FC2ブログ

Home > 2019年08月09日

2019年08月09日 Archive

ついに抜けた棘(トゲ)。本「凍」沢木耕太郎。20年ぶりに実現、立山三山(立山連峰)縦走。

ン_20190809 (3)
左親指の第一関節内側から抜いた8㎜の棘。

★「先生、こんな大きなのが抜けましたァ」

親指の先の内側に棘が刺さって1ヵ月。
その間、どうしても抜けず整形外科へ抜いてもらいに行った。

レントゲンまで撮ったのにその医院では分からない(見つからない)。
医師は
「棘は刺さっていない。
抜けたあとが炎症でも起こしているのでしょう」
と薬を処方してくれた。

      *

それでも物を掴んだりするとチクリとするし・・・・・・。
で今日、ベテランの皮膚科の先生の医院へ電話をした。

看護婦さんが電話に出て
「明日は土曜日で混むからこれからすぐに来てください」
というではないか。

なるほど、行って見て分かったのだが、
電話に出た看護婦さんは自他共に認める刺抜きの名人だったのだ。

しかもラッキーなことに今日はその看護婦さんの出勤日だった。
それですぐに来いの意味が分かったのだ。

先生の診察はその看護婦さんに抜くように指示してオシマイ。
そして、ほどなくレントゲンにも映らなかった糸より細い棘を抜いてくれた。

抜けた棘は何と8㎜もあって、看護婦さんもビックリ\(◎o◎)/!、
「先生、こんな大きなのが抜けましたァ」
叫びながらと見せていた。

      ☆

スキャン_20190809 (3)
「凍」は“とう”と読む。
久しぶりに読んだ沢木耕太郎のンンフィクション。
19.8.9 Youtube山野井泰史ドキュメント (20)
Youtubeで山野井泰史のドキュメンタリー番組も数本(2時間ほど)見た。

★本「凍」沢木耕太郎

世界一のクライマーと言われた山野井泰史(夫妻)の
ヒマラヤ・ギャチュンカン登攀のドキュメンタリーノンフィクション。

世界中のクライマーばかりでなく
様々な多くの人々に生きる勇気や力を与えたに違いない。

      *

Youtubeで山野井泰史のドキュメンタリー番組も2時間ほど見たが、
映像では伝わってこないすごさ(厳しさ)がこの本から読み取れる。

      ☆

19.8.6.-8 立山三山 (372)
黒部湖から見た立山連峰。
19.8.6.-8 立山三山 (180)
高度感あり、3000m(近く)から黒部湖を眺める。
19.8.6.-8 立山三山 (122)
遠く槍ヶ岳の頂も・・・・・・。
19.8.6.-8 立山三山 (249)
霧の間に剣岳の頂を覗く。
19.8.6.-8 立山三山 (207)
山行中、雷鳥に遭遇したのは3回。
19.8.6.-8 立山三山 (268)
剣御前小屋から剣岳登山に向かう大学山岳部員たち。
ザックの重さは50㎏(僕のザックは8・2㎏ほど)。
(我々は)ここから雷鳥沢に向け下山開始、直後から雨となった。
19.8.6.-8 立山三山 (358)
帰路、黒部湖の遊覧船に乗る。
地ビールを飲みながらの遊覧はGoo!

★20年ぶり?にやっと実現(6-8 日)

おいらく山岳会夏山山行(のひとつ)に参加。
立山三山へ行ってきた。

浄土山2831m、
雄山3003m、
別山2874mの三山だ。
途中最高地点の大汝山3015mがある。

お天気はまずまずだったけれど
晴れ間の中にガス(霧)が出たり出なかったり。

そして別山からの下山中についに雨に。
それも大雨となりびしょ濡れ状態での宿泊所(雷鳥沢ヒュッテ)に。

      *

僕が最初に室堂平に立ち
立山連峰を仰ぎ見てその美しさとスケールの大きさに感動した事は
今でもはっきりと覚えている。

その時、尾根に点々と立つ山小屋を見て、
いつか自分にも登る機会が来るだろうかと思ったものだ。

以来20年近くなる。
それが実現して感慨ひとしおだ。

Index of all entries

Home > 2019年08月09日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top