Home > 2017年05月

2017年05月 Archive

また転んだ!・・・・・・男体山、半月山

★それも2度もだ

1日目は半月山。
2日目が中禅寺湖を挟んでの日光男体山。

      *

また転んだ!
それも2度もだ。

どちらも男体山の5~6合目付近。

     *

1度目は肘に擦り傷、
右もも(ヒザ上)横の打撲。

2度目が柔道の受け身のような恰好(見ていた仲間)
で上向きに転んだ。

      *

1度目は仲間たちに応急処置をしてもらった。
2度目は打ち所が悪かったら・・・と、
怖くなるほどの転び方だった。

下山も出来、無事帰っては来たが、
右ももは夜になって結構いたくなってきた。
左腕こぶしの筋肉に痛みが出・・・・ほか。

先日も書いたが、
どうして僕は転んでばかりいるのだ?

歩き方にも問題ありだし、
不注意が過ぎるのだろうなァ・・・・・と反省ばかりだ。

      *

明日、整形外科に行く。

17.530-31 男体山  (20)
半月山(1753m)頂上付近展望台から見た男体山。
17.530-31 男体山  (33)
半月山下山地点の湖畔から見た男体山。
17.530-31 男体山  (60)
華厳の滝を上から見物。
17.530-31 男体山  (94)
男体山頂上。
17.530-31 男体山  (118)
男体山頂上から臨む中禅寺湖と半月山方面。

刀で切った竹片

16.11.16 我楽多② (33)
斜めにスパッと切れているのは刀で切った跡だ。

★自分で真剣もそろえた

「全国的に竹がはびこっている」と検索したら、
自然保護・自然農法に携わりながら
開墾に励んでいる人のYahooブログ[紆余曲折]に出会った。

ざっと見ただけだがものすごく役立ちそうなブログ記事(内容)。
ゴローの「ここの記」日記とは大違いだ。

      *

さて、僕が写真で紹介する竹片はガラクタとして
一昨年、引っ越しの際に破棄したもの。

唯の竹片ではない。
斜めにスパッと切れているのは刀で切った跡だ。

20代の頃、僕は7年ほど居合抜きをやっていた。
袴姿で模擬刀を使い、いくつもの型を覚える。

7年もやっていていちおう有段者にはなった。
・・・・・・が、今は袴のはき方も忘れてしまっている。

      *

その時の師範が真剣を使って藁や竹を切る練習をしていた。
師範は真剣にこだわる人であった。

弟子のうち何人かは師範を真似て竹や藁を切った。
僕もそのうちの一人。
モチ、自分で真剣もそろえた。

その頃は、まだ全国的に竹がはびこってはいなかったので、
師範は竹の入手(藁もだが)にずいぶん苦労したようだ。

      *

台の上に立てた竹を切る。
時には竹を藁で包んで一気(同時)に切る。

写真の竹片は一本の竹を上部と下部の2ヵ所(2度)を切った後だ。
竹や藁を切ったときの感触は今でも忘れてはいない。
袴のはき方も忘れているのに・・・・・・。

      *

この竹片、長いあいだ捨てずにおいたものを、
ガラクタとして一昨年の引っ越しの際に破棄した。

      ☆

※明日は一泊ハイクのためブログはお休みします。

ラオスフェスティバルへ3年ぶりに行ってきた。絵ぷろん・・・・・世田谷美術館

★1時間超えで220円は安いけど・・・・・・路線バス

3年ぶりにラオスフェスティバルへ行ってきた。
会場は代々木公園。

今日はその前に世田谷美術館へ知人のグループ展を見に行ったルート上、
渋谷駅から(歩いて)会場の代々木公園へ向かった。

      *

世田谷美術館へは
小田急の成城学園前駅前から渋谷行の路線バスに乗るのがいいとの情報を得て
今日はそのルートを使った。

つまり世田谷美術館は代々木公園へ行く途中(砧町)にあるわけだ。
この路線は距離に関係なく大人は220円。

砧町までは10分ほどで着いたので、
この分なら渋谷まで行っても距離も時間もたいしたことなかろうと、
ラオスフェスティバルの会場へも同じバス(路線)に乗った。

バス代は前述のとおり220円だったが、
かかった時間が・・・・・・・何と1時間超えだ。

1時間超えで220円は安いけど、
疲れたァ。

17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (34)
ラオス民族舞踊団の踊り。
この中に、ラオスでの絵画教室の生徒が2人いるかもなのだ。
顔に見覚えがあるしフェイスブックでは友達になっているのだ。
もしかして別人だったらゴメンナサイなのだが・・・・・・。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (40)
テレ番"こんなところに日本人"に紹介されたラム酒のブース。
その日本人としばしお喋り。
4000円のラム酒が半額。
試飲で飲みやすかったので買ったらコーヒー酒となぜかサンダルを
おまけにつけてくれた。
最終日とはいえかなりの奮発サービス。
なお、ラム酒のアルコールは40度、コーヒー酒のほうは35度。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (51)
帰りは会場から原宿駅まで代々木公園内を歩いた。
バラの花が満開、他のバラ園とは違う鑑賞方法だ。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (14)
"絵ぷろん"には山の会(おいらく山岳会)のメンバーが3人。
山もベテランだけど絵の方もベテラン揃いだ。
17.5.28 世田谷図書館・ラオスフェスティバル   (18)
久しぶりに26輪の大型トレーラーに遭遇。

