FC2ブログ

Home > 2019年04月

2019年04月 Archive

乗ってみたい?ラオスのフェリー(2011年)。Youtube映画「銀の匙」

★いちどは乗りたいラオスの(川を渡る)フェリー   2011年(ラオス・シーパンドン)
11.2.28-2パクセー②ワットポーほか (116)
この写真(フェリー)を見て『乗ってみたい』と思う人は多いのでは?

◆“ゴローのビエンチャン・記憶遺産”は2011~2014年にわたって
 ラオスのビエンチャンに滞在していた時の記憶。
 多くの人々にお世話になりながらの見聞・体験記。

      ☆

19.4.27 Youtube映画 銀の匙  (9)
内容も役者も若さに満ちた作品。

★Youtube 映画「銀の匙」 2014年

中国語の字幕だが、
映画の中のセリフは全部ママ(日本語)。

2014年とは5年前の映画だ。
僕がYoutubeで見た映画の中では多分いちばん新しい作品。

映画の内容も役者も若さに満ちた作品。
原作が週刊少年サンデー連載の漫画というので何となく納得。

      ☆

※明日から3日間(ないし4日間)旅行のためブログお休みします。

春夏秋冬・散歩コース定点撮影

★17号バイパス沿いの高架部分

雨が降っていては散歩も出来ない。
ゴミ捨てとイオンに買い物に行った以外は玄関のドアを開かず。

スマホの歩数計もやっと2000歩に届いたくらい。

      *

僕の散歩コースは鴨川沿いの東2コースと、
造園屋を通る西コースの3本がある。

それぞれ趣が異なるので
気分次第で気ままにコースを選ぶ。

引っ越した4年前は、週3~5回散歩をしていたが、
近ごろは10日に1回くらいに減ってしまった。

      *

東コースの17号バイパス沿いの高架部分から
定点撮影、四季の移り変わりを撮った。

美しい景色とかいう訳ではない。
高架部分は埼京線をまたぐところ。

カメラがもっと左を向けば富士山が入るのだが・・・・・・。

1 19.4.19 癒しの春散歩 (45)
春(4月)。
2 18.8.1 散歩 (7)
夏(8月)。
3 CIMG8553 (2)
秋(11月)。
4 18.2.20 散歩の梅  (4)
冬(2月)。

“猫かわいがり”の思い出

19.4.28 猫・日の出山 (87)
19.4.28 猫・日の出山 (96)
19.4.28 猫・日の出山 (86)
大人しく撮らせてくれた駅前の家の猫。

★猫にとっては甚だ迷惑

最寄りの埼京線西大宮駅の南口を下りたところで猫に遭遇。
駅前の家の玄関口に繋いであった。

飼い猫を日向ぼっこさせているのだろうか。
そんなことはどっちでもいい。

下りる人で手を出したり、頭をなぜたりする人は多分猫好き。
僕は写真を撮らせてもらった。

人慣れしているのか大人しく撮らせてくれた。
可愛いねェ。

      *

“猫かわいがり”という言葉をネットで調べたら、
可愛がられる方にとっては少々迷惑っぽい意味が含まれるとか。

僕は犬派か猫派か問われれば猫派と答える。
好きが高じて何匹も飼っていたり、
(=^・・^=)服を着せ替え人形のようにそろえる趣味とかではないが。

猫にとっては甚だ迷惑。
要するの本当の猫かわいがりであったのだ。

猫(ニューニャ)を思いっきり抱きしめる。
猫は嫌がって逃れようとするが放さない。

僕のシャツやセーターはどれも猫の爪でひっかかれてほぐれキズだらけ。
寝る時は無理やり布団の中へ入れて(抱く)押さえつける。

猫は布団から逃れようとスキを狙いスタート準備態勢。
猫と僕の力比べ。
それが面白くて幾夜も続行けたり。

そのうち、猫は僕を見ると逃げるようになった。
それを追いかけて捕まえる。
それがまた面白かった。

その愛猫が死んでからもう25年近くなる。

      *

↓ 2018年8月29日に掲載した写真とキャプション
スキャン_20190426 (3)
僕が猫かわいがりしたニーニャ。
2018071319491723f[1]
思い出のブレザー。
胸ポケットの上の生地がほつれているは、
愛猫が爪を立てたあと。
愛猫家の僕は猫を虐待に近いほどギュッと抱く。
猫(ニューニャ)は嫌がって僕の腕から抜け出ようとする。
その時、胸ポケットの上に爪を立てたのだ。
ほつれはそれを何度も繰り返した思い出なのだ。

女性に人気?インドアクライミングは大賑わい!。絵『牡丹』パステル・6号。本「秦の始皇帝」陳舜臣

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-24 Wed 23:30:07
19.4.24 ボタン (8)
『牡丹』は今月の15日・月曜日の絵の教室でスケッチ。

★絵『牡丹』パステル・6号

10日ぶりに仕上げた。
牡丹の花に見えるかしら?

