FC2ブログ

Home > 2018年02月11日

2018年02月11日 Archive

国旗を見かけない建国記念日。本「西行桜」辻井喬

★どうして?

今日は建国記念日。
国民の祝日だ。

子供の頃は多くの家の軒先に小さな国旗が掲げられていた。
それが、長い年月(僕が物心ついて以来)だんだんと減ってきているように思える。

今日は遅まきの新年会で有楽町へ出たが、
やっと有楽町交通会館で日の丸を見た。

どうして日本は国旗を掲げなくなってしまったのか?

      *

僕が戸建ての家に住み始めた40年ほど前、
小さな家にはそぐわないほど大きな国旗を買った。

しかし、その頃はもう祝日でも国旗を掲げる家は少なくなっており、
我が家でもその国旗を掲げることなく処分してしまった。

国旗を掲げると何か誤解されるんじゃないかとか、
いくらか近所に気恥しい思いもあって
ついに掲げることがなかったのだ。

      *

海外の国々では国旗をよく見かけた。
といっても僕がいくつかの欧米諸国に出かけたのは
30~20年ほど前のことだが・・・・・・。

祝日に限らず重要な建物、
観光地の要所要所などには
確か国旗が掲げられていたように思う。

この10年に行った東南アジアの国々でも、
どこへ行ってもその国の国旗は目に入った。

      *

日本人は国旗を掲げなくても、
常に気持ちは一つだ。

わざわざ国旗を掲げなくても国を愛していることは変わりはない
……と言うことなのか。

      *

もしかして、敗戦国だから?
でも、戦後72年も経っているのに・・・・・・・。
今のドイツ、イタリアはどうなのだろう?

18.2.11 季風会新年会 (20)
有楽町の交通会館でやっと見かけた国旗。
18.2.11 季風会新年会 (45)
遅まきの新年会は季風会(絵のグループ)。
会場の焼き鳥屋。
入口の急な階段が高齢者に優しくない店だった。
日比谷近辺は若い人の多いエリアなのかもしれない。
18.2.11 季風会新年会 (34)
2次会で行った店の男子トイレに貼ってあった粋?な注意書き。

      ☆

18.2.11 季風会新年会 (8)
純文学ジャンルの小説を読んだ・・・・・・が僕の感想。

★本「西行桜」 辻井喬

著者の小説はその略歴にふさわしい?
著者しか書くことのできない世界。

文章に品格を感じる。
純文学ジャンルの小説を読んだ・・・・・・が僕の感想。

Index of all entries

Home > 2018年02月11日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top