超ラッキー(^_-)-☆

スキャン_20170527 (4)
大宮駅とその周辺ではいろいろ買ったり修理してもらったり。
17.5.27 ICI (3)
スポーツショップと家電関係のカードは何枚かあるが、
このところ購入はICI(石井スポーツ)に限られてしまうようになった。
やはり近いから・・・・・・多分。

★チケットが取れた!

今日のことを箇条書きにすれば

①ガン検診で胃カメラ検査を行う。
②孫2人(同じ小学校)の運動会。下の2歳の孫と留守番。
③偶然、久しぶりに会った知人とお喋り。
④JR大宮駅みどりの窓口で指定席を購入。
⑤石井スポーツで用具・用品を購入。
⑥メガネドラッグでフレームの修理。

その間、車で移動したりバスで移動したり。
①~⑥を少し詳しく説明すれば・・・・・・・↓

①胃カメラはいつもきついね。
おかげさまで胃の中はきれいとのこと。
ピロリ菌がいる気配もなし。

②家で半分、児童館で半分の時間をつぶす。

③児童館のあるコミュニティセンターの1階フロアで、
偶然、おそらく20年ぶりくらいになるだろうの知人にばったり。
孫も運動会もそっちのけで30分間もお喋り。

④なんと、先日満席と言われて取れなかった指定席も含めて、
3枚の指定席がすべて購入できた。超ラッキー(^_-)-☆。

⑤石井スポーツで購入したものはカラビナとロープと靴下と半そでシャツ。

⑥メガネドラッグはいつも応対がいい。
2つのメガネのフレームを修理してもらう。
ひとつは無料、もう一つが1080円。
何と安い!
スポーツ用品・用具が(僕には)ますます高額に思えた。

コミュニティバスに乗って民謡の稽古

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-26 Fri 21:24:43
  • その他
★車なし、カッパもなし、歩きたくもなし

今日は民謡の稽古日。
稽古を受ける公民館までは約3㎞ほどある。

朝からの雨がなかなかやまない。
珍しくどうやって行くか迷った。

車はないし、
自転車で行くにはカッパがない。

ふだんなら歩くのもどうってことないのだけど、
まだ腰に負担をかけたくない。

      *

あれこれ考えているうちにコミュニティバスがあることを思い出した。
早速、ネットで時刻表を調べた。
平日のみ、それも1時間に1本しか走らない小型のバスなのだ。

コミュニティバスは大型の路線バスが走っていない道路を
縫うようにして走っている。

何年か前に運行が始まったもので、
僕もまだ3、4回しか利用したことがない。

行先によっては便利。
バス代もふつうの路線バスより安い。

我が家からコミュニティバスの停留所までは歩いて15分、
下車してからまた10分ほど歩くので合計25分も歩くことになる。

      *

バスは12時に来る。
下車する停留所までは15分とかからない。
おかげでいつもより30分も速く到着した。

17.5.26 ブログ用道の花など (9)
バス停手前にあった森(樹木、草)がすっかり取り払われていた。
建築予定はセブン・イレブン。
隣接して大手のスーパーがあるのになァ。
この辺は市街化調整区域が解除されて宅地造成が盛んだ。
面白いもので建物が出来上がると、
以前そこに何があったのか忘れてしまう。
(自分は)あれほど緑が無くなるのを惜しんでいたくせにだ。
17.5.26 ブログ用道の花など (13)
ジャガイモの花(通りすがりの畑)。
僕は知らなかったけれど、
花は摘みとってしまわなければ
肝心のイモがうまく育たないとか
(畑に詳しい民謡仲間・談)。
17.5.26 ブログ用道の花など (23)
栗の花(通りすがりの畑)。

「大人の休日倶楽部パス」の人気。本「裏と表」

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-25 Thu 21:07:21
  • その他
17.5.25 ブログ用・ビュープラザ (3)
びゅうプラザの窓口のお姉さんはテキパキとやってくれた。
17.5.25 ブログ用・ビュープラザ (6)
がっかりしながらの帰りがけコンコースで栃木県の産直販売。
ネギとトマトと胡瓜を買った。
売っているお姉さんが(僕が野菜などを買ったので)びっくりしていた。

