FC2ブログ

Home > 2020年01月

2020年01月 Archive

山行申し込み。樹木葬募集中の七ツ森・・・・・・2000年(あの日の記憶)。映画「陽はまた昇る」「ひばり姫 初夢道中」

★大丈夫だろうか

久々の山行申し込み。
昨年暮れの入院手術、やっと動き始めたら脚の肉離れ。

2週間後にCクラスの山行を申し込んだが、
2ヵ月近くも運動不足で大丈夫だろうか。

      ☆

スキャンr1 (2)
七ツ森。
スキャン_20200131 (2)
七ツ森湖畔公園。

★もし、遭難していたら

Facebookの広告に懐かしい七ツ森が出てくる。
ただ、樹木葬募集の広告だ。
それでも、七ツ森の記憶が甦って懐かしい。

仙台に転勤中の僕はまだ50代前半。
一日でこの7つの峰を縦走しようと思ったのだ。

七ツ森は低山が七つ並んでいる。
遂倉(とがくら)山307m
鎌倉(かまくら)山313m
蜂倉(はちくら)山289m
撫倉(なでくら)山359m
松倉(まつくら)山291m
大倉(おおくら)山327m
笹倉(ささくら)山506m

笹倉山は少し離れているので車で移送しなくてはならない。
レンタカーを借りでまずとりついたのはその笹倉山。

      *

どの山も一旦下山してから、
次の峰も登り始めるので低山であってもトータルの高度差は2000mを超える。
けっこう急登もあった気がする。

元気にまかせて少し甘く考えていたようだ。
携帯した飲料水が500mlたった一本。

午後1時半頃までに6つ目の頂に立ったところでダウンしてしまった。
飲料水が切れたのだ。。

もう喉がカラカラ、これ以上は危険と判断して下山した。
最後の七つ目の峰を目の前にして・・・・・・。

歩行8時間半。
もし遭難していたらそのまま樹木葬。

      ☆

★映画2本
20.1.31 映画陽はまた昇る (18)
・「陽はまた昇る」佐々部清監督2002年。
ビクターがVHSを開発までの企業もの。
事業部長が西田敏行、
松下幸之助の役を仲代達矢。
劇的シーンは一事業部長が松下幸之助に直訴するところか。
      *
20.1.31 映画陽はまた昇る (8)
・「ひばり姫 初夢道中」大曾根辰夫7監督1952年。
ひばり15歳。
お姫さまから庶民に変身したり歌ったり、
ひばりにピッタシの映画なのかも。
高田浩吉が共演。

うまいねェ、面白いねェ、笑っちゃうねェ・・・・・・映画「新サラリーマン専科」。「破れ太鼓」「事件」「天城越え」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-30 Thu 20:20:17
  • 映画
1 20.1.27  映画新サラリーマン専科ほか (25)
ゲスト出演の森繁久彌の存在感が大きい。

✮映画「新サラリーマン専科」朝原雄三監督1997年。

主役が三宅裕司のいたってまじめなサラリーマンのある話。
上司の不正を暴くのだ。
ゲスト出演の森繁久彌の存在感の方が大きい。

コメディ分野の作品らしいのだがその部分はもっぱら森繁久彌。
彼の話はいつもズレて下ネタにいってしまう。

まじめな家族会議でもズレてしまう。
うまいねェ、面白いねェ、笑っちゃうねェ。

      *

いま読んでいる最中の「今さらながら大遺言書」は
森繁久彌の語りを久世光彦(てるひこ)が文章にまとめた物。

久世はつい下ネタへ行く森繁久彌をおかしく楽しく読ませる。
映画「新サラリーマン専科」を見て
森繁久彌は日常そのまんまを演じていたのを知った。
      *
2 20.1.27  映画新サラリーマン専科ほか (7)
・「破れ太鼓」=木下恵介監督1949年。
少しコメディっぽさもあって楽しい映画。
破れ太鼓とは映画の中の頑固おやじのこと。
この年のキネマ旬報4位。
      *
3 20.1.27  映画新サラリーマン専科ほか (27)
・「事件」=野村芳太郎監督1978年。
映画は2度目の鑑賞。
大岡昇平の原作も読んだ記憶がある。
この年のキネマ旬報4位。
      *
4 20.1.27  映画新サラリーマン専科ほか (34)
・「天城越え」三村晴彦監督1983年。
この映画も田中裕子の演技が見たくてずいぶん昔に見ている。
やっぱり名演技だった。
この年のキネマ旬報8位。

嘉治郎、留吉、宇右衛門・・・・・・ほか撮り溜めショット⑨。映画「陸軍」「三匹の侍」「十五才 学校Ⅳ」「秋刀魚の味」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-29 Wed 21:26:49
  • その他
★子供用じゃん

薬局からマスクが消えているとのニュースが流れ、
僕も遅れじとスーパーへ行った。

な~んだ、まだあるじゃんと、
2箱を籠に入れ入れた。

家に帰って見れば、
な~んだ2箱とも子供用じゃん。

      *

再度、スーパーへ。
棚に並んで(残って)いるのは全部子供用ばかり。

      ☆

★撮り溜めショット⑨
1 19.1.4 成田山・我孫子文学の道 (43)
その①=嘉治郎、留吉、宇右衛門・・・・・・辰五郎、平吉。
2 19.1.4 成田山・我孫子文学の道 (78)
その②=わたしはカモメ。
3 19.10.2 合併公園、茹で栗 (3)
その③=誰もいない公園が好き。
4 19.10.8 スケッチハイク木場公園・清澄庭園 (73)
その④=姿はカメムシだけど・・・・・・違ったらゴメンナサイ。
5 19.10.10 ママチャリング (6)
その➄=これはカマキリ。
6 19.10.24 日和田山→五常の滝一人ハイク (201)
その➅=西武線駅前のやぎの家。
ネットで“武蔵横手駅前のヤギ”で検索すると詳しく分かる。
7 19.11.3 冒険の森、伊佐沼 (28)
その➆=捨てられた訳じゃないみたいだけど、
かなり目だないところに見つけたアヒルの親子。
8 19.11.15-16 磐梯熱海旅行4人組 (121)
その➇=これぞ丸山。
9 ブログ休止中⑱ 19.12.27 巨大焼き芋。映画「ゆれる」 (4)
その➈=巨大な焼き芋。

