FC2ブログ

Home > 2019年08月

2019年08月 Archive

一気の4枚色付け「十勝岳」スケッチ。Youtube映画『奇跡の人』『風の中の牝雞』

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-31 Sat 19:53:20
★溜めるわけにはいかない

十勝岳のスケッチ4枚の色付けを一気仕上げ。
こんなことは珍しい。

明後日は絵の教室だし、
翌週はスケッチハイクに参加予定。

溜めるわけにはいかないのだ。

      *

十勝岳は海抜2077m。
この日は晴れたものの頂上は風もあり、霧(ガス)も流れた。

スケッチブックは風で舞って描きずらいし、
すぐに霧がかかって山頂付近は見えなくなる。

そんな中で何とか鉛筆下書きだけを済ませたのだ。

1 DSCF5506 (2)
『十勝連峰』。
上富良野の日の出公園からの眺望。
2 DSCF5514 (2)
8合目付近。
3 DSCF5496 (2)
頂上から富良野岳方面。
4 DSCF5491 (2)
頂上から美瑛岳方面。

      ☆

★Youtube映画『奇跡の人』『風の中の牝雞』
5 19.8.31 十勝岳スケッチほか映画・奇跡の人 (30)
✩Youtube映画『奇跡の人』 アメリカ映画 1962年
ずっと以前に見た映画。
感動の名作。
6 19.8.31 十勝岳スケッチほか映画・奇跡の人 (37)
✩Youtube映画『風の中の牝雞』 小津安二郎監督 1948年
同じくずっと以前に見た映画。
敗戦後の混乱期の悲劇とでも言おうか。
でもハッピーエンドでよかったァ。

飲食はお喋りのつまみかも・・・・・・いつもの赤札屋、いつものカラオケ館

19.8.30 マスカット・赤札屋 (9)
居酒屋でのお喋り会での(新しい)ニュースはボケ防止に貴重だ。

★いつもの赤札屋とカラオケ(館)

所用を3件ほど済ませてから行ったので、
会場の新橋赤札屋への到着が15分ほど遅れた。

     *

会社勤務時代の仲良し5人組での飲み会・・・・・・というよりお喋り会。
お喋りが目的で飲食はつまみみたいなもの。

昔の話を繰り返しては大笑い。
ときどきは新しいニュースが話題に上る。

3人が後期高齢者で僕ともう一人も来年、再来年(が僕)仲間入りする。
新しいニュースはボケ防止に貴重だ。

      *

ところで飲食がお喋りの“つまみ”といいたい理由のもうひとつは
2時間半も飲んで食べて最後にそこそこ旨いスパゲティ(一皿を5人で分けて丁度いいほど大盛)
でおなかを満たして一人1500円で済むからだ。

      *

そのままこれもすっかり恒例となったいつものカラオケ屋に流れて
こちらも2時間で1人1200円。

安くて楽しく時間の過ごせる
いつもの赤札屋とカラオケ(館)なのだ。

オサンドン奮闘!。絵『手を組むミャンマーの女性』パステル・6号。十勝山行おこぼれショット8景

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-29 Thu 17:59:02
★全部食べきれるかな?

娘と高1の孫が夕飯を食べに来るというので、
今日は夕方早めからオサンドンに奮闘だ。

メニューは妻のリクエストでハンバーグ、
それにちらし寿司と孫娘にはステーキ。
土産に貰ったさつま揚げの甘辛煮。

先日頂いた瓢箪カボチャとジャガイモ、ニンジンのバター焼き。
フルーツサラダ。

それとアサリの味噌汁。
おまけに冷奴だ。

組み合わせが少しトンチンカンだけれど、
最近の旅館やホテルのバイキングは何でもありだからいいんじゃない?