瓶の部分に先生が手を入れてた。
な~るほど・・・・・・と仕上げて見て納得。

やはり教えてもらうことはいいことだ。

      *

『牡丹』は15日月曜日の絵の教室でもスケッチだが、
9日のスケッチ山行の『武甲山』『大持山』がまだ色付けが始まったばかり。

      ☆

19.4.24 エナジー (21)
見える範囲だけで二十数名のクライマーが励んでいた。
19.4.24 エナジー (31)
子供用のホールド(壁面)。

★女性好みのスポーツ?

インドアクライミングは多くの人で大賑わい。
女性の方が多いのは女性好みのスポーツなのかしら?

日和田の岩トレでも圧倒的に女性の方が多い。
これはおいらく山岳会の会員自体女性の方が多いこともあるが・・・・・・。

今日は子供も練習していたし、
やっぱり東京五輪のメダル有力種目(ボルダリング)の影響かなァ。

      ☆

スキャン_20190424 (2)
やさしく分かりやすい文章。

★本「秦の始皇帝」陳舜臣

むか~し読んだ本、多分20年位前ではないかと思う。

著者にハマって大書「中国の歴史」をはじめ
中国ものから推理小説に至るまでずいぶん読んだ時期がある。
それでも彼の膨大な著作物のホンのいちぶでしかない。

やさしく分かりやすい文章。
この本「秦の始皇帝」もそうなのだ。

面白いほどに面白い。
それが陳舜臣ものだァ。

タマネギ買い出し状態で新幹線・・・・・・墓参り。本「水滸伝」⑮北方謙三

★わずかな時間でも・・・・・・

先祖の墓参りに浜松へ行ってきた。
このところ年1回が恒例になってしまった。

父や義母、叔母などが健在の頃は毎月、
少ない年でも3、4回は行っていたが、
今は知り合いと言えばいとこくらいになった。

交通費もかかることだし、
数年前から年1回(一昨年は2回)になった。

      *

墓参りのほか知り合いの家3軒ほどあいさつに回る。
叔母の残した家もあるので管理上の世話になっている人がいるのだ。

わずかな時間でも地元の人との触れ合いがあるのはいい。
年一回の訪問(墓参り)を大切にしたいものだ。

19.4.23 浜松  (39)
右端にわずかに見えるのが本堂の屋根。
正面の赤い建物が地蔵堂。
中に国宝級の仏像が収められているとは先代の和尚さんの話。
左に並ぶ墓が村から出兵し戦死した23人(若者)の墓。
僕の叔父もそのうちの一人でパブアニューギニア戦死とある。
19.4.23 浜松  (33)
久しぶりに本堂に上がり手を合わせた。
壁に貼ってあったのは年忌繰出一覧表。
ほとんどが鈴木さんだ。
19.4.23 浜松  (61)
知り合いからお土産に貰ったタマネギ。
これ、新幹線で持って来た。
ゴロー××「こんなに持って新幹線に乗ったら・・・・・・」
恥ずかしいと言おうとしたのにみなまで聞かず
くれた奥さん××「運ぶのは新幹線だから」
・・・・・・と、そんなわけでほとんど終戦直後の買い出し状態で帰ってきた。
19.4.23 浜松  (10)
お寺近くの空き地にて。
たまたま今日テレビで見た栽培禁止のケシ(アツミケシ)に似ているんだよなァ。

      ☆

スキャン_20190423 (2)
闘い方が具体的に詳細に書かれて(解説)いて・・・・・・。

★本「水滸伝」⑮北方謙三

今日の新幹線内で15巻目を読み終えた。
やっとだ。

梁山泊と政府軍との全面対決。
どっちが勝った負けたというのではないけれど、
闘い方が具体的に詳細に書かれて(解説)いて
中国、韓国、モチ日本でも戦国時代などは大いに参考にしたのではないだろうか。

中国3大奇書に入る理由はこの辺りのあるのか?