      ☆

★映画3本
10 DSCF2675 (2)
・「陸軍」=木下恵介監督1944年。
国策映画らしい台詞がポンポン出てくるが、
それがかえって皮肉っぽい(脚本家の意図?)。
最後、田中絹代が出征する息子を追うシーン(演技)は必見。
      *
11 DSCF2723 (2)
・「三匹の侍」=五社英雄監督1964年。
丹波哲郎、平幹次朗、長門勇。
懐かしい3人の顔ぶれ。
      *
12 DSCF2742 (2)
・「十五才 学校Ⅳ」=山田洋次監督2000年。
僕が54年前、登山口から2時間ほど登って断念した屋久島(縄文杉)が舞台。
その時の記憶はすでに薄れているのだが、トロッコ道だけは覚えている。
この年のキネマ旬報4位。
      *
20.1.29 映画 学校ほか (25)
・「秋刀魚の味」小津安二郎1962年。
3回目の鑑賞。
小津作品の(代表)作品はどれも似ていているような・・・・・・・。
それでいて見るたびにいい映画だと思うのだ。
この年のキネマ旬報8位。

リベンジ?金目ダイの煮つけ。本「成瀬巳喜男の世界へ」。絵の修正。映画「歓呼の町」「お嬢さんに乾杯」

1 20.1.28 夕食、映画歓呼の町ほか (39)
多分、旅先で食べた煮つけよりは・・・・・かも。

★スーパーでの購入価格は980円

リベンジという分けではないが、
以前、旅先の宿で食べた2000円もした金目ダイの味がイマイチ。

今日スーパーの魚売り場に並んでいた金目ダイを見て、
僕も煮てみることにした。

味は?
多分、旅先で食べた煮つけよりは・・・・・かも。

なお、スーパーでの購入価格は980円。

      ☆

6 スキャン_20200128 (3)

★本「成瀬巳喜男の世界へ」蓮實重彦・山根貞男編

全部を読み切れずに半分ほどで図書館に返した。
でも、成瀬監督の映画の素晴らしさを十分に知ることが出来た。

      ☆

1 20.1.28 夕食、映画歓呼の町ほか (11)
下記4ヶ所を修正。
3 20200127211058aa4[1] (3)
修正前。

★4ヶ所を修正

昨日掲載した人物のパステル画を修正した。
上が修正後、下が昨日の修正前。

➀ネックレスの黒をブルーにした。
➁イヤリングの金をブルーにし、ネックレスと揃えた。
➂上半身を用紙いっぱいまで描き足し、バストのあたりに膨らみを持たせた。
➃胸の肌を滑らかにした。

      ☆

4 20.1.28 夕食、映画歓呼の町ほか (19)
歓呼(かんこ)の町は国策映画だけど・・・・・・。

★映画「歓呼の町」木下恵介監督1944年。

1943、1944、1945年と戦争にためキネマ旬報はベストテンを選んでいない。
国策映画を何本か見たけれど秀作がほとんど。

この映画も国策映画として制作されたのだろうが、
戦意高揚感じさせるものはない・・・・・・みたい。

風呂屋の頑固親父がいいねェ。

     *

5 20.1.28 夕食、映画歓呼の町ほか (3)
恋の行方が最後のシーンまで分からない。

★映画「お嬢さんに乾杯」木下恵介監督1949年

脚本が新藤兼人。
佐野周二と原節子の恋が実るのかダメなのか、
行ったり来たりで最後のシーンまで分からないしかけ。
この年のキネマ旬報6位。

2週続きのモデルさん。ひばりの映画2本「東京キッド」「あの丘超えて」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-27 Mon 20:31:42
★ポイントのコスチュームが描けず

絵の教室→民謡の稽古→病院と治療院と忙しい一日。

ラッキーなことに妻がバスで出かけたので車を使うことが出来た。
お陰で移動が多い割にはそれほど疲れずに済んだのだが・・・・・・。

      *

絵の教室は先週と同じモデルさんで、
2週続きの人物デッサン。

先週は顔(上半身)を描いたので、
今回は全身(体)を入れた。

先生がコスチュームを模様入りにしたので、
それをどう描くかが今回のポイントだと言うのだ。

毎度のことだが人物デッサンは難しいのだ。
風景と違ってごまかしが効かず、
デッサンの狂いは直ぐに分かる(分かってしまう)。

      *

前回描いたのをチェックしてもらった。
2、3修正を指摘されたが、
今日掲載したのは修正前の物。

そして今日のブルーの柄入りのコスチュウームの絵は
服の色が汚いと言われ万事休す。

こちらは修正してもう少しましになったら掲載することに。
今日の差し入れおやつはチョコと豆と珍しい紫芋の乾燥芋だった。

DSCF2621 (2)
前回(先々週)のモデルさん。
先生に指摘された箇所の修正前だけど・・・・・・。
20.1.27 絵の教室、美空ひばり映画 (62)
今日はブルーの柄入りコスチューム。
20.1.27 絵の教室、美空ひばり映画 (57)
難し~い・・・・・・"(-""-)"
20.1.27 絵の教室、美空ひばり映画 (69)
おやつの差し入れは珍しい紫芋の乾燥芋。

      ☆

★ひばりの映画2本
東京キッド斎藤寅次郎監督1950年13歳
「東京キッド」斎藤寅次郎監督1950年。
ひばり13歳。
歌も演技もすごいねェ。
あの丘越えて  瑞穂春海監督1951年14歳
「あの丘超えて」瑞穂春海監督1951年。
ひばり14歳。
ネットで調べたらひばりの歌は今でも売れ続けていのだ。
累計200万枚以上、100万万枚以上がゴロゴロある。
映画出演も150本以上、そのほとんどが主演。

