Home > 2017年10月

2017年10月 Archive

今日から10日間の旅行です。絵『梨と葡萄』パステル8号

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-26 Thu 14:36:32
★絵『梨と葡萄』
CIMG4429.jpg
洋ナシと20世紀とマスカット。
先週の"絵の教室"で先生が買って用意してくれたモチーフです。

      ☆

★今日から10日間の旅行

20時20分成田集合でトルコへ行ってきます。
ツアー参加者は24人、うち7人が一人部屋希望だそうです。

トルコへ行きたかったとかじゃなくて、
在職中行きそびれたところなのです。

あれから20年、
やっと実現します。

※10日間ブログはお休みします。
  もし、ネットが通じれば文字だけの報告をするかもです。

カオニアオ(モチ米のご飯)・・・・・・2011~2013年ビエンチャン。座席に忘れた柿10個。

★座席に忘れた柿10個

せっかく友達にもらった柿を電車の座席に忘れてきてしまった。
彼は遠くから重い目をして持ってきてくれたのだ。

僕が柿好きなことを知って、
自分家の庭の柿の木からもいでくれた10個ほど。

これからは外出の折にはザック(リュック)を背負って行くか
頭陀(ずだ)袋を持って行くことにしよう。

      *

友達へ・・・・・・ゴメンナサイ(-_-;)。

      ☆

ティップカオとカオニアオ
とくに美味しかった日のカオニアオ。
2011092913265456b[1]
タンブンに出るアパートの管理人のおばさん。
毎朝、お寺から回ってくるお坊さん一行(5~15人)にお供えする。

★カオニアオ・・・・・・ゴローのビエンチャン・記憶遺産 2011~2013年

カオニアオとはモチ米で炊いた(蒸かす)ご飯。
ティップカオという竹で編んだ容器にいれて食べる。

箸は使わない。
指でつまんで口に運ぶ。

      *

在老(ラオス)中、僕の朝食は毎日このティップカオに入ったカオニアオだった。
アパートの管理人のおばさんにおすそ分けしてもらう。

おばさんがタンブン(お坊さんにお供えする)用に炊いたものだ。
毎朝、炊いたばかりのカオニアオをタンブンする前に持ってきてくれた。

      *

カオニアオは美味しい。
おかずなどいらない。
僕はちょっと塩の濃い梅干しだけで食べ、朝食とした。

昭和に癒されるのは歌ばかりじゃないね

★ついデジカメしてしまう

今、昭和の歌が若い人たちに歌われているらしい。
テレビ番組のインタビューで20代の女性グループが、
歌いやすいとか意味が分かるとかと・・・・・その理由を語っていた。

僕なども歌謡番組と言えば懐かしのメロディだとか、
昭和の歌特集とか・・・・・・そんなのしか見ない。

      *

歌に限らず昭和のにおいのするものは懐かしい.
心が癒される。

建物はモチだが、
それがたとえ廃墟やそれに近い物であってもだ。

街を歩いていると、あるいは散歩中に
突然、そんな昭和に出会うときがある。

ついデジカメしてしまうのだ。

17.4 .22 ママチャリング (149)
人が住んでいるのか、物置に使用しているのか?
17.4.20 パステル画、散歩の花  (49)
井戸のポンプかなァ?
17.8.17 ママチャリング、山口家の雨漏り (87)
何のために積み上げたままにして置いてあるのか?
ここには人も住んでいるし、庭には他に数台、数種の車が・・・。
廃品業を営む家でもないし・・・・・・・。
17.8.31 ブログ用大宮図書館 (5)
美容院ロードと呼ばれるくらい何軒もの店が並ぶほぼ真ん中にある。
17.10.23 台風一過 (109)
使われなくなった鉄棒。

