FC2ブログ

Home > 2018年10月

2018年10月 Archive

保育園児のハロウィン。柿のトンネル

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-31 Wed 20:40:46
  • その他
18.10.3 保育園のハロウイン (5)
保育園児のハロウィン。

★仮装だけなら・・・・・・

近くのイオンの3F、保育園の園児たちの行列はハロウィン。
ひとりずつプレゼントをもらってご機嫌の園児たち。

こんなのは可愛くていいね。

      *

ハロウィンの歴史は古いらしいけど、
日本でお祭り騒ぎになったのはつい近年のこと。

もともとは収穫祭であったらしいが、
カボチャはまだしも
日本ではほとんど仮装大会化してしまったようだ。

ハロウィンは僕らのこどもの頃はなかった。
ただ仮装だけならあった。

それに世界中で流行っているコスプレだって仮装の内?

      *

思い起こせば僕も仮装は何回かしているぜよ(なぜか土佐弁)。
高校の運動会の昼休みイベントで出た仮装大会。
坊さんになってお経を読んで大うけ。

会社勤め時代慰安旅行では女装した。
運動会では応援団長として5年間(5回)、
ある時はスーパーマン、
ある時は赤いタキシードでひげダンス、
またある時は龍踊りの中国人、
法被姿で竿灯まつり・・・・・・他。

      ☆

★今日の柿の木=柿の道
18.1022 今日の柿の木  (57)
路地を覆うように柿の枝が伸びる。
柿のトンネルにほかならない。

ラッキーな風邪休み?。『むかし森だった頃の面影』……2013年(ラオス・ビエンチャン近郊)。いとしさと黄昏と・・・・・・今日の柿の木

★充実の風邪休み?

小学年の孫が風邪で学校をお休み。

我が家(爺の家)へきてDVDを見て、ゲームをやって、
孫にはラッキーな充実の風邪休み?

      ☆

★『むかし森だった頃の面影』……2013年(ラオス・ビエンチャン近郊)

ビエンチャンの中心から車で1時間ほどのところ。
中国の援助で作られた巨大なサッカー場の前は
長いあいだ巨木の森であったらしい。

僕が最初に見た2011年にはまだ森の面影が残っていた。
巨木が数十本(もしかしたら数百本?)広い大地にそびえ立っていた。

何本か根元から見上げた。
大空に伸びた枝は何を意味するのだろう。

下草は刈られ、低木は根こそぎ抜かれた。
巨木以外はすでに伐採されてしまっていたのかもしれない?

      *

2013年、スケッチのために行った2度目。
すでに伐採が始まっていた。

あの巨木の数本が切られ、
大地に横たわっていた。

赤土の大地を牛が通る。
追う人もおらず、牛たちは思い思いゆったりと僕の前を通り過ぎた。

僕はそれをモチーフに油絵30号を描いた。

    *

ラオスを去る前に三たび訪れた。
僕が描いた巨木たちはすでに全部切られていた。

切り株の直径は細いものでも1mは超えている。
木っ端ですら重くて持ち上げられないほどの硬さだった。

↓※写真は2013年の2月14日にブログに掲載したそのまま。
20130214203150d53[1]
201302142031401ef[1]
201302142031591c5[1]
2013021420313003e[1]
20130214203210605[1]
201302142032216e2[1]
      *
20140419211809cde[1]
2012~2013年に描いた『むかし森だった頃の面影Ⅱ』油・F30号

      ☆

★今日の柿の木・・・・・・黄昏かいとしさか

柿の季語は秋(若葉と花は夏)。
黄昏の秋、いとしの秋。

18.10.27 おいらく祭り (15)
18.10.27 おいらく祭り (28)
18.10.27 おいらく祭り (51)

『柿と袋のジャガイモ』・・・・・・パステル6号。素封家の柿の木

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-29 Mon 19:12:21
★時間内に描きあげた

今日も幾種ものモチーフが並んだ。
僕は柿とビニール袋のジャガイモを描いた。

柿の色を描いて見たかったからだが・・・・・・。

先生は袋の後に何か描き入れたほうが
透明感が出ていいとアドバイスしてくれた。

ただ、僕は12時までの時間内に描きあげようと思っていたので、
「これから描き入れるのは・・・・・」と言ってパスさせてもらった。

お陰で習い始めて以来、
初めて時間内に描きあげることが出来た。

18.10.29使用
初めて時間内に仕上げた『柿と袋のジャガイモ』。
18.10.29 絵の教室 (25)
幾種も並んだモチーフの中から柿を選んだのは
やさしそうに思えたこともあるが柿の色も描いて見たかったから。

      ☆

★今日の柿の木=素封家の柿の木
18.1022 今日の柿の木  (64)
戦前は100町歩以上の地主・素封家だった永田家。
その名残りの長屋門は市指定有形文化財(建造物)に指定されている。
文化人であった戦前のご主人が高浜虚子、徳富蘇峰、黒田清輝らと交友があり、
写真の家(屋根の一部が写っている)の2階で、
彼らと荒川河川敷きに咲く桜草を眺めたと伝えられている。
※永田家へは我が家から自転車で15分ほど。

『変わり果てたゴローさん』。『もうやめたい』。『工作じゃなくて絵だった』

18.10.27 おいらく祭り (11) - コピー
昨日facebookにアップした人と犬の全身骸骨ショット。
※通りすがりの家です。

★『変わり果てたゴローさん』

人と犬の全身骸骨。
昨日撮影したこのショットをfacebookにアップした。

珍しくも珍しい知人からコメントが来た。
『変わり果てたゴローさん』

僕はすぐに
『うまい (-_-;) 』
・・・・・・と返事を送信。

      ☆

18.10.28 花那展示、ソバ畑のおばさん (15)
先日の台風で大打撃のソバ畑。収穫は3割以下だとか。

★『もうやめたい』

ソバ畑で草取りをしているおばさん(お婆さん)に聞いた。
ゴロー××「ソバの収穫はいつなの?」

ソバ畑おばさん××「もうすぐだよ。でも、今年はダメだ。
この間の台風で全部倒れちゃってね実が落ちてしまった。
3分の1も行かないね。
出荷するかどうか迷ってるの。
ぜんぜん採算取れんしね。
もうやめたくなっちゃっているんだけど、
他にやることないし、仕方ないねェ」