埼玉栄高校出身の関取。本「シネマ大吟醸」太田和彦。映画「伊豆の踊子」

20.1.26 本「シネマ大吟醸」 。ひばり映画(28)
栄高校出身の幕内力士が9人もいた時の番付表を見たことがる。

★七福神詣でキャンセル

ふくらはぎの肉離れの回復が遅い。
最も整形外科医からは全治3週間と言われてはいるが。

家(団地)の前の交差点を渡ったところの治療院へ行った。
しっかりテーピングをすれば歩いても大丈夫だと言うのだけれど、
やっぱり4、5時間も歩くのは不安だ。

という分けで明後日予定している山行はやはりキャンセルだ。

      *

治療院の待合室にはたくさんのスポーツ選手のサインが飾ってある。
五輪のメダル選手もいるがとりわけ目を引くのは埼玉栄出身の力士たち。

ネットで調べたら関取は30名(2019年9月)。
幕内が6名で最高位は大関の貴景勝関。

栄高校の近くも同じ経営の治療院があり、
多くの力士たちが通った証なのだ。

埼玉栄高校は我が家から歩いても行ける範囲にある地元の学校。
相撲に限らずスポーツなら何でもござれ、
さらに吹奏学ほか他の文化活動でも日本有数校なのだ。

      ☆

20.1.26 本「シネマ大吟醸」 。ひばり映画(33)
20.1.26 本「シネマ大吟醸」 。ひばり映画(40)
聞いたことのある名画はもちろん、
知らない古い映画もますます見たくなった。

★本「シネマ大吟醸」太田和彦

古い映画にハマっている僕を元気づけてくれる内容。
読めば次々見たい映画が・・・・・・。

著者は古い映画の魅力を何度も述べているが
特にあとがきの赤線で囲った部分に注目。

古い映画をますます見たくなった。

      ☆

20.1.26 本「シネマ大吟醸」 。ひばり映画(19)
美空ひばり17歳。
何冊か読んだ映画批評本によると天才子役と呼ばれたのは美空ひばりと高峰秀子。

★映画「伊豆の踊子」野村芳太郎監督1954年

主演は美空ひばり。
挿入歌も少ないまともな文学映画?

とてもGoo!
ここのところひばり映画を何本か見た。
どれも楽しんで見ることが出来る。

何冊か読んだ映画批評本によると天才子役と呼ばれたのは
美空ひばりと高峰秀子。

常にこの2人、子役ながら本番が一発オーケーだったらしいのだ。

カレン族の結婚式に招待されて(最終回)・・・祝い金の口移し・2007年3月。映画「西鶴一代女」

★ハイライトはサイシンとお祝い金の口移し

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載も
いよいよ最終回、クライマックスを迎えた。
・・・・・・カレン族の結婚式に招待されて(その➄)。

      *

結婚式のお祝いに集まった人は200人ほどだろうか。
美しい正装の集団が下ってきた。
下の方からも村の人たちが村長の家に向かって上がってくる。

結婚前の女の子(処女)は小さい子まですべて白いドレス(?)の正装。
親子代々受け継がれてきている伝統の衣装で、
モチ、買ったりするものではないらしい
(当時までのことで昨今の事は分からない)。

      *

結婚の儀式は大広間で行われた。
次々とお祝いに来る人々。

両手首に糸を巻くサイシンを行い、
お祝いのお金を差し出す。

お金は新婦が口で受け取り、
それを隣の新郎に口移しするのだ。

式のクライマックス。
待つ人も、見ている人も真剣な眼差しで見ている。

僕も順番を待った。
そしてサイシンをしてお祝いのお金を差し出した。

※<結婚式のサイシン>
新郎新婦の頭(手首)を木綿の糸で繋ぐ(巻く)。
今後悪い事からこの2人を守ってくれるように祈りを込めて巻く。
その後は大切に保管(ネットより)。

1 07.3.4.5カレン2 033 (2)
2 07.3.4.5カレン2 034 (2)
美しい正装の集団が下ってきた。
3 07.3.4.5カレン2 047 (2)
お祝いの訪れた人はまずサイシン、新郎新婦の手首に糸を巻く儀式を行う。
4 07.3.4.5カレン2 055 (2)
差し出されたお祝いのお金は新婦が口で受け取る。
5 07.3.4.5カレン2 056 (2)
新婦はそれを口移しに新郎へ。
6 07.3.4.5カレン2 075 (2)
サイシンは何重にもなりどんどん膨れる。
/blog56565656kokonoki/202001251914392fc.jpg" target="_blank">7 07.3.4.5カレン2 078 (3)
集まったお祝い金。
8 07.3.4.5カレン2 053 (2)
銅鑼やチャンチキのような楽器の演奏で祝う。
9 07.3.4.5カレン2 060 (2)
覗き込む子供たち。
10 07.3.4.5カレン2 074 (2)
真剣な眼差し。
11 07.3.4.5カレン2 037 (2)
タイシンを終えた人は別室で食事。
村の若者たち上げて作った(用意した)ご馳走をいただく。
12 07.3.4.5カレン2 062 (2)
外で待つ人々。
15 07.3.4.5カレン2 026 (2)
カレン族のこの村の人たちの正装。
16 7.3.4.5カレン2 038 (2)
式が終わり帰っていく人々。

      ☆

17 20..1.19 映画 西鶴一代女 (7)
田中絹代が一世一代の名演技、ベネチア映画祭監督賞受賞作。

★映画「西鶴一代女」溝口健二監督1952年。

ネット(レビュー)にある評 ↓

※井原西鶴の「好色一代女」を原作に、
男たちに翻ろうされ堕ちていく女の悲劇を描いた溝口健二の最高傑作。
田中絹代が一世一代の名演技を見せる。
ベネチア映画祭監督賞受賞作。

僕も全くその通りだと思った。
この年のキネマ旬報9位。

カレン族の結婚式に招待されて(その④)・・・村をあげてのご馳走作り・2007年3月。映画「恋文」

★潰す豚は7頭、大結婚式に備える

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載
・・・・・・カレン族の結婚式に招待されて(その④)。