台風一過の散歩道

★風も爽やかで心地よかった

台風の後、鴨川は大丈夫か?
・・・・・・というのも、
朝のニュースでさいたま市の鴨川が警戒水位と流れていたからだ。

昨夜から早朝にかけて吹き荒れた台風も、
午前7時過ぎには風のみとなっていた。

そこで、散歩がてら鴨川の状況を見ようと思いたったのだ。
鴨川沿いの住宅地には低いところがあって、
むか~し何度か浸水した家々(街)を見たことがある。

それが僕の散歩道になっているすぐ近くなのだ。

そこいらあたりを見たところ、水が出た形跡はない。
鴨川の水位も心配するほどではなかった。

      *

散歩途中からカラリと青空。
時々、やや強めに吹く風も爽やかで心地よい。

そんな今朝の散歩であった。

17.10.23 台風一過 (84)
抜けるような青い空に黄色の葉がまぶしい。
17.10.23 台風一過 (57)
遊水池は今日みたいな日のためにある。
散歩コースの木道も水没している。
17.10.23 台風一過 (63)
三橋運動公園のフィールド・アスレチック広場も水に浸かっていた。
17.10.23 台風一過 (103)
公園内のメイン道路に水が溜まって臨時の踏み石。
17.10.23 台風一過 (31)
散歩道を遮るように木が倒れていた。
ハトたちのご馳走が風で落ちた?
どのハトもも夢中に何かをついば(啄)んでいる。
17.10.23 台風一過 (40)
鴨川はどうやら"かもかわ"が正しいようだ。
これまではずっと"かもがわ"だと思っていた。

図書館、投票、百均、イオン・・・・ついではどれ?

17.10.22 投票 (2)
大雨の中、投票所に次々と人が向かっていたが・・・・・。

★どれがメインでどれがついでだか・・・・・・

今日は衆議院選挙。
雨が降り続く中行った。

といっても車でけど。
図書館→ダイソー→選挙投票→スーパー(イオン)と回った。
どれがメインでどれがついでだか・・・・・・。

図書館は来週の水曜日から行くトルコの旅の資料を借りに。
しかし、トルコに関する本は極端に少ない。
かろうじて「イスタンブールに暮らす」というのがあった。

ダイソーは同じく旅行に持って行く下着。
靴下とパンツは使い捨てをするつもりで枚数を揃えた。
10日間のうちホテル泊りが8日。
移動が多く洗濯は不可だろう。

選挙はけっこう人が多いように思えたが、
前回より投票率が下がっている(午後6時半)とのニュースが流れていた。

イオンは夕食の買い物など。
今夜の夕食メニューはニシンそば。
イオンの中にも百均(キャンドゥ)があるのだけど、
品ぞろえがダイソーにかなわないのだ。

      ☆

★緑のオブジェ
17.10.17-18 八海山と奥只見 (201)
緑は今日の投票と関係ありません(^_-)-☆。

知人も熱唱のコンサート"DAIZO KOSHIBA with Friends"

17.10.21 熊澤氏コンサート (34)
3時間あまりのコンサートが退屈せずに鑑賞できた。

★ゲストは向江陽子さん

"DAIZO KOSHIBA with Friends 15th"はライブコンサート。
今回の会場は築地のBLUE MOOD。
何かと話題の築地市場の隣だ。

知人に誘われての鑑賞で、
その知人も舞台の人となって歌った。

      *

小柴大造氏の音楽教室に通う生徒たちの発表会?みたいなもの。
でも、みな歌は上手だし、
プロの小柴氏自身も歌うし、
ゲストの向江陽子さんの歌、バイオリン演奏が素晴らしかった。

      ☆

17.10.21 熊澤氏コンサート (2)
小町とは地区限定の美人?

