Home > > 本「信長公記」上。車のスライド式自動ドアが作動しない

本「信長公記」上。車のスライド式自動ドアが作動しない

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-06-28 Sat 23:16:21
I信長MG
戦国時代の残酷さ生々しさがストレートに伝わってくる。

★本「信長公記」上 太田牛一 中川太古訳

信長物はもちろん、
多くの歴史小説の元、あるいは参考文献になっているのではなかろうか。

信長は戦いの明け暮れだった。
“勝つ”は“殺戮”、つまり信長は殺戮の明け暮だった。

戦国時代の残酷さ生々しさがストレートに伝わってくる。
どんな歴史小説でもかなわない。

     ☆

★今日のこと(事件)

①プリンターに紙が詰まる。
 直し方が分からない。僕の能力では分解不可。

②車のスライド式自動ドアが作動しない。
 ・・・・で、車の修理屋へ持っていたら、作動ボタンがオフになっていた。
 ついでに、4日ほど前の事。買ったばかりのテレビが映らなくなった。
 そこで、電器屋にきてもらったら、アンテナのコードが外れていただけだった。

③孫の幼稚園のバザー。
 午前中は送り迎えと駐車番で終った。

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1409-33249c5c
Listed below are links to weblogs that reference
本「信長公記」上。車のスライド式自動ドアが作動しない from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 本「信長公記」上。車のスライド式自動ドアが作動しない

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top