Home > 意見・気付き・思いなど > いつの間に?・・・本「ブラックバスがメダカを食う」。目撃者

いつの間に?・・・本「ブラックバスがメダカを食う」。目撃者

新スキャン_0019
メダカが絶滅危惧種になった原因はブラックバスなのか?

★本「ブラックバスがメダカを食う」日本の生態系が危ない!  秋月岩魚

そー言えば、ひと頃ブラックバスの駆除のニュースが連日のように流れたときがあった。
相当に前の事だ。もしかして1970年代から80年頃?

ブラックバスが全国的に増え、
このままでは生態系が崩れるとかで、
漁師が網で獲っていた。

あの映像が河口湖だったか琵琶湖だったか、
はっきりは覚えていないが・・・。

その後はさっぱりニュースで知らされなかったから、
どうなっているのか知らなかった。

ただ、最近メダカが絶滅危惧種に指定された。

その原因がブラックバスのせいかも知れないというのは、
この本を読んで改めて‘あーそうだったのか’と気づかされた

この本が書かれたのが14年前(1999年)だから、
今はさらに生態系の狂いが進んだ?

何しろブラックバスは肉食で何でも食べてしまうらしい。

それに、パソコン画像でブラックバスを見たら、
何と大きいのは5キロとか7キロ、
50センチから70センチもあるというではないか。

そんな鮭をしのぐような大きな魚が
日本のあちこちの湖沼に生息していたなんて、
僕は今日の今日まで知らなかった。

ブラックバス釣りのトーナメントまであるらしいのだ。

すでに全国の河川、湖沼はブラックバスに征服されてしまった?

ワカサギ漁などはどうなっているのだろう。
氷に穴を開けて釣るワカサギ釣り風景といえば諏訪湖や榛名湖が有名だったけど、

この何年かは冬でもワカサギ釣りの映像ニュースは見てないかもね?
霞ヶ浦の帆曳船はいまでも見られるのかしら?

とにかく、気がついたら日本の湖沼河川の生態系はとんでもないことに・・・
なんてなって欲しくないなァ。

    *

ところで、この話ってどこか原発に似ていないか?

ひと頃、原発反対運動というのが連日のようにニュースに流れていた。
やはり1970~80年ころではないか。

いつの間にかそんなニュースは流れなくなった。

そして今回福島の原発事故で日本には50基以上の原発が、
(全国に散らばって)あるのだということを知った。

ほとんどの人が僕と同じように思ったのではないだろうか?
そう、いつの間にかなのだ。

ブラックバスも原発も推進者はどちらも経済優先を謳っている。
すごく似ていると思うのだけど・・・どうだろう?

     *

以前、山梨県の石和温泉に行った時、
温泉街の脇を流れる清流(用水系)にコイが泳いでいた。

「水がきれいなんですね」と隣で見ていた人(地元のお年寄り)に声をかけたら、
「きれいなわけじゃないだよ。コイしか住めないんだよ。
コイより小さな魚なんかはこの水では生きていけないのさ」

コイしか住めない清流の原因は分からないが、
全国の湖沼河川がブラックバス(とコクチバス、ブルーギル)しか住んでいない、
なんてならないようにしてほしい。

     ☆

13.7.5ブログ用新保さんの孫。ちいちゃんの赤ちゃんン (6)
近くの介護施設に救急車が来た。

★目撃者

我が家の近くの介護施設に救急車が来た。
それを、しばらく見ていた人がいた。
モチ、お年寄りだった。

それをしばらく見ていたのが僕だった。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1115-c4320560
Listed below are links to weblogs that reference
いつの間に?・・・本「ブラックバスがメダカを食う」。目撃者 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > いつの間に?・・・本「ブラックバスがメダカを食う」。目撃者

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top