★ミスコンより親しみが・・・・・・

今年の『さいたま小町』を決定するイベントが、
大宮駅のコンコースで行われていた。

さいたま小町ってどういうのだろう?
美人とかプロポーションとか教養とかばかりじゃないみたいだし・・・・・・。

でも何となくわかるよな。

×▽◆小町って言えば美人の代名詞だけれども、
今風解釈では美人としては地区限定って意味なんだよ・・・・・・(^ω^)きっと。

ミスコンよりずっとずっと親しみがあるように思うのは僕だけかなァ。

「写真の基礎」受講

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-20 Fri 12:51:18
  • その他
17.10.20 おいらく写真講習 1020 (17)
山行中のデジカメ撮影時の知識には十分すぎるほどの内容だ。

★座学参加者は31人

おいらく山岳会の"写真の基礎を学ぶ"第2回目の講習会に参加した。
今回は座学(講)。

講師はその道のプロ光川十洋氏。
講習が開かれた場所は神田小川町のici club EARIHPLAZA(石井スポーツ) 。

      *

カメラは何でも良しのいたって初歩的な内容なので、
山行中のデジカメ撮影時の知識には十分すぎるほど。

なにしろ参加者31人の持つカメラはほとんど全部コンパクト・デジカメなのだ。
・・・・・・っていうか、会場で一眼レフは講師のもの以外は一台も見ていない。

それに、おいらくの山行中に一眼レフを持っていた人も僕は見たことがない。
僕もモチ、いつもの手持ちの安いコンパクトデジカメで参加。

      *

講習後、所用で青山に出た。
その帰りに何年振りかで表参道を歩く。

僕の知っている表参道とはすっかり変わってしまっていた。
かっての同潤会青山アパートが、
超高級ブランドの店が並ぶ表参道ヒルズになったのは2006年。

僕は初めてそのヒルズの中を見た。
通り抜けただけだが・・・・・・。

17.10.20 おいらく写真講習 1020 (10)
表参道ヒルズの中のスパイラルスロープの構造建築。
設計者は安藤忠雄。


うれしい包丁セット

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-19 Thu 19:20:08
  • その他
17.10 19 包丁 (10)
婚礼祝いのお返しに頂いた。

★刺身包丁も・・・・・・

包丁3本セットが届いた。
婚礼祝いのお返しに頂いた。

早速、本日から使用している。

      *

出刃包丁はまず、あまり使用することはないと思うが、
三徳(文化包丁)は毎日使用、
刺身包丁はモチお刺身専用。

食事担当係の僕としてはうれしい包丁セット。
というのも、現在使用している三徳は木屋のいい物なのだが、
僕の使用ミスで刃をこぼしてしまった。

代用にイオンで買った三徳は切れ味がイマイチ。
しかし、料理の味の悪いのを道具(包丁)のせいにできなくなるなァ。

山頂を目指さない山行・・・・・・"八海山と奥只見湖"

17.10.17-18 八海山と奥只見 (81)
黄色く染まった八海山7合目付近。
17.10.17-18 八海山と奥只見 (157)
2日目は見どころ満載の遊覧船の旅。
17.10.17-18 八海山と奥只見 (195)
奥只見ダムの撮影ポイント。
案内看板が目立たなかったせいか、だれも撮っていなかった。

★秋を満喫だァ

山行名が"八海山と奥只見湖"。
山頂を目指さない珍しい?山行だ。

参加者は女性15人、男性4人の19人のパーティだ。
ロープウェーで山頂駅(4合目)まで行き、
そこからが登山スタート。

8合目(薬師岳頂上)で引き返す予定だったが、
前日までの雨で登山道がぬかるみ、
結局7合目付近までで引き返すことに。

      *

紅葉には少し早かったが、
それでも5合目を過ぎたあたりから山全体が黄色く染まり、
秋を満喫しながらの楽しい山行となった。

   *

登山開始してからすぐに後ろからほら貝を吹く音が・・・・・・。
山伏(行者)が登ってきたのだ。

登山中の山伏に会うといいことがあるという。
ラッキーな出会いだ。

山伏(行者)は我々を抜きすがら、
山伏××「この時間では山頂までは無理ですよ」
おいらく××「8合目までです」
山伏××「それも無理かもですね」

結局、山伏の言った通りになってしまったのだった。

      *

2日目は奥只見湖遊覧船。
40分間の船旅だったが、
湖上から見る荒沢岳のド迫力(頂上が雲に隠れてチョット残念)、
と平ヶ岳の遠望など見どころ満載の遊覧船の旅だった。

