FC2ブログ

Home > 2018年08月

2018年08月 Archive

渓谷、ワサビ田、百軒茶屋・・・・・・棒の嶺は人気の山

★ピカ一登山道

来週5日から行く予定の立山三山の脚慣らしに
棒の嶺(969m)へ行ってきた。

暑いと分かって行ったのは、
少しでも負荷を重くしてトレーニング効果が上がれば
と考えたのだが・・・・・・やっぱり暑かった。

      *

今回は5年ぶりだけど僕はこの山に6、7回は登っている。
秩父の山の中でもピカ一僕が好きな山。

とくに白谷橋登山口からの登山道はGoo.!
沢沿いを登るこのコース、
幾つもの滝、狭い渓谷(ゴルジェ)、鎖場、沢登りに近いところもあって、
美しさとスリルが堪能できるのだ。

      *

下山は百軒茶屋(奥多摩)方面へ。
こちらは急坂を下るとワサビ田沿いの道となる。

百軒茶屋に下りてから川井の駅まで4㎞を歩くことになり、
帰宅も遠回りとなるがそれでもこちらのコースを選ぶ。

登りと違った美しい味わい深い道なのだ。

       *

帰宅した直後、
立山三山のリーダーから電話が入った。
「5日あたりに台風が来るので、
今回の立山三山山行は中止します」

18.8.31 棒ノ峰  (2)
白谷橋登山道口は名栗湖沿い、
有馬ダムの上を行く。
名栗湖の水位が低いのは7~9月の洪水期は水位を下げて(洪水に)備えているためだ。
18.8.31 棒ノ峰  (27)
白谷橋コースは幾つもの滝、狭い渓谷(ゴルジェ)、鎖場・・・・・・美しさとスリルが堪能できる。
18.8.31 棒ノ峰  (50)
頂上からの展望。
少々ガスっていた。
18.8.31 棒ノ峰  (63)
「テレビで紹介されてこのところ人気が高いみたいです。
土日とかの休日は山頂が混んで飛ばせないんですよ」
と山頂でドローンを飛ばしていたお兄さん。
山頂とダムを撮影するのが好きなのだそうだ。
18.8.31 棒ノ峰  (69)
頂上でテントを張っていた人も・・・・・・。
18.8.31 棒ノ峰  (76)
百軒茶屋への下山道の前半は左が植林、右が自然林とはっきり分かれている(ところも)。
18.8.31 棒ノ峰  (98)
18.8.31 棒ノ峰  (118)
美しいワサビ田が数百㍍続く。
沢を何度か渡り返し、ワサビ田を左右に見ながら下る。
18.8.31 棒ノ峰  (126)
百軒茶屋は創業70年。
下山直後にここで飲む冷えたビールが旨い。
今回も茶屋のおかみさんとしばしお喋り。
缶ビールにつまみを付けてくれて300円はやすいなァ。
川井駅までは一日に1、2本(近くから)バスも出ている。
僕に教えたバスの時間が間違えていたとかで
歩き始めてしばらくすると僕を軽自動車で追いかけてきた。
歩くからいいですと言ったのだが
おかみさんは親切にも途中のバス停まで送ってくれた。
18.8.31 棒ノ峰  (135)
はるか下方に大丹波川の清流を眺めながら歩く川井駅(青梅線)までの道。

山行選びは楽しいもの

18.8.30 山行選び (10)
山行の申し込みの方法はネット、はがき、往復はがきの3通り。

★4つの山行選びに5時間

おいらく山岳会の機関誌“山行手帖”の最新号が届いた。
これから2ヵ月間ぐらいの間に行く山行を探す。

行きたい山を申し込むのだが、
日程が合わないとか僕の脚力では無理とかがある。

だから各掲載山行の内容をよく見て探すのだ。
ハイレベルなAから高齢者向けのEクラスまで
脚力(歩行時間)に応じて5段階に分かれている。

僕はCクラス中心で時々BとDに参加する。

     *

山行選びには
図書館や本屋さんで読みたい本を探すときみたいにわくわくするものがある。
いくら時間をかけても楽しいものだ。

そうはいっても今日はかけすぎ。
何と4つの山行を選ぶのに5時間もかかってしまった。

申し込みの方法は
ネット、
はがき、
往復はがきの3通り。

どうしても思い出せない(-_-;)ガラクタ

★77円(税込み)

今日は近くのスーパーへ行った以外は一歩も出ず。
そのスーパーも夕食に買ったものは77円(税込み)のみ。

この3年、スーパーイオンでの最小買い物金額だ。
歩いた歩数は1385歩。

      *

16.11.15 我楽多 (146)
思い出せない木箱(ケース)と種子島で採取した星砂(袋の中)。。

★どうしても思い出せない"(-""-)"

沖縄で買ったものか、
東南アジア(タイ)で買ったものか?

