Home > > 丸の内仲通りの昼下がり。本「孤愁」「火宅の人」「おヨネとコハル」「斗満の河―関寛斎伝」・・・・

丸の内仲通りの昼下がり。本「孤愁」「火宅の人」「おヨネとコハル」「斗満の河―関寛斎伝」・・・・

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-08-18 Mon 21:29:21
1 14.8.18丸の内 歯科CIMG1007 (11)
2 14.8.18丸の内 歯科CIMG1007 (13)
3 14.8.18丸の内 歯科CIMG1007 (15)
緑の下にたたずむ丸の内仲通りの彫刻たち。

★丸の内仲通りの昼下がり

丸ビル内の行きつけの歯医者に行った。
治療後、久しぶりに丸の内仲通りを有楽町まで歩いた。

ベンチではOLがお弁当を食べてたり、おじさんが昼寝をしていたり・・・。
東京ミレナリオ(年末のイルミネーション)の通りとは思えないノンビリとした昼下がりだ。

ところどころに彫刻が置かれている。
街路樹の緑も深く、歩くだけで心が癒される。
それもゆっくりとだ。

         ☆

★ブログ休み中の出来事②・・・・・・本 ※日時不順

20 弧愁img021
★本「孤愁-サウダーデ」新田次郎・藤原正彦
1冊の本で3つの感動
①新田次郎と受け継いだ次男の藤原正彦との共同執筆。
途中まで書いたところで新田次郎の絶筆となってしまい、
後を氏の次男である藤原正彦氏が書き継いで完成させたということに感動した。
親子では世界的にも珍しいとのこと。
②日本を愛したモラエスの生き方と愛
地位、名誉、富も捨ててまで日本の国を愛し、
おヨネ、コハルの2人の女性を愛したモラエスの真摯な生き様に感動。
モラエスは1913年2人の生まれ故郷である徳島に移住。
③(文学)小説としても面白く一気読み
ノンフィクションに近い?一気読み。
      *
21 おヨネとコハルimg025
★本「おヨネとコハル」モラエス著・岡村多希子訳
上記の「孤愁-サウダーデ」と併せて読んだ。
      *
22 斗満の河img024
★本「斗満の河―関寛斎伝」乾浩
北海道の陸別は平均気温が日本一低い町として知られる。
その陸別に明治34年(1901年)、73歳の関寛斎が開拓のために入植する。
すでに医師として大成していた彼が全財産を投げ打ち未開の地へ・・・。
彼の波乱万丈の生き方は感動的である。
僕が関寛斎を知ったのは17年前(1997年)のこと。
廃線(2006年)前のふるさと銀河線に乗って陸別を訪れた時だ。
駅舎の建物の一部がホテルになっていて、その建物の地下に関寛斎資料館が併設されていた。

↓関寛斎資料館
http://yosutebito.com/sekikansai01.htm
↓徳富蘆花「みみずのたわごと」=親交のあった徳富蘆花が著した関寛斎のこと(青空文庫より)
http://www.saiki.tv/~miro45/mimizunotawagoto.index.html

※「弧愁」新田次郎・藤原正彦著のモラエスも「斗満の河」の関寛斎もどちらも徳島に住んだ。
もしや同じ歳月を過した時期があるのではないか?・・・と調べてみたが、
モラエスが徳島入りした前年、関寛斎は北海道で波乱の一生を終えていた。
       *
23 火宅の人 檀一雄img033
★本「火宅の人」 檀一雄
探していた本にやっとブックオフで巡りあえた。しかも108円で購入。
著者の愛人であった恵子こと舞台女優の入江杏子さんとは若い頃飲み屋さんでご一緒したことがある。
彼女が檀一雄と別れてから大分経ってのことだが。
彼女と親しかった朝日新聞のOB記者に誘われ3人で飲んだ。
彼女は目のクリクリとした可愛い女性だった。
        *
24 間違いだらけの時代劇img028
★本「間違いだらけの時代劇」名和弓雄
200ページ余りの文庫本だが、中身は濃い。
        *
25 亡国の日本大使館古森義久img032
★本「亡国の日本大使館」 古森義久
僕は住んだことのあるタイとラオスの大使館(員)の噂しか知らないけど・・・
亡国とまでいくかなァ?
        *
26 AV女優img026
★本「AV女優」永沢光雄
42人のAV女優(1991―96にかけてアダルト・ビデオに出演)のインタビュー集。
42人の人生模様がそれぞれ赤裸々に語られているのがいい。
原稿(内容)がとてもいい(↓)。
http:// nobody515.seesaa.net/article/94495727.html
        *
27 看護婦の世界 別冊宝島編集部編img031
★本「看護婦の世界」天使の仮面を脱ぎすてて  別冊宝島編集部編
今回、入院・手術して分かったことは看護婦さんもいろいろ。
患者にとっては運・不運ありだね。自分では選べないし・・・・・。
        *
28 コワ~い不動産の話宝島編集部編img030
★本「コワ~い不動産の話」宝島編集部編
コワ~いタワーマンションの話の章の話はホント?
高層階購入予定の人は読んでおいたほうがいいかも・・。
        
       ☆

★ブログ休み中の出来事③・・・・・・映画(DVD) ※日時不順

29 映画img027
★映画「STAND BY MEドラえもん」
孫3人を連れて見に行った。
内容はアメリカ映画“Back to the Future”のドラえもん版?
でも、大人が見ても面白い(多分)。
       *
30 14.8.14 番場秀一 監督映画明日への記憶CIMG0884
★映画DVD「明日への記憶」 番場秀一 監督 2013年
若年性アルツハイマー病がテーマ。
       *
31 14.88.5久喜良一さん転院・映画二人の世界CIMG0822 (13)
★映画・テレビ 「二人の世界」 松尾章典監督 1966年
50年近くも前の映画だけど古さを感じないのはナゼ?
       *
32 監督河原真明 豆腐小僧2011年CIMG0892
★映画・DVD 「豆腐小僧」 河原真明 2011
原作が京極夏彦だからか、アニメのキャラがいいからなのか、
美ししくてファンタジックでなかなかで~す。
近頃のアニメ、とくに劇場版は大人が見ても面白く出来ているよなァ。
       *
33 全米プロCIMG0874
★テレビ観戦・・・全米プロゴルフ選手権
手に汗握る試合経過に4時間も見続けてしまった。解説不要の面白さ!
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1431-2fb78d39
Listed below are links to weblogs that reference
丸の内仲通りの昼下がり。本「孤愁」「火宅の人」「おヨネとコハル」「斗満の河―関寛斎伝」・・・・ from ゴローの「ここの記」日記

Home > > 丸の内仲通りの昼下がり。本「孤愁」「火宅の人」「おヨネとコハル」「斗満の河―関寛斎伝」・・・・

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top