ゴロー××「ひとりでやってんじゃないでしょ、ご主人は?」
ソバ畑おばさん×「男はこんな仕事やらないよ」

話し終わるとおばさんは曲がった腰をさらに深く曲げて
草取りを続けた。

      ☆

18.10.28 花那展示、ソバ畑のおばさん (11)
小学5年の孫娘はなぜか工作と絵と勘違い。

★『工作じゃなくて絵だった』

小学5年の孫娘の工作が展示されているというので見に行った。
地元の馬宮公民館祭りの展示会場だ。

先週の土曜日に僕が民謡を唄ったのと同じ祭り(会場)。
先週は演芸の部、今週の土・日が展示の部という分けだ。

      *

会場に入って孫娘が自分の作品を探す。
ところが工作コーナーにない。

孫娘は困惑した様子で壁面に貼られている絵に目をやった。
孫娘××『工作じゃなくて絵だった』

      ☆

★今日の柿の木=遠近法を駆使して実らせた?
18.1022 今日の柿の木  (30)

笑いヨガも体験・・・・・・はれ(晴)ておいらく祭り。今日は高麗郷古民家の柿の木

★初めて聞く初めての体験

昨日の祈願叶ってはれ(晴)ておいらく祭り。

僕はスケッチハイクの山行・・・・・・と言っても山道歩きはなしの
高麗聖天院コースに参加。

集合場所の高麗駅から聖天院までは1時間、
おいらく祭りの開始が午後1時半。

スケッチの時間が1時間半しかない。
結局、鉛筆の下描きだけでオシマイ。

      *

楽しみにしていたフォークダンスがない。
かわりにプログラムにあったのは“笑いヨガ”。

初めて聞く初めての体験。
まァ話題作りにはいいだろうけど・・・・・・。

ラッキーだったのはくじ引きで当たったこと。
タグライトを貰った。

18.10.27 おいらく祭り (24)
スケッチ山行のコースは高麗聖天院(写真)と隣の高麗神社。
18.10.27 おいらく祭り (148)
笑いヨガ。初めて聞く初めての体験。
心から笑って行えるまでになるには修行が必要か?
18.10.27 おいらく祭り (153)
アコーディオンの演奏で合唱。「おお牧場は緑」ほか13曲を熱唱。
18.10.27 おいらく祭り (132)
おいらく祭りの会場となった巾着田から見た岩トレでおなじみの日和田山。

      ☆

★今日の柿の木・・・・・・高麗郷古民家の柿
18.10.27 おいらく祭り (119)
写真中央2段になっているオレンジの左上段が柿。

星の木、ハロウィン、エビズル?ほか。魚を獲る人(2009年)

★祈願!明日雨降らないで

明日の天気が心配だ。
2年ぶりのおいらく祭り(山岳会の行事)が
雨だとまた中止になってしまう。

十数の山行のどれかに参加、
そのあと大会場の巾着田(日高市)に集合。

模擬店、100円から買える山のグッズ販売、
歌(合唱)、フォークダンスと楽しみ盛沢山のお祭り。

祈願!明日雨降らないで・・・・・なのだ。

      *

買い物途中の道で偶然会ったのは絵の先生。
絵の先生××「ここ毎日、忙しくて新幹線で東京へ出ているの」。

さらにかつてのボーイスカウトのリーダー仲間。
ボーイ仲間××「今、しごと途中なの・・・・・」。

そして家に帰ったら民謡の先生から電話。
民謡の先生××「マイク直ったけど、明日ゴローさんは何時に?」
ゴロー××「いえ、僕は明日どちらには行きません」

忙しい人ばかりが珍しいことだ。
※お前が暇なんだろうの声が聞こえてきそう(-_-;)。

      ☆

★怖いでしょ・・・・・・ほか何でもないけど癒された4ショット
18.6.21 杉戸の猫ほか (25)
“星の木”じゃないイブキの実。
18.10.26 ハロウイン (3)
我が家の玄関の扉に突然ハロウィン。
よその家かと思って団地の階段を下りかけてしまった。
18.10.25 イオンのポケモン (9)
これはハロウィンじゃないみたい。
通りすがりの家の倉庫(多分)。
怖いでしょ。
エビズル
ブドウ科のエビズル?
間違っていたらゴメンナサイ。
ネットで調べたけれどよく分かりませんでした。

      ☆

★癒しの風景・・・・・・タイ(バンコク近郊・2009年)
09.2.9サイクリングクローン3~4 (30)
休みの日はよく散車(自転車でブラブラ)を楽しんだ。
住んでいたバンコク近郊の街は緑と運河に囲まれたのどかなところ。
遊水池では夕方になると魚獲り人たちがあちらにもこちらにも。
癒される風景に出会うこともしばしば。

      ☆

★今日の柿の木=竹藪の中から日陰の実(身)。
18.1022 今日の柿の木  (69)

ポケモン交流は年代を超えて&農学博士の柿

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-25 Thu 20:23:42
  • その他
18.10.25 イオンのポケモン (17)
今日は階段と駐輪場に10人足らずのポケモンファンだったが、
先日は30人くらいの人がいた。
18.10.25 イオンのポケモン (19)
店内には早くも“年賀状印刷承ります”の横断幕が・・・・・。
18.10.25 イオンのポケモン (12)
柿と右上の隅の袋の中のサツマイモを買った。

★スマホ娘とごま白頭の紳士&農学博士の柿と大きすぎるサツマイモ

ゴロー××「それ、ポケモン?何をしているの?」
スマホ娘××「そうです。ポケモンです」

スマホを操作している若い娘(可愛いい)さんが
となりのおじさん(ごま白頭の紳士風)とスマホを見せあって会話をしている。

ゴロー××「お二人でポケモンのゲームか何か?」
スマホ娘××「そうです」

僕はゲームもポケモンもやらないから詳しいことは分からないが、
ポケモンがイオンの前に出現、ポケモンファンが集まっているのだ。

しかも、知らない同士でポケモンのゲームが出来るらしいのだ。

ゴロー××「先日もたくさんの人が集まっていましたね。
やっぱりポケモンのゲームで?」
スマホ娘さん××「え~、私もやってました」

ゴロー××「お年寄りと若い人が知らない同士なのに、
一緒にゲーム出来るっていいですね」

ごま白風××「そうですね」
おじさんはにこにこしながら答える。

可愛いい娘さんも首を縦に振りながら同調している。
なるほど、ポケモンは年代を超えての交流に役立っているのだなァ
・・・・・・なんて妙に感心してしまった。

      ☆

ゴロー××「この柿甘い?」
大久保さん××「甘いよ。この柿はね農学博士が育てていた柿の木なのよ。
博士が亡くなられてねここに植えたのよ」

大久保さんは店の前の畑を指さす。
※なぜ大久保さんの名前を知っているかと言えば
よくここで買い物をするし、声を掛けてたりしていろいろ聞くものだから、
すっかり顔見知りなっているのだ。
小ぶりだが柿5つで100円は安い。