思い出せないのである。
土産売り場に大きさの違うものがいくつも並べられていたのは覚えている。

それがどこだったか?
南の国、場所であることだけは間違いない。

      *

ネットであちこち検索したのだが、
分からない。

何に使用するものなのか?
薬箱、弁当箱、物入・・・・・・。

蓋はばっちり会うので、
密閉状態はかなりなもの。

隣の袋の中身は星砂。
この星砂は間違えでなければ種子島で取ったものだ。

だから入れ物(箱)と星砂は別なところで手に入れた(多分)。
たまたま箱の中に星砂を入れておいたのだろうと思う(多分)。

いつごろか?
どちらも30年近く前(多分)

      *

3年前の引っ越しの際にずい分と荷物を整理した。
つまり捨てた。

古い衣類、長年使わなかったもの等々・・・・。

      *

これまでも、部屋を換える、家を出る、引っ越すとかのたびに、
ものを整理している。

面白いことに、
そうした幾たびかの危機を乗り越えて残るのがガラクタなのだ。

なぜガラクタは残るのだろう?
必要なものは使用するし、古くなったら買い替えたりするけど、
生活に必要でないものはどこか隅のほうに追いやられる。

それでも、邪魔なものはことあるごとに整理されてしまうが、
邪魔とまでいかず、小さくて思い出を宿すもの。
捨てずに残されるもの・・それがガラクタとなる。

本人には大切な思い出なのだが、
他人にとってはまさにガラクタそのもの。

      *

ガラクタには旅した時に買った(記念の)お土産が圧倒的に多い。
自身の旅、知人からお土産に貰ったもの・・・・・・。

自分の思い出は大事にしたい。
そんな気持ちで幾たびかの危機を乗り越えたがガラクタも、
いつかは整理をしなくてはならない時が来る。

      *

3年前の引っ越しの折、
衣装ケース7つほどの僕のガラクタを整理しなくてはならなくなった。
結局半日かかって4つ分を破棄した。

どれも思い出の品のはずなのだが、
すっかり忘れてしまっているものも多い。

加えてそれ以前、7、8年前に整理したガラクタもある。
カテゴリ“ガラクタの心”は
そんなガラクタにまつわる思い出。

      *

※ガラクタの定義 ↓
①本人以外に何ら価値がない
②金銭・骨董的価値は不明もしくはゼロ
③幾多の困難を乗り越え年月を経たもの

菊の花の酢の物とキノコ汁

★どちらも旨かった

昨日、釣りの帰りに農家直販店で買ってきた菊の花とキノコ。
早速、今夜の夕食のメニューに。

菊の花の酢の物は超久しぶりに作った。
笊いっぱいの菊の花ビラが、
ゆで上げる状態にしてあって200円。

キノコは始めて食べるボリメキ(ナラタケモドキ)。
現地でお世話になってなった農家でゴチになったキノコ汁(トン汁)が
あまりに美味しかったので真似して作ってみたのだ。

どちらも美味しく出来た。

18.8.28 菊花の酢の物とキノコ汁 (15)
菊の花の酢の物。胡瓜と和えた。
18.8.28 菊花の酢の物とキノコ汁 (10)
キノコ汁(トン汁)。

イワナ、ヤモリ、マタタビ、ジョロウグモ・・・・・・今年3回目の釣りの旅

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-27 Mon 23:13:04
  • 体験
★自然を満喫する釣り旅なのだ