      *

結婚式を挙げるのはこの村の村長の娘。
お祝いには豚を潰してふるまう習わしだとか。

普通の結婚式には1頭、
それが今回は7頭も潰すのだと言う。

それは村長の実力を示すものであるらしく
来賓には郡長も来るのだと言う。

1 カレン 106 (2)
朝7時前から豚を潰し始める。
柵(檻)に閉じ込められた豚を数人で木の先を尖らした槍で刺す。
豚が数か所の柵で断末魔の叫びをあげていた。
2 カレン 101 (2)
潰された大きな豚。
2.5 カレン 108 (2)
5 カレン 109 (2)
腹を裂かれて内臓を取り出す。
すべてが料理されて捨てるところはないらしい。
3 カレン 115 (2)
4 カレン 102 (2)
内臓を取り出された豚は肛門から口に棒を通され丸焼きにされる。
6 カレン 114 (2)
9 カレン 131 (2)
腸詰め。
豚は解体され、細かく刻まれていく。
まな板が一斉に叩かれる音が響き渡った。
10 カレン 128 (2)
煮込み。
11 カレン 143 (2)
腸詰めを焼く。
12 枯れん  133 (2)
料理は村の若者総出で行われた。
13 カレン 123 (2)
女性たちは野菜を調理。
14 カレン 132 (2)
残飯を落とすと下では豚がきれいにしてくれる。

      ☆

15 20.1.24 映画恋文 (11)
日本の映画史の中でも貴重な作品だ。

★映画「恋文」田中絹代監督1953年。

田中絹代が日本で初の女性監督になった初めての作品。
日本の映画史の中でも貴重な作品だ。
当時の神田すずらん通りが写る。

公園の弁当おじさん。カレン族の結婚式に招待されて(その③)・・・村人たち・2007年3月。映画5本

ついて
外で食べるご飯(弁当)は旨い。

★僕と同じじゃん

毎週水曜日の夜9時から7ch(テレビ東京)で放映する番組
“家ついて行っていいですか”は大好きな番組。

いきなりテレビカメラが普通の人の家に向かい、
ネホリハホリと聞き、冷蔵庫の中まで覗く。

様々な人間模様が赤裸々に語られ、
人生の生きざま、結果・回答を見せられるような深~い内容なのだ。

      *

昨夜は前日の食べ物の残りを弁当にして
昼間公園で食べるおじさんが出た。

そう・・・・・・このおじさん僕と同じことをしているのだ。
いや、僕がおじさんと同じことをしているということか。

いずれにせよ外で食べるご飯(弁当)は旨い。
僕は今のところたまにだけど・・・・・・。

ただ「団地内の公園でだけはやめてね」
と妻に釘を刺されている。

      ☆

★大イベント前の村人たちの期待と眼差し・・・・・・バンコク記憶遺産・2007年3月

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載
・・・・・・カレン族の結婚式に招待されて(その③)。

1 カレン 203 (2)
日陰の村人。
2 07.3.4.5カレン2 081 (2)
子供たち。
3 カレン 089 (2)
赤ちゃんを背負う娘。
4 カレン 093 (2)
火を囲んで。
5 カレン 120 (2)
村唯一の雑貨屋の娘。
歯ブラシとポッキーを買った。
ポッキーは1本づつのばら売りだったと記憶している。
タバコもばら売りだ。
6 07.3.4.5カレン2 015 (2)
村の男性を物色する娘たち。
隣村から来ている男性もいるとか。
合コンの機会でもあるのだ。
7 07.3.4.5カレン2 020 (2)
男性たちがいる作業場から娘たちを見るが中が暗い。
お互いに見初め合あうのだと聞いた。
娘たちや若者たちはこれから始まる料理作りを待っているのだ。
8 カレン 138 (2)
ドラ(銅鑼)をたたきながら村中を回り、結婚式を知らせてきた。
9 07.3.4.5カレン2 018
ドラと太鼓で賑やかに楽し気に歌っていた。
10 07.3.4.5カレン2 019 (2)
村人 Ⅰ
11 カレン 179 (2)
村人 Ⅱ
12 カレン 172 (2)
村人 Ⅲ
13 カレン 155 (2)
村人 Ⅳ
朝からかなり遠くまでドラをたたきながら歩き回っていたようだ。
14 カレン 150 (2)
村人 Ⅴ
料理作りが始まるのを待っている様子。

      ☆

★今日の鑑賞映画5本
右・新しき土 左・伊豆の踊子 (1)
右は「新しき土」、 左は「伊豆の踊子」。
片方がサイレント(無声映画)なら 同時に2本を見ることができる。
     *
・「新しき村」伊丹万作・アーノルド・ファンク共同監督1937年。
美しい日本の風景や、文化をふんだんに取り入れたスケールの大きな作品。
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/movie-1634.html
↑(東京都写真美術館)に詳しく掲載されている。
17歳の原節子が初めての主役を演じている。
・「恋の花咲く 伊豆の踊子」五所平之助1933年。
川端康成の原作に忠実でないが(それだけに)面白いとの評あり。
右・新しき土 左・伊豆の踊子 (2)
・「新女性問答」佐々木康監督1939年。
30歳の若さで夭逝した桑野通子が主演。
芸者の姉の援助で弁護士になるが姉には悲劇が・・・・・・。
桑野通子は誤って姉を殺してしまった親友の弁護をする。
肖像
・「肖像」小津安二郎監督1948年。
肖像画を描いている画家とある男の妾であるモデル。
良人の貞操
・「夫の貞操」山本嘉次郎監督1937年。
最後がカワイソー過ぎる。