     *

ゴロー××「このサツマイモは何でこんなに安いの」
僕は柿の右上の隅のサツマイモの入った袋を手に聞いた」

ずっしりと重い大きなサツマイモが3個。
大久保さん××「大きすぎてね売れないから安くしているの」

ゴロー××「へぇ~、大きすぎると売れないの、得なのになァ」
モチ、僕はその大きすぎるサツマイモ3個を100円で買って帰った。

      ☆

★今日の柿の木は大久保さんちの柿の木
18.1022 今日の柿の木  (23)

久しぶりに富士を見た・・・・・・鶴ケ鳥屋山B級山行

18.10.24 鶴ヶ鳥屋山ハイク (24)
鶴ケ鳥屋山の頂上から眺める富士山。
18.10.24 鶴ヶ鳥屋山ハイク (27)
丁度12時に頂上着。30分ほど昼食休憩。
18.10.24 鶴ヶ鳥屋山ハイク (36)
中腹あたりから紅葉が見られるようになった。

★ラッキーな予報外れのお天気

久しぶりに富士を見た。

予報外れのお天気。
カラッとした空気に暖かい日差し。

絶好のハイキング日和となってよかったァ。

      *

鶴ケ鳥屋山(つるがとややま・1374m)へは
中央線笹子駅近くの登山口から入り、
初狩駅近くで下山。

6時間余りのB山行。
前半の急登を過ぎ、いくつかの小さなピークを越えて山頂へ。

久々の富士山がお出迎え。

      *

ラッキーな予報外れのお天気を
ぜひ明後日にもお願いしたい。

明後日のお天気予報は曇りと雨。
しかも、時々強く降るとか。

当日(27日・土)はおいらく祭り(おいらく山岳の恒例行事)。
昨年の60周年記念祭りが悪天候で中止になった。

今年はぜひやって欲しいなァ。
この3年(入会以来)の間に知り合った
たくさんの山の仲間たちとの交流の場なのだ。

      ☆

★今日の柿の木
18.10.24 鶴ヶ鳥屋山ハイク (67)
リニアモーターカーの実験線と柿の木。
18.10.24 鶴ヶ鳥屋山ハイク (70)
初狩駅ホームと柿の木。

昭和を懐かしむエッセイ・・・・・・『隅っこの「昭和」』出久根達郎

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-23 Tue 14:27:40
スキャン_20181023
1 スキャン_20181023 (2)
スキャン_20181023 (3)
③スキャン_20181023 (4)
モノが語るあの頃は僕自身のあの頃でもある。
著者は僕より一つ年上の同世代。

★いつかパクってもいいなァ

目次を見ただけで懐かしい。
読みながらも
自分にも様々な思い出がよみがえる。

      *

2ページずつのエッセイで読みやすい。
とくに最後の「昭和は遠く」あとがきにかえては
気の置けない友人たちと昭和の思い出を語り合う話。

それぞれが最も昭和を感じる物は何か。
こんなのいつか何かの折にパクってもいいなァ。

      ☆

★今日の柿の木=♯~屋根より高~い柿の木~だァ~♭
18.1022 今日の柿の木  (79)
2階の屋根をはるかに超えて(手前の家は平屋)。

長~い現場検証。枝の間から今日の柿の木

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-22 Mon 21:29:43
  • その他
★まだ現場検証が・・・・・・

民謡の稽古からの帰り、午後4時頃だ。
我が家近くの交差点で交通事故があったらしい。

幾人もの警官が現場検証をしている。
人を立たせて、報告確認をし、何かを聞いている。

もうだいぶ前の事故なのか?
車が衝突したあととか、
人が倒れて怪我をしたとかの痕跡も見当たらない。

それにしても警察官も多いし、
スケールで何ヵ所かを測ったりして大仕掛け。

      *

さらに、僕が近くのイオンいで買い物を終えた午後5時頃、
まだ現場検証が続いている。

よほど大きな事故だった?
それにしてもこの文化センター通りは事故が多い。

死亡事故地点の花、
目撃情報の立て看板・・・・・・・。

さいたま西警察署まで200mちょい、
県の交通機動隊の建物までだって1㎞あるかないかの距離。
交通事故を取り締まる要がこんなに近いのに・・・・・・。

18.1022 今日の柿の木  (84)
午後4時。
18.1022 今日の柿の木  (90)
午後5時。まだ現場検証が続いていた。

      ☆

★枝の間から眺める今日の柿の木
18.1022 今日の柿の木  (34)

今日の柿は旨い柿。絶好の草取り・掃除日より?

★絶好の草取り・掃除日より?

団地内の清掃と役員会議。
久しぶりの快晴、抜けるような青い空。
絶好の草取り・掃除日より?だった。

      *

清掃後は管理組合の役員会議。
先日受講した防災管理講習の報告などをした。

      ☆

★今日の柿は旨い柿

先日、知人から頂いた柿。
庭に4種の柿の木があるそうで
4種合計10数個を頂いた。

旨い柿だ。
毎日3、4個を食べ続け残りが2つとなった。

18.10.21 今日の柿(健夫に貰った) (4)

公民館の文化祭で練習成果を披露。たこ焼き&明太焼き。今日の柿の木

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-20 Sat 20:39:33
  • 民謡
スキャン_20181020
馬宮公民館文化祭のプログラム。
18.10.20 馬宮公民館文化祭 (2)
ボランティアの人たちによる昼食とコーヒーの模擬店。
混ぜご飯弁当が200円、和菓子付きコーヒーが150円と激安で、
発表会終了後筑静会のメンバーも利用させてもらった。

