FC2ブログ

Home > 2017年11月

2017年11月 Archive

不思議なマッチ箱・・・・・・ガラクタの心。山行中止

★山行(三渓園)が雨のため中止に

山行(ハイキング)予定が雨のため中止(明後日に延期)になった。
山行と言っても横浜の三渓園へ散策and紅葉狩り。

しかし、いつも思うのだけどリーダーさんは大変だ。
天気のことを心配しなくてはならないし、
中止となれば参加予定者に急きょ(急いで)連絡しなければならない。

中止の連絡が入ったのも昨夜の8時頃だった。
本当にリーダーはご苦労様なのだ。

      *

三渓園の山行企画は昨年もあったのだが、
やはり雨で中止となっている。

この庭園には移築された歴史的建造物が数多くあって、
かねてより(20数年前から)行って見たいと思っている庭園なのだ。
とても楽しみにしている。

      ☆

16.11.15 我楽多 (793)
箱は粘土か石膏のようなもので作られている。
マッチ棒は穴から抜き出す式の不思議なマッチ箱。

★不思議なマッチ箱・・・・・・ガラクタの心

どこかの骨董屋さんで買ったものだ。
何とも不思議なマッチ箱で、
箱が粘土か石膏のようなもので作られている。

それに色付けしてあり、
サイドにマッチを擦る紙が貼られている。

入っていたマッチ棒で擦ったら火がついた。

      *

古いものだけど、
戦争中物資が不足していた当時作られたものか?
と最初は思ったものだが、
それにしてはこんな面倒なものこしらえるかしら?

それとも兵隊さん用に支給されたもの?
作品として芸術家が作った?
手品のための道具ってのもあるか?

マッチ棒は穴から抜き出す式なので、
湿気を防ぐには良かった?

いづれにせよ不思議なマッチ箱なのだ。

    *

※ガラクタの定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの

一見劇団公演は泣かせる『 上州土産百両首』

17.11.29 筑静会旅行・三光ホテル (1)
旅一座は人気の一見劇団。出し物は泣かせる『 上州土産百両首』。
17.11.29 筑静会旅行・三光ホテル (2)
商店街は毎週水曜日が休み。いつもより人通りは少ない(らしい)。

★いづれも大好評

昨日から泊りで民謡の会(筑静会)の旅行。

じつは秋の紅葉狩り温泉の計画が流れてしまい、
それなら希望者だけで近場でもということに。

そこでにわか幹事を引き受けることなった僕が選んだのが、
川越の湯遊ランド。
スーパー銭湯、観劇、宴会、泊り付きで12000円パック旅行だ。

昨年、僕の兄(姉)妹会で大好評だったのだ。
おまけに8名以上なら迎えに来てもくれるという。

      *

参加者は10名。
昨日の観劇、宴会、それに続くカラオケ(3時間)いづれも大好評。
とくに旅一座の芝居は初めてというメンバーもいて大いに楽しんでいた。

      *

今日の午前中は全員で川越の蔵通りを2時間ほど散策。
昼食後に解散した。

スイカ紛失(落とす)。名残り秋3景

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-27 Mon 21:01:34
  • その他
★不思議だァ

スイカ(カード)を落と(紛失)してしまった。
丸ビル歯科の帰り、
東京駅からホーム内に入ったまでは持っていた。

それが、大宮駅で降りようと入れておいたはずのズボンの右ポケットにない、
・・・・・・・他のどのポケットも何度か探ったのだがやはりない。

不思議だァ。
初めてだァ。
まだ7000円弱残っている。

      *

大宮駅の改札で駅員さん申し出た。
カードに名前記入しているかとか登録しているかとか
聞かれたけれど・・・・・・・僕はしていなかった。

登録してあればすぐにストップかけてくれ、
残金をチャージして新カードを発行してくれるのだとか。
(但し、新しいカード分の500円が必要)。

★名残り秋3景
CIMG6800.jpg
①丸の内。
17.11.24 誕生日プレゼント (22)
②自宅近所の図書館の駐輪場。
17.11.26 ママチャリング (111)
③入間川の土手下。

阿とすこし いずれくる老い さきのばし 今日のたのしみ 明日もと 願う   (然)

★好奇心旺盛な牛

小春日和に誘われてママチャリングに出かけた。
10日ほど動いていないので運動のつもり。

途中休憩1時間を入れて5時間半。
超ゆっくりの走行だったがそれでも疲れ気味。

10日間もグータラして体もが重くなったのかなァ?

