Home > 意見・気付き・思いなど > 我が家近辺の図書館事情

我が家近辺の図書館事情

近くの図書館に行った。
蔵書が5万冊ほどと聞いているから大きな図書館ではない。

それでも、読みたいなァと思う本、ゆっくり見たいなァと思う写真集など、
読み切れないほど、見切れないほどあるのだからありがたい。

       *

書棚にある本を改めてながめていたら、
定年後の生き方のついての本が書棚の数段分を占めていた。

人生訓や幸福な生き方についての本棚のところにはいつも人がいる。

      *

この図書館には勉強のできるような机が(スペース)がないので、
勉強をしている生徒・学生の姿はほとんど見られない。

まァ、早い話がお年寄りの来館者が多いということだ。
当然、僕もそのお年寄りの仲間だ。

      *

我が家から車で30分ほどのところにある北区の図書館は、
蔵書もスペースも3倍ほど大きい(広い)。
種類は限られるが映画(DVD)も用意されていて無料で借りられる。

勉強する(本を読む)ための机もならんでいる。
当然、若い人、学生・生徒らの姿も見られる。

      *
    
北区の図書館へ行く中ほどに西部図書館がある。
こちらの規模はスペースも蔵書数も前の二つ図書館のほぼ中くらいで、
蔵書は約10万冊・・・と聞いている。

ただ、西部図書館には3000本もの映画が用意されていていつでも鑑賞できる。
ただレーザー・ディスクなので貸し出しはしてもらえない。
館内の専用機器で見ることになる。

この西部図書館は幼児用の部屋が別にある。
幼児用の部屋では常に小さな子どもとお母さんの姿が見られる。

      *

どの図書館も係りの人には女性が多く、そのほとんどはパートであろう。
まるで買物のお客さんに接するように親切だ。

昔は図書館の窓口に座っている人といえば、
無口で物静かな人と決まっていた。

僕の住むさいたま市には25の図書館があって、
市の発行する図書館利用カード(登録制)さえ持っていれば、
どの図書館も利用できるし、
どの図書館に返却してもよいことになっている。

一度に15冊(本)まで借りられる(多分)。
とても便利でありがたい。

     *

以上が我が家近辺の最近の図書館事情だ。
今日も2冊の本を借りてきた。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1413-95d9bc4e
Listed below are links to weblogs that reference
我が家近辺の図書館事情 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 意見・気付き・思いなど > 我が家近辺の図書館事情

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top