“ありがとう”言って言われて1日××回・・・・・。ありがとうの閉店2軒

★“ありがとう”の言葉のチカラ

『“ありがとう”言って言われて1日××回』の標語は
僕がサラリーマン時代に自分が自分のために思いついた。

その標語、
今でも失わないように心がけている。

現役時代(60歳まで)は1日10回、
その後は1日5回を目標にしてきた。

      *

妻がお茶を入れてくれたらありがとう・・・・・・
家の中での会話で何回言えているだろう。

近ごろはバスを降りる時も運転手さんに
ありがとうを言って下りることにしている。

別に数えているわけではないが
はたして毎日5回は言って言われているだろうか?

      *

例えば、今日はどうか。

朝一番で行ったのはレンタカーの予約。
会員入会手続からお世話になったお姉さんに少なくとも3回は言った。

次がイオンで買い物。
レジのお姉さんに言った。

そして整形外科と薬局、隣の郵便局。
受付、看護婦、薬局の人、郵便局の窓口、
それぞれ最低1回は言った。

      *

午後は民謡の稽古。
練習の最後に先生方のありがとうございます。

夕方、再びイオンへ買い物。
店員さんに買ったものを包んでもらいありがとうございます。

      *

では、ありがとうは言われたか?
今日は僕がお客の場合が多かったので整形外科関係以外は
みなありがとうを言う(言われた)。

それ以外は?
民謡の先生の三味線を持って運んであげて
先生からありがとうを言われた。

はたしてふだんはどうであろう?

      *

ところでなぜありがとうにこだわるのか。
言っても言われても心が和むからである。

ありがとうの言葉には感謝の心がある。

それが言われた相手を和ませるし、
言った自分も心が満たされる。

“ありがとう”の言葉のそんなチカラ、
『“ありがとう”言って言われて1日5回』をぜひ続けたい。

      ☆

19.4.22 閉店・ シダックスセブンイレブン (4)
シダックスは23年で幕を閉じた。
家から車で5分くらいのところ。
子供たちとも何度か行っている。
19.4.22 閉店・ シダックスセブンイレブン (13)
理容店になってしまったのはセブンイレブン。
こちらは30年以上になるのでは。
家から歩いて5分くらいで買い物が出来るいちばん近い店だった。

★ありがとうの閉店

どちらも、近ごろ閉店したことを知った。
どちらもお世話になった店だ。
ありがとう・・・・・なのだ。

上から?下から?・・・・・・クイズ。虎刈りの芝刈り。新規購入カメラ

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-21 Sun 19:58:29
  • クイズ
★虎刈りを知っている?

月1回の団地清掃日。
僕は充電式草刈り機で小公園の草を刈ることにした。

いつもならやる人が決まっている草刈り機が空いていた。
他人がやっているのが面白そうに見えたからだが・・・・・・。

      *

ところが、半分も行かないうちに電池が無くなった。
当然モーターがストップ。

途中で終わってしまった芝生には伸びた草もまだ残っている。
これって虎刈り状態。

      *

ところで今どきの若い人たちは虎刈りを知っているだろうか?

19.4.21 掃除と虎刈り (7)
虎刈り状態で終わってしまった草刈り。
19.4.21 掃除と虎刈り (4)
自転車置き場の清掃が当番制。
コンクリートに虹が・・・・・・。

      ☆

スキャン_20190421 (2)
新規購入したカメラはフジフィルム製。
年落ち(多分)で10000円の値引き品。

★“またかァ”

デジカメを購入。
水中兼用でコンパクトで丈夫な優れもの。

購入してから3日目の今日はじめて箱を開けた。
操作はボチボチ慣れるとして、
電池の充電の仕方が分からない。

     *

説明書に充電の方法が書いてない。
いや、僕が読み落としたのか?
少なくとも索引には充電についてがない。

説明書の中に小さく別売りで購入でを促すようなことが書いてある。
何となく納得しないままに教えてもらいに電気屋へ行った。

     *

結論を言えばすぐに解決。
何のことはないこれまでと同じ直接カメラと電源を繋げればいいだけのことで、
これまでと何ら変わるところなし。

じっくり考えれば、あるいは試してみれば
2度も電気屋へ行く必要はなかったのだ。

早とちりのそそっかしさはやっぱりだァ。
電気屋の社長が“またかァ”みたいな顔してわらっていたなァ。

      ☆

★クイズ・・・・・・上から?下から?
20190207220356fb9[1]
この写真は先日、鎌北湖へ行った時に撮ったもの。

※問題=①この写真は土手の上から道を見下ろして撮ったものか?
    ②この写真は土手の下から道を見上げて撮ったものか?