肉離れ。カレン族の結婚式に招待されて(その②)・・・・・・朝・昼・夕べの村の光景・2007年3月。映画7本

★エッ、肉離れ?全治三週間(´-ω-`)とは

右足のふくらはぎの痛みが消えない。
1週間前ほどのジョグで痛みが消えないうちに
3日前のジョグでついに痛みで走れなくなった。

単なる筋肉痛ならこんなことはない。
3日もすれば痛みは消えるし、
昔、マラソンを走っていた僕の経験からもこんなことはなかった。

      *

肉離れをしていますね。
出血も見られます。
今日行った整形外科の先生の診断だ。

全治3週間、
山は止めた方がいいね。

今週の土曜日に参加申し込みをしていた山行をキャンセルした。

      ☆

★朝・昼・夕べの村の光景・・・・・・バンコク記憶遺産・2007年3月

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である。

5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載
・・・・・・カレン族の結婚式に招待されて(その②)。


1_20200122195234936.jpg
早朝、お坊さんのお布施周り。
2 カレン 092 (2)
家々から煙が立つ。
3 カレン 182 (2)
共同水道の水汲み。
4 カレン 202 (2)
軒下は家畜小屋。
5 07.3.4.5カレン2 045 (2)
もうもうと土煙を立てながら村に入ってきた自動車。
6 カレン 084 (2)
村の眺め。
7 カレン 087 (2)
家を新築中。
8 07.3.4.5カレン2 004 (2)
村内散策 Ⅰ
9 07.3.4.5カレン2 023 (2)
村内散策 Ⅱ
10 07.3.4.5カレン2 040 (2)
村内散策 Ⅲ
11 07.3.4.5カレン2 084 (2)
遊ぶ子等。
12 カレン 161 (2)
村内散策 Ⅳ
13 カレン 175 (2)
国道から山に入ると舗装された道路はない。
14 カレン 199 (2)
家が高床式。

      ☆

★この2日で鑑賞した映画7本
鞍馬天狗角兵衛獅子 (2)
・「鞍馬天狗 角兵衛獅子」大曾根辰夫監督1951年。
美空ひばり14歳、鞍馬天狗はモチ、嵐寛寿郎。
ユメ十夜 (2)
・「ユメ十夜」」市川崑監督2007年。
監督11人によるオムニバス十話。
前衛的?半分くらい筋、意味の分からない内容。
でも何となく見てしまう(しまった)。
下町の太陽
・「下町の太陽」山田洋二監督1963年。
この時代ツイストが流行っていた。
57年前の爽やかな倍賞千恵子の爽やかな物語と歌。
花咲く港 (2)
・「花咲く港」木下恵介監督1943年。
詐欺にならない詐欺師の話。
木下監督の珍しいコメディ。
日本の首領 (2)
・「日本の首領 完結編」中島貞夫監督1978年。
最後に転がり込むように首領の座を射止める三船敏郎。
悲しき口笛 (2)
・「悲しき口笛」家城巳代治監督1949年。
天才子役と言われた美空ひば12歳の時の作品。
陽気な渡り鳥 (2)
・「陽気な渡り鳥」佐々木康監督1952年。
美空ひばり15歳。
今日3本もひばり作品を見てしまった。
理屈抜きに楽しめる。
戦後の貧しさがまだまだ続いていた頃、
多くの人の心を癒し、元気づけたであろうことが分かる。

カレン族の結婚式に招待されて(その①)・・・・・・2007年3月

※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は2007~2009年にわたって
タイのバンコクに滞在していた時の記憶である
・・・・・・5回に分けてカレン族の結婚式のレポートを掲載。

★カレン族の村へ

結婚式に招待されたのは当時バンコクで僕が勤めていた会社の社長と2人。
タイのカレン族は(タイ)北部と西部にかけて居住する山岳民族だ。

招待されたのはバンコクの数百㎞北西に向かった村だ。
かつては黄金の三角地帯と言われた麻薬の生産地から近い。

社長でもあった(昨年故人)友人は40年も前にこれらの村々を訪れ
当時はクンサーと呼ばれていた麻薬の元締めたち数十人とも知り合った。

当時は飛行機でチェンマイまで行き、
そこから車で行けるところまで行って、
さらに象で8時間もかかる場所だったと言う。

ある村ではクンサーが土産にアヘンの塊を持って行けと渡すのだそうだ。
むろん彼は固く断った。

そんな話を聞きながら車で10時間ほどかかっただろうか。
国道から山道に入りさらに1時間。

翌日の結婚式に備え
あわただしく人々が動き回っている村に到着したのだ。

3 カレン 002 (2)
峠にある山岳民族のための売店。
食品、生活用品、土産などのほかメインは山の中で採取する貴重なラン(蘭)。
山岳民族しか採取を許されていないと聞いた(当時)。
彼らの貴重な現金収入であり、この売店も山岳民族のものだ。
4 カレン 019 (2)
次の峠にはミャンマーからの避難民村があった。
国境から100㎞もある山中に隔離されすでに10年近く(当時)。
5万人ほどが住んでいるとのこと。
5 カレン 025 (2)
山に向かい村に入る前の街の一番大きなスーパー。
ここで村の子供たちに配る土産のお菓子などを買い込んだ、
6 カレン 027 (2)
商店街。
7 カレン 033 (2)
国境の川。
対岸がミャンマーである。
お金さえ払えばここから密入出国することが出来たとか(当時)。
8 カレン 034 (2)
国境の村。
9 カレン 036 (2)
大きな家は役場も兼ねているらしいかった。
10 カレン 038 (2)
村の雑貨屋。
11 カレン 045
山の途中で山焼き。
12 カレン 049 (2)
村長と明日結婚式を挙げる娘さん。
13 カレン 050 (2)
村長さんの家族。
左の2人の少女が着ている衣装は処女しか着ることが出来ない。
結婚前の女性の証なのだ。
村の未婚の女性は小さい子供もこの服を着る(当時)。
15 カレン 059 (2)
お祝いに地酒をふるまわれた。
つまみは味のない白い豆。
16 カレン 062 (2)
台所で夕食を食べる3人。
17 カレン 066 (2)
就寝前、裁縫は嫁入りに使うもの?
僕らはこの家の居間に数人の親戚の人たちと一緒にごろ寝。