今年3回目のイワナ釣りの旅

釣果は僕が15、師匠が16匹.。
大きい順(30~20cm)に上から16匹が師匠、
僕が17番目から31番目(18~16cm)。

師匠は針を飲みこんでいない小さなものはリリース(離す)。
僕も今回2匹をリリースした。

針を飲み込まないように釣り上げるのは
僕にはなかなか出来ないのだ。

      *

釣り場までは車で7時間近くかかるので
3泊4日では中の2日間しか釣りができない。

3年ほど前までは行った日に2時間、
帰りの日に午前中2、3時間ほど釣ったりしていたが、
いまはもうその体力がない。

まァ、何よりクマに遭遇しないことと
交通安全に留意しているのだ。

      *

釣りも楽しいものだが、
僕の場合旅も楽しむ。

自然を満喫、
現地の人たちとの交流もあって、
なかなか得難い体験なのだ。

18.8.24-27 遠野 (77)
自然林の緑の中。
18.8.24-27 遠野 (83)
イワナがいそうなポイントが次々に現れるのだが・・・・・。
18.8.24-27 遠野 (91)
渓谷の中で糸を垂れる師匠。
18.8.24-27 遠野 (34)
イナゴを糸でぐるぐる巻きにしたジョロウグモ。
18.8.24-27 遠野 (109)
秘密の清流にイモリが・・・・・・。
18.8.24-27 遠野 (97)
マタタビ。
18.8.24-27 遠野 (60)
草を刈る人。
8×歳。山奥で一人暮らしをしている。
18.8.24-27 遠野 (16)
猿の腰掛を燻らして蚊を追い払う。
18.8.24-27 遠野 (18)
東京は猛暑。
名人の家ではストーブの煙が・・・・・・。
18.8.24-27 遠野 (21)
毎回お世話になる家(農家)では白い茄子を収穫したとか。
18.8.24-27 遠野 (148)
センブリは薬草。
18.8.24-27 遠野 (157)
ギボウシ(ウルイ)の花。
CIMG7167.jpg
帰り途中の農家直販店で買ったキノコ(ボリメキまたはナラタケモドキ)。
18.8.24-27 遠野 (180)
帰りの大宮駅は大混乱。
雷雨で道路・線路が冠水。
時間調整で夕食に入ったのが甘味屋田むら。
どの店も長蛇の中、比較的空いていたから入ったのだが、
食べた五目せいろが美味しくて安くて(800円)静かでGoo!
何しろリュックとバックを2つ持って入ったのだ。
店員のおばさんも優しかった。

最近は稀にみる光景

スキャン_20180823
わかいの会は今年39回目。

★個性豊かな力作が・・・・・・

知人のグループ展に行った。
展示会場は有楽町駅前の東京交通会館。
6人の個性豊かな力作が展示されていた。

わかいの会は今年39回目だという。
僕の所属する季風会が45回目だから、
6年の差はさほどでない。

どちらも会員減少と高齢化は同じだ。

      *

行きの電車内で、
僕の前の座席に座っていた女性5人。
3人が文庫本を読んでいて2人がスマホ。

      *

帰りの電車内で、
ドア付近から立列に座っている人が7人、立っている人が8人。

文庫本を手にして読んでいる人が僕を入れて5人、
スマホを見ている人が7人、
ねている人が3人。

行きも帰りも最近は稀にみる光景。

      ☆

★明日から4日間(または3日間)ブログをお休みします。
地方へ釣り旅行です。

猛暑対策“ネンキンメシ”。超デカ(太)バナナ、夏の竹林ほか・・・・・・撮り溜めショット5

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-22 Wed 22:15:09
  • その他
★お喋り4時間

暑い!
しばらく涼しいと思ったら急ぶり(急に暑さ寒さがぶり返すこと・造語)だ。

珍しくご夫婦での来客。
ご夫婦とは家族ぐるみでのお付き合いが40年も続いている。

僕のオサンドンではあえてオモテナシなど出来ないが、
猛暑の中を来るのだからとそれなりに“ネンキンメシ”を考えた。
※どちらも年金暮らし
※NHKの昼番組“サラメシ”に対抗して“ネンキンメシ”と命名


ニシンそばにするかウナギにするか?
納豆・豆腐にするか酢の和え物にするか?
炒めるか、煮るか?

お酒にするかビールにするか?
アイスにするか果物にするか?

以上、
猛暑対策(メニュー)にはどちらが適切かと考えた。

じつは、今日の“ネンキンメシ”の主菜はイワナなのだ。
前回釣ってきたもので、今日のためにとっておいたもの。

イワナは大(24cm~)・中(~24cm)の合計14匹。
これは7匹焼き、7匹煮付け。

      *

ほぼ完食。
猛暑対策“ネンキンメシ”はまずまず。

楽しいお喋りは4時間に及んだ。

      ☆

★撮り溜めショット5
18.7.18-23 セブ カシオ  (197)
①超デカ(太)バナナ。
18.7.27-30 遠野 (3)
②大型クレーン台車。
ネットで画像検索したら一列(片側)9本タイヤがあった。
このクレーン台車は5本だ。
そー言えば北朝鮮のミサイルを運ぶ台車のタイヤは何本だったっけ?
18.7.11 当番1日目 (29)
③どうしても“トンカツデンキ”と読めてしまう看板。
正しくは“トツカデンキ”。
18.7.14 三橋プール (9)
④夏の竹林。癒しの風景だ。
18.7.27-30 遠野 (25)
⑤夏の昆虫。
ハンミョウ科系(多分・違っていたらゴメンナサイ)。