どちらでしょう。
答えは昨日のブログの最後に書き込みました。

霞む富士と枯木立の美しさ・・・・・・奈良倉山~大マティ

★3つの山頂巡り

秀麗富嶽十二景の第5番の奈良倉山。
富士は霞んでよく見えなかったけれど、
枯木立がそれを補って余りあるほどの美しさ。

暖かい日差しの下、
奈良倉山、鶴寝山、大マティの3つの山頂巡りを楽しんだ。

19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (11)
霞む富士。
奈良倉山山頂から。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (27)
暖かい日差しを浴びた枯木立が美しい。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (56)
鶴寝山~大マティのコースは“巨樹の道”。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (70)
トチの巨木。
人が小さく見えてしまう。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (96)
ワサビ田の道。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (104)
花も楽しめた。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (106)
そして温泉も(小菅の湯)。
湯上りの生ジョッキが旨かったァ。
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (16)
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (30)
19.4.20 ハイク奈良倉山~大マティ  (66)
本日の最高峰は1409m。

      ☆

※明日のクイズの答え
②土手の下から見上げて撮ったもの。

蝶、菜の花、八重桜に蛇も見た・・・・・・春盛りの散歩10景

★春真っ盛りを探しに・・・・・・

寒い日もあれば暑いくらいの日もある。
4月の半ばと言えば春まっ盛りなのだが、
花見が終わると何だか春はもう終わりみたいな気になるのは
僕だけだろうか?

そこで、今日の散歩は春真っ盛りを探しに・・・・・・。
デジカメに10景を収めた。

19.4.19 癒しの春散歩 (6)
①景=2羽の蝶は近寄ってデジカメしても動かず。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (9)
②景=道端の菜の花を散歩がてら摘んで行ったのだろうか。
きっとおいしく食べたんだろうなァ。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (14)
➂景=背丈よりも高くて川(鴨川)が見えない。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (26)
④景=空き地もずっとこのままならいいなァ。
中央に売地の看板が立っていた。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (52)
⑤景=さやえんどうを守るカラス。
遠くから見たら本物に見えた。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (64)
⑥景=八重桜は近くで見ると本当に美しい。
花の塩漬けをつくりたいので少しばかり摘ませてもらった。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (81)
⑦景=身の丈1.5mはありそうな大きなヘビ。
痩せているのは冬眠から覚めたばかり?
通りすがりのおじさんに教えてあげたら
4、50年ぶりに見たと感激してお礼を言われた。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (41)
⑧景=背丈のあるたんぽぽ。
久しぶりに見たような・・・・・・。
近ごろは地面に這うように咲いているたんぽぽばかりを目にするが、
昔はそこそこ背丈があったように思う。
種類が違うのかなァ。
      *
スキャン_20190419 (2)
⑨景=タラノメ。
近くの農家の直販屋台で売っていた。
ちょうど畑で仕事中のご主人に聞いた。
畑のご主人××「庭に栽培用のタラの木を3本植えてあるのだ。
いつもは近くに住む芸能人の連中が買って行ってしまうのだけど、
今日はどういう訳か残っていたね」
ゴロー××「栽培用って山の自然のタラの木と違うの?」
畑のご主人××「棘がないんだよ。山のは棘があるだろ。
この木はないんだ。昔、農協で仕入れたんだだけど、
知らないのか買ってくのは芸能人ばかりだよ」

早速、夕食のおかずに天ぷらにして食べた。
旨かったのは言うまでもない。
      *
19.4.19 癒しの春散歩 (21)
⑩景=釣り人。
何が釣れるのかしばらく見ていた。
ググーッと大きな引きが来ておじさんは立ち上がって竿をあっちこっち動かしていたが、
結局餌をとられてしまったようだ。
餌の付け替え中こ声を掛けようと思ったが、
なぜか背中が拒否しているように見えてやめた。

