FC2ブログ

Home > 2019年06月07日

2019年06月07日 Archive

真夜中の徘徊老人?、生きたスッポンが・・・。映画『実話時代』1963年

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-06-07 Fri 21:09:31
  • その他
19.6.7 交差点夜間工事 (66)
真夜中の作業を20分ほど見ていた。

★徘徊老人?

真夜中の午前1時半。
あまりの暑さに耐えきれずベランダに涼みに出た。

直ぐ近くの交差点が煌々と照らし出されている。
そうか、複雑にへこんだ交差点を盛土して平らに(滑らかに)する工事。

夜間に行うと知らされていた。
4月から始まった工事も2ヵ月を要してようやく終わに近づいたのだ。

      *

(真夜中に)外に出て交差点近くで写真を撮り、
そこでしばらく(20分)見ていた。

20人ほどが働いている。
特殊な車輛の運転、平らにならす人・・・・・・。

見ていると相当に複雑な、専門技術を要するような作業を
それぞれが手際よく、あたかも流れ作業のように進める。

      *

今朝、妻にそのことを話したら、
「よく徘徊老人と間違われなかったね」
と言われてしまった。

      ☆

19.6.7 交差点・スッポン (7)
生きたすっぽん、一匹5900円。

★スッポン鍋するっていいかも・・・・・でもねェ

魚屋さんで売っていたのは生きたスッポン。
僕はこれまで2度しか食べたことがないが、いずれも旨かった。

レシピはネットにあるからやろうと思えば自分でも出来ると思う。
多分、鍋だろうし、魚屋さんに〆てさばいてもらえばいいだろう。

1匹5900円は高くないんじゃないかなァ。
しかし、鍋にしたところで頭出し30cm近くもありそうなスッポンは
少人数では食べきれるもんじゃない(多分)。

でも、いつか食べたいなァ。
子供や孫たち呼んで家ですっぽん鍋するっていいんじゃない?

でも、みなに確認してからじゃないと、
結局食べるのは僕だけに・・・・・・なんてこともあるし。

      ☆

19.6.7 交差点夜間工事 (36)
現在、報道関係に関る人にも参考になる?

★映画Youtube『実話時代』 1963年 福田純監督

主役の高島忠夫が悪役みたいな編集長で出てきて、
終わりでは正義の人みたいになっている。

編集業務に関ってのサラリーマン時代だったので
最後まで面白く見ることができた。

Index of all entries

Home > 2019年06月07日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top