★会津磐梯山と司会・・・・・・馬宮公民館文化祭

馬宮公民館の文化祭とは、
その公民館を日ごろ使っているサークルの発表会。
我が筑静会も月曜会の9人が参加。

      *

9人は午前10時にリハーサル室に集合。
開始まで音合わせと最後の練習。

11時10分から40分間が筑静会の持ち時間。
全員で花笠音頭を合唱、
その後一人1曲ずつを披露した。

      *

僕が唄ったのは“会津磐梯山”。
他に司会を担当。
予定通り筑静会は11時50分に終了した。

      ☆

18.10.20 馬宮公民館文化祭 (37)
大きめのたこ焼きが一度に30個作れる。

★たこ焼き&明太焼き

僕はつい最近までたこ焼きを自分から買って食べることはほとんどなかった。
それがタコ焼き板付きの鉄板を買ってからハマりそうになっている。

孫たちが来た時のメニューに加えたのだが、
これが思った以上に旨い。
しかも調理というか準備が簡単だ。

      *

今日も大人3人子供3人(孫)で40数個を平らげて材料のタコが不足。
その埋め合わせに冷凍してあった明太を使った。

これがけっこうイケる。
たこ焼き&明太焼き・・・・・・まだ他に何かないか考えてみる。
次回のたこ焼きが楽しみだ。

      ☆

★今日の柿の木
18.10.20 馬宮公民館文化祭 (19)

何なのだ(-_-;)。某月某日・散歩で、駅で・・・・・・ほか、撮り溜めショット9。

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-19 Fri 21:18:36
  • その他
★家に着いた途端に・・・・・・

民謡金曜会の稽古に行った。
練習場所までは自転車で20分ほど。

練習を終えて帰ろうとしたら雨が降り始めた。
それもポツリを超える。

自転車なら必ず濡れねずみとなる。
幸い100円ショップのポンチョを持っていたので助かった。

それでも太ももあたりと、
籠に入れたリュックは濡れた。

それは仕方がないとしても、
家に着いた途端にあれだけ振っていた雨が上がった。

雲が切れ薄日さえ差している。
何なのだ(-_-;)。

      ☆

★某月某日・散歩で3、駅で3・・・・・ほかで3つの撮り溜めショット
1 18.10.9 散歩・ママチャリング (23)
某月某日・散歩で①=たまたま夕方通りかかったら傾きかけた陽が射して・・・・・・。
2 18.9.26 散歩ガーベラ (45)
某月某日・散歩で②=お化け瓢箪。ゴミにもアートにも見える。
3 18.7.14 三橋プール (4)
某月某日・散歩で③=もとはゴルフのショートコースがあった場所。
2ヵ所の芝地を残してあとはすべて住宅が立ち並んだ
4 18.9.19 SL広場。イワナ燻製 (5)
某月某日・駅で①=新橋駅前のSL広場。ここはTVインタビューのメッカ。
この日は2ヵ所で異なる局が同時にインタビューしていrた。
5 18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (22)
某月某日・駅で②=秩父鉄道の長瀞駅ホームのブーメラン(神社)。
ブーメランのように無事に長瀞の駅に戻ってくることを願う神社なのだそうだ。
無事に帰る⇒蛙が祭ってある謂れ。
6 CIMG8574
某月某日・駅で③=コケかカビか病気か?もしや彫刻作品?。つくばエクスプレス守谷駅。
7 18.9.30 遠野 (146)
某月某日・中郷サービスエリアで=どちらかと言えば黒いカラスは嫌われ者だけど、
“七つの子”は誰もが愛した(多分)。
8 18.10.3 防火管理講習2日目・本「人生変えた時代小説・・・ (4)
某月某日・大宮の街で=『虫供養之碑』
9 18.9.24 白鵬41回優勝、幕内1000勝  (4)
某月某日・テレビで=白鵬41回目の優勝と幕内1000勝を同時に達成した一番(9月24日)。
僕が生きている間は2度と見ることができない(多分)。
記録は破られるためにあるみたいな言葉があるがこの記録が破られる日は来るか?

ラッキー(^^♪国立博物館が無料だァ・・・・・・新作家展と上野の森散策

★知人は奨励賞受賞

知人が出品している新作家展を見に行った。
会場は東京都美術館(上野)。

新作家展の会員でもある知人は
今回奨励賞を受賞した。

黄緑と薄茶色を主にした100号の大作。
半抽象(半具象)の印象的な素晴らしい作品。

      *

会場に入る前の時間、
2時間ほど時間があった。

そこで上野の森を30分ほど散策、
国立博物館へも入った。

上野の森は広く史跡も多い。
キョロキョロしながら
こんなところがあったんだァ・・・・・・みたいな。

      *

国立博物館はかねがね常設展示を見てみたいと思っていた。
入館は40年ぶりくらいになるのっではないか?

超久しぶりだし、国宝級の展示物などを見たかったのだ。
常設展示のみなら入館料620円。

ところが受付近くにいた係の人に
「70歳以上の方は無料です」と告げられた。

超ラッキー。
無料ならこれからも何度でも入れる(行ける)じゃないか。

何しろ、今日だって1時間ほどで鑑賞出来たのは
常設展示物全体の5分の1程度(多分)なのだから。

18.10.18 新作家展・国立博物館 (48)
新作家展は22日(月)まで。
18.10.18 新作家展・国立博物館 (11)
国立博物館。
18.10.18 新作家展・国立博物館 (24)
国立博物館の裏庭の日本庭園。
18.10.18 新作家展・国立博物館 (2)
摺鉢山古墳の上は静かな場所。
18.10.18 新作家展・国立博物館 (32)
この集会は何だ?・・・・・・と思って近寄ってみたら、
日本語を韓国語に翻訳しながらキリスト教の説教だった。

僕の場合はコースで球を打てるだけで楽しい・・・・・・

18.10.17 上里ゴルフ場 (5)
ここのゴルフ場(上里ゴルフ場)は平らでOKも少なく優しいコースなのだが・・・・・・。

★メンバーは妹夫婦と義兄

いつものメンバーでゴルフを楽しんだ。
妹夫婦と義兄。

僕は相変わらずヘボでスコアにならないが、
それでも僕の場合はいいのだ。

コースに出てボールを打てるだけで楽しい気分。
ちなみに義兄と義弟はシングル。

よくもまァヘボな僕と一緒に回ってくれると
回るたびにありがたく思うのだ。

今日は心配した雨も降らず、
暑くなく寒くもなくの絶好のゴルフ日和となった。

「あのろくでもない・・・・・・・」のBOSSのおじさんが出ている・・・・・・映画「逃亡者」。コスモスと山椒

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-16 Tue 18:56:28
  • 映画
18.10.15 BS映画「逃亡者」 (12)
BOSSのコマーシャルでおなじみ「このろくでもない・・・・・・」のおじさん(俳優)が出ていた。
CIMG9416_201810161849465e8.jpg
映画「逃亡者」の主役はハリソン・フォード。

