FC2ブログ

Home > 映画 > 映画「夢」と「ユメ十夜」。M20号の額縁注文でのこと。

映画「夢」と「ユメ十夜」。M20号の額縁注文でのこと。

  • Posted by: ゴロー
  • 2014-08-23 Sat 23:50:49
  • 映画
1 img038
注文伝票の控え(コピー)。展示サンプルの中では一番廉価の額縁だった。

★M20号の額縁注文でのこと

M号というのはかなり横長のキャンバスだ。
最近の薄型テレビのような横長タイプ。

最も一般的なのがFサイズで、
これは縦横の比率が昔のブラウン管時代のテレビ画面に近い。

FとMサイズの間がPサイズ、
ほかに正方形のSサイズがキャンバスの種類だ。

テレビの画面が横長になったせいで、
最近PやM型の絵が多くなったという説は本当だろうか?
但し50号(Fで1167×910㎜)以下の絵のことだが・・・。

最もFは人物、Pは風景、Mは海景に合うとキャンバスサイズ一覧表に書いてあった。
これもケースバイケースだろう。

僕はいま富士山の風景をM20号のキャンバスに描いている。

      *

絵はまだ描きあがってはいないが、
それに合う額縁を買いに行った。

Mサイズを取り揃えている画材屋(額縁屋)は少ない(多分)。
今日、僕が行った採光舎(画材&美術教室)さんも注文を受けてメーカーに連絡していた。

額縁を使用するのは来年の4月(予定)なので、
我ながらずいぶん気の早い話だ。

作るのに2週間以上かかるというので、
ラオスから帰ってからの12月に取りに行くことにした。

      *

採光舎は浦和で22代目も続く旧家なのだそうだ。
昔の話を聞き出しはじめたら止らない、
僕のネホリハホリ聞き出し攻撃が始まった。

多分、額縁に関する話よりそっちのほうに多く時間を割いたのではないだろうか。

次のお客さんが入ってきた時、応対してくれていた採光舎の奥さん(多分社長か社長夫人)は
ホッとした様子で話を打ち切ったのだった。

       ☆

2 14.8.23 映画「夢」とユメ十夜」CIMG1093 (41)
「夢」=どの画面も美しい。ストーリーが単純で分かりやすい。
何度見ても飽きない・・・これからも(多分)。こんな夢を見た“鴉”から。
3 14.8.23 映画「夢」とユメ十夜」CIMG1093 (34)
「ユメ十夜」=こんな夢を見た「第六夜」運慶から。

★映画DVD 「夢」と「ユメ十夜」

「夢」は黒澤明監督の1990年に作った日米合作作品で8つの夢がある。
「ユメ十夜」は夏目漱石原作の同名小説を11人(七夜は監督が二人)の監督で10話を制作したもの。

二つを並べても何の意味もないが、
共通点はどちらもオムニバス映画作品であること,
どちらも各章“こんな夢を見た”で始まる。

「夢」を見たのは4、5回目だ。
何度見ても美しい映像に感動してしまう。

この映画は反原発の内容だ。
黒澤明は「生きものの記録」1955年制作で放射能の恐ろしさを訴え、
1990年の「夢」で原発事故を予告(予想)し、その結果による人類滅亡を予告している。

民話→自然美→自然の脅威→戦争の悲劇→不吉な予感→原発事故→人類滅亡→ユートピア
と僕は順に「夢」の内容8話のを理解したのだが・・・・どうだろう?

映画は美しく感動的だが中身はすごいことを訴えている作品だと思うのだ。

     *

一方、「ユメ十夜」は僕には理解できなかった。
原作も読んでいないし・・・・。
(夏目漱石の)夢の中の話だから?


スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1436-afeb308d
Listed below are links to weblogs that reference
映画「夢」と「ユメ十夜」。M20号の額縁注文でのこと。 from ゴローの「ここの記」日記

Home > 映画 > 映画「夢」と「ユメ十夜」。M20号の額縁注文でのこと。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top