17.11.26 ママチャリング (78)
近づくと柵内にばらばらにいた牛たちが、
一斉に近寄り僕に顔を向けた。
牛は好奇心旺盛だと聞いてはいたがこれほどとは・・・・・・。
とても清潔な牛小屋で臭いも気にならないほど。
頭をなでると牛はその長い舌で僕の手を舐めた。
17.11.26 ママチャリング (64)
紅葉を楽しみながら・・・・・・(荒川サイクリング道路)。
17.11.26 ママチャリング (103)
川越市三芳町の農家。
17.11.26 ママチャリング (32)
三つ又沼ビオトープ総合公園。
10月の大雨で水を被ったらしく、
木道が何ヵ所も壊れていた(応急補修済)。
17.11.26 ママチャリング (53)
樹の幹の上の方にゴミが引っかかっている。
あそこまで水がでたのだろう・・・…多分。
17.11.26 ママチャリング (121)
入間川の土手上はサイクリング道路にする工事中。
無線飛行機を飛ばしているおじさんと20分ほど話をする。
この無線飛行機は練習用で廉価(10000円以内)だそうだ。
最近では愛好者も増えてこの付近でも練習場だけでも4ヵ所あるとか。
おじさんの仕事は長距離輸送の運転手さん。
仕事内容・勤務状況のことから持病のことまで根掘り葉掘りと話してくれた。
17.11.26 ママチャリング (161)
持参したお弁当を太公望たちの池の淵で食べた。
17.11.26 ママチャリング (145)
『阿とすこし いずれくる老い さきのばし 今日のたのしみ 明日もと 願う   然』
の短歌が池の入り口に掲げてあった。
17.11.26 ママチャリング (135)
このあたりは日本で河川の幅がいちばん広いところ。
それとは関係ないが道に迷うこと2度。行き止まりなのだった。

母親に見せるらしい・・・・・・バンコク・記憶遺産。座頭市を2本

17.11.25 座頭市 (5)
このシリーズはいつ見ても面白いねェ。

★座頭市を2本

今日はYou tubeで映画鑑賞。
座頭市を2本も見てしまった。

このシリーズはいつ見ても面白いねェ。

      *

スーパーへ買い物以外はどこへもで出ず。
スマホの歩数計は1271歩。

   ☆

◆"ゴローのバンコク・記憶遺産"
08,11,15ワットキアンと近所の子供 (1)09.1.18寺の裏の町の人々 (3)
僕は子供たちをよく撮った。

★母親に見せるらしい

在タイ中は郊外ランシットという街に住んでいた。
バンコクの中心から約30㎞ほどの通勤圏。
古い家から新興のサラリーマン住宅まで混在する街だ。

      *

古い家の並ぶ通り(路地だが広い)で子供たちが遊んでいた。
僕は子供たちをよく撮った。

そして、撮った写真をプリントして
翌週にそれぞれの子供に渡す。

子供たちは手にした写真を持って家の中へ飛び込んでいく。
母親に見せるらしい。

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたってタイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

花籠とセーターと朝鮮人参。本「細川ガラシャ夫人」三浦綾子

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-24 Fri 21:46:49
  • その他
17.11.24 誕生日プレゼント (13)
17.11.24 誕生日プレゼント (27)
今日は僕の誕生日。

★ありがとう!

花籠とセーターと朝鮮人参は僕への誕生日プレゼント。
花籠とポシェットは娘と嫁(次男の)から、
セーターと朝鮮人参は韓国の友人からだ。

ありがとう!