★BOSSの名はトミー・リージョーンズ

一昨夜に続き昨夜もテレビ鑑賞(NHKBS)。
1993年の米国映画「逃亡者」だ。

1960年代のテレビドラマシリーズを映画化したものだ。
主役のハリソンフォードの顔は知っていたが、
準主役のトミー・リージョーンズは初めて知った名前。

な~んだ缶コーヒーのBOSSのコマーシャルで
「あのろくでもない・・・・・・・」と言っている俳優さんだ。

モチ、顔はもう馴染みだけど名前は知らなかったなァ。
それに25年も前の映画「逃亡者」に出ていることも。

      *

2晩続きで午前0時近くまで起きていたら、
今日は一日中眠い。

      ☆

5 18.10.9 散歩・ママチャリング (131)
近頃コスモスの花が減ったような気がしてならない。
流行らなくなった?栽培が面倒?気候のせい?気のせい?
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (95)
珍しい?山椒の畑。

★気のせい?・・・・・・コスモスと山椒

ひところ流行のように秋になるとコスモスの花を見たが、
近頃はぐっと減ったのではないか?

そー言えば、
以前は少なかったというより見ることのなかった黄色のコスモスが
あちこち雑草のように生えているのを見るようになった。

その分あの透き通るようなピンクや白、赤いコスモスが減った?
それとも、コスモスを咲かせるのが面倒になったのかしら?

もしかして、僕の感違いだったらゴメンナサイだけど・・・・・・。

      *

下の写真はずっと以前にも紹介済だが、
山椒の苗だ。

ずっと苗のまんま。
これって葉っぱを収穫して出荷しているのかしら?

いずれにせよ山椒の畑は珍しい。
僕が知っている(見た)のはここだけだ。

西大宮駅から歩いて1分足らずの、
周囲は住宅開発中のところ。

三橋運動公園で見た運動会の本番と練習。氷川神社の池の水抜きます(TV)

★ゆっくり散歩は5~7割の時間増し

今日の散歩は三橋運動公園。
自宅からゆっくり散歩で1時間ほどで帰ってくることが出来る。

ところが、僕の散歩はあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
だいたい5割から7割くらい多くの時間を要する。

今日も同じ。
10時前に家を出て帰ってきたら11時半。
もうお昼(ご飯)だァ。

18.10.15 三橋運動公園。池の水抜きます  (20)
運動会の練習中。旗、ダンス、鼓笛、ピアニカ・・・・・・。
奥ではお年寄りたちがゲートボール。
18.10.15 三橋運動公園。池の水抜きます  (34)
インターナショナル幼稚園は運動会本番。
雨で2度の順延、3度目は平日の今日。
それでもやっぱり園児の数より保護者のがずっと多い。
幼稚園ではすべて英語で会話だとか。
この日のプログラムも英語。
18.10.15 三橋運動公園。池の水抜きます  (36)
遊水池には先日の嵐の傷あとが。
18.10.15 三橋運動公園。池の水抜きます  (39)
鴨川で羽を休めているシラサギ。

      ☆

18.10.15 三橋運動公園。池の水抜きます  (7)
大宮氷川神社では孫たちがお宮参り、七五三などをしている。

★大宮氷川神社の池の水抜きます(TV)

昨夜のテレビで大宮氷川神社の池の水全部抜きますをやっていた。
この神社は地元だし我が家にも少々なじみがある。

孫たちがお宮参り、七五三などをしている。
車のお祓いをしてもらったこともあった。

モチ、その度に池は見ていた。
そんわけで興味深く見た。

謎の赤い反射。絵『シーサケート寺の仏」』。日本オープンを見た。本「歌謡曲から「昭和」を読む

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-14 Sun 20:02:31
  • その他
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (12)
ベランダに謎の赤い反射。

★謎の赤い反射・・・・・・もしや

夜中、ベランダに何やら謎の赤い反射が写っている。
しかも色が変わる。

緑そして黄色。
これはもしや・・・・・・・。

30㍍ばかり離れた場所に設置されている予備信号が、
反射しているのではないか?

そう思って信号のほうに目をやると・・・・・・はたしてその通りだった。
分かってしまえばな~んだ。

      ☆

★絵『シーサケート寺の仏」』(部分) 2012年・ラオス 油絵・F20号
201201112112087bd[1]

      ☆

18.1014 日本オープンTV 本「歌謡曲から「昭和」を読む  (16)
プロのプレーが(僕のヘボゴルフの)参考になるわけじゃないが・・・・・・。

★ただ面白く日本オープンを見た

昨日も少し見たのだが、
今日はばっちり稲森選手が優勝カッブを手にするまで見ていた。

緊張し、プレーシャーの中で粛々とプレーに打ち込む稲森選手。
久しぶりにゴルフ中継を見続けた。

今週は水曜日に雨が降らなければゴルフの予定。
それで真剣に見ていた分けじゃない。

プロのプレーが僕の参考になるわけじゃないしね。
ただ面白かっただけ。

      ☆

18.1014 日本オープンTV 本「歌謡曲から「昭和」を読む  (11)
この本は読みやすいし内容も面白いが・・・・・・。

★本『歌謡曲から「昭和」を読む』なかにし礼著

『昭和から「歌謡曲」を読む』とタイトルを反対にしてもいいような・・・・・。
それにしても平成元年つまり昭和の最後の年に
作詞家であることを止めたとは知らなかった。

作詞最後の曲が石川さゆりの「風の盆恋歌」だったとか。
この歌なら僕もカラオケで歌ったなァ。

この本は読みやすいし内容も面白いが・・・・・・、
あくまでも作詞家なかにし礼から見た“歌謡曲から読んだ「昭和」だ”

紅葉には早かった長瀞アルプス

★大きな青大将に会えた

雲に隠れて両神山が見えない。
雑木林の紅葉も早かった?

