Home > ビエンチャン便り > スン家訪問。生徒の父親死去・・・ご焼香に。

スン家訪問。生徒の父親死去・・・ご焼香に。

1 14.3.6 スン家訪問、チャンティダ家ほか・ブログ用 (61)
スン宅の広い居間。これで半分の広さ。右に寝室が3つ並ぶ。
14.3.6 スン家訪問、チャンティダ家ほか・ブログ用 (63)
日本のNPOから贈られた表彰状。
2 14.3.6 スン家訪問、チャンティダ家ほか・ブログ用 (70)
庭の一画にはプールも。

★スン家訪問

先日、ナイトマーケットのお土産屋の前でご婦人から声をかけられた。
ご婦人××「あなたは日本の方?」
ゴロー××「そうですが、貴女は日本語がずいぶんお上手ですね?」

ご婦人××「日本に住んでいましたから。藤沢市には家もありますよ」
ゴロー××「そーなんですか。ご主人のお仕事で?」
     ・
     ・
     ・
10分ばかりのそんな立ち話の後、
ぜひ家にビールでも飲みにきてください、
きっと主人も楽しみにすると思います・・とお誘いを受けた。

     *

・・・で、今日の午後、ズーズーしくもワインを1本ぶら下げてご婦人の家に行った。

ワッタイ(ビエンチャン)空港近くの国道13号線を100メートルほど入ったところにある家は
庭の半分がサッカー練習場になっているほど広い敷地だ。

ご主人の名前はスンさん。 
ご婦人の名はシスラーさんだ。

スンさんは自分は1975年のラオス建国時、
難民としてタイから日本へ渡ったうちの1人であること。
姫路の難民センターを出たあとは広島の東洋工業系列の会社に勤めたこと。
車の配送業やり沖縄を除く日本全国くまなく行ったこと。
その後、奥さんとアメリカにわたり商売をしたこと。 
ラオスに帰ってからは建設機械のリース業で成功したことなどを話してくれた。

ラオス難民については僕も昨年詳しく調べた経緯があり、
また、東洋工業の広島(本社)は僕も現役時代(スンさんが働いていた頃と重なる)仕事の関係で
4、5回訪れていたなど共通の話題となって盛り上がった。

午後2時から5時まで、
奥さんの手料理とビール、スンさんのお話で楽しく過した。 

      ☆

★エ・ト・セ・ト・ラ
3 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (18)
①ご焼香
生徒の父親が亡くなった。まだ59歳だったという。てっちゃん夫妻とご焼香に行った。
      *
4 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (38)
②凸凹
舗装されていない道路の凸凹(ご焼香の帰り道にて)。
      *
5 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (45)
③屑屋
屑屋は日本では今は廃品回収業(多分)。
沢木耕太郎の著書「人の砂漠」の中に出てくる屑屋さんは、
この写真(デジカメ)のようだと思う。
僕らの小さいころの屑屋さんもこんなだった(ご焼香の帰り道にて)。
      *
6 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (3)
④テレビ撮影?
凱旋門の北噴水前で行われていた撮影風景。
きれいな女優さんが・・・いませんでした
      *
7 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (11)
⑤美しい朝陽は・・・
このところ朝陽が美しい。真っ赤なのだ。
かなり太陽が上るまで赤く美しいのは空気のせい(乾燥した砂埃など)?
写真(デジカメ)は大家さんの玄関ガラス戸に写った朝陽。
      *
8 14.3.6 チャンティダ家ほか・ブログ用 (13)
⑥鳥が旨い
大家さんの息子さんが帰郷帰りのお土産にくれた焼き鳥。
街道筋に出る名物・特産品の焼き鳥で旨い。
まちがいなくブロイラーではない。
     
      ☆

9 CIMG2486
ラーン・サーン王朝の始まりから終わりまでを系図をたどるように書いたもの。

★本「百萬の象物語」 西村晨一郎

副題通りのラーン・サーン王朝の始まりから終わりまでを、
系図をたどるように書いたもの。

おばあさんの語りになっているが、
それが複雑で面倒な内容を読みやすくしているようだ。

僕にはこれらの内容を記憶にとどめることはとてもできない。
概要ぐらいは頭に入ったか・・・・それもどうかなァ?

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1323-eaca869f
Listed below are links to weblogs that reference
スン家訪問。生徒の父親死去・・・ご焼香に。 from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > スン家訪問。生徒の父親死去・・・ご焼香に。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top