      *

フェイスブックからも沢山のお祝いメッセージが・・・・・・。
ありがとうございました。

      ☆

スキャン_20171124
細川護熙元総理大臣と家系図が繋がってる。

★本「細川ガラシャ夫人」三浦綾子

多くの資料からなるべく史実に近づくように書かれた?
そんな感想を受けながら読んだが・・・・。

平易な文章で分かりやすい。
細川護熙元総理大臣と家系図が繋がってるのだから・・・・・・
別な興味、不思議な思い。

孫連れて懐かしのルーパン。

17.11.23 ルーパン (3)
10年ぶりかそれ以上ぐらいで入った。

★子供(娘)と孫連れ

義兄の見舞いに行った。
と言っても今はすっかり元気になっているので、
見舞いというよりはお元気伺いといったところ。

      *

帰り、食事に寄ったのが、
上尾ー栗橋道路沿いのルーパン。

30年ほど前には子供たちと(妻の実家)帰りに何度か寄った店。
今日は子供(娘)と孫連れてだ。

10年ぶりかそれ以上ぐらいで入った。
店の中お雰囲気はほとんど変わっていなかった。

現代アートと日展と干し柿

★現代アートと日展と干し柿

タイトルの3つは何の関連もない。
ただ、今日は僕がこの3つに関わったということ。

現代アート=
桑原盛行氏の個展を見に行った。
場所は渋谷区松濤のgallery a-cube。

桑原氏の作品は国内よりも海外で高く評価されている。
日本現代アートの第一人者。
  
      *

日展=
僕の絵の先生が出品している。
一般入場料1200円のチケットを安~く手に入れた。

みんな上手過ぎて僕の絵の参考にはならないみたい。

      *

干し柿=
僕の友人が自宅の柿の実をもいで、
吊るして干して作ったものだ。

上手くできているというので分けてもらった。
手作りの素朴な・・・・・・今では貴重な昔の干し柿の味。

17.11.22 日展他 (12)
桑原氏の作品は国内よりも海外で高く評価されている。
17.11.22 日展他 (14)
gallery a-cube(渋谷区)にて12月2日まで。
17.11.22 日展他 (32)
日展には僕の絵の先生(準会員)が出品している(手前から2番目)。
17.11.22 日展他 (73)
貴重な昔の味の干し柿。

歯医者から無人コンビニのテスト販売まで・・・・・・今日の一日

★長かったなァ

丸ビル歯科→浦和の画材屋(彩光舎)→同期会世話人会議(デニーズ)。
今日の行動だ。

丸ビル歯科はあと1回で終了との事。
9月のはじめから通い始めて2ヵ月半が過ぎた。

長かったなァ。
1,2回で終わると思ったたのに大工事(治療)となってしまった。

      *

画材屋は買う予定の物が見つからず・・・・・。

      *

高校同期会の世話人は4人。
コーヒー一杯で2時間も粘ってしまったが、
まずまず打ち合わせは旨く行った。

帰宅は午後4時。

17.11.21 丸ビル歯科・浦和 (4)
ニコラウスプロデュースによるクリスマスツリーとあったが、
きっと有名な人なんだ。新丸ビル1階。
17.11.21 丸ビル歯科・浦和 (16)
有名な総合書道用品専門店の鵞毛堂は結構狭い路地にある。
ウインドーに貼られていた小・中学生の作品が見事なので・・・・・・。
以前、拓本の軸などはこのお店にお願いした。
17.11.21 丸ビル歯科・浦和 (19)
贅沢にも鰻の老舗、満寿家でランチ。美味しかった。
17.11.21 丸ビル歯科・浦和 (22)
大宮駅のコンコースでは無人コンビニのテストが・・・・・・。
①備え付けのテレビカメラが商品を選らんでいるときの顔を撮影する。
②テレビ画面の前で品物をかざすと顔認証と同時に価格が表示される。
③そこで、カードなどで支払い・・・・・・多分そんなシステムだ。
このテスト、1週間行うそうだ。

「金の粒」「表と裏」「石畳」・・・・・・オブジェ。風邪。

★一日中寝ていた

どうやら風邪を引いたみたい。
ほぼ一日中寝ていた。
・・・・というより横になってテレビニュースを何度も見た。

横綱日馬富士の暴力事件。
どこの局も同じような内容だが、
キャスターやコメンテーターによってニュアンスの違いも。

久々に成り行きに注目(興味が沸く)の事件かも。
謎めいてきたという意味でなのだが・・・・・・。

      ☆

★オブジェ
17.10.17-18 八海山と奥只見 (184)
「金の粒」 17.10.18 奥只見ダムにて。
17.11.7 ママチャリ・花の丘 (62)
「表と裏」 17.11.7  近所の畑にて。
17.1026-11-4 トルコ (95)
「石畳」 17.10.26~11.4 トルコ(アヤソフィア大聖堂)にて。
17.1026-11-4 トルコ (137)
「石畳」 17.10.26~11.4 トルコ(王宮・ハーレム)にて。