2ヵ月と9日ぶりに絵の教室に出た。右足ふくらはぎの痛みが治らない

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-20 Mon 20:44:32
★情けない2連発・・・・・・まッいいか。

おいらくの山行と重なっていたり、
僕の入院などで休んでいた絵の教室に
2ヵ月と9日ぶりに出た。

今日のモチーフは人物。
外国の女性で色白の美しい人だ。

見たままに美しく描けないのが情けない。
まっいいか。

      *

昨日のジョギングで痛めた右足のふくらはぎが治らない。
よほど筋肉が弱っていたのか。
わずか1時間のゆっくりジョグでこのありさまは情けない。

明日、一人低山で4時間歩きを試し、
土曜日にC山行に参加の申し込みをしているだけれど
ちょっと無理かもしれないなァ。
まっいいか。

20.1.20 絵の教室 (30)
モデルさんは美しい色白の外国女性。
顔をお見せ出来ないのが残念なのだ。
20.1.20 絵の教室 (43)
生徒の何人かがおやつを差し入れてくれる。
今日は芋の砂糖菓子と羽二重餅だ。
11時を過ぎるとおなかも減ってくるので、
みな喜んで“ありがとう”。

災害アートは超芸術?歩きより遅いジョグ。映画「大曾根家の朝」

20.1.19 ジョグ丸山公園北河川ほか (19)
災害アートは超芸術?

★災害アートは成り立つか?

※トマソン的風景=故赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。
不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物(中略)。
その中には、かつては役に立っていたものもあるし、
そもそも作った意図が分からないものもある。
超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)はなく、
ただ鑑賞する者だけが存在する(ウキペディア)。

ひところ現代アートにゴミを材料にした彫刻や絵画の作品があった。
昨今はどうだかわからないが・・・・・・・。

東日本大震災や昨年の大雨による被害で大量のごみが出た。
山積みとなったゴミをアートだと言ったら、
被害を被った人々は怒るだろう。

災害はアートではない。
ゆえに超芸術?なのだ。

      ☆

20.1.19 ジョグ丸山公園北河川ほか (21)
ビオトープの木道はやっぱり通行禁止に。
昨年の大雨で相当痛めつけられた様子。

★歩きより遅いスロー走り

上尾市の丸山公園へ車を置いて、
荒川の河川敷内をジョギング。

ビオトープの三又池付近までひと回り。
2時間ほどかかったがうち30分は歩き。
1時間ほどが超スロー走り。

右足のふくらはぎが強烈に痛みジョグ不可。
トボトボと歩く。

その歩きより遅いスロー走りでやっと車まで戻った。
土曜日に参加申し込みしているC山行までに治るか?

20.1.19 ジョグ丸山公園北河川ほか (28)
20.1.19 ジョグ丸山公園北河川ほか (36)
家の陰で見えなかったミニ富士発見。
僕も痛い右足を引きずるようにして登山、
神社にお参りをした。

      ☆

DSCF2233 (2)
この年のキネマ旬報1位。

★映画「大曾根家の朝」木下恵介監督1946年

戦争中、木下監督が思い続けていた反戦映画?
監督の無念の思いを一気に爆発させたような・・・・・・?
この年のキネマ旬報1位。



撮ったはずなのに・・・・・・デジカメの珍事?。映画「二十四の瞳」

★と言っても・・・・・・

勤務時代の気の置けない同僚(と言っても先輩で僕が一番年下)6人で
すっかり恒例になった新橋での飲み会。

と言っても飲み会というほどは飲んでないし食べてもいない。
なにしろ2時間お喋りに興じて6人合計で9200円の勘定。

午後1時に暖簾を出すとすぐに満席。
安くてつまみもまずまずで人気なのだ。

      *

カラオケに移動して2.5時間。
唄いまくり・・・・・・・と言っても、
1人3、4曲も唄えばもう声もかすれてクタクタ。

      *

ところで僕は大失敗。
撮った写真が一枚も写っていない。

デジカメ持って以来、初めての珍事?
と言う分けで今日はレポート写真がありません。

      ☆

20.1.18 映画二十四の瞳 (16)
戦争場面のない反戦映画と主演の高峰秀子が著書で述べていた。

★映画「二十四の瞳」木下恵介監督1954年

どこのシーンも美しく郷愁を誘う。
何度見ても涙なく見ることができない。

日本の歴代映画作品の中でも出色の出来で、
今でもファンは多いと思われる・・・・・・僕もだけど。


制限時間いっぱい間に合った。映画「四谷怪談」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-17 Fri 21:27:29
  • その他
★あっさりと・・・・・・素早く

呼び出しに炎鵬が呼ばれたとたん
「×××(ゴロー)さん診察室にお入りください」と呼ばれた。

5時ちょい過ぎに常飲薬を貰いに行きつけの診療所へ行った。
待合室でテレビの相撲を見ていた時のことだ。

やっぱりいいところで呼ばれてしまったとあきらめたのに、
診察が終わって待合室に戻ると、
炎鵬が最後の仕切りを取るところ。

      *

せっかく立ち合いに間に合ったのに炎鵬はあっさり負けてしまった。
それにしても診療所の先生の診察もあっさりと素早かったなァ。

1 20.1.17 映画四谷怪談、大宮診療所 (37)
立ち合いに間に合った炎鵬の取り組み。
2 20.1.17 映画四谷怪談、大宮診療所 (44)
会計のカウンターに置かれていた葉っぱで作ったバッタ。

       ☆

18 20.1.17 映画四谷怪談、大宮診療所 (29)
炎の中にお岩が立つ最後のシーンが美しい。

★映画「新釈 四谷怪談」木下恵介監督1949年

新釈とあるだけにずい分イメージが違った。
お岩よりも伊右衛門のほうが怖い。

金と女が絡む詐欺事件みたいな・・・・・・。
充分見ごたえのある新釈四谷怪談だった。

柘榴(ザクロ)の思い出。本「成瀬巳喜男と映画の中の女優たち」。映画「人間の条件6部」「男はつらいよ」10作目。

20.1.16 柘榴、人間の条件6部、寅さん (31)
今日、スーパーイオンのワゴン販売で買った柘榴。
17.1026-11-4 トルコ  カメラ② (310) - コピー
2017 年11月旅行中トルコの市場で買った柘榴(日本円で一つ50円)。
直径が10cmほどもある大きさ。
ホテルで頬張って食べたら口の周りどころか鼻から顎まで真っ赤になった。
17.10.16 絵の教室モチーフ (30)
2年半前には絵の教室のモチーフに・・・・・・。