全部食べきれるかな?。

      ☆

19.8.26 絵・ミャンマーの婦人 (45)
先生なんて言うかなァ。

★絵 『手を組むミャンマーの女性』 パステル・6号

先生が用意してくれた写真をもとに描いた2点目。
写真は全身が写っていたのだけれど、
あえて僕は手だけを描いた。

デッサンの練習のつもりだったのだか、
難しい手の組み方だからやめた方がよいと言われたのだ。

すでに鉛筆の下描きを終えたあとだったので、
あえて色付けをしたのだ、

先生なんて言うかなァ。

      ☆

★十勝岳山行のおこぼれショット8景(昨日のブログの続き)
19.8.26-28 十勝岳  (5)
①=木製SLKAMIFURANO
登山口までは上富良野駅からバスで行った。
駅舎の前に木製のSLが止まっていた。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (219)
②=青紫のリンドウがいっぱい
山道の両サイド、あちらこちらに咲いていた
鮮やかな青紫のエゾリンドウ。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (225)
③=シラタマノキ
白い実をつぶすとあら不思議、
サロンパス、サロメチール・・・・・・の匂いがプ~ン。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (241)
➃=黄色の粉を吹く岩
山道の真ん中にデ~ンと突き出た不思議な岩。
黄色のの粉が岩肌から吹き出て岩の周りにも広がっている。
イオウかと思ったら匂いはしない。
何だろう?
何なのだろう?
      *
19.8.26-28 十勝岳  (252)
➄=何でこんなに高く?
宿に予約した富良野市内のホテル。
屋根裏の部屋には3つの布団が敷いてある。
それにしても急なハシゴと屋根裏部屋の高度。
何でこんなに高く?
ハーネスとロープがあってもいいんじゃないかと・・・・・・。
懸垂下降の練習も出来そう。
モチ、部屋はかえてもらった。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (262)
⑥=雲の滝
ホテルの部屋から眺めた十勝連峰。
雲が山頂から滝のように流れ落ちてくる。
なかなかの景色だ。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (297)
⑦=真っすぐな道
北海道は道が広い。
北海道の道はどこまでも真っすぐだ。
北海道の道はどこまでも歩きたくなる。
      *
19.8.26-28 十勝岳  (331)
⑧=日の出公園
富良野駅から歩いて15分ほどのところにある小高い丘の公園。
一面ランベンダーの花・・・・・といっても今は季節外れ。
7月にいらっしゃいと言うのは公園の清掃をしていたおじさん。
きっと来る、いや、もう来れないかァ・・・・・と旅行者の多くが反問する美しい公園?

感激の大パノラマ下山・・・・・・十勝岳(2077m)

★下りるのがもったいない

十勝岳へ行ってきた。
ラッキーにもお天気に恵まれた。

なぜラッキーなのかと言えば
登山日の27日を挟んでの26、28日は荒れた山の天気で山行不可。

      *

26日は登山口のある吹上温泉白銀荘の宿泊、
翌27日の午前4時半に宿を出発した。

暑もく寒くもなく絶好の登山日和。
山頂では30分ほど滞在、スケッチをする余裕も・・・・・・。

1 19.8.26-28 十勝岳  (200)
大パノラマの中の下山。
下りてしまうのがもったいないと思ったほど。
2 19.8.26-28 十勝岳  (56)
早朝出発で途中向こうの山の稜線に湯気(雲?)が沸き立つ・
3 19.8.26-28 十勝岳  (62)
8合目付近から十勝岳頂上。
19.8.26-28 十勝岳  (92)
頂上から噴火口を見る。
5 19.8.26-28 十勝岳  (248)
美しく生えそろうエズマツの林を抜ける。

『ミャンマーの婦人』パステル 6号・・・・・・絵。明日から十勝山行へ。ツルムラサキと瓢箪カボチャ。Youtube映画「近松物語」「ローマの休日」「東京の合唱」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-25 Sun 19:42:43
1 19.8.26 絵・ミャンマーの婦人 (37)

★絵「ミャンマーの婦人」 パステル 6号。

19日月曜日の絵の教室の課題を仕上げた。
明日から3、4日旅行だし、
来週の月曜の教室日までに仕上げなくてはということで急いだ。

      ☆

2 19.8.26 絵・ミャンマーの婦人 (16)

★明日からの山行の旅は北海道十勝岳

明日からの山行の支度(準備)に半日を要した。
北海道の十勝岳に明日から3泊(もしかしたら2泊)で行く予定。
ザックは機内持ち込みでの指示だったが……このザック大丈夫かしら?

      ☆

3 19.8.25 東京の合唱、ローマの休日、ツルムラサキ、カボチャ (27)

★ツルムラサキと瓢箪カボチャ

ご近所さんからいただいた珍しい野菜。
ツルムラサキと瓢箪カボチャ。
ツルムラサキはさっそく胡麻和えにして食べた。
栄養豊富なうえに薬草効果があるらしい。
瓢箪カボチャは旅行(十勝岳)から帰ったら試みる。

      ☆

★Youtube映画「近松物語」「ローマの休日」「東京の合唱」
4 19.8.25 東京の合唱、ローマの休日、ツルムラサキ、カボチャ (17)
Youtube映画「近松物語」=溝口健二監督 1954年
原作は近松門左衛門作の『大経師昔暦』だとか。
美男の長谷川一夫との美女の香川京子。
近松物はどこか陰険で悲劇的だねェ。
この年のキネマ旬報5位。
      *
5 19.8.25 東京の合唱、ローマの休日、ツルムラサキ、カボチャ (38)
Youtube映画「ローマの休日」=アメリカ映画 1953年
こちらは近松物とは正反対の底抜けの明るさ。
コメディにもなりそうだけれど主役の男女があまりにも美男美女過ぎて・・・・・・。
      *
6 19.8.25 東京の合唱、ローマの休日、ツルムラサキ、カボチャ (62)
Youtube映画「東京の合唱「」==小津安二郎 1931年
何と無声映画。
高峰秀子の天才子役ぶり(右)を見ることが出来た。
1924年生まれの彼女は7歳。
この年のキネマ旬報3位。