公民館祭まつりと自治会演芸まつり二つの会場

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-19 Sun 19:57:16
  • 民謡
17.11.19 植水公民館祭り&水判土演芸祭り (14)
第28回植水公民館まつりのテーマは「笑顔の交流は 地域の文化の交流から」。
17.11.19 植水公民館祭り&水判土演芸祭り (21)
第7回みずはた演芸まつりは国会、県、市の議員さん5、6人が顔を見せ、
挨拶のあとそれぞれ十八番を歌っていた。

★民謡のトップを唄う

民謡教室で使用している公民館のおまつり。
我が筑静会も参加、9人が自慢?の喉を聞かせた。

もち、僕も参加メンバー、
しかも民謡のトップを唄った。

      *

1㎞ほど離れた水判土自治会館で開催されていたのが、
みずはた演芸まつり。

じつは筑静会の先生をはじめ数人がこちらにも参加することになっていた。
公民館で終えた後、自治会館へ移動。

その移動の車の運転を頼まれたばかりに、
とうとう演芸まつりを最後まで見るはめに。

・・・・・・・というわけで、
今日は一日中、民謡以外にも二つの会場でいろいろ楽しませてもらった。

フラダンス、
民舞、
カラオケ、
踊り、
詩吟、
演武、
ハーモニカ、
ウクレレ演奏、
お話・・・・・・・。

迷惑なお年寄り3人。絵『ハヤトウリと赤カブ』

17.11.18 イオン。ハヤトウリとミニ赤かぶ (5)
イートイオンでお喋り3時間。

★迷惑なお年寄り

イオンのイートインで何と3時間のお喋り。
しかも、150円のカフェオレだけ。

メンバーはボーイスカウト活動の昔のリーダー仲間3人。
あれやこれや話が弾んでアッと間に3時間。

続きは年末に忘年会をやろうということで・・・・・・。
あと、スーパーに3時間もいて、
すっかり冷えてしまった。

それにしても、迷惑なお年寄りだと思われていたろうなァ。

      *

17.11.18 イオン。ハヤトウリとミニ赤かぶ (8)
★『ハヤトウリとミニ赤カブ』 パステル・4号

あッ!トカゲ・・・・・・。親睦観劇会予約

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-17 Fri 21:27:52
  • その他
スキャン_20171117
昨年は僕の兄弟(姉妹)会で利用。好評に付き・・・・・・・。

★小江戸川越

民謡の会(筑静会)の秋の親睦観劇会の世話人を
何となく成り行きで引き受けることになった。

秋の旅行の人数が定数に満たず流れた変わりの観劇会だ。
観劇会ではあるが忘年会を兼ねている。

観劇、温泉、宴会(飲み放題)、カラオケ、宿泊のできる会場を確保(予約)。
場所は小江戸川越だ。

8人以上集まれば迎えにも来てくれる。

      *

観劇の席の指定席予約を申し込んだら、
いい席はすでに取られていた。

今月は人気の劇団で、
予約開始早々ファンが抑えてしまったらしい。

     *

17.11.17 トカゲ (10)
まったく気づかなかった腕のトカゲ。

★なれなれしいトカゲ君

観劇ほか予約の帰り、商店街の公園でお弁当を食べていたら、
あッ!トカゲ・・・・・・。

何と、腕にトカゲがいるではないか。
(まったく気づかなかった)

      *

このトカゲ君、とてもなれなれしい。
腕からなかなか動かない。

しばらくして腕を動かすと今度は太ももに移動。
またまた動かない。

そっと手に取って・・・・・、
やっぱり動かない。

草むらに放すまで十数分。
じっとしていたら何分動かずにいたろう?