岩場は大賑い・・・・・・日和田岩トレ。2人の訃報

19.4.28 猫・日の出山 (63)
若い人がジャンジャン登るので僕は少し遠慮気味。
でも、今日は久しぶりに懸垂下降の練習をさせてもらえた。

★夏山に向けて

今日の日和田(岩トレ)の参加者はリーダーら指導者も含めて40人。
岩場は大賑わいだ。

お天気も上々。
前回(3月)の冷たい岩に指先がかじかんでしまったのと大違い。

初めて岩トレに来たという参加者も数人いて
何だか人気が高まっている。

リーダーに聞いたら夏山に向けてのトレーニングなのだそうだ。
20年ほど前の会員数が3000人を超えていた頃は60人近くもの参加があったとか。

      ☆

★2人の訃報
19.4.28 猫・日の出山 (70)
今日の岩トレ、最初に参加者全員で1分間の黙とうをささげた。
10日ほど前、この岩場でおいらく山岳会の仲間が転落死したのだ。
僕は接触したことがあるかどうか覚えていないが、
会仲間では音楽の指揮者として知られたベテランだったらしい。
しかも岩場を得意としていて、
この日も夕方から1人(個人山行)で練習を始めた。
遅くなっても帰らぬ夫に妻が警察に通報。
翌朝、遺体で発見されたのだ。
合掌。
      *
スキャン_20190418 (2)
漫画家のモンキーパンチさんの訃報をニュースで知った。
『屋根屋狂躁曲』集英社刊のカバー絵(挿画も)は彼の描いたもの。
本の内容は著者が僕の実家でアルバイトをした時の経験を書いたもの。
1983年第1冊だからもう36年も前のことだ。
実家はすでに廃業している。

そそっかしさが治らない。火事を見た・・・・・・50戸の煙

★4件

そそっかしさが治らない。
子供の頃からそそっかしいと言われ続けているが、
それが73歳の今になって治らないのだ。

①孫娘の入学手続き書類の記入欄、
住所と名前の欄を反対に記入してしまった。

②メールを違う人に送ってしまった。
かなり詳細な打ち合わせ内容なので、
誤送信されたひとはナンノコッチャだったろう。

➂ファクス誤送信。
今年度の資料を送るはずが昨年の資料を送信してしまった。
しかも2ヵ所(社)。
お詫びのファックスを含め合計6枚を送信する羽目に。

④絵の教室。
イーゼルを移動させるのに後ろのつっかい棒をモチーフの花瓶に当てて落とす。
割れなかったからいいもの、先生が家から持って来た高価なものと知る。

1週間で・・・・・・まだまだ探せば(思い出せば)あるかも。

      ☆

09.2.23火事 (7)
この煙の下で焼けた家は50戸。

◆"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

★50戸の煙・・・・・・2009年

バンコクのオフィスの窓から見えた火事の煙。
翌朝の新聞に50戸が焼けたとあった。

印象に残る火事と言えば阪神大震災、
9.11の燃えながら崩れ落ちる世界貿易センタービル。

直近ではノートルダム大聖堂。

      *

“火をつけてこい”と言って辞任した市長さんがいたけれど、
バンコクでは普通に言われていたような・・・・・・。

スラムの住民を退去させる方法なのだと聞いたが
真偽のほどは定かでない。
いずれにせよオフィスから見た煙で50戸とは・・・・・・。

可哀そうな蝶

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-16 Tue 22:25:59
  • その他
19.4.16  蝶殺し、まつ姉宅 (3)_LI
おじさんは蝶を捕まえては踏み潰す。

★仕方ないのかなァ

畑のおじさんは左手に虫取り網を持っている。
その網で畑の野菜に寄ってくる蝶を捕まえる。

捕まえると蝶を逃がさないように網を地面に押し付け、
自分の脚で蝶を踏み潰す(殺す)。

次から次・・・・・・見ていた数分の間で4羽。

多分、蝶が卵を産み付け、
それが幼虫になって葉を食い荒らすのを防ぐため・・・・・・と思われる。

見ていると蝶がかわいそうに思うが
仕方ないのかなァ。

スケッチ中に緊急事態の連絡を受けて孫を迎えに。花流れ・・・・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-15 Mon 21:42:06
★初めての保健室