ザクロとリンゴ・・・・・・絵のように撮れたモチーフ

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-16 Mon 19:39:32
★撮った写真ように描けたらいいなァ・・・・・

今日のモチーフは果物。
先生は優しそうで難しいと言う。

      *

前回の課題の花を
決めかねていたバックの処理(色)の問題も兼ねて
先生に見てもらった。

結果・・・・・・このままでいいだろうということでホッとした。

17.10.16 絵の教室モチーフ (59)
前回の課題の花(ホトトギス)の仕上げ。
上から垂れているのは花瓶の物とは別な蔓性の植物。
17.10.16 絵の教室モチーフ (53)
今日の課題のひとつはザクロとリンゴ。
絵のように撮れた写真だ。
このように描けたらいいなァ・・・・・と思う。
僕はザクロだけを反対側から描くことにした。
17.10.16 絵の教室モチーフ (40)
奥のテーブルに見えるのが洋梨と二十世紀。
僕はそっちも描いている。
どちらも途中のままだけど・・・・・・。

      ☆

※明日は一泊ハイキング(八海山と奥只見湖)のためブログはお休みです。

懐かしさがこみ上げる・・・・・・深川第6中学校同窓会

17.10.15 六中同総会 (28)
講堂に掲げられていた校歌の扁額。
草野心平作詞、渡邉浦人作曲。
最後に出席者全員で校歌斉唱した。
17.10.15 六中同総会 (8)
久しぶりに目にした校舎。
僕らが通った(1958~61年)頃は校舎の一部に
戦争の焼け跡が残ったままだった。
今の校舎に新築されたのは1972年(6中ホームページより)。
その後、内部の改修なども行われて、
木を多く使用したのだとか。
廊下は広く、床はピカピカに磨かれて気持ちがいい。
17.10.15 六中同総会 (20)
エキジビジョンに演奏された深川富岡八幡葵太鼓。

★中学校同窓会出席

ひと月ほど前のこと、
突然、中学校の同窓会の誘いを受けた。

現在の同窓会の会長は僕(ら)の同級生T氏。
T氏は25年前、それまで長いこと中断していた同窓会を
復活させた功労者、いらい会長を務めているいるのだ。

僕的にはこれまで中学の同期会には2度出席しているが、
学校内(講堂)で行われる同窓会に出るのは初めて(多分)。

      *

懐かしさがこみ上げる。

石の風景。明神池を油絵に・・・・・・。

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-14 Sat 19:42:11
17.9.25 絵・上高地のデッサンほか (9)
明神池のクロッキー。

★グループ展(季風会)までに・・・・・

先日(9月19日)のスケッチハイクで描いたクロッキーを
油絵にしている。

1点は明神池、もう一点は西穂高だ。

      *

描き始めると急に難しくなる。
来年4月開催予定のグループ展(季風会)までに
間に合わせたいのだが・・・・・・。

      ☆

★石の10景
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (20)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (27)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (28)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (35)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (37)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (46)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (51)
17.3.3 川鵜、石ほかブログ用  (53)
17.8.31 ブログ用大宮図書館 (22)
17.8.31 ブログ用大宮図書館 (27)