★デザートがアメリカ産の柘榴

今日の夕食のメニューは、
中華が天津丼、
洋食がステーキ、
和食が刺身と豆腐。

別にご馳走という分けではない。
材料費は卵とカニカマで260円、
ステーキ用肉が600円、
刺身(アラ中落)と豆腐で350円。

モチ、税込み2人分だ。
味は僕の腕前次第という分けだ。

そしてデザートがアメリカ産の柘榴。

      *

デザートの柘榴はワゴンの特価売り100円。
これは僕用、我が家では僕しか食べない。

柘榴と言えば数々の思い出。
写真が見つからなかったが、
タイのバンコクとトルコではで柘榴のジュースを何度か飲んだ。

      ☆

スキャン_20200116 (2)
“名匠の名作を彩った名家たち”のアルバム、大女優たちの写真が素晴らしい。

★本「成瀬巳喜男と映画の中の女優たち」

ますます成瀬監督の映画が面白くなる。
見たあとの作品でもなるほど・・・・・・と。

      ☆

20.1.16 柘榴、人間の条件6部、寅さん (5)
完結編には高峰秀子の名があった。

★映画「人間の条件」第6部完結編  小林正樹監督 1961年

以前にも見たのだけれど、
出演俳優の名は主役の仲代達矢しかおぼえていなかった。

ところが最近読んだ映画の解説本に
完結編には高峰秀子の名があったので再度見た。

      *

20.1.16 柘榴、人間の条件6部、寅さん (25)
寅次郎夢枕は48年前の寅さん。

★映画「男はつらいよ・寅次郎夢枕」第10作目 山田洋次監督1972年

マドンナは八千草薫。

寅次郎夢枕は48年前の作品だけど、
シリーズ最後まで変わらぬ人気と面白さ。

そして寅さんの人気は第1作目から今も変わらない。

列車旅・停車すれば犬だらけ・・・・・・バンコク~チェンマイ・2007年。映画「風前の灯」「女の園」「永遠の人」

★しかしながら・・・・・・

そろそろおいらく山岳会に参加再開をしようかと思って、
今日は夕方からインドアクライミングに行く予定だった。

しかししながらそれをキャンセル。
というのはいまいち体調が万全でなく、
大事を取ってのことだ。

      *

昨年来、古い映画(Youtube、DVD、Hulu)にハマっている。
右手に絵筆を持ちながらの鑑賞だ。

すっかり“ながら男(爺)”になっている。
しかしながらキャンバスに向かう手のほうは進まない。
困ったことだ。

      ☆

★バンコク~チェンマイ列車旅・・・・・・バンコク記憶遺産(2007年)
※"ゴローのバンコク・記憶遺産"は
2007~2009年にわたってタイのバンコクに滞在していた時の記憶である。


2007年1月バンコク。
僕はカメラマン(勤務先の社長)の助手としてチェンマイまでの列車旅に同行した。

距離は600㎞ほどか。
単線区間が多く、トンネルや鉄橋が少ないのが印象的。

当時(2007年)、機関(ディーゼル)車は外国から譲り受けたもの。
日本が寄贈したブルートレインも走っていた。

      *

何よりタイらしいと思ったのは、
(駅に)停車するたびにウロウロいる犬を目にしたことだ。

一匹や2匹でない。
窓から覗くだけでも10匹ほど目に入る。
中にはニワトリも ・・・・・・。

      *

この国の多くの人は生き物を慈しむ敬虔な仏教徒なのだ。

チェンマイ列車の旅 105
出発はバンコク(ファランポン駅)。
1 チェンマイ列車の旅2 037 (2)
窓から見るだけで10匹ぐらい数えられる。
チェンマイ列車の旅2 027
タイでは懐かしい列車旅が楽しめる。
4 チェンマイ列車の旅2 039 (2)
バンコク~チエンマイ間には山坂はほとんどなく
曲がりくねながら走る区間が多い。
5 チェンマイ列車の旅2 5 003 (2)
チェンマイーバンコク。

      ☆

★木下恵介監督、高峰秀子主演女優3本
5 20.1.15 映画風前の灯ほか高峰秀子3本 (32)
映画「風前の灯」木下恵介監督1957年。
木下監督には珍しいコメディ仕立て。
高峰秀子が終始メガネも珍しい(始めて見た)。
      *
6 20.1.15 映画風前の灯ほか高峰秀子3本 (41)
映画「女の園」木下恵介監督1954年。
束縛の厳しい女学校に沸き起こる学園紛争。
      *
7 20.1.15 映画風前の灯ほか高峰秀子3本 (54)
映画「永遠の人」木下恵介監督1961年。
2時間以上の緊張といくぶん暗さのただよう内容が、
最後の数秒でホッとする逆転劇。
この年のキネマ旬報3位。

冬(早春)の花には黄色が多い?本「高峰秀子と十二人の男たち」「私の梅原龍三郎」高峰秀子。映画「仁義なき戦い」「二人で歩いた幾春秋」

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-14 Tue 21:05:02
★ロウバイ、サンシュウ、レンギョウ、フクジュソウ

冬から早春にかけての花に黄色が多い理由を、
ネットで調べたら、
この時期に花粉を運ぶハエとアブが黄色に敏感だからなのだそうだ。

ロウバイ、サンシュウ、レンギョウ、フクジュソウ・・・・・・・・・
マンサクも入るかな?

