Home > > 孫たちも閑なのだ。本「部族虐殺」・映画DVD「薄化粧」 

孫たちも閑なのだ。本「部族虐殺」・映画DVD「薄化粧」 

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-01-13 Mon 23:48:37
コピー ~ IMG
小学4年の孫娘が遊びで作ったお面。
ママ(次男の嫁)の背中にそっと貼って喜んでいた(らしい)。
孫たちも爺~じ同様閑なのだ。

★今日も1日家の中

やっとこさ風邪がほぼ全快・・・・多分。
明日の朝には家族に全快宣言を出せるか?・・・ってところ。
3回ほどくしゃみはしたけれど・・・。

今日も1日家の中。
といっても夕方TUTAYAへ行ったり、ヤマト便を出しに行ったりはしたが・・。

他の家族はみな出かけてしまい、
日中の4時間ほど僕がひとりで留守番だったのだ。

その間、かかってきた電話は1本。
始まった本下水道工事の日程の打ち合わせを
隣宅としたくらい。

あとは映画DVD鑑賞と本読み。
明後日出発の準備を少々。

15日はバンコク経由で行くだけれでも、
首都封鎖だとかは・・大丈夫なのかなァ?

     ☆

コピー ~ IMG_0001
18年以上も前に書かれたのに予言をしたごとく今日の状況を言い当てている。
14.1.13ブログ用 (17)
暗い内容の映画なのに映像が美しい。

★本「部族虐殺」 映画DVD「薄化粧」 

「部族虐殺」は作家の曽野綾子氏が新潮45に平成8年10月~同11年7月まで連載したエッセイ。
「薄化粧」は1985年公開映画で監督は五社英雄。
どちらも優れ作品でカテゴリをどちらにするか迷ったほど。

「部族虐殺」はエッセイというよりドキュメンタリー・ルポに近い。
鋭い切り込みで核心を突く内容に共感できる。

さらには18年以上も前に書かれたのに、
予言をしたごとく今日の状況を言い当てているところに驚く。

ただし一ヶ所だけ賛同しかねる意見(内容)があったが・・・。
その他は下記ブログの読書感想がいい。
http://www.amanosaizo.com/amen/2013/08/post-736d.html

     *

映画「薄化粧」は原作が西村望。
西村望にはちょっとハマッタ時期がありかなり読んだ。

小説も読み始めたら止らない面白さなのだが、
「薄化粧」は実際にあった事件が元になっているらしく、
緒方拳の迫真の演技が素晴らしい。

緒方拳は故人になってしまわれたが、
今ならたけしがはまり役ではないか?・・などと勝手に想像したりして。

暗い内容の映画なのに映像が美しい。

出演俳優が100パーセント以上の力を発揮している(と僕には思われる)のも、
五社監督のなせるワザなのだろうなァ・・・きっと。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1275-7f404c0a
Listed below are links to weblogs that reference
孫たちも閑なのだ。本「部族虐殺」・映画DVD「薄化粧」  from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 孫たちも閑なのだ。本「部族虐殺」・映画DVD「薄化粧」 

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top