Home > ビエンチャン便り > 出てくるか!来ないか!・・・結果は出てきたァ!。バンコク道路封鎖の場所。乾杯と斉唱に参加

出てくるか!来ないか!・・・結果は出てきたァ!。バンコク道路封鎖の場所。乾杯と斉唱に参加

★出てくるか!来ないか!・・・ノートパソコンをタクシーの中に忘れてしまった

昨日、無事ビエンチャンのアパートに着いた。
早速、部屋の掃除をすませ、てっちゃんネットオフィスに向かった。

何とオフィスに着いてからやっとパソコンがないのに気づいた。
アパート前でタクシーを降りてからすでに3時間を経過している。

とにかく、タクシーを乗ったビエンチャン空港(ワッタイ空港)内のタクシー専用カウンターに行った。
届いていないという。タクシーチケットの半券もこの日はどういうわけかもらっていなかった。
(多分、受付嬢がタクシーの運転手さんに渡していたように思うのだが・・)

明日の朝、もう一度来てみてくれというので、
これから(17日の朝)行ってくる。

出てくればラッキー!
出てこなければ残念!・・・ブログをしばらくお休みするかも。

     *

というわけで、今朝はてっちゃんオフィスのパソコンを借りた
※以上午前9時打ち込み)

     *
     *

※以下、自分のパソコンにて午後4時頃打ち込み
・・・・で、結果は?

パソコンが目出度く出てきたのだ。

今朝、ブログを打ち終えた後すぐに空港へ向かった。

タクシーカウンターにいた人は昨日とは違う。
また、はじめから説明のし直しだ。

と言ったって言葉が分かるわけでもない。
遺失物センターかどこかに電話を掛けてくれるのだが、
ラオス語も英語もちんぷんかんぷんで通じない。

電話の相手がウエイトと言ったことだけは分かったので30ほど待った。
その間、カウンターの人は消えてしまうし・・・。

     *

そうこうしているうちに、
全く突然、
「カバンが見つかった。今、運転手がこっちに向かっている」
と、カウンターの外のおじさんが伝えてくれた。
(じつはこのおじさんもタクシーの運転手だったのだが)

何がどうなっているのか分からないがとにかく出てきたのだ。
「おじさんはチップをはずんで」と言うのでモチ「OK」した。

10分後くらいか、
おじさんは僕の手を引いて空港の外へ連れ出した。

そこへ、昨日の運転手さんがニコニコしながらカバンを持ってきたのだ。
僕はそのおじさんの運転する車(タクシー)でオフィスまで戻った。

     *
     *

まずはホッとした。
面倒から開放されたような気分で今ブログを打っている。

     ☆

0 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (220)
着いたその日にいきなりパーティだ。鍋で煮た豚肉(多分)を食べながら盛り上がっていた。

