FC2ブログ

Home > 2018年06月03日

2018年06月03日 Archive

ハイビスカスの花を見て終活のカテゴリーを考えた

★花を見てさえ一期一会

タイトルを見ただけでは何を言いたいのか分からないだろう。

      *

義兄の見舞いを兼ねて、
いずれお世話になるであろう介護施設を見に行った。

世話になるというのは義兄のことだが、
いずれ僕にもその時が来る。
多分来る、きっとくる・・・・・・誰かの歌の歌詞みたい?

      *

僕がまだ30~40代の頃は養老院と言っていたと思う。
養老院へは仕事の関係(取材)で行ったこともあるし、
叔母の見舞に行ったこともある。

その頃とは比べ物にならないくらい、
今日見た施設は広くきれいで清潔だった。

施設の方の説明を聞いているうちに、
何だか自分のために聞いているような気持に・・・・・・。

これって僕の終活の一環にもなるのかァ・・・・・・などと思ったりして。

      *

義兄がとりあえず転居したアパートの廊下に並べられていたのが
ハイビスカスとブーゲンビリアの鉢植え。

南方の国に行けばいつでも見れる花なのだが、
僕は久しぶりに見た。

花を見てさえ一期一会の決意(気持ち)が生じる。
モチ、今日一日を振り返れば・・・・・・。

いっそのこと終活というカテゴリーを設けるかなァ。

18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (29)
介護施設のミーティングルーム(娯楽室)の書棚のDVD.
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (1)
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (3)
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (5)
ハイビスカスの花言葉は繊細な美、新しい恋、常に新しい美(赤)、勇敢(赤)、艶美(白)。
18.6.3  久喜義兄引っ越し見舞い (10)
ブーゲンビリアの花言葉は情熱、魅力、熱心、あなたは魅力に満ちている、秘められた思い、
私はあなたを信じます、あなたしか見えない、ドラマチックな恋。

Index of all entries

Home > 2018年06月03日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top