Home > 今日のこと > 無事に終ることを祈るばかり・・

無事に終ることを祈るばかり・・

14.6.10病院見舞い (9)
妻の病室の窓から・・・。

★無事に終ることを祈るばかり・・

手術前から、
種々の検査、看護婦さんからの説明、リハビリの練習などで忙しいらしい。

     *

とにかく明日の手術が無事に終ることを祈るばかり・・。

     ☆

IMG.jpg
社宅住まいの妻が主人公。

★本「うすい貝殻」 重兼芳子

社宅住まいの妻が主人公。

社宅という言葉は最近ではあまり聞かれなくなったが、
この本が書かれた頃1980年頃はまだ多かった(多分)。

著者が芥川賞を受賞したあとの作品でウキペディァに紹介されている著書では3番目の作品(↓)。

1、透けた耳朶 1979.8
2、やまあいの煙 1979.9 (芥川賞)
3、うすい貝殻 , 1980

僕には内容の面白さ(強烈な印象)もこの順番だったような・・・・。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1393-ec6c0491
Listed below are links to weblogs that reference
無事に終ることを祈るばかり・・ from ゴローの「ここの記」日記

Home > 今日のこと > 無事に終ることを祈るばかり・・

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top