スーパー4軒をハシゴして懐かしい人に会う

★知っている人に会う確率も・・・・・・

ゴロー××「もしかして△◇さんの奥さんじゃないですか?」
△◇奥さん××「そうです。あら、もしかして××ゴローさん?」

ゴロー××「あっ、やっぱり。ご無沙汰です」
△◇奥さん××「よく私のこと分かりましたね」

ゴロー××「エー。すぐわかりましたよ。
奥さんぜんぜん変わってないですよ。
お住まいは変わりなく同じところに?
ご主人はお元気ですか?」

あまりの懐かしさに立て続けに出る僕の質問。
何と35年ぶりに会ったのだ。

30代の頃、同じ団地に住んで同じ年に管理組合の役員をやった仲。
会社勤めの出勤の電車も一緒になってよく話をした仲。

40を前にして彼が戸建てに引っ越し、
そのあとすぐに僕が越してバラバラになった。

彼の住まいはそれほど離れていないし、
近くを通るたびに気にしていたのだ。

      *

今日はスーパーを4軒もハシゴして買い物。
(よっぽどひま爺と思われても仕方がない)
知っている人に会う確率も高くなるというものだ。

明日、珍しく我が家に訪問客があるので
つい、買い物も慎重になってしまった。

スキャン_20180821
3軒目のスーパーで買ったうなぎ。

青い目の・・・・、青いドレスの・・・・タイトルが難しいなァ

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-20 Mon 20:39:03
18.8.20 絵の教室ほおづき モチーフ (42)
顔と首回り、影の手直しをして仕上げた人形(パステル6号)。

★「青いドレスのフランス人形」・・・・・・に決めた

前回のモチーフ、フランス人形を仕上げた。

先生のアドバイスを受けて顔と首回り、
それに人形の影の部分を手直し(修正)だ。

先生がフランスから自分の土産に買ってきたとか。
きっとモチーフに使ったのだろうと思った。

     *

先生がお勤めになっていた現役時代はボーナスがあり、
その時ばかりは気が大きくなってドーンと買い物をしたらしい。

でなければ、今はこんな高価なものは買えないと・・・・・・。

      *

で、タイトルだ。
「高いドレスのフランス人形」
じゃない
「青いドレスのフランス人形」・・・・・・に決めた。


      *

今日のモチーフもいろいろ選択の余地あり。
僕が選んだのはクリの葉と陶器の入れ物とホウヅキ。

課題(問題)はホウヅキの中に空間を感じさせることが出来るかどうか・・・・・・だ。

18.8.20 絵の教室ほおづき モチーフ (22)
今日の絵の教室のモチーフに僕が選んだのはクリの葉と陶器の入れ物とホウヅキ。

夕暮れの横断歩道標識。ちびっ子のお手伝いパワー・・・・・団地掃除・草取り日

18.8.19 団地掃除 (10)
団地内の清掃と草刈、今日は珍しくちびっ子の歓声が聞こえた。

★ちびっ子のお手伝いパワー

毎月の第3日曜は団地内の清掃と草刈。
月1回のことなのにやけに早く回ってくる気がする。

つい先日やったばかりじゃないかと・・・・・・。
それだけ月日の経つのが早いということか。

      *

今日は珍しくちびっ子の歓声が聞こえた。
爺婆のところへ里帰りしている孫がパパのお手伝いをしてくれているのだ。

お陰で今日の清掃と草刈の1時間、
なんとなく明るく終えた。

ちびっ子のお手伝いパワーはすごいのだ。

      ☆

★癒しの風景・・・・・・夕暮れに浮かぶ横断歩道標識
18.8.19 団地掃除 (5)
我が家のベランダから。

トンボもカエルも元気にノビノビ・・・・・・爽やかな散歩。百日紅

1 18.8.18 散歩・トンボほか (107)
チョウトンボ。
2 18.8.18 散歩・トンボほか (72)
ショウジョウトンボ。
3 18.8.18 散歩・トンボほか (53)_LI
チョウトンボとショウジョウトンボが一度にデジカメ。
3.3 18.8.18 散)