★集合時間に間に合わない

「大人の休日倶楽部パス」東日本4日間フリーパスを買いに
大宮駅のみどりの窓口へ行った。

「ジパング倶楽部」の会員であれば購入できると思っていたらダメだった。

つまり「大人の休日倶楽部パス」と「ジパング倶楽部」は全く別で、
新たに「大人の休日倶楽部」に入会しなければならないというわけだ。

      *

東日本4日間フリーパスは年に一回発売される。
東北エリアが15000円でフリーで移動できる特割パス。

これを利用しての山行企画に参加しようというわけだ。
チケットは1ヵ月前に発売となるので
今朝いちばんで窓口へ行ったという訳なのだ。

      *

みどりの窓口からとなりのびゅうプラザへ移動。
すぐに「大人の休日倶楽部」の入会手続きをした。

・・・・・・・といっても手続きが大変だ。
証明写真の撮影もしなければならない。
朝、9時に行ってチケット購入の申し込みが出来たのは11時半。

      *

指定予約を申し込んだいちばん列車はすでに満席。
この列車(新幹線・はやぶさ1号)に乗らないと
集合時間(盛岡駅9時)に間に合わないのに・・・・・・・。

びゅうプラザの窓口のお姉さんはテキパキとやってくれた。
だから、購入できなかった(間に合わなかった)のは残念でならない。

座席数には限りがあるわけで、
それが発売2時間足らずで売り切れてしまったわけだ。
「大人の休日倶楽部パス」の人気のほどが伺える。

      *

それにしても、疲れたなァ。

      ☆

17.5.25 ブログ用・ビュープラザ (15)
金券ショップのしくみみたいのがある程度分かった。

★本「裏と表」 梁石日(ヤン・ソギル)

金券ショップのしくみみたいのがある程度分かった。
なるほど、裏金つくりにも利用されるんだ・・・・・・とか。

バブル時代末期の模様なので
現在の金券ショップとは比較はできないだろうけど。


性格を直す薬はありません

★ありません!

今日も病院2軒のハシゴだ。
特定健康診断(高齢者向けガン検診など)と、
腰鈍痛の整形外科だ。

     *

血圧を測った。
両方の病院で5つの血圧計で5回測った。

自分で計れる計測器が待合室などに置いてあるあれだ。

なぜ5回も測ったかというと計測器によって値が違うからだ。
※ただ、測ってみているだけで意味は全くありません。
先生の診断とも関係ありません(念のため)。

幅でだいたい10ずつ3段階。
上は110、120、130前後、
下が70~80前後での組み合わせで
異なる数値となる。

     *

それが今回は、珍しく違う病院で同じ数値が出た。
上が130、下が80。

     *

僕はケガが多い。
ケガの原因はそそっかしい僕の性格にあるのではないか?
・・・・・・と、この歳になって気付き始めた。

そこで、今日は両方の病院の先生と、
薬局のお姉さんに聞いた。

ゴロー××「そそっかしい性格を直す薬はないですか?」
3人とも同じ答えが返ってきた。
××××「ありません!」

1 17.5.24 パステル修正と石膏モチーフ  (4)
薬局裏のどくだみの花。
昔は嫌な臭いに思ったが、最近ではそう思わなくなった。
これも加齢からか?
子供の頃は地面が多かったせいか、
どこにでも生えていたような気がする。
いつのころか姿が見えなくなっていたが、
20年位前からか(はっきりしないが)、
また復活してきたように思う。
花言葉もある。
野生、白い追憶、由来、誕生花。
      *
2 スキャン_20170524
整形外科で新しい薬を出してくれた。
ツムラの"芍薬感想甘草湯"という名の漢方薬。
どこかで聞いたことが・・・・・と考えていたら
山で足がつった時などの即効薬。
以前、街の薬屋で購入したのを思い出した。
値段は一服100円ぐらいに相当していたと思う。
今回、2週間分⒕服手に入ったわけで
もし使い残しがでたとしても無駄なく使えそう。

      ☆

★パステル画2点
3 17.5.24 パステル修正と石膏モチーフ  (12)
一作日(月曜日)の課題(タイトル未定)の仕上げ。
まだ先生に見てもらっていないので直されるかも。
4 正と石膏モチーフ  (29)
一作日、先生から指摘を受けた2ヵ所
(富士の色、左かどに岩を配した)直した「俺の富士」。
※一作日のブログに掲載。

どっちがゴロー?・・・・・・ゴローの記憶遺産その②

スキャン_20170523 (3)
世の中には自分にそっくりな人が3人はいるという事を聞いたことがある。

★どっちがゴロー?