※明日から4日間旅行(十勝岳山行)のためブログ休みます。

色彩豊かな木造船が並ぶ・・・・・・2007年・バンコク記憶遺産。Youtube映画「書道教授(TV)」「東京交差点」

★アユタヤの船工場・・・・・・ゴローのバンコク・記憶遺産 2007年

カメラマンの助手として行ったアユタヤの船工場?
(もしかして古船置場か住居、あるいは宿かも)。
アユタヤは世界遺産の遺跡で有名なところだ。

モデルを連れて雑誌の表紙の写真を撮影しに行ったのだが、
カメラマン氏はバックに遺跡を選ばずこの船工場を選んだ。

古い船から修理中のものまで、
カラフルで色彩豊かな木造船が並ぶ。

遺跡もいいが、
この船工場もGooだった。

1 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 065 (2)
2 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 031 (2)
3 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 039 (2)
4 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 036 (2)
5 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 068 (2)
6 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 049 (2)
07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 066 (2)
7 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 051 (2)
8 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 052 (2)
川べりには船の家が並ぶ。
9 07.6.28アユタヤ表紙撮影同行 063 (2)
船の家の中を覗かせてもらった。


      ☆

★Youtube映画「書道教授(TV土曜ワイド劇場)」「東京交差点」
10 DSCF4928 (3)
Youtube「書道教授(TV土曜ワイド劇場)1982年 原作・松本清張
松本清張の推理小説は何(十)年たっても古くならないなァ。
      *
11 DSCF4934 (2)
Youtube映画「東京交差点」 松井稔監督 1991年
3話からなるオムニバス映画。
3つの内容(社会問題)は30年近くなる今でもちっとも解決していない。

あッツ!イケナイ!忘れてた。カマキリの孤独。Youtube映画「まごころ」「ワナジャ」「老男孩」「たそがれ」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-23 Fri 21:04:16
  • 映画
1 19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (93)
じっとして動かないカマキリ。

★あわてて×2

絵筆を片手にデスクトップでYoutube 映画を見ていたところに携帯が鳴った。
電話の主××「今日打ち合わせなんですけど、今どこですか?」

ゴロー××「あッツ!イケナイ!忘れてた」
3時から民謡・植水教室の打合せをすっかり忘れていた。

ゴロー××「今すぐ出ます。自転車ですから30分弱かかります」
電話の主××「・・・・・・・、じゃあ待ってますから」

      *

あわてて団地内の駐輪場を後にする。
直後にぽつりぽつり。

これはイケナイ、着くまでにビショビショになるし、
帰りはもっと大変なことになる。

またまたあわてて上下のカッパを取りに戻った。

      *

団地前のアスファルトの歩道にカマキリがいた。
僕を(デジカメ)を警戒しているのかそれとも弱っているのか
じっとして動かない。

こんなところで何をどうしようというのだ。
カマキリの孤独。

でも、大きなカマキリを見てなぜかホッとした。

     ☆

★Youtube映画「まごころ」「ワナジャ」「老男孩」「たそがれ」
2 18.8.23 インドと中国映画 (6)
Youtube映画「まごころ」=横溝健二監督 1939年。
戦争に向かってまっしぐらの時代、
市民の心はまだおだやかだった?
      *
3 18.8.23 インドと中国映画 (46)
Youtube映画「ワナジャ」=インド映画。
某国際的映画祭受賞作。
カースト制度、文化の伝承、美しい映像・・・・・・見てよかったァ。
      *
4 18.8.23 インドと中国映画 (36)
Youtube映画「老男孩」=中国。
一世を風靡したネット映画らしい。
マイクロジャクソンにあこがれ、いじめにあった少年がライトを浴びるまで。
さりげないラストシーンが感動的なのだ。
      *
5 18.8.23 インドと中国映画 (20)
Youtube映画「たそがれ」=内田吐夢監督 1955年。
1955、6年のイタリア、フランスの名画を思い出した。
この作品も同じ時代。
共通する何かがあったのかなァ。

セミのメスは鳴かない。映画(Youtube)鑑賞が止まらない

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-22 Thu 21:04:00
  • 映画
19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (102)
セミの抜け殻を掴み取ろうとしても葉からなかなか離れない。
先生はその(爪の)強さを語ってくれた。

