Home > ビエンチャン便り > 地獄へと向かう木があった・・・・・・植樹祭。動画撮影にハマっている・・・でもすぐに飽きるかもネ

地獄へと向かう木があった・・・・・・植樹祭。動画撮影にハマっている・・・でもすぐに飽きるかもネ

14.9.30 タートルアン・凱旋門 (8)
今日も動画を撮りに炎天下、タートルアン(ラオスの聖地といわれる仏塔)へ行った。

★動画撮影にハマっている・・・でもすぐに飽きるかもネ

旅行から帰ったらネットが不通。
電話回線の工事だそうで先週の金曜日からなのだそうだ。

ADSLを使用しているてっちゃんねっとのWifiが使用不可でブログができない。
ニュースも見ることができない。

・・・・で、ネットなしの生活を何日我慢ができるか試してみようかと思ったのだが、
もう今日は我慢できずにBラインへネットを繋げてもらいに行った。

      *

そんなわけで今日からまたビエンチャン便りです。

      *

突然、動画に凝りだした。

それも偶然だ。
愛用のカシオのデジカメ、たまたま間違えて動画を作動させてしまった。

何気に再生したら、
これはひょっとして面白いかも・・・・・
と思い直して次々と動画を撮り始めたのだ。

ブログに動画が掲載できればしたいほど。
この4日でなんと145カット(シーン)を超えている。

大半15~30秒くらいだが、中には8分を超えたものも1本ある。
カシオのデジカメ、安いばかりでない
機能的にも優れものだと改めて思い知らされた。

まァ、すぐに飽きてしまうかもだけど・・・・。

      ☆

1 14.9.29 沖縄イゲート (10)
かりんのテーブルは上の列の3つ。手前はラオス松だそうだ。
2 14.9.28 沖縄イゲート (62)
ラオス人従業員は140人。最盛期は400人を超えていたとか。
3 14.9.28 沖縄イゲート (19)
工場敷地に放置されている旧ソ連軍(1970年代)のトラックらしいのだが・・・、
タイヤの空気が完全に抜けていないのはなぜ?。

★高級建材加工工場を見学・・・・・・・・29日

沖縄イゲトーという高級建材加工工場を見学。

“かりん”という高級建材で家具や床材をつくり日本へ輸出している。

“かりん”は堅い木でとても重い素材。
ソー言えば先週の植樹祭で植えた苗木の中にかりんがあったような・・・。

しかし、高級建材になるには百年単位の歳月が必要らしい。
現地社長さんのお話では高級建材になるほどの“かりん”の木は
今ではラオス、カンボジア、ミャンマーにしかないそうだ。

       ☆

14.9.28 ブログ用 (4)
団扇の絵(図柄)のコンクールに応募するとか。

★4時間半も熱心に描く高校生・・・・・28日

とても暑い。
おそらく日中の炎天下は35度を超えている?

教室のテントの下も風が通らずサウナ風呂にいるみたいだ。

      *

教室準備のために用具類を広げる。
テーブルを出せば生徒が姿を見せる。

午前中は小学生が3人。
午後は高校生が2人来た。

高校生の一人は団扇の絵(図柄)のコンクールに応募するとかで、
4時間半も熱心に描いていた。

       ☆  

14.9.27 飛行機の窓から・バンコクからビエンチャン (4)
★移動日ビエンチャンへ戻る飛行機から・・・・・・・・・27日。

        ☆

14.9.26チャオプラヤーの定期船から (12)
船は対岸へ渡る渡し船。2、3バーツ(6、9円)と安い。
これまで乗った渡し船には1バーツ(3円)、5バーツ(15円)というのもあったが・・・。
1 14.9.25 BTS沿線散歩(バンコク)ワット・ペグナムCIMG2272 (124)
ワット・ペグナムは古く大きな名刹。
数百本(多分)もあると思われる柱があめ色で美しい。
2 14.9.25 BTS沿線散歩(バンコク)ワット・ペグナムCIMG2272 (95)
本堂の裏に巨大な仏塔型の宝物殿が立ち、
その最上階の円天井は宇宙?になっていた。
3 14.9.25 BTS沿線散歩(バンコク)CIMG2272 (171)
ワット・ペグナムと運河を挟んで隣合わせのお寺はきらびやか。
14.9.24 バンコクBTS・タクシンCIMG2226 (33)
チャオプラヤーの橋の下で二胡を弾く大道芸人。

★BTS沿線、連絡船沿線の動画撮りまくり・・・・・24日―26日〈バンコク)

BTS(バンコク市内を走るモノレール)沿線散歩を試みる。
といってもお寺まわりだが・・・。
ワット・ペグナムは古く大きな名刹。
数百本(多分)のあめ色の柱が美しかった。

     *

チャオプラヤー川を1時間ほど遡る船は生活のための定期船だが、
観光客もおおいに利用する。

僕はこの船が大好きで来るたびに終点のノンタブリーという町まで行く(往復)。
何たって日本円で片道60円もかからないのだ。

川は雨期の終盤で水かさがましていて、
巨大なほていそう(?)みたいな水草が止めどもなく流れてくる。
この時期のチャオプラヤー川の風物詩だ。

     ☆

1 14.923 植樹祭3日目ビエンチャンへ移動CIMG2164 (9)
ビエンチャンに戻る朝。
前日の大雨で船の中に溜まった水をかき出す観光カヌーの船頭さん。
1 14.9.22 植樹祭2日目当日CIMG2029 (42)
明け方の激しい雨で沢の流れが急。
2 14.9.22 植樹祭2日目当日CIMG2029 (43)
植樹当日。制服(シン)で登ってきた女性徒もいた。
3 14.9.22 植樹祭2日目当日CIMG2029 (45)
植樹当日。あらかじめ穴が掘られていて苗木の植え付けは楽にできた。
ここまで準備をしておいてくれたのは地元の人たち。
総勢70人ほどの人たちで1時間足らずで作業を終えた。
3 14.9.21植樹ツアー1日目バンビエン (43)
植樹プロジェクトチームの人たちの造林地の調査に同行。
3年前に植樹した木の成長ぶりと間伐確認のためなのだ。
トラックの荷台に乗るのは初体験という人たちが喜んでいた。
5 14.9.21植樹ツアー1日目バンビエン (63)
ニューナムの木。3~5センチもある大きな棘の木。
お寺の壁画に地獄へ送られた人が血だらけになってよじ登らされているのは、
この木なのだそうだ。痛そう!
6 14.9.21植樹ツアー1日目バンビエン (66)
同じくさらに長い棘のある木、チューチュー。
12 14.9.21植樹ツアー1日目バンビエン (136)
夕方チェックインしたホテルのベランダからの景色。

★地獄へと向かう木があった・・・・・・植樹祭・21―23日〈バン・ビエン〉

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://blog56565656kokonoki.blog27.fc2.com/tb.php/1460-7fe8b8f9
Listed below are links to weblogs that reference
地獄へと向かう木があった・・・・・・植樹祭。動画撮影にハマっている・・・でもすぐに飽きるかもネ from ゴローの「ここの記」日記

Home > ビエンチャン便り > 地獄へと向かう木があった・・・・・・植樹祭。動画撮影にハマっている・・・でもすぐに飽きるかもネ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top