宝登山(497m)に期待した二つがペケ。

しかし、
久しぶりに大きな青大将に会えたし、
きれいな茸を見ることが出来た。

      *

なぜか、デジカメしたはずのその茸が写っていない。
スイカを忘れ、駅で買った切符をなくす(落とす?)。

最寄りの駅の往復の歩数も加えて24700歩。
そんな脚慣らしの一人ハイクだった。

18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (52)
頂上のベンチで昼食。右手遠方の両神山が見えない。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (61)
長瀞アルプスはとても歩きやすく、足取りも軽くなる。
雑木林の紅葉を期待したのだが・・・・・・。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (57)
下山道には急な階段が数ヶ所。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (45)
頂上付近にある小動物園。
この山にはケーブルカーもあるし、
孫たちを(大きくならないうちに)連れてきても・・・・・・。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (30)
車も通れるような登山道が頂上付近まで続く。
その登山道を繋ぐように古い登山道に入る。
あまり人が通らないのか草ボウボウだ。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (32)
藪こぎみたいな(古い)登山道は短かかったが山気分Goo!。
ズボンに(雑草の)種がびっしり。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (65)
トレイルランをしていた若い男女がわき道から出てきた。
12月に長瀞アルプスで行われる大会の練習だとか。
彼らが出てきたわき道(御岳、天狗山へ向かう)を入ってすぐに
1mは優に超える大きな青大将に遭遇。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (80)
長瀞アルプス野上駅口。
18.10.13 宝登山・ベランダの信号光  (79)
下山の野上駅口前の畑の柿の木。
スキャン_20181013
切符がない!駅で事情を話して料金を支払って改札を出た。
もし、どこからか切符が出てきたら買った駅でこの連絡票を見せれば
料金を戻してくれると言うのだが・・・・・・とうとう出てこなかった。

柿の木のある風景。映画「東京暮色」小津安二郎監督

1 18.10.9 散歩・ママチャリング (124)
2 16.10.11 散歩、トランペット(花)他  (55)
3 18.10.9 散歩・ママチャリング (18)
4 18.10.9 散歩・ママチャリング (34)

★柿の木のある風景

柿は食べても美味しいしけど見た目もいい。
食べごろのオレンジ色も、
熟し過ぎて深みを増した赤色も綺麗だ。

絵のモチーフにもよく使われる。
枝葉のついたままの柿の実はそのまま花瓶に挿しておいたっていい。

      *

散歩中の柿の木は秋にふさわしい。
柿の木のある風景が僕は大好きだ。

      ☆

6 18.1012 徹子の部屋・映画東京暮色 (30)
1957年のキネマ旬報の19位。

★映画「東京暮色」小津安二郎 1957年公開

昨日に続いてNHKBSで小津安二郎を見た。
ウキペディアによれば「東京暮色」は監督の失敗作なのだそうだ。

その年のキネマ旬報の19位。
暗すぎる映画だということらしい。

いい映画だと思うけど・・・・・。

懐かしき昭和・・・・・・映画『早春』。1個100円で買ったカボチャの味

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-11 Thu 21:48:15
  • 映画
CIMG9178.jpg
池部良(左)と笠智衆。

★懐かしき昭和の世界

カテゴリーは映画だけど、
僕は新作映画はほとんど見ない。
最近では昨年6月に「竜の奇跡」を見たっけ。

というわけで、今日鑑賞したのもNHKBSでやっていた『早春』。
小津安二郎監督作品で昭和56年公開されたもの。

キャストもほとんどが鬼籍に入られている名優ばかり。
映像画面が懐かしき昭和の世界。

画面に映る列車はSL、
家の中の小道具に穴の開いた踏み台・・・・・・
どこの家にもあったなァ。

映画のストーリーは最近流で言えば不倫。
このころは男の浮気?

最後はハッピーエンドで安心して鑑賞を終了。

      ☆

CIMG9157.jpg
201809221947246b8[1]
カボチャの原型を留めていないのは圧力鍋で煮たせいもあるが、
食べる前にデジカメを忘れてほとんど食べ残しを撮ったから。

★味はまあまあ・・・・・スーパー購入物と変わらない

9月22日に近くの農家直売で1個100円で買ったカボチャを
3週間経ってやっと料理った・・・・・って言うか煮て食べた。

1個100円の安さよりも、
農家の人が食べるカボチャの味を試してみたかったのだ。

      *

結果は。
カボチャは全体平べったく果肉ならぬ菜肉?が薄い。
味はまあまあ。

僕は味付けを濃くして甘辛く煮るので、
じつは実際のカボチャの味は分からないのだ。

・・・・・・が、煮て食べた味はス-パーで買うのと変わりがないので、
美味しかったと言っていいのかも。

がんばったで賞の落とし物・・・・・・他。夏休み作品展。絵「ヒマワリと観葉植物」

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-10 Wed 18:42:47
★絵『ヒマワリと観葉植物(コーディラインレッド)』 パステル・8号
CIMG9132.jpg

      ☆

1 CIMG9141
孫の作品が入選、銀賞を獲得。

★孫の絵も展示されて・・・・・・小中学生夏休み作品展

さいたま市西区の今年の小中学生夏休み作品展。
孫の絵も選ばれて銀賞を獲得。

小中学生の作品は奇抜なアイデアで面白い。
とくに工作には感心。

見ていて、大人でもいろいろと想像が出来て
いていて飽きない。

結果、40分も会場にいた。

      ☆

2 18.10.9 散歩・ママチャリング (46)
散歩道で先日の嵐の爪痕①。用水路の柵が倒れた。
3 18.10.9 散歩・ママチャリング (2)
散歩道で先日の嵐の爪痕②。
いい匂いの花が咲く大きな草が軒並み折れていた。
4 18.10.9 散歩・ママチャリング (42)_LI
がんばったで賞の落とし物。

★嵐の爪痕

先日の嵐の爪痕・・・・・・と言うには少々オーバーだけど、
これまでになかった被害だ。

“頑張って賞”は嵐とは関係ないだろうが
道の脇に落ちていた。

せっかく初めての幼稚園での運動会で頑張ったのに・・・・・・・。

      ☆

5 スキャン_20181010
このエッセイ集、面白かった。

★本「小説の周辺」藤沢周平

著者の小説は面白い。
このエッセイ集「小説の周辺」も面白かった。

衝撃!!黄色いクモの糸

★この時期だけらしいが・・・・・・

黄色いクモの糸発見!
始めて見た黄色いクモの糸に衝撃だァ!