★求愛行動

昨日はセミの大合唱の中を歩いた。

ちょうど一緒に歩いた山行仲間に昆虫に詳しい先生がいて、
歩きながらセミについてのオモシロ話をいろいろと聞かせてくれた。

      *

セミのメスは鳴かないそうだ。
オスが鳴くのは求愛行動で、
メスは気に入った鳴き声のオスを選ぶそうだ。

人間には同じ鳴き声に聞こえるけどセミにしか分からない微妙な違いがあるのだ。
数種類のセミが同時に鳴いているのだが、
アブラゼミが多いのだとか。

先生は子供の頃、
セミは生きたまま羽と足をむしって食べていたそうだ。
毒がない限り昆虫は何でも食べれるからと・・・・・・。

      ☆

★映画(Youtube)鑑賞が止まらない

いい映画が多いから・・・・・・が理由だ。
1930~1960年代の映画に
僕はどこか心打たれるのだ。

Youtube(映画)は無料で見られるし、
TUTAYA(ツタヤ)に行くこともない。

居ながら、キャンバスを前に筆を手にながら鑑賞だってできる。
ありがたいことなのだ。

18.8.22 映画 残菊物語ほか (5)
✩剣「首斬り浅右衛門」=監督 岡本愛彦 1967年。
これはテレビドラマだったみたい。
浅右衛門を三国連太郎が罪人は小川真由美が演じている。
      *
18.8.22 映画 残菊物語ほか (17)
✩「静かなる決闘」=黒澤明監督 1949年。
黒澤監督+三船敏郎第2作目。
赤ひげみたいな正義感と純情すぎる医師の三船敏郎。
黒澤監督全30作品の第7作目。
この年のキネマ旬報8位。
      *
18.8.22 映画 残菊物語ほか (21)
✩「残菊物語」=溝口健二監督 1939年。
2代目尾上菊五郎を襲名する前の悲恋物語。
この年のキネマ旬報2位。
      *
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (24)
✩「獣の館」=大曾根辰夫監督 1951年。
鶴田浩二が悪役(獣)のやくざ。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (49)
✩「黄色いカラス」=五所平之助監督 1957年。
教育映画のような・・・・・・。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (63)
✩「清作の妻」=増村保造監督 1965年。
若尾文子の演技に魅入る。

汗だく低山ハイクにインクラで疲れたァ

★夏の低山ハイクは暑い

三浦半島の最高峰は大楠山(242m)。
登山コースは4つあるのだが、
今日は山頂まで2時間半の最長コースを歩いた。

参加者は27人。
夏の低山ハイクは暑い。

みな汗だくだ。
牛丼の汁(つゆ)だくじゃないけれど“汗だく”。

     *

今日はインドアクライミング(インクラ)の練習日であった。
用具は朝、駅(武蔵浦和駅)のコインロッカーに預けておいた。

7時から9時まで。
こちらは9人が参加した。

5時間の汗だく歩行(山行)と3時間インクラでさすがに疲れた。
反省会のビールが旨かったァ。

19.8.21 大楠山、エアジー (36)
大楠山山頂の展望塔から休憩中(昼食中)の仲間たち。
低山でも半島最高峰の眺望Goo (^^♪だ。
19.8.21 大楠山、エアジー (4)
途中の景色の中に軍艦が見えた。
19.8.21 大楠山、エアジー (75)
インドアクライミングにはママと一緒の子供たちの姿が・・・・・・。
夏休み中だからかなァ。

夕顔を美味しく食べた。僕が見た最大のコガネグモ。Youtube映画「瘋癲老人日記」

★これまでに僕が見た一番大きいコガネグモ。
3 19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (90)
足を曲げた(折った)状態でも5~6㎝くらいはありそうな・・・・・・。

      ☆

★夕顔を煮た。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (76)
畑をやっているお隣さんから頂いた夕顔を煮た。
とても美味しかった。

      ☆

★Youtube映画「瘋癲老人日記」 木村j恵吾監督 1962年。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (17)
谷崎潤一郎の同名の小説の映画化。
瘋癲はフーテンと読む。
意味は2つ(ネットより)
① 精神の状態が正常でないこと。また、その人。
②通常の社会生活からはみ出して、ぶらぶらと日を送っている人。
フーテンの寅さんは②だ。
「瘋癲老人日記」の老人は①だ。

写真がモチーフ・・・・・・絵の教室。Youtube映画「にあんちゃん」「にっぽん泥棒物語」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-19 Mon 20:46:10
1 19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (69)
写真をモチーフに人物を描く。
鉛筆の下描きだけで2時間かかった。
2 19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (63)
工房館前の見沼用水際に咲くノーゼンカツラ。

