FC2ブログ

Home > 2019年08月22日

2019年08月22日 Archive

セミのメスは鳴かない。映画(Youtube)鑑賞が止まらない

  • Posted by: ゴロー
  • 2019-08-22 Thu 21:04:00
  • 映画
19.8.19 絵の教室、映画」にあんちゃん、日本の泥棒 (102)
セミの抜け殻を掴み取ろうとしても葉からなかなか離れない。
先生はその(爪の)強さを語ってくれた。

★求愛行動

昨日はセミの大合唱の中を歩いた。

ちょうど一緒に歩いた山行仲間に昆虫に詳しい先生がいて、
歩きながらセミについてのオモシロ話をいろいろと聞かせてくれた。

      *

セミのメスは鳴かないそうだ。
オスが鳴くのは求愛行動で、
メスは気に入った鳴き声のオスを選ぶそうだ。

人間には同じ鳴き声に聞こえるけどセミにしか分からない微妙な違いがあるのだ。
数種類のセミが同時に鳴いているのだが、
アブラゼミが多いのだとか。

先生は子供の頃、
セミは生きたまま羽と足をむしって食べていたそうだ。
毒がない限り昆虫は何でも食べれるからと・・・・・・。

      ☆

★映画(Youtube)鑑賞が止まらない

いい映画が多いから・・・・・・が理由だ。
1930~1960年代の映画に
僕はどこか心打たれるのだ。

Youtube(映画)は無料で見られるし、
TUTAYA(ツタヤ)に行くこともない。

居ながら、キャンバスを前に筆を手にながら鑑賞だってできる。
ありがたいことなのだ。

18.8.22 映画 残菊物語ほか (5)
✩剣「首斬り浅右衛門」=監督 岡本愛彦 1967年。
これはテレビドラマだったみたい。
浅右衛門を三国連太郎が罪人は小川真由美が演じている。
      *
18.8.22 映画 残菊物語ほか (17)
✩「静かなる決闘」=黒澤明監督 1949年。
黒澤監督+三船敏郎第2作目。
赤ひげみたいな正義感と純情すぎる医師の三船敏郎。
黒澤監督全30作品の第7作目。
この年のキネマ旬報8位。
      *
18.8.22 映画 残菊物語ほか (21)
✩「残菊物語」=溝口健二監督 1939年。
2代目尾上菊五郎を襲名する前の悲恋物語。
この年のキネマ旬報2位。
      *
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (24)
✩「獣の館」=大曾根辰夫監督 1951年。
鶴田浩二が悪役(獣)のやくざ。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (49)
✩「黄色いカラス」=五所平之助監督 1957年。
教育映画のような・・・・・・。
19.8.20 夕顔煮、映画3本 (63)
✩「清作の妻」=増村保造監督 1965年。
若尾文子の演技に魅入る。

Index of all entries

Home > 2019年08月22日

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top