3.5 18.8.18 散歩・トンボほか (131)
金色のトンボ。
ショウジョウトンボの羽化して間もない頃で、
やがて真っ赤になるそうです。
4 18.8.18 散歩・トンボほか (13)_LI
2匹のカエルはトウキョウガエル(多分)。
たくさんのカエルがいるようなのだが、
逃げ足が速くて見ることが出来ない。
デジカメ不可の中でなぜかこの2匹だけじっとしていた。
5 18.8.18 散歩・トンボほか (139)
6 18.8.18 散歩・トンボほか (112)
チョウチョ2種(上2枚・名前は分かりません)。
7 18.8.18 散歩・トンボほか (160)
コメツキバッタ(正しい名前かどうか分かりません)。
8 18.8.18 散歩・トンボほか (28)
両サイドの葦が刈られた木道。
釣りをしている人とそれを見ている母子。
9 18.8.18 散歩・トンボほか (119)
鴨川沿いの散歩道は草ボウボウ。
いつもの倍の時間がかかった。

★元気ノビノビ

外に出なくてはもったいないほどの爽やかな空。
いつもの散歩道の花木も元気にノビノビ。

鴨川の遊水池のトンボやカエルもモチ元気ノビノビ。

      ☆

10 18.8.18 散歩・トンボほか (1)
行きつけの工藤クリニック。

★早診察

消炎剤を貼っところがかぶれてしまった。
・・・・・・で、かかっている整形外科へ。

相変わらず早診察。
先生に呼ばれて診察室に入ってから出るまでホンの1、2分。

飲み薬と塗り薬を処方された。


      ☆

11 18.8.18 散歩・トンボほか (5)
百日紅ピンク。
12 18.8.18 散歩・トンボほか (7)
百日紅アカ。
13 18.8.18 散歩・トンボほか (9)
百日紅シロ。

★今年の百日紅は・・・・・・

今年は百日紅(サルスベリ)の花の色が例年に比べて
より鮮やかに見えるのは僕だけだろうか。

ラオスで味わった唯一の贅沢気分タゴーンの舟遊び・・・・・・2012年。稽古は贅沢な生演奏で・・・・・・

★先生方6人の生演奏

今日の民謡稽古、先週に続いて金曜会にお邪魔した。
僕が今月最後の稽古、8月27日の月曜会に欠席するので、
前倒しで今日の金曜会に替えてもらったもの。

      *

尺八が3人、三味線が3人の豪華演奏。
生演奏で唄う気分は最高だ。

僕は下手のままの(上達しない)生徒なので、
いつも申し訳ないと思いつつも大変ありがたい。

そのうち3人の方が遠く1時間半も電車、
あるいは車で来られている。

交通費にもならない会からの謝礼、
演奏の方はほとんどボランティア精神で
通ってきてくれている?・・・・・・と僕は思っている。

      *

それだからという分けではないが民謡はいい。
今日の僕は孫たち一家とのボーリングの誘いを断って
この民謡の稽古に来たのだ。

飽きっぽい僕がもう9年も続いている。

18.8.17 佐藤先生の尺八 (3)_LI
尺八ケースの中身を撮らせていただいた。
曲と唄い手の声の高さに合わせるので9~10本は必要と聞いている。
(尺八は)一本△十万円はするのだそうだ。
18.8.17 佐藤先生の尺八 (5)_LI
船をこぐ櫓の音(擬音)をだす楽器。
先生の手作りだ。

       ☆

★タゴーンの舟遊び・・・・・・ゴローのビエンチャン・記憶遺産(2012年)
12.10.26タゴーンの舟遊び (129)
ゆっくりな流れの中で声かけあい笑いも飛び交う。
屋形船の藁ぶき屋根を見ただけで癒されてしまいそう。
12.10.26タゴーンの舟遊び (134)
タゴーンはビエンチャン近郊。中央バスターミナルから小一時間でつく。
ビール付き食事で2時間遊んで一人あたり1000円強だった(2012年当時)。
12.10.26タゴーンの舟遊び (73)
50人以上が乗れる大型の屋形船もある。
そんな船では歌、ダンスなど宴会で大いに盛り上がっていた。
12.10.26タゴーンの舟遊び (9)
ラオス滞在中にタゴーンを訪れたのは5回。
そのうち舟遊びをしたのは3回だ。

初顔合わせ5人のまたいとこ(はとこ)。絵「ロックガーデンⅡ」 御岳山(奥多摩)

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-16 Thu 20:38:19
★爺婆4人はお喋りに夢中!