★写真だけで描く

今日のモチーフは写真だ。
先生が持って来た。

写真だけを見て描くことは昔はご法度だったけれど、
今はふつうに描いている人も多いようだ。

      *

鉛筆で下描きのあと、
ペンで線を入れ鉛筆は消す。

上からパステルで色付けすれば線は消されてしまうのだ。
そんな描き方は邪道かどうか分からないが先生はいいと言っている。

      ☆

★Youtube映画「にあんちゃん」「にっぽん泥棒物語」
19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (21)
Youtube映画「にあんちゃん」 今村昌平監督 1959年。
中学校の授業で見たような・・・・・。
心打つ映画だけれど実話だったとは・・・・・・いや、実話だから心を打つのだ。
にあんちゃんの妹(写真左)が書いた日記を光文社が出版、映画化になった(ネットより)。
この年のキネマ旬報3位。
19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (56)
Youtube映画「にっぽん泥棒物語」 山本隆夫監督 1965年。
松川事件をパロディ化したような作品。
最後にどんでん返しとなる裁判。
三国連太郎の最終陳述で場内大爆笑。
コメディ仕立てのフィクションとウキペディアにある。
この年のキネマ旬報4位。

団地内掃除でセミと抜け殻と大きなバッタを見た。TVドラマ「ながらえば」。Youtube映画「この広い空のどこかに」「人間蒸発」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-18 Sun 21:44:44
  • 映画
19.8.18 団地掃除、映画にあんちゃん他 (91)_LI
小公園の桜の木にはセミの抜け殻と脱皮して横に移動中のセミ発見。

★そこそこに

8月はお休みと勘違いしていた団地内の掃除。
妻から「8時からよ」と告げられてあわてて出た。

あまり熱を入れて動くと汗かくし、
箒と塵取りを持ってそこそこ枯葉集め。

雑草抜きの最中には7、8cmもある大きなバッタを2匹も見た。
蛇の目撃者もいるし団地内の自然もまんざらではないかなァ。

      ☆

★TVドラマ「ながらえば」
Youtube映画「この広い空のどこかに」「人間蒸発」
DSCF4558 (2)
TVドラマ「ながらえば」 山田太一作 1982年。
笠智衆は本当に味のあるいい俳優さんでした。
DSCF4574 (2)
Youtube映画「この広い空のどこかに」 小林正樹監督 1954年。
佐田啓二、久我美子が理想的な酒屋の夫婦。
理解のある 母は浦部粂子。
高峰秀子が小姑。
ハッピーエンドで終わる映画はいいねェ。
DSCF4621 (2)
Youtube映画「人間蒸発」今村昌平監督 1967年。
ドキュメンタリーをそのまま劇場映画にしたような・・・・・・。
どこまでノンフィクションでどこまで創作なのかわからない。
この年にキネマ旬報2位。
DSCF4605 (2)
Youtube映画「東京のえくぼ」 松林宗恵監督 1952年。
ほぼコメディ。
安心して最後まで見れる。
主演は上原謙と丹阿弥谷津子 だが、柳家金五郎がいい役を演じている。
隣の清川虹子がまだ若いねェ。

期待外れで撮った草オブジェ。本「時代小説」①②。Youtube映画「黒い河」「赤い殺意」

1 19.8.17 散歩、映画「黒い河」「赤い殺意」 (27)
草オブジェ。
2 19.8.17 散歩、映画「黒い河」「赤い殺意」 (31)
鴨川遊水池は葦がきれいに刈られていた。

★期待外れ

もしかしたらトンボの乱舞が見られるかも
・・・・・・と、朝の散歩に鴨川遊水池に向かった。

先日(4日)は黒いチョウトンボの乱舞を見ることが出来た。
今日はイトトンボか真っ赤なショウジョウトンボを期待したのでけれど、
葦を刈ってしまったせいなのかいずれも期待外れ。

デジカメのチャンスも無かった。

      ☆

3 スキャン_20190817 (2)
僕的には②のほうが面白く読めた。

★本「時代小説」①② 新潮文庫

短編時代小説収録の文庫本。
①には北方謙三、宮部みゆき、小松重男、安西篤子、南原幹雄、皆川博子、船戸与一。
②には北原亞以子、安部龍太郎、逢坂剛、佐江衆一、杉本苑子、伊藤桂一、津本陽。
が執筆。

僕的には②のほうが面白く読めた。

      ☆

★Youtube映画「黒い河」「赤い殺意」
4 19.8.17 散歩、映画「黒い河」「赤い殺意」 (3)
Youtube映画「黒い河」 小林正樹監督 1957年。
5 19.8.17 散歩、映画「黒い河」「赤い殺意」 (19)
Youtube映画「赤い殺意」 今村昌平監督1964年。

どちらも主人公(主役)が殺意を抱く内容。
「黒い河」の有馬稲子は暴行され付きまとうやくざの男ジョーを走るトラックに押しだして殺す。
「赤い殺意」の春川ますみは同じように強盗・暴行後に付きまとう男を殺そうと決意。

映画の内容は全く違うのだが、
偶然にしてもよく似た経過をたどる。

このところ見た何本かの映画からまとめて感想を述べれば
どれも女性が強く男がだらしがない。
50年前も今もちっとも変っていないんじゃない?