ゴローA××「30年近くも前の事なんだけど、
石垣島(沖縄県)のマラソン大会に出たんだ。

完走してゴール付近で友人を待っていたら、
何処かの雑誌記者みたいな人がインタビューさせてくれって言うんだ。

その記者が僕にそっくりなのでびっくりしたなァ」

      *

ゴローB××「30年近くも前の事なんだけど、
石垣島のマラソン大会の取材に行ったんだ。

ゴールした人から話を聞こうと思って声を掛けたら、
びっくりしたなァ、その人が僕にそっくりなんだ。

僕は思わず"何で俺がそこにいるんだ"って言ってしまった」

      *

さて、右と左のどちらが本当のゴローでしょう。

      *

モチ、僕のことを知っている人なら分かると思うけど、
ちらっとしか見たことがないとか、
もう何年も会ってないとかいう人なら間違えるかも・・・・・。

      *

世の中には自分にそっくりな人が3人はいるという事を聞いたことがある。
本当かどうか定かでないが、
少なくとも一人はいた。

そっくりな人を見ると
見比べた人はなぜか笑う。

偶然に遭遇したことの
おかしみ見たいなものに笑うのだろうと思う。

このときも周囲にいて気づいた人は笑っていた。
僕も笑った。

      *

さて、答えは左のカメラを持っている方がゴローでした。

   *

※ゴローの記憶遺産"について
何のことはない、古い昔の思い出の掲載だ。
写真はプリントからとデータからのがある。
モチ、プリントはデータより古く20年前以前のもの。
写真も思い出話も押し付けるようで迷惑だとは思う。
しかし、溜まった写真・データを掘り起こすのは
年寄り(僕のこと)の楽しみのひとつなのだ。
なくべく厳選し、面白い内容にしたい。
さらに、このカテゴリーが僕のボケ防止の役に立てば幸いなのである。

50年ぶりの以上の石膏デッサン……絵の教室

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-22 Mon 21:15:10
★50年ぶり以上だァ

絵の教室。
この1ヵ月の間に描いた作品を先生に見てもらった。
このブログで紹介済みの『タケノコ』と油絵のための習作『俺の富士(仮題)』だ。

『タケノコ』はオーケーだったけれど、
『俺の富士』は構成の問題を指摘され
直すようにと言われた。

      *

今日のモチーフの中には小さな石膏が。
僕が石膏を描くのは大学受験時以来、
50年ぶり以上だァ。

17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (3)_LI
構成の不味さを指摘された『俺の富士』。
①斜め(袈裟切り)の線は最悪の構成・・・・赤線。
②左下角に受けの岩などを入れるべき・・・・白線部分。
③富士の色をもう少し工夫せよ・・・・青線。
17.5.22 絵の教室モチーフ  (20)
今日のモチーフ。
石膏を描くのは50年ぶり以上だァ。

万全を期して岩トレ不参加・・・・・。干し餅と香茸

★岩トレ不参加の理由

今日は予定だった岩トレに行かなかった。
昨日、不参加の連絡をしていたのだ。

理由は腰にある。
鈍痛はいちおう収まってはいるものの、
ちょっと重い物を持つとすぐに腰に響く。

万全を期すためにも不参加としたのだ。
岩トレとは言えども2時間ほど10㎏ちょいのザックを担がねばならない。

      *

来週の30-31日の男体山ハイクを皮きりに、
アニラオ(フィリピン)のスキューバ、
その後の釣り旅行、
その後の八幡平ー八甲田のハイクと続く。

さらにラオスの植林ツアーのお誘いも入っていたのだが、
これは今回はスルーした。

      *

昨年は6月から9月にわたってケガが続いた。
ケガもうこりごりだ。
そんなわけで今年は万全を期して臨みたいのだ。

      ☆

17.5.17 ブログ用・病院のハシゴ (12)
先日の釣り旅行で買ってきたお土産、干し餅と香茸。

★干し餅と香茸

写真は先日の釣り旅行で買ってきたお土産だ。
干し餅と香茸。

干し餅は硬そうに見える。
しかし、食べてみるとそうでもない。

少し硬めの麩といった食感。
味がついていないのかと思ったら
ほんのり甘みが・・・・・・。

昔の人が保存食として、
あるいはおやつ(お菓子)?として作っていたらしい。
モチ、いまでも作っているから、食べているから売っていたのだ。

      *

香茸は乾燥物だ。
高価でマツタケより貴重だという説もある。

まぜご飯(キノコご飯)にするのがよいと、
同行していた師匠が教えてくれた。

グルメ先生と庭のバラ。日府展と寄り道えちご観光フェア。本「ホームレスになった」「夜の橋」

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (41)
庭には奥様の名前を付けたというバラも咲いていた。