妹夫婦が孫2人を連れてやってきた。
我が家も孫3人が遊びに来ているので、
都合5人のちびっ子たちで大賑わいの午後だった。

5人はまたいとこ(はとこ)同士。
年齢も3歳から8歳までで、
初顔合わせにも関わらずすぐに仲良くなって遊んでいた。

爺婆4人はお喋りに夢中!

18.8.16 絵。ロックガーデン 折り紙のツル (16)
孫の作った折り鶴。
左から1、2分の1、4分の1。8分の1だそうです。

      ☆

18.8.16 絵。ロックガーデン 折り紙のツル (1)
岩の存在感を描きたかった。

★絵「ロックガーデンⅡ」 御岳山(奥多摩) パステル・6号

岩の上に3人の人物を描き入れたのだが、
周囲の岩の存在感が薄くなってしまったので削除(消した)。

音に聞こえた三浦アルプスは・・・・・・

★ミニ北アルプス?

「音に聞こえた」とは有名なとか誰でも知っているとかの意味だ。
三浦アルプスはまさに音に聞こえたハイキングコース。

ずい分前から聞いており一度は行って見たいと思っていたところ。
今日その機会に恵まれた。

      *

さすがにアルプスと名付けられただけのことある。
けっこうきついとは聞いていたが話の通りだった。
前半、バリエンションコースを進んだ(選んだ)こともあるが・・・・・・。

小刻みなアップダウンとカーブが続く尾根道は細い。
低い樹木に覆われていて展望がほとんどない。

両サイドの断崖は緑に覆われているものの切込みは深く
とても低山とは思えない。

これまでに経験のない山道を歩いているようで面白かった。

それこそピークのひとつひとつに北アルプスの山の名前を付けたら
コンパクトなあるいはミニ北アルプスになる?

1 18.8.15 三浦アルプス (32)
ピークから横浜・京浜方面を望む(ズーム)。
2 18.8.15 三浦アルプス (14)
滑りやすい岩場は慎重に。
3 18.8.15 三浦アルプス (17)
椿の樹林帯の中を歩く。花の咲くころは見事なものらしい。
4 18.8.15 三浦アルプス (21)
乳頭山山頂で昼食。
5 18.8.15 三浦アルプス (42)
樹林帯を抜け太陽の下の小さな急登。
6 スキャン_20180816
小刻みなアップダウンとカーブを譜面に置き換えて見たらどうか?
・・・・・・など、歩きながら思いついた。
そこで民謡曲の中から選んでみた。
イメージに合ったのは岐阜県民謡の郡上節。
どう?
※僕は音楽は全然ダメで譜も読めない。
これはあくまでも視覚イメージだ。
7 18.8.15 三浦アルプス (61)
最後の水飲み休憩。
持って行った2ℓ(水・ポカリ)を飲みほした。

清流と涼風とマス釣り体験・・・・・・黒山三滝

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-14 Tue 21:51:20
★猛暑を忘れた

息子夫婦と孫3人で日帰りの温泉寄りのドライブ。
行った先は越生の黒山三滝。
温泉は“ゆうパークおごせ”

我が家から30㎞、車で1時間半ほどのところで
深山幽谷の雰囲気が味わえる観光スポットが黒山三滝。
沢の清流に触れ山の涼風を感じることが出来るのだ。

孫3人も大喜び、モチ両親(息子夫婦)たちも大満足。
猛暑を忘れた夏休みの一日だった。

18.8.14黒山三滝(夏休み) (26)
道路から30mほど沢沿い(岩場)を歩いた奥にある天狗滝。
深山幽谷の趣に満ちている。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (42)
男滝(上)と女滝。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (75)
マス釣り場。釣った魚を焼いてもらいその場で食べることが出来る。
孫たち3人で6匹を釣りあげた。
18.8.14黒山三滝(夏休み) (105)
日帰り温泉“ゆうパークおごせ”。男女、家族が一緒に入れる大きな水着風呂があるユニークな施設。
バーベキュー設備、パオやログハウスの宿泊施設、キャンプ場などなど、
山の自然を生かしたアウトドアも楽しめる。

