Home > 体験 > パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

  • Posted by: ゴロー
  • 2013-05-29 Wed 19:00:01
  • 体験
★パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

今日も天気は上々。

カメラ(ハウジング)に慣れていないせいか、
ガラス面が曇るなどのトラブル発生で1人でぶつくさ。

撮影した半分はボケている。

まァ、僕は海中散歩が楽しいのでそれでいいのだ。

1本目=キルビスロック
2本目=コアラ
3本目=ポネテポイント

それぞれのダイブポイントに特徴があるので、
ダイバーは違った景色や魚を楽しむことが出来るのだ。

アニラオはダイブポイントが45ヶ所もあり、
多いことで知られる。
      
3 P1030352
1 P1030356
K氏(僕の師匠)撮影のヒメオニオコゼ(写真上2点)とアカククリの幼魚(下2点)
      *
ヒメオニオコゼ
恐ろしげな顔をしていて、事実背びれに毒があり恐ろしい。
魚のくせに泳ぐのは苦手で、体の右側に見える
鍵爪のような足(?)を使って砂地をにじり歩く。
ダイバーが顔の上から写真を撮ろうとすると
ひれをサッと広げて威嚇してくる。
ヒレの裏側は恐ろしげな顔とは一致せず模様がきれいだ。
威嚇して興奮したときは、何故か尻尾を左右のどちらかに曲げるのがご愛嬌。
2 P1030301
P1020858.jpg
アカククリの幼魚
オレンジ色の縁取りが識別のポイント。
よく似た形のツバメウオ(下)とナンヨウツバメウオ(写真なし)とは、
親子関係はない。
(K氏記)
      *

4 13.5.29アニラオ4日目 (359)
クリスマスツリーワーム。
サンゴの上に花が開いたような、と言うより宝石をちりばめたよう。
近づくと引っ込んで(つぼんで)しまう。
イソンギンジャクだと思ったらゴカイの仲間なのだそうだ。
5 13.5.29アニラオ4日目 (306)
これもゴカイ(カンザシゴカイ)の仲間。
近づくと一瞬で全部が引っ込んでしまう。
6 13.5.29アニラオ4日目 (248)
ミノカサゴ(ネッタイミノカサゴ)。ヒレに猛毒あり。
素手で触れると大変な事になる。
7 5.29アニラオ4日目 (277)
カワテブクロ(ヒトデの仲間)これこそサンタクロースのイメージ?
8 13.5.29アニラオ4日目 (291)
海中散歩の風景。
9 13.5.29アニラオ4日目 (8)
朝6時台。酸素室前にはボンベが並ぶ。これが重いのだ。
10 13.5.28アニラオ夕日 (8)
昨夜の夕日(画像処理済)。イメージ的にはこの通りだ。

★明日、明後日は移動のためブログをお休みします。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1083-bb55a42d
Listed below are links to weblogs that reference
パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 体験 > パシフィコ・アズール・リゾート滞在記・・4日目

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top