店員××「そうですね。お得だと思います」。世話人のお手伝い・・・・。

17.10.13 世界堂で買い物 (14)
グリーン系の絵具を買いそろえたのは緑主体のモチーフ(風景)を描いているから。

★今日だけで1276円も徳したァ

池袋に出た。
要件は3つ。

1、ギャラリー(原宿)へ知人作家の展示作品を鑑賞に・・・・・・これは悪天候でやめた。
2、画材販売の世界堂へ絵具ほか買い物。
3、高校の同期会世話人会。

世界堂にて
ゴロー××「これだけ買ったら会員になったほうがいいかな?」
店員××「そうですね。お得だと思います」

長いこと会員でいたが今年の5月に切れていた。
500円の入会(継続)で3年間有効。

今日買った絵の具などの合計は7250円
割引額が1776円。

今日だけで1276円も徳したァ。

     *

高校同期会の打ち合わせメンバーは3人。
僕的には自分は世話人のお手伝い感覚。

3人で美味しいでランチ、そのあとは喫茶店で打ち合わせ。
雑談にもずいぶん時間を割いたけれど、
3時間けっこう楽しかった。

本「青雲はるかに」上・下 宮城谷昌光

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-10-12 Thu 19:14:30
17.10.12 本「青雲はるかに」 (8)
上巻は4日かけたが下巻は2日で読み終えた。

★本「青雲はるかに」上・下  宮城谷昌光著

久しぶりに読んだ宮城谷作品。
史記の世界を面白く分かりやく描くのが著者の小説。

一時夢中になって読んだ時期もあったが、
あまり面白すぎて切りがないのでやめたのだ。

      *

この復讐劇「青雲はるかに」も面白かった。
とくに下巻に入るとスピードアップ。

上巻は4日かけたが下巻は2日で読み終えた。
先日、新橋のSL広場の古書市で買ったもの。

上下巻とも100円で計200円。
帰って裏表紙を見たら2冊で590円+税と書いてあった。
お得な買い物をしたような・・・・・・。

      *

本を読んでいた場所はイートイン。
先ごろ店内をバリヤフリーバージョンに改装した我が家近くのイオンにある
店内が広くゆったりして買いやすくなった。

コーヒー100円。
イスもいいし、明るいしちょっとの休憩にいいかも。

      *

本の下の薬は整形外科から出されたもの。

くる節と坐骨神経痛再発を診てもらったのだが、
診てもらったから治るというわけでもないし結局薬頼りなのだ。

飲み薬6種類と湿布剤。

おとといが歯医者、
昨日が診療所、今日が整形外科。
3日続きの病院通いだ。

10~、20~年くらいは持って欲しいなァ。寅さん?・・・・・・ガラクタの心

★寅さん?・・・・・・ガラクタの心
16.11.15 我楽多 (683)
着物の柄やカバンなどから寅さんのイメージなのだが・・・。
素朴で温もりのある人形だ。

※ガラクタ(我楽多)の定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの

      ☆

★前歯完了・・・・・・10~、20~年くらいは持って欲しいなァ。

明日のハイキングをキャンセルした。
先日の山での脚つりからまだ復帰できない。

今日も一日中、太ももと足首にテーピングをしていた。

     *

テーピングの脚で行ったのは歯医者だ。
前歯が今日で完了した。

この前歯が突然折れたのはもう5年も前のことになる。
その間、仮歯→ラオスの歯医者で折れた一本のみ本格的に直す→
昨年、その歯がぐらついて家の近所の歯医者で治療してもらう→
治療したが2ヵ月ほど前から少しぐらつき気味→
40年数年通い続けている丸ビル歯医者へ行く。

