだ。

今日の昼、日本橋高島屋の美術画廊で会い、
ランチしながらたっぷりと彼の話を聞くことができた。

現在NPO活動に従事していて有機農業、外国からの来訪者の世話などをしているとか。
毎日が忙しく充実しているとのことだった。

謎は解けた。

なるほど彼の顔は色つやもよく、精悍さがにじみ出ていた。
ますます若くなる歳の取り方?・・・・を彼は選んだのかもしれない。

16.7.16 ブログ用古田さん関係の個展  (10)
知人の所属するNPO法人のリーダー(彫刻家)が個展を開催中。
日本橋高島屋6階美術画廊にて。

         ☆

★通りすがりのよその家の畑の花
16.7.16 ブログ用古田さん関係の個展  (15)
ユリ。
16.7.16 ブログ用古田さん関係の個展  (19)
ダリア。

旨さ絶品・・・・・ボラの洗い、焼ボラ

16.7.15 ブログ用ボラ(3)
今日のひとり昼食のおかずは急きょボラの刺身となった。

★焼いたボラは身がふんわり

珍しや!
近くのスーパー(イオン)の魚売り場にボラが並んでいた。

肉厚、色もいい、大きい。
30センチはありそうだ(実測は31㌢)。
しかも298円とはなんと安いことか!

3枚におろした半身、刺身用と表示されている。
すぐにも食べれる・・・・・・じゃん。

       *

雑誌の編集の仕事に携わっていた20年前、
広島県の呉に住むUさんを取材に行った。

Uさんはマラソンで五輪に出場したこともある有名人。
当時は地元の高校の体育教師をしていた。

取材を終えるとUさんが浜へ散歩に行こうという。
家から瀬戸内海の浜まではほんの数分だった。

浜に出て釣りをしている人を見つけるとUさんは近寄って行き、
釣り人のびくを覗く。

びく中に数匹の魚を確認すると値段交渉を始めた。
たしか一匹50円くらいで話がついたみたいだった。

Uさん××「これから刺身にするから一緒に食べよう」
ゴロー××「何の魚です?」
Uさん××「ボラだ。うまいぞ」

自宅に戻るとUさんは早速3枚に下ろし、
身を薄く切ると氷水の中につけた。

ボラを洗いにしたのだ。

しょうが醤油かわさび醤油かで食べた。
こりこりのしまった身が旨い。
モチ、臭みなどまったくない。

        *

ボラは昔からまずいととか臭いとかいってあまり食べられていないのではなかろうか。
中学のころハゼ釣りに行った江戸川河口(当時)でもよくボラが釣れていた。

しかし、持って帰る人は少なかったようだった。
当時中学生だったの僕にもボラはまずくて食べられない魚と耳にしていた。

ボラが魚屋、スーパーなどでもあまり売られいない本当の理由は僕にはわからない。
実際、Uさんにボラの洗いをご馳走になるまで、
僕の記憶では1度だけしか食べたことがなかった。