そー言えば柑橘類のミカン、ゆずなども黄色だけど、
実は花粉と関係ないかァ。

↓ 今朝の散歩から
1 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (3)
ロウバイがいい匂い。
2 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (6)
獅子柚子も黄色だけど・・・・・・実だね。
3 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (7)
短いけれど枯葉を踏む土の道は貴重。

      ☆

4 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (3)
梅原画伯はとてつもなく幸せな人だったんだァ。

★本「私の梅原龍三郎」高峰秀子

処分する予定の中にあった梅原龍三郎画伯とのスナップ写真。
その思い出をつづったエッセイ。

この本を読んで一番感じたことは、
梅原画伯はとてつもなく幸せな人だったんだァ。
      *
5 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (4)
高峰秀子の文化人との交流のほんの一部の人々だ。

★本「高峰秀子と十二人の男たち」

高峰秀子の対談集(鼎談一つ)。
12人の男とは・・・・・・。

谷崎潤一郎、阿部豊、
渡辺一夫、
三島由紀夫、
成瀬巳喜男、
近藤日出造、
松山善三、
林房雄、
森繁久弥、
興津要、
水野晴郎、
長部日出雄。

     ☆

6 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (8)
(僕が)始めて見た(多分)やくざ映画「仁義なき戦い」。

★映画「仁義なき戦い」深作欣二監督1973年

やくざ映画はほとんど見ていない。
仁義なき戦いシリーズも初めて見た。
この年のキネマ旬報2位というのが見た理由。
    
      *

7 20.1.14 映画仁義なき戦い、2人で・・・・、散歩 (9)
夫婦の情愛の大切さを教えられる作品。

★映画「二人で歩いた幾春秋」木下恵介監督1962年

貧しい夫婦がひとり息子を大学卒業させるまでの話。
映画を見終わった僕の感想は以下 ↓
      *
自分(僕)は苦学もせず、
親の苦労も知らずに育ったのだァ
・・・・・・ということを知らされた気持ち。

唄って笑った“呆けない小唄”・・・・・民謡の月例&新年会。本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く

  • Posted by: ゴロー
  • 2020-01-13 Mon 19:44:12
  • 民謡
★スカッとした・・・・・・かな

令和になって初めての月例&新年会。
月例では一人2曲を唄う。

僕は籾摺唄と十勝馬唄を唄った。
練習時間(稽古日)が少なかったので
僕的には比較的唄いやすい曲を選んだつもり。

久しぶりに三味線・尺八の生演奏で
大きな声で唄えてスカッとした・・・・・・かな。

      *

午後からは新年会。
今年も料理上手な会員の方からの差し入れがいっぱい。

茎ワカメは石巻から取り寄せるという極厚太。
煮しめはおせち料理顔負けの旨い。

いや、おせち料理そのものか。
2人の料理人の合作だそうだ。

漬物、酢の物、甘酒は農家の主婦作。
どれもこれも美味しくて、
とうとうお寿司は手つかずで終わった。

というわけで、
民謡の新年会は手作りの持ち寄り料理が楽しみになっているのだ。

      *

もう一つのお楽しみは・・・・・・。
昨年まではカラオケとビンゴ時間だったりしたのだが、
今年は趣向を変えてあみだくじと替え歌合唱。

替え歌は近ごろ各地の老人会なので流行っているらしい
ボケ(認知症)防止の青い山脈とお座敷小唄。

これらを総称して“呆けます小唄”“呆けない小唄”とか呼んでいる。

1 スキャン_20200113 (5)
お座敷小唄の替え歌“呆けない小唄”
2 20.1.13 月例 (45)
3 20.1.13 月例 (54)
1人では食べきれないほどのご馳走。
僕は余った煮物やお菓子、手付けずの寿司は持って帰った。

      ☆

4 スキャン_20200113 (6)
本の題名も山田風太郎にふさわしい。

★本「風々院風々風々居士」山田風太郎に聞く 森あゆみ

いかにも山田風太郎にふさわしいタイトル(本の題名)。
インタビューの内容が明治物(北海道シリーズ)とか人間臨終図鑑。
ずいぶん昔だが読んでいるので
このインタビュー集も興味深く読めた。

昭和の軒に下3寸借り受けは? 漬物、キンピラ・・・・・・。Youtube映画「元禄忠臣蔵」

DSCF1911 (2)
お土産に貰った特大(太)ダイコンと菜の花。

★漬物、キンピラ、煮物

45年来の近所付き合いの家へ夫婦で新年の挨拶に。
・・・・・・・って言うかお喋りに。

今は直線距離で3~4㎞離れたところに住んでいるが、
それでも車で15分とかからない。

そのご主人とは30年前位に一緒に畑をやった。
僕は3年ほどで止めてしまったがご主人はまだ継続中。
それも300㎡。

      *

料理上手な奥さんの作る漬物、キンピラ、煮物などをお茶受けに
お喋りはあっという間に3時間。

お土産に料理のおすそ分けと大きなダイコンを頂いた。

      ☆

★軒・・・・・・昭和の主張

軒下3寸借り受けまして~♯
は演歌“瞼の母”の歌詞の冒頭部分。
これは江戸時代の話。

昭和の軒に下3寸借り受けは? ↓

19.6.14 サイクリング (6)
19.9.24 官の倉山~石尊山 (201)
20.1.2 ママチャリング治水橋巌頂院コース。素晴らしき日曜日 (103)
20.1.2 ママチャリング治水橋巌頂院コース。素晴らしき日曜日 (115)
20.1.9 天覧山・吾妻渓谷(峡) (216)

      ☆

「元禄忠臣蔵」溝口健二監督1941年
討ち入り場面は無くその後の始末に尺がかなり割かれている。

★Youtube映画「元禄忠臣蔵」溝口健二監督1941年

前・後編計3時間40分の大作。
俳優に歌舞伎系が多く
演技も歌舞伎の舞台を見ているような・・・・・・。
討ち入り場面は無くその後の始末に尺がかなり割かれている。
最後に切腹を待つ大石内蔵助の部屋に、
次々と切腹を終えた義士の名があげられる(聞こえてくる)シーンが印象的。



Index of all entries

Home > 2020年01月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top