6人組赤札屋で暑気払い。本「新島八重 ハンサムな女傑の生涯」。

★カラオケは懐かしい曲のオンパレード

すっかり恒例となった新橋赤札屋での暑気払い。
今回はさらに一人加わって6人となった。

新橋駅前SL広場集合が午後2時。
最も暑い時間帯、お盆休みに入っていることもあって
人通りはいつもよりぐっと少ない。

店(赤札屋)も6人席がすんなり席が取れた。

      *

今回加わったのは先日セブ島へ行った潜友の一人、
同じ会社に勤務していた同僚(歳はいちばん若いが)でみな顔見知りだ。

相変わらず赤札屋は安い。
6人で2時間お喋り、笑って、飲んで、食べて一人2000円。

      *

前回、初めてカラオケに寄ったが、今日も2時間。
古い曲、いや懐かしい曲のオンパレード。

18.8.13 赤札屋とカラオケ (2)
赤札屋店内の壁に貼られたメニュー。隣に焼酎の水割り100円が・・・・・・。
18.8.13 赤札屋とカラオケ (9)
カラオケでは心置きなく古い曲、いや懐かしい曲を楽しんだ。
スキャン_20180813 (2)
セブの潜友はさすが元編集長。
セブの思い出を美しい写真と名文で4ページにまとめてくれた。

      ☆

スキャン_20180813
全体に何か優しさが感じられるのは同志社同窓会・編だから?。

★本「新島八重 ハンサムな女傑の生涯」 同志社同窓会・編

同志社大学を設立した新島襄の妻。
2013年のNHKの大河ドラマになっていたとは・・・・・・見とけばよかったなァ。

写真も多く、読みやすい。

全体に何か優しさが感じられるのは
同志社同窓会・編だから?


昨日、今日、明日のこと、たこ焼きのこと

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-08-12 Sun 19:45:00
  • その他
★写真3枚を並べたら

今日。

ホットプレートを買った。
焼き用鉄板が3枚付きで重たい。

ふつうの鉄板焼き用、
焼肉用、
たこ焼き用の3枚。

      *

おかげで孫3人が来るので夕食は何にしよう
・・・・・・など考える必要がなくなった。

即座にたこ焼きに決定だ。
このたこ焼き用鉄板一度に30個が焼ける優れもの。

      *

昨日。

テレビに映っていたのは、
福島県相馬市の松川浦。


震災復興についての番組だったのだが、
震災後4回も訪れているのでつい見入ってしまった。

最初に行ったのは震災後1ヵ月。
まだ松川浦には流された家、車などが浮かんだままだった。

あれから7年経つが復興はまだ半ば。
地元の食堂のメニューから復興丼が無くなる日が
早く来て欲しいものだ。

      *

明日(来月)。

NHKで北アルプスの立山連峰をドローン撮影で紹介する番組をやっていた。
僕は来月立山に行く予定なので必見、心待ちにした。

室堂平から雄山を目指す。
2日間山小屋泊りのBクラス山行だ。

      *

・・・・・・という分けで写真3枚を並べたら、
昨日、今日、明日のことになった次第。

18.8.12 散歩・TV立山 (9)
昨日は松川浦。
18.8.12 散歩・TV立山 (51)_LI
今日のホットプレートは写真なし。
なので、代わりに今日の散歩中の風景。
キジと農婦。
キジは親子4羽(つがいと2羽の子)いるのだが雄以外は草の陰。
18.8.12 散歩・TV立山 (24)
明日(来月)は立山山行予定。

旧陸軍桶川飛行学校写真の公開は2020年3月

スキャン_20180811
今朝の読売新聞記事。

★後編、2009年12月24日のブログを再掲載

今朝の読売新聞の記事・
旧陸軍桶川飛行学校写真の公開は2020年3月とあった。

つい先日のママチャリングで寄ったのだが、
まだ復元工事中だった。

僕が最初にここ来たのは2009年のこと。
まだブログ“ゴローの「ここの記」日記”が始まる前の事だ。

後日2013年12月21日(前編)、23日(中編)、24日(後編)の3回に分け、
あの日の記憶・メモのカテゴリーで紹介した。

      *

復元工事が終わっての公開では
どの程度撮影許可になるか分からないが、
2009年時では規制がなく、
僕は90枚近くの写真(デジカメ)を撮った。

      *

※後編を掲載した2009年12月24日のブログを再掲載した ↓ 。

★旧陸軍桶川飛行学校写真(後編)・・・・2009年

旧陸軍桶川飛行学校の詳細についてはネットで ↓
http://okgwkataritsugu.koborezakura.com/

文化遺産としてぜひ残したい貴重な逸品だと思うのです。

0 9.9.5旧陸軍桶川飛行学校
1 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (62)
2 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (63)
3 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (64)
4 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (65)
5 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (66)
6 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (67)
7 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (68)
8 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (72)
9 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (73)
10 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (76)
11 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (80)
12 09.9.5旧陸軍桶川飛行学校 (83)

「よろしかったらラインをしませんか」。金属人形・・・・・・癒しの風景

スキャン_20180810 (2)
フェイスブックの不思議な友達リクエストとメッセージ削除。

★もしかして?