絵の教室での授業(スケッチ)中、次男の嫁から電話が入る。
どうやら緊急事態発生のようだ。

      *

小学校3年の子供が具合悪くなって保健室で寝ている。
迎えに来るようにと学校から連絡があったとの事なのだ、

嫁は重要な要件で東京に行っておりすぐには戻って来れない。
妻も今日はたまたま遠くへ出かけており同じくすぐには戻れない。

これは僕が迎えに行くよりない。
ということで、スケッチを切り上げて迎えに行った。

小学校の最寄りの駅からタクシーを利用した。
孫の通う小学校は息子(孫の父親)の通った小学校と同じ。

運動会を見に行って以来、30年ぶりくらいで行ったのではないかなァ。
モチ、保健室に入ったのは初めてだけど・・・・・・。

19.4.15 絵の教室 (28)
今日のモチーフは花が数種。
僕はボタンを選んだ。
19.4.15 絵の教室 (10)
教室のある大宮工房館のロビー。
彫刻かと思ったら縦に見たマガジンラックだった。
      *
19.4.15 絵の教室 (3)
工房前を流れる見沼用水。
桜の花びらが次から次へと流れてくる。
“流れ花見”“花流れ”・・・・・・ってのはどうだろう?

総会・議長無事終了。ついにお目見え。面白くて次から次・・・・・・『裸の大将』

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-04-14 Sun 17:39:15
  • その他
★次の役員は6年後

団地の管理組合総会は無事終了。
議長も無事終了。

戸数30の小さな管理組合なので務まったのかも・・・・・・。
次の役員は5年後、2024年に回ってくる。

      ☆


★赤とピンク満開の春盛り
19.4.12 石老山 (112)
ボケ。
19.4.14 散歩ほか (9)
ルピナス。
19.4.14 散歩ほか (12)
ツツジ。

      ☆

19.4.14 散歩ほか (18)
19.4.14 散歩ほか (24)
令和いちばん乗りはビール。

★ついにお目見え

イオンの食品売り場に初お目見えした“令和”の元号。
ビールだった。

      ☆

19.4.14 散歩ほか (41)
1993年放映のTVドラマ『裸の大将』シリーズは
最近Youtubeで公開されたばかりが多い。

★YoutubeTVドラマ『裸の大将』4本

「花から八女提灯」
「イルカに乗った清」
「清のお見合い縁結び」
「清が誘拐されサァ大変」

面白くて次から次と見てしまう。

議長が務まるか。武甲山と大机山・・・・・・ペン線を入れたスケッチ。映画『吹けよ春風』

スキャン_20190413 (2)
定期総会進行メモ。

★では、明日(´-ω-`)

カテゴリは“先のこと”だけれど先とは明日のこと。
明日、団地の管理組合の総会がある。

1年間務めた副理事長の役割ともオサラバ、解任だ。
たいしたことはしなかったけれど。

      *

明日の総会で議長を頼まれた。
モチ、他に自薦・推薦候補がいなければだが・・・・・・。

そそっかしくて、早口で、要領よく話しができるとは思えない
僕に議長が務まるか・・・・・・ちょっと心配?

では、明日(´-ω-`)

      ☆

19.4.13 吹けよ春風 スケッチ線入れ (29)
武甲山。
19.4.13 吹けよ春風 スケッチ線入れ (34)
大机山。

★思案中

先日(9日)のスケッチハイクのエンピツ下描き2点にペン線を入れた。
これをパステルで仕上げるか水彩にするか思案中。

もしかして色付けしないでこのままが良かったりして。

      ☆

19.4.13 吹けよ春風 スケッチ線入れ (11)
この場面は中央区側から撮ったもの。
対岸が江東区の佃島だ。

★Youtube映画『吹けよ春風』 1953年 谷口千吉監督

三船敏郎がいいねェ。
1953年当時の新橋など街の様子が映像でママの状態で見られるのがいいねェ。

下町の人情噺みたいな脚本がいいねェ。
何よりGooなのは“佃の渡し”が出てくるの。

懐かしいなァ。
1964年に廃された(ウキペディア)とあるから
東京五輪があった年、僕が大学1年のときだ。

それまでも何度か乗ったりしていたが、
廃されるとしってわざわざ乗りに行った。

といっても我が家(実家)から自転車で15分ほどで行けたのだが。
船賃は10円だったと思う。


登山道なのに砂利道の不思議・・・・・・石老山(せきろうざん・神奈川県)ハイク

★礫岩(れきがん)の山

山道が砂利だァ。
何でェ?