それでも、そのボラを僕は不味いとか臭いとかは思ってはいなかった。
だからUさんにご馳走になったときも素直に美味しく頂けたのだ。

       *

そんなわけで今日のひとり昼食のおかずは急きょボラの刺身となった。
調理はモチ、Uさん流(仕込み)の洗いにした。

わさび醤油、しょうが醤油、
それにニンニク醤油でも味わった。

ハラミと身の一部は焼いてみた。
どれも絶品の旨さ。

とくに焼いたボラは身がふんわり、
他にはない食感・・・・これは発見だァ。

パワースポットもあって見どころ満載の低山ハイク

★パワースポットは宿谷小滝

午後から雷という予報だったので、
1時までの早めの下山ができる日和田山~物見山へ行った。

天気予報はぴたりと当たって、
日が差しているにもかかわらず雷が・・・。

下山地点あるパワースポットの宿谷小滝に着いたのが12時半。
ちょうどそこで雷が鳴り始めた。
雨の降り始めは30分後の1時。

帰りの乗車駅、東武東毛呂駅までの歩きを入れて5時間。

16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (11)
日和田山(305㍍)頂上手前の見晴場所から。
午前中はものすごい蒸し暑さだった。
1 16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (43)
雄大な伐採後の山肌を眺めながら昼食を食べた場所。
低山の見どころ、魅力かも・・・・。
2 16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (70)
宿谷の滝。
16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (55)
パワースポットは少し上流の宿谷小滝。
3 16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (53)
低山とはいえ気は抜けない。濡れた岩や道はよく滑る。
4 16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (27)
誰にも踏まれず登山道に美しいカラーキノコ?(キノコの名ではありません)。
5 16.7.15 日和田山ー物見山ー東毛呂山駅   (84)
里山の家々の庭や畑は花いっぱい。

突っ込んでくる四国気質マナー。散歩の寄り道

★突っ込んでくる四国気質マナー

2、3日前にJAF(日本自動車連盟)がネットに流したニュースに
交通マナーについて「とても悪い」「悪い」自覚ランキング47都道府県別ランキングがあった。↓

※居住する都道府県の交通マナーについて、
「とても悪い」「悪い」と回答した人の比率は、
香川県が80%でトップ。
2位は徳島県(73.5%)、3位は茨城県(67.2%)となった(JAF)。

       *

1位、2位とも四国。
このニュースには十分納得がいく。

僕が最初に四国内をドライブしたのは25年も前のことだが、
そのとき、四国の人たちは何という運転をするんだと思ったものだ。

2台がすれ違うにギリギリの幅しかない道路なのに、
対向車(四国ナンバー)が突っ込んでくるのだ。

恐くてしょうがない。

普通、そんな狭い道路ならわきに寄せて止まるとか、
超ゆっくり運転にしてすれ違うだろう。

しかし、四国では違った。
突っ込んでくるのだ。

たまたまではない、
男の運転も女性の運転も突っ込んでくるのだ。
四国気質なのだろうか?

必然的に、
対向車を見た時点で僕はわきに寄せて止まり、
通過するのを待つようにした。

       *

その後、四国の運転経験をずいぶん人に話したものだ。
聞いた人はわかったようなわからないような顔をしていたが・・・。

それから25年もたってしまったが、
おそらく運転マナーは変わっていないのだろう。

記事を読んでひとり留飲を下げている。

ただ、悪いことばかりではない。
四国での運転経験のおかげで、
けっこうどこでも運転しても平気になった。

バンコクの交通渋滞も最初から平気だった。
九州の山奥の峠道も怖くなくなった。
度胸がついたのかなァ?

       *

ところで、
70歳になって僕の運転技術が著しく低下している。
40年以上も連れ添っている家内にも指摘された。

もともと技術と言うほどでもないのだが、
車庫入れ(駐車場)が1回で上手く収まらないのだ。

真っすぐに入らない。

物忘れなどほかにも老化現象は多々あるが、
とりあえず、四国での運転はもうしないことだけは確かだ。

        ☆

★散歩の寄り道
16.7.12 ランドリーの看板娘 (5)
コインランドリーの美人お姉さん。
「おはよう」・・・・と声を掛けたくなる。
16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (4)
畑に突き出ている岩の突端?
それとも単なる庭石?
16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (6)
ヒマワリを見るといつも昔見たヒマワリが頭に浮かぶ。
長野県の戸隠村で見た種の部分だけでも直径30センチもありそうな巨大な花。
遊園地のヒマワリ迷路、安曇野でみた見事なヒマワリ畑、
何といっても映画『ひまわり』・・・・・。
16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (2)
団地内のムクゲ。

また紹介する坂東太郎のおそば。流しそうめん計画。アーティチョーク

3 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (16)
季節の天ぷらは"ハモ"がついて1000円は安い。
もうひとつ勧めたいのがデザートの黒蜜そばプリン。
100円と低価格だけどモッタイナイくらいの旨さ。
4 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (20)
同じ写真で2015年5月5日に紹介している"坂東太郎"。

★きっと熱烈なファンがいるに違いない

所用で久喜の義兄の家に行った。
帰りの昼食に寄ったのが大宮・栗橋線沿いのソバ屋"坂東太郎"。

僕はグルメでもソバ好きでもないけど、
ここのソバはほんとに旨いと思う。

紹介しておいて矛盾していることを言うが、
食べたら他人には教えたくないほどのおいしさなのだ。
(自分だけが知っていたい旨さってあるのではないだろうか?)