      *

そこでネットで調べてみたら、
それほど珍しいわけでもないらしい。

この時期、黄色の糸を出すジョロウグモがいるそうなのだ。
クモの糸は透明と思い込んでいた僕には衝撃の出会いであった。

はっきりした理由は分からないらしいが、
「酸化による化学構造の変化によるもの」
というのがひとつ挙げられていた。

それでも(今日は)いくつものジョロウグモの巣を見たが、
はっきりと黄色と分かったのはこれだけ。

      *

数年前、と言っても4、5年前だがジョロウグモが大発生した。

その年を盛りにだんだん減ってきてはいるが、
僕のママチャリングコースにある秋葉の森公園は
まだまだあちこちジョロウグモだらけ。

その中で発見した黄色クモの糸だ。

      *

秋葉の森公園はビオトープを保っており、
農薬や消毒はほとんどされていないと思われる。
ジョロウグモ集団が保たれているのはそのせい?

平日の園内は人の姿はほとんど見かけず静か。
ベンチに腰掛け、横になり1時間ほどボーッとしていた。

18.10.9 散歩・ママチャリング (77)
空中のあちらこちらにジョロウグモ。
18.10.9 散歩・ママチャリング (80)
黄色のクモの糸。
太くて粘りが強く丈夫なのだそうだが・・・・・。
18.10.9 散歩・ママチャリング (86)
ネットの巣から張った黄色の糸は最も長い。
家なら通し柱の役割か?
18.10.9 散歩・ママチャリング (92)
巣の周囲も丈夫な黄色の糸で作られているような。
心なしか巣全体も黄色がかって見える。
18.10.9 散歩・ママチャリング (53)
ベンチで横になってしばらく空を見上げていた。
たくさんの赤とんぼが見える。
何分か置きに鳥が空を横切る。
見上げている木の枝は桜だが、
今年は紅葉せずに枯れ散ってしまったようだ。
ベンチの下の草地一帯には何十という(小さな灰色の)蝶が飛び回っている。

大月駅前の一等地?神楽・御前・菊花三低山ミニ縦走

★低山縦走ならではを満喫した

神楽山(673m)、御前山(720m)、菊花山(643m)と低山のミニ縦走。
しかも大月駅前の一等地?

三山で5時間あまりのC級山行だ。
それでも急登、岩場有りの変化に富んだコースは
縦走間たっぷり。

山道のところどころ倒木が道を塞いでいる。
崩れた崖(道のへり)のところも・・・・・・。

先日の嵐の爪あとだ、
こんな光景も低山ならでは。

      *

雨(台風)で8、9月の山行は中止が続いた。
そんなこともあってか、
今日の山行、お試し山行の4人も含めて35人が参加していた。

18.10.8 菊花山 (20)
神楽山。
18.10.8 菊花山 (29)
御前山。
18.10.8 菊花山 (35)
菊花山。
18.10.8 菊花山 (60)
菊花山の下山は急坂。眼下に見える街並が大月。
18.10.8 菊花山 (63)
おいらくの山友が教えてくれたのは
通常のスイカより安い交通費の休日おでかけパス。
今日の行程(西大宮⇔大月運賃)だとおよそ3分の一安くなる。
しかも利用範囲内は乗り降り自由。
次回から往復3000円以上かかる場所へ行くときはこのパス利用。
それに支払いに(大人の休日)カードを)使えば自動チャージが出来、
しかもポイントがたまるそうだ。

家の中で運動会の続き。農家系は故郷の味わい・・・・・・昭和の主張

★家の中で運動会の続き

今日は保育園年少組に通う孫の運動会。
見学に来るよう誘われたが妻だけ行って僕は家。

明日またハイキング予定なので、
今日は動かず家でじッとしていようかと。

本を読んだり、
絵のテーマをスケッチしてみたり・・・・・・。

でも、運動会を終えた孫たちがやってきたら、
途端にいつもの大賑わい。

家の中で運動会の続きが始まった。

      ☆

★農家系には故郷の味わいが・・・・・・昭和の主張
今回は農家系昭和の主張が大半だ。
自分は農家出身ではないが、何となく懐かしい思いに満ちている。
18.3.23 大鷹取山  (143)
井戸。空き地は農家の屋敷跡か?
18.3.22 散歩の春  (44)
ストーブか火を燃やす窯?やはり空き地になっているところ。
18.2.9 散歩・フクジュソウ (32)
半現役?の農家の作業場。散歩道の途中にある。
18.1.14 大平山ー晃石山、行道山、金山 (46)
もう使われていない農具。栃木県の農家。
18.1.14 大平山ー晃石山、行道山、金山 (44)
土壁の納屋(物置)。このまま作品として鑑賞してもいいくらい。
18.8.3 炎天下のママチャリング (25)
りっぱな門を持っていた農家の今はどうなった?。
我が家近辺にはこのような門(だけの屋敷跡)がいくつか見られる。
この数か月で少なくとも2つが壊されている。
18.3.23 大鷹取山  (144)
これも作品として見ていいような材木置き場(跡)。

人数は減っても民謡はいいなァ。5~9月けなげな花たち・・・・・・撮り溜めショット

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-06 Sat 20:42:33
  • 民謡
18.10.6 月例 (6)
月例が行われた地元の土屋自治会館。

★スカッとするのだ

民謡の会、筑静会の月例。
この2、3ヵ月の練習曲の発表会だ。

会員以外の聴衆がいるわけではないので、
リラックスして楽しい発表会なのだ。

それにしても僕の入会当時(10年前)は30名近くの会員数だったのが、
今は先生方を入れても20名を割っている。
しかも今日は3名が欠席。

まァ、それでも民謡はいい。
思い切り声を張り上げて唄うと、
スカッとするのだ。

僕が唄った2曲は
“会津磐梯山”と“音頭の舟唄”

      ☆

★5~9月けなげな花たち・・・・・・撮り溜めショット

花壇に植えられている花も綺麗だけれど、
けなげに咲く道端の花もよく見れば美しい。
18.5.23 豊実、飯盛り山白虎隊  (112)
5月。ハルジオン(またはヒメジオン)とシロツメクサ(クローバー)。
18.6.29-7.1 岩手山 (17)
6月。山のアザミ。
18.7.18-23 セブ カシオ  (19)
7月。セブ島(フィリピン)にて。
18.8.1 散歩 (7)
8月。多分ブルーベリー。
18.9.7 ハイク大月天狗岩~御前山? (24)
9月。葛の花。