不思議に思っていたら、
前を歩く体験山行で参加した人がその理由を教えてくれた。

何でも礫岩で出来てる山だということだ。
その人は天体に詳しい。

特に星の誕生とか爆発してしまうまでの何億、何十憶光年の話とか、
聞いたこともないややこしいカタカナの名前がポンポン出てくる。

面白かったけどとても覚えられないようなァ。
礫岩の山が出来るまでの話もしてくれたけど、
僕の記憶に正確さを欠くといけないからここでは省略。

      *

登山道口に向かう里山から、
どこも🌸が満開。

予期せぬ花見登山と
歩きながらの会話で楽しく歩いた石老山山行だった。
参加20人。

1 19.4.12 石老山 (56)
石老山(702㍍)の頂上からの眺め。
2 19.4.12 石老山 (78)
眼下に相模湖。
3 19.4.12 石老山 (37)
満開の🌸が遠望できる展望台に向かう桜道を行く。
19.4.12 石老山 (42)
桜山展望台で休憩。
高いところから広範囲に🌸を眺めることができるポイント。
4 19.4.12 石老山 (75)
山道なのに砂利?
5 19.4.12 石老山 (90)
礫岩で出来た山だかららしい。
岩は砂利の塊だァ。
6 19.4.12 石老山 (16)
登山道に向かう里山は🌸が満開🌸🌸🌸🌸🌸・・・・・・。

僕もたまげたァ・・・・・・T先生を囲む集いで。影といろ(色)・・・・・・癒し系2ショット

★口を挟む暇がない

高校時代の担任のT先生を囲む集いがあった。
ごく内輪の集いで参加者は先生を入れて7名(3名欠席)。

T先生は僕らの卒業後、数年して早稲田大学の教授になられた。
太宰治の研究第一人者で著書も多い。

      *

会場は町田の“梅の花”という懐石料理屋。
新元号で話題となった万葉集に出てきたような店名だが、
たまたま偶然で新元号とは関係ないらしい。

集まった生徒たちは皆元気で
お喋り好きな僕が口を挟む暇がないほど・・・・・・これには僕もたまげたァ。

物静かな先生はじっと聞いている。
たまにひと言返事をするくらい。

2時間はあっという間だったけれど
先生にはお疲れさまでした。

19.4.11 東郷会町田梅の花 (13)
“梅の花”の廊下。
メニューは豆腐が美味しい「春美人(セット)」
高齢者には味も量もGoo.だった。

      ☆

★癒し系2ショット
19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (2)
①影は芸術だァ!
味気のないスーパーの駐車場。
気付かなければただの影を踏んで歩くだけ。
19.4.7 半蔵門花見ホノルル会 (57)
②いろのいろいろ
これは集合の美しさだ。
集合はきっとパワーを生むのだ。
色も花も木も動物も水も風も・・・・・・そして人も。

鶏の炊き込みご飯、子持ちガレイ・・・・・・・例えば今日の夕飯

★妻は食べなかった

我が家のオサンドンを担うようになって3年半。
夕飯づくりもだいぶ慣れてきた。

例えば今日の夕飯。
鶏の炊き込みご飯、子持ちガレイの甘辛煮、ハマチのアラ、スープを兼ねた豆乳ポトフ。
豆乳ポトフは吸い物を兼ねている。

特に力を入れたとかではない。
いつもたいがい1汁2、3菜だ。

妻と同居の息子と3人分の夕食費は1000~2000円。

      *

失敗もある。
初めて作るものに多い。
だいたい3度に1度は不味かったりする。

そんな時は妻が食べなかったり息子が食べなかったり・・・・・・。
もちろん自分で食べても美味しくないから失敗とわかるが。

それでも、なるべくメニューの中に初の試みを加えることにしている。

      *

それで、今日の初試みの鶏の炊き込みご飯はどうであったか?
結果的に失敗だった。

妻は食べなかった。
息子は完食。
僕は食べたけど・・・・・・。

鶏の皮が付いたまま炊き込んでしまったのがいけなかったのか、
少々油っぽい気がした。

19.4.10 夕飯のおかず鶏飯し (7)
鶏の炊き込みご飯。
せっかくいい鶏肉を使ったのに・・・・・・。
19.4.10 夕飯のおかず鶏飯し (13)
特大の子持ちガレイの甘辛煮。
19.4.10 夕飯のおかず鶏飯し (15)
ハマチのあらの焼きもの。
僕はこれが大好き。
じつは2日前にも食べたのだがとても旨かったので今日も・・・・・・。
脂がのっていて激旨。
大根おろしで食べた。
19.4.10 夕飯のおかず鶏飯し (19)
スープを兼ねた豆乳ポトフ。