という経過なのだが、
今回は隣の歯も削って2本続きの冠型だ。

いつまでもつか。
高齢になると歯茎が後退してしまうので、
治しても長持ちしないと、
先日、たまたま電車内で隣り合った歯科技工士の人が言っていた。

僕的には死ぬまで、10~、20~年くらいは持って欲しいなァ。

どっちが勝ってもどっちでもいい・・・・・・選挙選始まる

★父親を抜くかも~

選挙が始まった。

所用で浦和に出たら駅前に
"本日5時小泉進次郎来る"
の立て看板が目に入った。

帰り大宮駅に出たら、
本日4時"小泉進次郎来る"の幟(のぼり)が目に入った。

そうかァ、進次郎氏は大宮の後浦和に移動するんだ。
【だからどうだって言うの・・・・・・これってヤジ!】

     *

大宮駅に着いた時間がちょうど午後4時03分。
大人気の小泉センセイの顔を見ることが出来るかと、
しばらく沿道の人となってみていたが、
なかなか出てこない。

ついに(帰りの)バスが来てしまった。
地元の×〇先生と◆▽先生の演説だけでオシマイ。

      *

ところで、
各党の主張だが、
僕にはどれも一理あってどれを選んでいいのか分からない。

僕はたいてい判官びいきで票の少ない方の政党に入れるのだが、
じつはどっちが勝ってもいい。

僕みたいな人多いんじゃない?
ひょっとして棄権する人も同じきもちかなァ。
※僕は棄権はしません

17.10.11 大宮駅選挙カー (6)
"沿道には1万人"と某候補者。
17.10.11 大宮駅選挙カー (26)
小泉センセイの人気はスゴイ!父親を抜くかも~。

お墓の墓場・・・・・・1997年(宮城県根白石)

スキャン_20171009 (2)
この"お墓の墓場(多分)"は1997年に撮影した(宮城県・根白石にて)。

★イメージでは何十万個の墓石が・・・・・・・

お墓の墓場。

先日、テレビで” お墓の墓場”を紹介していた。
山の中に数万のお墓が並べられている。

全国から不要になり破棄されるお墓が相当数ある。
砕石されて砂利として使用されるものがほとんどらしいのだが、
中に供養としてお墓の墓場に収める。

その数は5000柱にのぼり、
このところ年を追うごとに増えつつあるのだとか。

      *

その頃、あちらこちらの寺を見て回って気づいたことは、
どこのお寺も不要になったお墓の処置に困っているようであった。

そして僕は知り合いのお寺の住職に聞いたのだ。
ゴロー××「どこのお寺も不要の墓石の処理に困っているようですが、
これらを回収する商売がったら利用しますか?」
住職××「しますよ。どこの寺も同じでしょう」

      *

当時、僕は定年後の仕事としてどうだろうかなどと、
真剣に(それほどでもないが)考えていたのだ。

水子地蔵のお寺が秩父にあって、
数万の子供のお地蔵さんが山肌にぎっしりと並び、
同じ数のピンクの風車が回っている。

その壮観な風景が人の心を打つ。
僕はそれを見て思いついたのが"お墓の墓場"だった。

       *

テレビで紹介していた"お墓の墓場"は僕の考えたものにやや近い。
ただ、僕のイメージでは山の頂まで何十万個の墓石が・・・・・・・だった。

まァ、それでも20年後に
実現していた"お墓の墓場"を見たわけだ。

松生山(まつばえやま)で両脚がつる

★最終ピークを断念して途中下山へ

入山開始直後から足にちょっとした違和感。
いつもと違うのだ。

案の定、2時間ほど歩き山頂近くなったところでくり節が痛くなりだした。
昼食後、左足首をテーピング。

しばらく歩くうち右足モモがつってしまい歩けない。
またしばらく休み、
歩き出したら、今度は左足がつった。

どちらも同行仲間が手当てをしてくれ、
何とか下山までこぎつけたが
最後に行く予定だった峰(ピーク)は取りやめての下山だった。

同行の仲間たちには迷惑をかけてしまい
大変に申し訳けない・・・・・・反省だァ。

      *

湿度が高く蒸し暑い中の山行で
ずい分と汗をかいたのだが、
僕は水分補給を控えめにして歩いていた。

そのことが原因のひとつなのかもしれない。

17.10.8 松生山 (24)
松生山(933m)頂上。この直後に右足がつった。
17.10.8 松生山 (11)
地図で現在地を確認しながらの山行。
17.10.8 松生山 (16)
ルートの前半は植林の林、後半は雑木林。
これから紅葉が美しくなりそう。
17.10.8 松生山 (50)
仲間が貸してくれたアクティーブ・マックス。
伸縮性のあるサポーター(テーピング)で、
きつく太ももに巻いて使用する(歩く)。