★世界3大牛のステーキ

"庭のバラが満開になったので見に来ないか"
・・・・・・と30年来お世話になている弁護士先生からお誘いを受けた。

といっても先生の仕事関係でお世話になったのではない。
先生はグルメで(ご夫妻に)お会いするたびにご馳走に預かってきたのだ。

      *

先生は忙しいお仕事のかたわらマラソン走る。
何年か前にフルマラソン100回を達成、
記念に作ったというプレートを見せていただいた。

プレートには全大会名と記録が彫られている。
100回の平均タイムが3時間台という素晴らしさだ。
年齢別優勝も何回かあり、飾り棚にはカップや盾が並んでいた。

      *

というわけで、庭のバラを見せていただいたあとはグルメへ。
夕食にと世界3大牛ステーキのお店へ連れて行ってくれた。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (10)
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (15)
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

★水の花火

北浦和公園の噴水が見事だ。
流れる(クラシック)音楽に合わせて様々な形で水を噴き上げる。

煙(ドライ)も噴き出したり、
水が飛び散ったり、
まるで花火を見ているようだった。

      ☆

★日府展

知人が出品している"日府展"を見に行った。
会場は上野の東京都立美術館。

目的は美術館のみだったのが、
会場に着く前に国立博物館前の広場のイベントについ誘われた。

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (23)
知人の作品は日府賞を受賞(真ん中の作品)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (35)
広場で開催中のイベントは新潟県の観光フェア。
雪にこどもたちの大喜び。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (27)
山古志郷から来た70センチほどもある緋鯉(小千谷市)。
17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (20)
特設舞台の民謡・民舞(佐渡おけさ、相川音頭)。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (2)
現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

★本「ホームレスになった」 金子雅臣

現役の公務員(2011年時)が書いたノンフィクション。

バブルが崩壊して数年、
新宿駅の地下通路のホームレスが話題になった頃の話だ。

      ☆

17.5.20 ・北浦和・上野・橋田先生宅 IMG9013 (1)
9本の短編を収録。

★本「夜の橋」 藤沢周平

9本の短編を収録。
下級武士や市井の人がテーマ。

著者の作品はハズレがない。
歴史小説も時代小説もどれも面白く読めるのだ。

お犬様の記憶。本「魚の棲む城」

★ゴローの記憶遺産とは?

今日は民謡の稽古日だ。

6月の月例に唄う2曲を決めた。
決めたというより決めさせられたと言った方が正しい。

プログラムを作るのと
演奏の三味線、尺八の音合わせなどの関係で急ぐらしい。

そんなこと言ったって僕はまだ練習不足(2回続けて練習を休んだ)だし、
何か新しい曲を唄いたいし練習もしたい。

      *

いま、苦戦中は「秩父音頭」だ。
どうしても1ヵ所クリアできないのだ。

もう一曲が「越中おわら節」。
この曲はある事情からひそかに前から練習していた。

そんなわけで、ハンコこそもらえないが、
当日までに何とか様にしたいと思っているのだ。

      ☆

新しいカテゴリーに"ゴローの記憶遺産"を加えた。
何のことはない、古い昔の思い出の掲載だ。

写真はプリントからとデータからのがある。
モチ、プリントはデータより古く20年前以前のもの。

      *

写真も思い出話も押し付けるようで迷惑だとは思う。
しかし、溜まった写真・データを掘り起こすのは
年寄り(僕のこと)の楽しみのひとつなのだ。

なくべく厳選し、面白い内容にしたい。
さらに、このカテゴリーが僕のボケ防止の役に立てば幸いなのである。

☆お犬様・・・・・・ゴローの記憶遺産 その1
07.6.10朝の風景・緑参考・犬 037
2007年タイのバンコク。
あちこちにやたら犬がいた。
郊外、鉄道の駅、お寺の境内・・・・・わんさかいる犬はみな放し飼いだ。
もしかしたら野犬だった?
      *
犬たちは路上を闊歩し、路上で寝て路上でウンチもする。
タイは敬虔な仏教徒が多く、生き物を大切にする。
犬もやたらに捕まえて処分したりはしないと聞いていた。
もっとも僕の滞在中にトラックいっぱいの犬が
ベトナムに密輸されたというニュースもあった。
これは食用にするためらしかった。
      *
ほとんどの犬はおとなしい。
日常では恐れることはないのだが、
時々は吠えたり、向かってくるような犬に会うこともある。
僕も自転車でバス停に向かう途中、数匹の犬に追いかけられ
一度は噛まれた。
噛まれた傷はたいしたことはなかったのだが
それでも僕は病院へ行き狂犬病の予防接種(ワクチン)を済ませた。
      *
タイの印象ベストテンをあげよと言われたら
僕は間違いなくお犬様を入れる。

      ☆

スキャン_20170519
内容は田沼意次もの。

★本「魚の棲む城」 平岩弓枝

内容は田沼意次もの。

歴史内容本を仮に
①ノンフィクション(またはそれに近い物)
②歴史小説
③時代小説
の3つに分けるとしたら、
この小説は時代小説に入る・・・・・と思いながら僕は読んだ。