★乾杯と斉唱に参加・・・隣家の誕生パーティ

昨夜、アパートに帰ると、
隣の家ではパーティの準備中。

誕生パーティらしいのだが、
誰が誕生日なのか僕にはわからなかった。

隣のお姉さん(子持ちの母親)ではないことは確か(聞いた)で、
どうして隣の家でやったのだろう?・・・と、考えてもやっぱり分からなかった。

僕もビールを5本提供、乾杯とハッピーバースディの斉唱に加わらせてもらった。

僕は早めに部屋に帰って寝てしまったのだが、
少なくとも10時過ぎまで大騒ぎは続いていた。

     ☆


14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (80)
アソーク交差点の夜8時。演説の一声ごとにワーッと歓声が上がる。
まるでスター選手がホームランを打った瞬間、ゴールを決めた瞬間のサッカースタンドのようだ。
演説が終るとまたまた大音響でロック音楽。
2 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (159)
ラチャプラソン交差点の朝。
やけに小便臭いと思っていたら、散水車が道路や歩道、バス停を流している(洗っている)。
この交差点の一画は広大な商業施設(伊勢丹を含む)であり、
高架鉄道を挟んだ対面はこれまた広大な警察署だ。
散水車が洗っていると思われるのは警察の塀際にあたる。
3 14.1.15-16道3路封鎖(バンコク) (147)
同じくラチャプラソン交差点。左の建物が商業施設セントラルプラザ。
奥の部分が伊勢丹だ。
4 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (135)
高架鉄道のサイアム駅からラチャプラソン交差点へ向かう高架下の歩道。
通勤時間帯なのに歩いている人が極端に少ない。
5 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (166)
パトゥムワン交差点。朝7時~8時に僕が見た3ヶ所の中ではいちばん人が多かった。
テントの数も多く、この場所で夜を明かした人がそれだけ多いということになる(多分)。

★バンコク道路封鎖の場所

一昨日の夜と昨日の朝(出発前)に道路封鎖を見に行った。
なぜなら、今回の道路封鎖の場所が僕が良く知っている場所だったからなのだ。

新聞記事に出ていたのは5ヶ所。

1、戦勝記念塔(アヌサワリー)=僕が通勤(在タイ中)で毎日乗り降りしていたところ。
バンコク市内交通の要所でバス、ロッテゥ(乗り合いワゴン)が発着場でもある。
 前回、建物が焼き打ち合って大被害をうけたところ。

2、パトゥムワン交差点=角に東急がある。
 BTS(高架電車)の終点スタジアム駅のほぼ下。
 ジム・トンプソンの家(観光施設)も近い。

3、ラチャプラソン交差点=大商業施設やホテルの並ぶ交差点。
 東京で言えば渋谷かなァ。
 スタジアム駅とは一駅しか離れていないが、どちらも大変に賑わう場所である。
 ここの一画をしめる伊勢丹は前回大被害を受けた。

4、アソーク交差点=地下鉄とBTSが交差する。
 大塚製薬の入っているビルが交差点にある。
 ほかにもスポンサー会社がいくつか近くにあって何度も乗り降りした場所。
 大商業施設やホテルなど最近めざましい発展をしている場所。

5、ルンピ二公園=市内最大の公園市街地の中心にある。
 周囲には電通をはじめ、日本企業のオフィスも多い。
 今回行っていないが公園の正面入り口前の交差点が封鎖されたのだろう。
 日本大使館も近い。

・・・で、そのうちの3ヶ所、着いた日の寝る前と昨日出発前の朝に行ってみたのだ。。
 
     ☆

7 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (209)
笑える箇所など全くなかったけれど・・・。

★本「最高に笑える人生」 曽野綾子

真面目な政治評論的エッセイで
笑える箇所など全くない。
どうして本に「最高に笑える人生」とつけたのか?
読みがいのあるいい内容なのに・・・。

      ☆

8 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (26)
「風と共に去りぬ」の最後のシーン。
こんなに激しく強い女性を描いているとは思わなかった。
断然後半のほうがいいと思った。
9 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (32)
「トロイ」。CGが気にならない楽しめる映画。
10 14.1.15-16道路封鎖(バンコク) (60)
「Enough Said」。ほんわかと楽しめる映画。

★映画「風と共に去りぬ」  1939年 アメリカ
   「トロイ」   2004年 アメリカ
   「Enough Said」  2013年 アメリカ  

機内で映画を3本も見てしまった。
・「風邪と共に去りぬ」は前回(機内)で半分しか見られなかったので今回後半を見たのだ。
・「Enough Said」はバツイチのお互いに子持ちの中年男女恋愛コメディ。
・トロイは戦争の場面に迫力あり。



スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1277-f50c3760
Listed below are links to weblogs that reference
出てくるか!来ないか!・・・結果は出てきたァ!。バンコク道路封鎖の場所。乾杯と斉唱に参加 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 出てくるか!来ないか!・・・結果は出てきたァ!。バンコク道路封鎖の場所。乾杯と斉唱に参加

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top