ファイスブックに友達リクエストがきた。
若い女性だ。
お化粧もアイメイクバッチリで今風。

      *

僕の友達は現在295人。
知っている人と知らない人と半々くらいか。

友達数としては多い方ではない。
まァ、普通だろう。多い人は5000人近い人もいる。
(少ない人では8人というのも)

もう、これ以上増やすつもりはないので、
300人までのあと5人は慎重にリクエストに応じようと、
あるいは自分からリクエストする場合でも知己に限ろうと決めていた。

それが何気にその女性のリクエストに応じてしまった。

      *

すると翌日、馬鹿丁寧なお礼メッセージが届いた。

携帯のラインと違ってファイスブックでは
友達リクエストに応じたからと言って
このようなお礼メッセージが来ることはない。

僕も初めてのことなので、
「よろしくお願いいたします」とだけ返事を送った。

するとまた彼女からのメッセージが来た。
「よろしかったらラインをしませんか」

      *

これは何なのだ?
もしかして?

もちろん僕はラインを繋げる気はない。
返事もせずそのまま置いた。

      *

翌日、僕は友達(関係)を削除すかべきかどうかを考えながらファイスブックを開いた。
するとすでに彼女との友達(関係)は削除されていた。

どういう理由からは分からない。
彼女が僕より急いで(早く)削除したことに間違いはない。

      ☆

★金属人形・・・・・・癒しの風景
18.8.3 炎天下のママチャリング (18)
散歩の途中、ブロック塀の上に並ぶのは金属の人形。
廃品(金属くず)で作ったオリジナル人形。
工夫と技術に拍手!

台風一過の猛暑下のひまわり、サルビア、草刈人にカメラマン。ペットボトル1.5ℓ×5本、500㏄×7本

★暑さしのぎのヘルメット

台風一過、さぞかし爽やかな・・・・・・・と思いきや
返ってきた猛暑。

こんなに暑いんでは散歩も面倒、
そこで思いついたのが森の中の散歩。

森のある花の丘公園までは自転車だ。
ヘルメットで暑さも幾分しのげた。

      *

さすがにこの暑さ。
園内は人影もまばら。

炎天下の遊具施設にも一人の子供もいない。
当たり前かァ。

18.8.9 花の丘公園ほか (25)
背の低いヒマワリが満開。
2 18.8.9 花の丘公園ほか (28)
炎天下の草刈ご苦労様。
3 18.8.9 花の丘公園ほか (51)
ご夫婦(多分)。両者ともに一眼レフを手にサルビア撮り。
炎天下にご苦労様。
4 18.8.9 花の丘公園ほか (41)
橋の上から鯉を眺める。
小さな魚たちは大きな鯉がお通りになるとき、
集団がばらけて八方に泳ぎだす。
大きな鯉から逃げるように遠ざかるみたいだった。
5 18.8.9 花の丘公園ほか (66)
森の中は暑くない。
人影がない。
それがよりいっそう暑さを忘れさせてくれるようだ。
6 18.8.9 花の丘公園ほか (75)
森のはずれというか脇というか、そんな家にいたネコ。
近寄ると威嚇してきた。
どうやら留守番ネコみたいだ。
7 18.8.9 花の丘公園ほか (94)
森からの帰りに寄った清河寺。
この寺にケヤキの巨木がある。
県指定の天然記念物だ。
樹高32m、幹回り8.5m、根回り14.3m、樹齢650年。
8 18.8.9 花の丘公園ほか (110)
清河寺のもう1本の巨木は山門の脇(裏側)に。

      ☆

9 18.8.9 花の丘公園ほか (16)
今回のペットボトルの多いことと言ったら。

★1.5ℓ5本、500cc7本

今日は資源ごみを出す日。
週一なのだが、今回のペットボトルの多いことと言ったら。

こんなの初めてだァ。
最近流行りの調子で言うと
30年に一度の大量ペットボトル出し。

1.5ℓ5本、500cc7本。

Index of all entries

Home > 2018年08月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top