写真教室山行・神代植物公園

★今日の出来は如何に

写真教室の山行だ。
講師は光川十洋氏。

クラブツーリズムの写真ツアーの講師として今、超売れっ子。
オールマイティ何でもこなす達人だ。

      *

参加者はほとんどがデジカメ持参。
一眼レフはほんの数人だった。

講師はデジカメのテクニック指導もオーケー。

僕もこれまでのオールオート撮りを止めて、
教えられたテクニックを駆使して撮影(デジカメ)することに。

・・・・・・・で、今日の出来は如何に。

1 17.5.18 山行・神代植物公園 (291)
バラが見ごろ。バラ園には多くの人が訪れていた。
2 17.5.18 山行・神代植物公園 (113)
講師の指導を受けて撮影したバラ。如何に?
3 17.5.18 山行・神代植物公園 (178)
ツルバラのコーナー。
4 17.5.18 山行・神代植物公園 (253)
温室のベゴニア。
5 17.5.18 山行・神代植物公園 (276)
同じくサボテン。
6 17.5.18 山行・神代植物公園 (295)
ボタンのコーナー。
      *
7 17.5.18 山行・神代植物公園 (79)
神代植物公園のとなりが深大寺。
50数年ぶりに境内を散策した。

眼科、整形外科、内科・・・・再び3病院ハシゴ。期日前投票

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-17 Wed 22:27:54
  • その他
17.5.17 ブログ用・病院のハシゴ (1)
手前の林漢方は隣のはやし眼科のお父さんがやっている。
そのお父さんはけん玉の先生。
その昔ボーイスカウトでお世話になった。

★目の精密検査が必要

再び3病院のハシゴとなった。

●眼科=渓流釣りの3日目(15日)に沢淵で滑った。
積もった枯草などが雨に濡れて滑りやすいのだ。

その時、鼻と右目の付け根に枯笹の茎が刺さるほどの衝撃でぶつかった。
それが昨日くらいから赤い腫れが目立つようになった。

もしや眼球に傷があってはと思い眼科へ診てもらいに行ったのだ。

幸いその心配はなかったが、
左右両目ともに精密検査が必要と言われてしまった。

      *

●整形外科=10日前に腰の鈍痛を診てもらった。
レントゲン検査の結果ヘルニアの心配はないとのことだった。
飲み薬と湿布薬をもらったのだがまだ治り切っていない。

先生に前回を5としたらどれくらいかと聞かれたので、
2くらいだと答えた。

あと一週間様子を見ようということで、
前回と同じ薬と湿布薬をくれた。

     *

●内科=継続中の薬(逆流性食道炎)をもらいに行った。
薬は先生の診断を受けなければ出してくれない。

先生はとても優しい対応をしてくれる。
しかし、中身はしっかりだ。

曰く、
「以前は治らない加齢病のひとつと言われていたが現在は違う。
薬によって胃酸の出を抑えてしまうのが逆効果の結果を生む」というのだ。

薬の量をだんだんに減らし、
良くなったら別の薬に変えたり云々・・・・・と、
分かりやすく説明してくれる。

まァ、とりあえず今回も同じ継続中の薬をもらったが、
これまでの2ヵ月分でなく1ヵ月分に抑えられた。

      ☆

スキャン_20170517
"この用紙は投票所整理券ではありません"

★反省しきり

さいたま市長選の期日前投票に行った。

僕は家内から渡されたもの(用紙)を持って行った。
ところがそれは投票券ではなかったのだ。

よく見れば"この用紙は投票所整理券ではありません"と赤字で書いてある。

      *

でも、僕のようにそそっかしい人はほかにもいるようだ。

投票所の前のテーブルには持ってこなかった人のための
代替え用紙とボールペンが用意されてあった。

無事、投票は終えたが、
誰に投票していいのか分からない。
事前に立候補者を調べていなかったのだ(忘れていた)。

反省しきりで投票所から帰った。

山菜づくしの渓流釣り

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-16 Tue 23:52:02
  • 体験
★期間限定の山菜パーティ

あいこ、タラの芽、しどけ、山ウド、フキノトウ(花の茎)、山わさび、わらび、こごみ・・・・・
モチ、地元の人にご馳走になったものだ。
今回も山で採れたばかりのたくさんの山菜を食べることが出来た。