三浦野菜の盛り合わせはダイコン、オクラ、白菜、カボチャ・・・・・

18.10.5 ブスの語源・三浦野菜の盛り付け (24)
がってん寿司の「三浦野菜の盛り合わせ」。

★がってん寿司へ行く楽しみが一つ増えた

散歩途中の農家に直売の柿を買いに行くつもりが、
のどの痛みと体の汗ばみで外に出られない。

風邪じゃないかと心配になって午前中は横になっていた。
何しろ明日は民謡の月例(稽古曲の内輪の発表会)だ。

      *

午後には体調も持ち直したので所用と夕食に大宮に出た。
所用は東急ハンズとイオンでちょっとした買い物。

早々に買い物を済ませメインの夕食へ。
今日は義理の姉が寿司をご馳走してくれると言うのだ。
寿司屋は我が家お気に入りの“がってん寿司(大宮東店)”。

僕はひかり物が好きで、
がってん寿司に行くと「季節のひかり物セット」を必ず注文する。
それにボタンエビを食べればいつもはそれで満足する。

今日はメニューに始めて見る「三浦野菜の盛り合わせ」というのがあった。
三浦半島の野菜畑が頭に浮かぶ。

ハイキングで昨年から今年にかけて
2、3度ほどその三浦の畑を眺めながら歩いているのだ。

      *

出てきたのは籠に盛りつけられたダイコン、オクラ、白菜、カボチャ・・・・・の生野菜。
甘い味噌をつけて食べる。

これが美味、とても上品な味だ。
がってん寿司へ行く楽しみが一つ増えたような・・・・・・。

しかし、三浦半島の季節の野菜って一年中あるメニューじゃないかも。
それに我が家近くのがってん寿司(指扇店)にはあるのかなァ。

雨ぽつりで昼(12時)で撤収した岩トレ。もうおせちの注文が・・・・・・

18.10.4 日和田岩トレ (22)
雨ぽつりの下、3時間弱の岩トレ。
18.10.4 日和田岩トレ (12)
先日の台風襲来で山の多くの樹木が(風で)倒されていた。
岩の近くで倒木を片付ける作業をしている人が3、4人。

★3回も練習できて満足だァ

新幹事(リーダー)初山行。
沢登りと岩登りの得意な新幹事と言うことで初山行が岩トレになったようだ。

新幹事初山行はお祝いも兼ねているので、
たいてい通常より多くの人が参加、
今日の岩トレも34名が参加していた。

      *

準備が出来たところで雨がぽつり。

しばらくやんだり降ったり(ぽつり程度)。
しかし、ぽつりがやむ気配もなく
岩も濡れてきて危険なので12時で撤収ということになった。

僕的には3回も練習できたのでGoo!、満足だァ。
岩トレには山道を歩くのと違った楽しみがあるのだ。

      *

撤収後の反省会に大半の30名が参加。
会場は(いつもの)飯能駅近くの中華屋。

新幹事を中心に華やかに、
こちらも楽しい反省会(飲み会)となった。

      ☆

18.10.4 日和田岩トレ (52)
ハデなおせち注文の立てパネル(看板)。

★早すぎない注文受付

イオンへ買い物に行ったら、
もうおせち料理の注文受付が・・・・・・。

そーだよなァ。
早くしないと材料などの準備があるからなァ。

幾つ作るのか知らないけれど、
材料を揃えるのにも時間かかるだろうし、
ある程度注文個数が決まらないと・・・・・・。

決して早すぎる注文上受付じゃないんだ・・・・・・多分。
ハデなおせち注文の立てパネル(看板)を見て
ついそんなことを考えてしまった。

いち夜干しのイワナと柿。防火管理講習受講2日目。本「人生を変えた時代小説傑作選」

18.10.3 防火管理講習2日目・本「人生変えた時代小説・・・ (46)
いち夜干しのイワナ。塩焼き、燻製ともひと味違う。

★ひと味違う

釣りの師匠がイワナの一夜干しを作ってきてくれた。
先日(9月30日)に釣ったイワナを干物にしてくれたのだ。

素早い。
素早い旨さも加わって早速、大きい方から3匹をほうばるように食べた。
塩焼き、燻製ともひと味違う。

      *

柿も師匠が庭からもいできてくれたもの。
こちらも3個を平らげた。

      ☆

18.10.3 防火管理講習2日目・本「人生変えた時代小説・・・ (18)
講習が行われた埼玉県農業共済会館。

★試験も無事通過・・・・・・防火講習受講2日目

2日目は最終日で最後に試験も・・・・・・。
講習効果をテストするのだとか。

これが意外と難しい。
眠いのを我慢しながら2日間の講義を聞いていなかったら
(僕は)合格は難しかったかも。

まァ、無事終了してよかったァ。

      *

係官に話を伺ったら
今回は若い人が多いけれど、
前回は僕のような高齢者がたくさんいた・・・・・・・と。

そうした高齢者はマンションのーオーナーや
管理人さんたちだ・・・・・・との事だった。

      ☆

18.10.3 防火管理講習2日目・本「人生変えた時代小説・・・ (13)
タイトルの“人生を変えた”の意味は?

★本「人生を変えた時代小説傑作選」山本一力・児玉清・縄田一男(選者)

どれも面白い。

タイトルの“人生を変えた”の意味は?
各小説の登場人物が
ストーリーの中で人生が変わったと言うこと(多分)。

読む人の人生が変わるほど面白い(感動的、刺激的、衝撃的・・・・・・)
の意味ではないみたい。

若い人が多いのにびっくり・・・・・・防災管理講習第1日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2018-10-02 Tue 21:30:58
  • 体験
★女性も20人近く

防災管理講習第1日目を終えた。
朝10時から午後4時40分まで。

280余頁の分厚いテキスト(CD付き)で講義を受ける。

受講者には自分のような年寄りがたくさんいるのではと思っていたら
若い人が多いのにびっくり。

それもそうだ。
考えてみれば爺さんが防災管理人になってどうするんだ(どうなるんだ)みたいな。

若い人は勤めている会社から資格を取るよう指示があったのか、
学生さんが就職のため?
ビルの管理業務としている会社の従業員ならば必要?


今日は140人ほど受講、
女性も20人近くいたようだ。
(女性は若い人ばかり)。

明日は2日目、
終了後は効果測定とかのテストもあるそうな。

      *

思いがけないことばかりで、
今日のカテゴリを体験とした。

18.10.2 防災講習  (2)
受講会場は埼玉県農業共済会館(さいたま新都心駅から徒歩10分)。
18.10.2 防災講習  (11)
若い受講者が多いのにびっくり。

Index of all entries

Home > 2018年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top