       *

聞けば全国チェーンの坂東太郎とは異なり、
個人経営のお店だそうだ。

店構えもそれほど大きくもなく、
玄関前が駐車場になっていてちょっと目立たないが、
蓮田あたり、栗橋に向かって右側だ。
(Tel 048-722-7353)

たった一店舗で40年以上(多分)も頑張っている。
食べログに紹介されているとは思えないけど、
きっと熱烈なファンがいるに違いない。

       *

ネットで蓮田の坂東太郎を検索しても
大手チェーン店の坂東太郎に隠れてしまって分からない。
ゴローの「ここの記」日記2015年5月5日に同じような内容で(僕が)紹介していた。

何度でも紹介したくなるソバの味なのだ。

       ☆

2 16.7.12 ブログ用坂東太郎ほか  (28)
テレビでやっていた流しソーメン・・・・大いに参考になった。

★流しそうめん計画

孫娘に「爺~じの家に来たら何が食べたい?」
って聞いたら流しソーメンだという。

実は先週のこと、
我が家での昼食に1,5リットルの空きペットボトルを利用して流しソーメンをしてあげた。

それがよっぽど美味しかった(楽しかった)らしい。

        *

そこで、今度は本格的に竹(樋)を利用して・・・と思っていたら、
今日、テレビで家の中の流しソーメンをやっていた。

僕が考えていたのとほぼ同じやり方。
考えることは同じだァ・・・と思わず思った(何のこっちゃ?)

次の日曜か夏休みに入ってからだけど、
爺(僕)のほうが楽しみにしているみたい。

        ☆

1 img071
先日の植林の模様がラオスの新聞ビエンチャンタイムズに載った

★感謝と高い評価

ラオス・バンビエンの植林の模様がラオスの新聞ビエンチャンタイムズに載った。

僕は旅行気分で参加しただけで直接関係ないのだけど、
植林は『高尾の森』のボランティア活動で、
ラオス政府から感謝と高い評価を受けているようだ。

今回は6回目(別に間伐も数回)であり、
ラオスの農林省関係の高官も視察にきていた。

        ☆

5 16.7.11 ブログ用風鈴 (6)
株が大きく植えかえ不可で一般の家庭の庭では難しいとか。

★アーティチョーク

昨日ブログに掲載した「こんな花あったけ」の記事を見て
花の名前を教えてくれた人がいた。

アーティチョークという食用になる(野菜?)の花なのだそうだ。

早速、ネットで調べた。
①株が大きく場所をとる。
②植えかえ不可で一般の家庭の庭では難しい。
③ヨーロッパでは人気の食材。
④葉の先に棘があり注意(けがをする)。
⑤日本名は朝鮮薊(あざみ)
⑥花言葉
『傷つく心』『警告』『独立独歩』『傷つく恋』『そばにおいて』『孤独』『厳格』
・・・・・・など情報多数。

南部鉄器・風鈴。こんな花あったっけ?。急きょ麻婆茄子に変更

16.7.11 ブログ用風鈴 (21)
チリンチリン・・・・・癒されますねェ。

★念入りに選びました・・・・風鈴 

先月、岩手でお土産に購入した南部鉄器の風鈴。
そのとき一緒だった知人の車に置き忘れてしまったものを、
(知人が)わざわざ近くまで持ってきてくれた。

早速、ベランダに吊るした。

店内にいくつも吊り下げられた中から、
ひとつひとつ音を確かめ念入りに選んだものだ。

      *

いいねェ。
癒されますねェ。

      ☆

16.7.11 ブログ用風鈴 (2)
一株に5つくらい同時に咲いていてなかなかの迫力。

★こんな花あったっけ?

散歩中の他所の家の畑に咲いていた花。
大きい花は明るく鮮やかな紫色だ。

一株に5つくらい同時に咲いている。
背丈も僕の肩ぐらい。

大きいだけになかなかの迫力だ。

僕が生まれて初めて見る花(多分)。
ネットで調べても分からない。

こんな花あったっけ?