釣りは楽しいけど、地元の人たちとの交流も楽しい。
山菜づくしのテーブルを囲んでの夕食が2回。
これは期間限定の山菜パーティだ。

それぞれ思い出の釣果話にも花が咲き、
大いに会話も弾んだのだ。

      *

4日間の日程の中で沢に入れたのは2日間だけだった。
初日は雨。

2、3日目ともに今にも降りだしそうな曇天。
寒いくらいの気温だ。

2日間の釣果はまずまず。
大物は釣り逃した(毎回の事)が、
新緑に輝く山の中で十分に渓流釣りを楽しんだ。

17.5.13-16 遠野①カシオ   (96)
昨年の台風で沢が氾濫したとか。あちらこちらに爪痕が見られた。
17.5.13-16 遠野② キヤノン  (112)
山は美しく新緑に輝いていた。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (67)
山ウド、しどけ、こごみ・・・・・、山菜があちこちに。
花は二輪草、サクラソウ、ツツジや山桜・・・・、
カタクリはまだ蕾だった。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (51)
初めて食べたフキの花の茎もテーブルに並んだ。
茎の中は空洞になっていた。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (165)
大きく成長したシイタケ。じつはこれが美味しい(生産者談)のだとか。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (183)
毎回お世話になっている家の庭のもみじ。
赤(春)→緑(夏)→紅葉(秋)と葉の色が変化すのだとか。
17.5.13-16 遠野①カシオ   (89)
しどけ(茹でたもの)。
茎の端を持ち、葉のほうから直接口にして食べていく。
そして手でつまんでいる茎の太い部分を捨てる(硬ければ)のが、
地元では正しい食べ方なのだそうだ。

何の天ぷら?。「いろんな人に会えるから」

17.5.7 映画座頭市3本、山菜天ぷら (45)
何の天ぷらか分かるかな?

★お試しあれ!

何の天ぷらか分かるかな?

      *

正解は梅酒に漬けた梅の天ぷらだ。

お饅頭の天ぷらは食べたことがある。
アイスクリームの天ぷらがあると聞いたことある。

しからば、梅酒漬けの梅の天ぷらはどうかと試しに揚げてみた。
旨い!。

少なくとも梅をそのまま食べるよりは旨い。
それに食べやすい。
注意点は2、3度揚げにすることだ。
厚めの衣がしっとりとして梅に合う。
お試しあれ!

      ☆

★「いろんな人に会えるから」

NHKの番組"欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)"で、
欽ちゃんからとてもいいことを聞いた。

欽ちゃんは現在駒澤大学の学生だ。
大学では教授、職員、学生を含めていちばんの年上なのだそうだ。

      *

番組の司会者が欽ちゃんに
「大学へ通っていて何が楽しいのか」
というようなことを質問した。

それに対して欽ちゃんは
「いろんな人に会えるからだ」
と答えている。
さらに「年を取ると外に出なくなる。
何かと面倒になるのでそれではいけない。
大学に行けば友達や先生やいろいろな人に会える」
と、そのような内容の答えだった。

僕は素晴らしい答えだと思った。
人に会えば挨拶をしたりお喋りをしたりする。
それこそボケを防ぎ、体の健康を保つ秘訣(のひとつ)ではないか。

      *

作家の宇野千代女史が生前のエッセイの中で
"人間お金を稼ぎ続けることが健康と長生きの秘訣"と書いていた。

稼げればそうだろうと僕も思う。
だけど、稼げない(年金は別)人たちはどうしたらいい?

"人に会いお喋りをすること"
と僕は最近になって思い始めたところだった。
だから、今日の欽ちゃんの話は
僕にとても勇気を与えてくれたのだ。

      ☆

※明日から3日間(もしかしたら4日)旅行のためブログをお休みします。

アイリスが花盛り

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-05-11 Thu 20:42:37
  • その他
★色によって匂いが異なる

いま時分、アイリスが花盛りだ。
通りすがりの家の庭、空き地、畑・・・・・。

アイリスの花の色は多様だ。
近しい色でも微妙に違っていたりする。

鼻を近づけるととても良い匂いがする。
しかも、花の色によって匂いが異なる。

どれもその色らしいいい匂いなのだ。

      ・

ずっと昔のことだが、
僕が戸建てに引っ越したばかりの頃、
庭にバラとアイリスを植えた。

バラはツルバラを含めて20本以上、
アイリスも異なる色で十数種は植えたと思う。

隣にアパートが建ってしまったりして、
庭に陽が射さなくなり、
どちらの花も長くは続かなかったがそれでも3年ほど楽しんだ。

僕は今でも(通りすがりの)近くにアイリスを見ると鼻を近づける。

      *

※アイリスの花言葉
愛・消息・あなたを愛す・優しい心・あなたを大切にします・私は賭けてみる・
伝言・優雅・恋のメッセージ・恋のメロディ・使者・よろしくお伝えを・
吉報・変わりやすい・やわらかな知性・雄弁・軽快
※こんなにたくさんの花言葉のある花は初めて(@_@)

17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (1)
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (5)
17.5.4 ブログ用・散歩、緑の公衆電話 (39)
17.5.8 3病院 (7)
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (4)
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (31)

      ☆

★『わたしの富士』仮題・油彩のための習作 パステル6号
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (4)

D山行・・・・・・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園

★盛りだくさんの立ち寄りスポット

JR西国分寺駅から武蔵小金井まで歩く歴史散歩みたいな山行だ。
初めて歩く道だし、盛りだくさんの立ち寄りスポットで楽しく歩けた。

リーダを含めて19人の参加。
午前中はときおり霧雨にもあったが、
歩きコンディションとしてはGoo!