サバ、イワナ、鮭の燻製

17.11.12-13 白布温泉 (73)
上からサバ、イワナ、鮭。

★酒の肴に・・・・・・

釣りの師匠が魚の燻製を作ってくれた。
写真の上からサバ、イワナ、鮭だ。

どれも美味しい。
もうほとんど食べてしまいサバのみを残すのみとなった。

味もいいが、何より珍しい。
酒の肴にはうってつけだ。
      *
17.10.17-18 八海山と奥只見 (189)
燻製のイワナとは関係なく旅行中の道の駅で撮ったものだ。
尺(30㎝)イワナが目の高さで見られるのはとても珍しい。

澄んだ渓谷の流れに心も洗われた

★ビューポイントは13ヵ所

西沢渓谷への山行。
山ではないがそれでも高低差は400mほど。

紅葉の盛りは10月だったらしい。
しかし、その頃は超満員で山行で列をなして歩くのは大変とか。
だから空いている今頃(今日)で正解だったのだ。

お天気も良く、汗もかかない。
澄んだ渓谷の流れに心も洗われた。

17.11 .15 西沢渓谷(67)
七ツ釜五段の滝↑などビューポイントは13ヵ所。
4時間の歩行も全く疲れを感じなかった。
17.11 .15 西沢渓谷(16)
吸い込まれてしまいそうな澄んだ流れ。
17.11 .15 西沢渓谷(81)
渓谷入り口の鳥観図。

本「幕末維新懐古談」高村光雲。行幸地下ギャラリー?

  • Posted by: ゴロー
  • 2017-11-14 Tue 22:28:22
17.11.14 丸ビル・本「幕末維新懐古談 (63)
一気読みできてしまうほど面白い。

★本「幕末維新懐古談」高村光雲

このところ何冊か続けて優れ本についている。
この高村光雲の本もそうだ。
堅苦しい内容かと思ったら違った。

高村光雲著となっているが氏の語りを
田村松魚が聞き書きしたものでやさしい文章だ。

巻末解説の冒頭、
『激動の幕末維新期はさんで、
さまざまな変貌をとげた江戸から東京への、
その推移の渦中に身をおいたひとりの木彫家が、
往時のできごとや自身の苦楽を、
じつに平易なことばで具体的につたえている。・・・・・・・』

一気読みできてしまうほど面白い。

      ☆

17.11.14 丸ビル・本「幕末維新懐古談 (40)
何やら意味不明な「体験型展示」。
17.11.14 丸ビル・本「幕末維新懐古談 (48)
立ち止まって見る人は少ないようだったが・・・・・・。

★行幸地下ギャラリー?

歯医者さんの帰り、
東京駅と大手町を結ぶ地下通路のギャラリー(行幸地下ギャラリー?)を歩いた。
片側が写真展、反対側がポスター展が開催されていた。

通りすがりに見るギャラリーなのだろう。
しかし、立ち止まって見る人は少ないようだったが・・・・・・。

ギャラリー中央部あたりでは「体験型展示」
・・・・・・何やら意味不明なのだが映像実験のようなものをやっていた。

      *

17.11.14 丸ビル・本「幕末維新懐古談 (18)
東京駅から皇居へ向かうと・・・・・・・紅葉を楽しむことが出来る。
観光客も僕もスマホやデジカメでパチリ、パチリなのだ。

五色沼に浮かぶ槍ヶ岳?

★年2回は贅沢?

気の置けない仲間5人で山形県の白布(しらぶ)温泉へ行ってきた。
会津から米沢に抜ける峠をいくつか超える山の中の静かな温泉だ。

5人組の旅行は今年2回目。
高級旅館に泊まったわけではないが年2回は贅沢?

それだけお喋りとグルメとあちらこちらを見て楽しんだけど・・・・・・。

17.11.12-13 白布温泉 (40)
開湯700年の白布温泉は静かな山の中。
17.11.12-13 白布温泉 (10)
昨日の昼食に寄ったのは相馬市の松川浦。
グルメ間違いなしの斎春の"復興丼"で昼食後、
伝承鎮魂祈念館を訪れた。
17.11.12-13 白布温泉 (56)
米沢市では上杉神社と上杉博物館に寄った 。
17.11.12-13 白布温泉 (65)
裏磐梯五色沼に浮かぶ槍ヶ岳?