1個買い。残したい風景・散歩道

17.10.7 一点買い (3)
今の我が家は1個買いが多い。

★1個買い

若い頃、子供たちと一緒に住んでいるころのことだが、
果物やキウリ、ジャガイモ、茄子、トマトなどの野菜類は
一山いくらとかで買い物をした。

今の我が家は1個買いが多い。

①スーパーがすぐ近くなので、
毎日の買い物が苦にならない。
②高齢になって食べる量が減った。
③使い残しがない(少ない)。
④いつも比較的新鮮な食材。
⑤品物を選べる。
の5つが僕が1個買いする大きな理由。

スーパーの売り場も今は1個売りの種類が多い。

      ☆

★散歩の風景
17.10.4 散歩と聖天宮 (6)
改造車。
17.10.4 散歩と聖天宮 (17)
モミ殻が撒かれた畑の秋。
17.10.4 散歩と聖天宮 (26)
パンパスグラス(シロガネヨシ)。
17.10.4 散歩と聖天宮 (37)
残したい風景。
17.10.4 散歩と聖天宮 (38)
歩道を占拠した葛。
17.10.4 散歩と聖天宮 (44)
残したい散歩道。

老人性不注意症候群。リフレッシュOPEN!

★不注意を注意しよう

"老人性不注意症候群"とは新たに自分につけた病名である。

車の運転が下手になる、
標識の見落としが多い、
危なかったァ・・・・・、
物を落とす、
忘れる、
転ぶ、
探し物が多い、
ケガ、
迷う、
覚えが悪い(昔からだが)、
ヘマが多くなった。

切りがないほどいろいろ出てくるが、
日に何度も繰り返す。

不注意からくることが多い。
そのことを常に自覚をしていることが大事じゃないか?
そのために自分自らにつけた病名だ。

      *

何でこの病名を思いついたかと言えば、
今日、交差点で標識を見逃したからだ。

違反で捕まることはなかったけれど、
はっきり見落としと、
要するに不注意なのだ。

      *

民謡の練習に早めに行こうと準備をしていたのだが、
時計の針がなかなか進んでいない。

ちょっと注意してみれば止まっていることが分かるのに・・・・・、
気が付かない、要するに不注意なのだ。

結果的に練習開始の時間に遅れてしまった。
老人性不注意症候群は日に何度となく症状が現れる。

常に意識して不注意を注意しよう。

17.10.6 イオン改装開店 (2)
右折しようとして通学の旗持ちおじさんに注意された。
いつの間にこの交差点に7時半~8時まで右折禁止の標識が建ったのか?
つい最近のことのように思うが・・・・・・。
いづれにせよ見落としたことは確かで不注意症候群の症状だ。
17.10.6 イオン改装開店 (22)
時計の針が動いていない。
何度もこの時計をみて時間を確かめていたのに、
動いていないのに気付かなかった。
時間はたっぷりあったのに結局、
民謡の練習開始時間に間に合わなかった。

      ☆

17.10.6 イオン改装開店 (14)
今日からリフレッシュオープンのさいたま市三橋イオン。

★明るく、分かりやすく

歩いて2、3分の便利な場所にあるイオンがリニューアルオープン。
まァ、売っているのもはそう変わりはないようだけど、
売り場が広く、明るくなり買いやすくなったような気がする。

      *

近々、衆議院選挙が行われるようになったが、
こちらのほうもリニューアルしてもらいたいね。

明るく、わかりやすくなって欲しい。
ここ、さいたま三橋のイオンみたいに。

Index of all entries

Home > 2017年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top