10時集合で解散が2時。
約1万6000歩ほど歩いた。

●立ち寄りスポット
①縄文遺跡(復元)公園。
②武蔵国分寺跡。
③真姿の池湧水群(野川源流)。
④お鷹の道。
⑤殿ヶ谷庭園。
⑥国分寺崖線(ハケの道)。
⑦貫井神社。
⑧滄浪泉園。

17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (25)
国分寺(尼寺)跡。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (72)
お鷹の道。ホタルのいる清流が流れている。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (98)
国分寺崖線。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (67)
真姿の池湧水群。
17.5.10 山行・お鷹の道~殿ヶ谷庭園~滄浪泉園 (69)
"石がきの石をはずさないでください"と書いてあるが、
はずしてしまう人がいるのかしら?(真姿の池湧水群手前)

ルピネスを見に森林公園へ

★ルピナス、ポピー、ネモフィラ、シライトソウ・・・・・・

今朝、テレビ番組で武蔵丘陵森林公園のルピナスが紹介されていた。
早速、見に行った。

ルピナスはとくに好きな花のひとつだ。
(花はどれも好きなのだけど・・・・)

20年前、北海道にいるころ見たルピナスは背丈があった。
里山の空き地の雑草の中で
幾十本のかの花がひときわ目立つように咲いていた。

10年前の荒川の土手際のルピナスの畑も印象深い。
あのルピナス畑はまだあるだろうか?

ルピナスは美しいばかりか、
強烈に印象に残る花なのだ。

17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (143)
ルピナスの色が美しい。
さまざまな色、濃い、薄い、大小・・・・とにかくバリエーションが豊富なのだ。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (133)
僕と同じように今朝のテレビを見てきたという人が多かったのでなかろうか。
僕が声を掛けたり掛けられたりした3、4人はそうだった。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (94)
ルピナスの花は2ヶ所。ひとつはポピー畑に隣接している。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (111)
(アイルランド)ポピーも真っ盛りだった。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (56)
サイクリングセンターのおばさんがぜひ行きなさいと進めてくれたのが野草の道。
シライトソウが満開で今日の見どころのひとつ。
17.5.9 森林公園・ルピナスほか花など (36)
ネモフィラはひたち国営公園が有名だが、
ここ武蔵丘陵森林公園にも広大なネモフィラの丘があった。
※武蔵丘陵森林公園は日本で最初の国営公園(ネットより)

3つの病院をハシゴ

★3つの病院をハシゴ

3つの病院をハシゴした。

特定検診予約におおみや診療所、
耳と鼻を診てもらいにわかばやし耳鼻咽喉科、
工藤クリニックへは腰鈍痛の原因を調べに・・・・・・・・。

      *

①おおみや診療所

特定検診とはさいたま市民の高齢者向け健康診査とガン検診だ。
毎年1回受診券が送られてくる。
モチ、市からの補助が出ていて負担が少なくて済む制度だ。

      *

②わかばやし耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科で診てもらったのは来月の(スキューバ)ダイブのため。
昨年、鼓膜に穴をかけてしまったので、
念のために潜っても大丈夫かどうかの確認に行ったのだ。

ゴロー××「20mぐらいは潜るのですけど」
耳鼻先生××「耳も鼻も問題ないが、
あまり深くは潜らないほうがいいだろう」

ゴロー××「15mはどうですか?」
耳鼻先生××「10mで2気圧になるからね。
10mくらいにしておきなさい」

      *

病院の待合室と言えば
お年寄りばかりと思っていたが、
今日のわかばやし耳鼻咽喉科の待合室には、
数人の若い女性が・・・・・。

3、4人多分20代であろうかと・・・・・・・。
あとは30代らしきの妊婦さん。
お爺は僕ひとり、お婆は見あたらなかった。

      *

③工藤クリニック

先日(5月2日)、鳴虫山へ行って以来、
腰の鈍痛が治らない。

これ以上長引くのはいけないと思い整形外科へ行った。

相変わらず工藤先生の診察は早い。
レントゲンを撮り、即診断、処方箋をくれる。

その間5分。

診察結果はヘルニアの心配はなし。
山も海もオーケーだということだ。

鈍痛は筋肉の炎症だろうということ。
それでも隠れヘルニアということもあるから
1週間後にまた来院しなさいと。

湿布薬と飲み薬を出してくれた。

17.5.8 3病院 (9)
特定検診の予約を取りに行ったおおみや診療所。
17.5.8 3病院 (14)
待合室に若い女性が数人いたわかばやし耳鼻咽喉科。
17.5.8 3病院 (3)
電光石火の診察は工藤クリニック。

Index of all entries

Home > 2017年05月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top