絵『並んだ人形』パステル・6号。Youtube映画「エノケンの鞍馬天狗」「愉しき哉人生」「噂の女」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-16 Fri 19:44:42
19.8.16 並んだ人形・エノケンの鞍馬天狗他 映画3本  (47)
自分で付けておいてなんだけど、
「並んだ人形」というタイトルはいかがなものか?

★絵「並んだ人形」パステル・6号

前回(5日)のモチーフ人形をいちおう仕上げた。
先生が椅子の上に人形を4つ並べた。

先生はひとつを選んで描くものと思っていたようだが、
他に人形を描く人がいなかったので僕は4つそのまま(先生が置いたまま)描いた。

来週月曜日が絵の教室なので、急いで仕上げたのだ。

      ☆

★Youtube映画①「エノケンの鞍馬天狗」②「愉しき哉人生」③「噂の女」

一日3本もYoutubeで映画を見た。
昨年から今年にかけて昭和30年代から50年代にかけての
多くの映画が公開されている(ようだ)。

著作権等問題のある作品なのかどうか分からないが、
いい作品が多いのでつい次から次へと見てしまうのだ。

19.8.16 並んだ人形・エノケンの鞍馬天狗他 映画3本  (5)
①Youtube映画「エノケンの鞍馬天狗」 監督不詳 1939年。
最近、戦前のエノケンの人気と大スターぶりを本で読んだ。
エノケンの(映画)作品を見たのは初めて。
僕に鞍馬天狗と言えば栗毛の馬に乗った嵐寛十郎の時代だが、
エノケンの鞍馬天狗は白馬だ。
      *
19.8.16 並んだ人形・エノケンの鞍馬天狗他 映画3本  (17)
②Youtube映画「愉しき哉人生」 成瀬巳喜男監督 1944年。
終戦前年の映画。
柳家金五郎主演、エンタツも出演でコメディっぽい台詞ややり取りも。
要するに“考え方工夫で(危機を)乗り越えろ”という敗戦間際の国策映画。
ちなみにアメリカでは太平洋戦争中「風と共に去りぬ」「市民ケーン」など名作が作られている。
      *
19.8.16 並んだ人形・エノケンの鞍馬天狗他 映画3本  (34)
③Youtube映画「噂の女」 溝口健二監督 1954年。
昨日見た「銀座化粧」に似た顛末を迎える同じ主役の田中絹代。
どちらも和服姿の水商売、似合うねェ。

上映時間のずれで「ライオンキング」「天気の子」が流れた。Youtube映画「銀座化粧」「越後つついし親知らず」

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-15 Thu 20:12:55
DSCF4429 (2)
ゲームに夢中の孫。

★映画はお流れ

今日、明日と2日間、孫3人を預かる。
といっても午後1時頃まで半日ずつだけど。

1日目の今日は映画を見にイオンシネマへ行った。
僕が“天気の子”、
妻と孫3人は“ライオンキング”。

ところが、両映画の上映時間のずれが大きく、出直すことにした。
とりあえず室内遊び場のある上尾のスーパーへ移動。

      *

買い物もゲームも食事もできるこのスーパーはこんな時には大変ありがたい。
なかでも“ニコニコガーデンは”幼児から小学低学年まで安全に動き回ることのできる。

子供を遊ばせておいて親はその間本を読んだり、母親同士でおしゃべりに興じたり・・・・・・。
しかも飲食持ち込み自由、コーヒー・お茶は無料お代わり自由。

      *

結局、食事を済ませたら2時を過ぎてしまい、
今日の映画鑑賞はお流れとなった。

      ☆

DSCF4419 (2)
★Youtube映画「銀座化粧」 成瀬巳喜男監督 1951年
主演の田中絹代の役柄ピッタシ、やっぱり大女優だァ。
当時の風景・風俗がよく分かる意味でも興味深い映画。
1951年は僕はまだ小学校に上がる前の6歳児。
DSCF4454 (2)
★Youtube映画「越後つついし親知らず」 今井正 1964年
とてもいい映画。
美しい風景が印象的。
サスペンスじみたストーリーの中で
越後の酒造りの行程から地方の風習・文化まで紹介されている。