秋散歩7景。排水管掃除

CIMG6187_20171111191621c20.jpg
風呂場には洗濯物が放ってあって掃除人さんには失礼した。

★戸建ての家も排水管の掃除は必要?

排水管の掃除が来た。
突然なのでびっくりしたが、
あらかじめ通知がをしてあったらしい。

台所も風呂場もそのまんま。
とくに風呂場には洗濯物が放ってあって、
掃除人さんには失礼した。

ゴロー××「よその家はみんな綺麗に片づけてあったでしょう?」
掃除人××「いえ、どの家も同じようですよ」

ゴロー××「戸建ての家も排水管の掃除は必要なんですか?」
掃除人××「えェ、油物を多く使うようなお宅はやっぱり必要でしょうね。
ただ、戸建てとなると一軒ですからね。どうしても費用がかさみます。
ここは共同住宅ですから車(掃除専用)を出す費用も何軒かで割りますけど、
一軒で持つとなると万単位になりますね」

      ☆

★秋散歩7景=3週間ぶりの朝の散歩。風景はすっかり秋。
17.11.11 散歩で秋を拾う (98)
①秋主役の花は菊。
17.11.11 散歩で秋を拾う (50)
②ドングリと落ち葉。
17.11.11 散歩で秋を拾う (40)
③ススキがなびく。
17.11.11 散歩で秋を拾う (100)
④生け花に使える?蔓性の雑草。
17.11.11 散歩で秋を拾う (111)
⑤陽を浴びるコガモたち。
17.11.11 散歩で秋を拾う (32)
⑥かりん。よその家の庭なのでこれ以上近づけず。
17.11.11 散歩で秋を拾う (87)
⑦そろそろ終わりに近い柿の季節。採らないのは渋柿なのか?

      ☆

※明日は旅行のためブログはお休みです。

河川ゴルフの紅葉

17.11.10 上里ゴルフ場 (15)
銀杏の黄色が輝いていた。

★河川コースの紅葉は

今日は一日ゴルフ場。
お天気も良く風も吹かず、
穏やかな小春日和。

河川コースの紅葉は緑の中に点々と映えて見える。
それも秋の(河川ゴルフ)の楽しみのひとつかもしれない。

山椒のすりこ木

16.11.15 我楽多 (319)
かっぽう着姿ですりこぎを使う懐かしい母親の姿が思い浮かぶすりこ木。

★一度も使わずにガラクタに・・・・・・

すりこ木はなぜ山椒の木なのか?

山椒の持つ解毒作用からとか
材質が堅すぎず柔らかすぎず、
食材をほどよくすりおろすことができるためらしい(ネット調べ)。

しかし、すりこ木を使う機会は今はなかなかない。
我が家にはすり鉢もないし・・・・・・。

それに、スーパーへ行けば例えば"すりごま"みたいに
すでにすりこんだ状態で商品が並んでいる。

      *

昔はどこの家にもすりこ木とすり鉢はがあったように思う。
和え物を作る、大豆をすりつぶす、生のいわしをつみれにする・・・・・・・。

すりこ木を見ると子供の頃の台所の風景、
かっぽう着姿ですりこ木を使う懐かしい母親の姿が思い浮かぶのは
僕だけだろうか。

      *

長いこと飾り棚に置いてあったすりこ木は、
とうとう一度も使わずにガラクタとなってしまった。

大きい方のすりこ木は長さ40センチ以上、太さも6、7センチはあった。
ネット通販を見たら5000円以上。

僕はどこかでこれを1000円で買ったと記憶している、
もう40年以上も前のことだ。

      *

※ガラクタの定義

引っ越しや部屋を換えるたびに処分(捨てた)してきたガラクタ。
もちろん手に入れた時はガラクタではない。

旅の土産として、思い出として買ったものや、
知人からの頂きものもある。

それらがいつか溜り、
思い出も薄れ、
もうどうでもいい捨てようとなった時に
ガラクタとなる。

そこで、僕なりにガラクタ(我楽多)に定義づけをした。
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の捨てられるという困難を乗り越え年月を経たもの。

Index of all entries

Home > 2017年11月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top