FC2ブログ

Home > 2018年06月08日

2018年06月08日 Archive

しつげんと水芭蕉と三条ノ滝・・・・・・尾瀬ヶ原ハイク

18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (51)
スキャン_20180609 (3)
今日のコースは正面の燧ケ岳の麓をぐるりと左回りする感じ。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (65)
正面は至仏山。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (69)
リーダーがぜひ見せたかったという早朝の霧(写真上下)。
梅雨の最中に2日間ともお天気に恵まれた。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (91)
日本有数の大瀑布は落差100㍍、幅30メートル。
三条ノ滝への道は木道ではなくアップダウンもある。
思ったよりきついコースでふだんの山行と変わらず。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (79)
平滑ノ滝も近くにある。
18.6.7-8 尾瀬ヶ原ハイク  (37)
今年は雪が少なく、花も早く咲いてしまったのだとか。
満開は過ぎてしまったがそれでもたくさんの水芭蕉ほか
山野草を見ることが出来た。

★ゴローとかけて 尾瀬ヶ原と説く

尾瀬ヶ原を歩く山行。
鳩待峠から入って見晴らしの山小屋(第二長蔵小屋)に泊まり、
2日目(今日)は三条の滝を回って御池(みいけ)へ出るコース。


僕は尾瀬は3回目だが、本格的に木道を歩くのは初めて。
2日間で10時間(標準タイムでは8~9時間)を歩いたが、
これでも全コースの数分の一。

それほど尾瀬は広い。

      *

ゴールの御池に到着したのが午後1時20分。
我が家に帰宅は9時半。

その間、電車の乗り継ぎなど待ち時間が1時間40分ほど入るが、
実に7時間近くを要した。
尾瀬は遠い。

7時間の間には入浴と食事、
長いバス内での居眠り、
電車でのお喋り・・・・・・などが入る。

      *

お喋りは健康にいいという話題で盛り上がったが、
NHKでそのような番組をやっていたとか。

おいらく山岳会の会員たちは人生経験が豊富で、
話題にも事欠かない人がたくさんいる。

僕もかなりのお喋り好きだが
聞き役になる場合も多い。

また、女性との会話の中では失言が多く何度かたしなめられたことも。
まァ、つい調子乗って失言が口からでてしまうのだが・・・・・・。

そこで今日の山行でできたなぞかけ。

ゴローとかけて 尾瀬ヶ原と説く
その心は
しつげんが多い

Index of all entries

Home > 2018年06月08日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top