昼間から赤羽の灯。映画「怒りの街」

19.8.14 映画怒りの街、赤羽 (22)
昼間から若い人たちで店内はどこもいっぱい。

★ジョッキ3杯

暇を持て余している僕と友人。
友人はまだ現役で盆の休暇明け。

そこで新橋か上野か秋葉か日暮里か・・・・・で、赤羽に決定。
赤羽は昼間から飲める店がいっぱい。

若~い人たちが店から溢れんばかり。
僕らも負けずにジョッキ3杯、お喋りに興じた。

      ☆

19.8.14 映画怒りの街、赤羽 (5)
結婚詐欺の物語。
実家近くの清州橋が懐かしい。

★映画「怒りの街」 成瀬巳喜男監督 1950年

珍しや詐欺の話。
それも結婚詐欺。

宇野重吉が学ランで出ている。

山頂で無線、下山口で釣り談義もまた楽し・・・・・・丸山トレ(ハイク)

★もしかして魔法のグッズ?

再来週26-28日、今年2回目の夏山山行に参加予定。
と言っても個人山行で参加者は僕も含めて3人。

      *

暑さ対策も含めて足慣らしハイクを試みた。
(来週21日も会山行に参加予定)。
万全のコンディションでのぞみたいという分けだ。

行った山は秩父の丸山。
何度も行っているので道に迷う心配もないし岩場、鎖場もない。

今日は下山時まで曇り空で暑さも思ったほどではなかった。
それに6~時間歩行を目指したが、朝の出発に50分の遅れ、
峠で分岐の道標が分からずそのまま下山へなどで5時間半で終わった。

結果的にそれがよかった。
というのは帰宅後、サーカス見物に行った次男家族と合流して
日帰り温泉+夕食の予定に何とか間に合ったからだ。

19.8.13 丸山ハイク (14)
丸山の標高は960m。
芦ヶ久保駅前から歩きで山道へ、大野峠周りで駅まで戻る。
整備された緩やかな傾斜の山道は歩きやすい。
頂上の展望台から目の前に見えるのは武甲山だが今日はガスで霞んでいた。
19.8.13 丸山ハイク (26)
頂上で会ったおじさんは80歳。
27年連続で木曾御嶽山に登山しているとか。
丸山は毎月数回登っているそうで荷物は小さなザックのみ。
展望台では無線通信を始めた。
ここからだと最小電圧(5ボルト)で沖縄まで交信できるそうだ。
家にはアンテナまで立てているほどの無線マン(爺)。
最近東京に住む孫が無線の免許を取得して楽しみなのだとか。
19.8.13 丸山ハイク (32)
山頂から大野峠へ向かう尾根道でもっとも眺望の効く場所。
パラグライダーのスタート台だ。
19.8.13 丸山ハイク (56)
もしかして魔法のグッズ?
水で濡らして振るだけで冷却効果が長時間継続のタオル。
試しにバンダナに変えて頭にかぶり歩いて見た。
炎天下ではなかったが効き目はありそう。
おかげで歩行中眠気に襲われることはなかった。
沢の清流につけてやったらさらに効果倍増・・・・・・だったかも。
ほんとうに効果が認められれば、
街中、家の中での熱中症予防に役立つぜよ(なぜか土佐)。
19.8.13 丸山ハイク (76)
下山口の巨岩と椿の巨木。
岩の陰からコンニチワの声が・・・・・・・。
岩陰の畑の主のようだ。
僕よりずっと若いそのおじさんは蜂(蜜)の巣箱の手入れ中。
小さい頃から(50年以上前)椿の木を見ているが
全く変わっていない(太くなっていない)ように見えると。
蜂の巣箱おじさんとの話はまだまだ続いた。
おじさんは釣りが趣味。
しかも以前は岩手県までイワナ釣りに行っていたとか。
場所や川の名前を次々にあげて話がつきない。
今は鮎釣りに移って群馬県に出向いているのだとか。
次は椿の満開の頃に来て、
花の下で蜂の巣箱おじさんとお茶でも飲みながら話をしたい(聞きたい)なァ・・・・・・と思った。
      *
19.8.13 丸山ハイク (86)
ギリギリ間に合った日帰り温泉。
お風呂もビールも効いたねェ。

TVで新海誠インタビューを見たら・・・・・・。Youtube映画「小島の春」

19.8.12 新開氏テレビ、映画小島の春 (14)
新海氏へのインタビューを見て(聞いて)いて思ったのは、
彼は過去、今、未来を見据えて質問に答えている(多分)ということだ。