      ☆

16.7.11 ブログ用風鈴 (9)
今日の3品はスーパーよりは格安・新鮮。

★急きょ麻婆茄子に変更

畑の隅の青空マーケット。
今日の3品はスーパーよりは格安・新鮮。

キュウリが3本100円。
ナスが4つで100円。
トマトが大小で100円。

      *

今日の夕食のおかずはゴーヤチャンプルの予定だったが、
急きょ麻婆茄子に変更だ。
トマトとキュウリはそのまんまサラダ。

すっきりと投票と苦戦!

遊水池
葦はまだ刈られて間もない。

★気持ちよくすっきり歩けた

迷路のようになっていた遊水池の木道(新建材)の周りの葦が刈られていた。

久しぶりの朝の散歩なのだが、
木道は葦おおわれ朝露でズボンが濡れてしまうのでは
・・・・と思いつつ行ってみたらご覧(写真)の通り。

葦はまだ刈られて間もない(多分)。

床屋へ行って髪を短く切ったばかりのように、
とてもすっきり気持ちよく歩けた。

         ☆

選挙
投票所は僕の中1の孫娘が通う学校。
納谷
昭和の大横綱大鵬の孫も通っている。

★投票所と将来の大横綱

参院選挙の投票に行った。
投票所は近くの中学校。

男の子の孫が今年卒業、
そして今年から妹の孫娘が通う中学校だ。

         *

この中学校には昭和の大横綱・大鵬の孫が通っている。

一度運動会で見かけたことがある。
大柄の体に似合わず敏捷に動いていたのが印象的。

きっと大横綱になるの違いない。

         ☆

CIMG8848.jpg
10時間をかけているのだが終わらない。

★苦戦!

撮った写真や動画のメモリー数が大きいので、
パソコンから外付けメモリーに移すのだが、
これに苦戦している。

最近は動画に凝っているのでメモリーが半端でない。
DVD盤ではとても間に合わないのだ。

慣れていないこともある。

今日はほぼ一日、
10時間をかけているのだが午後9時現在まだ終わらない。
モチ、失敗、やり直しも含めてだが・・・・・。

ケヤキがアソックに?

16.6.1 らいふ指扇 民謡慰問(遠藤、矢部、兼田) (26)
ケヤキの小枝も葉も下向きになってしまっている。

★ケヤキがアソックに?

欅(ケヤキ)は埼玉県の木だ。
浦和から所沢間の国道463号線には17km、2400本あまりの、
日本一のケヤキ並木がある。

ケヤキは枝が大きく広がり、葉が生い茂る。
その分、秋の紅葉を楽しんだ後の落ち葉の片付けは大変。

       *

国道17号バイパスのケヤキも大きい。
交通量が激しいのでつねに剪定などの管理が行き届いている。

春先の剪定では小枝はほとんど切られてしまう。
丸坊主にされてしまうのだ。

上の写真のケヤキはたまたま幹の中ほどから枝分かれしているので、
他のケヤキの比べてこの時期(1ヶ月ほど前)にしては葉が多いようだ。

       *

ケヤキの小枝も葉も下向きになってしまっている。
あの伸び伸びした枝ぶりと陽の光を思い切り受け止めるような
上を向いた元気な葉の姿はみられない。

このケヤキの姿が
南の国のある木の姿に似ているのだ。

アソックがその木の名(下の写真)。
日本のケヤキはいつの日かアソックになってしまうのではないか?
・・・・・・・・・とひそかに心配している。

ラオス・16.7.2-6 バンビエン植林 (59)
タイ(東南アジア)でよくみられるアソック。

       ☆

★カエンボク(火焔木)またはホウオウボク(鳳凰木)
ラオス・16.7.2-6 バンビエン植林 (296)
散っても燃え続けるカエンボクまたはホウオウボクの花(ネット調べ)。
どっちが正しいのか僕にはわからないのです(ゴメンナサイ)。

Index of all entries

Home > 2016年07月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top