正面に武甲山、見下ろす芦ヶ久保駅・・・・・・日向山(ひなたやま)スケッチハイク

★やっぱり僕は手が遅い

北風がやや冷たく感じられた日向山。
山頂でのスケッチ。

正面に武甲山、
見下ろせば芦ヶ久保駅。

どちらも下描きだけで終わってしまった。
それもまだ描き終わっていない。

やっぱり僕は手が遅い。
あとは家でじっくり仕上げるしかないなァ。

今日の山行(スケッチハイク)には9人が参加。

      *

往復の電車内では絵も山もベテランという先輩たちから
タップリとためになる話を聞くことができた。

1 19.4.9  日向山スケ1ッチハイク (76)
正面に武甲山。
少々風が強かったが山容は荒々しくはっきり見えた。
2 スキャン_20190409 (4)
武甲山下描き(部分)。
3 19.4.9  日向山スケッチハイク (29)
芦ヶ久保駅(西武池袋線)を見下ろす。
4 スキャン_20190409 (2)
芦ヶ久保駅下描き(部分)。
5 19.4.9  日向山スケッチハイク (133)
日向山(627m)頂上。
錆びた鉄の柱は何か?
周囲をステンレスで補強してあるが用途は不明。
この山頂で20分ほど昼寝も・・・・・。
6 19.4.9  日向山スケッチハイク (108)
満開の桜の下を歩く。
7 19.4.9  日向山スケッチハイク (94)
ミツバツツジが咲き始めていた。
8 19.4.9  日向山スケッチハイク (158)
芦ヶ久保駅のホームから撮影。
電車から降りた瞬間から秩父らしい風景も出会える。

直接談判、返事が韓国語、夢の中で・・・・・・・ほか6つの夢物語

★夢=①直接談判②返事が韓国語3⃣夢の中で・・・④S社長とO君⑤あわや激突⑥口の中の金の粒

※夢(ドリーム・オフ)の定義
【夢を見ていて目が覚めることはよくある。
その時は夢の内容を覚えているが、朝になると忘れている。
あるいは夢を見たということは覚えていても、
内容のことは全く思い出せない。
そこで、見た夢をその場でメモってみようと思い立ってできカテゴリーが
夢(ドリーム・オフ)なのだ。
夢の内容なんて脈絡もなく支離滅裂だけど・・・】

      *

①=直接談判
勤めていた会社の株主総会の会場前で知り合いを探す。
会社の体育館を借りたいのだが、ひと株主の自分は要望を出しにくい。
そこで知り合いのお偉方が来るのを入口で待っている。
直接談判しようというのだ。
やがて向こうからむかし仲人をしてくれた副社長が来た。
その後ろには役員をしている息子の顔も。
階段を上る副社長たち。
追いかけ、後ろから声を掛けようとした・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

②=返事が韓国語
タイで勤めていた会社の社長とバンコク郊外へドライブに出かけた。
休憩を取りに入った店。
建物はバラックなのに中に入るとそこは広い飲み屋でたくさんの女性がいる。
奥の方にダンスをしているペアが見える。
近くのテーブルの女性に話しかけると返事が韓国語。
だれか日本語の喋れる人いない?と声を掛けた・・・・・・ところで目が覚めた。

     *

➂=夢の中で・・・・・・
気の置けない5人組の年に一度の旅行。
なぜか今回は電車だ。
それぞれ携帯を座席の上に置き見比べている。
(そこで、夢の中の場面が急に変わる)
ものすごい長い階段を見上げている。
あの階段を登るには辛いなァと思っていたら、
夢の中でこれは夢だと気づく・・・・・・目が覚めたのそれから間をおいてからだった。

      *

④=S社長とO君
勤務時代、仕事を依頼していた制作プロダクションのS社長がいる。
僕が何かを話しかけるのだがS社長は答えない。
そこへ編集スタッフのO君がどうしました?と声を掛けてきた。
「何とかしたいのだけど」
と言いながら何かの用紙をO君に見せようとする・・・・・・ところで目が覚めた。

      *

⑤=あわや激突
自動車ラリーに出場している。
ハンドルを握っているのは僕だ。
すごいスピードでカーブが曲がり切れず、あわや左サイドの岩に激突。
ぎゅっとハンドルを固く握った・・・・・ところで目が覚めた。

      *

⑥=口の中の金の粒
大きく口を開けた女性。
口の中は小さな金の粒がぎっしり。
女性の顔は知り合いのTさんだと気づいた・・・・・・ところで目が覚めた。

Index of all entries

Home > 2019年04月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top