★「君の名は」「天気の子」をきっと見る

NHKでやっていた新海誠(アニメーション作家・映画監督、小説家)のインタビューを見てたら、
たちまちファンになってしまった。

僕が新海氏へのインタビューを聞いていて思ったのは
彼が過去、今、未来を見据えているということだ。

アートばかりでなくあらゆる分野で
(思想的に)今世紀のリーダーになるに違いないと思えた。

      *

3年前に大ヒット、話題となった「君の名は」を僕は見ていない。
新作「天気の子」も見ていない。

両作品とも僕はきっと見る。
いつか見る。
インタビューを聞いていてそのように思ったのだ。

      ☆

19.8.12 新開氏テレビ、映画小島の春 (24)
(瀬戸内海の)小島の美しい風景と島の人々の生活が美しく描かれている。

★Youtube映画「小島の春」 豊田四郎監督 1940年

その年のキネマ旬報1位に選ばれた作品。
ハンセン病患者を療養所(施設)に入るよう勧める内容。

ネットの評には“らい病の誤った知識を描いている”との批判もあるが、
当時はまだ解明されていなかった病気であり、
しかも座敷牢のような部屋に押し込められていた患者もいたというではないか。

素直にその年のキネマ旬報1位であった映画として僕は見た。

力持ちと可愛すぎて食べられない・・・・・・この夏の撮り溜めショット5

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-11 Sun 21:04:53
  • その他
★立山のついでに剣

今日は少し暑さが和らいだか。
それでも外に出るは億劫だ。

     *

6-8日の立山山行(縦走)のパーティ12人のうち、
室堂で解散後5人が翌日、
つまり9日の登山に向けて再び山小屋へと向かった
(モチ、僕は参加不可)。

5人が目指す山は剣岳。
100名山中でも最も難易度の高い山と言われている。

そこに向かったのだ。
そしてフェースブックに登頂を果たしたと投稿があった。

      *

剣岳を終えてついでに立山に・・・・・・というのを誰でも考えるのではなかろうか。
おいらく(山岳会)の仲間のすごさはその逆、
つまり立山縦走のついでに剣岳なのだ。

      ☆

★この夏の撮り溜めショット5
19.7.1 御神楽温泉 あすなろ荘 (15)
①=300㎏を担ぐ乙女
旅先に寄った糀屋の店内に貼られていた写真。
      *
19.7.19 一銚 (18)
②=無銭飲食警戒中
ファミレスのレジの前(横の壁)に貼ってあった。
      *
スキャン_20190728 (4)
③=可愛すぎて食べられない
頂いた和菓子に食べるのがもったいないほど美しいのがあった。
      *
19.8.4 散歩鴨川遊水池トンボ (37)
➃=テディベア
ヒマワリにも多品種があるようだ。
テディベアはヒマワリというよりダリアに似ているかも。
いずれにせよ真っ青な空に真っ黄色な花。
夏ですねェ。
      *
19.8.5 絵の教室モチーフ人形 (25)
➄=ゴーヤ
ゴツゴツしたイメージとは大違いのゴーヤのちっちゃいの。
5、6㎝か。
キーホルダーにしたいくらい可愛いけど食べるには早すぎる。

馬宮郷土史同好會の暑気払い。本「山中鹿之助」松本清張

19.8.10 和の花 (5)
会場の飲み屋は埼玉栄高校の運動部の生徒たちが食事に寄る店。
店内にたくさんのサインが貼ってあった。

★少々気が引けるけど・・・・・・

かって在籍した馬宮郷土史同好會。
今でも忘年会、暑気払いなどの飲み会には声がかかる。

・・・・・・・で、今日はその暑気払い。

      *

会場は自転車で15分ほどのちょっと広めの飲み屋さん兼食堂?
兼食堂とは近くのスポーツの名門埼玉栄高校の生徒たちが食事に寄るから。

モチ、彼らはアルコールは飲まない。
飲み屋なのに日に焼けた坊主頭の若人が
入れ代わり立ち代わり食事にくるのも風変りな光景だ。

      *

会長をはじめ同好會の面々はみな一所懸命。
乾杯前にも機関誌の編集打合せしていた。

活動に参加していない僕が
お邪魔虫みたいにいるのは少々気が引ける。

      *

それでも冷えたビールは旨いし、
お喋りも楽しい。

3時間半があっと今に過ぎた。
会長さん懲りずにまた声かけて下さいね。

      ☆

スキャン_20190810 (2)
著者が中・高学生向けに書いたようだ。

★本「山中鹿之助」 松本清張

著者が中・高学生向けに書いたようだ。
そのせいかやさしく分かりやすく読めたような・・・・・・。

      *

山中鹿之助の名前は知っているけれど、
いつ頃の時代の人でどんな活躍をしたのかイマイチ分からない。

そんなこともあって読んだのだ。

Index of all entries

Home > 2019年08月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top